一括表示

  【丹波】予期せぬヤブコギ西光寺山 投稿者:矢問(やとう)
【丹波】予期せぬヤブコギ西光寺山 (画像サイズ: 240×320 24kB)

【山 域】丹波・西光寺山(712.9m)
【日 付】2006年11月18日(土)
【コース】キリツメ−巡視路−西光寺山−P672m−Ca618.2m−Ca372m
      −中畑 〜キリツメ
【メンバー】矢問、MICKEY

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/saikouji.htm

5年前の4月に登った西光寺山。岳人12月号にキリツメからのルートが紹介されている。
地形図を見ても、下山路がどうもあやふやだが行ってみよう。
近い山なので、珍しく夜明けの明るい時間に家を出た。「こんな遅い出発も珍しいね」

8:30
西脇市の県道36号線「キリツメ」バス停のそばに駐車して出発。
上を見て高圧送電線の方(北東)へ。「この道だろう」と進んでいくと右へと曲がり民家。
違うようだ。左の山道へと進むと巡視路らしくなった。石がゴロゴロ。新しく作った巡視
路もほぼ地形図の巡視路と沿っている部分があり「どっちかな??」と迷う部分も。
右側が崩れている斜面もある。
プラ階段が尾根筋を直進している。地形図の机峠への波線路は左だ。
峠の鞍部に出るには左だが、山頂よりに出るのはプラ階段のようだな・・・と考えている
ウチにMICKEYはプラ階段をどんどん登って行ってる。ついていくか・・・・。
しんどい階段登りだ。地形図の波線の旧道の方が楽そうな感じ・・・。
暑くてTシャツ1枚になり登る。

9:10
尾根の鉄塔。MICKEYは先に逆方向の明確な踏み跡が続く聖徳太子ゆかりの机峠の方
(東)へ行っていて戻ってきた。
鉄塔から南西に進む道は鉄塔部分で草に覆われていて最初が分かりづらいが、コンパスを
見てすこしかき分けるとしっかりした広い尾根道が現れる。自然林が続き、次には右が植
林という尾根道。
下山路がまた別にあるような青看板。次には住吉町・今田町の峰境看板がある。

先に行ってたMICKEYが戻ってきた。「この先、どんどん下るし、全然来ないし・・」
「それで正しいよ。一旦下るから。」2分間ほど休憩するとTシャツの2人は、直ぐに冷
えて寒くなったので直ぐ出発。みるみるうちに、またMICKEYの姿が見えなくなった。

気持ちの良い落ち葉の絨毯道。「たったいままでいました」というような鹿の寝床に何度
も出くわす。上を見れば紅葉。実に静かだ。

「住吉行者山経由下山口約2キロ」の立て札。
行者山って山頂をさすのではないようで、以前たぬきさんのページで見たことがある。
5年前に「こぐり岩」の方から登ってきた道とぶつかる。
山頂にはもう少しだが登りがきつくなる。

「山頂に着いたよ〜。展望は最高です〜。東屋が出来ていますよ〜」とMICKEYからの
山頂コールが無線機に入る。「あと5分ほどで追いつきます〜・・・しんどいです〜」

10:00
山頂に着いた。
おおっ、なかなかの展望だ。山頂付近は紅葉しているがまだその範囲は狭い。
「お腹はまだ空いてないよ」「でもいつ雨が降り出すか分からないし、食材も重たいし食
べてしまおう」小さな東屋で食事の準備。食材だらけのザックから次から次に出す。
「今日は具だくさんのキムチ鍋にした」「え?みそ煮込みうどんと違ったの」

食材を切ったり準備をしていると、六甲方面からBHNさんがCQを出しておられた。
その他、川西モービル移動や和歌山、奈良の山頂からのCQコールも綺麗に入る。
「鍋は温まるなぁ」「今回使用のダシはちょっとおいしくないね」「すんません〜」
椎茸、マイタケ、もやし、ニラ、白菜、豆腐、豚肉でお腹一杯。うどん玉は持ち帰ることに。

