一括表示

奥美濃・タカネ 加部峠と大利谷。 12月3日。 (画像サイズ: 640×480 78kB)

奥美濃・タカネ ca1050

7年ほど前の忘れ物。
当時在籍していた山岳会の仲間と紅葉真っ盛りの高賀山に登った。
下山に西の加部峠に降りた。
加部峠の名は「岐阜百山」で見つけたもので、高賀神社へのルートが良いと紹介している。
高賀山から一気に300m以上の急降下。
この時、時間が無いと言うことでタカネは見送った。
それともうひとつは、加部峠からの大利谷の下り。
未知の谷を下る不安から、手前を走る鉄塔巡視路を利用することになった。
巡視路は予想通り、一部怪しいところもあったが上手く繋がり駐車場上の林道に出た。
いずれも僕が決めた事だが・・・。

タカネと加部峠からの大利谷の道。
忘れ物を取りに行ってきました。


名古屋から見える高賀山はりっぱだ。
西隣の鋭鋒をタカネと呼ぶそうだが、高賀山の一部と言うにはこちらもりっぱすぎる。
まるで能郷白山の西隣の鋭鋒イソクラのような存在だ。
高賀山の代表的な登山道、御坂峠の道。砂利、階段、おまけに稜線を縫う林道。
一等三角点の頂上は素晴らしいけど、あの登山道はかわいそう。
温見峠から能郷白山。
花は素晴らしいけど、ちょっと短くて達成感が・・・。
あの能郷白山なのに軽すぎません?
そこでイソクラをプラス。
やっぱり、これで能郷白山行った〜って感じ。
よろしかったらこの記録は ↑上のURLで。

そして高賀山。
タカネをプラス。
下山は加部峠、大利谷の道。

今日はまずタカネと加部峠は確実にと、タカネの南尾根を上がった。
高賀山登山口駐車場から進入禁止の林道を歩く。
上の東屋まで林道は伸びているが、途中で大利谷へ降りていく林道がある。
終点ですぐ大利谷を渡渉。そのまま涸れ谷も渡って、てきとうに尾根を目指して取り付いた。
そのうち板取と洞戸の村界尾根に乗った。
膝までの笹がずーと続く。黄色いポールをたどって行くと笹が薄い。
雨具ばっちりで雪の濡れには問題ないが、時々首筋に落ちると、ひえ〜!
笹が消え、大きな岩がゴロゴロしだすと山頂はあとちょっと。
東に植林がある、ちょっと展望も無さそーな・・・でも静でいい山頂でした。

高賀山との大吊尾根、加部峠への下り。
やばい、やばい。
テープがあるので安心して下って行くと・・・ちょっとおかしい。
時々雪のはっきりしない天気での眺望で、高賀山らしき巨大山塊の位置が変。
気がついて良かった。
北のオオレ谷側からのルートのテープらしい。
少し北側に尾根が分かれていた。
オオレ谷の林道が加部峠直下まで上がっているため、こちらからタカネに登る人が多いのだろうか。

その時ショック!
こんな天気なんだから見えなければ良かった。
高賀山の北の尾根を走る白いもの。
ガードレールだ。
あれだけりっぱなら、舗装路だろう。中美濃林道か?
ひどいな〜、串刺しだよ。

ショック その2。
登山靴がおかしい。
山頂から下りかけて気がついた。
左足の登山靴のビブラムが剥がれだした。
峠に着いた時、完全にきれいに剥がれてしまった。
これでは、高賀山は無理。
帰ろう。
雪降ってるし、まだ風邪治りきってないし・・・。

加部峠から大利谷。
ぜんぜん問題ない。
うれしい道型も残っている。
滝場も無く、明るく開けた谷はどこでも歩ける。
遊歩道につないで高賀神社まで行けるようだ。
次は紅葉の季節に来よう。

