一括表示

  【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:矢問(やとう)
【但馬】秋晴れの氷ノ山 (画像サイズ: 360×480 64kB)

膝リハビリ最終回。またまたラクチンコースでごめんなさ〜い>all

【山 域】但馬・氷ノ山(1510.0m)
【日 付】2006年10月28日(土)
【コース】坂ノ谷登山口−三ノ丸避難小屋−氷ノ山(1510.0m)−大段ケ平−坂ノ谷登山口
【メンバー】矢問・MICKEY

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/hyounosen0610.htm

先日の八経ケ岳で膝を痛てからの膝リハ第三弾。痛みもないので、今回がリハ最終回。
紅葉目当てで大山に行く予定だったが、地元情報はあと1週間早いとか・・・・。
先週、氷ノ山は紅葉真っ盛りで丹波のたぬきさん達が登っておられた。WEB情報ではや
や色あせはじめたらしい。落ち葉の絨毯が膝に良いだろう。秋の氷ノ山は何年ぶりか。

家を4時半に出て、中国道を山崎で下り、R29で戸倉峠手前のヤマメ茶屋から坂谷林道
に入り北進する。R29では牝鹿が車と当たったのか、道ばたに血を流して死んでいた。
ダートの林道は溝蓋も時々はずれていて、それをはめたり、落石を除けたり忙しい。

7:30
「←坂ノ谷コース登山口・500m、殿下コース登山口・4km→」と記された道標とコー
ス説明看板横に駐車し、坂の谷登山口へと出発。エアリアマップでブナの原生林と書かれ
たこの南からのコースが以前から気になっていた。強い鹿の鳴き声が聞こえる。

登山口からは、しばらく手入れがされていない、やや薄暗い植林帯を20分ほど登ると、
やっと自然林となりホッとする。背丈よりやや高い笹が両側にある広い氷ノ山自然歩道だ。
「Gメン歩きができるね」とMICKEY。「じーめん歩きって何?」「Gメン75の並列歩
きよ」・・そういう意味か。道は3人ほど並列歩きができる幅に笹が刈り取られている。
紅葉はピークを過ぎたもののまだ黄色や赤い葉を残す木々も点在する。何よりも赤や黄色
の落ち葉の絨毯が足にも膝にも優しく気持ちいい。傾斜もゆるく楽すぎるルートだ。
リボンやテープが点在してついているが、3mほど上。雪の頃に付けたテープだろう。
水場への古い道標がある。太いブナも点在する。複数の大きな物は雷でやられている。

8:35
殿下コース登山口からの合流点の道標。振り返ったら山々の展望があるが、ここから15
分進むと「見返りの丘」という古い道標があり、本当に素晴らしい展望が広がる。
モグラが死んでいた。振り返るともうMICKEYはずっと先を歩いている。
風は冷たく、青空が気持ちいい。汗もかかない。水分も全然摂っていない。
見返りの丘のすぐ先は若桜町からの合流点の道標があり、ここからも良い眺めだ。

8:55
三ノ丸避難小屋。MICKEYが待っていた。周囲はこんなに笹の海だったのか。雪の頃し
かこのあたりは知らないのでその景色の差に二人とも本当に驚いた。中は綺麗に整理され
ていた。
展望台へMICKEYが登り「素晴らしい景色よ」と。僕も登る。360度のパノラマ展望。
三室山も見える。氷ノ山山頂も青空に映えて、まるでアルプスの少女ハイジの景色の様だ。
雪の時は横にある道標の頭が少し見えていただけだったのを思い出す。
仙石ルートから登る予定だった男性が来た。間違えて先ほどの若桜合流点から来たらしい。
しゃべっていると、もうMICKEYは相当先を歩いている。千年キャラボクの道標を過ぎ、
背丈ほどの笹に挟まれた道を進む。くるぶしくらいの笹高ならもっと綺麗だろうに。
涼しくて快適。汗もかかないし、水分も今日は全然摂っていない。

9:40
氷ノ山山頂。6人ほど先客が居た。大山も遠くに見える。「凄いなぁ」
扇ノ山、鉢伏山、瀞川山、蘇武岳、妙見山、藤無山などなど、青空と素晴らしい展望が広
がる。こんな晴天の氷ノ山は初めてだ。
雪の頃は雪でドアが半分埋もれていたトイレ棟の2階は展望所になっていた。

