一括表示

  身延ボヘ 投稿者:緑水

いつ行ったのかなあ、富士ボヘに行ったのは・・・もう忘れてるボケ。もう一月も前に成るのだな。
あのときの予定は、毛無山と七面山に笊の偵察だった。なのに、ニッコリ笑顔に気を惹かれ迷ってしまったのだ。

天気も良い、今秋うちに片付けておこうと出かける。
でもね、アホなことにデジカメ忘れてきた、ウラヤマシ画像はないのです(- −)

【日  】2006.10.25.〜28.
【行き先】七面山.笊ガ岳
【天 気】曇り

25日 快晴

いろんな雑用を済ませて出たのが10時30分をまわってる。東海道は混むだろうなあ思いながら嵌りこんだ。
清水を抜けてR52に入ったのが17時を過ぎた。
デッコだ、コンビにで沈没だ、プシューと泡ブレーキを掛ける。

    26日 七面山 曇り

南アルプス街道、早川町、明るい好いところだ。七面山登り口の角瀬には6時に着いた。
学校横が登り口、遠い他県の車が止まっていた、ペッカーも並べて停める。

明日への足慣らしと、誰かがおいで、おいでと呼んでる霊場へです。
絵地図がある、4時間ほどで敬慎院か、山頂までだと5時間とは結構あるんだ。

曇りぽい明るさのない空だ、神通坊から入り口に赤い鳥居が七面山と迎えてくれた。
参道はすこぶる良い、沢山の人がお参りするのに痛みのない道、ズンズン高度を上げていく。

安住坊にはぶっといトチの木がある、胴回り7メートル高さはない太鼓の様な巨木だ、変わったかたちの木だ。
高度が上がるほどに、ブナやミズナラの紅葉が派手て明るい雰囲気になる。
明浄坊はきれいな宿坊、静かな誰もいない道、ルンルンと歩いた。

奥之院裏手から院前に立つ、院内に入ってお参りしても良いと書かれてる。
中に入ると赤い絨毯、勤行座前の線香と蝋燭立ての前に胡坐をかく。
厨司の中の仏様は七面大明神様 煌びやかな院内でなに思うもなく座った、いつの間にか30分過ぎてる。

でれば院坊さんだろう軽く会釈して、お茶とお菓子を頂く。
作法は何も知らない、ただ頭を下げるだけだ。
傍らのようごう石(お姿を現す石)には、ハートマークの様にしめ縄が巻かれてる。
この地から見る富士山は、春.秋分の日に山頂から朝日が昇るんだ。

ご神木なる木を見に降りていく、下るほどに雑木の紅葉が明るい。開いた谷間の中に神木はあった。
大いちいの木だ、根元は8割方空洞なのに樹勢は旺盛で元気だ、不思議な木だ。
いちいは日本一と言うことで付けられた木の名とか、縁起の良い樹木なんだとか、撫でさせて貰う。

二の池みて敬慎院前に出る、ガスがぼんやり隠す。勤行のお経が流れる、誰もいない境内だった。
お参りしてると、二人の信者だろうお経を唱えてる、緑も般若経ぐらいは覚えたいものだ思う。
階段の上は山門だった、49丁目で本院が50丁目、山門が上にあって見下ろしてるのだ。
院の上は唐松の黄葉、ガスが巻いたり切れたり、う〜ん 唸るような絵が現れたり消えたりする。

ここでプシューだ、枝豆、シイタケ、どこまで行っても娑婆を持ち込む行儀知らずの緑水か。
山門の門前から七面山への道があるも、雲の下では何も見えないだろうまたの機会にです。
良い道おりたら鐘楼が有り、一音打たせてもらう。

   ガス中に 染み入り流るる 煩悩う鐘の音 一音弱く 落ち葉の余韻

再び境内に入り、一の池を見る。ガスが覆い深い面が広がるようだ。

下山は表道を坦々と下った、若者グループが上がってきてる、不思議な顔でみられた。
もう早にバテたんか、空身の可愛らしい娘に声かけてエールを送った。
日蓮宗の本山だから、若者もお参りに来るんだろうなあ。お茶ぐらいは持たなアカンでえ。

