一括表示

  【京都西山】霊仙ケ岳と明智戻り岩 投稿者:矢問(やとう)
【京都西山】霊仙ケ岳と明智戻り岩 (画像サイズ: 320×240 38kB)

【山 域】京都西山・霊仙ケ岳(536.3m)
【日 付】2006年9月30日(土)
【コース】曽我部町法貴−霊仙ケ岳・(明智戻り岩)
【メンバー】矢問・MICKEY

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/reizen.htm

和歌山方面に行く予定が、太平洋側の天気は下り坂。悩んでいると・・・・。
「日本海側は天気がよさそうですよ」と山日和さんからの急なお誘い。
まだ風邪が完治せず咳が出るので断念。ごくごく近場で速攻の低山へ。

10:00
京都府亀岡市の曽我部町法貴の集落に入る。大きなお家の倉の横のふくらみに駐車。
「山登り?気をつけて行きなさいよ。蜂にくれぐれも注意しなさいよ」と畑仕事に行くご
夫妻に声をかけられご挨拶。あぜ道には彼岸花が沢山咲いている。

地形図の点線に従い、慈雲禅寺を左に見て西進する。「黒松の碑」という祠のある地点で
行き止まり。うろうろしていると東側の家の二階の窓から道を教えてくださる奥様。
ここのお宅の敷地内に入っていたらしい。丁寧に登山口への進み方を指示していただいた。
家の前を通り表札を見るとこの集落と同じ苗字。大きな屋敷であり地主さんらしい。

教えていただいた通りに進むと登山口の道標。民家の横を通る。柿や栗やキウイがたわわ
に実っている。「秋だなぁ」「ホントよね〜」
草むした踏み跡を進むと右手に石灯籠と祠がある。右手は竹林帯になり、炭焼き窯がある。
分岐を左手に進むと自然林になり左手は植林帯。左手には小さな沢が流れている。
ヤブコギ低山を覚悟してきたが、案外しっかりした踏み跡だ。
但しあまり人の来ない山らしく、蜘蛛の巣は案外多い。静かだがやや暗くて不気味。

分岐があり、右に青のテープがあるが、山頂への方角に合っている左が、やや深くしっか
りしている踏み跡と見て左に進路を取る。沢登りの詰めのような急登に変わっていく。
こんな角度が得意なMICKEYと苦手な僕の疲労度に差が出る。
進む方向が真っ暗になってきた。いやな予感的中。左の植林も日陰で枯葉が多いと思った
ら大岩壁で踏み跡消失。「あ〜・・・さっきの分岐は右だったか・・・」
大岩壁を右から巻いてさらに斜面をジグザグに登る。古い紐が時々ぶら下がっている。
「こんなところを登った人もいるんだな」と感心しながら自分たちも登っている。

10:55
登山道らしい踏み跡に出た。「これが右の踏み跡を進んだときの登山道だな」地形図を見
ると巻いて来ているルートらしい。地形図にある点線道はもっと南。地形図には無いまっ
たく違うルートだ。しかし山頂には間違いなく近づいている。ここからMICKEYのペー
スが速くなって見えなくなった。ここからはテープも頻繁についているので安心したらし
い。境界石が1つ2つと出だした。なんの「界」だろう。4つ目があった。その左手に古
い木札で「平峠 山頂へ」とある。左へと90度折れて進む。急に自然林の間から光が通
り明るくなって快適な気持ちの良い雰囲気の山道となった。

11:05
山頂に着いた。先に到着していたMICKEYが「眺めが良いよ〜」と言う。
「眺めが良いところを選んで来たんや。エアリアマップを出して同定してみたら。見えて
る山は以前登った山ばかりだから」と答える。「ふ〜ん、あれが三郎ケ岳ね。そしてあれ
が牛松山ね。その向こうは愛宕山・・」と確認。記念の山頂札が沢山ある。ほとんどがア
マチュア無線のコールサインもついている。「良く聞こえるのかな」と無線機を出してオ
ンしてみる。なるほど沢山交信が入る。

ちょっと早めだが三角点と綺麗な石柱の所で昼食にした。スズメ蜂が3匹飛んでる。
「うわ〜、怖いなぁ」蚊取り線香をつけたらいなくなった。
のんびりしながら寿司にうどん、ラーメン。ナイトンからMICKEYにメールが来た。
「ヴァイザーが下痢をして大変だ。僕はいまから甲子園へ行く。直ぐ帰れ」とのこと。

