一括表示

マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 800×600 216kB)

    マホロバから地蔵谷へ

木梶界隈がニギニギしい、あの大姉、中姉を陶酔させた風情と、超合金で出来た骨ひびを入れた地蔵谷とは興味が湧く。
地蔵の名と未踏谷ということ、そして末姫にも見せてやらなくては思ってでかけた。

好い天気が二日続きだ、早いチャンス到来とコンタクトする。
その前にお払いを、前から気になっていた大和の国の不思議さマホロバにただ酔おう、里山の紅葉も盛りだろう。

【日  】2006.11.21.(火)〜22.(水)
【行き先】笠荒神さん、鳥見山・木梶地蔵谷
【同 人】緑水、歩ポさん
【天 気】晴れ

針インター都祁村で長谷寺に抜ける道に入る、大和川沿いに降りていく道(後で調べると地図と現状が良く分かる)
近畿鉄道が放送していた「真珠の小箱」旅の様子が少し蘇ってくるようだ。
山里の村は美しい、植林山を背景にして農家の窓が柔らかい小春日和に照りかえる。
屋敷林の紅葉は今盛りと飾り、刈り取られた田の寂しさは感じられない。

天神さんケヤキ1,500年の看板が目に付く、チョッと見に行こう。
参道を上がるとその手前の畑には、今が盛りよのひまわりが元気よく迎えてくれた。
天神さんへの鳥居横には南天の赤い実、サザンカ、ケヤキの紅葉だ。
小さな社ながら、ケヤキは立派だ。

道なりに降りていく、荒神社参道が目に付く、地図を見れば社の周辺は耕作の印もあり寄り道しようか。
車道を上がれば、大きな鳥居があり、また参道とある。
車をデポ、道行けば車道ではないか、チョイ頃歩いてて笠山荒神社の山門に着く。

鳥居も新しい並ぶ灯篭も新しい物だ、外れかな思いながら拝殿をみて反対方向に下りていく。
古い鳥居だ、こちらが表参道なんだ、傍らの祠は年代物、不動明王が祭られてる。

陽の当たる広場には休憩所、その横には大和姫の拝礼所があった。
老人が清掃している。
話しかければ、まあ休憩所にへと入らせて貰いイロイロ話が聞けた。

古事記に記載されていない事柄が此処にあったと。
大和姫はこの地で住まわれていた、5人の子供達と。
高天原は此処だ、御陵はこの上で拝礼しているという。

この地を整備してお守りしている、95才ながらかくしゃくとした語り口調だった。
紐解いた著作はご自身が書かれ、興味深いものがある。
話が尽きない、またお参りさせてもらいますと出た。

車に戻り、話に聞いた真平山、貝ケ平岳、鳥見山を訪れたくなる。行ってみよう。
マホロバ湖から口倉に入り車を止める。

東海自然歩道に誘導されて石畳の道を行く、高束城跡だ山道を辿れば宮垣内集落にでる。
大なべが釜に座っていた、人が住んでいるんだ。

車道をとうり鳥見山公園に入る、目に鮮やかな紅葉が満開だ。
この地も日本書紀に記れてる上野榛原・下野榛原を示してるのだ、マホロバなんだ。

夕暮れ前にはプシューと温泉に行かなくては、下山して大宇陀はあきののゆにいく。
先ずはクリスマス準備のできた、赤頭巾ちゃんの家横で、チュー熱燗いただきながら今日の想いに浸った。
暮れなずむそら額井岳は山の字そのもの、見ながら時はゆっくりと過ぎていくのです。

温泉はヌルリとした美人の湯だ、上がれば床暖房の効いた休憩場で眠らせてもらった。
道の駅に移動、今夜の泊り場だ。
歩ポちゃん明日早く来るとのこと、グッスリと一眠りだった。

                     

        22日・木梶地蔵谷  曇り

朝メールが入ってる、亮太郎君が足を骨折したと。ギブスして元気だから心配しないでとある。
どうしてだ、心配するに決まってるがな、早帰りしなくてわです。

ポポさん定刻10分前に到着(^^)そう集合時間が出ッ発時間なんです。
鳴滝展望駐車場、7時出ッ発です。
山稜はもやってる感じだなあ、寒そうな空模様だ。ツェルトを持っていこう。

