一括表示

晩秋の古光山 楽勝!のはずが・・・ (画像サイズ: 2048×1536 812kB)

 やぶこぎの皆様こんばんは。久々に投稿します。
 今年は職場が変わったこともあって、夏頃からは山に行ってもレポートを書く気力もなくしばらく休養してました。最近ようやく元気が回復してきた感じです。(もっとも、夏はあまり遠出ができず近場の山ばかりでしたが。)
 仲間と山に行く機会もめっきり少なくなった中でやっと巡ってきた今回の山行、日帰りにはやや遠い奈良県の古光山が目的地です。ススキで有名な倶留尊山の隣の山です。 

【月 日】11月18日(土)
【目的地】古光山(こごやま、952m)
【同行者】全9名
【行 程】名古屋西IC7:35 → 上野IC9:00 → 曽爾高原駐車場9:55/10:10 →
http→ 後古光山11:20/25 → フカタワ11:40 → 古光山12:15/13:45→
→ フカタワ14:10 → 後古光山14:30/35 →
     → 曽爾高原駐車場15:15/30 → 上野IC 16:45 → 名古屋西IC 18:15

【報告】
 名古屋の天気はまあまあで、鈴鹿の山々もくっきりと見えた。久々の仲間との山行で、ふだん会うことも少ない連中なので話もはずむ。それにしても行き先が遠い。

 名張から曽爾に向かう途中が香落渓である。紅葉の名所で先日もTVで紹介されており、両側に迫るほとんど垂直のような急斜面は紅葉で美しく彩られていてまさに見ごろを迎えていた。山が目的なので立ち寄りはしなかったが、通り過ぎるだけなのはもったいないほどだ。
 道は空いているように感じたものの、曽爾高原まで登ると駐車場にはかなりの台数の車が既に駐まっていた。晴天の予報の割には良くない天気だ。

 舗装された林道から古光山への最初の登りは杉林の中の階段。全く面白味に欠けるが稜線に出ると片側が落葉樹の林となって色づく木々がまぶしい。後ろには倶留尊山と斜面のススキの原がよく見える。道は落葉樹の林の中になり、ウリハダカエデなどが美しく紅葉していた。ただ、写真に撮ると木々の密度が低いので、目で見たほどにはいい写真が撮れない。
 そうして着いた後古光山の頂上からは、西の鎧岳・兜岳や屏風岩をはじめ360度の展望がすばらしかった。

 さて、目的の古光山を目の前にして、その間には深い鞍部が待ち構えている。標高差にして100m以上はあろうか。降りて登り、さらにその道を引き返してくることを思うと面倒だ。下りの勾配は著しく急でなかなか先が進まず、先頭を行く熟年組のメンバーが幾筋ものフィックスロープが垂らされた岩の多いルートに難渋している様子であった。それでもメンバーの中では若手に属する私はまだまだ余裕でこの箇所をクリアする。

 登りにつくとこちらも恐ろしいほどの急斜面。さきのメンバーは足の置き場に困っている様子である。私は最後尾で成り行きを見守るばかりだったが、自身は岩や木の根につかまりながら力任せに上ることができたのでさほど時間がかからなかった。それにしても曽爾高原から倶留尊山と同じ程度と高をくくっていた我々には想像を超えたルートだった。慣れない人を連れてきていたらたいへんなことになっていたかもしれない。

 三等三角点のある山頂は樹林に囲まれていた。北と西方向だけ展望が開け、遠くには雪を被った山が望める。それがどの山なのかいまいち自信がなかったが、真っ白に見えたのは乗鞍岳のようだった。
 昼のメニューは定番となったキムチ鍋。昨年同時期の、時ならぬ雪の雨乞で寒さに震えながらの食事のことを思えば、穏やか過ぎるランチタイムだった。以前は昼の楽しみだったアルコールも、昨今の情勢を鑑みれば無しで我慢せざるを得まい。それでも多量の食材で食欲を満たし、更に余り気味の白菜も詰め込んで満腹するまで1時間半もの長い時間を山頂で過ごした。
 
 心配された下りも熟年組が意外な速さで降りたが、後で聞いたら一人がヤブの中に滑り落ちたらしい。まあケガがなかったのは幸いである。でもフカタワからの急な登り返しでは再び難渋した。後古光山に着く頃には雨が降り始めてきて、余韻に浸るのもそこそこに下りを急いだ。帰り道は亀山に登ってからススキの原を散策したいと思っていたが、当初の心積もりよりもはるかに難儀なコースだったために皆さん戦意喪失。しかも雨では如何ともしがたいところだ。

 駐車場に着いたのは3時を回っていたにもかかわらず、観光のためか車が続々と登ってきていた。最後に一面のススキをじっくりと観賞する時間がなかったのは残念だった。

2006/11/19(Sun) 23:27:29  [No.4910]


たんたん さん おはようサン
ご無沙汰ですね、元気でなによりです。

> 仲間と山に行く機会もめっきり少なくなった中でやっと巡ってきた今回の山行、日帰りにはやや遠い
> 奈良県の古光山が目的地です。ススキで有名な倶留尊山の隣の山です。 