食事が終わりかけると、地元の男性が登って来た。「まだ紅葉は少し早いか・・」と。
写真を撮りに来られたようだ。軽装の若い女性2名も登ってきた。
「うわっ、DQKさんからのボクへのコールだ。」東屋から少し離れ三角点の所でQSO。
父たぬきさん(DQKさん)、やまあそさん(IXWさん)、母たぬきさん(IRCさん)達
はここから直線距離で約30km北西の雲頂山(地形図は雲須山)に登頂中である。
やまあそさんとはネットではもう古いおつきあいだが、お会いしたことはまだ無い。
今日がやまあそさんとは初QSOで、お会いするより先に声を聞く事が出来た。

11:15
僕がQSOしている間に、東屋にいるMICKEYはザック内に荷物を片付けてくれていた。
南への尾根沿いに進むべく出発。ウバメガシの自生地であり、 露岩の上を通る。
今田町本荘バス停への道を左に見て先へと進む。

P672mには慰霊らしき石柱があり「洞ケ山西光寺諸死精霊」と彫られている。
月刊誌「岳人」でこのピークを「洞ケ山」と載っていたのは、この石柱の文字からか。

「なんか単純な尾根道で展望も無いね」とMICKEY。

12:00
Ca618.2m。この付近から西への踏み跡を探すが無い。尾根を少し先まで進むが無い。
行ったり来たり。ピークから少し戻り西の尾根へと細木をかき分けて強引に進む。
古いブルーのテープが1つあったが道は続いていない。木々にザックがひっかかり進みに
くい。大きな岩群が目の前に現れた。右へ回り込んで下る。どうも尾根筋からはずれている。
右へ右へとトラバース気味に木々をくぐって1つそして2つと小さな尾根を乗り越えて目
的の支尾根にやっと乗った。
うっすらと踏み跡がある。赤い杭も草の間に見えて、これで行けるかと思ったら地形図
のCa371m地点で尾根筋への道はとぎれ、右下のシダの葉に覆われている谷間へと続いて
いるように見えるが、実際は踏み跡など無いに等しい。右は植林帯で、左は自然林と
いう境目だ。一旦下りかけたが、「基本は尾根道」と思い直し、またCa371m地点まで
登って確かめるが無いし尾根筋は全く進めそうなヤブではない。
「下って沢沿いの堰堤工事の道でも探そう」とその自然林と植林帯の境目のシダの海を
下ることにした。
 ※(帰宅して月刊誌「岳人」を見るとこれが紹介ルートであったが、きっとこの取材時は
シダの葉で辺り一面が覆われていなかった頃ではないだろうかと推測する)

13:40
「林道のようなものが見える」と近づくと手前は崖でありシダで足元が見えない。
「下りたいけど今日はロープを持参してないなぁ」「私、8mm10mなら持ってるよ」
「エライ!それなら下りられる」先に僕が下りてMICKEYが続いた。
しかしその林道の様なところは15mほどで終わった。また西南西へとヤブコギ・・。
「もう!!ザックがひっかかって疲れる疲れる・・」と弱音をブツブツと吐いていると
「頑張らないと下れないよ。ガンバレ!」とMICKEYに活を入れられた。

13:50
「おおっ、あの下に白く見えるのは堰堤に違いない」と僕が言うとMICKEYが先行した。
「堰堤、堰堤よ。工事道が左岸にずっと続いているよ」これで長いヤブコギは終わった。

14:00
わき水の「愛の泉」で喉を潤して、林道を下る。岳人紹介の下りルートは厳しかった。
「つらい下りだったなぁ。岳人の取材の記事はいつのだろう」「私は楽しかったよ」と。
ヤブコギで時間を使いすぎて、キリツメへ向かうバスの時間はとっくに過ぎてしまった。

畑があり再立(ふたたち)地蔵さんがある中畑の集落からバス停でいうと7つ歩いて
戻らないとならない。それも緩やかな登り道を約4km・・・・。ふぅ。

大型廃品回収のトラックが「ご家庭で不要になった、草刈り機、耕耘機、チェーンソー
などはございませんか」と放送しながら走っている。荷台には耕耘機が乗っている。
「流石にこのあたりの廃品回収の回収物の台詞はちがうなぁ」と顔を見合わせた。

