一括表示

  沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:矢問(やとう)
沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 (画像サイズ: 480×640 42kB)

【山 域】但馬・千葉渓谷から須留ケ峰(1053.5m)
【日 付】2006年8月13日(日)
【コース】和田(田淵)登山道起点−千葉渓谷−2段8m滝−せんばの滝
     −2段20m滝−20m滝−須留ケ峰(1053.5m)
【メンバー】MICKEY・矢問

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/senba.htm

盆休みで高速も大渋滞らしいので、暑いときには渋滞知らずの兵庫の沢登りに行こう。
5年ぶりの「須留ケ峰」・・・今年の「岳人」4月号に小山伏さんの遡行記録が載ってい
た「せんばの滝」のある沢筋がとても気になっていたのでチャレンジしてみることにした。
細かいホールド、嫌らしい巻き、わかりにくそうな下山路・・・心配はあるが・・・。

6:40
田淵の「おおさこ橋」の横に広い駐車スペースと「和田(田淵)登山道起点」の登山道の
看板。看板の絵地図を見ると地形図にはない林道と交差している。
まず登山道へと入り進む。鉄メッシュの敷いた丸太橋を慎重に渡り左岸へ。
左に堰堤を3つと左への橋を見ながら登山道を進み左の沢へと適当なところから入渓する
小滝を3つ4つ過ぎると、谷は左に曲がる。狭いゴルッジュ帯で溝状3段9m。
「よいしょっと」つっぱったりしながら通過。その上には4m、溝状2段3mが続く。

正面に細い7mが落ちていて、進む谷は左に曲り3mナメ滝、溝状のナメを過ぎると右に
曲って、林道下をくぐる。「ここまで登山道出来て入渓してもいいね」「いままでの小滝
も準備運動ってことで必要」「それもそうね〜」
※(下山時は左岸の登山道からこの林道との交差地点へ出る)

7:20
この先もゴルジュが続き、簡単な小滝が続き溝状5mナメ滝を登ると、2段8mが落ちて
いた。「頑張れば登れそうだな」「でも完全にシャワーやねぇ」「右からへつって行って滝
中をシャワーで左へ移って左の水際を上ればいけそうに思う」「じゃあ、行ってみる」
MICKEYが先行。右からうまくへつって滝中をシャワーで左へ移動を試みるも、水流の
中の足場探しに苦労しているのかシャワーの中でしばらく停止しつつ、左へ抜けた。
「やった〜!最高に気持ち良かった!」あとは左の水際をうまく登り切った。
僕があとに続く。シャワーで停止したのが理解できた。「よく頑張ったな」「このシャワ
ークライム、本当に気持ち良かった」ととても満足そう。「あんなに滝の中で停止してい
て息苦しく無かったか」「息止めはたいしたことないし、ノープロブレム」感心感心。

その上の3mナメ滝などを通過し、1mの下のやや大きめの釜を右から巻いていく。
右からの支流が入り、右からの登山道と交差し登山道は左へと登っている。
「下山はこの登山道を下りる予定」「なんか荒れてる道の感じがする・・・」

7:40
ゴルジュも終わり平流を歩くと、「イヤに冷たい冷気が吹いてくるね」と上を見ると黒い
導水管が谷を横切り左岸の導水管の通る穴から冷気が吹きだして霧になっている。
そこを過ぎてすぐ右から滝が落ちている。正面はゴルジュになっていて、5m位の滝。
この右からの滝が「せんばの滝」だ。まずは休憩しつつ偵察。
「右手の岩盤を木の根をつかみ登ってみる」と僕が先行。MICKEYも続く。上には2m、
3mと続き、右側の壁にへばりつくようにへつって通過する。

ナメ床が続き、Y字5mの滝。MICKEYが果敢に挑戦。右手の流れの中に「足場がなか
なか無いのよ〜」と苦労している。ホールドが細かい上に、流れに足を飛ばされるらしい。
やっと足場を見つけて通過。「あんたはスゴイ!」

ナメ床と小滝を過ぎていくと「大滝が見えたよ〜」とMICKEYの声。
「おおっ、すごいなぁ」ゴルジュに2段20mが堂々と待ちかまえている。
2mを越えて右に支流を見つつ進むと、滝直下。大きな釜を期待していたが無い。
ここからは、上の10mは見えない。休憩しつつ周囲を見渡す。
「右手のリッジから大きく巻くか」と岩と木の根をつかんで登っていく。
綺麗な樹林帯が広がった。滝から離れないように登る。MICKEYが滝そばに回りこんで
行くと「1段目の落ち口に降りれそうよ」「たしかその2段目は左の方を小山伏さんが登
ったという滝」「レベルが違うし、私は巻くわ〜」「ホールドがあるらしいけど僕も巻く」
怖がり2人組は意見が一致したので巻くことにした。