山頂避難小屋のドアには「氷ノ山越えよりハチ高原ブン廻しコースの登山道が先日の大雨
で一部流出した為、通行を禁止します・養父市観光課」とある。その部分の工事の様子が
山頂からも見える。

無線はまだ早いので静かなものだ。寒いし、だれも入らない小屋に入って行動食をとった。
あまりに楽すぎるコースだったのでピストンも面白くない。大段ケ平へ下り長距離だが林
道で戻ることにした。外の人の声は増えているようだが、誰も入ってこない静かな小屋。
小屋の外へ出るとびっくり。人が20人ほどに増えていた。さらに登山道を見るとどんど
ん上がってくるのが遠くに見える。「山頂QSOはあきらめて、ワッチしながら、もう下ろう」

10:20
大段ケ平へ向けて、下山開始。古生沼はフェンスで囲まれ見ることも出来なくなっている。
木道を進むと「みたらし池」とあるがどこが?と言う感じ。

10:45
古千本杉、千本杉を過ぎると神大ヒュッテ。東尾根と大段平への分岐だ。ここからは大き
なブナが登山道に点在し素晴らしさに思わず見上げてしまう。「すばらしい」

「あっ、丹波のたぬきさん(IRCさん)からのコールだ。」横峰山(高谷山)からのモービル移動
の様だ。直ぐに応答したが、僕の声は届かないようだ。山頂ではないから無理か・・。
たぬきさんの声はメリット3。話していることは分かるが時々雑音が入る。
ハンディ5wとモービル20wの差かなぁ。アンテナかなぁ。
「おや?今度は男性からの僕へのコールだ」誰だろう。初めての声。たぬきさんに教えて
いただいていた三木市のMXFさんの様だ。応答すると大段ケ平から氷ノ山山頂へ向かっ
て登っている途中とか。
なんと奇遇な事!。下山ルートを変えてこんな幸運が訪れるとは。
サブへQSYして「僕たちはそのルートを下山中です。途中で初アイボール出来そうですね」
何やかやとQSOしながら下山していると「歩く無線機さん」とたぬきさんから伺っている八木
アンテナを手にしたMXFさんらしき男性の姿が見えてきた。「間違いない、あの方だろう」
お互いに初対面。自己紹介し、しばらく歓談。山頂からのIRCさんへのQSOを託した。

避難小屋がありここからも素晴らしいブナ林が続く。
「登りの坂ノ谷コースよりブナ林はこっちのルートの方が断然綺麗だな」

11:35
大段ケ平。トイレの改修工事中。綺麗な東屋もベンチもある。
20台ほどの駐車の中に、MXFさんのモービル付きの車が一番奥に駐車してあった。
綺麗な東屋で昼食にすることにした。
氷ノ山山頂からのMXFさんと横峰山のIRCさんのQSOが聞こえてきた。どちらもし
っかり聞こえる
が、僕の声はMXFさんにしか届かない。駐車場の見晴らしの良い所のあちらこちらに移
動したが結果は同じだった。お二人のQSOを聞きながら、お湯を沸かし昼食とコーヒー
を終えた。MXFさんは今からうどんを作るようだ。IRCさんも昼食に帰宅すると。
あと、MXFさんは奈良の学能堂山の方とQSOされていた。学能堂山にも届くとは凄い。

12:30
林道歩き出発。10分で横行林道との合流点。「横行渓谷終着駅」と道標がある。
ここから先の道は未舗装。オフロードバイクや4WD車が良く通ってくる。
ここから先の道標には「○○駅」とすべてに駅がついていた。だらだらと緩い登りの林道
だ。MICKEYのペースが上がり、登りなのに小走りしている。あぁ・・・もう見えない。
僕は紅葉や展望を楽しみながら歩く。大きな三脚でカメラを構えている人も点在する。
立派なブナの大木が多い林道だ。林道作り前は、本当はもっとあったのではないだろうか。

13:15
林道山頂駅。この先からやっと下りになる。
ダートだから楽しいのかな。林道山頂駅から5分で古い「氷ノ山」の道標がある宍粟市側
の殿下コース登山口、そして「国境の駅」の道標を挟んでまた5分で新しい道標とバイオ
トイレのある養父市側の殿下コースの登山口。
「おやっ?MICKEYからコールされたような・・・」メインに珍しくMICKEYからのコールだった。
サブにQSY。「いまどのあたりを歩いているの?」「どのあたりって・・・目印なんて無いし・・。
だいたいLNXさんの2〜300mほど後ろかな」「了解〜」
MICKEYからコールしてくるとは予想外だったので驚いた。遅いのでしびれを切らせたのか。

