一括表示

【鈴鹿】日本コバ/磐石の丘から明神岩へ (画像サイズ: 1024×768 152kB)

【山域山名】 鈴鹿 日本コバ周辺 (滋賀県東近江市)
【日 時】 2006/9/30(土)
【天 候】 曇りのち晴れ
【メンバー】 単独
【コース】 惟高親王御陵前8:50---磐石の丘10:00/10:15---林道終点10:30---政所道合流10:40
---897m標高点11:15/11:20---明神岩11:25/12:35---新開道大萩13:25---惟高親王御陵前14:30
■画像=明神岩から御池岳・藤原岳方面を望む

目覚し時計のベルが鳴った。
寝ぼけまなこでシュラフから這い出す。
とりあえず朝メシだ。
セブンイレブンで買っておいたサンドイッチを出すと、2ポイントシールが付いていた。
これでちょうど30点になったので、スヌーピーマグカップをゲットだ。

さあ、きょうはどこへ登ってやろうかな。
ほんとは、先週マキノ側から通行止めで行けなかった芦谷岳の南尾根へ、
敦賀まわりで黒河峠に入って行ってみようかとも思っていたが、
あいにく仕事で帰宅が遅くなって、家を出たのはもう日付が変わるころ。
そんな時間から、敦賀までならまだしも、敦賀から林道の奥の峠までさらに1時間近く、
そんなん、よう走りません。
昔は徹夜で峠道を走りまわっていたものだが、今はもう寝るのが楽しみじゃ。

そんなことで、八日市で高速を出て、鈴鹿山地のふもとで車中泊。
サンドイッチをほおばりながら、
「あっちにしようか、こっちにしようか」と考えつつ地形図入れの箱を取り出すと、
なんだか中身が少ないみたい。
なんじゃ、これは。
ありゃりゃ、肝心の御在所山と日野東部が入っていないぞ。
おまけに篠立と伊船もない。
なんたることよ、サンタルチア。

やむなく入っている地形図から選択。
近くは「百済寺」か。
そうや、久し振りに明神岩へ行ってみようか。
単純に大萩から新開道の往復では芸がないので、
まだ歩いたことのない大山谷林道から磐石の丘をまわるルートにする。

政所から百済寺甲へ向かう県道で蛭谷の先、
旧永源寺町と旧愛東町の町境の峠のそばに、惟高親王(これたかしんのう)御陵がある。
今まで何度もこの前を通っているが、ここに来るのは初めてだ。
御陵前のガランとした駐車場にクルマをとめる。
ここは矢原川と違って怒られる心配はない。

御陵の参拝道に入り、突き当たりから右の尾根に上がって、旧町界の尾根を目掛けて登っていく。
すぐ旧町界尾根に達し、植林地を出てススキの広場を横切ると、地道の林道に出た。
これは大山谷林道というらしい。
もう使われていないようで、道の真ん中に草が繁っている。

しばらくは、この町界尾根の上に開削された林道を登っていく。
部分的に簡易舗装になり、
途中、路盤が抜けていたり、崩れた岩が散乱していたりするが、歩くのには支障ない。

林道を進み、磐石の丘(ばんじゃくのおか)と呼ばれるca790mピークへの分岐に差し掛かると、
あたりがザワザワと騒がしくなった。
見ると、サルの群れが道の左右の木から木へ移ったり、道を横切ったりして走り回っている。
一瞬、新聞で読んだ、札幌市の「歩く暴走族」を連想してしまった。
インネンをつけられないように、手前で立ち止まって、ススキの陰で目を伏せていると、
しばらく走り回っていた群れは、引き上げていった。

しかし、まだ何かいる。
シカだ。
シカが三頭、シカにしてはけっこう至近距離で、キョトンとこちらを見ている。
ワシがしばらくじっとしていたので、向こうが気がつかなかったのだろう。
そっと写真を撮る。
アホのカモシカは手の届くような至近距離でガサガサとカメラを出していても、
ポーズをとったまま逃げないが、そうはいかないニホンジカ。
こちらが少し動いただけで、
ピィーッとカン高い鹿笛を残し、白いお尻を振りながら、あっという間に走り去ってしまった。

