一括表示

  頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL
頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 1054×664 213kB)

もぐらもち、水産、でなかった、推参!!

【日 時】 2006年12月5日(火)
【行き先】 頂山(398m)
      ハカリカケ(368m)
【山 域】 尾鷲市
【天 候】 晴のち薄曇り
【形 態】 日帰り/単独
【コース】 九鬼中学校前(10:15)−頂山登山口(九鬼中裏) −0:35−
行野分岐(10:50) −0:15− 林道出合(11:05-11:10) −0:10−
分岐(11:20)杣道直登 −0:25− 頂上(11:45-11:50) −0:15−
林道への分岐(12:05) −0:15− ハカリカケ(12:20-12:40) −0:15−
林道への分岐(12:55)尾根下り撤退<-0:20-> −0:20−
直登道分岐(13:35) −0:10− 林道出合(13:45)
途中から九鬼の街に下り一巡 −0:55− 駐車地(14:40)

9〜11月の紅葉追っかけを終わって、「海の見える山」シリーズに入った。
その1は亥谷山・ヒヨ山で、たまたま出逢った緑水さんの後ろにくっついて歩いた。
その2は本レポの頂山とハカリカケ。
頂山は九鬼の街を背後から守る標高400m弱の山、ハカリカケはその東の368mピークにある展望大岩である。

頂山頂上までは大部分植林内を行くのでおもしろみに欠けるが、ハカリカケからの眺めは格別のものがある。
また南麓には九木神社樹叢、北東斜面には原生林が広がっているのも魅力である。
そのすべてを回るのに足達者・口達者なヤブコギ連には1日で十分であろうが、寡黙なアヒルの私は山の部、林の部の2回に分けて歩くことにする。

家を出るのが遅くなり、九鬼に着いたのは10時前であった。
前に一度登っているのでコースはだいたい覚えているが、念のため公民館に寄って情報と地図をいただいた。

九鬼中学校前の道脇に駐車して10時15分出発。
中学校の東から裏手に回り込んで登山口を探す。
民家の間を通り抜けて山道に入る。
案内の看板やしるしがなければ分かりにくいところだ。
小沢に沿って登っていく。昔は行野浦へ抜けるために使われた道である。
シシ垣がしっかり作られていて、猪の多いこの地では現在も役にたっていると思われる。

10時50分、行野分岐。
分岐標柱の下に標石が(以前見たときは立っていたと思うが)倒れていた。
ずいぶん古い標石で「左ゆくの道/右やま道」とある。「やま道」とはまた単純な。
右をとって15分で林道と出合う。
地形図には林道を横切って直進する破線が描いてあるが、これは1号魚見小屋に至る道ではないかと推量した(未確認)。

林道に上がって右に少し歩くとすぐ終点となる。
傍らに「頂山へ」の標柱。それに従ってまた山道に入る。
相変わらずの植林でいやになってくる。
林床にはシダとイズセンリョウが生えている程度。

10分ほど歩いた所で右手を見ると尾根の一部が明るくなっておりその方向に踏み跡が付いていた。
左手には登山道であることを示すテープがあったが、右手を直登する気になって急な斜面を登ることにした。
踏み跡は途中で分からなくなったが、方向は間違いないのでそのまま登ったところ10数分で稜線に辿りついた。
TV中継アンテナ(今は使われていないだろう)や小屋が散在する。

少し西進して様子見したあと東に向かって11時45分頂上に着いた。
頂上といっても尾根上の一角で眺望は全く得られない。
東紀州テンマウンテンの会が設置した山頂標柱が立っているだけで、残念ながら他には見るべきものがない。
個人名入りの登頂プレートが多いが、中には壊れてゴミと化しているものもある。

頂上から東に向かう尾根を数分下ると、先程分かれた登山道が左から上がってくる。
少し降りて位置をGPSに覚えさせる。上掲コース図のヒゲになった部分である。
10分程で林道へ戻る分岐。左に踏み跡が見える。
周囲を見渡し位置を覚えておいてさらに10分余行くと大岩の重なった高みが見えてきた。
そこが368mのピークなのであったが、うっかりそれを迂回して行き過ぎ、北に振るようになってやっと気づいたのであった。