地蔵谷から谷芯に下りる、緩やかな谷の始まりだ。
木梶も4度目となると感激もそれなりに 書きくけ子、すっかり葉を落とした谷の床は落ち葉のクッションで柔らかい。

大きな支流が左手から、そして程なく十字渓とやら。これはどうやらビックらコンのオハヨウサンです。
もうノッキングのエンストスレスレでの遡行なのです。

伊勢辻辺りにガスが掛かりだした、寒々としてきた。どうするかなあ、労災現場検証も意が萎えてくる。
尾根を上がろう、ガスにもやうブナのオブジェが踊ってる。これに雪のシッポが着いたらいいぜよ、尾も白いよ。

同好ががいれば楽しさ倍増だね、木梶住人の気持ちが良くわかる、天にも昇る気持ちだったのだろうなあ。
今回ウナギ幟を掲げたそうな、賑やかな道中に成るよう塩を送ろうです。

赤ゾレ山から天池みて馬駆け尾根に入る、天気が良ければ明神、檜塚辺りまで行き、木梶山に登り返そう思ってた。
展望もないし行く気はショボショボとなる。
早めの沈殿だ、ハカノ谷ブナ林でアンコウナベ、これがまた絶品だ美味しすぎましたです。

見晴らし良くなってきた、ヘイベイ平から木梶山を経て新道尾根とおり林道へ降りる。
車に2時着でした、チョッと早帰りとなりました。
ポポさんにはチョッと物足りなかったことでしょうね、また行けばいいさよね。

むせ返る新緑の頃に園遊会をやりたいものです。ポンポン

                             緑水。

2006/11/24(Fri) 07:38:33  [No.4959]


  Re: マホロバから地蔵谷へ 投稿者:伊勢山上住人  URL

緑水さん、こんばんは。

> ポポさん定刻10分前に到着(^^)そう集合時間が出ッ発時間なんです。
> 鳴滝展望駐車場、7時出ッ発です。

近鉄特急は時刻表ぴったしが嬉しいですね。

> 木梶も4度目となると感激もそれなりに 書きくけ子
> もうノッキングのエンストスレスレでの遡行なのです。

ヤブなし、ーなし、標高差なし。
緑ちゃん好みじゃないですね。
私には、ぴったしの山域ですが。

> どうするかなあ、労災現場検証も意が萎えてくる。

チンタラ谷歩きでは、エンジンも暖まらないようですね。

> 尾根を上がろう、ガスにもやうブナのオブジェが踊ってる。

この尾根は、伊勢辻山への尾根ですか?
シャクナゲのトンネルを抜けると、フクロウさんに会いませんでしたか?

> 今回ウナギ幟を掲げたそうな、賑やかな道中に成るよう塩を送ろうです。

塩分控えめにしています。できれば、晴天を送ってください。

天気予報の外れることを祈っています。     伊勢山上住人

2006/11/24(Fri) 22:49:24  [No.4966]


Re: マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 1024×768 79kB)

伊勢山上住人さん おはようサンです

>> 鳴滝展望駐車場、7時出ッ発です。
> 近鉄特急は時刻表ぴったしが嬉しいですね。

昔の山行きはね、バスと汽車ポッポで行くものでしたよ。乗り遅れたこと何度か、待ってはくれないよ。
長年遊んでる「集ひ」の集合は駅で、電車は定刻にピッタリと来るものね。

そお言う習慣が刷り込まれてるのだろうな。
青春18切符での列車山行は、体内時計をリセットしてくれる、いい治療と成ってる。

♪ よぉく考えよ〜 時間と.お金と.お友達はだいじだよ ってアヒルが歌ってるだろに

> ヤブなし、ーなし、標高差なし。
> 緑ちゃん好みじゃないですね。

またまた読みの浅いことこくな、大好きですよ。時々にいくよバリケードしないで下され。

>> 今回ウナギ幟を掲げたそうな、賑やかな道中に成るよう塩を送ろうです。
> 晴天を送ってください。

儘ならぬはお天気と、我が無布と言うからね。
早くフリーさま酔いに成られんことを祈りますよ。ポンポン拝

                        緑水

2006/11/25(Sat) 04:48:23  [No.4973]


緑水さん、こんばんは!

