一括表示

  秋日和 投稿者:緑水
秋日和 (画像サイズ: 1024×768 156kB)

皆さん想うことは似てるんだろうなあ、鮭がが故里の川を上るがごとく、熟れたところに戻りたいと。

【秋日和】2006.10.15.〜22.
【行き先】鈴鹿・御池//湖北・墓谷山.土蔵岳/奥美濃・金草岳//大峰・弥仙川.頂仙岳/金剛山
【天 気】  晴れ

     10月15日 御池・池ノ平 鈴鹿遊山 17名

天気が良いのを確認してからか、参加者が増えて17名の多人数になった。
コグルミ谷を登りながら、コース取りをどうするか思いながら行く。
何年ぶりかの池めぐりで有りながらも意欲が湧いてこない、何でだろう。頭と体がベッコべっこ動いてるみたいだ。

まあいいか好きなように歩いていこう、コグルミ谷ソマ岩から右手の斜面に入る。
チョッとキツイ斜面だが樹林がいいところだ、尾根を越えて真ノ谷に緩やかに降りていく。

紅葉は始まったばかり、メイゲツリンの紅葉は今が盛りなんだろうな、葉も沢山残っており賑やかな装いだ。
牡鹿の丘と呼んでいた笹薮はすっかり衰えて、鈴北だけの緩やかなドームが良く見える。
11時がランチタイムと決めている、はん日向ボッコ、涼しくも有り暖かくも有り会話も弾む。

2名がいくえ不明だけれど、お花池辺りで昼寝してるだろう、心配の必要ない連中だし天気だもの。
丸池みて適当に尾根を拾いながら、ささやぶが消えてのんびりムードで降りていく。
四畳半とか夕日のテラスとか名づけながら、新鮮な気分で遊んでいた日が懐かしい。

お花の池で寝転ぶ物体は2名だ、徹夜明けとかでグッスリ寝込んだとか、いくえ不明は自己流だったのだ。
元池で鈴鹿幕僚長に出会う、久しぶりに元気な笑顔が嬉しかった。また参加させていただきますよろしくです。
焼跡の核心部にある緑のランチ場、白屏風のついたて好い所です。

帰ろ、県境尾根からダイレクトにカタクリ峠、登山口へと。
パーキングでは「集ひ」仲間が続々帰還、皆さん秋日和で爽やか笑顔でした。
秋は人恋しくなる季節ですね。

     16日〜18日 湖北・墓谷山/土蔵岳/奥美濃・金草岳

 好い天気だ菜園世話も気は山へとだ、伊賀遊歩に参加のムネ連絡し昼弁持って出かける。
通いなれた道、R303杉野集落から墓谷山へと入る、名前のとうり入り口には墓がある。
姿のいい山で杉野富士といわれるが、なぜ墓なのかなあ。
肩の所には古い建物の観音堂もあり、昔には多くの僧うが暮らした大きな寺院があったところだ。

ぐずぐず思いながら整備された遊歩道を行く、観音堂はホンマに古い建物だ。
観音様の五階調は18年とか33年に一度とかのそらもう貴重なものらしい。(年数はアバウト) 

尾根道が薄く延びてる富士だけあってストレートにあがっていく、山頂まで一汗かくです。
山頂からの眺めは、金糞から伸びる緩やかな尾根が八草峠に伸びてる、スキーする人にはいいコースらしいです。

下山して3時か、集合時間は23時だもんね、風呂に行こうです、してプシューはお・わ・ず・け
ガア〜ン 風呂休みとある、今日は月曜日だったんだ、曜日が分からなくなった緑チャンです。

戻って川合の遊魚券売り場駐車場でデッコ、携帯も入るし高時川の流れと山陰に入る夕日を見ながらプシューだ。
ペッカーちゃん背もたれにして、謡う煮込みうどん、熱燗が五体に優しくよろしくと言ってるい。
メールのマミーからは、飲みすぎるなよ早よ寝よと、指令が来る。
川面を飛ぶトンボの羽が残照に光る、山陰のぼんやりの灯り、こんな時が一番好きなんだ。

うたた寝後、集合場所に移動する。
賑やかなメンバー、古い山友も顔をだす。再びプシューで星空は満天だ。

     17日 土倉谷から土蔵岳

 土倉谷二股車を止める、ああだこうだいいながら隊列が進む11名は今日の触れ合いです。
      ・・・・
         ・ チョッとブレイク、続きは後で、忙しいんだよね(^^)なにかと。

                    緑水

2006/10/23(Mon) 08:55:00  [No.4531]