登山道といえるようなものがあるのかどうかよく分からない。
木や岩をつかみながら岩の間を縫うように上がり、12時20分ハカリカケと呼ばれる展望大岩に着いた。
眺望に恵まれているので頂上での不満が帳消しになった。
東側に305mピークと228mピーク、その向こうに広がる熊野灘、往来の漁船。
南側には海に突き出たナサ崎、カラカマノ鼻がきれいに見えている。
惜しむらく北側は木立に遮られて見えない。20分の昼食休憩。

ハカリカケからもとの尾根歩きに戻って15分、先に確認しておいた林道への分岐を右(北西)にとる。
公民館でもらった地図ではこの先のどこかに原生林西端へ降りる分岐があるはずだけれど略図なのでわからない。
地形図を見ると下りに使えそうな尾根があるので適当に降り始めた。
初めは調子よかったけれどそのうちシダの生い茂った所で進めなくなった。
シダコギに失敗、引き返して方向を西に振る。
原生林はそう広くないものの方向感覚を失いやすいという話だから、不用意に入らなくて助かったのかもしれない。

岩や倒木に気を取られて頂上直東から降りてくる道を確認できないまま、13時35分、直登道に入った分岐に着く。
その少し手前に尾鷲湾が望める好展望の所があった。
手前の島が桃頭島、その奥に佐波留島、左に投石。
目を上げていくとドーム型の仙千代ヶ峰が大きく見えている。
その右奥に小さく迷岳、左に白倉山も見えている。

直登道分岐から数分で林道に出合う。
里が近づいてくると次々に杣道が出てくる。
中腹にある真厳寺を訪ねておきたいので、適当に杣道の一つに入って下っていくと、うまい具合に寺の横に出た。
ここから九鬼の街全体が見渡せる。寺や隣の社を取り巻く何本かの大木。
猿害対策に畑の上まで張られたネットが目立つ。
猪による被害もあるが、最近は猿害が大変らしい。
寺からはしっかりした石段を下ってこれまた適当に路地を抜けると郵便局の前に出た。
九木神社から駐車地までの間、港風景や飛び交うカモメを撮りながら歩いた。
公民館に寄って下山の挨拶。

帰途は国道311号線をとり途中から県道中井浦九鬼線に入った。
海岸線を行く道路で狭くヘアピンカーブが続くが、所々で展望が開ける。
大曽根浦から弁財島を眺めながら、40年もの昔、満潮時にこの島に渡ろうとしてコムラ返りで溺れかけたことを思い出してしまった。

――――――――――――――――――――
HPとほぼ同文でスパムめいていること、ヤブコギレポでもないのに投稿したことをお許しください。

2006/12/08(Fri) 11:56:12  [No.5194]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:pana  URL

もぐらもちさんこんにちわ。
お昼休みで、お花屋さんに行こうか、パソコンで遊ぼうかと迷ってましたが、パソコンにしました(^)

> 9〜11月の紅葉追っかけを終わって、「海の見える山」シリーズに入った。
> その1は亥谷山・ヒヨ山で、たまたま出逢った緑水さんの後ろにくっついて歩いた。

緑水先生は、今度は南部に出没なされましたか。
今度は南部が脚光を浴びるのでしょうね。

> その2は本レポの頂山とハカリカケ。

地図を見ながら、レポを読ませてもらいました。
zipp師匠も歩かれている界隈なんですよね。
我が家からはちょっと遠いなぁ〜

今週は久々に芦生を歩きます。

2006/12/08(Fri) 12:33:11  [No.5195]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL

panaちゃん、さっそくのコメント、ありがとうございます。
反応があると嬉しいものですね。

> 緑水先生は、今度は南部に出没なされましたか。
> 今度は南部が脚光を浴びるのでしょうね。
緑水さんは行く所行く所に花を咲かせる方のようですね。
来週ハカリカケも花でいっぱいにしていただきます。

> 我が家からはちょっと遠いなぁ〜
県内の私にも遠い所です。
最近自動車道が大台町まで延びたので多少は時間短縮できますが、距離はかわりませんから油代捻出もたいへんです。

> 今週は久々に芦生を歩きます。
降水確率は高いようですが、雪になったらいいでしょうね。

2006/12/08(Fri) 20:25:17  [No.5197]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:とっちゃん(こと)
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 400×300 27kB)

もぐらもちさん、こんばんは〜。(*^_^*)

先日は、ほんまに思いがけずお出会いして、びっくりしました。

お互い顔を見合わせながら、あれれ〜って感じでしたね。隊長がケーブルから依頼された千種街道の番組の取材で、御一緒させてもらった時初めてお出会いして、先日の千秋林道でお出会いしたのが二回目。お互いなんとか感じを覚えていて、お名前が分かって感激でした。

> もぐらもち、水産、でなかった、推参!!