 P10:00→タカネ12:00(休憩)→加部峠13:00→P14:00  
 
 画像はタカネから加部峠への下りより、高賀山。                

2006/12/03(Sun) 22:29:46  [No.5144]


mayonekoさん、こんばんは。

> 奥美濃・タカネ ca1050

どこにあるのか、探しました。
「美濃の山2」に載ってましたね。よさそう。でもここだけ目指すにはちと遠いか。

> 温見峠から能郷白山。
> 花は素晴らしいけど、ちょっと短くて達成感が・・・。
> あの能郷白山なのに軽すぎません?
> そこでイソクラをプラス。
> やっぱり、これで能郷白山行った〜って感じ。

そうでしょ。温見峠からの往復では胸を張って能郷白山に登ったとは言えないでしょう。
私は旧徳山村の白谷から磯倉経由(残雪期)、福井県側の小白谷から沢通し、能郷谷からと行きましたが、温見峠から登ったことありません。

> 高賀山の北の尾根を走る白いもの。
> ガードレールだ。
> あれだけりっぱなら、舗装路だろう。中美濃林道か?
> ひどいな〜、串刺しだよ。

このへん、地形図を見ると林道に蹂躙されてますね。私の持ってる昭和45年発行の「近畿の山」では「頂はヤブに覆われているが、都塵はみじんもない。」と書かれています。その頃登っておけばよかったな。

> 加部峠から大利谷。
> ぜんぜん問題ない。
> うれしい道型も残っている。
> 滝場も無く、明るく開けた谷はどこでも歩ける。
> 遊歩道につないで高賀神社まで行けるようだ。

これは使えますね。高賀山には目をつぶって行ってみるか。(^^ゞ

                山日和

2006/12/05(Tue) 00:32:03  [No.5172]


Re: 奥美濃・タカネ 加部峠と大利谷。 12月3日。 (画像サイズ: 640×480 94kB)

山日和さん、こんばんは。

高賀山は僕にとって奥美濃入門の山でした。
山登りを始めた頃、奥美濃のガイドと言ったら山渓の「アルペンガイド鈴鹿・美濃」ぐらいしかなかったのです。
その中でも高賀山は登山道が整備されていて初心者向きってんで、普段山登りをしていない友人とか誘って何回か登りました。

それが今じゃ行く気がしない登山道ワースト○になっていそうで・・・。
冬ならそれなりにいいかも知れませんが、冬には冬の登り方がありますよね。
雪が積もればもっと楽しいルートがいっぱい。
一般の登山道をラッセルして登るなんて、そんな時間のかかることはしたくない。
鈴鹿でも、雪が乗ると非常に危険な道となる一般登山道はいっぱいあるわけです。
面白くて、効率がよく、ひょっとしたらとっても安全だったりする。
一般登山道より面白いところを歩くと途中に藪があるだけで、藪漕ぎが好きでむやみに藪につっこんでいるわけではないんですよね。
そんな藪、どうってことないって言える面白い道を見つけたい。
水の流れの中に、樹林の迷路の中に、岩が積み重なる尾根の中に。
そして真っ白な雪の台地や稜線に。
マイバリエーション。

こんなに頭を使う楽しい遊びはないですよね。
今回のタカネのルートは冬、雪が笹を押さえてからがいいだろなー。
そして冬の高賀山へ。
山日和さんにはちょっと物足りないかも?(笑)
             

2006/12/06(Wed) 20:43:39  [No.5190]


Re: 奥美濃・タカネ 加部峠と大利谷。 12月3日。 (画像サイズ: 600×450 55kB)

mayonekoさん、こんばんは。

> 一般登山道より面白いところを歩くと途中に藪があるだけで、藪漕ぎが好きでむやみに藪につっこんでいるわけではないんですよね。
> そんな藪、どうってことないって言える面白い道を見つけたい。
> 水の流れの中に、樹林の迷路の中に、岩が積み重なる尾根の中に。
> そして真っ白な雪の台地や稜線に。
> マイバリエーション。
> こんなに頭を使う楽しい遊びはないですよね。

(^_^)(^_^)(^_^)

画像は金草岳ガンドウ尾根。振り返っているのはQちゃんです。


               山日和

2006/12/06(Wed) 21:38:48  [No.5193]


