一括表示

奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 (画像サイズ: 640×480 88kB)

12月10日。
信じられない良い天気。
もっと早く起きれば良かった。
R22号、東海北陸道、今朝の能郷白山はでかい。
まわりに雪がないので能郷白山だけが白く輝いている。
車を止め、写真を撮るべきだった。
残念ながら美濃に入ったら霧。折越峠に着いた頃には西の方はガス。
東のドウの天井から日永岳方面、舟伏山、逆光に輝く伊勢湾がきれいだった。

今日は新しい靴の慣らし一回目。
残念ながら期待していた雪がない。
たぶん10年ぶりぐらいの大白木山。4度目かな?折越峠から巡視路の道。
ずいぶん踏まれて、立派な登山道になっている。
山頂直下の南尾根は昔のように少し藪っぽくて奥美濃らしさが残っていていいね。
三角点から北西尾根へ。
雪はちょろっとしか残っていないけど、霧氷がきれいだ。
青い屋根の建物がある。
この辺り開けて展望が良かったのに・・・。

雪がないのは誤算だった。
でも、たっぷりあったら峠は通行止めかな・・・。
10年前に見た真っ白な屏風をまた見る予定だったけど・・・、でも雲の中か・・・。
高屋山が見える。その向こうに大きな白い山が少し覗く。
能郷白山の前山かな?上の方は雲がかかって残念。

行けるとこまで行くか。
そのうち晴れてくるだろう。
もう少し雪があれば・・・高屋山まで行けるかもね。
藪の中まばらだが電柱のようにブナが天を突く。
なんて野性的な稜線でしょ。
ひさしぶりに藪漕ぎをやっているではないか。
・1170から緩やかに下って・1139手前の鞍部で少し藪が薄くなった。
やっと樹林ごしだが頭が少しだけ白い屏風が見えた。
やっぱりこの角度が一番好きな完璧な形。
これで満足、さあ下ろう。
鞍部から東に向かって下る。
途中周囲4mぐらいの大きな木があった。
水が出てくるときれいな緑の苔の谷。
鈴鹿にはあまり無いな〜、こんなきれいな緑の苔の谷は。
1m〜3mぐらいの滝がちょこちょこあるが、登山靴で降りていける。
右から一本出合って少し谷が開けるが、ず〜と緑の苔と小滝が美しい。
小滝がなくなると前方に細い窓。
す〜と引き寄せられるようなスピードが速まった流れ。
やばい。
右岸の斜面を上がる。トラバースできるところまでどんどん上がる。
やっとトラバースできる傾斜になって、谷の先に落ち込む尾根に乗った。
尾根には踏み跡があり、慎重に下っていく。
窓の向こう側は、懸垂していたらかえってやばそうな滝が樹間から覗けた。
尾根の末端は越波谷本流との二俣だった。
右俣に入りさっきの滝の直下に行ってみる。
下15m、上は20mぐらいあるかもしれない2段の滝だった。

本流に入ってトボトボ歩く。
すぐに堰堤横の道路に出た。
ちょうどヘヤピンカーブのところ、・542の上に出た。

新しい靴は合格。
前の靴は最初のシーズンは毎回靴擦れができた。
同じメーカーの皮の靴。
靴が足に馴染んだのではなく、ひょっとしたら僕の足が何年かかかってそのメーカーの足型に合う形になったのかもね。

折越峠10:00→大白木山12:00(休)→・1139手前鞍部13:30→道路14:50(休)→P15:30

2006/12/10(Sun) 23:38:04  [No.5216]


mayonekoさん、こんばんは。

例によって、山域・美濃ヤブ 門外漢です。

> 今日は新しい靴の慣らし一回目。
> 新しい靴は合格。

いいですねぇ。足に合う靴。靴に合う足。

私、足サイズ 28cm 甲高 幅広。
ビジネス靴も、品揃え1足のみ、
「これしかないのですか?」
「はい。今のところ・・。」
「・・・・・・・・・・。」

山用は、靴のサイズに足を合わせて歩いています。
パットを貼らないと、靴擦れします。
激下りをした後は、必ず爪が死にます。

○○の大足。悩み多き年頃です。

スミマセン。mayonekoさんへのレスではなく
伊勢山上住人の人生相談になってしまいました。

                  伊勢山上住人

2006/12/11(Mon) 21:13:11  [No.5222]


Re: 奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 (画像サイズ: 640×480 78kB)

こんばんは、伊勢山上さん。

> 山用は、靴のサイズに足を合わせて歩いています。
> パットを貼らないと、靴擦れします。
> 激下りをした後は、必ず爪が死にます。

僕も足の爪は年中死んでますよ〜。
沢登りの沢靴は山靴としては少し小さめのドンピシャにしています。
滝や岩を登る時に大きいと心配で。
そのせいで爪を傷めて親指の爪が黒い部分が無くなったことがありません。
下りで突いてしまうんですよね。
他の指の爪も何度か内出血の後新しい爪ができ、痛みもなくポロリと取れたりします。
それを繰り返し、どんどん爪が小さくなってきています。
ひょっとして、退化していってるんだろうか?
ちょっと心配だな〜。

画像は僕の大好きな屏風山です。

2006/12/11(Mon) 21:30:42  [No.5224]


mayonekoさん、貴重なお話、勉強になります。

> 僕も足の爪は年中死んでますよ〜。
> 親指の爪が黒い部分が無くなったことがありません。
> 他の指の爪も何度か内出血の後新しい爪ができ、
> それを繰り返し、どんどん爪が小さくなってきています。

mayonekoさんでも、そうなんですか。
な〜んだ。
爪が死ぬのを恐れていたんじゃダメなんですね。

よ〜し。ガンガン行くぞ〜〜〜。

ありがとうございました。         伊勢山上住人

2006/12/11(Mon) 22:19:47  [No.5229]


