一括表示

心配した台風もそれて 残夏の日差しが戻る

【行き先】 台高 笹ケ峰・三兄弟
【日 時】 2005/8/26〜27日
【天 候】 晴れ
【コース】 千石林道〜笹ケ峰

  26日 晴れ・イントロ
前に洞吹さんのレポ 千秋林道崩壊も千石林道が有るさの軽いのりでコメントした
山友が言う ヌタハラ谷へは車でOKよ それじゃあと出かける気になった
今日の泊まり場は何処にしようかな 行きがけの駄賃は何が好いかなあ 思いながら高見トンネルを抜けた
前に木梶不動で逢った オッサンの別荘地を見に行こう
木梶から降りると 山腹が工事中 エッこれがそうなのか 勿体ない遊びだなあ思う

栃谷は人の住む感じの好い谷間だ 住民の豊かな心根が伝わる所なんだ
加杖谷を降りていく ポツポツと家屋がある
前にも通った覚えが有るが 何となく賑やかな谷間に成ってる感じだ
木屋ダム管理小屋に寄る ここ好い泊まり場だね トイレも有るし灯りも灯るかな
でも電波が立たないのはチョットですね 
谷の出会いで薪木を割る若い家族 好いところに別荘が有るのだ

チンタラ寄り道して 蓮ダム堰堤は西日がアツアツの中です
右岸日陰に渡る 碑のある縁台と山肌はユリが沢山咲いている
好い泊まり場だ さっそくにプシューと憩うか
無いない アラ〜今年初の初物 秋刀魚がおらんでは無いか ドジ克めが
しゃないよなあ 冷や奴にタマゴ煮干しで代用です(**)
秋虫が賑やか 満天の星空です

  27日 晴れ・ホンバン
どこかの人みたいに寝過ごしてしまった もう夜が明けている 
ダム管理前には沢屋さんがモーニングチュウだ 何台も車が登ってく好い沢びよりだ
蓮分校跡過ぎてヌタハラ谷への林道へは わだちがしっかりと刻まれてる
千石林道はわだちが無い 使われて無いみたいだ
橋を渡りカーブの所へ車を止めた モーニングしながら準備です

歩き始めてわずかで太っといチェンで通せんぼだ 終点まで先が長そうだね
フジグロセンノウの朱花 イワタバコの紫花 赤いオッポ花
初めての林道は 目先が変わってそれなりに好い
山稜はガスってる 
シャッポ山への稜線は歩けるのかなあ 誰かは歩いてるだろうか
谷の奥には でかい滝がドウドウと爆音響かせ落ちている 五段の滝の様子だ
マップ図にある谷沿いの道は今も生きてるかな 谷遡行は半端じゃない様だ
林道終点 目の前方が赤グラ滝谷出会いだ どこかに道が有るはず一服しよう

遠望すれば 笹ケ峰への山稜は自然林が残された帯の緑が山頂にと続いてる
林道終点先に細道がテープと共に有る 植林の中を緩やかに腹を巻いて行く
谷底には赤グラ滝が有るのだろう 凄い音が反響してくる
やがて谷に入る 清流が迎えてくれる 
程良い水量と山奥への渓谷は新鮮な眺め この源流部は台高一のブナ林だものね 詰めれば明神と言うのも好い
サテと テープが有るんだからこの先も有るはずだ
右岸に渡り斜面を見ながら行く
高いところの植林の中にテープがある
きつい斜面 左に巻き気味にテープが続く なぜ直登りしないのかなあ 上部はグラなのかな?

瀬戸越えの古道に乗ったみたいだ 雑木の尾根芯を伝う テープは続くよどこまでも
岩場にはお助けロープもセットされていた やがて平頂でブナの古木が増えでてきた
県境縦走路 薄いガスの中で冷たい風が吹き抜けるのです
この当たりの密度濃いブナ樹林は 明神山域まで続き台高一番だろう
プシューの時間です 誰も来ないところ ゆっくりしようです
地形図をシゲシゲ見ると 笹ケ峰は三兄弟なのか 徐々に大きくなる平頂が三個串刺しされてる
その間を赤グラ谷が這い上がり腰を作ってるのだ 源頭部は豊かな樹林が埋めてる事だろう
行かにや成るまいて赤グラ谷です 穂高明神へ参拝ですね
真ん中の脹らみに P1380笹ケ峰北峰とある此処が主山頂なんだろうな
当たり散策して同じ道を帰ろうです