はじめての投稿、とっても嬉しいです。海の見えるシリーズらしき登場ですね〜。

> 【行き先】 頂山(398m)
>       ハカリカケ(368m)
> 【山 域】 尾鷲市

> 頂山は九鬼の街を背後から守る標高400m弱の山、ハカリカケはその東の368mピークにある展望大岩である。
>登山道といえるようなものがあるのかどうかよく分からない。
木や岩をつかみながら岩の間を縫うように上がり、12時20分ハカリカケと呼ばれる展望大岩に着いた。
>眺望に恵まれているので頂上での不満が帳消しになった。
>東側に305mピークと228mピーク、その向こうに広がる熊野灘、往来の漁船。
南側には海に突き出たナサ崎、カラカマノ鼻がきれいに見えている。


この周辺は、訪ねたことがなくよくわからないのですが、海を眺めることができる魅力があるんですね〜。

なんだか、広がる海を見ていると心もまったりとしていきそうでいいですね。

鈴鹿や台高の北部の方とは、一味違う楽しみがありそう。

> HPとほぼ同文でスパムめいていること、ヤブコギレポでもないのに投稿したことをお許しください。

ヤブコギは掲示板の名前だけで、ヤブコギしてる人ばかりじゃないですから、また、一味ちがった山レポよろしく〜。(*^_^*)

2006/12/08(Fri) 20:14:03  [No.5196]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL

とっちゃん、こんばんは。
続けて女性からのコメントで嬉しいです。

> 先日は、ほんまに思いがけずお出会いして、びっくりしました。
ほんとにびっくり、忘れていなくてよかったです。
再会に感激していたので、お連れが何人だったかもよく覚えていません。
ヤブコギの方々のようですので、失礼の段、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

> > もぐらもち、水産、でなかった、推参!!
九鬼は漁業の町、新鮮な水産物でいっぱいです。
来週も行っておいしい海の幸を仕入れてくるつもりです。

> 鈴鹿や台高の北部の方とは、一味違う楽しみがありそう。
ハイ。
夏は暑くて歩けませんが、冬場は陽だまり山行に最適です。
寒さ対策になります。

2006/12/08(Fri) 20:53:23  [No.5198]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:緑水
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 1024×768 434kB)

もぐらもちさん こんばんわサン

アダダ・・・モグラが地表に現れた、陽の光に酔っちゃうかも知れませんよ。
名うてのヤブメン、ウーメンは並じゃない。もう少しウラヤブにいて欲しかったなあ。

土日天気OKで予報コースを尋ねます、訪ねなくてどうするのだプン

> もぐらもち、推参!!

この地は三重県の宝ホンマもんや、そのうちに原生林に道がつくね、それまでにはよいこやっと。

> 木や岩をつかみながら岩の間を縫うように上がり、12時20分ハカリカケと呼ばれる展望大岩に着いた。

> 地形図を見ると下りに使えそうな尾根があるので適当に降り始めた。
> 初めは調子よかったけれどそのうちシダの生い茂った所で進めなくなった。

こんなの蹴散らせ、穴が開いてたらどうするの、可能性は大々だ大岩小岩が重なってるものね。

> 原生林はそう広くないものの方向感覚を失いやすいという話だから、不用意に入らなくて助かったのかもしれない。

ゲッ、そうなんですか。そして魅惑的な声がおいでおいでするのかしら。
ローレライ美女の九鬼編もあるかも。ドキドキするね(^^)鬼女だったらどうしよう。

zippさん panaさん助けてたもれ       緑水。

2006/12/08(Fri) 20:59:09  [No.5199]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 1001×653 127kB)

緑水さん、こんばんは。
「りょくすいさん」と一気にうって変換すると「緑水産」と出ます。
よほど海の幸がお好きなようですね。

> アダダ・・・モグラが地表に現れた、陽の光に酔っちゃうかも知れませんよ。
イイエ。もぐら塚を築いただけです、モコモコ。
穴を掘っていると土がジャマになって、どこかの山やヤブへ出さないといかんのです。
時々私の掘った穴や塚につまづいてケガをする人もいます。