  秋日和 2 投稿者:緑水
 秋日和 2 (画像サイズ: 1024×768 510kB)

    17日 土倉谷から土蔵岳

 土倉谷二股に車を止める、ああだこうだいいながら隊列が進む11名は今日の触れ合いです。
春に訪れた時の瑞々しさは無い、すっかり落ち着いた風情だ、水量も少ない渡り返しもスムーズに進む。

早速にミョウガを見つけたの声がする、キノコも色々見つけるがお目当てのものとは違うみたいだ。
春に撤退した二股から先はブッシュもひどくなり、ソロソロ山頂への尾根をと取り口を探しながら行く。

ネコ洞の山頂らしきを指差す、あそこに登りたいのという。
土蔵つり尾根でつながってるから帰りに回るのも好いね、思う。手のひらの中で遊んでる安心な所なのだ。

このブッシュもソロソロ切り上げしなければと、山頂に続く尾根に取り付く。
始めきついけれどね、その分早く着くさ。雪でたれた木枝を掴みグイグイと身体を上げていく。
思いがけない岩壁が出てきた、習い覚えたロープワークで確実に突破していく。
 
これからブナ樹林が広がる、枯れ木も有るでよ。お目当てさんは居るかなあ(^^)キュロキョル
居たいた、なめこチャンだ。このキノコは自信が有るのとニコニコ顔、乾燥ナメコはどうかなあ。
シイタケは自然乾燥するとビタミンが増えるとか、ここのナメコも同じだと思うよ薀蓄をたれる。

本隊が来る前のユックリのキノコ狩りです。
稜線に上がれば、テープが誘う。ネコ洞に案内してくれるだろうよ。
面白いふりしたブナの道化者が向かえてくれました。

お昼もユックリ、プシューは相変わらずおしゃべりのお昼は美味なのです。
ロープ講習会、ブナに掛けた懸垂下降、安全ビレーの取りかた、ロープ架けと教習生は熱心に聴いてる。
ブナに登っての集合写真です、昔に同じようなこと愛知川で手のひらの木で遣った想いがよみがえるのです。

下りはどうするの??リーダーお任せ、天気もいいし時間も余裕でお隣の尾根を下ろうです。
薀蓄ある人が磁石で確実に尾根を拾う、立派な尾根だ登りの倍ある長さにブナ大木が林立してる。
モミジにはチョッと早いなあも、西日が入る明るい樹林は心を明るくする。
ルンルンで降りていけば、急峻な崖っちょだ。これは登りと同じバンドの構造線かなです。

ロープがあるから余裕だけれどもね、旨くルートを探してシカ糞道を辿り谷に降り立つ。
登りに目星ていた地点到達、秋の恵みをゲットして、楽しい気分で下りました。
ありがとうございました。

解散後みなさんとお別れ、緑水は八草トンネル抜けて坂内駅の道にペッカーをとめる。今夜の寝場だ。
営業も終わりひっそりしてる夕暮れ時だ。

          ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

いつものシシトウ、ミニトマト、モロヘイヤ、焼き豚、にナメコちゃんが加わるオイル炒めなのだ。
プシューが美味しいのだ。陽が暮れていく。
明日は徳山村の変貌をみて、冠峠から金草岳に登ろうかな思いながら眠りにおちた。

                     緑水。

2006/10/23(Mon) 20:06:21  [No.4533]


  Re: 秋日和 2 投稿者:ヤマメ

緑水さん、土蔵ではありがとさん。お世話様でした。
ナメコ、おいしかったね〜。

> ブナに登っての集合写真です、昔に同じようなこと愛知川で手のひらの木で遣った想いがよみがえるのです。
楽しかったね〜。
集合写真見ましたか?
緑水さん、まるで私の細腕!!の上で遊んでるみたいよ。

つづき、つづき…。弥山川はどうだったのかな?

2006/10/24(Tue) 01:58:18  [No.4542]


  Re: 秋日和 2 投稿者:緑水

ヤマメさん おはようアンです

> 緑水さん、土蔵ではありがとさん。お世話様でした。
> ナメコ、おいしかったね〜。

こちらこそお世話になりましたです、少しだけ見直したアンです。
ナメコ姫のおかげで食べれるの確認できました、あんなの今までに出会ってる食べず前のものでしたが、今回でOKクリアーなり。

