一括表示

  若狭ボヘ日記 投稿者: 緑水

 好いお天気に成りそうだ
山がいちばん力強く感じる季節は 梅雨の晴れ間だろうなあ〜思う
雨後の陽の光はきつく 渓谷に清流が躍り緑は豊に映える
鳥も獣も子育てに忙しい

【湖 西】三十三間山・三重岳
【日  】2005.6.23.〜25.
【天 気】晴れ
【同 行】−ABOUT28−  緑水

 近所に住むワニさん 一緒に行こうと言うことで出かけた
15:30 もやいを解かれたボヘ舟は 北湖岸の常留地に向かうのです
18:30 ワニさんもボヘ馴れした人 旅に出るよと神さんに連絡してる
Ryokuもマミーにメールを打っておこう

渚のさざ波と語るほどに酒が進む 友連れも時に好いものだ
夜半テンから出るとファ〜っと灯りが飛ぶ 草むらに小さい強い点滅はホタルだ
グォ〜グォ〜の鳴き声は牛蛙 トイレの壁にはヤモリが張り付いてる
生き物の活動は蒸し暑さが増すほどに活き活きしてくる 10日まえと雰囲気は大きく違うのだ

 5:00 霧雨がフロントを濡らしてる 湖面も山並みも朝靄のなかに霞んでる
さてと今日の目論見は 天増川中程から破線ルートを伝い P889経由で三重岳を叩き 返す刀で大御影山を踏む戦略だった
天は様子見してる ならばその前衛稜の三十三間山から片づけよう

関から倉見峠を越えて造作なく三十三間山登山口に到達した 新しく立派な施設は親切で好い気分になる
杉林の中 浅い山稜ながら谷の清流は豊だなあ思う 尾根に乗るとこれ又豊かな山毛欅の混ざる自然林が続くのだ
夫婦松 看板は新しいが大木は朽ちて見る影もない 若松を植えると好いだろうにね
風神を見てわずかで県境尾根にでた対岸は靄ってる 下方につながる轆轤山へは草原となつて望めるのだ
切り開かれた道はコッチャへも来てよね〜って誘ってくれてるのだ

雨粒をいっぱい宿した草の道 ズボンを濡らして草原の高みで休憩だ
斜面一面ヤマボウシの花がいっぱいに咲く シロにピンクこんなに沢山のヤマボウシはお見事の一声だ
花雑木を潜って山頂だった アッケらケ〜ン通過地点の三十三間山です
その先が素晴らしい樹林の回廊となる 山毛欅の林が続く緩やかな下り坂は疲れを癒す
切り開きは嫌みがなく 歩きよい遊歩道を提供してくれてるのだ(^^)
チョット下がった先に切り開きの土手の様なコブ 見晴らしは良くなり三重岳の腹に沿う送電塔が見える 山稜は靄で見えない
大きく下った鞍部 P695大日岳を越える送電塔がバァ〜ンとでてきた お誂えの広場前の斜面はヤマボウシが飾ってるのだ 昼にしよう未だ 9:00だけれど先は長いのだ 焼きそばに冷えたビア〜は神の恵み

尾根通しへの印しと 谷に下りていく印がある 八幡川に下りる破線ルートのようだな 未だ 10:00過ぎだもんね 大日まで行こう
ピークを2っ程越えると 何のコッチャ立派な林道に出てしまったじゃあありませんか なんやしらんが一遍に精気を抜かれた気分がする
ヤメタ降りようP488の破線を伝っていくが 切り払われているものの是が酷いヤブ。。ブブ。。。〜 
やっとこせいで送電塔巡視路に乗った あとは適当に降りてため池のほとり東屋には青大将が昼寝してた 暑いときは昼寝でッせーと言っている

車に戻りチョイとヘビさんの忠告どうり昼寝する
今夜の泊まりはどこにしよう 常神半島で夕日を見ながら泊まろうや
途中泡を仕入れ 漁場で氷を貰う 
常神の大ソテツ観て 灯台に登る 西日が日本海にいっぱい降り注いでる 明日は晴れを約束してる
日本海に沈む夕日は黄金に染まるとか これは前から拝したいことだった

