一括表示

  巨大低気圧〜秋日和 投稿者:緑水
巨大低気圧〜秋日和 (画像サイズ: 1024×768 472kB)

キャヤ〜”開けてビックリ、ヤブ手ハコ レポレス白煙がモアモア談々 読むのに難儀するわ(^^)
コメントは緑ちゃんの 賞もないレポで堪忍して下さいませ。

2006.10.8日.〜12日. 秋ボヘボケ

10月7日は今時期で記憶にないほどの巨大低気圧に襲われた中部山岳、遭難者が続出した。
山仲間も入山してる、小屋で缶詰だろうって、缶詰肴にササしてるのを願おうです。

     10月8日 経ガ峰 晴れ.強風

「山行くぞ〜、泊り服持っておいで」ちびサン達にメールする。
「行くわ」ってパパさんに連れられて飛んできた。
秋を感じる好いところは、ススキに揺れる山の辺が好いな、海が見えて景色のいいところ。
経ガ峰はススキが満開だろうって、ススキ尾から登ろうです。

錫杖湖から笹子川林道を行く、林道延長工事バリケードにペッカーをとめる。
だれも居ない貸しきりコース、ユックリ行きましょう(^^)
久しぶりの山中だ、クリが沢山落ちている。イガばっかり、サルは上手に食べるんだ。

登山口から直ぐ小さな渓谷が始まる、涼しい風が吹き降ろしてくる。
嬉々として渉っていく、植林を抜けるとススキ尾が始まるのだ。

・なにこれ 踏み開かれた背丈を越すススキ原も、葉は黄ばみ柔らかく、穂は真っ白にお辞儀して風に揺れる。

・うわ〜探検だ 迷路の様なススキ穂の道、強風に翻弄され白穂がいっせいに揺れるさまは無数のうさがが跳ねてるよう。

後ろを振り向けば海が見える、登るほどに視界は広がり海も大きくなってくる。
上がりきれば風でふらつくほどだ、杉林に入れば緩やかなくだり、わずかで山小屋だ。

誰も居ない小屋、清潔な新しい山小屋だ。
早いけれど焼肉しよう、外は風が強いが太陽はいっぱいだ。
避難してくる人で居心地わるくなるね。

・でっかいシマ蛇がいる 寒さで動きが遅いのだ、ストックの先で道に戻しては遊ぶ。

山頂に出ると沢山のハイカーがいる、展望台の下や風に隠れての寒そうなお昼です。
ちび達には吹き飛ばされそうな風も面白いのだろう、風に向かって羽ばたいてる。
人をさけて平木への広場に行く、誰も居ない明るいかぜの当たらないベンチ、ゆっくり昼のやりないこだね。
プシューは美味いなあ(^^)
強くなった一年坊主、もっと歩きたいのだろう、先に行こうとせかす。

帰りは山頂からヤブコギで降りる、あそこの目標におりな、それなりに降りていく。
ススキ尾を展望を楽しみながら下りました。

      10月9日 入道ガ岳 快晴

歩き足らなかった亮太郎くん、朝早くからの出発です。
険しいところとのご注文で、入道ガ岳・井戸谷コースをとる。
コースを外して谷道に入る、危なかしい崖道も梯子も旨く歩けるようになってる。付いていくのがえらいわ。

道に入ったり谷に入ったり、気ままに歩いていくも5合目位から遅れ遅れ、笹原の見晴らしよくなる元気回復。
山頂は見晴らし抜群だ、雪をかぶった乗鞍から北アルプスが浮かんでる。
故里の山は入道ガ岳 今日はプシュー出来ないが それも由かな、ジュースでは間が持たない。
隣の親子から美味そうな匂いがたまりません(- -)運転手つれとこなアカン

下りは二本松尾根の途中から バリハイコース 急な杉斜面を降りていく。
大雪のときにお姉ちゃんと滑って転げて降りた所やな、ちゃんと覚えてるんだ。
先に抜かしていったおっちゃんより早く着いて、おっちゃんビックリ顔だ。