> ウーメンは並じゃない。
それはよく存じています。
女性は太陽!!
もぐらは陽の光を浴びると死ぬといいますが、本当でしょうか。
恐くて実験できません。

> この地は三重県の宝ホンマもんや、そのうちに原生林に道がつくね、
それは困ります。
次週のレポ、どうしましょう。

> > 原生林はそう広くないものの方向感覚を失いやすいという話だから、不用意に入らなくて助かったのかもしれない。
> ゲッ、そうなんですか。そして魅惑的な声がおいでおいでするのかしら。
> ローレライ美女の九鬼編もあるかも。ドキドキするね(^^)鬼女だったらどうしよう。
心理的挑発が功を奏したようです。
さあ、緑水さんはどうなさるでしょう。
八鬼山越えて九鬼へ行くと鬼女に「あう」ことでしょう。
「あう」は「遭う」方がいいですか、「逢う」方がいいですか。
鬼女は写真の葉の下に隠れているかもしれません。

2006/12/08(Fri) 22:44:01  [No.5200]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:緑水
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 1024×768 435kB)

もぐらもちさん おはようサンです

> 「りょくすいさん」と一気にうって変換すると「緑水産」と出ます。
> よほど海の幸がお好きなようですね。

へへん(^^)、有る人が「りょくすいし」と一気にうって変換すると「緑水死」とでる教えられました。
水難の相か、水福の想なのかな、幼少の頃からまえ物、シャコ、ガザミ、メバル等々おやつで食べてた。
林住期に入り菜園の面白さに目覚めて、畑の幸にはまっています。いまはジャガイモが美味いですね。
ジャガダンゴ持って歩いてます。

>> アダダ・・・モグラが地表に現れた、陽の光に酔っちゃうかも知れませんよ。
> イイエ。もぐら塚を築いただけです、モコモコ。
> 穴を掘っていると土がジャマになって、どこかの山やヤブへ出さないといかんのです。
> 時々私の掘った穴や塚につまづいてケガをする人もいます。

あな凹に気をつけて歩きますわ。ご忠告、肝に据えていきますです。

> 女性は太陽!!もぐらは陽の光を浴びると死ぬといいますが、本当でしょうか。恐くて実験できません。

本当だよ、でも死ぬことはないでしょう、肝抜かれそうな美女に出逢えば、瀕死になることはあるカモ。
そんなときは、肝をカノコ木枝に乾かしてるから取りに帰ると言いなはれよ。

>> この地は三重県の宝ホンマもんや、そのうちに原生林に道がつくね、
> それは困ります。

ダメですね、鈴鹿で、台高で実証済みですから。
こうなりゃ九鬼饅頭など売り出せば大もうけできるかも、廃屋の値が上がらないうちに確保しなくてわです。

>> ローレライ美女の九鬼編もあるかも。ドキドキするね(^^)鬼女だったらどうしよう。
> 心理的挑発が功を奏したようです。さあ、緑水さんはどうなさるでしょう。

キジョランは磁場を狂わせ方位磁石は役立たず、思考は支離滅裂、一鬼、二鬼・・・・・・久喜にならんと願い、アサハギマダラとなり満願宝珠をです。

> 次週のレポ、どうしましょう。

zippさんに前回のレポ催促ありましたが控えてました、さてどうすれば良いか思案六歩か五歩か零歩かです。
よろしくお引き回しの程をです。

                     緑水。

2006/12/09(Sat) 03:30:12  [No.5203]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 800×533 157kB)

おはようございます。
夜討ち、朝駆け、朝飯前ですね。

> 林住期に入り菜園の面白さに目覚めて、畑の幸にはまっています。いまはジャガイモが美味いですね。
> ジャガダンゴ持って歩いてます。
我が家ではネコビタイに花を植えていましたが、
いつの間にかカミさんに掘り返され今は野菜畑になって、
菜っ葉ばかり食べさせられています。
東紀州では人口減少に歯止めがかからず、
猪や猿が増えているようです。
畑も金網で囲って守らなければなりません。

> そんなときは、肝をカノコ木枝に乾かしてるから取りに帰ると言いなはれよ。
肝に銘じておきたいところですが、私の場合は、
「肝を鹿の子木の根っこに埋めてある」と言います。
ほんとに緑水さんの撮られた木の下に埋めてあるのですから。

