一括表示

  沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:矢問(やとう)
沢【敦賀】口無谷から岩籠山 (画像サイズ: 480×640 78kB)

【山 域】敦賀:黒河川・口無谷から岩籠山(765.2m)
【日 付】2006年8月5日(土)
【コース】口無谷出合−ゴルジュ−二俣・左俣−岩籠山
     −夕暮山−北西尾根−山集落(〜口無谷出合へ車回収)
【メンバー】MICKEY・矢問

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/kuchinashidani.htm

朝4時前に自宅発。美山、名田庄を抜けてR27号線を福井県の敦賀方面へ向かう。
敦賀手前の佐田から県道225号で東進し211号で山集落へと南下する。
右手(西側)に野坂岳を見ながら、黒河川沿いに黒河林道を南下。
今日はこの林道を挟んで左手(東側)の岩籠山を口無谷を遡行して登る。
暑がりの二人は朝の日差しをまともに受けなくて済む西側の谷から山頂を目指し、日陰の
期待できる尾根で下山しようという計画だ。参考遡行図はないので読図と勘と経験で。

8:00
口無谷出合の橋のふくらみに駐車し橋の右手から入渓。気温は20度。
「花崗岩の明るい谷ね」とMICKEY。水も透き通っていてとても明るく、気持ちいい。
5分も経たないうちに地形図に3つ滝記号がある内の1つめの滝。15m程ある。
ゴルジュ帯で、左右を見上げる。「右の方が巻きやすそう」と意見が一致し滝から少し手
前の右の斜面を登る。だんだんと岩面が立ちだし岩登り。しかももろくてボロボロ。
「これじゃ、沢へ下りるのも難儀する。戻って左を巻こう」下りるのも一苦労。
左のザレを登る。途中からこういうところが得意のMICKEYが先行。途中で右へと行き
かけるがまだ早い。「上に見える岩の城壁のような割れ目を狙おう」くず岩の足場で登り
にくい。MICKEYが先に岩の割れ目を通過して無事に巻けたようだ。「メガネが曇って足
場がよく見えない」と岩の割れ目に到着し困っている僕に的確に足場を指示してくれた。
沢へ下りると滝の落ち口まで僕は偵察に。豪快に水を吹きだしている。地形図をみつつ、
最初に巻こうと登った右の岩場を見て「やめて良かった」と思った。切り立っている。

8:30
地形図に3つ滝記号がある内の2つめの滝。18mほどある。「これは左の水際を登れそ
うだな」「でもこの釜を泳いで行って登れなかったらショック。1人で登ってくれば」
「先は長いし巻くか・・」右から巻くことにした。登ると台地状なっていて沢へ下り戻る
地点を物色。ここが良さそう、とロープを出して木にフィックスしようとその木の根元を
見ると「あれっ、ここに虎ロープが途中までぶら下がってる」それを使い、MICKEYが
先行下降。続いて僕。この滝の落ち口も僕だけ偵察へ。落ち口の右岸に大岩がある。
「影になっているのに明るくてこんな沢大好き」「気持ちいいなぁ。涼しいし」

9:10
「す、スゴイよ〜!」とMICKEYが感動して見上げてる。地形図に3つ滝記号がある内
の3つめの滝だ。22mほどある。水の落ち際で気持ちよさそうに水に当たっている。
地形も素晴らしい。屏風のような岩壁から落ちている。ゆっくり休憩。
「どこから巻くの」「右の屏風沿いに進めそう。少し戻って右の枝沢の口から登ろう」
「登れそうにないよ・・」「その岩間を登ろう。おおっ、残留ロープがある。やはりここ
から巻いた人がいるんだな」「ロープの木のくくり目はもう苔が生えてるから古いね」
巻き上がると台地状。屏風の上を歩いているのだ。「赤テープがある」とMICKEY。
沢へ慎重にもどり、またまた落ち口を確認に。この滝が気に入ったのかMICKEYも来た。

