一括表示

  双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 800×531 172kB)

【日時】 平成18年10月14日(土)
【山域】 大峰
【天候】 晴れ時々曇り
【コース】カナビキ谷出合6:10---6:30ガマ滝---7:20右岸から左岸へ---7:55一ノ滝---9:15双門滝9:45---10:15ザンキ平の肩---11:10河原小屋11:50---12:40桶ノ谷出合---13:10狼平---13:35明星が岳分岐---13:50頂仙岳---14:40カナビキ尾根分岐---16:00カナビキ谷出合

今年の5月3・4日憧れだった弥山川双門滝を初めて見た。期待通り、いやそれ以上の所だった。
河原小屋で同宿した女性から「仙人ーのツタの紅葉の頃がすばらしい」と聞き、紅葉の頃、10月中旬にまた来ようと決めていた。

1週間前には矢問さん・MICKEYさんが何度も徒渉したという白川八丁には、全く水は無い。ガマ滝の見える所まで来て、やっと水深2cmほどの流れ?が見えた。

弥山ダムの横の登山道に架かるはしごは錆びてボロボロ。重い荷物の矢問さんが乗っても壊れなかったのだから大丈夫だろう。

前回上に登ってしまい迷った涸れ谷も下にしっかりテープが巻いてあった。

「双門弥山線歩道」 うん。どう見ても「車道」ではない。「歩道」に間違いは無い。

川原に下りて、右岸から左岸に移る所も、飛び石で靴を濡らさずに渡る。

MICKEYさんがズボンを捲り上げて渡ったヘツリ場も今日は全く水が無い。飛沫で濡れている程度である。

急登をこなしていると、大御影山で会った洞吹さんの化身が「よー来たなぁ。まぁ、ゆっくり行きな。あ〜ぁ眠い」

一ノ滝。カメラを向けるが滝全体が入りきらない。つり橋の横の木がきれいに色付いている。

さあ、いよいよこのルートの核心部分だ。長いはしご登りにスリルある桟橋渡り。気持ちいい〜。
今にも開こうとするリンドウが足元を飾る。
稲村ヶ岳は雲に包まれていて、テッペンは見えない。
しかし、よくもまあこんなルートを切り開いたものだ。
落っこちたらどこまで落ちて行くのやら。

双門滝に着いた。崖っぷちにへばり付いている木々はそこそこ色付いているが、肝心の仙人ーのツタはまだ青い。
「1週間早かったか。残念」

ザンキ平の肩に登り、クサリにすがりながら下る。河原小屋に着いた。横の谷で汲んだ水を沸かし、ゆっくりとコーヒーを味わう。
「いいペースで来ている」

狼平に着いたが、人っ子一人いない。静か過ぎて、変な感じ。
「さあ、帰るぞ」

明星が岳への分岐までの道は、紅葉がきれいに色付いている。
「今日は、山頂からこの辺りが最盛期かな」
「しかし、こんな最高の時期に誰ともすれ違わないなあ」

考えてみると、山登りなのにピークを1つも踏んでいない。
「ピークだけはきっちり押さえていこう」「そうね」
MICKEYさんとの約束は男として必ず守らなくては。
「危険につき通行禁止」の看板があるのはここから登るからなのだろう。
頂仙岳からは、真っ赤に燃える迷ヶ岳が正面に見える。「最高!!」
景色を楽しんでいると、1羽の鳥が飛んできて、恐ろしげな声で鳴きだした。
「やみげっ、やみげっ、やみげっ、やみげっ、や〜み〜げ〜〜」
とたん、背中に冷たいものが走る。

カナビキ尾根。前回は女性版山日和さんの先導にペースを合わせた為に膝を痛めた。今回はマイペースでゆっくり下る。
日帰り周回大成功。また来よう。

2006/10/16(Mon) 23:30:13  [No.4414]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:矢問(やとう)
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 215×640 61kB)

伊勢さん、こんばんは(^^)

> 白川八丁には、全く水は無い。ガマ滝の見える所まで来て、やっと水深2cmほど
ひぇ〜。やはりそれが正常なんですよね(^^;)。谷は水が直ぐに増水するけど、
引くのも早い。いいですね。これなら早く進める。

> 重い荷物の矢問さんが乗っても壊れなかったのだから大丈夫だろう。
重い体重の、と書かないところが優しい(^^)