さて、入り口が草ぼうぼうの道を、磐石の丘に向かって登る。
やがて地表から大きい岩がいくつも頭を出しているピークに上がると、
周りは伐採されており、一気に展望が広がった。
大岩の横に、「平成11年度 創意と工夫のまちづくり事業」の看板が倒れている。
たぶん、旧愛東町が総務省のふるさとづくり事業の交付金でこの磐石の丘を作ったものの、
それ以上の予算も付かず、そのまま放置されているのだろうか。

伐採から残された木の陰に木製ベンチがあり、缶ビールを置くのに丁度よい足付きの台まである。
見晴らし抜群だし、なんとも気持ちのよい風が渡り、なかなかいいところだ。
もうここだけでいい、ここでゆっくりプシュウタイム……の誘惑が膨らむが、
1缶しか持ってないので、まだちと早すぎる。

気持ちをなだめて林道に戻り、さらに進むと、道は、崖から落ちてきた岩が重なり崩れ始めていた。
林道終点から左正面の尾根を登る。
本日一番の急登だが、たいしたものではない。
しばらくすると傾斜が緩み、政所川西道に合流した。
ここからは登山道だが、そんなに使われている道ではない。
途中にあるはずの衣掛山の表示は無くなっていたのか、気がつかなかった。

やがて「日本コバまで3km」の古い立派な木製標識の立つ尾根分岐に着く。
ここの西斜面はブナ林だ。
ここを左(南西)にとると、尾根伝いに日本コバの山頂に至るが、本日は山頂に用はない。
右(北)に進む。
ここからは「新開道」を辿るが、これももうあまり使われていないため不明瞭な部分が多く、
登山道としては一般的ではない。

897m標高点から少し下ると、明神岩に着いた。
以前、名前だけ聞いていたこの明神岩を探してこのあたりを何度も歩き回り、
FYAMAで、たろぼう氏やSHIGEKI氏からアドバイスをもらったりして、
やっと探し当てたことを思い出す。(FYAMA西日本バリハイ「明神岩を探せ!」)

岩の上に出ると、
鈴鹿前衛の湖東の山々から御池岳・藤原岳など鈴鹿北部の山々まで、ワイドな展望が広がる。
デッキチェアのように窪んだ岩に腰を下ろしてもたれていると、実に気持ちがいい。
ここは、ワシの大好きなところのひとつ。
早速プシュウを開け、景色を肴に、ゆっくりと文庫本を開く。
静かだ。
きれいな筋雲が浮かぶ青い空は高く、もう秋の訪れを告げている。

帰りは、新開道をそのまま大萩に下りる。
廃村となった大萩の集落跡を見たりしながら、
車はときどき思い出したように通るだけののどかな県道を、ぽくぽくと歩いて戻った。

                                洞吹(どうすい)

2006/10/01(Sun) 22:11:52  [No.4167]


洞吹さん こんばんは

静かなランチテーブルへようこそ

> これでちょうど30点になったので、スヌーピーマグカップをゲットだ。

うちの娘と同レベルでんなぁ

> そんなことで、八日市で高速を出て、鈴鹿山地のふもとで車中泊。

洞吹号、退職後の車中ボヘ山行の参考にさせて頂きます。

> ありゃりゃ、肝心の御在所山と日野東部が入っていないぞ。
> おまけに篠立と伊船もない。

あの車に積んでないものがありましたか!!しかも地形図・・

> あたりがザワザワと騒がしくなった。
> 見ると、サルの群れが道の左右の木から木へ移ったり、道を横切ったりして走り回っ

今日は、全国で5件も熊に襲われた人がいたらしいですよ
猿に引っかかれずによかったですね

> 以前、名前だけ聞いていたこの明神岩を探してこのあたりを何度も歩き回り、
> FYAMAで、たろぼう氏やSHIGEKI氏からアドバイスをもらったりして、
> やっと探し当てたことを思い出す。(FYAMA西日本バリハイ「明神岩を探せ!」)