左岸に割れ口のある石組みがある。「これどこかの沢の中にもこんなのがあったよね」

9:35
8mの滝が豪快に水を吹き出している。「巻き方は・・・」「これは左からやね」
巻いた右岸に1m位の高さで古い石垣がある。これまた何の石垣なんだろう・・・。
この滝の落ち口も花崗岩の明るい落ち口。明るい花崗岩のナメや階段状の小滝が続く。
「ホントにこんな明るい沢は好きだわ〜」と気持ちよさそうに進むMICKEY。
右手の木の葉の間から林道の白いコンクリート壁が見えた。林道が走っているようだ。
何段も続くナメ滝や小滝を楽しみながら進む。左岸や右岸からの枝沢の水量も結構ある。
左手にはブナもある。

10:20
左手山斜面が伐採されている地点。ここから10分間ほどは日陰ではなく明るい沢歩き。
「ここは赤木沢の詰めの部分を感じさせる雰囲気」とMICKEY。なるほどそうも言える。
炎天下からまた木漏れ日の日陰の沢になった。ホッ。

10:40
二俣。左を進む。ここからも小滝がいくつも続き飽きさせない。というかもう満腹。
岩籠山と夕暮山のコルに向かうか、岩籠山に直接向かうか・・・直接向かうぞ!

11:30
「どん詰まり??」そんな沢幅も狭い地点に来た。左と正面に4mほどの滝がある。
地形図と首っ引き。どん詰まりで回りの景色が見えない。「どっちを登るの」とMICKEY。
「沢の水もそろそろ切れるだろうし、ここでランチタイムしながら考える」

12:00
「やや水量の多い左の滝を登る。方向的にも合ってる」
この滝で水を補給しておいた。(これがあとあと二人には助かった)
滝の左手の木をつかみながら登る。岩間溝状の細い滝登り過ぎると正面に孤立の大樹。だ
んだんと斜度がきつくなる。北へ北へと踏み跡のようになってきた沢の源流を進む。
山頂まであと170mというあたりで水が切れた。「ここを西に進めば山頂」
ここからがキツかった。木をつかみ体を引き上げる斜面の連続。沢靴が滑る。途中で休憩。
スズメバチが1匹つきまとってうるさい。「スズメバチジェット」を吹きかけたら静かに
なった。木をつかみ、そしてまたつかみ・・・腕がだるい。

12:35
「出たぞ。登山道だ」「うわ〜、ホント。フラフラになったわ〜」
晴天の炎天下に飛び出た。山頂へは登山道を右へ少し登り左に折れる。

12:40
岩籠山(765.2m)。360度の大展望。この山頂の南の岩がてっぺんに見える山や奇岩の
あるインディアン平原にも行こうと思っていたが、実に「暑い!」二人とも顔を見合わせ
て「ここからよく見えてるし、今日は見るだけで十分かな」「うん、うん。展望はいいけ
ど暑くて死にそう。はやく日陰に行って沢装束を着替えようよ」とMICKEYの言葉に賛
成し登山道に戻った。「向こうに見える夕暮山の山頂付近は反射板もあって炎天下みたい」
「でも、そちらに向かわないと戻れない」「行くか・・・」
日陰の登山道。早速、沢装束からハイカー姿に変身。しかし、寝不足が一気に二人をおそ
いだし「昼寝したいね〜」としばらく休憩。またまたスズメバチが一匹うるさい。
「スズメバチジェット」スプレーで撃退・・・のはずが、何度もやってきてスプレーしま
くる。ここからは日陰の登山道がしばらく続く。ブナもまじる涼しい登山道。

13:25
分岐の道標。「夕暮山へ約10分・岩籠山へ約30分」インディアン平原への時間は消え
ていた。ここから北へ下ると市橋へと続く一般道だが、僕たちは夕暮山へと向かう。
反射板に近づくともう木陰のない炎天下。反射板を過ぎて夕暮山の三角点を過ぎて、その
ままP690mを目指して広い尾根を南下し、Ca584mへ南西尾根に乗り入渓点に降りる
つもりだったが、P690mへの南下点が定まらない。腰高の笹や低木で入り込めないのだ。
「無理してでもしばらくヤブコギするか・・・」「どこまで続くか分からないのでしょ」
「広い尾根だから笹や低木が生え邦題の時期かな・・・入渓点付近から見上げたら降りて
こられそうな尾根だったのに、Ca584mまでが辛いかなぁ・・・」「遠回りになるけど山
集落への北西尾根の登山道を素直に降りようよ」「そうするか・・。車の回収がそこから
林道戻りで3キロあるけど・・・」と、南下をあきらめて山集落への北西登山道を下るこ
とにした。しっかり踏まれた登山道だ。しかし傾斜がゆるくてなかなか高度が落ちない。
だらだら下りは足にこたえてくる。日陰の涼しい登山道だが風がなくて二人ともバテてく
る。時々風の吹く地点で休憩しつつ下る、そしてまた下る。長いなぁ・・・。