12mナメ滝に続いてその先に20mの滝がまたまたあった。
右手のリッジに木の根をつかんで取り付いて巻き始める。
20m落ち口に向かって行くも、斜面通過がある。こういう所が得意のMICKEYが「行
けそうよ」と先行。斜面に滑りそうになりながらも何とか行けた。
沢の水でMICKEYは余裕で顔の汗を流している。4m、7mナメ滝、5m斜瀑と簡単に
登れる滝が続き、15mミゾ状ナメ滝、2段6mナメ滝、7mの右を登ると、Y字6m。
これは右を巻く。

9:05
続く3mを越えるとナメ床の先にすだれ状の二条8mが落ちている。
左を簡単に巻けるが「登ってみよう」とMICKEYが右の水流を目指して右からに取り付
く。が、どうも下から見るとの違って難儀している。僕が交代して試してみるが左のホー
ルドが無いのでバランスが取りにくい。「う〜ん・・・悔しいが・・」ビビリが入る。
「やめて左から巻こう」「そうね、簡単に巻けるのに無理して落ちたらバカみたいだし」
左から簡単に巻いた。MICKEYもそれに続いた。
しばらくナメ床をのんびり歩くと、もう水もチョロチョロになった。
黒い鹿よけネットがどこからか流されてきている。最後の4mの滝を登る。

9:30
右からの細いナメ支流を見つつ進む。
両岸には膝高のサンショの木がずっと流れのそばに続いていて良い香りがする。
最近伐採したのか倒木が多くなる。
だんだんと岩がゴロゴロしたガレ沢になる。「御在所の沢を思い出すわ〜」とMICKEY。
ゴロ岩の沢筋も終盤になり緩い岩壁を登り次第に傾斜を増す斜面をあえぎながら登り樹林
帯の木をつかみながら「あと少し」と言い聞かせつつ登ると、スッキリした二次林。

11:00
二次林になると5分も登れば、5年ぶりの須留ヶ峰の山頂。
5年ぶり。山頂の草が減ってやや広くなっている。大杉山がかっこよく見える。
涼しい木陰で、昼食をとりつつ沢装束からハイキング姿に着替える。
ブト(ブユ)も蜂も多くてうるさい。アウトドア用の虫除けファンを試す。効果無し。
「うわっ、ヒルがいる」と靴を履き替えてたMICKEYが叫ぶ。2箇所軽くやられていた。
ディート入りの虫除けスプレーを吹きかけるパッと離れて苦しみながら死んだ。僕はヒル
の被害なしだったのに、ブト(ブユ)に右耳たぶと左手首をやられ、腫れ始めた。
「下山路こそヒルがいるので注意」と足元をスプレーをする。

11:35
下山開始。「登山道が分かるかなぁ・・・」「割れて落ちた田淵方面って札があるよ」
赤テープとピンク紐が所々あるのでそれを追って滑りやすい尾根道を下る。北から西に進
路を変えてガレた谷に降りていく。「これはひどい登山道だなぁ」「こんな道で登りたく
ないね」途中にクサリ場がある。ガレ谷下りだ。岩に白ペンキで丸印のあるところから右
岸に移りさらに下る。少し水が流れ出し、水を飲む。テープに従って左岸に渡り返すと、
「これより沢登り」の登山道の看板。こんな登山道ルートでの登りは楽しくもなくお勧め
できない。その先の腐りかけた4本丸太の橋をこわごわ渡り、木地師屋敷跡で休憩。
その先には「せんばの滝」の札がついていて対岸に滝が落ちている。沢を横切り左岸の登
山道を下り林道へ。林道を左に少し進むと、右下に見える「田淵」の看板に従って登山道
に入り、沢の左岸を進む。堰堤が見えてきたらもうすぐ登山口だ。

13:20
駐車場へ到着。登山靴から普段の靴に履き替えると・・・・。
MICKEYの靴から3匹、僕の靴から1匹のヒルが登場。スプレーで殺した。
今日も西からの沢で、暑くなくシャワークライムで快適。
がら空きのやぶ温泉で汗を流し帰路へ。思いっきり沢登りした後の温泉は気持ちいい。
須留ケ峰で、こんな立派な沢登りが楽しめるとは思いもかけなかった。

