一括表示

  【鈴鹿】イブネの春 投稿者:柳川洞吹

【鈴鹿】イブネの春

千草街道の塩津から、北谷周辺を登下降するルートでイブネへ。
そして、イブネ劇場中央席に憩う。

【山 域】 鈴鹿 イブネ周辺
【日 時】 2005/4/9(土)
【天 候】 快晴
【メンバー】 単独
【コース】 岩ヶ谷林道入口8:30---北谷分岐10:00/10:05---北谷下の二股10:20
---上の二股10:35/10:40---アゲンギョ11:05/11:20---イブネ11:55
---中央の丘12:05/13:35---銚子13:50---イブネ北端14:15/14:20
---アゲンギョ14:55---北谷左岸尾根---塩津15:30---岩ヶ谷林道入口16:40

快晴だ。朝の冷気にきりっとしまった空気。
それを溶かすように、やわらかい陽射しが降り注ぐ千草街道を辿る。
しばらくは坦々とした林道歩きが続くが、
カーブを曲がるたびに山峡へと誘(いざな)われるこの雰囲気が、たまらなく好きだ。

塩津の蓮如上人旧跡を過ぎ、葉を落としたイヌシデの巨木を見て、
やがて北谷道に入った。
炭焼窯跡がいくつも並ぶ静かな谷の、もうほとんど判別もできないような踏み跡を辿る。
谷の流れの音と小鳥の囀りが、心地よい雰囲気を醸し出している。

下の二股を過ぎ、上の二股で一息入れた。
右股の北谷本谷はここから連瀑をかけており、右岸を高巻いて進む。
連瀑帯を抜けると谷に戻る。
谷は擂り鉢の底にいるように広がり、岩がゴロゴロとしてくる。
左右も行く手もだんだんと傾斜が増してきた谷は、いくつも枝分かれを始めた。
谷を埋める残雪も出てきた。

最後の三股で、登りやすいいちばん左の水流のある小谷に入る。
谷の奥を仰ぎ見ると、もう行く手の木立を透かして青い空が見えている。
ひとふんばりで谷を詰めると、ふっと傾斜が緩んだ。
谷中、耳元でザーザーと大きく響いていた水の音が一瞬にして小さく遠くなり、
シャラシャラという優しい音に変わる。
アゲンギョと呼ばれる台地に上がったのだ。
二次林の広がる茫漠とした台地。
なんという静寂。

ところどころに雪が残るアゲンギョから佐目峠へと向かう。
そしてイブネ。
周りの山々が大パノラマとなって迎えてくれた。
とりわけ、御池と霊仙の間に伊吹、
その霊仙の西南尾根の左肩奥に雪で真っ白な山塊が見える。
あれは金糞岳か?よくわからん。

イブネと銚子の真ん中にある丘で、昼食にする。
残雪で冷やしたビールとうどん鍋だが、陽射しが強く、あぶられるようで、
今日はザルソバでもいいくらいだ。

ここまで来るとさすがに長居はできず、食事と読書で休憩1時間半で切り上げる。
さあ出発だが、せっかくだから銚子にも寄って行こう。
丘から北へ下りてクチクマ谷を渡り、真っ直ぐ銚子に登り返す。
振り返り、眼前に横たわるイブネを見やる。
うーん。やはり、いい。

銚子からは一般道の尾根道をイブネ北端、佐目峠へと戻った。
さて帰り道だが、今日はアゲンギョの上端から北谷の左岸尾根を降りることにする。
途中の尾根分岐は北谷方向へ右折せずに直進し、
そのまま急降下でフジキリ谷の登山道へ出てしまおう。
アゲンギョから塩津まで35分の最短ルートだ。
静寂の山塊を後にして、まだ日の高い千草街道を戻る。

洞吹(どうすい)

2005/04/10(Sun) 16:40:34  [No.33]