14:40
右の沢にある滝の音が聞こえ出すと堰堤に出た。3分ほどでまた堰堤。それを過ぎて高圧
線の下を登山道は進む。鉄の橋が架かっておりそれを渡り左へと川沿いに散策園道の遊歩
道を進むと駐車場があり、今朝「ここに車をデポしておこうか・・」と悩んだ見覚えのあ
る、赤い「みやのいりばし」に出た。(15:00)

日陰にMICKEYを待たせておいて、手には汗ふきのバンダナと水を持って、車のデポ地
への林道を3キロ回収に歩く。綺麗な黒河川を見ながら日陰もある林道で良かった。

15:45
入渓点の車を回収。クーラーをガンガンきかせてMICKEYを回収し、帰路についた。
ここの外気温表示は29度に。ラジオでは、今日の大阪は35度を超えているらしい。
「今回の周遊ルートで行くなら、春や秋の涼しいとき暑がり二人にはいいかも。」
「でもすごく明るい沢で気持ち良かった。水もおいしかったし」 次はどこへ行こうか。

2006/08/06(Sun) 19:40:23  [No.3295]


  Re: 沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

渋川からのこの1ヶ月間は、どこで何をしてみえたのですか?

> 左のザレを登る。途中からこういうところが得意のMICKEYが先行。途中で右へと行き
> かけるがまだ早い。「上に見える岩の城壁のような割れ目を狙おう」くず岩の足場で登り
> にくい。MICKEYが先に岩の割れ目を通過して無事に巻けたようだ。「メガネが曇って足
> 場がよく見えない」と岩の割れ目に到着し困っている僕に的確に足場を指示してくれた。

MICKEYさんは矢問さんと互角の力量を持ってみえるのですね。すごい!

> 「展望はいいけど暑くて死にそう。はやく日陰に行って沢装束を着替えようよ」

いつものナメクジ隊の口癖ですかね。

> 日陰にMICKEYを待たせておいて、手には汗ふきのバンダナと水を持って、車のデポ地
> への林道を3キロ回収に歩く。

フェミニスト矢問さん、やさし〜い!

> 「でもすごく明るい沢で気持ち良かった。水もおいしかったし」 次はどこへ行こうか。

次回のレポも、楽しみに待っています。

                      伊勢山上住人

2006/08/06(Sun) 22:21:25  [No.3297]


  Re: 沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、おはようございます(^^)

> 渋川からのこの1ヶ月間は、どこで何をしてみえたのですか?
甲子園行ったり、先行ロードショーに行ったり・・・たまたま天気の良かった週末は
MICKEYに振られ、月末の週末3日間は芦生の京大公開講座(講義+実習)に缶詰でした。

> MICKEYさんは矢問さんと互角の力量を持ってみえるのですね。すごい!
コワイ物知らず・・・。途中で右へまだ滝の落ち口より低いのに回り込み出したり、
岩壁の向こうが分からないのに突進したり・・・。ええ度胸してます(^^;)
しかし、メガネが曇ったときの足元アドバイスは頼りになりましたm(..)m(^^)

> いつものナメクジ隊の口癖ですかね。
あうんの呼吸のように、ヘバリました。口数少なくなってくると顔を見合わせて座り込み(^^)

> > への林道を3キロ回収に歩く。
> フェミニスト矢問さん、やさし〜い!
これが辛かった〜(;_;)。
予定の右岸尾根を下りたかったなぁ。
実は洞吹さんのおっしゃる林道がすごく気になってたんです。
でもどこへ通じる道かも分からず(^^;) もったいなや〜。