13:55
「幻の逆水の滝」の立て札と説明文。MICKEYが待っていた。
「下って滝を見に行ってきたら。待ってるし」行きかけたが、相当下りそうでやめた。

14:15
車に到着。車が3台になっていた。「雪の頃に歩いたルートの無雪期状態を見られたのは
良かったわ」「1時間45分の林道歩きも、涼しくて素晴らしいブナの紅葉で楽だったな」。
藤無山の麓にある若杉高原温泉(600円)で貸し切り状態で汗を流し、9号線を東進し地道
で帰ることにした。

明日たぬきさん達は無線仲間と、この藤無山の東の「うちおく(953.7m)」へ登るらしい。
(僕は近場の大野山(753m)でたぬきさんやMXFさん、だっちゃんにコールしてみよう)

2006/10/29(Sun) 14:22:57  [No.4602]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん・MICKEYさん、こんばんは。

> 膝リハビリ最終回。

もう最終回ですか? ちと、早過ぎませんか?
私もそろそろ卒業したいのですが。
(何か必須科目が履修漏れしているのでしょうか?)

> 【山 域】但馬・氷ノ山(1510.0m)

かの有名な加藤文太郎にゆかりの山ですよね。
> ラクチンコースでごめんなさ〜い>all
なのですか?

> ダートの林道は溝蓋も時々はずれていて、それをはめたり、落石を除けたり忙しい。

やはり、洗車までして車を大事に乗ってる人は違うなぁ。
”ガリッ” 「あっ、やっちゃった。まあいいか」の人は誰かな?

> 振り返るともうMICKEYはずっと先を歩いている。
> しゃべっていると、もうMICKEYは相当先を歩いている。
> MICKEYのペースが上がり、登りなのに小走りしている。あぁ・・・もう見えない。

私の要望に3回も応えて頂いてありがとうございます。

> 「おやっ?MICKEYからコールされたような・・・」
> MICKEYからコールしてくるとは予想外だったので驚いた。

そうです。
マンネリを防ぐには、お互い創意工夫。新しい事にチャレンジです。

次は何が出てくるかな? 楽しみ。 楽しみ。

                      伊勢山上住人

2006/10/30(Mon) 23:12:35  [No.4610]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)

> > 膝リハビリ最終回。
> もう最終回ですか? ちと、早過ぎませんか?
着実にリハをした成果です(^^)v

> 私もそろそろ卒業したいのですが。
> (何か必須科目が履修漏れしているのでしょうか?)
でしょうね〜。テーピング2単位、マッサージ1単位、歩行姿勢の修正2単位かな(^^)

> > ラクチンコースでごめんなさ〜い>all
> なのですか?
南からは楽すぎる・・・。特に下山した大段ケ平からは90分の高度差もしれている
ハイキングコース化。すご〜いお年を召した方達もスニーカーで登っておられましたよ。ここが最短コース。

> やはり、洗車までして車を大事に乗ってる人は違うなぁ。
ボディーというより、パンクなどの足回りが気になります。1つのタイヤなら救われるけど、知り合いのように2つやられたら大きなお荷物になりますし(^^;)

> 私の要望に3回も応えて頂いてありがとうございます。
登りがいくら緩い林道でも小走りで去っていく姿にはアゼンとしました(^^;)
「下山なのに、登りのルートを隠してたね〜。ゆるさん〜」と叫びながら・・・。

> マンネリを防ぐには、お互い創意工夫。新しい事にチャレンジです。
驚きました。いつも離れていくときは「無線機出せよ〜」と言っても「いや〜」と
しか返事しないのに。

> 次は何が出てくるかな? 楽しみ。 楽しみ。
苦しみ、苦しみ。

あっ、そうそう伊勢さんと遭遇した亀さん達の記録がアップされましたよ。
伊勢さんも登場してますね(^^)
http://anshade.zone.ne.jp/sawanavi/2006/miyanotani/miyanotani.htm

2006/10/31(Tue) 22:13:21  [No.4617]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんばんは。

> あっ、そうそう伊勢さんと遭遇した亀さん達の記録がアップされましたよ。
> 伊勢さんも登場してますね(^^)
> http://anshade.zone.ne.jp/sawanavi/2006/miyanotani/miyanotani.htm

はい。私のラッシュもメディアデビューです。

矢問さんも、とっちゃん(こと)さんも伏字なのに
私だけメジャーデビュー?? なぜ??