11:50
「ヴァイザー(ワンコ)のことが心配」とMICKEYが下山開始。速い速い。もう見えない。
登ってきた所からではなく、しっかりしたルートに従って下山した。
しかし登りに通っていないルートは蜘蛛の巣もしっかりあるのは当たり前。
「うわ〜。蜘蛛の巣にやられた〜」とMICKEYの声が時々聞こえる。
正午を知らせるサイレンが鳴っている。
山頂から20分ほど下ると間違った分岐点。「やはりここか・・・」

そこから沢沿いを10分下ると竹林帯の分岐。MICKEYが待っていた。
「分岐が4つもあって分からない・・・」「来たのは右手」「本当?」「ホント!」
左に窯跡を見て進む。

12:25
石灯籠と祠の所を過ぎて登山口の道標の所へ出た。良い天気だ。
まだ風邪気味の僕と運動不足のMICKEYには手頃な低山だった。

途中で僕だけ「明智戻り岩」を見にいった。明智光秀が織田信長に秀吉の中国攻めの援軍
に行くのを命ぜられて丹波亀山を出発し、この大岩のところで急遽本能寺へとその矛先を
変え後戻りした地点の岩で「明智戻り岩」と言われている。「南無妙法蓮華経」などの大
きな文字が本能寺の変の130年ほど前に刻まれていて残っている大きな岩だ。
以前歩いた「明智越え」とともに気になっていた岩だった。

途中の里の野菜や果物を売っているところで柿を15個ほど買って帰った。
「秋だなぁ」「ホントよね〜」暑がり2人にも気持ちの良い季節になってきた。

2006/09/30(Sat) 22:14:20  [No.4154]


矢問さん こんにちは

> まだ風邪が完治せず咳が出るので断念。ごくごく近場で速攻の低山へ。

滝のシャワーもしてへんのに、風邪とは・・
しかし、山に行くぐらいやから、大丈夫ですね
こちらは、最後の夏季休で遠征してました。

> 教えていただいた通りに進むと登山口の道標。民家の横を通る。
柿や栗やキウイがたわわ
> に実っている。「秋だなぁ」「ホントよね〜」

今年は、山の実が少ないそうで、知り合いの自宅離れが熊にやられたそうで!!
その後、町が仕掛けた檻に捕まったと・・これは新聞にも出てました。
伊吹の山麓と言っても、近くに国道もあるところなんですが・・

> 途中で僕だけ「明智戻り岩」を見にいった。明智光秀が織田信長に秀吉の中国攻めの援軍
> に行くのを命ぜられて丹波亀山を出発し、この大岩のところで急遽本能寺へとその矛先を
> 変え後戻りした地点の岩で「明智戻り岩」と言われている。「南無妙法蓮華経」などの大
> きな文字が本能寺の変の130年ほど前に刻まれていて残っている大きな岩だ。

これは興味ありますね
南無妙法蓮華経の文字を見て、どう思ったんでしょうねぇ

> 途中の里の野菜や果物を売っているところで柿を15個ほど買って帰った。

柿は大好き、しかし、昔は金出して買うものではなく、そこらの木になってるのを
採って食うもんやった。

また よろしくです。

    SHIGEKI

2006/10/01(Sun) 15:15:59  [No.4156]


SHIGEKIさん、こんばんは(^^)

> 滝のシャワーもしてへんのに、風邪とは・・
2週ほど前に行った山上ケ岳の山頂がホントに寒くてあそこで風邪引いたに間違いなし
です。前日まで暑かったのにあの日は急に冷えました(^^;)

> しかし、山に行くぐらいやから、大丈夫ですね
でも咳がゴホゴホ出ますので、ヒーヒーハーハーと息が切れる登りは咳のきっかけになり止まりません(^^;)。
だから昨日も登りも下りも咳が出かけたらスロースローで呼吸を整えてました。

> こちらは、最後の夏季休で遠征してました。
遠征・・・いいですね。今年は僕らは無理かも。

> 今年は、山の実が少ないそうで、知り合いの自宅離れが熊にやられたそうで!!
そのようですね。山に木の実がなくて農家にあるのは撒き餌のように集落に呼び寄せてる様なものかも。
今年は沢泊なんか怖そう。あと1ヶ月はスズメバチも怖いしね。

> 伊吹の山麓と言っても、近くに国道もあるところなんですが・・
車の怖さよりやはり生きるためには食事か・・・。

> これは興味ありますね
> 南無妙法蓮華経の文字を見て、どう思ったんでしょうねぇ
この岩の麓の神社も明智光秀が世話をしていたところとか。
こんなに由緒ある沢筋なのに直ぐ横に国道が走っているので、岩のそばから
国道のそばはそれはひどい不法投棄・・・廃材、パイプ、テレビ・・・・。