2006/08/07(Mon) 05:07:40  [No.3303]


矢問さん こんばんは
ヤブREP見てびっくり
実は、マルキリ一緒のコースで予定してたんですよ

山日和さんのREP、草川氏の本コピー、地形図
高速料金まで調べて・・・

ところが、前夜の飲み過ぎ・・はいつものこと・やけど
何故か、近くの夏の定番、神崎川、ソーメンランチ、昼寝付き・・・
になってしまいました。
REP、HP参考させて頂き、この秋までには・・?と考えてます。

ツメから先が暑そうで・・

  また  よろしくです

    SHIGEKI

2006/08/06(Sun) 23:40:43  [No.3299]


  Re: 沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:矢問(やとう)

SHIGEKIさん、おはようございます(^^)

> 実は、マルキリ一緒のコースで予定してたんですよ
おおっ、ソウでしたか!
7月に予定していたのが今になりました(^^;) 

> 山日和さんのREP、草川氏の本コピー、地形図
> 高速料金まで調べて・・・
本を見たときから下山の長さが気になって「どこかないかいな・・」と(^^;)
南西尾根が下れたらいいのに・・・。山頂部の広い等高線が気になってました。
雪の頃ならいいけど、今ならヤブと笹で身動きとれないのでは・・・と。大当たり(;_;)

> 何故か、近くの夏の定番、神崎川、ソーメンランチ、昼寝付き・・・
> になってしまいました。
僕らも寝不足で、バテが早かった〜。11時半の昼食後の詰めはバテバテ(^^;)
下山は日陰の登山道なのにヘロヘロ。水は1日で2リットル以上消費しました。

> REP、HP参考させて頂き、この秋までには・・?と考えてます。
> ツメから先が暑そうで・・
秋か春が良さそうですね(^^)。

2006/08/07(Mon) 05:13:29  [No.3304]


矢問さん こんばんは

この口無谷は、ほんとに明るくて気持ちがいい谷ですね。
矢問さんのレポで、また行きたくなりました。
それにしても、下りの長い歩きとクルマ回収、たいへんお疲れさまでした。

私が2年前に口無谷へ行ったときは、入渓時刻が9時半と遅かったので、
「帰りは山集落へ降りるしかないのかなあ、長いなあ」と思いながら二俣へ着いたのがちょうど12時。

そのちょっと手前で、右岸に林道が延びているのに気付きました。
この林道の存在は、現地へ行って初めて知ったのですが、
もし岩籠山まで行っても、夕森山から山集落へ降りなくても、
また二俣まで谷を戻ってきて、この林道を降りる手があるなと思いました。

でも、二俣でお昼食べて、ゆっくり雰囲気にひたったりしていると午後2時。
気分的にすっかり満足してしまったので、
「本日はここまで」と、その林道を降りてしまいました。
だから、二俣から上は未登です。

この林道は、30分で黒河林道に出て、そこから入渓点までは10分下るだけだったので、
クルマに戻るのは楽勝でしたよ。

> ままP690mを目指して広い尾根を南下し、Ca584mへ南西尾根に乗り入渓点に降りる
> つもりだったが、P690mへの南下点が定まらない。腰高の笹や低木で入り込めないのだ。

この尾根は、涼しい季節ならまだしも、この時期のヤブ分けはちょっと辛いでしょうね。

よい山旅を!
                             洞吹(どうすい)

2006/08/07(Mon) 01:13:55  [No.3301]


  Re: 沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん、おはようございます(^^)

> この口無谷は、ほんとに明るくて気持ちがいい谷ですね。
> 矢問さんのレポで、また行きたくなりました。
山日和さんのレポ、見落としてたのかな(;_;) 洞吹さんも行ったのですね。
林道の出口が判明してたのですね・・・。知ってたら使ってたなぁ、あの山頂の
炎天下からしたら(^^)

> それにしても、下りの長い歩きとクルマ回収、たいへんお疲れさまでした。
上で南西尾根に乗れないと判断してから、この回収の林道歩きが走馬燈のように
脳裏にジャブ入れました(^^;)「下ってもしんどい試練が待ってるぞ」と・・。
自転車で川遊びに来ていた中学生5人組の自転車を借りようかとも(^^;)