  Re: 【鈴鹿】イブネの春 投稿者:SHIGEKI  URL

洞吹さん こんばんは
精力的に歩かれてますね
うらやましい限りです。
今日も昨日も職場へ行く途中の車窓からの
桜を横目で見ていました・・・・
残雪で冷やしたビール、うららかな陽射しで昼寝
誰もいない山中・・最高ですねえ
しばらくは、指加えて見させ、詠ませて貰いま・・
洞吹節毎週待ってますよ〜
  では また いつか と言わず 近いうちに
  鈴鹿の 稜線で  
           SHIGEKI

2005/04/10(Sun) 21:18:55  [No.34]


  Re^2: 【鈴鹿】イブネの春 投稿者:柳川洞吹

SHIGEKIさん こんばんは

> 精力的に歩かれてますね

いやいや、今年に入ってからズッコケ山行ばかり多くて、
不慮の転進にて、雪野山の東屋にうどん鍋のお世話になったことも。
最近やっと、まともに歩けてきました。

SHIGEKIさんは、ずっと休日返上のようで、
お仕事忙しくて、たいへんですね。
身体こわさないよう、たまには息抜きしてくださいね。
明神岩昼寝コースなんか、どうですか。

それでは、よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/10(Sun) 21:59:53  [No.37]


  Re: 【鈴鹿】イブネの春 投稿者:とっちゃん

    ・・・イブネの春・・・

 春という言葉が、心爽やかに響きます。

 読んでいるとイヌシデの巨木に会いたくなります。去年の2月イブネで聞いた、ズドンという音は、冬から春への季節のめぐりの音だったのでしょうか?思い出されます。イブネ劇場の真ん中で、本を読む、そんなのどかな時間いいですね。

>その霊仙の西南尾根の左肩奥に雪で真っ白な山塊が見える。
あれは金糞岳か?よくわからん。

 今日は、雪たっぷりの金糞岳に遊びました。下山の道でタムシバの白い花に会い心がほころびました。


 
 



 

2005/04/10(Sun) 21:43:36  [No.36]


  Re^2: 【鈴鹿】イブネの春 投稿者:柳川洞吹

とっちゃん こんばんは

>  春という言葉が、心爽やかに響きます。

この日、真夏のような陽射しに、残雪をわたる春の風が気持ちよかったですよ。

>  イブネ劇場の真ん中で、本を読む、そんなのどかな時間いいですね。

最近、昼食休憩は最低でも1時間半、普通には2時間超えが常態となってしまいました。
この時間を持ちたくて山に入る……ということなのでしょうね。

>  今日は、雪たっぷりの金糞岳に遊びました。

午後から雨との予報がうまくはずれて、よかったですね。
今年の残雪は多めのようで、GWが楽しみです。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/10(Sun) 22:18:52  [No.39]


  Re: 【鈴鹿】イブネの春 投稿者:山日和

洞吹さん、こんばんは。
完全復活、エンジン全開といったところですねー。
(時々ブスブスとくすぶったままエンストしてるようですが(^_-)
イブネのあたりはまだ雪がありましたか。越美方面は去年と比べてもたっぷりの残雪で、まだまだ遊ばせて
くれそうです。GWも楽しみですね。

               山日和

2005/04/10(Sun) 23:36:44  [No.43]


  Re^2: 【鈴鹿】イブネの春 投稿者:柳川洞吹

山日和さん こんばんは

> 完全復活、エンジン全開といったところですねー。

いやいや、まだ全開ではござらぬよ。
やっとぼちぼち動き出したところ。
これから加速するか、はたまたガス欠でエンコするか、
自分でもようわからん。
ブォブォブォ、ブスン。(←あまりさえないエンジン音)

> イブネのあたりはまだ雪がありましたか。越美方面は去年と比べてもたっぷりの残雪で、まだまだ遊ばせて
> くれそうです。GWも楽しみですね。

この時期で、まだ鈴鹿に少しなりとも雪が残っているからには、
越美、奥越方面は、しびれるような残雪が期待できそうじゃな……と思ってました。
今年のGWは、どこへ行ったろかな。
フー、フー。(←鼻息の音)

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/04/11(Mon) 23:26:41  [No.48]


掲示板に戻る