一括表示

  台高・迷い池 投稿者:zipp

 ちょっと古くつたない記録ですがアップ(←古い表現ですね(^^; ) しますね。

【行き先】 台高 迷い池
【日 時】 8/15 2005
【天 候】 曇天
【コース】 布引谷林道終点-迷岳布引登山道-登山道分岐-「タ山-尾根鞍部-961P(ピストン)-布引山-迷い池-稜線(昼食)-迷岳-布引谷登山道分岐-山の神-駐車地
 迷岳と大熊谷の頭の間の稜線ピーク、1285Pの西・1260Pから北に伸びる尾根がある。その尾根は地形図で見ると尾根派生部分から1195Pは、幅広い尾根に高低差が入り組み、非常に複雑だ。
ここはどんな処だろうと興味を持っていたら、先日この山域をよく知るM勤労者山岳会と久しぶりに海辺のキャンプで一緒になり、尋ねてみた。「池などもあり気持ちよい場所」とのこと。なら行かねば…。
 只、この場所に日帰りで行くには、わたしの知る道では迷岳側からもしくは大熊谷の頭からピストンしかない。庵の谷林道は、昨秋の台風で林道終点までは今も入れないだろう。
今はあまり使われていない迷岳の布引谷登山道からぐるっと回って布引山(1071P)、961Pと回ってこれないだろうか、地図で見ると961Pの南になだらかな植林山があるようだ。ここを降り口とならないだろうか。

 登山口は、布引谷林道終点。予定では布引谷西の迷岳登山道を通って、布引谷東尾根を降りて駐車地に戻れば幸い(^^)
ここは迷岳の布引谷登山道の登山口ではないが、帰路を庵の谷林道に取ったときダム下の登山口まで降りるより楽だろうと思った、また谷スジを通り登山道にも上がれるに違いないと思ったのだ。
 案の定、林道終点から登山道へ繋がる道はあった。『「タ 入札山林』と看板があり矢印と青紐が結び付けられてある。その作業道を登って行くと布引谷登山道に合流する。
山道の対岸の峰が見渡せる崩壊地で、尾根からの降り口を捜す。やはりあのなだらかな植林林しかないな。
 崩壊地を過ぎ植林林に入って行くと右に分かれる作業道を確認する。『「タ 山』の表示がある。本谷の方に伸びているようだ。この延長には降り口予定の植林山がある。その道は見事、本谷を渡り植林山に続いていた。『「タ 山』は、どうもわたしが降り口に予定してた植林山のようだ(^^)。
ここまで来たからには、予定とは逆周りだ。
 961Pの南の鞍部を目指し植林山を登る。間伐・枝打ちのされた大きくなった植林林は、道は無いがどこを登ってもいい、しかし急登は応える…。大岩がゴロゴロした自然林の鞍部だ。急登も応え、植林林から見る自然林のミドリはきれいだ。
 ここから961Pへはピストン。ミヤマママコナが群生して花を咲かせている岩稜のヤセ尾根だ。
961Pは、低木ながらもシャクナゲ・アケボノツツジ・シロヤシオなどが生え、視界が利かないが狭い山頂に立つ。
 蓮ダムから見ると、わたしにとって登行意欲を掻き立てられる山頂をもつ山がいくつか見渡せる。桧塚に続く入道ヶ塚や迷岳登山ルートの飯盛山の前衛峰、それにこの961P峰だ。山頂には文字が消えた白いプラスティック板があったので、そこのに961Pと書き記して山頂を後にする。

 鞍部からも岩稜の尾根だが、ヤジヤマ谷側から若い植林が稜線近くまであり、布引山(1071P)の山頂周辺はヤブ漕ぎを強いられる。山名もあるのにこの山頂には山頂プレートも見当たらない。
1081P手前辺りからは、尾根も広くなり下草も無い自然が続く。
ヤジヤマ谷源頭である1195P辺りから尾根が幅広く地形が複雑になりはじめる。水を湛えていても不思議でない大きな穴凹が沢山現れ出す。それらをできるだけ見ようと、わたしは広い尾根をジグザグ…。
水を唯一湛えていたのは、「迷い池」というプレート表示のある池だった。それも僅かの水(^^;
他にも古いプレート(「迷」の字しか読めなかった)がある最もおおきな凹地にもあった。
 この辺りは、過去炭焼きがおこなわれた二次林のようだ。太い木があるにはあるがしれている。もっとバイケイソウなどの湿地を好む植物があっても不思議じゃないのだが、少ない。この辺り地質は浸透性がいいのだろうか。 いまだ不思議なのでまた行かねば(^^;

 迷岳への稜線に出れば気持ちよい山道。南方も見渡せ、大木もある。1285P手前の気持ちのいい鞍部で遅い飯をゆっくりと摂り、迷岳へとヘロヘロ歩む。迷岳からは、布引谷登山道の分岐を確認してヤセ尾根を辿り山の神=布引滝の滝口辺りの三叉路。滝口に降りてみる。滝口の上部は連続した小滝が坪を備えている。植林小屋のあるところまで行って山道を引き返す。悪路にはロープがあるが、特にロープに頼る必要が無い道だ。布引滝下に降りるのは次回として、スタスタ山道を歩み駐車地に降り、車から冷えたビールを取り出して、浄水場の取口の遊歩道にお邪魔し、滝をサカナに呑んでくつろぐのだった…。

2005/08/29(Mon) 22:53:20  [No.515]


  Re: 台高・迷い池 投稿者:山日和

zippさん、こんばんは。
面白いレポ、とても興味深く読ませていただきました。(^_^)