> 「帰りは山集落へ降りるしかないのかなあ、長いなあ」と思いながら
ホントにうんざりしますね。地図を何度ながめても。

> そのちょっと手前で、右岸に林道が延びているのに気付きました。
ずっと手前から林道の白い壁が直ぐ横に見えたりしてました。林道に
「1度も上がらず完全遡行や」と暑さで水からあがらず(^^;)
その林道が、どこへ通じているのやら・・・と。そうか、洞吹さんに
聞けば出口が分かったのか・・・。遅かった・・・。

> もし岩籠山まで行っても、夕森山から山集落へ降りなくても、
> また二俣まで谷を戻ってきて、この林道を降りる手があるなと思いました。
絶対、これに限りますね!!

> だから、二俣から上は未登です。
あの後もあんなにナメや小滝があるとは思いませんでした。

> この林道は、30分で黒河林道に出て、そこから入渓点までは10分下るだけ
「最高」ですやん!!!!

> この尾根は、涼しい季節ならまだしも、この時期のヤブ分けはちょっと辛いでしょうね。
山日和さんのような人が歩いてないかなぁ・・・と踏み跡を期待してたのですが(^^;)

2006/08/07(Mon) 05:22:22  [No.3305]


矢問さん、こんにちは。
ここは昨年行ってアップしたのですが、見落としましたね。(^^ゞ

> 5分も経たないうちに地形図に3つ滝記号がある内の1つめの滝。15m程ある。
> ゴルジュ帯で、左右を見上げる。「右の方が巻きやすそう」と意見が一致し滝から少
> し手前の右の斜面を登る。だんだんと岩面が立ちだし岩登り。しかももろくてボロボロ。

私も右を上がってしまったんですよ。ずんずん追い上げられてついに上の林道まで出て
しまいました。100m近く登ったんでは・・・
途中からなんとか沢に復帰しようと伺いましたがとても戻れずで・・・(^_^;)

> 地形図に3つ滝記号がある内の2つめの滝。18mほどある。「これは左の水際を登れそ
> 「す、スゴイよ〜!」とMICKEYが感動して見上げてる。地形図に3つ滝記号がある内
> の3つめの滝だ。22mほどある。水の落ち際で気持ちよさそうに水に当たっている。
> 地形も素晴らしい。屏風のような岩壁から落ちている。ゆっくり休憩。

実はこのふたつの大滝を見てないんです。林道に出てガックリしてしまい、沢が近づい
てくるまでしばらくそのまま歩いてました。
洞吹さんに言ったら、その大滝を見てないんやったら行ったことにならんと言われてし
まいました。

> 右手の木の葉の間から林道の白いコンクリート壁が見えた。林道が走っているようだ。

問題の林道です。(^_^;)

> 二俣。左を進む。ここからも小滝がいくつも続き飽きさせない。というかもう満腹。

このへんもなかなかきれいで飽きさせないですよね。
去年はここで雨が降り出し一気にモチベーションダウン。林道を引き返しました。

> 「出たぞ。登山道だ」「うわ〜、ホント。フラフラになったわ〜」
> 晴天の炎天下に飛び出た。山頂へは登山道を右へ少し登り左に折れる。
> 岩籠山(765.2m)。360度の大展望。この山頂の南の岩がてっぺんに見える山や奇

やっぱり沢の醍醐味のひとつはこの瞬間ですね。沢の中だけが沢登り(沢旅)ではないでしょう。(^_^)

> 「今回の周遊ルートで行くなら、春や秋の涼しいとき暑がり二人にはいいかも。」

次回は上まで行くぞー。

                 山日和

2006/08/07(Mon) 12:27:44  [No.3308]


  Re: 沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんにちは(^^)。

> ここは昨年行ってアップしたのですが、見落としましたね。(^^ゞ
あったようななかったような・・・正直、うろ覚えでした(^^;)
だから、早くホームページ化して欲しいのに〜。検索しても出てこないし(;_;)
というより、大抵、山日和さんや洞吹さんの足跡追いしてるのだから、レポを自分で
コピペして管理すべきかな(^^)

