一括表示

  よたよたと 投稿者:Jin
よたよたと (画像サイズ: 720×540 112kB)

日時】06/10/15(日) 晴れ
【山域】鈴鹿 1/2500地図 日野東部
【メンバ-】単独

8月の中頃、何の因果か右足が痛み出し藪漕ぎなどとんでもない状態になった。
医者の見立ては背骨の軟骨が飛び出し足の神経を刺激しているとのことだった。
早ければ1週間、遅ければ1ヶ月といわれ、9月下旬しびれの残る右足を引きずり霊仙山へ出かけた。笹峠へ下りる斜面では踏ん張りが利かず情けない思いをした。
あれから1ヶ月、痺れもなくなったので、2度目のリハビリを企てた。
人が居ず明るい食事所は無いか? そうだ水舟の池がある。
2、3課題も残しているのでちょうど良い。

佐目子谷の林道入り口の空き地に車を止める。
近くに今まで無かった登山届けのポストが立っている。
どうしようかと覗いていると車の横に軽四輪が止まった。ザックを背負ったところを見ると山登りなんだろうか?
親子と思われる二人は山道に入るまで後ろを歩いていたがいつの間にか見えなくなった。

所々崩れてわかりにくい山道をできるだけ忠実に辿り広くなった河原まで来た。
鈴鹿の山と谷4巻にはこの近くに鬼坂と言う場所があるらしい。
今日は十分時間がある。帰りに寄ってみよう。

1時間あまりで姫ヶ滝、さあ左岸尾根を登ろうか。見上げると、かなり切り立った岩壁となっている様に見える。 これはあかん。諦めて佐目子谷を少し遡ると杉の植林地があった。
急な斜面を少し登ると獣道が尾根に向かっている。これを使わない手はない。
尾根に着くと登れそうもなかった岩壁の上に出たようだ。

見上げるようだった後ろの山が高さを感じなくなった頃、動物の争っているような声がする。
猪だろうか?まさか熊は居ないだろう。
カラカラという落石の音に続いてバサバサ藪をかき分ける音が近づいて来る様で一瞬緊張する。

目的の池は色づき始めた木々に囲まれ明るい光の中、静かに佇んでいた。
コンビニで買ったチゲうどんなるものを暖め、さあ食べようと座りかけると足が攣った。
が〜ん 何でや? しかし立っているとそれ以上悪化することはなかった。
久しぶりの自然の中での食事は美味しい。熱いコーヒも格別だ。
吹き抜ける風も、優しく降り注ぐ光も心地よい。 あ〜あ極楽、極楽。

さあ、帰りはどこから帰ろう?
取り付きのわからなかった登山道を探して右岸を下りようか。
とにかく水の流れる谷を左に見て尾根を下れば古い登山道に出るはずだ。
持ってきた地図も見ずに谷を越え尾根を越え適当に下りていく。
水音だ。なんやもう目的の尾根か。ルンルン気分で尾根を下りていく。
や、や、や、また右に谷が出てきた???
同じ事を何度か繰り返し、何本目かの谷に行き当たった時、朽ちた小屋が見えた。
近づくと4棟もある。大きなガスボンベも洗濯機も転がっている。

今度こそ・・・・しかし目的の尾根までまだ少し歩かねばならなかった。
朽ちた道跡を辿ってやっと佐目子谷に下りたった。
う〜んここが登り口とはとっても見えない。朝、わからなかったはずだ。

今日最後の課題、鬼坂を目指して暗い植林の中に入っていく。
おお、なんだこれは?大きな岩がゴロゴロしているではないか。
昔の人はこの光景を見て鬼が住んでいると考えたのだろうか?
少し登った峠状の所でも大きな岩と石垣と思われる構造物が混在している。
まあ何とも不思議な光景だ。

駐車地に帰るともう親子の車はなかった。しかし新しい2台が増えていた。
荒れた道でも少しは利用する人もいるんだろう。
足が攣った以外さしたる痛みも起こらず、2回目のリハビリは目出度し目出度しだった。

2006/10/18(Wed) 05:50:23  [No.4444]


  Re: よたよたと 投稿者:SHIGEKI  URL

Jinさん ご無沙汰ですね

> 8月の中頃、何の因果か右足が痛み出し藪漕ぎなどとんでもない状態になった。

大変だったんですね
あの、超早出、超長距離ルートのrep待ってましたが、
山に行けないのも無理もない状態ですね

> 医者の見立ては背骨の軟骨が飛び出し足の神経を刺激しているとのことだった。
> 早ければ1週間、遅ければ1ヶ月といわれ、9月下旬しびれの残る右足を引きずり霊

どんな治療でしたか?まずまずの早期回復見込まれたんですね

> 佐目子谷の林道入り口の空き地に車を止める。
> 近くに今まで無かった登山届けのポストが立っている。

これは初耳!そないに入山、渓者がいるんですかね?