>北に伸びる尾根がある。その尾根は地形図で見ると尾根派生部分から1195Pは、幅広い尾根に高低差が入り組み、非常に複雑だ。

なるほど面白い地形ですね。私も地図を眺めているうちにふと面白い地形を発見して行きたくなる事がよくあります。

>  崩壊地を過ぎ植林林に入って行くと右に分かれる作業道を確認する。『「タ 山』の表示がある。本谷の方に伸びているようだ。この延長には降り口予定の植林山がある。その道は見事、本谷を渡り植林山に続いていた。

うまく見つけられましたね。植林の入っている山は杣道を利用できるので、残念な反面計算が立ちますね。

> 1081P手前辺りからは、尾根も広くなり下草も無い自然が続く。
> ヤジヤマ谷源頭である1195P辺りから尾根が幅広く地形が複雑になりはじめる。水を湛えていても不思議でない大きな穴凹が沢山現れ出す。それらをできるだけ見ようと、わたしは広い尾根をジグザグ…。

このあたり、実に面白そうですねー。

> 水を唯一湛えていたのは、「迷い池」というプレート表示のある池だった。それも僅かの水(^^;

やはり歩く人もいるのですね。

>  迷岳への稜線に出れば気持ちよい山道。南方も見渡せ、大木もある。1285P手前の気持ちのいい鞍部で遅い飯をゆっくりと摂り、

大熊谷の頭から迷岳は未踏です。
車2台で迷岳から古ヶ丸山をつないでみようと思ってますが・・・

布引谷の登山道は数年前、唐谷遡行の下りで使いましたが、桟道や木梯子が朽ち果てたりしていて結構ハードでした。
あれから整備されたのでしょうか。

                        山日和

2005/08/31(Wed) 00:35:48  [No.518]


  Re^2: 台高・迷い池 投稿者:zipp

 山日和さん、こんばんは。

> 大熊谷の頭から迷岳は未踏です。
 1285P手前は原生林の中感じのいい鞍部です。

> 車2台で迷岳から古ヶ丸山をつないでみようと思ってますが・・・
 宮川村から大熊三山を巡るコースですね。
ヤチヤマ林道もカラスキ谷林道も昨秋の豪雨で無残な様相です。現在工事が行われているようですが、林道が修復されるのはずーーと先になりそうです。
 古ガ丸山には、カラスキ谷公園から尾根道を辿っては行けますけど。

> 布引谷の登山道は数年前、唐谷遡行の下りで使いましたが、桟道や木梯子が朽ち果てたりしていて結構ハードでした。
> あれから整備されたのでしょうか。

 どうなのでしょう?木橋は落ちてるところもあったし、掛かってる木橋も乗って大丈夫?と思わせるものもあったなぁ。
ただ、そんなにハードではなかった、思ってた以上にちゃんと道があった…という印象が強いのですが、どうだろう?

2005/09/04(Sun) 23:04:10  [No.539]


  Re: 台高・迷い池 投稿者: 緑水

こんばんは 嬉しいレポですね
まえに読んでいたら 千石ボヘ土産に覗いていたことでしょうに

>  迷岳と大熊谷の頭の間の稜線ピーク、1285Pの西・1260Pから北に伸びる尾根がある。その尾根は地形図で見ると尾根派生部分から1195Pは、幅広い尾根に高低差が入り組み、非常に複雑だ。

江馬小屋谷から迷岳を往復したのは5月だったかな この尾根が交わる辺りで引込まれ迷いかけた 深いガスの森中でした 

>  崩壊地を過ぎ植林林に入って行くと右に分かれる作業道を確認する。『「タ 山』の表示がある。本谷の方に伸びているようだ。この延長には降り口予定の植林山がある。その道は見事、本谷を渡り植林山に続いていた。『「タ 山』は、どうもわたしが降り口に予定してた植林山のようだ(^^)。
> ここまで来たからには、予定とは逆周りだ。

そうですよね 行きは良い良い帰りは恐いつぅいのが 山の常道
行きはキョロキョロ 帰りは酔い酔いの方が緑には合ってるですね

> 1081P手前辺りからは、尾根も広くなり下草も無い自然が続く。
> ヤジヤマ谷源頭である1195P辺りから尾根が幅広く地形が複雑になりはじめる。水を湛えていても不思議でない大きな穴凹が沢山現れ出す。
> 他にも古いプレート(「迷」の字しか読めなかった)がある最もおおきな凹地にもあった。

お天気の日でなければ行けませんね

>  迷岳への稜線に出れば気持ちよい山道。南方も見渡せ、大木もある。1285P手前の気持ちのいい鞍部で遅い飯をゆっくりと摂り、迷岳へとヘロヘロ歩む。
> 車から冷えたビールを取り出して、浄水場の取口の遊歩道にお邪魔し、滝をサカナに呑んでくつろぐのだった…。

一仕事あとのビールは 何物にも変えれませんです 山羊が啼きますね

好い山旅をです         緑水 

2005/08/31(Wed) 20:44:32  [No.520]


  Re^2: 台高・迷い池 投稿者:zipp

 こんばんは、緑水さん。

> 江馬小屋谷から迷岳を往復したのは5月だったかな この尾根が交わる辺りで引込まれ迷いかけた 深いガスの森中でした 
 江馬小屋谷から迷岳、ピストンですか?一泊ですよね?
5月、いいころですね。アケボノツツジやシャクナゲ、またはシロヤシオ咲く頃ですね。

> お天気の日でなければ行けませんね
ガスれば、迷うでしょうね。それも下山に使えば特に。

> 一仕事あとのビールは 何物にも変えれませんです 山羊が啼きますね

 山羊がうるさくって仕方なかった(^^)

2005/09/04(Sun) 23:10:57  [No.541]


掲示板に戻る