2006/08/14(Mon) 11:19:35  [No.3340]


矢問さん、こんばんは。HP拝見しました。
なかなか良さそうな沢ですね。
兵庫県(というか、大阪より西の方)は足が向きにくいです。
植林の山というイメージが強いんでしょうね。
土曜日は鈴鹿の池ヶ谷でした。

> ブト(ブユ)も蜂も多くてうるさい。アウトドア用の虫除けファンを試す。効果無し。

これはトラディショナルな蚊取り線香に限ります。それまでつきまとっていたアブも
ブトもまたたく間に消えてしまいますよ。(^_^)

> MICKEYの靴から3匹、僕の靴から1匹のヒルが登場。

家で靴を洗ってたら1匹登場、火あぶりの刑にしました。(^^ゞ

(EISYABに動画アップしますので見て下さい)

             山日和

2006/08/14(Mon) 20:01:43  [No.3342]


  Re: 沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。

> なかなか良さそうな沢ですね。
兵庫の山に沢登りできる様な沢は無いんかいな・・といつも思ってました(^^)
比良と同じく登山道を巡っていては全く目にしない滝が多いこと!

> 植林の山というイメージが強いんでしょうね。
おっしゃるとおり(^^) 奈良の沢登りも入り口や下山は植林の山が多いですね。
でも当たり前ですが、沢筋ギリギリまでは植林されてませんので、目をだましつつ(^^)

> 土曜日は鈴鹿の池ヶ谷でした。
ヒルとご対面はなかったですか(^^)  

> これはトラディショナルな蚊取り線香に限ります。
ホントそうですよね。沢泊まりで試したときにその効果に驚きました。
日本の蚊取り線香はいまや温暖化でマラリヤ蚊のでだした国でもてはやされているとか。今度は蚊取り線香にします(^^)
ブト(ブユ)に左手首の時計のバンド周囲をぐるりと4箇所やられました。
手首を4箇所もやられたのは初めて。昨日は手首だけ赤くなっていたのに今朝見ると
手首から肘までの内側全体がパンパンに赤く腫れて熱をもっています(^^;)
以前もブトでお岩さんのように目の上が腫れて目が開かず、仕事を休むハメに(;_;)
ガンガン冷やして薬塗っていますが・・・。
4つのふくらみから汁が出だして見にくい姿に。腕の内側全体が1ミリくらい盛り上がって腫れてます〜。恐ろしきかな、ブト!

> 家で靴を洗ってたら1匹登場、火あぶりの刑にしました。(^^ゞ
やっぱり(^^) 鈴鹿は朝でも夕方でもヒル!

> (EISYABに動画アップしますので見て下さい)
了解〜(^^) ・・・って今見ましたが、まだですねf^_^;ポリポリ
14日だけ休みでウチとMICKEYの実家の墓参りに。もう明日は仕事です〜。

2006/08/14(Mon) 21:15:08  [No.3344]


  Re: 沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんにちは。

> 「レベルが違うし、私は巻くわ〜」「ホールドがあるらしいけど僕も巻く」
> 怖がり2人組は意見が一致したので巻くことにした。

最近夫婦漫才が出てきませんね。
矢問さんのレベルがアップして、MICKEYさんに近づいたのか。
それとも、MICKEYさんがレベルを下げて、矢問さんに合わせてくれるのか。

> ホールドが細かい上に、流れに足を飛ばされるらしい。
> やっと足場を見つけて通過。「あんたはスゴイ!」

いつも気になるのですが、安全策はとらないのですか?

> 続く3mを越えるとナメ床の先にすだれ状の二条8mが落ちている。
> どうも下から見るとの違って難儀している。

5mほど登って最後の一手が・・・
写真見ると下に戻るのも恐いのですが・・・。

                       伊勢山上住人

2006/08/15(Tue) 11:30:00  [No.3349]


  Re: 沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。

> 最近夫婦漫才が出てきませんね。
表に書けないくらい、沢の中で漫才してます(^^;)

> 矢問さんのレベルがアップして、MICKEYさんに近づいたのか。
> それとも、MICKEYさんがレベルを下げて、矢問さんに合わせてくれるのか。
同じようなレベルです(^^;) ただ、強い場面と弱い場面がホントに違う。
自分たちでもよく笑います(^^)