> MICKEYさんがズボンを捲り上げて渡ったヘツリ場も今日は全く水が無い。
ぎぇ、そうなんですか〜。スゴイ水流の洗濯機状態でした。

> 一ノ滝。カメラを向けるが滝全体が入りきらない。
そうなんですよね。僕も3枚に分けて撮り合成しました。
その滝の橋を渡ったところに白布をまとった野仏かなにかありましたか?
ガイドブックに書いてあったので探しましたが分かりませんでした(^^;)

> 今にも開こうとするリンドウが足元を飾る。
山上ケ岳の周囲にも沢山ありました。やはり蕾のままでした。

> しかし、よくもまあこんなルートを切り開いたものだ。
いやホンマ。

> 「1週間早かったか。残念」
月末くらいかなぁ。

> 狼平に着いたが、人っ子一人いない。静か過ぎて、変な感じ。
> 「さあ、帰るぞ」
もったいない。貸し切り別荘ですね。そんな時行きたいものです。

> 「危険につき通行禁止」の看板があるのはここから登るからなのだろう。
あの看板あたりから登りましたか。わかりにくいですね。僕は真西から(^^;)

> 頂仙岳からは、真っ赤に燃える迷ヶ岳が正面に見える。「最高!!」
あの展望、なかなかですね(^^)

> 「やみげっ、やみげっ、やみげっ、やみげっ、や〜み〜げ〜〜」
> とたん、背中に冷たいものが走る。
ええ声でなくトリですね(^^)

> 日帰り周回大成功。また来よう。
水の無いときに狙うべきでしたm(..)m(^^)
・・・と言いつつもチョロチョロ流れ出る滝では見ても迫力ないし、沢筋は難しいですね。

2006/10/17(Tue) 03:34:28  [No.4418]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 800×531 82kB)

矢問さん、こんばんは。

早速のレスありがとうございます。

> > 白川八丁には、全く水は無い。
> ひぇ〜。やはりそれが正常なんですよね(^^;)。これなら早く進める。

はい。今回は日帰り周回が目標です。
矢問さんの時の水が残っていたらどうしようと心配でした。

> その滝の橋を渡ったところに白布をまとった野仏かなにかありましたか?

全く気付きませんでした。

> 「1週間早かったか。残念」
> 月末くらいかなぁ。

いやぁ〜。月末では遅いでしょう。

> > 狼平に着いたが、人っ子一人いない。静か過ぎて、変な感じ。「さあ、帰るぞ」
> もったいない。貸し切り別荘ですね。そんな時行きたいものです。

今回は双門滝で1組2人に会っただけでした。
最高の紅葉時期なのにどうして? 
土曜の4時過ぎに駐車はたったの3台のみ。
別荘はがら空き状態だったと思います。

> ええ声でなくトリですね(^^)

あれ? 矢問さんはこの鳥が好きでしたか?

コメントありがとうございました。          伊勢山上住人

2006/10/17(Tue) 21:38:09  [No.4422]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:柳川洞吹

伊勢山上住人さん こんばんは

黄葉、すばらしいですねー。
後追いしたくなりますねー。
ワシは、入口までも行かずに放棄したまんまだからね。

> 狼平に着いたが、人っ子一人いない。静か過ぎて、変な感じ。
> 「しかし、こんな最高の時期に誰ともすれ違わないなあ」

なんでしょうね。
ともあれ、静かなのはいいことだ。

> 「やみげっ、やみげっ、やみげっ、やみげっ、や〜み〜げ〜〜」

あっ、でたっ。
やまびどりだっ。

うるへー。
このっ!

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/10/17(Tue) 22:14:18  [No.4428]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 800×531 167kB)

洞吹さん、こんばんは。

> 黄葉、すばらしいですねー。

黄葉が多かったですが、紅葉もありましたよ。

> 後追いしたくなりますねー。
> ワシは、入口までも行かずに放棄したまんまだからね。

ここは嵐の日は避けた方がいいですね。
見晴らしの良すぎる梯子で煽られたら・・・。ウゥッ、ブルブル。

> なんでしょうね。
> ともあれ、静かなのはいいことだ。

この時期、どこもかしこも見所満載ですからね。
しかし、人気が無いのかなぁ?