チョットしたギャップを降りて 尾根に残る植林フェンスの残骸に沿い降りる
瀬戸越えの古道はこの当たりかな 探ってる内に行きの植林テープを見失う
まあ良いだろう このまま降りれば喜平小屋谷と赤グラ谷の出合いだ
千石谷は下れないにしても 林道には出られるだろう
良い道がついている 古いテープが残ってる
喜平小屋谷出会いには まだ新しい堰堤が作られていた
この骨材の搬入はどこから?? それらしき破壊跡は見られない
きれいに整備されたのり面が 何かしら場違いの雰囲気をだしていた
谷を渉ると使い込まれたソマ道がある 斜面を直接登れば林道終点に着くだろう
私しゃ古い道を行こう 本流は五段の滝が始まる 凄い落差で水が流れ込んでる タマタマが縮むなあ

ソマ道は巧いぐわいに高度を上げて谷と分かれる やがて亀山営林署の朽ちたのれんが掛かる林道に出た
林道Z印からパスしよう 微かな痕跡を伝いながら降りる 林道近づけば崖ちょだ 持っていた6メートル程のロープが助けてくれた
後はタンタンと林道下り 分校跡に戻りました
涼しいところで昼寝です マアマアいい仕事だったのかな
これを逃げ道にすれば どこから攻め登っても手のひら中での遊びですね

    ・エンディング
今夜は此処で泊まろうかな 腹ごしらえはそうめんです
なのに 鍋が無いのってない どうするんだよ・・・ボケ克
まあ待て待て 缶ビールが有るじゃないですかと緑ちゃん
カン3個に湯を湧かし茹れば上手にできました(^^)
でも明日のビールが無くなっちゃったよ
一遍に戦意か落ちていく 
森まで買い出しに行くのがベターか悩むとこる そして再びたそがれ寝
帰ろうかな 秋刀魚も待ってる事だし 山は逃げる事はないのだからね
また来るさと車を出すのでした

               緑水

 

2005/08/28(Sun) 14:57:21  [No.511]


 春先、ブナの葉が展開する前に「瀬戸越」の道を探しに千石林道に入ってました。
地形図通りの赤ー滝下の左岸からの沢の合流点のすぐ下流だと思って探してたんですが、見つけられなかったのでした。
先日の山日和さんの報告と緑水さんの報告を読んでだいたいの場所がわかりました、ありがとう。

 ここまで行ったら赤ー滝の上流部がオススメです!広い河原にミズナラの林。すごーく感じのいいところです。
ここから入って、赤ー・桧塚・ヌタハラ林道に回るコースも良さそうです。

 シャッポ山の稜線、ここも気になってるところです。
先日は、布引林道終点から布引山の稜線を登って、迷岳の布引谷ルートを帰ってきました。車での帰途緑水さんのそのテント場で抱き合ってるカップルがいて、眼をシロクロさせちまった(^^;

2005/08/29(Mon) 22:41:53  [No.514]


zippさんこんにちは 好いコメント頂きましてまた行きたくなりました

> 春先、ブナの葉が展開する前に「瀬戸越」の道を探しに千石林道に入ってました。

千石林道は奥山に入るに好いコースに成りますね
国有林だけにアチコチ植林されてますが 好いところもイッパイ残ってる
未知な領域だけに興味が湧いてきます。

>  ここまで行ったら赤ー滝の上流部がオススメです!広い河原にミズナラの林。すごーく感じのいいところです。
> ここから入って、赤ー・桧塚・ヌタハラ林道に回るコースも良さそうです。

行って来ますわ 赤グラ滝の通過は問題有りませんか、単独では無理は禁物だもんね。

>  シャッポ山の稜線、ここも気になってるところです。

斥候宜しくです まあ篤志家が歩いてると見ていますが 千石林道から仰ぐ稜線は人を寄せ付けない険しさが有りますね

> 布引林道終点から布引山の稜線を登って、迷岳の布引谷ルートを帰ってきました。

帰りの土産に布引滝でもみて 迷い岳あたり散策しょうか思ってました

> 車での帰途緑水さんのそのテント場で抱き合ってるカップルがいて、眼をシロクロさせちまった(^^;