>> ブナに登っての集合写真です、昔に同じようなこと愛知川で手のひらの木で遣った想いがよみがえるのです。

合唱団の女性陣引き連れてね、愛知川の樹林中での想いでの一コマとダブりましたです。
♪ あの頃ボクは若かった、♪ 今じゃ欠片も残らぬジジイだよ、

> 集合写真見ましたか?
> 緑水さん、まるで私の細腕!!の上で遊んでるみたいよ。

ほんとや、
      手のひらに 転がされたる 緑水かな   

                        オソロしか〜ぁ


                緑水

               

2006/10/25(Wed) 06:03:03  [No.4571]


  Re: 秋日和 2 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんは〜。

>     17日 土倉谷から土蔵岳

キノコ見つけたり、ロープワークしたりなかなか楽しそうな山行でしたね。

いってきましたか。平日山行じゃなかったら参加したかったです。ロープワークの練習もしてなくて・・、やけど月末山行には、参加させてもらいます〜。

> ネコ洞の山頂らしきを指差す、あそこに登りたいのという。

私も行きたい場所です。ブナもよさそうやし。

ブナの紅葉にはちと早かったんかな?

2006/10/24(Tue) 21:10:12  [No.4553]


  Re: 秋日和 2 投稿者:緑水

とっちゃん(こと)さん おはようサンです

> キノコ見つけたり、ロープワークしたりなかなか楽しそうな山行でしたね。

楽しかったですよ、前夜祭もあってね。山仲間っう意識も強くなりますです。
春の幼子萌ちゃんが、秋の錦ねえちゃんに飾る、春秋セット山行、イかなソンソン土蔵踊りでっせ。

> 平日山行じゃなかったら参加したかったです。
> やけど月末山行には、参加させてもらいます〜。

平日だから尚良い、人影がないです。 

>> ネコ洞の山頂らしきを指差す、あそこに登りたいのという。
> 私も行きたい場所です。ブナもよさそうやし。

姉御肌、チョッと見直さなければの気分に成りつつあります。
ネコ洞へ  ♪ ホ〜ラ チェルシーィも一つ貴女へですかね。
ネコバス乗り合わせて行きたいですな。 おっソロしか〜  

          緑水。

2006/10/25(Wed) 06:00:24  [No.4570]


  Re: 秋日和 2 投稿者:山日和

緑水さん、こんばんは。
先週、先々週あたりここにしようかと思ってたんですよ。
土蔵は積雪期しか登ったことがなく、ブナの葉っぱを見たことがないんです。
猫ヶ洞も行きたいし。(東の神又谷と中ツ又谷周遊がよさそう)
ここのリーダーの山行は渋いとこが多くていいですね。私の好みにピッタリです。

               山日和

2006/10/24(Tue) 22:00:21  [No.4557]


  Re: 秋日和 2 投稿者:緑水

山日和 さん おはようサン

> 先週、先々週あたりここにしようかと思ってたんですよ。

谷としてはチットも面白くない思う、時山の藪谷みたいな感じ思う。

> 土蔵は積雪期しか登ったことがなく、ブナの葉っぱを見たことがないんです。

緑もそうだったのだけれど、樹林が色づく頃(萌葉も紅葉も)素晴らしいと思うようになって来ました。
山の恵みはいっぱいで、人が食への喜びを感じるのだろうな。
女性は本来の習性が働くのだろう、ゲラダヒヒ(エチオピア高地に住むサル)の様に見えた。

> ここのリーダーの山行は渋いとこが多くていいですね。私の好みにピッタリです。

緑水は活躍される親分さんの所に草鞋を脱ぐ。一宿一飯の恩義を受けますね。
親分肌の人所には、ミリキ的な姉御肌の姉さんが酔ってきますね。
山日和さんも大親分の素質充分備えた方、天下に吼えて欲しいものです。

                   緑水。

2006/10/25(Wed) 05:52:27  [No.4568]


  秋日和 3 投稿者:緑水
秋日和 3 (画像サイズ: 1024×768 271kB)

明日は徳山村の変貌をみて、冠峠から金草岳に登ろうかな思いながら眠りにおちた。

18日 金草岳 晴れ

早く眠るから早く起きる、道理のことだね。
6時余裕を持って出発、空はもやってるみたい、暖かい朝10月のシャキっとした切味はない。

徳山ダム堰堤の見晴らし台に立つ、感動しない程度のロックフィルダム。周囲の山肌に旨く溶け込ませして作られた様にみえる。
谷幅が狭いからかなあ、傾斜もゆるく長い斜面での石積みが違和感を和らげているみたいだ。

トンネルを抜けると朝霧が周囲を隠す、・・・・なんだこれは不思議な感覚の世界に行くみたいだ。
雲の橋を渡る、雲の長いトンネルを抜けると・・・音がしてきた、朝に食べたキノコの幻覚かな