しかも やぶこぎネットで「活躍」の だって。
????? 活躍 ?????

そうそう、「山頂初ラグチュー」 で
「若者5人組に追いつかれ」って私が書いたら
「5人となるとあと一人は誰かな〜?」でしたよね。

4人組だったのですね。 
おかしいなぁ? 確か5人組みだと認識してたのに?

やっぱり私の頭の中では
1人 2人 の次は たくさん としか勘定できないようです。

またまた、格調高き「ヤブコギネット」にシミを残してしまいました。

                       伊勢山上住人

2006/11/02(Thu) 23:40:33  [No.4645]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんばんは(^^)。

さきほど帰宅しました。ヘロヘロ(^^;)。
一人、昨日と今日で走行距離600キロ。関西百名山の消化に和歌山へ(^^;)
とうとうあと2座になりました(^^)

昨日は嶽ノ森山と烏帽子山の2座を登り、今日は子ノ泊山と五大尊岳を登りました。
4座目の五大尊岳は登りも下りももうフラフラでめまいがしそうでした(^^;)。
アホです(^^)

> 私だけメジャーデビュー?? なぜ??
かっこよかったからでしょう(^^) 

> しかも やぶこぎネットで「活躍」の だって。
> ????? 活躍 ?????
活躍、活躍(^^)

> 「5人となるとあと一人は誰かな〜?」でしたよね。
> 4人組だったのですね。 
> おかしいなぁ? 確か5人組みだと認識してたのに?
霊をみたのでは(^^;)

> またまた、格調高き「ヤブコギネット」にシミを残してしまいました。
いえいえ、誇り高き広報マンですよ(^^)

2006/11/04(Sat) 21:46:35  [No.4661]


矢問さん、こんばんは。
氷ノ山もずいぶん変わってしまったようですね。
氷ノ山と言えば有名な? 山日和の「先生ですか?」事件。
あれはもう記憶の彼方ですね〜。
ところで「白装束集団」の親玉が死去してましたね。
あれも今となってはいい思い出か。(^^ゞ

         山日和

2006/10/30(Mon) 23:30:30  [No.4611]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。

> 氷ノ山もずいぶん変わってしまったようですね。
とても寂しくなりました・・・。ウチのそばの剣尾山も大野山も同じくハイキング山に
なってしまいましたが、氷ノ山までも・・・。階段、木道、バイオトイレ、綺麗な道・・。これでもか、の道標・・・。結婚前に登ったときとは大違い。
年々変化していき、昔の素朴な山容は消えていっています・・・。
無雪期の大山もそういう感じですよね・・・。寂しい限りです。
そのままの姿が一番のように感じる僕は立派な山日和菌感染者ですね(^_-)

> 氷ノ山と言えば有名な? 山日和の「先生ですか?」事件。
> あれはもう記憶の彼方ですね〜。
なんとなく覚えてるような・・。

> ところで「白装束集団」の親玉が死去してましたね。
> あれも今となってはいい思い出か。(^^ゞ
全然良い想い出ではありません。夜中に囲まれてしゃべりかけられて、どれだけ
怖かったか。不気味だったか・・・。鳥取警察にわざわざ行ったのにな〜んにも
感じてもらえず・・・。朝日放送は直ぐにニュースに取り上げてくれたのに。

2006/10/31(Tue) 22:19:11  [No.4619]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:柳川洞吹

矢問さん こんばんは

無線交信の件は、ちょっと待ってちょーだいね。
このハンディ機は、買ってからというもの、99.99%ラジオライフ的使用しかしてないので、
それ以外の使い方を完全に忘れてしまい、最近は説明書読んでる時間もないので、
そのうち読んでからね。

モノがコンパクトにできている分、あのキーを押しながらこのキーを押して……などと、
ややこしい操作が多くて、
今、ヘタにいじくると、元に戻らなくなったりして、わけがわからなくなってしまうです。
アマチュア無線のほうが本来の機能なのに、本末転倒だよ〜ん。

そのうち必ず山頂コールしますからね。
もうちょいとお待ちを!