14時車に戻る。笊ガ岳の登山口、老平の集落に向かう。パワー有る人に出会いました。

                  緑水

2006/10/29(Sun) 08:05:55  [No.4601]


  身延ボヘ 2 投稿者:緑水

七面山を降りて老平に向かう。雨畑湖を回りこみ馬場集落には生活機能が詰まっている所だ。
老平には笊ガ岳の絵地図があり、駐車場が設けられており、思いがけない接待を受けた気分だ。

ちょうど天装での登山者が下りてきた、様子を聞くに嬉しくなった。
小柄でランニング姿、ヒゲを蓄えた朗らかそうな方だ。

・ひゃーしんどかった、景色は雲上で360度全開、富士が真正面でよかったという。
明日日帰りで偵察に行こう思うのですが?

・ムリだね、一言で言われる、全国あちこち歩くがこの山は半端じゃないね。途中一泊しなくてはと。
・布引山を8時にでて今だよ、下りで7時間だ、日帰りはむりだね泊りなさい言う。
まあ行けるだけ行って時間見合いで戻りますわ。道のこと色々教えてもらった。

   27日 笊ガ岳 曇り 

絵地図では登り9時間とある、往復で16時間は見なくてはあかんのか。まあ行けば分かるさ。
2時起床、3時に出る。歩行14時間にセット明るい内に戻りたい、11時に見切りをつければ17時には帰れるだろう。

星空に雲が半分ぐらいか、良い天気のようだな。
林道は木が被って真っ暗け、灯りを消すと手も見えない漆黒の闇だ。チンタラ行けば良いさ。
林道終点には笊への道標と、山道は確りしており不安は感じない。思ったより楽そうだ。
離家屋を過ぎると道は水平道になり幅も広く、小谷を渡る吊橋も整備され遊歩道の様だ。

ダム収水堰への道を分けると道は悪くなる、一箇所壊れかけの橋、底は真っ暗だが先人が渡ってるんだと慎重に渡る。
奥山谷に出会う、5時だ順調だネ。渡渉点は??滑りやすそうな石と滑がヤバそう・・・、対岸の印も見えないなあ。
上流への草分けがある、伝えば対岸に印が見える、渡りやすそうなところ、浅い水に入って慎重に渡る。そのためにスパイク長靴とした。

尾根への登りは電光のジグザグ道、キツイ斜面ながら人に優しい作りだ。登るほどに水音が高く響く。
尾根芯にはお墓と、山ノ神があった。5時半か順調すぎるなあ、思うとパラパラと雪ン子交じりの時雨がきた。
忠実に尾根芯を拾っていく、辺りが明るくなり灯りを消す。モミジの真っ只中なのだ。

左手後方が明るくなる、おお、富士山だ。山頂部と右肩からのすべらかな斜面が明かりに浮き上がってる。
雲は山頂部上と腰下辺り、右側の薄い大気が明るく光り日輪の出はもう直ぐだ。急激に明るくなった。

先日の富士姫へ詣で、緑ちゃん私が見ているからね安心してお行き、と語りかけてくる。
あの参詣富士は正解だったなの思いと、頑張っていくよの力が湧いてくるのです。

唐松の造林は落ち葉が金色だ、トウヒの森に入ると薄暗く陰湿な登り、でも倒木は片付けられており印も親切にある。
檜横手山、7時かエッセンス補給、鞍部をへて再びの急とをこなす。
尾根は右手にまわりこんでいく、左手が明るくなり・・・ドンという感じで見晴らしの良い崩壊地に飛び出た。

うわ〜凄い開放感だ、暗いトウヒの中から大空に舞い上がった様な気分だ。明るい空に揺ったりとした深南アの山々が広がる。
崩壊のふちを行く、前面の光景が大きく広がってくる。振り向けば富士姫がニッコリ笑って見てくれていた。

目に優しい草モミジ、暖かい日差し、見晴らしのいい山々、ここまでで由としようかと思うほどだ。
崩壊稜を過ぎると再びトウヒの森、わずかで布引山山頂だった。9時前だ、6時間の行程だね・・・。
天場からはスッキリの富士が全姿を見せてる、プシューは美味いなあ、泡チカラが湧いてくる、山頂まで行こう(^^)
戻れば12時だ、下山予定に楽勝だね。