> 柿は大好き、しかし、昔は金出して買うものではなく、そこらの木になってるのを
> 採って食うもんやった。
昔は能勢のあたりも栗拾いってそこらの木のものをとっていいよ、だったけど今は全然ダメ。
すべてお金がいります(^^;)。
MICKEYはかたい柿、僕はじゅくじゅくの柿が好きなので、結局僕は残り物(^^;)

2006/10/01(Sun) 18:17:24  [No.4157]


  Re: 【京都西山】霊仙ケ岳と明智戻り岩 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

私は昨日は出勤日。今日は雨。レポ無しです。

> 沢登りの詰めのような急登に変わっていく。
> こんな角度が得意なMICKEYと苦手な僕の疲労度に差が出る。

フムフム。いつも通りだな。

> 「こんなところを登った人もいるんだな」と感心しながら自分たちも登っている。

「どうしよう」と、うろたえない所がヤブコギ人ですね。

> ここからMICKEYのペースが速くなって見えなくなった。
> MICKEYが下山開始。速い速い。もう見えない。

矢問レポは、ここを読むのが楽しみ。

> 竹林帯の分岐。MICKEYが待っていた。「分岐が4つもあって分からない・・・」

お互いの足りない所を補いあって、理想的なコンビですね。

                            伊勢山上住人

2006/10/01(Sun) 20:08:00  [No.4160]


伊勢さん、こんばんは(^^)。

> 私は昨日は出勤日。今日は雨。レポ無しです。
うわ〜、メチャ悲しいですね。今日はMICKEYのパソコンの本体スイッチがつぶれて
部品調達と組み立ての一日(^^;) いい暇つぶしでした。

> > こんな角度が得意なMICKEYと苦手な僕の疲労度に差が出る。
> フムフム。いつも通りだな。
なんでこんなに差があるのかなぁ・・・といつも不思議。
もっとゆるい傾斜は僕が断然速いのですが・・・。

> 「どうしよう」と、うろたえない所がヤブコギ人ですね。
うわっ、いつの間にか山日和ウイルスに感染してしまってるのかも(@_@);。

> > MICKEYが下山開始。速い速い。もう見えない。
> 矢問レポは、ここを読むのが楽しみ。
今回は余裕でした。だっていくらMICKEYが速く下りても車の鍵は僕の手元(^^)v

> > 竹林帯の分岐。MICKEYが待っていた。「分岐が4つもあって分からない・・・」
> お互いの足りない所を補いあって、理想的なコンビですね。
はずれ〜。成長しないんですよね。同じ所を帰路でも通ると言ってるのに、分岐の
多いところでは振り返ってその下山時風景を見ておく重要さが分かっていないのです。
窯跡の穴も行きしなに見落としてるから「こんなの無かったって!」と主張する始末。
灯籠の所を指さしてやっと「あっ、ホントだ(^^;)」と認めてくれました(ーー;)

無線機の局免の5年更新を忘れてて先週大急ぎで二人とも手続き申請。
あと1ヶ月は聞くのみ(^^;) 雪の頃に間に合えば良しです。

2006/10/01(Sun) 20:35:22  [No.4162]


  Re: 【京都西山】霊仙ケ岳と明智戻り岩 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは〜。

まだ風邪引きさんなんやね。一回風邪引くとなかなか治らないお年頃になっちゃったのかな?

山さんの金糞岳の沢登り、なかなか面白かったみたいやね〜。せっかくのお誘いに出動??できるように早く風邪治して、たまにはみっきーさんもご一緒に皆で歩けるといいね〜。(*^_^*)みっきーさんは、恥ずかしがりやさんかな?

里の彼岸花の朱色が綺麗な写真やね〜。すっかり秋、家の山の畑にも栗の木柿の木実ってます〜。

2006/10/02(Mon) 19:54:01  [No.4177]


とっちゃん、こんばんは(^^)。

> まだ風邪引きさんなんやね。一回風邪引くとなかなか治らないお年頃になっちゃったのかな?
ピンポーン(;_;) こんなの久々。咳が良く出る。昨日のような湿気のある天気は楽でした。

> 山さんの金糞岳の沢登り、なかなか面白かったみたいやね〜。
ホントですね。僕は近場でたった2時間ほどの山遊び(^^;)
それでも咳でてました(^^;)

> たまにはみっきーさんもご一緒に皆で歩けるといいね〜。
めっちゃ太ったので、こっぱずかしいのでしょう(^^) ええ歳して恥ずかしがるな〜、です。

> 里の彼岸花の朱色が綺麗な写真やね〜。すっかり秋、家の山の畑にも栗の木柿の木実ってます〜。
あのオフの日の沢沿いのアケビの実も色が変わる頃ですね。

2006/10/03(Tue) 20:07:01  [No.4202]


矢問さん こんばんは

> 【コース】曽我部町法貴−霊仙ケ岳・(明智戻り岩)

どこですかいな、ここは。
摂但街道、峠を越えたあたりかな。

> 但しあまり人の来ない山らしく、蜘蛛の巣は案外多い。静かだがやや暗くて不気味。

うっひっひ。
最近、クモの巣コギにはまってまんなー。
おもろいですか?