♪ 天国よいとこ 一度はおいで 酒は旨いし 姉ちゃんはきれいだ ファファ〜ファアン
  
  帰ってきた酔っ払いのメロディーが流れてきたのだ

♪ 長い階段を 長いトンネルを 雲の中を抜けながら この世のものと思えぬ光景が 雲の中へと誘う

  のお緑水よく来たなあ この長い長いトンネルを抜けると 天国が待ってるぞよ
  ホンマかいな きれいな姉ちゃんが旨い酒をついでくれるのですか 生唾のんでハンドルを確り握り締める

トンネル抜けると、上空は晴れて谷間は雲で隠れてる。ここが天国なのかいな山のど真中だよ。
林道に下りる、先は土砂捨て場なのか堤防と沢山のユンボが置かれていた。
通行止めが15日で解除になっておりラッキーなことでした。

むかしに来た覚えが蘇る道、走りよい林道はグイグイ高度を上げていく。
冠岳だオットセイが顔を突き上げてる様な姿、好い山だね。
峠には3名のオッサン、昨夜は泊ったチョッと寒いわと笑う。昨日は荒島に登ったとか、同類は居るものだね。

金草岳は未だ登ってない、片付けておこうと出る。
歩きよい草刈られた道、ブナの紅葉は今が盛りだ。
逆光の冠岳、徳山の人はこの山を見て生活してた、その人たちはもう居ないのだ。

金草への道は緩やかな見晴らしの良い道、雪が積もれば素晴らしい雪ドームになるんだろうなあ。
右から岩壁を持った尾根をあわせる、そして山頂だった。その先はヤブ道は無い。
山の中の山か、プシューしながらぼんやりと時が過ぎる、どっち向いて帰ろうかなあ、次の目的地が定まらない。

冠峠に戻ると結構な数の車が止まってる、あさは徳山村見られなかったから来た道を帰そう。
長いトンネルはダンプの車列が、モアモアのほこりを立てながら高速ではしる。
ここは地獄への道なのか あじない飯と怖いおばちゃんが待ってるのだろうか。

暑い日差し、根尾への分岐で車を止める。
スゲー景色が飛び込んでくる、この橋も道路の作りもそうだが、谷底は掘り返されて巨大な穴ぼことなってる。
人って何でも作っちゃうんだ、ダンプが通るたびに大きく道が揺れる、底が抜けそうな感じだ。

ダンプががんがん走る、もう嫌だ帰ろう。
今度来た時は満水の湖面が何もなかったように迎えるのだろうな、人の喜怒哀楽を沈めて・・・。

     20日〜21日 弥仙川から頂仙岳 晴れ



  

2006/10/24(Tue) 04:16:06  [No.4543]


  秋日和 4 投稿者:緑水
 秋日和  4 (画像サイズ: 1024×768 431kB)

今度来た時は満水の湖面が何もなかったように迎えるのだろうな、人の喜怒哀楽を沈めて・・・。

     20日〜21日 弥仙川から頂仙岳 晴れ

シャバではすることが待っている、雑用はテキパキとこなす。次の山行準備の為に(^^)
今度の土.日は亮太朗ら来る言ってた、バアに聞く。ジジイと違って忙しいんだとさ。ふ〜んそうなんだ。
月曜からは雨模様だ、唾つけ住人に煽られてるし、土.日に行かなあかんなぁ、出かけようです。

決まれば早やい、お風呂にいって食料調達(冷蔵庫の余りもの)いつでもスクランブルなの。
夕食を弁当にして貰い、15時半に家を出る。これまた走りなれた道すんなりと川合集落に着く。
18時半だというのに人気は無い、街灯が中越の標柱を照らす橋の袂が今夜の泊り場だ。

縁積にもたれてプシュー、鰆の塩焼き、枝豆にシイタケの炒め焼き。ウメーって山羊が鳴く。
タクシーが通る、自家用も通る、明日は人出だろう。

一眠りして熊渡りに移動だ、誰もいない午前一時だもんね、星が落ちてきそうだ。
ぐずぐず用意して4時に出発だ、10時間みて2時には帰りたいんだよね。ヤミゲなんて御免だわ。
アサジョが好いです。

  ♪ 灯りはホンノリともれば好い、お空ニャ〜満天の星明り〜いぃ

川原への降り口には通行止めの表示も、なんとなく行っちゃダメの迫力はない(何のための表示だ)
白っぽい川原、ゆるゆると行く、引きずるストックがカンカラと熊よけだわさ。
ガマ滝でチョロチョロの水音、遊歩道も歩き良い道だ。

