一括表示

【山 域】 西美濃 妙法ヶ岳
【日 時】 2005/7/30(土)
【天 候】 曇り時々晴れ
【メンバー】 単独
【コース】 谷汲 山門前8:50---華厳寺本堂9:10---妙法ヶ岳10:55
---送電鉄塔11:00/12:00---本堂12:45---山門前13:10

西国第三十三番満願霊場、天台宗谷汲山華厳寺。
まだ門前の店が開く前の、びしっと引き締まった雰囲気の静かな参道を歩く。
大きなワラジが掛かった仁王門を入り石段を登ると、本堂に着いた。

洞吹よ、なんていうところを歩いているんだ。暑さで気が狂ったのか。
いえいえそうではありません。
たまには、抹香の匂いに包まれてみるのも、いいものです。

ガイドブックでは本堂の右手に奥の院への道があることになっているが、
竹棒で塞がれていて通れない。
仕方がないので本堂の左手へまわり込んで石段を登ると満願堂というのがあって、
そこに奥の院への登り口があった。
ガイドでは池と滝の横を通ることになっているので、
ちょっとこだわって、右手の道を進み滝を目指すと、
池と枯れ滝はあったものの、だんだん鬱蒼とした草の茂る道になってきたので引き返す。

ガイドとは全く一致しないが、
先ほどの満願堂から奥の院への表示に従い山道を進むと、すぐ林道に出た。
やがて右手から東海自然歩道が合流し、ここから登りの山道になる。

暑い。汗が流れる顔のまわりを「めまとい」が何匹も飛び回り、
目や耳に飛び込もうとするのでうるさくて仕方がないが、
今日は新兵器「キンチョール」を持って来ているのだ。
ここらで盛大に噴射してやろう。
くらえっ! シュウウウウウーーーー。
薬剤は自分にもかかるが、それは承知のうえだ。
うわはははは、どうだ、まいったか。

さすがは殺虫剤、効果抜群……と言いたいところだが、
それは一瞬のことだけで、薬剤の霧が風に流れるとすぐ次のやつらが飛びまわる。
要するに継続的な効き目は期待できないのだ。
でも、ないよりはましだから、せいぜい噴射しまくってやることにする。

ここは東海自然歩道だけあって、階段道が続いている。
なぜ階段にしてしまうのか不思議だが、
お役所的には、これが「自然歩道整備事業」というものなのだろう。

時々キンチョールを噴射しながら、汗だくになって登って行くと、奥の院に着いた。
水場があるが、チョロリとしか出ていない。
先へ進むと、小学生が書いたような立て札がある。
なになに、「ヒルに注意」だと。
もし襲われたら、このキンチョールで戦ってやろう。
なんだか心強いぞ。

階段が続く道を稜線に出たら、少しだけ風が通る。
尾根を進むと妙法ヶ岳に着いた。
平たい山頂で、展望は無い。
ガイドには、この先の送電鉄塔が見晴らしがいいと書いてあるので、そこで昼メシにしよう。

山頂を越えてゆるく下ると鉄塔に着いたが、
見晴らしがいいはずの方角は、植林が育っていて全く何も見えない。
最新版のガイドブックなのに、記述と現況との食い違いが甚だしい。
きっと10年も前に書いた記事を改訂もせずにそのまま載せているに違いない。
いい加減にせいよ!と警告する。
でも発行が山と警告社だから、仕方ないのかな。
何も見えないのを幸いに、読書に没頭することにしよう。

ほんとは、雨が降る前にさっさと片付けてしまう傘差しコースだったのだが、
歩いているうちにお日様が出てきてしまったのやね。

駐車地から歩いて30秒、満願の湯が気持ちよかった。
ガラ空きだわ。

                       洞吹(どうすい)

2005/08/03(Wed) 00:09:27  [No.454]


> 【山 域】 西美濃 妙法ヶ岳
洞吹さん、こんばんは。
願教寺派から華厳寺派に鞍替えですか(^_-)
それにしても暑そうですねー。
この時期にこの山とは、なにか思うところでもあったのでしょうか。

> さすがは殺虫剤、効果抜群……と言いたいところだが、
> それは一瞬のことだけで、薬剤の霧が風に流れるとすぐ次のやつらが飛びまわる。
> 要するに継続的な効き目は期待できないのだ。