> い木札で「平峠 山頂へ」とある。左へと90度折れて進む。急に自然林の間から光が通
> り明るくなって快適な気持ちの良い雰囲気の山道となった。
> 山頂に着いた。先に到着していたMICKEYが「眺めが良いよ〜」と言う。

そうこなくちゃ、やってられんわな。

> ちょっと早めだが三角点と綺麗な石柱の所で昼食にした。スズメ蜂が3匹飛んでる。
> 「うわ〜、怖いなぁ」蚊取り線香をつけたらいなくなった。

やっぱりフマキラーの携帯虫除け「どこでもベープ」でっせ。

> のんびりしながら寿司にうどん、ラーメン。

えらい、豪勢なメニューですな。

> 無線機の局免の5年更新を忘れてて先週大急ぎで二人とも手続き申請。
> あと1ヶ月は聞くのみ(^^;) 雪の頃に間に合えば良しです。

おや、お二人とも無線局の局長さんでしたか。
以前、ワシも局免が切れかけたとき、ウルトラC級のウラわざを使ってセーフになりました。
無線機は時々山へ持っていくこともありますが、
出してもいない電波料だけは、毎年きちんと納めておりますよ。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/10/03(Tue) 19:56:39  [No.4200]


洞吹さん、こんばんは(^^)

> > 【コース】曽我部町法貴−霊仙ケ岳・(明智戻り岩)
> どこですかいな、ここは。
> 摂但街道、峠を越えたあたりかな。
摂但街道って言うのでしょうか? 池田から亀岡にいく国道423号で
府境界から亀岡に7〜8キロ北へ行った西側の「京都アゼリアゴルフ場」と
東側の国道423号とに挟まれてる山です。

> 最近、クモの巣コギにはまってまんなー。
> おもろいですか?
今回は前回の10分の一もありませんでした(^^)
下山はMICKEYが先に下りたので「シメシメ」と。登りで使わなかったルートで
「ギャー、バリバリ音いうわ〜」と声が何度も聞こえてました\(^o^)/

> > 山頂に着いた。先に到着していたMICKEYが「眺めが良いよ〜」と言う。
> そうこなくちゃ、やってられんわな。
ホンマですね(^^) でも麓で言われた「蜂に注意しなさいよ」が気になって
巣はないかときょろきょろ。そしたらブーンと音が(;_;)

> やっぱりフマキラーの携帯虫除け「どこでもベープ」でっせ。
これも持っていってましたよ。でも多田ケ岳で全然効いてくれなくて、僕には
信頼無いんです、これ(^^;)

> えらい、豪勢なメニューですな。
麓のローソンで「新メニュー」としてネギトロ寿司があったので「うまそう」と(^^)
たった1〜2時間の山なら腐らんし〜。

> おや、お二人とも無線局の局長さんでしたか。
僕は山ネットの誘導のためにとったのがきっかけ。同じ日にMICKEYと受験したので
コールサインも続いてます(^^) 兵庫の雪の山でルート探しに別れるときには重宝します。無駄な動きがなくなりますし。

> 以前、ワシも局免が切れかけたとき、ウルトラC級のウラわざを使ってセーフになりました。
僕は完全に切れてました(^^;) 「なんで電波料の請求書こないのかなぁ」と思いだし、気づきました。

> 出してもいない電波料だけは、毎年きちんと納めておりますよ。
僕も払ってますよ(^^) 今回は5年まとめて支払い希望しました。
隣山に登ったときなんかは洞吹さんと交信できそうですね(^^) 
「合唱、ブナブナコブナ」なんて(^^)
携帯電話のようにお金かからないし(^^) 
複数の車で遠出移動の時も何時間つけてても料金が気にならない点が実に良い(^^)
 
アルプス行くときも登りながら山小屋の交信が聞こえてきてホッとします。
何かあったときのためにと、山小屋と警察などの周波数を控えて行ってます。

去年の法改正で3級にモールスの聞き取りテストがなくなりましたね。
以前3級のモールスの聞き取りテストで教室の人がくしゃみして数文字聞き取れず、落ちました(ーー;) 法規も工学も満点なのに・・・。
 
2級も1級もモールスのレベルは3級並みの内容に落ちましたね。
携帯電話の驚異を感じたのでしょう(^^)

2006/10/03(Tue) 20:31:30  [No.4206]


掲示板に戻る