> 名張から曽爾に向かう途中が香落渓である。紅葉の名所で先日もTVで紹介されており、両側に迫るほ
> とんど垂直のような急斜面は紅葉で美しく彩られていてまさに見ごろを迎えていた。

ベストシーズンだものモミジ見物で混みあったことでしょう。

>  さて、目的の古光山を目の前にして、その間には深い鞍部が待ち構えている。標高差にして100m以上
> はあろうか。降りて登り、さらにその道を引き返してくることを思うと面倒だ。

アッチとコッチに車を置けば良いのに、緑はまえに牧場を回ってきたような覚えがあるなあ。

> 昼のメニューは定番となったキムチ鍋。昨年同時期の、時ならぬ雪の雨乞で寒さに震えながらの食事
> のことを思えば、穏やか過ぎるランチタイムだった。
> 更に余り気味の白菜も詰め込んで満腹するまで1時間半もの長い時間を山頂で過ごした。

こんなに食べれるのか〜も、食べちゃうんだよね。仲間と芋煮ナベは美味かあ〜ですね。
集ひの芋煮ナベ、もう直ぐ開催楽しみです。
 
またのレポ楽しみにしてます。

                          緑水。

2006/11/20(Mon) 09:08:08  [No.4913]


Re: 晩秋の古光山 楽勝!のはずが・・・ (画像サイズ: 2048×1536 806kB)

 緑水さんこんばんは。ごぶさたいたしております。

 最近は遠出をする気力がなくて、近場(猿投や春日井市内の弥勒山)が多く
飽き気味でした。
 夏は高い山には行けませんでしたが、海外の国立公園をちょこっと歩いてきましたよ。行った先はジャワ島で、添付の写真はその時のものです。国内でもありそうな風景ですが一応熱帯です。(標高1500mほどのところ。)


> ベストシーズンだものモミジ見物で混みあったことでしょう。

 香落渓は道が狭いので渋滞が心配でしたが、さほど早い時間帯でもなかったのに
意外と道は空いていました。天気が良くなかったせいでしょうか。
 一人で出かけていたらきっと途中で紅葉見物したでしょう。


> アッチとコッチに車を置けば良いのに、緑はまえに牧場を回ってきたような覚えがあるなあ。

 そういうことも出来ますね。倶留尊付近だといろんなコースどりができますし。
 もっとも、企画した人はもっと楽々行けると思って選んだはずだったのに、
 全然楽じゃなかったとこぼしていました。


> こんなに食べれるのか〜も、食べちゃうんだよね。仲間と芋煮ナベは美味かあ〜ですね。
> 集ひの芋煮ナベ、もう直ぐ開催楽しみです。

 多くの仲間で囲む鍋は格別です。ナベが重いのが辛いですが。

2006/11/21(Tue) 21:50:38  [No.4930]


たんたんさん、こんばんは!

お久しぶりですね。少し落ち着かれたようでよかったです。
古光山で検索しましたら、急登の画像がたくさん出てまいりました。
本当に大変そうなルートのようですね。

曽爾高原は山のガイドを見て最初に行きたいと思いましたが、私の所からでも
結構遠いのでなかなか実現しません。名古屋方面からではお時間を拝見しても、
車の運転の方が疲れたのではないですか。

>  私は最後尾で成り行きを見守るばかりだったが、自身は岩や木の根に
>  つかまりながら力任せに上ることができたのでさほど時間がかからなかった。

たんたんさんが最後尾、このメンバーではリーダーなんですね。私はこの日、
京都の比叡山に登っておりましたが、雪化粧した御岳山や白山を見ることが
できました。白い雪山に惹かれてしまうのは何故なんでしょうね。

>  昼のメニューは定番となったキムチ鍋。昨年同時期の、時ならぬ雪の雨乞で寒さに
>  震えながらの食事のことを思えば、穏やか過ぎるランチタイムだった。

私も同じ日でしたが、外ランチは結構寒かったです。昨年のあの日よりは
確かに暖かかったけど。(笑) この時季は暑かったり寒かったりで、
持って行く荷物は多いし、着ている衣類の調整も大変ですよね。

>  3時を回っていたにもかかわらず、観光のためか車が続々と登ってきていた。

くろそ山に登りたいのですが、人が多くて観光地みたいなのは嫌ですね。
一面のススキ、私も見てみたいです。

ところで、たんたんさん、今週の週末空いてますか? (23or25or26day)
まだお会いした事の無い「伊勢たん」とのんびり木原谷ご一緒にいかがでしょうか。
突然で申し訳ありませんが、たんたんさんなら足並が揃いそうなので。f(^^;
たんたんさんの所からは遠いので、亀山ICまで来ていただいたら乗せて行きます。
乗り心地の悪い車ですが。

2006/11/20(Mon) 20:39:48  [No.4917]


Re: 晩秋の古光山 楽勝!のはずが・・・ (画像サイズ: 1600×1200 648kB)

 コダマさんこんばんは。ご無沙汰してます。


> お久しぶりですね。少し落ち着かれたようでよかったです。
> 古光山で検索しましたら、急登の画像がたくさん出てまいりました。
> 本当に大変そうなルートのようですね。

