一括表示

  桜、コブシ、山ツツジ 投稿者: 緑水

寒かった三月が過ぎて暖かい四月、今か今かと待ってた花の精たち<
br>一気に咲きそろう。
こんな春は珍しいですね、梅に桃
、桜、レンギョウ、モクレン・・・百花繚乱まるで雪国の春の様です。
浮かれなければ大和人では無いですよね。
行きました大和の
国は吉野山と台高は山ノ神へです。

【日  】20
05.4.9〜10.
【行き先】平成の吉野古道と台高・山の神<b
r>【天 気】春うらら
【同 人】集ひ/新ハイ山行・9名


 9日・吉野山
あきつの小野公園8時
集合、ポツポツと顔を見せた人は初顔の方4名、気心知れた方との混成
パーティーとなった。
公園のしだれ桜は蕾みが固い、残念だ
ね言いながら遊歩道を上がりトンボの滝を訊ねる。
なかなか
に立派な滝です、その昔、金峯山に入った行者が修行で滝に打たれたと
、お不動様にお参りして山道に入る。
チョットパスして林道
に直登すれば端からバリだ、登山道は歩きやすいが目前の堰堤にだまさ
れて横道したのに、なんと下方に道が有る・・・再び降りようと無駄な
アルバイトをしたものだ。

林道終点から音無川沿
いの緩やかな道をお喋りしながら行く。
流から離れて「じい
坂ばあ坂」の登りも涼しい風で苦にならない。一息で大峰林道に出た。
道をまたいで青が峯の登りとなる、山頂は狭い一団でいっぱいだった。

入れ替わって休憩するも席を替わろう、すれ違う登山者は吉
野口からで4時間程かけて来ているとか。広島、東京とかさすがは吉野
の桜さんだね。

青が峯から先は女人結界碑がある
、此処で一言あり・・・ですの言葉。
左に折れて西行庵に行
く、奥千本桜少しの広場に「いおり」があった。
女性が数人
詩を捻ってる、ひとこと声かける「春の好いお天気 花は咲いてないが
 詩を詠む美しい女性で山は笑ってる」そんな意味の詩を作って下され
と所望した。
花見宴だ先を急ごう、どお言う訳か道が狭くな
り人通りが無くなった。変だなあ思いながら道を間違えてるのに気が付
かないとは、女人に化かされていたのだ、百貝岳の方に入ってるのでし
た。ここでリーダーひんしゅく失格です。

金峯神
社お参りして高城山に到達、此処で宴会だその気になってるのは 緑水
だけだったりして。
水分神社から展望台、此処からの眺めは
やはり一級ですね。桜の花尾根がつながってた。
上千本桜、
蕾はしっかり膨らいでる。中千本まで降りれば咲いてるだろう、思いな
がらも帰りの道は高くなる。万葉の道へトラバースだ、そこは高野槇古
木が繁る日陰で、中千本に蔵王堂と望めるビューポイント、眺め見納め
です。
緩やかな喜佐谷を下り、天武天皇ゆかりの桜木神社で
休憩、宮滝に到着です。

さてこれからもう一仕事
有る、五社峠越えです。
緩やかな登りでも気温が上がり、一
旦降りた気怠さも有って気合いが入らない。
途中分岐には右
くまのへ自然石に彫られた標識が有る、五社峠への道は長いすでに話声
は聞こえなくなった。
峠の川上鹿塩神社から先は完全な廃道
じゃないですか。え〜っどうなってるんだよう、リーダーはぶれては逝
けない、急な斜面を短絡ショートパスで西河に降りるんだ、ついて来い

17時お墓の畔に到着しました。出発から9時間、結構ハ
ードな吉野漫遊でありました。

 10日・父ケ谷

吉野漫遊後の温泉が楽しみだったのに時間切れで入れず。
入之波大橋袂、桜花下が泊まりと成った。
西日が湖水に照返
り桜色を際だたせる、山肌はうっすらと微笑んでる。
ゆっく
りのプシューが美味い、この当たり詳しいE氏と初めての宵だ。話は弾
み瓶は転げる、我も転がれば天空は星の大群だ真上は北斗七星、西寄り
にオリオンが輝いてる。