蚊取り線香ぶら下げて歩くのがいいかも・・・

> 駐車地から歩いて30秒、満願の湯が気持ちよかった。
> ガラ空きだわ。

目の前だけに近い!!その時間ならがら空きもむべなるかなですね。
蝿帽子嶺で出会ってここまでつるんで走ったのを思い出しますねー(^_^)

                    山日和

2005/08/04(Thu) 21:17:49  [No.458]


山日和さん こんばんは

> 願教寺派から華厳寺派に鞍替えですか(^_-)

ヘソマガリ教イブネ大本山からの修行の身であります。

> それにしても暑そうですねー。

暑いですー。(^^;

> この時期にこの山とは、なにか思うところでもあったのでしょうか。

だったら意味があるんでしょうけどねえ、
あいにく、なーんも考えてないんですわ。
なんとなく、行ってみたかっただけで。

昔、家族旅行で行って、仁王門の大きいワラジにびっくりして、
参道のお店で、おでんとバラ寿司を食べたことを覚えていて。
懐かしかったですね。

> 蚊取り線香ぶら下げて歩くのがいいかも・・・

その手を忘れてた。
そっちのほうが効きそうやね。

> 蝿帽子嶺で出会ってここまでつるんで走ったのを思い出しますねー(^_^)

楽しかったですね。
このあたりも、すっかり馴染みになってしまいました。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/08/04(Thu) 23:21:24  [No.459]


洞吹さん、こんばんは

めずらしく、ファミリーコースですね。しかも真夏にご苦労様です。

ここは5年前の秋に横倉寺から登って、妙法ヶ岳〜華厳寺に降りたことがあります。
横倉寺の有名なミイラを見て、紅葉の素晴らしい山門をくぐって登山道に向かいました。しかし、ハイライトは最初だけでした。
後は単調な登りが続くだけですね。

山の本にコースタイム2時間ほどと書いてありましたが実際は4時間ほどかかり、同行者に一言言われた覚えがあります。

2005/08/05(Fri) 22:04:48  [No.460]


宮指路さん こんばんは

ファミリーコースはあまりレポートしないだけで、
短時間で済ませるときや、雨が降るのが確実なとき傘差して歩くのに、
ちょこちょこと行ってるんですよ。
でも、やはり真夏は汗だくになりますね。
虫もうるさいし。

> 横倉寺の有名なミイラを見て、紅葉の素晴らしい山門をくぐって登山道に向かいました。しかし、ハイライトは最初だけでした。

このあたりは、やはり紅葉時期がいいのでしょうね。
でも、人も多そうですね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/08/07(Sun) 20:41:50  [No.463]


洞吹様
久しぶりに出てきました。一応、読んでるという証しに。

私の山歩きは、最近は一般コースばかりになって変わりばえがせんので、書き込む意欲がなくなってしまって。

 このコースを1998/11月に横蔵寺まで、東海自然歩道として歩きました。
FYAMATRKに書き込んだら、その文が編集者の目にとまって、修正を加えて雑誌「わたしの一名山 1999年秋冬号 NO.2 双葉社」に掲載されました。
そのときには、鉄塔からの見晴らしは少しはあったようです。
でも、この雑誌、今でも続いているだろうか?

 そのときの文は、参考先にある私のHP(いつまで経っても「工事中」で完成しない、怠けHPなので公表してない。と言って公表してしまった)の「東海自然歩道」に入れてあります。

              テラ

2005/08/08(Mon) 00:14:24  [No.464]


テラさん こんばんは

久し振りですね。
私も最近、普通のハイキングコースをよく歩きますよ。
それで、たまにこんなレポート書いてます。
夏は、やぶこぎも暑いしね。

>  このコースを1998/11月に横蔵寺まで、東海自然歩道として歩きました。

テラさんのHP、拝見しました。
自然歩道をたくさん歩いておられるのですね。
雑談の「歩きのペース」「歩きの運動量」は、特に興味深く読みました。
面白い内容ですね。

> FYAMATRKに書き込んだら、その文が編集者の目にとまって、修正を加えて雑誌「わたしの一名山 1999年秋冬号 NO.2 双葉社」に掲載されました。

初めて聞く雑誌ですが、どんなのか見てみたいものですね。

> そのときには、鉄塔からの見晴らしは少しはあったようです。

そうですか。
今は草木が生い茂っているシーズンだし、余計に見晴らしがきかなかったのかもしれません。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/08/08(Mon) 21:53:12  [No.468]


掲示板に戻る