 5:00出る 三方湖に昇る朝日を拝し 能登又谷林道どん詰まりに車を停める
6:30新しい標識の山道に入る 尾根は急登り朝の仕事は涼しい内に片づけようね
太い山毛欅 欅 ほう ミズナラ 杉 混林を登り切ると近江坂の古道に新しい標識が有る 大御影山20分とある 
大日岳への下り これ又素晴らしいブナ林が続くのだ 登り返して三重岳への分岐が教えてくれる
P889へ上がる道を確認しながら先を急ぐ 暑く成ってきた 枯れささが出てくると山稜域の一郭だ 左手に回り込む様に行くと枯れた笹原は馬蹄型の谷を抱いて樹林の山頂へと続いてる
面白いかたちの山毛欅の面々 ガスがでてたら不思議の姿でビックリする事だろうに
武奈ガ岳への分岐標示 山頂へはいいようもない参道でヤグラの建つ山頂だった
まずは元気づけのメザシと泡で乾杯だ 山頂探査では落合3q 林道1.5qの標示がある 今津山岳会のご努力に敬意を表します

帰りは暑くなった山道 面白いかたちのブナに名を付けながら 頭から水を掛け手袋に水を浸す ワニさんは軽い痙攣を起こすも事なく下山する 暑いときは水分をですね 14:30帰着 また訊ねたくなる山稜でした

                  緑水


 

2005/06/26(Sun) 15:33:07  [No.344]


  Re: 若狭ボヘ日記 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。
若狭行脚、楽しまれたようですね。
この両山ともまだ行ったことがありません。
これからの季節にはちょっとという感じですが、秋になれば通いたい魅力ある山域ですね。

しかし海と山、両方同時に楽しめるのはこの山域ならではでしょうか。

                       山日和

2005/06/27(Mon) 23:18:31  [No.345]


  Re^2: 若狭ボヘ日記 投稿者: 緑水

山日和さん、お早うさんです、蒸し暑い日ですね。

ヤブ漕ぎレポに背中を押されての出兵です
鈴鹿には無い素晴らしいものを貰って帰りました。

一歩足を入れると いろんな物が見えてきますね
陽は太平洋から揚がるのが 日本海大海原へ黄金の太陽が沈むのを観ると違うんだぁを観る
山陰の厳しい冬に埋もれる山里・・・丹後半島 好いんじゃないか感じます

> しかし海と山、両方同時に楽しめるのはこの山域ならではでしょうか。

日本国どこ行っても海から山へ 山から海へと恵まれてるですよね
未だ見ぬ緑と水が呼んでる そんな風景でした

良い山旅をです       緑水

2005/06/28(Tue) 07:21:48  [No.346]


  Re: 若狭ボヘ日記 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

なかなか果敢に攻め入るボヘ、楽しそうですね。
私も気持ちはウズウズしてきますが、暑くなってくるとダメです。
もう汗のかきまくりで、一日にタオル何本もびしょびょにして、
ぐったりしてきます。
早く秋になーれ……

ちょっと所用でここ数週間、山へ行けてませんが、
今週は久しぶりに、
ホタルなんか見に行ってやろうかな、なんて思ってます。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/06/28(Tue) 22:43:23  [No.347]


  Re^2: 若狭ボヘ日記 投稿者: 緑水

熱帯夜の寝苦しさ 都会では辛抱ならないでしょうね

> なかなか果敢に攻め入るボヘ、楽しそうですね。

お天気みて時間を気にせずお出かけします
ソロソロ沢も好いかなあですね

> ぐったりしてきます。早く秋になーれ……
> ホタルなんか見に行ってやろうかな、なんて思ってます。

まだまだ100日有りまっせ 季節の風情を楽しむのが大和人
夜のホタル 明けの蓮の花みる 
南条あたりに行こうかな思います(^^)
 
涼風の山旅をです
                        緑水

2005/06/29(Wed) 07:07:17  [No.348]


掲示板に戻る