大萩からの新開道なら明らかですが、日本コバや衣掛方向からだと私は、2回目も
3回目も迷ってしました。

> 岩の上に出ると、
> 鈴鹿前衛の湖東の山々から御池岳・藤原岳など鈴鹿北部の山々まで、ワイドな展望が広がる。
> デッキチェアのように窪んだ岩に腰を下ろしてもたれていると、実に気持ちがいい。
> ここは、ワシの大好きなところのひとつ。

私は家から最短2時間弱、ちょっと、外メシ食いにのところ
ほんま、とっておきのランチスポットですなぁ

             SHIGEKI

2006/10/01(Sun) 23:23:51  [No.4169]


SHIGEKIさん こんばんは

SHIGEKIさんのホームグランドへお邪魔しました。 

> > これでちょうど30点になったので、スヌーピーマグカップをゲットだ。
> うちの娘と同レベルでんなぁ

きのう、会社の帰りにもらってきました。
これで、ココア飲むんですわ。
歳がいくと先祖返りする言いますから、これでええんとちゃいますやろか。

> あの車に積んでないものがありましたか!!しかも地形図・・

これは不覚でした。
竜ヶ岳オフの用意のときに箱をひっくり返して、こぼれたやつを別のザルに盛ってあったのを忘れてました。

> 今日は、全国で5件も熊に襲われた人がいたらしいですよ
> 猿に引っかかれずによかったですね

そうですか、熊ですか。
サルも怖いからねえ。
昔、箕面のサルに何度お菓子を盗られたことか。

> 大萩からの新開道なら明らかですが、日本コバや衣掛方向からだと私は、2回目も
> 3回目も迷ってしました。

実は、今回もちょいとはずしかけて……
例の尾根三叉路の先、適当に斜面を下って右手を見るといい尾根が。
あっちやんか、と、トラバースで復帰。

> 私は家から最短2時間弱、ちょっと、外メシ食いにのところ
> ほんま、とっておきのランチスポットですなぁ

そうですなあ、なんか、「大人の隠れ家」のような感じで、ゆっくりくつろげます。
盤石の丘は、今回初めて行きましたが、ここもなかなかよかったですよ。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/10/03(Tue) 20:10:12  [No.4203]


洞吹さん、こんばんは〜。

肝心の地図が無いなんて、どこでもポケット紛失しちゃったの?
今度から、どこでもポケット持ってる人に同行してもらわなくっちゃね(^_-)-☆

> 明神岩の上に出ると、
> 鈴鹿前衛の湖東の山々から御池岳・藤原岳など鈴鹿北部の山々まで、ワイドな展望が広がる。

ここは、一度行こうと思いながらまだ行けてないのです〜。「明神岩を探せ!」、私もそのうちしなきゃ。

> デッキチェアのように窪んだ岩に腰を下ろしてもたれていると、実に気持ちがいい。
> ここは、ワシの大好きなところのひとつ。

他には、どこがお気に入り?「洞吹20名所」に入る?

> 早速プシュウを開け、景色を肴に、ゆっくりと文庫本を開く。
> 静かだ。
> きれいな筋雲が浮かぶ青い空は高く、もう秋の訪れを告げている。

ええ時間過ごしたね〜。(*^_^*)これがあるから、明日からの仕事もがんばれちゃうね。

提供は、仕事する元気もでないとっちゃんでした。(@_@)

そうそう、スイミングに通って9カ月、やっと初めて息継ぎができるようになった日に25m泳げました〜。元気づけに、ほめてやってね(^_-)-☆

何の関係があるのやら・・・・。

2006/10/02(Mon) 20:48:06  [No.4180]


とっちゃん こんばんは

> 肝心の地図が無いなんて、どこでもポケット紛失しちゃったの?