橋が落ちてる、前は架かっていたのだから他のもいつ落ちてもおかしくないんだ。大きく傾いてるのもある。
暗い中を足元照らしながらユックリ行こう。

渡渉も問題なし、矢問さんたちは水量のあるいい時期に来たんだね、嫁はんが喜んだはずだ。
こんな川原では刺激もなかっただろう。

一の滝も水量が細い、吊はし渡れば岩頭への階段のぼり、前に来てるからどおって事無くあがる。
双門の滝、前は携帯が通ったのだよね、試したがダメだった。
朝ごはんにしよう。
納豆、おにぎり、バナナ、食べすぎかな。

これから上が未知の道だ、もも普通の山の道だなあ、落ち葉と紅葉が今盛り。
朝霧が山稜を隠す、涼しいガスが上がってくるぼやけたモミジしゃらしゃと音がする、一人歩きの贅沢を味会う。

川原に下りた渡渉も簡単だ、対岸にテープがあり尾根に向かってる、朝鮮にあがる道のようだ。
川原伝いにいけば右岸に階段のような石段、上がれば草原の中に小屋があった。
川原小屋だ、いい感じの清潔な部屋だ。
対岸の台地には、何に使ったのだろう深い長細い石積みの遺構がある、小屋の柱だろうも残ってる。
愛知川の源流部によく似た雰囲気だ。

川原伝いにいくも右.左にと梯子や歩廊がある、なるべく忠実に歩いた。
樋の谷分岐、谷は立ち上がり鎖場と鉄筋の足場となる、水量があれば難儀するだろうなあ。

やがて狼平らの吊橋が見えて明るい広場に出た。(到着9時40分でした。)
空は真っ青に晴れ渡る、清々しい唐檜の森に小屋が建つてる、絵になるです。
胴長、長靴、釣竿が置かれて中は背負子での装備品が残されていた。
秤もあるなあ、貴重な岩魚の調査なのか、しつこいほどの禁猟の表示があったんだからまさか密漁ではあるまいに。
大きな魚影を見てるから、結構いるみたいですね。

10時までうろうろして、朝鮮岳に向かう山頂で昼にしよう。
北側の展望よろしい、稲村ガ岳の岩峰、大普賢の眺めは際立ってるなあ。
昼場所的にはブナ落葉の森野が良かろうと鞍部に下りる。
落ち葉のじゅうたん、青い空に黄葉が照る山モミジ、プシューしながら好い時期に来られて良かったです。

植林の斜面を降りていく、この辺りからナメリ谷へのコースが始まるんだよね。
前に川合から弥仙に登ったおりのイメージは、ブナ樹林のはずだったが思いながら植林て有ったかなあの思いだ。
下ったブナ樹林のなかに分岐はあった、落書きで熊渡りへの印があるテープが谷に向かって降りている。

いい斜面だ、これぞ大峰の一面ですね、1500mが広葉樹でいいところだ。
道なりに降りていく、植林に入り林道に出る。
車が沢山だ11台も停められていた。
チンタラと下りました。 13時30分着でした。ポンポンです。

プシューするには泊り場迄移動しなくては成りません。
明日は金剛山にお参りしてとペッカーを出すのでした。

                   緑水。

2006/10/24(Tue) 11:04:00  [No.4544]


  Re: 秋日和 4 投稿者:伊勢山上住人  URL

緑水さん、こんばんは。

何と 何と 何と。
自由人にかかったら、付き合いするのが大変です。

> なんせ、ヤマボヘが20日近くに成ってる、晴れが続くのも、難行の様な気分ですわ。

今日も一日いいお天気でしたね。
レスへの返事を書いて、一仕事を片付けたら、またまたお山が呼んでたでしょうね。

> 4時に出発だ、10時間みて2時には帰りたいんだよね。
> やがて狼平らの吊橋が見えて明るい広場に出た。(到着9時40分でした。)
> チンタラと下りました。 13時30分着でした。ポンポンです。

闇女か朝女か知らないけれど、こんな歩き方もあるのですね。
なぜ14時帰着なのかが分かりませんが、見事に計画通り。
まさにポンポンです。

> 落ち葉のじゅうたん、青い空に黄葉が照る山モミジ、プシューしながら好い時期に来られて良かったです。

緑水さんに喜んで頂け、眉ツバ住人としては喜ばしい限りです。

                         伊勢山上住人

2006/10/25(Wed) 21:06:11  [No.4572]