まよさん、こんばんは〜。

> 奥美濃・タカネ ca1050

ううっ〜、どこなのかしら?知らない山です〜。

>温見峠から能郷白山。
花は素晴らしいけど、ちょっと短くて達成感が・・・。
あの能郷白山なのに軽すぎません?
そこでイソクラをプラス。


イソクラへは、行ってみたいと思いながら、能郷白山から、ちょっと足をのばしましたが時間切れで戻りました。そういえば、温見峠からならイソクラまでいけるんやね〜。

> 加部峠から大利谷。
> ぜんぜん問題ない。
> うれしい道型も残っている。
> 滝場も無く、明るく開けた谷はどこでも歩ける。
> 遊歩道につないで高賀神社まで行けるようだ。
> 次は紅葉の季節に来よう。

串刺しの道も靴も残念でしたが、来年の楽しみをみつけましたね〜。よかった。

風邪ちゃんと治してね。

2006/12/05(Tue) 20:45:43  [No.5176]


Re: 奥美濃・タカネ 加部峠と大利谷。 12月3日。 (画像サイズ: 480×360 25kB)

とっちゃん、こんばんは。

> > 奥美濃・タカネ ca1050
>
> ううっ〜、どこなのかしら?知らない山です〜。

地図に名前もないし、実は僕も地元でどう呼ばれているのかぜーんぜん知らないのです。
山日和さんが書いているように、大垣山岳会の本に名前が出ていたので使っています。
でもいい形なんだな、うちの方から見えるこの山。

> イソクラへは、行ってみたいと思いながら、能郷白山から、ちょっと足をのばしましたが時間切れで戻りました。そういえば、温見峠からならイソクラまでいけるんやね〜。

誰が突き立てたのか?
イソクラの山頂のストックをぜひ見てきてください。

> 風邪ちゃんと治してね。

以前は雪山をノンストップで回って帰れば身体ポカポカで治ったんだけどね〜。
今は毎日現場の鉄骨の上が寒くて・・・。
現在地上16階(70mぐらい)まで上がりました。
最終的には地上170mぐらいの建物になります。
毎日鈴鹿が良く見えます。

2006/12/06(Wed) 21:04:50  [No.5191]


mayonekoさん、こんばんは。

> 奥美濃・タカネ ca1050

濃尾平野から見ると高賀山の左手に見える三角ピークですよね。ずっと気になっていました。いけるんだろうなと思っていましたがルートがわからずほかってありました。

高賀山の林道はもう数年前からあるもので僕もガッカリした憶えがあります。高賀信仰の歴史あるいい山なのに…。

やぶこぎは、流石に書き込みが違うなあ。
すみません。能郷白山、温見峠から2回も登っております。しかも、なかなか景色がよくていいルートだと思っています。最近荒れてきっちゃったのが困りものですが。
磯倉も行ってません。いかなきゃと思いつついきそびれて…

> 雪降ってるし、まだ風邪治りきってないし・・・。

体調悪くてもこういうところへ行っちゃうのは流石にmayoさん。すごい!

               Tsutomu

2006/12/05(Tue) 21:20:56  [No.5179]


Re: 奥美濃・タカネ 加部峠と大利谷。 12月3日。 (画像サイズ: 640×480 39kB)

Tsutomuさん、こんばんは。

> 濃尾平野から見ると高賀山の左手に見える三角ピークですよね。ずっと気になっていました。いけるんだろうなと思っていましたがルートがわからずほかってありました。

大利谷は明るく開けた谷で、滝もなく樹木が夏はうっとおしそうですが道があります。
古い赤テープも要所にあって、加部峠を目指せば問題なく鞍部に上がれます。
源流で本流らしき流れを高賀山の方へ向かってしまうと厳しいかも知れません。
鉄塔巡視路もピンクのテープがあり、まだ辿れると思いますがあちこち遠回りしていそうで巡視路の方が時間がかかると思います。

> 体調悪くてもこういうところへ行っちゃうのは流石にmayoさん。すごい!

最悪タカネだけなら、すご〜く軽い山ですから。
高賀山に登り返そうと思うとちょっとしんどい。
それよりも登山靴の左のビブラムがきれいに剥がれて、山頂から片方ツルツルの靴で大変でした。
4、5回滑ってこけています。
とても登れません(笑)              

2006/12/06(Wed) 21:27:53  [No.5192]


掲示板に戻る