今夜は当直で夜なべしています。
普段は本読んでても、23時に消灯されます。(; ;)

綺麗どころの歩ポさんとご一緒でしたか。
足が揃っていて、二人三脚のようですもんね。
緑ちゃんの方がお尻を押されている感じ。(^^)

それにしても山奥でアンコウ鍋ですか、
私は40うん年生きてきましたが、アンコウなんて
いまだに食べたことありません。フグも。(; ;)

もみじの絨毯キレイ。
台高、いいですね。私はまだまだ初めの一歩です。
りょうたろう君、お大事にして下さい。

2006/11/25(Sat) 00:22:53  [No.4972]


Re: マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 666×500 157kB)

コダマさん おはようサン

いつもパラパラとヤブレポ読んで、ユックリ返信するんですが、これからお出かけです。

> 足が揃っていて、二人三脚のようですもんね。
> 緑ちゃんの方がお尻を押されている感じ。(^^)

よく見てるなあ、あの子は歩ポじゃないね。
ヒューヒューって感じ、漢字で書けば飛々なんだ、大空を飛ぶコンドルですよ。

アンデスはアスカの地上絵をみて悠然と飛翔してる、緑なんてガキ大将程度なんだ。
スケジュールが混んどる、飛鳥人です。

> それにしても山奥でアンコウ鍋ですか、
> 私は40うん年生きてきましたが、アンコウなんて
> いまだに食べたことありません。フグも。(; ;)

緑も食したことナイよ、お餅丸めて中に小豆が入ってるだろう、あのアンコだよ。
緑の文学には隠れ、変形、行間文字を見つける楽しみがあるのに、未だわかってね〜な。

集ひの 芋煮会です 神崎川タケ谷周辺かな? ふらりとどうぞです。湯ノ山駅 8時40分集合です。
昨年は雪混じりで寒かったですね、早くも一年経ちました。

菜園で採れた野菜を持参できるなんて、夢にも思いませんでしたよ。
いい日になりますように。

                    緑水。

2006/11/25(Sat) 04:56:58  [No.4974]


  朝明の紅葉綺麗でした 投稿者:コダマ

緑水さん、こんにちは!

> 集ひの 芋煮会です 神崎川タケ谷周辺かな? ふらりとどうぞです。湯ノ山駅 8時40分集合です。

昨年はお世話になりました。朝、読まなかったので、その時間には出掛けておりました。

> いい日になりますように。

今日は朝明渓谷の水無から南コブ〜ハライドに向かう予定でしたが、
東海自然歩道を甘くみておりました。

川を渡渉すると、ふた手に分かれていたのですが、綺麗に整備されている方が
自然歩道に決まってると思い込み、階段道をどんどん歩いていったら、

山男の碑まで行ってしまい、風越峠のはずなのに腰越峠の案内が…。(@ @;
朝明からなかなか離れないので、変だとは思っていたのですが。

しかたなく戻ってきて、間違えた場所にある案内図をまじまじと見ていたら、
ご夫婦の方がやってきたので、どちらに行かれるのかを尋ねましたら、

南コブまでとのことで「その綺麗な階段の方は違いますよ」と伝えたのに、
地図を見ながら、ご夫婦でもめておられました。

私が頼りない顔をしてるので、よっぽど信用できなかったのでしょうね。(^^;
もう一度お二人の方へ寄って行って、今行ってきましたのでそちらは間違いですよ、

と念を押すと、なんとか真っ直ぐ行ってくれたので胸を撫で下ろしました。
お昼なので明日のオフ会のためにも、今日は諦めて川原でランチにしました。

帰宅してから足の小指を強打して、踏んだり蹴ったりの一日でしたが、
終わりかけの紅葉が、まだまだ綺麗な朝明渓谷でした。明日は雨かなぁ〜?

2006/11/25(Sat) 14:42:15  [No.4975]


Re: マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 800×600 165kB)

 下のほうから上げてきました(^^;
やっと、ナゾが解けましたです(^^)

 ボボさんって「ボボ・ブラジル」からとったのだと思ってたんですが、鳩ぽっぽのポポだったんですね。末娘だったのか・・・。
それで平日の木曜日!山行なんだ(^^;
 
>うノッキングのエンストスレスレでの遡行なのです。
>展望もないし行く気はショボショボとなる。
 何やってんだか、またビジョガスぬれじゃん(^^)

 なんや、ビジョを連れて行くと、皆さん雨やらガスに祟られるような山域のようですが、わたしなんかこんなだったよ〜ん(^^)(今年4月の画像です)
 え?それはビジョじゃなかったかろうだって!?

p.s. そうそう、今日、緑水さんが熊野灘近辺の山に居た!と目撃情報が届いております。シシに登りサンマを咥えやん(?)

2006/11/30(Thu) 00:04:35  [No.5100]


Re: マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 1024×768 297kB)

zipp さん こんにちわ

下り秋刀魚おいかけて、熊野ボヘから帰りました。
美味しいの食べたり、絶景を見て、酔い縁れ歩きでした(^^)奇特な方にも出会えましね。
心身ともリフレッシュです。

> p.s. そうそう、今日、緑水さんが熊野灘近辺の山に居た!と目撃情報が届いております。シシに登りサンマを咥えやん(?)