次回は冬休みだね、約束して山を降りました。

                 緑水。

2006/10/13(Fri) 09:34:12  [No.4379]


  Re: 巨大低気圧〜秋日和 投稿者:Tsutomu  URL

緑水さん、こんばんは。
相変わらず楽しげな山歩きですね。読んでてホッとします。
ちびさん達の喜びいさんで歩いていく姿が目に浮かぶようです。
小さな頃からこういう山歩きをしていたら自然に対して自由なスタンスで接していけるようになるんだろうなあ。ちょっと羨ましい。
明日は、三ノ峰から別山に行こうかと予定してます(あくまで予定ですが…)。緑水さんのレポを片手に長い山路を歩いてきます。

                Tsutomu

2006/10/13(Fri) 19:33:00  [No.4381]


Re: 巨大低気圧〜秋日和 (画像サイズ: 1024×768 374kB)

Tsutomuさん こんばんわサン。
レスありがとうございます、

レポは確りと、読ませてもらってます。
若鷹ですね、単独果敢に訪ね歩いてる、昔の緑を見るみたいです。
チョッと真面目がキズかな(^^)

> 相変わらず楽しげな山歩きですね。読んでてホッとします。
> ちびさん達の喜びいさんで歩いていく姿が目に浮かぶようです。

女の子にはどうしても優しくしてしまう、男の子は違うね。
パソ部屋に来て山の本みて、ここ行こ言う親が貸してくれたら、ボヘに連れて行こう思うのだけれど。

> 小さな頃からこういう山歩きをしていたら自然に対して自由なスタンスで接していけるようになるんだろうなあ。

呑み助ジジイだけれどね、山で遊ぶが一番好い思うが、小さいときの想いでは残る思う。

> 明日は、三ノ峰から別山に行こうかと予定してます

今は車だから、思ったら造作なく実行できるね。
緑の明日は、ちびさん来たら山に散歩。
15日は公開山行で、御池岳・池の平さま酔いです
16.17日は土倉へ参加予定だ。

          緑水。


                

2006/10/13(Fri) 22:31:11  [No.4383]


巨大低気圧〜秋日和 2 (画像サイズ: 1024×768 236kB)

登り残していた 木曾ボヘ紅葉狩りは・・南駒ガ岳に行こうの予定です。
なのに無常にもアタック予定の11日が雨予報だ、気持ちが乗ってる変更することないよね。

雨だから北沢尾根から南駒〜仙涯嶺〜越百山は無理だろうて、10時間は見なくてわならないものね。
雲中見晴らしのない山なんて、泡の立たない泡のようなものだ。
行き先変更、さてどこにするかなあです。
新パソが威力を発揮する、若狭方面は降雨確立も低いとある、そちらに変更だ。

     10月10日 さざえガ岳 快晴

今日は上天気だ半日コースのお勧めは、敦賀半島に突き出たサザエガ岳とした。
10時過ぎに底浦に着く。

昼には焼きサザエでプシューだな、久しぶりユックリと登ろう。
雌松もある雑木林、♪もしかして モシカシテ 好いものあるかも キョロキョロしながら行く。

シメジかなアシナガかな思いながらも自信がない、明るい雑木林の中を過ぎるとコバルトブルーの海が見下ろす。
水島だ猪ケ池からの半島、なんど見てもほっとする眺めだなあ。

緩やかな登り、両側に海を見ると、大岩が出てきて少しでサザエの山頂に到着だ。
サザエは巻き巻き角のある貝、殻先に似る岩峰は東に少し降りたところにある。
岩の上からの眺めは、絵筆に書きたくなるような眺望が広がってる。
敦賀湾から北海道にフェリーが出る、いつか行くだろう出発の地なんだ。

帯水の向こうは・・・鉢伏かな、近江の名山・伊吹山が見える、金糞か点座がよく分かるです。
西方ガ岳に足を伸ばす、歩きよい道にブナの木肌が美しいところだ。
山頂の展望岩も眺めは好いです、晴れなければ見れない景色なのです。