> あっ、でたっ。
> やまびどりだっ。

この鳥のいない世界へ早く旅発ちたいです。

コメントありがとうございました。         伊勢山上住人

2006/10/17(Tue) 22:37:07  [No.4432]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:山日和

伊勢さん、こんばんは。

> > あっ、でたっ。
> > やまびどりだっ。
>
> この鳥のいない世界へ早く旅発ちたいです。

最近怪しげな声で啼く鳥が跋扈しているようですなあ。
この鳥は伝説上の架空の生物であり、実在の人物とは
まったく無関係ですのでそこんとこよろしく・・・(^^ゞ

         山日和

2006/10/17(Tue) 23:23:31  [No.4437]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:柳川洞吹

山日和さん こんばんは

> 最近怪しげな声で啼く鳥が跋扈しているようですなあ。
> この鳥は伝説上の架空の生物であり、実在の人物とは
> まったく無関係ですのでそこんとこよろしく・・・(^^ゞ

そんなに言い訳せんでもええじゃあーりませんか!
                  ↑
           アクセントはここ

うわははははは、どケチくん、いや明智くん。
早く、その山日和の着ぐるみを脱ぎたまえ。
して、その正体は!
うぬ、(チョン)、やぁーまぁーびぃーどぉーりぃーーーーー。 
またの名を、人呼んで「闇下降仮面(やみのげっこうかめん)」じゃ。

でんでんでんでんでんでんでんでん。
勇気だ、力だ、誰にも負けないその意気だ!
ううーーやあーーたあーーーーーーーーーーーーー。
いつの間にか、少年ジェットになっちまったい。

今回は、キョトンとする人、何人ぐらいかな?

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2006/10/17(Tue) 23:51:43  [No.4440]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 500×753 143kB)

山日和さん、こんばんは。

ここの所やけに忙しい。
休みは山に行かなければならないし、
山レポ読んでいたら、すぐおねむの時間になっちゃうし、
焦ってレポ書いたら、なんとも書き足らないし、・・・・。

もうすぐ師匠に出会って1年の記念日が来ます。
この1年間、おかげ様で充実した日々を送っています。

> 最近怪しげな声で啼く鳥が跋扈しているようですなあ。
> この鳥は伝説上の架空の生物であり、実在の人物とは
> まったく無関係ですのでそこんとこよろしく・・・(^^ゞ

「そこんとこよろしく」って、山日和さんと何か関連があるのですか?
今度あったら「師匠によろしく」って挨拶すればいいのですか?

山歩きも、このフォーラムも楽しくて楽しくて、
山日和さんと、皆さんに感謝感謝です。        伊勢山上住人

2006/10/18(Wed) 21:59:42  [No.4455]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:SHIGEKI  URL

伊勢山上住人さん こんばんは

> 【コース】カナビキ谷出合6:10---6:30ガマ滝---7:20右岸から左岸へ---7:55一ノ滝---9:15双門滝9:45---10:15ザンキ平の肩---11:10河原小屋11:50---12:40桶ノ谷出合---13:10狼平---13:35明星が岳分岐---13:50頂仙岳---14:40カナビキ尾根分岐---16:00カナビキ谷出合

10時間コースですか  これって、普通の人の日帰りコースですかいな?

川沿いを登って、細長く尾根を戻ってくるんですね

ワシらには避難小屋泊まりコースですなぁ

晩秋にでも行きたいですね

小屋で宴会とか

> カナビキ尾根。前回は女性版山日和さんの先導にペースを合わせた為に膝を痛めた。今回はマイペースでゆっくり下る。

膝、何のバリバリですがな

ほんまゆっくり、歩きましたんかいな

> 日帰り周回大成功。また来よう。

ほんまは、日帰りでも闇下したかったんでしょう

また よろしくです。

    SHIGEKI

2006/10/17(Tue) 23:19:28  [No.4435]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 800×531 92kB)

SHIGEKIさん、こんばんは。

レスありがとうございます。

> 10時間コースですか  これって、普通の人の日帰りコースですかいな?

標高差900m。ちんたら・のんびり歩きです。
きわめて普通の人の日帰りコースです。
前回、昼前の11時10分に宿泊地に着き、時間が余って仕方なかった。

> ワシらには避難小屋泊まりコースですなぁ
> 晩秋にでも行きたいですね
> 小屋で宴会とか

14日の晩は歌詞きり状態だったと思いますよ。
双門滝も人気薄になったみたい。

> 膝、何のバリバリですがな
> ほんまゆっくり、歩きましたんかいな

一人歩きは、マイペースがよろしおますなぁ。
左足で登る時に、手のひらで膝頭を握り潰す様に力を入れると
膝が全く痛みを感じません。
バンテリンもテープも要らない対処法を発見しました。