グーッと鞍部に下りて上り返し、小笊が生意気そうな姿で笑うように見えた。
上がれば南アが惜しげもなく全山見渡せるのだ、眼下にダムがある地図を持たないが位置関係がよくわかるのだ。
聖、赤石、荒川、白峰三山、転付、富士宮は雲海下だ、歩いた軌跡が蘇るなあ。
小笊の上に富士の高嶺が朗らかに笑う、雲海は坊主は、緑チャンくるまでおとなしくしてたよとモゴモゴともがいてる。

山頂標識はデカイ立派なものだ、静岡の表示は掻き毟られてる。
そうだよなあ、整備の道は早川町がしてるのだから、山梨県だと言いたいんだよね。
思いながら、剣岳の日帰りが大きく自信をつけているのを感じた。疲れはない、快感ホルモンが大量に分泌してるんだろうな。

10時45分名残惜しいが下山だ、布引山に帰ると富士姫はその姿を隠した。雲海は湧き上がり大空を隠し始めてる。
トウヒの尾根を坦々と下る、こんなにキツイ登りだったんだ。
唐松の明るい下でエッセンス、周囲は雲の中、ガスが上がってきた。

山神過ぎてトントンと降りれば奥山谷渡渉点、14時30分。
谷沿いの道、壊れかけの橋を見て、エエおお怖い、深いルンゼと切り立った側壁、回りこむこと出来ないよね。
よくぞこの橋渡ったものだ、ゾッとするがイカニャショウナイ、お題目唱えながら慎重に渡る。ゴトっう音に肝が冷えた。
後は順調です(^^)16時に帰り着きました。

甲武信ガ岳、笛吹谷を見たかったが一日来るのが遅かった、またの機会としよう。
機嫌よくペッカーは鼓動を開始した。
途中とまり、28日4時無事帰着、台高ボヘ準備にはいるのです。

帰って笊ガ岳で検索する、キツイ山の記列があり天装山行き、展望抜群とある。
画像はこのとうりでした。デジカメ忘れたアホの緑水でした、ポンタン。

                  緑水。

2006/10/30(Mon) 06:07:20  [No.4604]


  Re: 身延ボヘ 2 投稿者:伊勢山上住人  URL

緑水さん、こんばんは。
(って、ぐっすり眠ってくださいよ)

> 緑水が足元にも及ばない人に出会いました。
って、予告編に書いてあった人は
> ちょうど天装での登山者が下りてきた、様子を聞くに嬉しくなった。
> 小柄でランニング姿、ヒゲを蓄えた朗らかそうな方だ。
この方ですか?

> ・ムリだね、一言で言われる、全国あちこち歩くがこの山は半端じゃないね。途中一泊しなくてはと。・布引山を8時にでて今だよ、下りで7時間だ、日帰りはむりだね泊りなさい言う。

まあ、まともな人のように思えますが・・・・。

> 2時起床、3時に出る。歩行14時間にセット明るい内に戻りたい、11時に見切りをつければ17時には帰れるだろう。
> 後は順調です(^^)16時に帰り着きました。

こちらの方の方が、尋常な人じゃないように思えます。

しかしまあ、どんな膝をしているのでしょうね。
こんなに荒っぽい人に使われても、壊れない膝とは。

                     伊勢山上住人

2006/10/30(Mon) 21:25:05  [No.4607]


  Re: 身延ボヘ 2 投稿者:緑水
Re: 身延ボヘ 2 (画像サイズ: 1000×750 326kB)

伊勢山上住人 さん おはようサンです

北俣川から池木小屋周遊でした 二泊の朝帰りです。
グッスリ眠っての帰還は爽やかです、パソして菜園、たまねぎの植え付けだ(^^)

>> 緑水が足元にも及ばない人に出会いました 予告編に書いてあった人は
>>  小柄でランニング姿、ヒゲを蓄えた朗らかそうな方だ。
>この方ですか?