> 所々崩れてわかりにくい山道をできるだけ忠実に辿り広くなった河原まで来た。
> 鈴鹿の山と谷4巻にはこの近くに鬼坂と言う場所があるらしい。

鬼坂は知りません。広河原出た所にレリーフありましたでしょ

> 1時間あまりで姫ヶ滝、さあ左岸尾根を登ろうか。

ワシもいつぞやチャレンジしました。

> 猪だろうか?まさか熊は居ないだろう。

原則はですね。長浜市内、山からはかなり離れているのに熊が出たそうで
油断はできませんよ

> 足が攣った以外さしたる痛みも起こらず、2回目のリハビリは目出度し目出度しだった。

それはよかった  ほぼ完治、これからもリハビリ山行ですね
くれぐれも無理されませんように

また よろしくです。

    SHIGEKI

2006/10/18(Wed) 19:48:04  [No.4448]


  Re: よたよたと 投稿者:Jin

SHIGEKIさん こんばんは

> どんな治療でしたか?まずまずの早期回復見込まれたんですね

痛み止めを飲んでひたすら耐えるだけです。
当時は1時間も車に乗るのが苦痛のじょうたいでした。

> 鬼坂は知りません。広河原出た所にレリーフありましたでしょ

丁度、車を止めた所から巡視路を上がり尾根を越える辺りで、不思議な雰囲気です。

> 原則はですね。長浜市内、山からはかなり離れているのに熊が出たそうで
> 油断はできませんよ

そうですか、鈴鹿にも居るかもしれませんね。一人でヤブコギは気をつけないと。

> それはよかった  ほぼ完治、これからもリハビリ山行ですね
> くれぐれも無理されませんように

ありがとうございます。あの後、まだ少し腰に違和感があります。
佐目子谷をイブネへ、左岸尾根を駐車地へといった長距離はまだまだ先のようです。

     Jin

2006/10/22(Sun) 18:35:27  [No.4512]


  Re: よたよたと 投稿者:山日和

Jinさん、こんばんは。
ずいぶんご無沙汰ですね。足がかなり良くないようで歯がゆいですね。
無理をせずにじっくり治して下さい。(無理して治す人も多いようですが^^;)

>> 今日最後の課題、鬼坂を目指して暗い植林の中に入っていく。
> おお、なんだこれは?大きな岩がゴロゴロしているではないか。
> 昔の人はこの光景を見て鬼が住んでいると考えたのだろうか?
> 少し登った峠状の所でも大きな岩と石垣と思われる構造物が混在している。
> まあ何とも不思議な光景だ。

これは面白そうです。一見の価値がありそうですね。

> 足が攣った以外さしたる痛みも起こらず、2回目のリハビリは目出度し目出度しだった。

よかったよかった。(^_^)

                 山日和

2006/10/18(Wed) 21:08:57  [No.4453]


  Re: よたよたと 投稿者:Jin

山日和さん こんばんは

> 無理をせずにじっくり治して下さい。(無理して治す人も多いようですが^^;)

20年以上前に将来後遺症が出る可能性があると言われていたものです。
立っているのが唯一痛みが和らぐ方法でした。
寝ても座っても痛み、特に夜中に何度も目が覚めるのには参りました。
やっぱり健康が一番です。

> これは面白そうです。一見の価値がありそうですね。

作者が訪れた20年位前は明るい伐採跡だったようですが、今は木が茂りヒルの多そうな所です。ヒルと遊ぶには最適なんでしょうね。

            Jin

2006/10/22(Sun) 18:54:10  [No.4516]


  Re: よたよたと 投稿者:とっちゃん(こと)

Jinさん、こんばんは〜。

久々の登場、ものすごく嬉しいです。

足の具合が悪かったんやね。みんなそれぞれなんやかんやとありますが、またぼちぼち復帰できそうでよかったです〜。

水船の池への取り付き、確かに分かりにくいですね〜。何年か前に、たろぼうさん・SHIGEKIさんと同郷3人組みで歩いた日を思い出しました。

春のりんどうの咲く頃でした。

これからも、のんびりリハビリ山行から、Jinさんらしい味わいの山レポ待ってます〜。

2006/10/19(Thu) 01:17:59  [No.4461]


  Re: よたよたと 投稿者:Jin

とっちゃん こんばんは

> 足の具合が悪かったんやね。みんなそれぞれなんやかんやとありますが、またぼちぼち復帰できそうでよかったです〜。

歳を取るとなんやかや部品が傷んできます。
今まで人事だと思っていたことが自分に降りかかってくるとなんかうろたえます。

> これからも、のんびりリハビリ山行から、Jinさんらしい味わいの山レポ待ってます

又川から龍ヶ岳、先を越されましたね。
そのうち二番煎じで訪れてみたいものです。

            Jin

2006/10/22(Sun) 19:02:31  [No.4518]


掲示板に戻る