  Re: 秋日和 4 投稿者:緑水

伊勢山上住人さん、おはようサン。

> 何と 何と 何と。
> 自由人にかかったら、付き合いするのが大変です。

難と 男と なんと とのお付き合いお見捨てなく、宜しく御願い申し上げますです。
11.12月のSハイへの山遊び案内が締め切り後で、記載されなかったです。
集いへの記載はありましたが、難男の案内では参加者は零かも、それもまたヨシですね。

* 11月4日〜6日 蓮ダム辺りの山で遊びます、ご指導いただければ幸甚です。

* 11月4日 蓮ダム管理連に:8時集合.迷岳東の迷い地を探ります。(zippさんお勧めポイント)
* 5日.6日はヤブレポに載ったところを徘徊するつもりです。(マユツバルート他検証)
      * 携帯アドレス:m27e5ee397u6ez@c.vodafone.ne.jp です。         
  
>> なんせ、ヤマボヘが20日近くに成ってる、晴れが続くのも、難行の様な気分ですわ。
> レスへの返事を書いて、一仕事を片付けたら、またまたお山が呼んでたでしょうね。

前の富士ぼへでは惑わされ、笊へは行けなかった。
で、行って来ました。緑水が足元にも及ばない人に出会いました、またレポします。

> なぜ14時帰着なのかが分かりませんが、見事に計画通り。
> まさにポンポンです。

ジジイの日常生活リズム、2時に目覚め、14時半にはお風呂、19時には就寝です。

  いい日山遊び 人の顔も紅葉だ

                     緑水。

2006/10/28(Sat) 07:45:28  [No.4593]


  蓮ダム界隈山遊び 投稿者:伊勢山上住人  URL
蓮ダム界隈山遊び (画像サイズ: 1280×960 493kB)

緑水さん、こんばんわ。
(今は、若い女の子とおしゃべりしている夢の中でしょうね)

> * 11月4日 蓮ダム管理連に:8時集合.迷岳東の迷い地を探ります。(zippさんお勧めポイント)
> * 5日.6日はヤブレポに載ったところを徘徊するつもりです。(マユツバルート他検証)
>       * 携帯アドレス:m27e5ee397u6ez@c.vodafone.ne.jp です。       

行きた〜〜い。 自粛中だけど、行きた〜〜〜い。

5日は自主消防団のペンキ塗り続きの作業。6日は仕事。
4日だけでも、行きた〜い。

行ける様なら、携帯アドレスにメール入れます。
行けるとなっても、登りは別行動を取ります。
(足手まといが目に見えていますから)
迷岳のテッペンで合流します。
さて、どのルートで登ろうかな。

ワサビ谷の今年春の画像を貼ります。
私の登ったのは右上の植林境界から上です。いい所でした。
さて、そこまでを、次回はどう登ろうか。

                  伊勢山上住人

2006/10/28(Sat) 23:53:05  [No.4595]


 4日の迷岳の東尾根。迷岳の核心部ですね(^^)。

 ここは唐谷林道終点まで車を乗り合わせて行って、二ノ滝越えて左股行き、飯場やら熊檻みて1130pの稜線のって、ちんたらうろうろと迷岳ピークを目指すのなら、わたしも行きたいな(^^)

 ちんたら・うろろがいいです(^^)

2006/10/29(Sun) 00:19:43  [No.4596]


  Re: 蓮ダム界隈山遊び 投稿者:緑水

zipp さん おはようサンです

> 4日の迷岳の東尾根。迷岳の核心部ですね(^^)。

そう、前にね公開山行の折に通過したとき、こんな好い所があるんだの印象でした。
メンバーがね、登山ルートはコッチコッチと煩かったですが、
全部がルートだ、並列に散開して大勢の目で何があるか探せも、縦列での通過でした。
今回はそおいう目で見たいと思ってます。
是非同行願えれば嬉しいです。

> ここは唐谷林道終点まで車を乗り合わせて行って、二ノ滝越えて左股行き、
> 飯場やら熊檻みて1130pの稜線のって、ちんたらうろうろと迷岳ピークを目指すのなら、わたしも行きたいな(^^)

このコースを取るつもりです、下山は成り行きで、一応布引谷にもデポ車します。

> ちんたら・うろろがいいです(^^)

好いですね、チンウロ山中ならではですよね。
いい日山遊び、4日、モミジ満開、好天になること祈ります。

                  緑水。

2006/10/29(Sun) 05:57:00  [No.4599]


  Re: 蓮ダム界隈山遊び 投稿者:緑水

伊勢山上住人さん おはようサン

> 緑水さん、こんばんわ。(今は、若い女の子とおしゃべりしている夢の中でしょうね)