 ガイドを真剣に読まなかったので、そんな大変なルートとは思ってませんでした。


> 曽爾高原は山のガイドを見て最初に行きたいと思いましたが、私の所からでも
> 結構遠いのでなかなか実現しません。名古屋方面からではお時間を拝見しても、
> 車の運転の方が疲れたのではないですか。

 私はお気楽な同乗者に過ぎず、しかも集合場所にも行かずに途中で拾ってもらっていますので最も楽をしてます。まだ若いのに(メンバー中で下から2番目)。
 でも、年に1回ほどはこちらの山に足を伸ばしますよ。山を別にしても奈良が特に好きですしね。


> たんたんさんが最後尾、このメンバーではリーダーなんですね。私はこの日、
> 京都の比叡山に登っておりましたが、雪化粧した御岳山や白山を見ることが
> できました。白い雪山に惹かれてしまうのは何故なんでしょうね。

 規律のないパーティーなのでリーダーではないですが、この人達と歩く際はそのように順列がだいたい決まってきます。よく写真を撮るので、他のメンバーの足並みを乱さないためには最後尾がいいのでそのようにしています。
 でも人の写真を撮ると後ろ姿ばかりになってしまいますね。


> 私も同じ日でしたが、外ランチは結構寒かったです。昨年のあの日よりは
> 確かに暖かかったけど。(笑) この時季は暑かったり寒かったりで、
> 持って行く荷物は多いし、着ている衣類の調整も大変ですよね。

 暑がりなのでいつも他のメンバーよりは薄着です。
 でも衣類はそれなりに持って行くので、多少寒くなっても余裕です。
 今回は念のため?カイロも持参。
 必要なかったですが、昨年のようなこともあるかもしれませんし。


> くろそ山に登りたいのですが、人が多くて観光地みたいなのは嫌ですね。
> 一面のススキ、私も見てみたいです。

 倶留尊には東側から登るコースもあります。
 曽爾高原側は人が多いですが、倶留尊の山頂付近はさほどでもないと思います。
 ただし門番がいて、入山料をとられます。


> ところで、たんたんさん、今週の週末空いてますか? (23or25or26day)
> まだお会いした事の無い「伊勢たん」とのんびり木原谷ご一緒にいかがでしょうか。
> 突然で申し訳ありませんが、たんたんさんなら足並が揃いそうなので。f(^^;
> たんたんさんの所からは遠いので、亀山ICまで来ていただいたら乗せて行きます。
> 乗り心地の悪い車ですが。

 お誘いいただき嬉しゅうございます。
 でも、あいにく23・26は出勤日・・・。
 25日は休みなのですが、子どもらと出かけるお約束になっています。
 (18日は子どもらが別の予定があったので気兼ねなく山に行けました。)

 せっかくのお誘いに、ご期待に沿えず申し訳ないです。
 また別の機会にぜひご一緒させてください。

2006/11/21(Tue) 22:26:09  [No.4932]


たんたんさん、こんばんは!

伊勢さん宛の画像を拝見したら、無性に急登に登りたくなりました。 (変態)

>  でも、あいにく23・26は出勤日・・・。

伊勢さんのご都合で26日になりました。残念です。
お子さんが遊んでくれるうちに、たくさん遊んであげて下さい。(^-^)

また逢う日までぇ、逢える時まで〜♪ (古い?)

2006/11/22(Wed) 22:57:14  [No.4942]


たんたんさん、お久しぶりです。

> 帰り道は亀山に登ってからススキの原を散策したいと思っていたが、当初の心積もりよりもはるかに難儀なコースだったために皆さん戦意喪失。

あのフカタワを往復されたのですか。
とんでもない過激なコース設定ですね。

緑水さんも書かれていたように、私は
みつえ高原牧場の来客者用駐車場に停めさせて頂き、
大峠から北上して、周回しました。

あの辺りは、紅葉の見所がいっぱいあって、いい所ですよね。
今年は行かずに終りそうです。

また、山レポよろしくお願いします。楽しみにしています。

                  伊勢山上住人

2006/11/21(Tue) 23:16:09  [No.4935]


Re: 晩秋の古光山 楽勝!のはずが・・・ (画像サイズ: 960×1280 466kB)

 伊勢さんこんばんは。ご無沙汰いたしております。


> あのフカタワを往復されたのですか。
> とんでもない過激なコース設定ですね。

 そんなに過激なコースだったとは・・・。
 私の見たガイドブックでは往復を想定していなかったので、
 実際に行って復路を心配してしまいました。


> 緑水さんも書かれていたように、私は
> みつえ高原牧場の来客者用駐車場に停めさせて頂き、
> 大峠から北上して、周回しました。

 勝手がわからなくて往復にしましたが、三角点より南はまだ行っていません。
 南のピークも面白そうなので、次に行くことがあればそのコース試してみます。


> また、山レポよろしくお願いします。楽しみにしています。

 いつも駄文で恐縮です。またよろしくお願いします。

2006/11/22(Wed) 22:37:19  [No.4940]


掲示板に戻る