そうです、細かい会話は記載できないですが、まずね。

車は、イプサム内部には何もない、リアシート半分たたみフラットの床には清潔な毛布が敷かれてるだけ。
助手席と後ろシートには垂木が渡されて、飲み物が一個置いてあっただけ。

・間ノ岳に登り、降りてから二日間は天気悪く待機してた。
・小屋は閉まってるでしょうに。
・あのオヤジは変わってるから、開けてるよ。

これがすでに何日も山ボヘしてきた車内かと、先ずカウンターパンチ食らう。
靴を脱ぎながら、カミサンだろうに携帯電話、つながらないのにつなげて話す。

ビール飲むでもなし、何か食べるでもなく、軽やかに話す。温泉場知らないかと聞く。
そのくせ行商に来た魚屋に、米ないかと??。
・なにするの、炊いて食べる・・・そんな調理品どこに備えてるんだ。
イプサム床下収納が大きいのだ、3ナンバーと自慢たらしい。

パラパラと本をめくって、明日は七面山に登る、ふもとで温泉だねと出かけて行った。
業界の人かなと印象を受けたです。

>> ・ムリだね、一言で言われる。
> まあ、まともな人のように思えますが・・・・。

>> 後は順調です(^^)16時に帰り着きました。
> こちらの方の方が、尋常な人じゃないように思えます。

緑ちゃんは正常だなの思いを強めましたね、世間は広いボヘ修行ですわ。

                       緑水。

2006/11/01(Wed) 10:58:42  [No.4621]


  Re: 身延ボヘ 2 投稿者:ハリマオ  URL
Re: 身延ボヘ 2 (画像サイズ: 640×480 140kB)

> 絵地図では登り9時間とある、往復で16時間は見なくてはあかんのか。まあ行けば分かるさ。
> 2時起床、3時に出る。歩行14時間にセット明るい内に戻りたい、11時に見切りをつければ17時には帰れるだろう

 緑水さん、怪物ですか。歩き過ぎでゲップが出そうなコースを日帰りで・・・? 標高差やコースタイムを見ると、新穂高から槍の日帰りをするようなものですね。。以前、暗いうちに歩いていたら槍の日帰りをするという人に追い抜かれたことがあります。世の中広いなあと思ったことがあります。もっとも地元の人で睡眠充分だからハナからかないませんが。

 笊は以前入っていた山の会の会長がお気に入りの山でした。合宿もありましたが、休みのない私は参加できずオイテケボリ。緑さんほどのパワーがあれば、初日に下山してドギモを抜いてやれたのですが。赤石や荒川の眺めがきっとすごいんでしょうね。緑水さんは全国中高年の星です。何歳か知りませんが。

 デジカメを忘れたとのことですが、例の幼なじみのIちゃん改め、同級生のI君は山へカメラを持っていったことがありません。心に焼き付ける作業がおろそかになるんだそうです。いろんな人がいるものです。念のため、添付写真はI君と無関係です。

 ところで自分以外の人に自愛を勧める。これすなわち他愛です。他愛もない話でした。

 ご自愛を     ハリマオ


 

2006/10/30(Mon) 22:39:53  [No.4609]


  Re: 身延ボヘ 2 投稿者:緑水

ハリマオ さん おはようサンです

>> 2時起床、3時に出る。歩行14時間にセット明るい内に戻りたい、11時に見切りをつければ17時には帰れるだろう
> 緑水さん、怪物ですか。歩き過ぎでゲップが出そうなコースを日帰りで・・・? 

昔と今は、天と地程も違う装備品、アクセス、情報サービス、メール安心感、露出症候群が溢れてる。
まえには出来なかったこと、簡単にできちゃうんですよね。
デキチャッタ山行です。やろうとすれば出来る、そんな時代なんですね。

若いときは、体重の2/3ほどの天荷を背負い、程々歩けたものだ。  ・・・亀さん
中年ときは、1/3ほどのレシピかついで、結構騒ぎ歩いた。     ・・・鶴さん
今じゃ、1/5程度の食いものと必要最小装備で長距離を歩きこなす。 ・・・兎さん