明けて6時明神谷出合い
出発。前に気になっていた三ノ公谷を詰め上げ様の心。
すで
に破壊された山域だけれど、どれ程酷いかの検証もある。

靴で谷通しがはかどる、湯谷から上は谷は狭まるが流は無い。若いカモ
シカの死骸だ。水流の有る光滝だろう哀れな姿に成っている、手巾が届
きそうな峡谷の岩屑に猪の死骸が有った。何かしら嫌な感じだ。<br
>アワホラ谷に沿い右岸は深い森だ、左岸は枝分かれする荒れた谷、
主脈尾根に上がらなくてはなあ。
ピークが2ッ程気になるが
これにするかと取り付く、フタクラ谷右岸尾根だ。
<br&g
t;アセビの株立ちした先に花がきれい、サカキ花も見頃です。高度を上
げていくと素っ裸にされた尾根谷が丸見え、谷には水流は無い。岩砂の
流れ落ちる音が絶え間なく続くのだ。
大きな切り株を越えて
いく、急な斜面は木の根っ子を掴むが既に腐りボコッと抜ける。これで
は大地は崩壊するはずだ。
目通し立ててたピークの乗越へは
緊張した、あと辛抱で縦走路にでた。
先の高い稜線はウグイ
谷高に続く山並みだ、一度楷伐されたのだろう細い木の林と成っている

父ガ谷高で昼とした、長居は出来ないがプシューで元気を
だそう。

ぐっと下がった所が父ガ谷越え、再びの
ぼって304アアえらいなあ、先は長いしなあ。
前に登った
トガサワラのピークに到達してホッとする。
お天気は昼から
悪く成るとか、風向きが怪しい雲を運んでくるのだ。
二つ先
のピークは高野槇と傾松に吉野杉の古木が飾るお気に入りの場所だ。&l
t;br>電波も立つしね、長めの休憩をしょう。マミーに連絡しておこ
うかな。
E氏はお先にへと出かける、ユックリと凸凹の稜線
を伝い山ノ神ピークです。
雨粒がポロポロ来たが気にならな
い程度、巨木の樹林を楽しみながら下りました。
山麓は山桜
にコブシの花、山ツツジがウインクする、
今一番命目覚め山
の装いなんだなあを感じる。
好い日山遊びでした。<br&g
t;
                   緑水。

2005/04/11(Mon) 22:17:17  [No.45]


  Re: 桜、コブシ、山ツツジ 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

吉野の山は百花繚乱、人出もすごいでしょうね。
混雑の山は敬遠申し上げ、
私は相変わらず、北向地蔵さんになってます。

                       洞吹(どうすい)

2005/04/11(Mon) 23:14:12  [No.47]


洞吹さん おばんです
また文面で遊べて嬉しいです。
3月は18切符で7回もお出かけしました、
何処へ出かけても満足できる様に成りましたですよ。

4月は残雪も多くて雪国の春はこれからですね、
北帰行します、お供のサンデー君は2〜3qの散歩が精一杯と成ってきました。
また一人流れになってしまうのです。

                  緑水。

2005/04/12(Tue) 20:59:05  [No.52]


  Re:ひとりごと 投稿者: 緑水

お早う緑ちゃん、夕べのレポ朝おきて開ければ変な具合の改行と、お化け記号に色かえての文字。
どうなってんの??、まあこれもご愛敬かな(^^)
その内だんだん上手に成りますから、辛抱して読んで下され。

そんなこんなで皆様へのお返事が書けないです。
変に文字が化けたら申し訳ないものね、緑ちゃんなら怒らないと思うよ。
通風山さんのお陰でまた朝おきパソの楽しみができました、有り難うさんです。

レポやコメントをオフラインで何件か書いて、一気に送信って出来ないんでしょうかね。
書きかけのレポを一時預かりして於くこと出来ますか、いろいろ試してるんだけれど変な具合になる。

また宜しくです。        緑水。

2005/04/12(Tue) 06:47:51  [No.49]


  Re^2:ひとりごと 投稿者:開設者(つ)