西光寺山と歩いた尾根を眺めながら、県道より東の川沿いの道をキリツメまで歩いた。
キリツメのバス停手前に大きなたぬきが立っている。水車も沢山ある不思議な所だ。
ここからキリツメ行者山を経由して西光寺山に登られたのがたぬきさんややまあそさん
のレポだった。

15:00
緩やかな登りの4knの道を終えて車に到着。車に乗るとポツリポツリと雨が降り出した。
「絶妙のタイミング!!。ラッキーだったなぁ」「日頃の行いがいいからよ〜」「・・・」
今田温泉で売っている、ゆず味が豊かでうまいポン酢を大2本買って帰った。

★今回の下山ルートは月刊誌に載っているからと安易に行くことはお勧めできない。
木の葉がしっかりあり周囲の様子が見えにくく、さらに腰高のシダの葉で覆われている
所も多く、踏み跡のかけらもないルートである。
地形図の読図とコンパスを駆使する必要があったし、何よりも長い時間のヤブコギに
耐えられる気力が必要と言える下山ルートであった。

2006/11/19(Sun) 11:21:02  [No.4900]


  Re: 【丹波】予期せぬヤブコギ西光寺山 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、こんにちは。

全く知らない山域だけど、書き込みたくなる記事が満載のレポをありがとう。

> MICKEYはプラ階段をどんどん登って行ってる。ついていくか・・・・。
> 「今回使用のダシはちょっとおいしくないね」「すんません〜」

婦唱夫随が、家内安全の要諦です。
半歩うしろをついていく。反論せずに素直に謝る。これで家庭円満。

> しんどい階段登りだ。地形図の波線の旧道の方が楽そうな感じ・・・。
> 「あと5分ほどで追いつきます〜・・・しんどいです〜」

膝の調子は如何ですか?
私は、昨日、シクッ とした違和感を感じて、早々に山を降りました。

最近、山哲学が、頭に浮かんでくるのです。
なぜ、どうせ降りてくるのに、山に登るのだろうか?
なぜ、疲労感を味わいたくて登るのに、楽なコースを探すのか?

> みるみるうちに、またMICKEYの姿が見えなくなった。

矢問レポに、この一文は欠かせません。

> 食材だらけのザックから次から次に出す。

食当さんは、今日もエッコラ重い食材を担ぎ上げるのでした。

> 椎茸、マイタケ、もやし、ニラ、白菜、豆腐、豚肉でお腹一杯。うどん玉は持ち帰ることに。

いくら何でも、担ぎ上げ過ぎ。体重をもう少し絞りましょう。

> 「下りたいけど今日はロープを持参してないなぁ」「私、8mm10mなら持ってるよ」
> 「もう!!ザックがひっかかって疲れる疲れる・・」と弱音をブツブツと吐いていると
> 「頑張らないと下れないよ。ガンバレ!」とMICKEYにゲキを入れられた。

やっぱ、女性はたくましい。
基本的に、男は先にくたばる運命なんだ。

> 「つらい下りだったなぁ。岳人の取材の記事はいつのだろう」「私は楽しかったよ」と。
> 「絶妙のタイミング!!。ラッキーだったなぁ」「日頃の行いがいいからよ〜」「・・・」

MICKEYさんの日頃の行いに、ハ ク シ ュ 〜 。

                       伊勢山上住人

2006/11/19(Sun) 16:06:28  [No.4902]


伊勢さん、まいど(^^)

> 全く知らない山域だけど、書き込みたくなる記事が満載のレポをありがとう。
な、なにを書き込みたくなるの〜(^^;)

> 婦唱夫随が、家内安全の要諦です。
はいm(..)m

> 半歩うしろをついていく。反論せずに素直に謝る。これで家庭円満。
はいm(..)m

> > 「あと5分ほどで追いつきます〜・・・しんどいです〜」
> 膝の調子は如何ですか?
完璧です(^^) ズボンの下にウルトラマンのようなワコールのを履いてますし。