> ほんまは、日帰りでも闇下したかったんでしょう

したくない。したくない。したくな〜い。

コメントありがとうございました。           伊勢山上住人

2006/10/18(Wed) 22:31:01  [No.4456]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。横レス失礼m(..)m

> 標高差900m。ちんたら・のんびり歩きです。
> きわめて普通の人の日帰りコースです。
> 前回、昼前の11時10分に宿泊地に着き、時間が余って仕方なかった。
やはり「水」で大違いですね(^^;) 11時10分ならまだ河原小屋にさえ着いていない(^^;)
僕らが狼平についた頃には下山しているのですからね(^^;)

> 双門滝も人気薄になったみたい。
これ、僕はあの古い落ちたはしごも影響しているのでは・・・と思うのです。
古い道標と落ちたはしごが、ず〜っと下に続いていて双門の行場へ続いている・・・・
ガイドブックにも「双門の行場へも下ることも不可能ではない」と書いてあるものの、
あのはしごの落ち方では下りても登ってくるのがめちゃしんどそうで(^^;)

僕の行った日に、もっと時間が早くすんでいれば、僕は下りていくつもりでした。
そのためにロープもカラビナも持っていってたのに(^^;)

だって滝はやはり下から眺めて「すごいなぁ」と雄大さを見るのが好きなんです。
あんな距離がある地点から、細長く見えても雄大さはなかなか感じとしてつかめない。
それもちょっと人気が下がった原因かも、と思うのでした。

2006/10/19(Thu) 22:05:54  [No.4470]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

> やはり「水」で大違いですね(^^;) 

ガマ滝まで、矢問さんは1時間かかっていますよね。
私は20分で白川八丁を終了しています。

> 11時10分ならまだ河原小屋にさえ着いていない(^^;)

前回の宿泊地は河原小屋です。
矢問さんは河原小屋に13時30分ですか。
その時刻、私は狼平を離れ、明星が岳への分岐でした。

> 僕らが狼平についた頃には下山しているのですからね(^^;)

はい。16時30分には行者還トンネル近くで黄葉見物でした。

> ガイドブックにも「双門の行場へも下ることも不可能ではない」と書いてあるものの、
> あのはしごの落ち方では下りても登ってくるのがめちゃしんどそうで(^^;)

行けるのですか? 双門滝の下まで。

> 僕の行った日に、もっと時間が早くすんでいれば、僕は下りていくつもりでした。
> そのためにロープもカラビナも持っていってたのに(^^;)

ロープ・カラビナは白川八丁に水の流れていない時にまたどうぞ。

> だって滝はやはり下から眺めて「すごいなぁ」と雄大さを見るのが好きなんです。
> あんな距離がある地点から、細長く見えても雄大さはなかなか感じとしてつかめない。
> それもちょっと人気が下がった原因かも、と思うのでした。

双門の滝を下から眺めた人はそう沢山はいないと思うのですが・・・。  伊勢山上住人

2006/10/19(Thu) 22:39:02  [No.4472]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。

> > やはり「水」で大違いですね(^^;) 
> ガマ滝まで、矢問さんは1時間かかっていますよね。
> 私は20分で白川八丁を終了しています。
何をおっしゃいますやら(^^;) 1時間ではなく1時間40分ほどかかりました(^^;)

> 双門の滝を下から眺めた人はそう沢山はいないと思うのですが・・・。
「行場」なので心を洗いに行こうかと(^^;)

2006/10/20(Fri) 20:50:57  [No.4492]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:緑水

伊勢山上住人さん おはようサン

> 【コース】カナビキ谷出合6:10---6:30ガマ滝---7:20右岸から左岸へ---7:55一ノ滝---
> 9:15双門滝9:45---10:15ザンキ平の肩---11:10河原小屋11:50---12:40桶ノ谷出合---
> 13:10狼平---13:35明星が岳分岐---13:50頂仙岳---14:40カナビキ尾根分岐---16:00カナビキ谷出合