> こうなりゃ九鬼饅頭など売り出せば大もうけできるかも、廃屋の値が上がらないうちに確保しなくてわです。
九鬼饅頭など要りません。
すでに虎巻が九鬼名物ですから、これを買っていただきます。
九鬼水軍の軍略を記した巻物を模した美味しいお菓子です。
そんなことより早いとこステーションホテルに代わる小屋を確保してください。

2006/12/09(Sat) 09:04:58  [No.5204]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:緑水
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 1024×768 377kB)

もぐらもち さん こんにちわサンです。

> 夜討ち、朝駆け、朝飯前ですね。

なんの何のこれしきこと、雨降りは天からの休養命令ですよ。
地方の豪族に伝書ハト飛ばしました。和歌の国から援軍あり、どこで魅惑に惹き込まれても位置はバッチリ確保です。
あとはモグラ穴に落ち込む注意だ、足元に気尾つけなくてわです。敵は足元にありですからね。

> 我が家ではネコビタイに花を植えていましたが、
> いつの間にかカミさんに掘り返され今は野菜畑になって、菜っ葉ばかり食べさせられています。

賢明な奥方ですね、亭主元気に林住期を楽しむ。花より野菜ですね。
へてからピンピンコロリと林自由期・・・あれ変な変換、臨終期を迎えてほしいのだと読める。

>> そんなときは、肝をカノコ木枝に乾かしてるから取りに帰ると言いなはれよ。
> 肝に銘じておきたいところですが、私の場合は、「肝を鹿の子木の根っこに埋めてある」と言います。
> ほんとに緑水さんの撮られた木の下に埋めてあるのですから。

あの樹を始めてみたとき、なにこの木肌模様はおもいました。肝油をたっぷり含んでいるんですね。
食用になるのかなあ。

> すでに虎巻が九鬼名物ですから、これを買っていただきます。
> 九鬼水軍の軍略を記した巻物を模した美味しいお菓子です。

そうなんですか(^^)マミーへの土産はこれに決まりですね。タツクリ買ってこい言われてます。お使いは九鬼へですね。

> そんなことより早いとこステーションホテルに代わる小屋を確保してください。

ハイ、拝 努力してみます。
そんなことより、天気よくなってきたなあ、出かけようかなです。
あすはこの画像地で遭遇したいですね、よろしくです。

                           緑水。

2006/12/09(Sat) 13:03:06  [No.5205]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL

こんばんは。
> 林住期・・・林自由期・・・臨終期
なるほど、変に換わるから変換なんですね。
緑水さんのお言葉は私のような尋常人間には理解不能の所があります。
高スペックのCPUを積んだ変換機がほしいです。
さしあたって、
> あすはこの画像地で遭遇したいですね
の「この画像地」は「この画像掲示板」なのでしょうか、「この画像を撮った所」なのでしょうか。
後者であれば、土日は動きにくいので無理です。
12日のつもりですが、天気が悪くなりそうだったら11日に行きます。

カゴノキ、いなべ市の石神社に巨木があるそうですが、九鬼のものと比べてみたいです。

2006/12/09(Sat) 23:43:29  [No.5207]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:緑水
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 640×480 76kB)

もぐらもち モッチさんおはようサン 九鬼原生林からいま帰りました。

 ♪ いまはもう朝、もうみな寝てる 一人かぎ開けて入るパソ部屋 でも其処は友の居る部屋 淋しくても寂しくても 泣きはしないよ〜 ♪            (とあえモアで歌って)

>> 林住期・・・林自由期・・・臨終期
> 緑水さんのお言葉は私のような尋常人間には理解不能の所があります。

アラまあ、もぐらッチさんは同類と初めて逢ったときに感じましたですよ。
前にも同じこと言う人に出会ってますが、○投げしましたです。

>> あすはこの画像地で遭遇したいですね
> 「この画像地」は「この画像掲示板」なのでしょうか、「この画像を撮った所」なのでしょうか。

もう来てるかなと思い、大声で吼えていました。

   潮騒と風が応える やまのふところ

此処は古田のキャンプ場です、高い所が頂山かな

いい天気でした、九鬼浜からダイレクトに頂山へ、へてからハカリへ
へてから、1号魚見へ・・・難儀した
原生林を楽しんで、古田のキャンプ場に戻りました。

後でレポします。
空き家をウォッチングしましたですよ。

また後で、今日も快晴だ自在に歩いてくださいね(^^)

                     緑水。

2006/12/11(Mon) 03:28:22  [No.5218]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL
Re: 頂山・ハカリカケ (画像サイズ: 1000×666 180kB)