どこでもポケットて……
地図は、家に忘れてましたです。

> ここは、一度行こうと思いながらまだ行けてないのです〜。「明神岩を探せ!」、私もそのうちしなきゃ。

こじんまりしたところですが、一度行ってみても損にはなりませんよ。

> 他には、どこがお気に入り?「洞吹20名所」に入る?

うーんとね、他にはあそこと、あそこと、あそこと……えーと、洞吹十八景と呼んでいただきましょうか。

> ええ時間過ごしたね〜。(*^_^*)これがあるから、明日からの仕事もがんばれちゃうね。

おう、そうや。
ガンバルで。
眠たいけど。

> そうそう、スイミングに通って9カ月、やっと初めて息継ぎができるようになった日に25m泳げました〜。元気づけに、ほめてやってね(^_-)-☆

おー、えらいっ。
なんと息継ぎできた日に25mもっ。
すごいすごい。
うわー、すごい。
さすがやなあ、すごいなあ。
感動したっ!

これでええか?

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/10/03(Tue) 20:19:49  [No.4204]


Re: 【鈴鹿】日本コバ/磐石の丘から明神岩へ (画像サイズ: 1024×768 185kB)

柳川洞吹さん 涼しくなってご機嫌サン

いつも レポコメ不義理お許しの程をです、緑の処理能力を超えてるんだもん。

> 目覚し時計のベルが鳴った。寝ぼけまなこでシュラフから這い出す。とりあえず朝メシだ。

読み始まりから雰囲気がチャウなあ。

> さあ、きょうはどこへ登ってやろうかな。

涼しくなって元気でるの・・・ナアン〜だ。

> 「あっちにしようか、こっちにしようか」と考えつつ地形図入れの箱を取り出すと、
> なんだか中身が少ないみたい。なんじゃ、これは。ありゃりゃ、肝心の御在所山と日野東部が入っていないぞ。
> おまけに篠立と伊船もない。なんたることよ、サンタルチア。

OO〜オ アチルタンサ カンツオ〜ネ ・・・・もうチョッと寝ヨカではなかった。

> 旧永源寺町と旧愛東町の町境の峠のそばに、惟高親王(これたかしんのう)御陵がある。

ここの地は緑のご先祖様の住まわれたところと思ってる、昔は繁盛していた今は昔の物語。
一時ルーツを探り久瀬村まで出かけたものだ。

> サルの群れが道の左右の木から木へ移ったり、道を横切ったりして走り回っている。
> 一瞬、新聞で読んだ、札幌市の「歩く暴走族」を連想してしまった。

今時期のサルは怖いよね、ボスざるの大きさと真っ赤なケツに凄みある赤ら顔、集団のの最後を揺ったりと歩く、
時々に後ろ振り返り睨む様は、襲われたら確実に死と思う。

> アホのカモシカは手の届くような至近距離でガサガサとカメラを出していても、

お池でホン直ぐのところ、奈良鹿みたいに寄ってきた、首タマに飛びつたが振り落とされた。
秋のケモノは食うのに忙しい、よく出会いますね。

> たぶん、旧愛東町が総務省のふるさとづくり事業の交付金でこの磐石の丘を作ったものの、
> それ以上の予算も付かず、そのまま放置されているのだろうか。

もったいないよ、そんな光景いくつも見る、ふるさと切捨て事業手切れ金なんだ。
姨捨事業基金でも作ってくれ思うの、限界村なる住みたくなるような、いい過疎地有るよね。

> 897m標高点から少し下ると、明神岩に着いた。
> 岩の上に出ると、
> 鈴鹿前衛の湖東の山々から御池岳・藤原岳など鈴鹿北部の山々まで、ワイドな展望が広がる。

もう随分と訪ねてない、情景が見えますね。
良い季節です、さま酔いをです。

                      緑水。

2006/10/03(Tue) 04:59:19  [No.4191]