日帰りで行っちゃったの、10時間コース、山上本性が序々にみえてきましたですね。

> 弥山ダムの横の登山道に架かるはしごは錆びてボロボロ。重い荷物の矢問さんが乗っても壊れなかった
> のだから大丈夫だろう。

まえの時緑は怖くて、最後の堰堤の谷に下りて辿り遊歩道に戻ったです、重荷に耐える橋OKなんだ。

> さあ、いよいよこのルートの核心部分だ。長いはしご登りにスリルある桟橋渡り。気持ちいい〜。
> しかし、よくもまあこんなルートを切り開いたものだ。

銭の力と信仰の心は凄いものだ、月世の世界まで梯子掛けちゃうんだから。そこが遊歩道なんだから。

> 落っこちたらどこまで落ちて行くのやら。

下まで落ちて、オロクを残して上にあがるよ。絶対に手を離すなかれですね。

> 景色を楽しんでいると、1羽の鳥が飛んできて、恐ろしげな声で鳴きだした。
> 「やみげっ、やみげっ、やみげっ、やみげっ、や〜み〜げ〜〜」

アア、あの鳥か、あたしゃ早い目に抜け出したですよ。
「やみじょ、やみじょ、や〜み〜じょ」と鳴く総長鳥が性に愛ってきましたですね。

> カナビキ尾根。前回は女性版山日和さんの先導にペースを合わせた為に膝を痛めた。

このは入り口はテープで見ただけ、良くわかりますか。ここだけが不安なのだ。
いかニャーならんなあです。

                  緑水。

2006/10/19(Thu) 06:19:15  [No.4463]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 800×531 176kB)

緑水さん、こんばんは。

> 日帰りで行っちゃったの、10時間コース、

緑水さんの足なら、7時間コースでしょう。
でも、それじゃぁ もったいない もったいない。

> 錆びてボロボロ。
> まえの時緑は怖くて、最後の堰堤の谷に下りて

ここでしたか。安全策をとられたのは。
あれを踏み抜いて怪我をしても、自己責任ですかね?

> 銭の力と信仰の心は凄いものだ、月世の世界まで梯子掛けちゃうんだから。そこが遊歩道なんだから。絶対に手を離すなかれですね。

あの高度感は「カイカ〜ン」です。

> アア、あの鳥か、あたしゃ早い目に抜け出したですよ。
> 「やみじょ、やみじょ、や〜み〜じょ」と鳴く総長鳥が性に愛ってきましたですね。

「闇女、闇女」と足の無いのも怖いです。
年齢重ねると朝が早いと言いますが、長谷川さんは私より若そうです。

> カナビキ尾根。このは入り口はテープで見ただけ、良くわかりますか。ここだけが不安なのだ。

頂仙岳の西を巻き、次のこぶの東を巻いて、斜面を下ると画像のブナの林が美しいコバに着きます。(地形図の破線は実際とは違います)
そこから右を見るとテープがグルグルです。
道型もはっきり付いていますし、テープを過ぎれば次のテープが見えます。
ただ最近、間伐作業が行われたようで、植林帯ではテープの巻かれた木が倒されていました。

私も次回はどこかで1時間プラスして、11時間コースにします。

コメントありがとうございました。            伊勢山上住人

2006/10/19(Thu) 22:03:42  [No.4469]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:緑水
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 1024×768 479kB)

山上住人さん、こんにちわサン

> 緑水さんの足なら、7時間コースでしょう。
> でも、それじゃぁ もったいない もったいない。

21日良い天気、勿体無くも有りながら、もったい下に行って参りましたです。

双門の滝上からは初めてのコース、秋錦盛りでした今晩の雨で濡れ落葉ちゃんですね。
煽られて行ってよかったです。

レポは後ほどにです。   

                        緑水。

2006/10/22(Sun) 16:54:14  [No.4511]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL

緑水さん、こんばんは。

> 秋錦盛りでした今晩の雨で濡れ落葉ちゃんですね。
> 煽られて行ってよかったです。

「眉ツバ」物の伊勢山上住人に煽られて
「錦秋盛り」「行ってよかった」のお言葉
嬉しい限りにございます。

レポが楽しみ          伊勢山上住人

2006/10/22(Sun) 18:37:18  [No.4513]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢さん、おはようさん。

> 河原小屋で同宿した女性から「仙人ーのツタの紅葉の頃がすばらしい」と聞き、紅葉の頃、10月中旬にまた来ようと決めていた。
> 1週間前には矢問さん・MICKEYさんが何度も

矢問さんに続いて、行ってこられたんですね〜。水量も少なくてよかったよかった。充実の秋の双門巡りレポありがとう。日帰りとはすごい健脚ですね〜。

昔見たグラビヤの景色も秋でした。それ以来、なかなか夢叶わない弥山川ですが、共に歩ける仲間が見つかったらいつか行ってみたいと思っています。

2006/10/20(Fri) 07:31:51  [No.4478]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 双門滝日帰り周回 (画像サイズ: 800×531 171kB)