診たてのにいいヤブ医者ですな〜あ。なにかしら持病が癒えていくようです ウ〜ワン。
グッスリ寝込んで2時に目覚める、越路吹雪の歌聴きながら熱酎を頂く。パソ開ければ早速のご返事、ありがたいことです。

> 行きた〜〜い。 自粛中だけど、行きた〜〜〜い。

ナニに自粛してるの、誰かさんからのご命令ですか、ご愁傷さまですね。

> 4日だけでも、行きた〜い。

是非に遭遇を期待しますです、山中での携帯できればいいですがね(^^)

> 迷岳のテッペンで合流します。

迷いクボの散策後に成るかなあ、昼はどの辺りになるだろうかしら、4時には温泉プシューしていたいものね。

> ワサビ谷の今年春の画像を貼ります。

紅葉が真っ盛りでしょうね、モミジ込みますです。

                緑水。

2006/10/29(Sun) 05:52:26  [No.4598]


  Re: 蓮ダム界隈山遊び 投稿者:伊勢山上住人  URL

緑水さん、zippさん、おはよ〜。

> 迷岳のテッペンで合流します。

> ここは唐谷林道終点まで車を乗り合わせて行って、二ノ滝越えて左股行き、
> 飯場やら熊檻みて1130pの稜線のって、ちんたらうろうろと迷岳ピークを目指すのなら、わたしも行きたいな(^^)

> このコースを取るつもりです。

逆コースでしたか。
1130稜線まで標高差500m。頑張ってついて行こうかな。

> ちんたら・うろろがいいです(^^)

稜線に出るまでの登りも、チンウロで行ってもらうのを期待しています。
zippさんとも、握手をしたいし。
第2回オフ会に発展するといいなぁ。

                       伊勢山上住人

2006/10/29(Sun) 06:27:48  [No.4600]


  Re: 蓮ダム界隈山遊び 投稿者:きゅうのしん

伊勢さん ご無沙汰しております
突然ですいませんが、
以前 秋になったらと言っていましたので
この4日は 是非とも参戦させていただこうかと・・・
迷岳は行ってみたい山でしたので

2006/11/01(Wed) 23:57:11  [No.4629]


  Re: 蓮ダム界隈山遊び 投稿者:緑水

きゅうのしん 殿 ご無沙汰いたしてござる

貴殿のお越しで、姫君もさぞや喜ばれることでしょう。
是非に助ット、オン願います。

             緑太郎

2006/11/02(Thu) 02:45:01  [No.4634]


  Re: 蓮ダム界隈山遊び 投稿者:伊勢山上住人  URL

きゅうのしんさん、こんばんは。

しっかと通信費節約されてますなぁ。書き込みしたくならないのですか?
わたしゃ、ダメです。ついつい、他人のレスに割り込んでいきます。

> この4日は 是非とも参戦させていただこうかと・・・
> 迷岳は行ってみたい山でしたので

いい山ですよ。決して期待を裏切らないですよ。
何てったって、zippさんの推薦状が付いていますから。
コンバット遊びも出来るかも?

きゅうのしんさんの参戦で、山の大合唱への期待が膨らみますが、
私は皆さんの顔を見に行って、記念写真を撮ったらとんぼ返りの予定です。

2006/11/02(Thu) 23:09:44  [No.4642]


  Re: 蓮界隈〜 投稿者:とっちゃん(こと)


緑ちゃん、こんばんは〜。

> * 11月4日 蓮ダム管理連に:8時集合.迷岳東の迷い地を探ります。(zippさんお勧めポイント)
> * 5日.6日はヤブレポに載ったところを徘徊するつもりです。


5日は予定有り、6日は必殺状態の仕事です。

で、ですので、4日のみ参加させてもらおうかなぁ〜。


下山後は、ささ〜っと帰らんとあかんけど。

2006/10/30(Mon) 20:56:36  [No.4606]


  Re: 蓮界隈〜 投稿者:緑水
Re:  蓮界隈〜 (画像サイズ: 1024×768 366kB)

とっちゃん(こと)さん おはようサン

>> * 11月4日 蓮ダム管理連に:8時集合.迷岳東の迷い地を探ります。(zippさんお勧めポイント)
> で、ですので、4日のみ参加させてもらおうかなぁ〜。

嬉しいですね、お越しをお待ちします。
大姉、小姉、舞妓はんの参加表明を貰ってます。(^^)
そこへ中姉の参加となれば、緑チャンどうしよう、台高に住む大天狗、カラス天狗のご加護を祈ろうです。