チンタラホイの帰り道、カモシカ岩に登れば モンジュの原発施設が見下ろせる。
外洋と湾内を両手に見ながら気分の良い散策路でした。

今夜の泊場は猪ケ池の観察小屋前だ、何かしらうら寂しいところだね。
連日の疲れか早めの暴睡となる。

     10月11日 若狭から湖東 賤ガ岳 終日雨

3時起床、4時、先にある立石岬を見に行く。
漁港から先は山道だ、草がかぶる細道は荒れた感じの道に成ってる。前に来たのは10年前に成るだろか。
真っ暗な海、潮騒が静かだ。潮の匂いがしないのはなぜなんだろうな。

対岸の灯りが離れて見えない外洋に面してきたのだ、海岸岩がライトに浮かぶ海岸に下りていく。
すごいゴミの打ち上げ放置されてる、まえの時にはゴミはなかったな、この汚れは外国からの漂流物か。
小雨がきた戻ろう、曇りの予報が外れたみたいだな。

ヤブレポであった、山集落から野坂岳から芦山への巨木を見に行くつもりもアカンなあです。
小雨だしレポで読んだ記憶を蘇らせながら、雲谷山を訪れてみる。
大きな変電所のあるところ、この辺りから登れるんだ。
雨が篠つく、また来るさと引き返しです。

アアです、賤ガ岳でお昼にしよう、帰りの土産だなと立ち寄る。
ガスが上がっていく、余呉の湖面が現れる、湖北の刈のこる稲の黄色が山の緑が靄から浮かび出てきた。
なかなかのスライドショーを見るようだ。

琵琶湖畔で泊る予定も時間が余りすぎる、温泉により道して、明日は鈴鹿の山に登ろうです。
藤原岳登山口の休憩所がオープンしたと聞くからそこが泊り場になるな(^^)
決まれば早い、走りなれた道すがら道草しながら帰りました。

藤原休憩所はどこにも負けない立派な施設です。再び雨が降り出してきた。
来て良かったなあです、ユックリさせてもらおう。本も持ってきたことだし読めるかな。

     10月12日 藤原岳 晴れ     

月明かり、4時半に出発だ。
藤原岳を夜に登るなんて、新鮮な気分で登れるんだ。
夜中の登山も捨てたものでないよ、誰かさんが言ってたのはホンとだ。これは癖になりそうだね。

8合目で日の出、赤黒い陽の色してる採光は射して来ない。
9合目野菊の咲く展望所、木曾三河その向こうは名古屋のビルがそびえてる。

山頂は草原だ、雑木は紅葉が始まってる。いい時期に来たものだ、近場だと疎かにするが見直さなくてわです。
天狗岩の上から見る谷間は雲海で埋まり、近江の地も真っ白けだ。浮かぶ山稜が見飽きない眺めだ。

笹は衰退して草原に変わってる、雑木のモミジ始まりの中は程よい空間で快適な歩きが出来る。
白瀬峠、もっと歩きたい気分だ。トラバース道から真ノ谷に下りる。
ここも好いなあ、揺らぎの水の流れ、雑木の斜面を見ながらカタクリ峠手前の尾根に上がる。

荷ガ岳をとおり白瀬峠に戻る、鈴鹿はいい季節になりました。
月末は上州へボヘしようかなあ思いながら、チンタラと戻りました。

               緑水。
     

2006/10/13(Fri) 21:59:19  [No.4382]


  Re: 巨大低気圧〜秋日和 投稿者:コダマ  URL

緑水さん、こんばんは!

> 10月7日は今時期で記憶にないほどの巨大低気圧に襲われた中部山岳、遭難者が続出した。

ほんと、びっくりしました。私は7日はブナ清水からハライドでしたが、
あまりの激しい突風に、ハライドすら危険すぎて登れませんでしたから、
北アルプスに向かっていた知り合いの方々を心配しました。幸いご無事でしたが。