とっちゃん(こと)さん、こんばんわ〜。

> 日帰りとはすごい健脚ですね〜。

何をおっしゃる ウサギさん。
弥山・八経・明星への登山を思い浮かべるからですよ。
頂仙岳までは池木屋ほども標高差はありませんよ。
(矢問さんの忠告を裏切り、カナビキ谷まで車を乗り入れました)
すごい健脚とは「ヌタハラ谷〜ヌタウ日帰り周回」を言うのです。

> なかなか夢叶わない弥山川ですが、共に歩ける仲間が見つかったら
> いつか行ってみたいと思っています。

ヌタハラ谷・夫婦滝の巻きをこなした とっちゃん(こと)さん、
受身で待っていないで、そこらにブラブラしている奴を
とっ捕まえて、引きずって行っておいでよ!
今からが紅葉のきれいな時期ですよ。

コメントありがとうございました。             伊勢山上住人

2006/10/20(Fri) 22:02:28  [No.4497]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢さん、こんばんは〜。


> ヌタハラ谷・夫婦滝の巻きをこなした とっちゃん(こと)さん、
> 受身で待っていないで、そこらにブラブラしている奴を
> とっ捕まえて、引きずって行っておいでよ!
> 今からが紅葉のきれいな時期ですよ。

箸より重いもの持ったことない、かよわき乙女?やから、引きずって行くのは無理難題〜。

ところで、伊勢さんのHPのメールって、今も健在?届くのかな?なんだか届かないような?

2006/10/26(Thu) 21:52:00  [No.4581]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:伊勢山上住人  URL

とっちゃん(こと)さん、こんばんわ〜。

えらい古い所から引っ張り出してきたねぇ。
ちょっと訳ありでしばらく山歩き自粛のつもりです。
そのうち、カビの生えた滝見尾根から池木屋山でも出そうか。

> 箸より重いもの持ったことない、かよわき乙女?やから、引きずって行くのは無理難題〜。

腕力も脚力も桁外れだろうが、そんな力ずくは無用だよ。
ちょっとハスに構えて、片目をつぶるだけでOKだと思うよ。

> ところで、伊勢さんのHPのメールって、今も健在?届くのかな?なんだか届かないような?

えぇっ? 
心配になって、今送ってみたけど、3秒で着いたよ。
実は迷岳で出会った人と29日に「ヌタウ」の約束をしてたの。
しかし、やむなき事情でキャンセルのメールのやり取りしたばかり。
私のHPのメール設定にミスがあるかも?
isesannjou@hotmail.com
一度送ってみて!              伊勢山上住人

2006/10/26(Thu) 22:43:41  [No.4582]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢さん、おはよ〜。

> えぇっ? 
> 心配になって、今送ってみたけど、3秒で着いたよ。
> 実は迷岳で出会った人と29日に「ヌタウ」の約束をしてたの。
> しかし、やむなき事情でキャンセルのメールのやり取りしたばかり。
> 私のHPのメール設定にミスがあるかも?
> isesannjou@hotmail.com
> 一度送ってみて!            

実は、9月末から10月始めに、3回送ったんやけどね。送信はできたけど、返信が無かったので届かなかったのかなっと。違う人に届くってことないやろと思うし。もしかして、サーバーでストップされたのかな?何か、気分を害されるようなことやったのかな?とず〜と、心配してました。

仕事から帰ったら、もう一度送ってみるね。

2006/10/27(Fri) 08:00:00  [No.4585]


  Re: 双門滝日帰り周回 投稿者:とっちゃん(こと)

伊勢さん、こんばんは〜。

バタバタとした日々でお試しメール、やっと今晩やってみようとメールを開くと伊勢さんがきを使ってくださってメールが届いてました。

ありがとう。

メールを読んだとたんに泣いてしましました。ほんまに心底優しい方ですね。

前のメールは多分、サーバーでシャットアウトされたんやと思います。

ヤフーに加入している山友達が、前に私からのメールは、何が原因かしらんけど、サーバー?があかんメール?として認識するようなことを言ってました。

原因が分かれば改善できるんやけど、自分の側では分からないの。セキュリティーの何かにひっかかるんかな?

だから、もう一度メールしても、伊勢さんには届かないかもしれません。今晩お試しメール送ってみますね。届くといいけど。

2006/10/30(Mon) 20:44:23  [No.4605]


掲示板に戻る