足腰に優しい歩きに変わりました。山陵ホテル泊る甲斐性もなく、ペッカー暮らしです。
ペッカーベッドでグッスリと熟睡できます、温泉も今じゃどこにでもありますよね。
 
> 笊は以前入っていた山の会の会長がお気に入りの山でした。合宿もありましたが、休みのない私は参加できずオイテケボリ。

合宿というからには、さわら島ですかね。大きな山谷が有る、若い山屋が賑やか青春謳歌でしたね。

> 赤石や荒川の眺めがきっとすごいんでしょうね。

道中は馬力登り、布引崩壊地からは眺めは抜群でした、好天気でなくては意味のない山です。
時を自由にできる様に成ったから味わえる贅沢なんでしょうかね。

> 例の幼なじみのIちゃん

この絵も好いですね、
オッパイがらみの股スリスリ下降をさせる、ハリ魔王さんも疲れが取れることでしょう。

> いろんな人がいるものです。

同感です、人が楽しみの輪を広げてくれます。

                            緑水。

2006/11/01(Wed) 11:00:54  [No.4622]


  Re: 身延ボヘ 2 投稿者:SHIGEKI

緑水さん こんばんは

しかし、このres少し遅かったとは言え、今頃もう次の山中ですねぇ

> ・ひゃーしんどかった、景色は雲上で360度全開、富士が真正面でよかったという。

それはエエ山ですなぁ

> ・ムリだね、一言で言われる、全国あちこち歩くがこの山は半端じゃないね。途中一泊しなくてはと。

全国的ハイレベルですか・・

> ・布引山を8時にでて今だよ、下りで7時間だ、日帰りはむりだね泊りなさい言う。

ク・下り7時間、ヒ・膝がつぶれそう

> 絵地図では登り9時間とある、往復で16時間は見なくてはあかんのか。まあ行けば分かるさ。
> 2時起床、3時に出る。歩行14時間にセット明るい内に戻りたい、11時に見切りをつければ17時には帰れるだろう。

果敢ですね 若さの秘訣ですか 

見習わ鳴く手はです  (この一行だけマネしてもあきまへんあ〜)

> 上流への草分けがある、伝えば対岸に印が見える、渡りやすそうなところ、浅い水に入って慎重に渡る。そのためにスパイク長靴とした。

ん 全行程 スパイク長靴で歩いたんですか マサカ・・

> 思いながら、剣岳の日帰りが大きく自信をつけているのを感じた。疲れはない、快感ホルモンが大量に分泌してるんだろうな。

年中出っぱなしちゃいますか 
そして、ここ一番で爆発〜ですねぇ

> 甲武信ガ岳、笛吹谷を見たかったが一日来るのが遅かった、またの機会としよう。

または直ぐ、日帰り、楽勝ですよ 

> 帰って笊ガ岳で検索する、キツイ山の記列があり天装山行き、展望抜群とある。
> 画像はこのとうりでした。デジカメ忘れたアホの緑水でした、ポンタン。

普通の人の歩き方見ときます。

明日は、迷池でヌタってますんかいな

  SHIGEKI

2006/11/03(Fri) 23:48:07  [No.4653]


  Re: 身延ボヘ 2 投稿者:緑水

SHIGEKI さん おはようサンです

> しかし、このres少し遅かったとは言え、今頃もう次の山中ですねぇ

どこで眠っても2時には目が覚める、ありがたいことです。
ユックリの準備を済ませて、ユックリの出っぱつです。
今夜は13夜の月、明るいです。

>> ・ひゃーしんどかった、景色は雲上で360度全開、富士が真正面でよかったという。
> それはエエ山ですなぁ

山頂での見晴らしはね、展望見るには2/3の高さから見るのが美しいといわれますね、満足できましたね。
沢屋さんには向かない登りのようです。奥ノ谷は良いかも、笊に突き上げてる。

>> 浅い水に入って慎重に渡る。そのためにスパイク長靴とした。
> ん 全行程 スパイク長靴で歩いたんですか マサカ・・

長靴ですよ、どこの山でも長靴でOKだ、万能と思いますね。

> 明日は、迷池でヌタってますんかいな

今から出っぱつですわ、スゲー人たちが集まってきた、
でもね趣旨は「園遊会」なんだから叙勲しなければです、大きめのシートは必需品ですね。
これが済むと冬入り口だ。

                  緑水。

  

2006/11/04(Sat) 03:14:49  [No.4655]


掲示板に戻る