> 「山行くぞ〜、泊り服持っておいで」ちびサン達にメールする。

となりのトトロみたいですね。画像が可愛くって、私も「はぁ〜い!」って
ついて行きたくなりました。

> 経ガ峰はススキが満開だろうって、ススキ尾から登ろうです。

経ヶ峰にこんな綺麗な場所があるんですねぇ。海も見えたんだ。

> 早いけれど焼肉しよう、外は風が強いが太陽はいっぱいだ。

子供は焼肉が大好き、大喜びだったのでしょうね。子供の笑顔、
誰かの喜ぶ顔を見る事が、緑水さんの喜びですね。(^^)

> プシューは美味いなあ(^^)

この日は息子さんが運転手かな。娘婿さんかな。

> 歩き足らなかった亮太郎くん、朝早くからの出発です。

亮太郎君は、愛知川でご一緒させていただいたおチビさんかな?
お名前までは忘れてしまいましたが、二日続けてとは、強い子ですね。

> 大雪のときにお姉ちゃんと滑って転げて降りた所やな、ちゃんと覚えてるんだ。

子供の記憶ってすごいですよね。子供と話してると驚くような事ばかりです。
私には日々疲れてる記憶しかないのに、細かいとこまでちゃんと覚えてる。
子供は天使ですね。

> 先に抜かしていったおっちゃんより早く着いて、おっちゃんビックリ顔だ。

亮太郎くんも、えっへん、気持ちよかったでしょ〜ネ!(^^)

9日、ネコからメールした時、返信いただいてありがとうございました。
快晴だから緑水さん、きっと山と思ってました。まだまだ続きがあって凄いです。

サザエヶ岳は、お天気が良ければ11月に登山講座で行きます。青い海の見えるいい山ですね。
さらにお帰りの早朝、暗いうちから藤原なんて、オシャレだワ〜ン!

2006/10/14(Sat) 20:47:53  [No.4392]


Re: 巨大低気圧〜秋日和 (画像サイズ: 1024×768 187kB)

コダマさん こんばんはサン

> ほんと、びっくりしました。私は7日はブナ清水からハライドでしたが、あまりの激しい突風に、

この先少しで山頂小屋につく頑張れ、来た道の長い下りより安全と思ったのが・・・・でした。
来た道返せば高度も下がるし気温も上がる、樹林の中では風も防げる、とちゅでのビバークも楽だったと思う。

> となりのトトロみたいですね。画像が可愛くって、私も「はぁ〜い!」ってついて行きたくなりました。
> 経ヶ峰にこんな綺麗な場所があるんですねぇ。海も見えたんだ。

誰も居ないススキの道だ嘉嶺への道でもある、また訪ねてくださいです。

> 亮太郎君は、愛知川でご一緒させていただいたおチビさんかな?

えっ、コダマさんちのボクと同じ子はもう高校生前だよ。
娘さんも成人して、アッという間にバアチャンマダコになっちゃうぞ。

> サザエヶ岳は、お天気が良ければ11月に登山講座で行きます。青い海の見えるいい山ですね。
> さらにお帰りの早朝、暗いうちから藤原なんて、オシャレだワ〜ン!

お天気での登山講座でありますように、山では天気が一番のご馳走だもんね。
上天気の今日は公開山行で御池さま酔いでした、明日から美濃ボヘです、忙しい忙しいです(^^)

いい山仲間ができて好いですニャ〜ン!

                       緑水。

2006/10/15(Sun) 20:51:08  [No.4400]


  Re: 巨大低気圧〜秋日和 投稿者:とっちゃん(こと)

緑吹さん、こんばんは〜。

ちびっこちゃんと、秋の一日、ススキのトンネル抜けて山遊びいいですね〜。

緑じいちゃん人気者で、なんだか和やかな雰囲気に読みながら笑みがこぼれました。

そのうち、バリハイ少年が誕生しそうやね〜。

2006/10/15(Sun) 19:57:49  [No.4396]


とっちゃん(こと)さん こんばんは

今日は好い天気でしたね、明日からも好い天気が続くね、どこお出かけでしたか

> ちびっこちゃんと、秋の一日、ススキのトンネル抜けて山遊びいいですね〜。

季節に合わせて遊びたいですね、また宜しく。

           緑水。

2006/10/15(Sun) 20:55:36  [No.4401]


掲示板に戻る