> 下山後は、ささ〜っと帰らんとあかんけど。

大姉、中姉、小姉、舞妓はん、次の座敷がありとかで、ソクサクと帰りはります。
残される、世間知らずの老ボンボンはどうすればeのだろう(−−)おっソロしか〜ぁ。

                 緑水。

2006/11/01(Wed) 11:04:44  [No.4623]


  Re: 秋日和 投稿者:SHIGEKI

緑水さん  こんばんは

チト コメント しようがないほどのバラエティ 優雅 晴れ ボヘ

ですねぇ・・

なんでって REP読んでる内に最初の部分を忘れっちまうんですわ〜

>月曜からは雨模様だ、唾つけ住人に煽られてるし、土.日に行かなあかんなぁ、出かけよ>うです。

弥仙川から頂仙岳 さっそく行かれましたか しかし4時発 13時30分と言うことは

9時間30分ですか・・ 早朝発でも闇下覚悟ですなぁ

この部分と

>山頂からの眺めは、金糞から伸びる緩やかな尾根が八草峠に伸びてる、スキーする人に>>はいいコースらしいです。

この部分は、しっかりアルツの頭にも残りました。

前者は晩秋まで、後者は残雪に短期晴れボヘ目標かな

また よろしくです。

    SHIGEKI

2006/10/24(Tue) 22:57:58  [No.4563]


  Re: 秋日和 投稿者:緑水

SHIGEKIさん おはようサン

> チト コメント しようがないほどのバラエティ 優雅 晴れ ボヘですねぇ・・

これ書くの難儀してるんでっせー、パソ前すわるの細切れですわ。
なんせ、ヤマボヘが20日近くに成ってる、晴れが続くのも、難行の様な気分ですわ。

> なんでって REP読んでる内に最初の部分を忘れっちまうんですわ〜

これが好いのですよ、忘れるとは再生であるってことですぞよ。
相談受けたひどい欝ぎみの君、忘れろ!全てのことを・・・そして再生が始まる・・・
山中を歩いてて思うよね、植物の命は無限に続く、枯れたような巨木から若い樹が育ってる。

> 弥仙川から頂仙岳 さっそく行かれましたか しかし4時発 13時30分と言うことは
> 9時間30分ですか・・ 早朝発でも闇下覚悟ですなぁ

唾つけです(^^)SHIGEKI はんなら、7時間切るやろな、緑はチンタラ歩行でした。
マア、出来上がりを何時にするかで、スタート時間はおのずから決まりますよね。
炊飯器のスイッチみたいなものですな、炊きたて人肌燗つけにセットしてくださいです。

>> 山頂からの眺めは、金糞から伸びる緩やかな尾根が八草峠に伸びてる、スキーする人にはいいコースらしいです。
> この部分は、しっかりアルツの頭にも残りました。

いいなあ山スキーができるんだ、金糞山頂から坂内村緩やかな尾根が伸びてる、その道の人たちは楽しんでる。
黒津での緑尻ソリではこと及ばないかなあ、だれか連れてって〜。

> 前者は晩秋まで、後者は残雪に短期晴れボヘ目標かな

春は暖かくなるから、待てば海路の日よりなりですが。
秋は寒くなる、そんな悠長なことしてたら飢え死にだ、冬支度が急き立てますね、鈴虫さんは死んだです。

ガンガン行きましょうです、宜しく。

                     緑水。

2006/10/25(Wed) 05:57:12  [No.4569]


  秋日和 5 投稿者:緑水
 秋日和 5 (画像サイズ: 1024×768 297kB)

明日は金剛山にお参りしてとペッカーを出すのでした。
山里の高天は神代昔からの由緒あるお宮があった、プシューして葛城古道を散策に行く。
     
         天神に 百舌がたか鳴く 夕暮れだ

     22日 金剛山 晴れ

夕になかった車が数台ある、朝の参詣登山者のようだ。
6時に出る、植林中の山道は歩きこまれて脇道もいろいろだ。
早くも降りてくる人と犬と挨拶しながら登る、葛木神社に参り城跡の展望台に行く。
大阪の町が眼下に広がる、市民の山なんだ。こおいう遊び山っていいよね。

手軽に登れる熟年者の交流の場なんだ、鈴鹿にも欲しいがなんせヒル殿がご神体だから定着しないだろけど。
金剛山も3,000回、5,000回の名簿が並んでる。10,000回の剛者もいるんだ。
ぐるっと2時間ほど掛けて一回り、ブナ紅葉が陽に映えて土産山になりました。

                 緑水。

2006/10/28(Sat) 06:45:10  [No.4591]


掲示板に戻る