緑水さんはじめまして。
通風山と申します。
一番最初にお名前を知ったのはコグルミ谷の水場でした。(笑)
今後ともよろしくお願いします。

>お化け記号に色かえての文字。
> どうなってんの??、

メッセージは「手動改行」のほうが使いやすいと思います。

> そんなこんなで皆様へのお返事が書けないです。
> 変に文字が化けたら申し訳ないものね、緑ちゃんなら怒らないと思うよ。

半角カタカナは入力すると文字化けすると思います。
あとは改行も含めておかしくなっても管理者編集や投稿者の暗証キーを使った編集でなんとかなります。
ぐちゃぐちゃになっても結構ですので投稿を楽しんでください。
記事のバックアップ保存も時々やってます。

>
> レポやコメントをオフラインで何件か書いて、一気に送信って出来ないんでしょうかね。

どんなソフトをお使いでしょうか?
「編集」→「すべて選択」→「コピー」しておいて
この掲示板の投稿欄に右クリック「貼り付け」でいけると思います。

> 書きかけのレポを一時預かりして於くこと出来ますか、いろいろ試してるんだけれど変な具合になる。

暗証キーで投稿後編集可能ですのでいろいろ遊んでみてください。

あ!その際に親記事を削除しますと返信、子記事も一気にまとめて削除されますのでお気をつけください。
また質問などありましたらメールください。

2005/04/12(Tue) 07:44:06  [No.50]


  Re^3:ひとりごと 投稿者: 緑水

>> 通風山と申します。
> 一番最初にお名前を知ったのはコグルミ谷の水場でした。(笑)
> 今後ともよろしくお願いします。

ご挨拶申し遅れました、此方こそ宜しくお願いします。
自分のPCは容量小さくて、HP見なかったですが暇もたくさんできて
公共のPCから皆さんのHP見せて貰いました。
いろんな事が掲示されており、へぇ〜て言う感じです。
通風山さんのこと初めて知りましたです。

> 記事のバックアップ保存も時々やってます。
> また質問などありましたらメールください。

知らないことはある意味好い事ですね、知ろう事がいっぱい生まれるから
未知の山行きの様です。

                緑水。

2005/04/15(Fri) 08:08:52  [No.76]


  Re: 桜、コブシ、山ツツジ 投稿者:とっちゃん

 吉野の桜花、以前は毎年花見に行っていたので、なつかしく思い出しました。二日目は、静かな樹林の山の神と、二日間で春爛漫の花と心落ち着く山を満喫されてよかったですね。

2005/04/12(Tue) 22:03:35  [No.55]


吉野山は公開山行で宴会予定だったのに
プシュー持参は緑水だけ、理解が足りないなあでした。

台高は誰にも会わない、静かな語らいの山行でした。

           緑水。

2005/04/15(Fri) 08:10:17  [No.77]


緑水さん、こんばんは。

三之公川の源流はとなりの明神谷と違って惨憺たる有様ですね。
谷と言わず尾根と言わず丸裸。目を覆いたくなる状況です。
P1164(304)で直角に左折するあたりの左下から迫るアワホラ谷源頭は魅力的です。
いちどアワホラ谷を遡行して台高主脈に到達しようと思ってるのですが、この谷は自然林が残っている
でしょうかね。
P1164手前の鞍部は父ヶ谷南谷の源頭がゆったりと上がって実に雰囲気のあるコバを形作っています。
テントでも張ってのんびりしたいところですね。

                     山日和

2005/04/12(Tue) 22:51:06  [No.60]


山日和おばんです。

> 三之公川の源流はとなりの明神谷と違って惨憺たる有様ですね。

ホント酷いものです、切るにしてもやりようがあるはずだ。
手入れしない花粉の元を切れば良いのにね。

> いちどアワホラ谷を遡行して台高主脈に到達しようと思ってるのですが、この谷は自然林が残っているでしょうかね。

最初これ伝おうか思ってました、好いですお奨めだ。
フタクラ谷右岸尾根芯から北側は自然林のままの様でした。
白髭岳がでかい尾根張でおいでと言ってたです。

             緑水

2005/04/15(Fri) 07:36:04  [No.73]


掲示板に戻る