好い物みましたですね 帰ってかあちゃんに報告しましたですか(^^)

楽しい山行きをです     緑水

2005/08/31(Wed) 20:48:13  [No.523]


緑水さん、こんばんは。
千石林道の終点から先はずいぶん山深い印象です。
林道のない頃はどんなに素晴らしい原生の森だったかと思ってしまいますね。
瀬戸越の旧道は一昨年笹ヶ峰の南から中奥川へ下りましたが、踏み跡は地図とは違うところがだいぶあるように感じました。

> 谷底には赤グラ滝が有るのだろう 凄い音が反響してくる

赤ー滝は谷の上流ですね。音を立てていたのは下流の連瀑帯でしょう。

> この当たりの密度濃いブナ樹林は 明神山域まで続き台高一番だろう

その通りですね。まったく素晴らしいところです。

> 行かにや成るまいて赤グラ谷です 穂高明神へ参拝ですね

蓮川流域としては優しい谷ですね。明神へ詰めあがるもよし。この前行きかけてやめた桧塚方面への右支流もよさそうでした。

> でも明日のビールが無くなっちゃったよ
> 一遍に戦意か落ちていく 

これはつらいですね。(-_-;)

> また来るさと車を出すのでした

山は逃げない、その通りですね。縁あれば再訪もよし。方面を変えるもよし。自然体がいちばんですね。

                       山日和

2005/08/30(Tue) 00:01:15  [No.516]


山日和さん、こんばんは。

> 千石林道の終点から先はずいぶん山深い印象です。
> 瀬戸越の旧道は一昨年笹ヶ峰の南から中奥川へ下りましたが、踏み跡は地図とは違うところがだいぶあるように感じました。

赤グラ谷へは行かれてたのですね 帰りにチョットだけ覗こうと思ってましたが 沢タビを持つのを忘れてました

> 蓮川流域としては優しい谷ですね。明神へ詰めあがるもよし。この前行きかけてやめた桧塚方面への右支流もよさそうでした。

この谷はどこへ上がっても期待を裏切らないでしょう

> 山は逃げない、その通りですね。縁あれば再訪もよし。方面を変えるもよし。自然体がいちばんですね。

山は追わへるものでもない 知り合った縁と云うものは時が大切ですね
近々に訊ねます

                緑水

2005/08/31(Wed) 20:47:01  [No.522]


緑水さん こんばんは

イントロよーし、但しサンマ欠。
ホンバンよーし、但し寝過ごし。
エンディングよーし、但し鍋欠。

> でも明日のビールが無くなっちゃったよ
> 一遍に戦意か落ちていく
 
それで、これは想定外かねえ。
ビール欠。

> 森まで買い出しに行くのがベターか悩むとこる 
> 帰ろうかな 秋刀魚も待ってる事だし 山は逃げる事はないのだからね

ワシなら買出しにするけど、帰らなくてもいいのになあ。
山は逃げないが、
時間が、すたこらさっさと逃げていくのです。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/08/30(Tue) 22:43:29  [No.517]


洞吹さん こんばんは

> イントロよーし、但しサンマ欠。
> ホンバンよーし、但し寝過ごし。
> エンディングよーし、但し鍋欠。

三よ〜し 三欠 評価ありがとうございます
ボヘ師匠のコメントが 一番の肥やしになりますです ハイ

> > でも明日のビールが無くなっちゃったよ
> > 一遍に戦意か落ちていく

なかなかにボルテージが上がりませんでした これは黄信号点滅だ
可愛い子から ジイあした水着もって行っても良いってメールが入れば
帰りたく成りますよね

> ビール欠。
> > 森まで買い出しに行くのがベターか悩むとこる 
> > 帰ろうかな 秋刀魚も待ってる事だし 
> ワシなら買出しにするけど、帰らなくてもいいのになあ。

明日は上天気 コース取りも幾つか浮かぶ 帰る事ないよね

> 山は逃げないが、
> 時間が、すたこらさっさと逃げていくのです。

私しゃ 時間がくさる程にある けれど銭はない
秋刀魚が悪くなる方が心配 高いビールと鍋買う方が懐が悲しむ

現役は時間やりくりして 美味いもの食っての山旅ぼへ楽しんでくださいです

何が豊なのかなあの山旅ボヘ         緑水

2005/08/31(Wed) 20:45:57  [No.521]


掲示板に戻る