もぐらッチも12/11岬めぐりをしてきました。
沢音に誘われ、山道から100m降りてオハイという巨石海岸で遊びました。
オハイは大配で、オワイではありません。

   岬めぐり
♪緑がいつか話してくれた
 岬を僕もたずねてきた
 二人で行くと約束したが
 今ではそれもかなわないこと
♪岬めぐりの山道こわい
 下に広がる青い海よ
 落ちたら死ぬとカゴノキたのみ
 山旅終えて街に帰ろう

2006/12/12(Tue) 11:48:56  [No.5236]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:伊勢山上住人  URL

もぐらもちさん、ようこそヤブコギネットへ。

って、
山歩き3年。ヤブコギネット1年の超新人が
大きな顔しちゃ、ひんしゅくものですね。
なぜか番頭さんが挨拶に出てこないもんだから、
代理でご挨拶させて頂きました。

(早く引っ込め! お調子者め!)

緑水さんとのエールの交換、すばらしいですね。
年の功・亀の甲・後光が差しています。

> HPとほぼ同文でスパムめいていること、ヤブコギレポでもないのに投稿したことをお許しください。

どれがスパムめいているのか、サッパリ分かりませんが、
これはもう、充分にヤブコギですよ。
好奇心のカタマリが、山を彷徨っています。いいですねぇ〜。

この地域、昔、仕事で走り回っていました。
美人が多い地帯です。
九鬼水軍が、美人ばっかり引っ張り込んだ子孫ですから。

山にぜんぜん関係ないですね。 
お呼びじゃない。はい、引っ込みます。

           伊勢山上住人

2006/12/08(Fri) 22:58:34  [No.5201]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL

伊勢山上住人さん、こんばんは。
まだお目にかかったことはありませんが、
伊勢山上に住まってみえる以上、
羽うちわをお持ちでしょうから、
どこでお逢いしてもすぐ分かると思います。
(敬語の使い方、まちがっていないでしょうね)

「思い出アルバム」を拝見する限りにおいて、
荷坂峠は越えられたことがないと思いましたが、
お仕事ではよく回られていたのですね。
天狗倉山のオチョボ岩、便石山の象ノ背、頂山のハカリカケ、
それぞれにおもしろい岩です。
お手すきのおり、ぜひどうぞ。

> 年の功・亀の甲・後光が差しています。
両人ともツル光は出てないです。

> 美人が多い地帯です。
これは同意見です。
> 九鬼水軍が、美人ばっかり引っ張り込んだ子孫ですから。
そんなこと、よう言いませんが、
このネットの女性陣も引っ張り込まれる恐れがあるわけですね。
――――――――――――――――――――
用語不勉強で間違えました(12/9記)。
スパム→マルチポスト
「留意事項」↓を確認しました。
  6) ご自分のホームページを除く、ネット上の複数の掲示板へのマルチポストはご遠慮ください。

2006/12/08(Fri) 23:51:57  [No.5202]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:山日和

もぐらもちさん、ヤブコギ楼へようこそいらっしゃいませ。(^_^)
はじめまして・・・じゃなかったですね。一度だけ掲示板におじゃまさせていただきま
した。
このあたり、大阪からはあまりに遠く、気軽に行けるとこではないんですが、いつもと
違う風景、空気、樹相に触れてみたい気がします。海のすぐそばというのもいいもんで
しょうね。
昨日、今日と会社の旅行で鳥羽へ行っておりました。昨日の昼は松阪の「牛銀」ですき
やき。夜は旅館でごちそう三昧で、すっかり太ってしまいました。(^^ゞ

> ヤブコギレポでもないのに投稿したことをお許しください。

ここにはなんにも規則なんかありませんので、遠慮なくどうぞ。山のレポじゃなくても
いいんですから。
これからもどうぞよろしくです。m(__)m

                 山日和

2006/12/09(Sat) 22:47:53  [No.5206]


  Re: 頂山・ハカリカケ 投稿者:もぐらもち  URL

こんばんは。
普段着のままでおじゃましております。
居心地がいいと居候を決め込んでしまうのであまりかまわないでください。

> 昨日の昼は松阪の「牛銀」ですきやき。
豪勢なものですね。
新松阪人の私でも牛銀には2回しか上がったことがありませんのに・・・。
こちらに居候ができるといいのですけれどね。

2006/12/10(Sun) 00:11:40  [No.5208]


掲示板に戻る