> いつも気になるのですが、安全策はとらないのですか?
いつも「安全第一」ですよ(^^) 「行けそう」な滝をやはり登らないと沢登り
に来た甲斐がない、って感じで。巻いてばかりじゃ登山と変わらないし(^^;)
MICKEYは僕よりもシュリンゲの本数を多く持っていって、バックアップをとったり
していますよ。あの日は僕はハーケン+ハンマーも持っていってましたが、ロープも
シュリンゲも使わずでした。そういえばシェイクハンドで引っ張り上げた滝も
あったなぁ・・・。

> 5mほど登って最後の一手が・・・
> 写真見ると下に戻るのも恐いのですが・・・。
これ、写真外のもうほんの少し右の岩から登ってます。
やはり登るより下りるのは滑るし難しい。こういうクライムダウンは
僕はなんともないのですが、MICKEYは超苦手。そう言う点でもMICKEYは登り切る
事に集中するのです(^^) 僕が下りて左から巻ききってもまだノロノロと下りてる
途中でした。岩下りはメチャ苦手のようです(^^) 室内ジムでの訓練不足がもろに
出ていますよ(^^)
「おしりが重たい人は岩を下るのは大変やなぁ」「ほっといてよ!」と谷間に響いてました〜

2006/08/15(Tue) 19:59:43  [No.3351]


矢問さん、おはようございます。

このフォーラムに参加してから大阪より西の山域の話が出てこないのであちらには山はないのかなあと思ってました。そこに今回のレポート。やっぱり山あったんですね(当たり前か)

HPも拝見しましたが、シャワークライミング、8m滝、やはりすごい。う〜ん、登れそうと思う前に足がすくみそう。さっさと巻いちゃいそうです(^^; 経験の差、訓練の差でしょうね。でも登れたときは楽しいんだろうな。

これからも暑い日々が続きそうですね。僕も水に戯れに沢に向かいたいと思います(^^ゞ

Tsutomu

2006/08/16(Wed) 08:16:13  [No.3355]


  Re: 沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:矢問(やとう)

Tsutomuさん、こんばんは(^^)

> やっぱり山あったんですね(当たり前か)
はい(^^) でも沢の記録は実に少ないです。大峰や台高の山の形というか
成り立ちの岩石の違いからか、沢やさんには好かれないらしいです。

> HPも拝見しましたが、シャワークライミング、8m滝、やはりすごい。
やってみると、沢登りで一番気持ちいいですし、沢登りに来た〜って瞬間ですね。
大巻きばかりしているとなんかこっちも寂しくなってるのに「沢登りに来たのに・・・」と
後ろでブツクサ言う相棒が・・・(^^;)

> 僕も水に戯れに沢に向かいたいと思います(^^ゞ
僕の沢のぺージの二人で行ってるところはたいしたこともなく、ほとんど
ロープ不要なところが多いですよ(^^) スリルより簡単、綺麗がモットーの
観光沢ノボラーの二人ですのでf^_^;ポリポリ

2006/08/17(Thu) 20:10:16  [No.3373]


  Re: 沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは〜。

お盆の渋滞はかないませんね。こちらは、びわ湖でファミリーキャンプでした。

> 須留ケ峰で、こんな立派な沢登りが楽しめるとは思いもかけなかった。

身近な沢で、おもいっきり楽しめてよかったですね〜。身近な場所も見直してみると、おもいがけない発見が嬉しいですね。

ミッキーさんとのレポはいつも楽しい雰囲気満点〜。

2006/08/30(Wed) 00:32:05  [No.3475]


  Re: 沢【但馬】千葉渓谷から須留ケ峰 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、おはようございます(^^)。
遠征していたんですね。いいなぁ。今年は遠征無しです(;_;)

> お盆の渋滞はかないませんね。こちらは、びわ湖でファミリーキャンプでした。
いいなぁ。もう息子達は山に誘っても無視。甲子園なら長男は行ってくれますが(^^;)

> 身近な沢で、おもいっきり楽しめてよかったですね〜。身近な場所も見直してみると、おもいがけない発見が嬉しいですね。
兵庫の山に沢登りできるところがあれば教えてくださいねm(..)m

> ミッキーさんとのレポはいつも楽しい雰囲気満点〜。
言いたいこと言い合って、ストレスだけは発散できる相棒ですね(^^;)

2006/08/30(Wed) 05:37:53  [No.3480]


掲示板に戻る