> 私も右を上がってしまったんですよ。ずんずん追い上げられてついに上の林道まで出て
> しまいました。100m近く登ったんでは・・・
本には「左のルンゼ」と書いてありましたが、パッと見たら右が取り付きやすいですよね。MICKEYがガンガン登っていくのでぼろぼろ落ちる落石に参りました(^^;)

> 途中からなんとか沢に復帰しようと伺いましたがとても戻れずで・・・(^_^;)
めちゃ怖かったです(^^;) 登れても戻りづらい斜度ですね。
落ち口の対岸からこの岩壁を見てゾッとしました。ありゃ登り切れんわ〜、と。
それを行った山日和さんはやはりスゴイや!!!!

> 実はこのふたつの大滝を見てないんです。林道に出てガックリしてしまい、沢が近づい
> てくるまでしばらくそのまま歩いてました。
そりゃアキマヘン! 2番目の滝は登れそうですよ。当日は遡行距離と下山路が心配で
こんなところでこだわってられない・・・とあきらめましたが、2度行く機会があれば
あれだけは登ってみたい。3つめは山日和さんにア・ゲ・ル(^^)

> 洞吹さんに言ったら、その大滝を見てないんやったら行ったことにならんと言われてし
> まいました。
僕もそれに一票! 滝の周囲の岩壁も良いですよ(^^)

> このへんもなかなかきれいで飽きさせないですよね。
日陰で明るい川床で(^^)

> やっぱり沢の醍醐味のひとつはこの瞬間ですね。沢の中だけが沢登り(沢旅)ではないでしょう。(^_^)
うれしいなぁ(^^) 僕も絶対そう思います(^^

> 次回は上まで行くぞー。
1つめも2つめも3つめも登って、僕の下れなかった南西尾根を開拓して〜(^^)

2006/08/07(Mon) 18:49:16  [No.3311]


矢問さん、こんばんは。

土曜日は暑かったですねえ。僕は渓を登って渓を下ったのにめちゃ汗をかきました。しかし、下界にいったらもっと暑くてびっくりしてしまいました。

いつもそうですが、息もピッタリ合っている二人の遡渓のレポは読んでいて沢って楽しいなと感じさせてくれます。その時の風景や感じを共有できる人がいるというのはいいですね。渓への印象がより深まっていくような。一人だと時折、他に誰もいないと気付いたときにものすごく心細くなっちゃいます。

>「でもこの釜を泳いで行って登れなかったらショック。1人で登ってくれば」
> 「先は長いし巻くか・・」右から巻くことにした。

フェミニストなのか、尻に敷かれているのか、二人の関係も楽しいですね。HPも拝見しましたがそちらも楽しげな印象でした。これからも、楽しいレポよろしくです。

               Tsutomu

2006/08/10(Thu) 21:49:44  [No.3333]


  Re: 沢【敦賀】口無谷から岩籠山 投稿者:矢問(やとう)

Tsutomuさん、おはようございます(^^)。

> 土曜日は暑かったですねえ。僕は渓を登って渓を下ったのにめちゃ汗をかきました。
ホント、暑い日はダメです(^^;)。動けなくなります(^^;)
洞吹さんや山日和さん利用の林道目指して二俣まで沢を下れば良かった〜。

> いつもそうですが、息もピッタリ合っている
合ってません! キッパリ(^^) ええかげん(^^;)。
困ったときに助け合うっていうか、言いたいこと言い合ってストレス発散(^^)

> 二人の遡渓のレポは読んでいて沢って楽しいなと感じさせてくれます。
スリルとサスペンスのルートは僕らには似合わないし力量不足は自分たちがよ〜く
知ってますから(^^) 初心者にも歩ける沢のページってところですね(^^)

> その時の風景や感じを共有できる人がいるというのはいいですね。
これは実感しますね。よくテレビや雑誌に行ったことのある山や沢の特集があると
またまた「おおっ、ここ、思い出すよなぁ(^^)」と話題に花が(^^)

> フェミニストなのか、尻に敷かれているのか
デカイケツに踏みつぶされてます(^^;)

チンタラ道中記を見ていただいてありがとうございましたm(..)m(^^)

2006/08/11(Fri) 05:26:40  [No.3336]


掲示板に戻る