緑水さん こんばんは

> いつも レポコメ不義理お許しの程をです、緑の処理能力を超えてるんだもん。

いや、こちらこそ、チョロレス書いたり書かなかったりですみません。
確かに処理能力を超えちょるがな。

> OO〜オ アチルタンサ カンツオ〜ネ ・・・・もうチョッと寝ヨカではなかった。

その選択肢もありましたが、不採用となりました。

> > 旧永源寺町と旧愛東町の町境の峠のそばに、惟高親王(これたかしんのう)御陵がある。
> ここの地は緑のご先祖様の住まわれたところと思ってる、昔は繁盛していた今は昔の物語。
> 一時ルーツを探り久瀬村まで出かけたものだ。

なぬ、緑水さん皇室の系統をひいているの。
ああ、よく読めば、このあたりに住んでいたってことでしたか。

> もったいないよ、そんな光景いくつも見る、ふるさと切捨て事業手切れ金なんだ。

まあ、いろいろあるんでしょうから。

> 姨捨事業基金でも作ってくれ思うの、限界村なる住みたくなるような、いい過疎地有るよね。

なんですかね、それ。

> もう随分と訪ねてない、情景が見えますね。

いいところです。
それに、いい季節になってきました。

よい山旅を!
                                   洞吹(どうすい)

2006/10/03(Tue) 20:28:37  [No.4205]


洞吹さん、こんばんは。

> セブンイレブンで買っておいたサンドイッチを出すと、2ポイントシールが付いていた。
> これでちょうど30点になったので、スヌーピーマグカップをゲットだ。

えらいカワイイ趣味があったんですねー。それにしてもマメですな。(^^ゞ

> そんな時間から、敦賀までならまだしも、敦賀から林道の奥の峠までさらに1時間近く、
> そんなん、よう走りません。

ポイント集めるマメさをこっちに活かしたらいいのに。
寝る場所探すだけなら敦賀ICから15分も走ったらどこでもありまっせ。

> ありゃりゃ、肝心の御在所山と日野東部が入っていないぞ。
> おまけに篠立と伊船もない。
> やむなく入っている地形図から選択。
> 近くは「百済寺」か。

苦渋の選択ですな。まあ鈴鹿全部入ってないよりマシか。

> 御陵前のガランとした駐車場にクルマをとめる。
> ここは矢原川と違って怒られる心配はない。

駐車場ですもんね。(^_-)

> 一瞬、新聞で読んだ、札幌市の「歩く暴走族」を連想してしまった。

毎日新聞の読者ですね。あれは笑ってしまいました。

> 岩の上に出ると、
> 鈴鹿前衛の湖東の山々から御池岳・藤原岳など鈴鹿北部の山々まで、ワイドな展望が広がる。

いいとこのようですね。(前にも同じことを書いたような記憶が・・・^^;)
でも行く気になるのはいつのことやら。

                山日和

2006/10/03(Tue) 18:34:38  [No.4195]


山日和さん こんばんは

> > これでちょうど30点になったので、スヌーピーマグカップをゲットだ。
> えらいカワイイ趣味があったんですねー。それにしてもマメですな。(^^ゞ

知らなかったんですか。
これで、スヌーピーのボウルやらお皿やら、シリーズで5つ目ですよ。

> ポイント集めるマメさをこっちに活かしたらいいのに。
> 寝る場所探すだけなら敦賀ICから15分も走ったらどこでもありまっせ。

返す言葉、ありません。
やる気のなさが、モロに出ています。
最近、トランプです。
ハア〜。

> 苦渋の選択ですな。まあ鈴鹿全部入ってないよりマシか。

まあ、不幸中の幸いというか、トウフに割り箸と言うか。

> > 一瞬、新聞で読んだ、札幌市の「歩く暴走族」を連想してしまった。
> 毎日新聞の読者ですね。あれは笑ってしまいました。

おたくも毎日新聞でしたか。
あれ、むちゃくちゃ面白い記事でしたね。

> いいとこのようですね。(前にも同じことを書いたような記憶が・・・^^;)
> でも行く気になるのはいつのことやら。

もしかしたら、山日和さんには似合わない場所なのかもしれませんね。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/10/03(Tue) 20:39:11  [No.4207]


掲示板に戻る