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/11/01(Wed) 22:16:35  [No.4627]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん、こんばんは(^^)

> 無線交信の件は、ちょっと待ってちょーだいね。
もう待ちくたびれてヘロヘロ(^^)

> このハンディ機は、買ってからというもの、99.99%ラジオライフ的使用しかしてない
ボクも買った6年前はそうでした(^^;) 改造済みですね(^^)

> ややこしい操作が多くて、
ボクもよう分かりませんので説明書のコピーも持参(^^;)
でも使うのは
 ザーザー音を消すスケルチの深さの操作
 サブへ移動する周波数ダイヤル
 指定サブが混信の時にまた呼び出されるので、さっとホームへ戻るホームボタン
の3つで良いと思うのです(^^) MICKEYとのルート探しの交信はロックもかけますが。
 

> 今、ヘタにいじくると、元に戻らなくなったりして、わけがわからなくなってしまうです。
ボクもしょっちゅう(^^;) ラジオ聞いてたり、航空無線や救急無線など聞いてると(^^;)

> そのうち必ず山頂コールしますからね。
しましょ。しましょ(^^) 洞吹カーにもモービルあれば車の交信も出来ますね。
レピーターもだんだん増えてますし。
そのハンディでもアンテナだけを屋根にマグネットで付けると凄くよく聞こえますよ。
モービルはインターネット経由できるID-800を狙っています(^^) 先立つものが・・・(^^;)

> もうちょいとお待ちを!
は〜い。また交信山行も楽しみにしています(^^)

MICKEYも遊んでくれないので、和歌山の山にでも行ってきます〜。

2006/11/02(Thu) 18:49:46  [No.4640]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、矢問さん、こんばんは。

> 無線交信の件は、ちょっと待ってちょーだいね。

ぃよっ! 洞吹さん。
私の期待通りのアクションをしてくれますねぇ。

> 使い方を完全に忘れてしまい、

そうこなくっちゃ。

> > そのうち必ず山頂コールしますからね。
> しましょ。しましょ(^^) 

まぁ〜てど く〜らせど 来ぬ人を 宵待〜ち草の〜

                      伊勢山上住人

2006/11/02(Thu) 23:17:57  [No.4643]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:柳川洞吹

伊勢さん こんにちは

> ぃよっ! 洞吹さん。
> 私の期待通りのアクションをしてくれますねぇ。

あれま、ズッコケを期待されてたんですか。
この度はご期待に添えて、まことに恐悦至極にござりまする。
このテキトーなところは、万事きちんとしているワシの、唯一の汚点ですがな。

> まぁ〜てど く〜らせど 来ぬ人を 宵待〜ち草の〜

ははは、ワシの性格、きっちり読まれてるんかな。
矢問さん、気長に行きましょうや、ねえ。(^^)

よい人生を!
                               洞吹(どうすい)

2006/11/05(Sun) 10:47:01  [No.4667]


矢問(やとう)さんおはようサンです

> 【山 域】但馬・氷ノ山(1510.0m)

この山域も行きたいエリア、ありがたく読ませていただきました。
前の三朝にある、修験者の有る山も引っ掛かってます。
山日和氏の大山レポ、山陰地方が集熱してきました、行きたく成ってきましたです。

> 9:40
> 氷ノ山山頂。6人ほど先客が居た。大山も遠くに見える。「凄いなぁ」
> 扇ノ山、鉢伏山、瀞川山、蘇武岳、妙見山、藤無山などなど、青空と素晴らしい展望が広がる。こんな晴天の氷ノ山は初めてだ。

> 11:35
> 大段ケ平。トイレの改修工事中。綺麗な東屋もベンチもある。

> 14:15
> 車に到着。車が3台になっていた。「雪の頃に歩いたルートの無雪期状態を見られたのは
>良かったわ」「1時間45分の林道歩きも、涼しくて素晴らしいブナの紅葉で楽だったな」。

なるほど、参考にします。
でも良い相棒がいて、安心山遊びがいいですね。

                   緑水

2006/11/02(Thu) 02:13:14  [No.4633]


  Re: 【但馬】秋晴れの氷ノ山 投稿者:矢問(やとう)

緑水さん、こんばんは(^^)
こんな晴れだけがとりえのハイキングレポにレスありがとうございますm(..)m(^^)

扇ノ山のブナ林もええですよ(^^)

> 前の三朝にある、修験者の有る山も引っ掛かってます。
三徳山ですかね?
http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/mitokusan.htm

> 山日和氏の大山レポ、山陰地方が集熱してきました、行きたく成ってきましたです。
たまには旅行がてら良いですよ(^^)

> でも良い相棒がいて、安心山遊びがいいですね。
いつも置いてきぼりの矢問ですが、必死に追いついてます(^^;)

2006/11/02(Thu) 18:41:38  [No.4639]


掲示板に戻る