> なぜ、どうせ降りてくるのに、山に登るのだろうか?
そんなん、いつもです(^^)

> > みるみるうちに、またMICKEYの姿が見えなくなった。
> 矢問レポに、この一文は欠かせません。
この2人の山行には無線機で話すしか無理な距離が頻繁に発生するのです(^^;)

> 食当さんは、今日もエッコラ重い食材を担ぎ上げるのでした。
ちょっと多すぎた。具材は4人前もあったので、それだけで満腹。
痩せるための山行にはほど遠いですね(^^)。

> いくら何でも、担ぎ上げ過ぎ。体重をもう少し絞りましょう。
そうですよね・・・体重と引力がいつも沢でもクライミングでも敵!!

> > 「頑張らないと下れないよ。ガンバレ!」とMICKEYにゲキを入れられた。
> やっぱ、女性はたくましい。
いや〜、ホントは文句言われるかと思ったのですが、よほど単調な尾根歩きが
つまらなかったようで、刺激になったようです。僕はこんな長時間のヤブコギは
いやでした(ーー;)

昨日のヤブコギでは長年履き慣れたモンベルのズボンの左膝からいろんなところが
ズバッと破れました(^^;) もう修理不可能なくらい修理したので、MICKEYからも
「もういい加減にこのズボンはあきらめたら」と(^^;) ご臨終です。

> MICKEYさんの日頃の行いに、ハ ク シ ュ 〜 。
今日、僕は軽い筋肉痛。MICKEYはなんともないとか・・・。

昨日はチャングムが終わり、今日はマラソンでキューちゃんが負けちゃった・・・。
寂しい・・・。

2006/11/19(Sun) 16:31:25  [No.4903]


矢問さん、こんばんは。
最近はすっかり無線にハマってますね〜。
西光寺山は近いので、子供が小さい頃に登ろうと思ってましたが登らず仕舞です。
白髪岳や虚空蔵山、三尾山etc. あの辺の山は結構登りましたよ。意外に思われるかも
しれませんが・・・(^_^;)
低いけど展望がよくて、子供連れには手頃な山が多いですね。
また孫を連れて登ってみたいものです。(^^ゞ

               山日和

2006/11/20(Mon) 21:05:42  [No.4919]


山日和さん、こんばんは(^^)。

> 最近はすっかり無線にハマってますね〜。
ホントは7年前から、これくらいはしないと慣れなかったのでしょうね(^^;)
ラジオ代わり+お守りにアルプスに持っていってるだけや山ネットの誘導では
無線機もかわいそう。
それにアルプスの時にと予備リチウムバッテリーももっているのですが、これが
携帯のリチウムとは構造が違い、使わず放置していると全く電力が流れなく昇天するよ、
と無線屋さんのご主人に言われ、試してみると、見事に昇天してました(;_;)
荒療治で強い電力をダメ元で流してもらい息を吹き返してくれました(^^)
まるで心臓が泊まってカウンターショックでボンってやって生き返えらせたって感じです。

> 西光寺山は近いので、子供が小さい頃に登ろうと思ってましたが登らず仕舞です。
> 白髪岳や虚空蔵山、三尾山etc. あの辺の山は結構登りましたよ。意外に思われるかも
> しれませんが・・・(^_^;)
めちゃ以外です〜(^^)。そうか・・・おじいちゃん向きか・・・。
でも喜ぶのは山よりキャンプか遊園地でしょうね(^^)。

> 低いけど展望がよくて、子供連れには手頃な山が多いですね。
雪の時はキツイですよ(^^) 胸までラッセルの山だらけ。

> また孫を連れて登ってみたいものです。(^^ゞ
ひぇ〜。まだバリバリなのに、めちゃ老けて感じます(^^)
山日和さんも無線機持って登ってくださいな〜。

2006/11/21(Tue) 18:51:21  [No.4927]


掲示板に戻る