早いですね、指名手配がかかってたのかな、話しかけられてビックリ、名乗れば素性がバレバレでしたわ。
人のつながりは遠くて近いですね。
イロイロ伝授いただきました、zipp殿に惚れ込みそうです。

パソも道具の使い方、イロイロ教えてもらいました。
そのうちにニュー緑ちゃんで、バージョンアップしますですわ。
新しい山行スタイル模索ちゅうですの(^^)よ。

ご指導よろしくです。

                        緑水。

2006/11/30(Thu) 17:39:15  [No.5102]


  Re: マホロバから地蔵谷へ 投稿者:もぐらもち

緑水さん、申し訳ありません。
HNを出さんといてください、と言いながら私の方はちゃっかり書いてしまいました。
自分勝手でごめんなさい。

まだ亥年にもなっていないのに、賀田くんだりまで山登りにくる奇特な人がいるもんだと感心して声をかけたのでした。
お名前を聞いて飛び上がりました。
前夜もヤブコギを熟読玩味しておりましたからお名前が頭にこびりついていました。

緑水さんの歩き方を見習おうというか盗もうと思いまして追従しましたが、ついていけませんでした。
悔しいのでお年をうかがったら私より3つもお若いと分かったので、まぁいいかと思っています。

頂上でプシューッとされるのが楽しみらしいですが、道中では各ポイントの状況やら時間やらを筆記され、ヤブコギの可能性を探ってみえました。
その律儀さと責任感に感心した次第です。

2006/11/30(Thu) 20:41:10  [No.5110]


Re: マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 1024×768 179kB)

もぐらもちさん おはようサンです

イロイロ楽しい話を聞かせて頂きました、共通の知合いも沢山いて良いのか悪いのかですね。

> HNを出さんといてください、と言いながら私の方はちゃっかり書いてしまいました。
> 自分勝手でごめんなさい。

どういたしまして、もっと凄いのを知ってますから神経麻痺してます。

> まだ亥年にもなっていないのに、賀田くんだりまで山登りにくる奇特な人がいるもんだと感心して声をかけたのでした。
> お名前を聞いて飛び上がりました。
> 頂上でプシューッとされるのが楽しみらしいですが、道中では各ポイントの状況やら時間やらを筆記され、ヤブコギの可能性を探ってみえました。
> その律儀さと責任感に感心した次第です。

そんなんじゃないんですよ、緑の大切な人、マミーは当たり年で孫連れてきてやろうの伊能さんでした。
新春には青春汽車ポッポ、大宴会遊山旅行なんか企画思ってます。
酔っ払ってあの迷路の様な道に迷おうが、そんなこと知らんがなの緑太郎ですよ。

九鬼は気に入りましたです。
あの自然林は、三重のたからですね。

またご指導よろしくです。

                      緑水。

2006/12/01(Fri) 03:07:33  [No.5117]


  Re: マホロバから地蔵谷へ 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、こんばんは〜。

末娘さんことKちゃんは、またの名を歩ポちゃんといわれましたか?。なんや、末娘らしくかわいいお名前やね〜。緑ちゃんに笑みの絶えない、山行きとなってよかったね〜。

谷は詰めずに、右又と左又の間の尾根で伊勢辻山経由赤ゾレ山やったかな?それとも、赤ゾレ山北尾根やったのかな?

> 早めの沈殿だ、ハカノ谷ブナ林でアンコウナベ、これがまた絶品だ美味しすぎましたです。

同行者が美人だと、味もまた一段と美味しくなったりして。でも、緑水さんには、サンマが似合うような・・・。


> 見晴らし良くなってきた、ヘイベイ平から木梶山を経て新道尾根とおり林道へ降りる。

見晴らしが出ると、やっぱり気分も晴れやかになるね〜。同行者と一緒だと、晴れやかな気分も二倍〜。

ごちそうさまでした〜。

2006/11/30(Thu) 18:31:17  [No.5106]


Re: マホロバから地蔵谷へ (画像サイズ: 1024×768 141kB)

とっちゃん(こと)さん おはようサン

よう頑張っとるのお、その突っ込み、そのパワー、その揺ぎ無き信念、恐れ入ります。
緑も見習わなくてはです。

女性は太陽だ、明るくて暖かいですね。
拝 ポンポン

              緑水。

2006/12/01(Fri) 09:33:15  [No.5119]


掲示板に戻る