Re: 奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 (画像サイズ: 800×600 111kB)

mayonekoさん、こんばんは。
大白木山は未踏です。高屋山から無雪期につなごうと思ってますが、ヤブの具合は
どんな感じでしょう。
積雪期は折越峠は通行止めですよね。

> やっと樹林ごしだが頭が少しだけ白い屏風が見えた。
> やっぱりこの角度が一番好きな完璧な形。

屏風山ですね。この山は見る角度によってずいぶん形が変わりますね。
ほぼ真南からだと三角錐でしょうか。左門あたりから見ると屏風を広げたようですが。

               山日和

2006/12/11(Mon) 21:31:51  [No.5225]


Re: 奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 (画像サイズ: 640×480 76kB)

こんばんは、山日和さん。

> 大白木山は未踏です。高屋山から無雪期につなごうと思ってますが、ヤブの具合は
> どんな感じでしょう。
> 積雪期は折越峠は通行止めですよね。

12月27日まで時間帯通行の予告が表示してありました。
今年は雪が少ないのでまだ予告のままでした。
高屋山の北の尾根は藪が薄くとても気持ちよく登れますね。
そのかわり下山時にどこでも歩けるため迷いやすいので要注意ですよね。
大白木山から途中まで歩きましたが、無雪期はやはり藪がうるさく逆コースだと大変かも。
でもアップダウンはそれほど厳しくないし稜線もそれほど複雑ではなく、大白木山からは良い道が峠までありますので心配は時間だけだと思います。
最悪北に下りれば道があるわけですが、昨日の最後の滝はちょっと緊迫しました。
そんな滝場があるような感じがしなくて。
やはり谷を舐めてはいけませんね。

> 屏風山ですね。この山は見る角度によってずいぶん形が変わりますね。
> ほぼ真南からだと三角錐でしょうか。左門あたりから見ると屏風を広げたようですが。

屏風山を見る山旅ってのもいいですね。

2006/12/11(Mon) 22:21:01  [No.5230]


mayonekoさん、こんばんは。

同じ日、僕は雪のついた小津権現にいました。屏風山も見えました。高屋山の肩ぐらいは見えたかな。

大白木山は好きな山の一つです。ここの反射板あたりからは根尾の山々が見回せて、その景色を見ながら幼き頃に思いを重ねて過ごすのが大好きだった頃があります。

もうここ数年訪れていませんね。最後に行ったときは登山道の西側が伐採されていてはげ坊主になっていて興をそがれてしまいました。でも、そういう山なのだからしかたないですけどね。

ここから見るきれいな三角形の屏風山は僕も好きです。繊細な美しさですよね。左門側からのごつさはここからは想像できない。

高屋山までの尾根はいつか歩きたいなあとは思っているものの何時までも実現できずにいます。高屋山から少しだけ歩いてみましたが藪が凄くて…。やはり残雪期かなあ。

しかし、よく下りれば道があるからと行って谷を下っていけますね。すごいなあ。途中、予想外の滝に出合って巻いたようですけど…。しかし、こんなところに意外な滝がありましたね。この滝見に行きたいなあ。来年あたりこの沢に人だかりができたりして。

             Tsutomu

2006/12/11(Mon) 22:50:47  [No.5232]


Re: 奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 (画像サイズ: 640×480 76kB)

こんばんは、Tsutomuさん。

> しかし、よく下りれば道があるからと行って谷を下っていけますね。すごいなあ。途中、予想外の滝に出合って巻いたようですけど…。しかし、こんなところに意外な滝がありましたね。この滝見に行きたいなあ。来年あたりこの沢に人だかりができたりして。

滝は道路横の堰堤から15分もかかりません。
画像の素敵な河原の二俣から右へ。
高巻きするにはこの2つの谷を分ける尾根を50m以上登らないと、とてもトラバースできる斜面にならないと思います。
このままこの尾根を登ってもいけそうです。
踏み跡があるってことは巡視路の道以前の登路だったかも?
本流(左俣)の方には林道がかなり上の方まであるので、これも歩いてみると面白いかも?
巡視路のせい(おかげ)で何故かハイキング気分で出かけてしまう山ですよね。

2006/12/13(Wed) 22:09:09  [No.5270]


  Re: 奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 投稿者:とっちゃん(こと)

まよさん、こんばんは〜。(


> 今日は新しい靴の慣らし一回目。
> 残念ながら期待していた雪がない。

新しい靴って、最初の一歩が楽しみやね〜。でも、ちょっと心配だったりして、お店で何度はいてみても、履き心地ってなかなか分からないものね。

先日、雪山用の新しい靴かったんですが、風邪引いてダウンして雪山はいけずじまいでした。

> たぶん10年ぶりぐらいの大白木山。

名前しかしらない山です〜。

> 藪の中まばらだが電柱のようにブナが天を突く。
> なんて野性的な稜線でしょ。
> ひさしぶりに藪漕ぎをやっているではないか。

それも、いいじゃないですか。

> やっと樹林ごしだが頭が少しだけ白い屏風が見えた。
> やっぱりこの角度が一番好きな完璧な形。
> これで満足、さあ下ろう。

雪はもっとついていたら、よかったんだろうけど好きな風景見れれば幸せやね。

> 途中周囲4mぐらいの大きな木があった。
> 水が出てくるときれいな緑の苔の谷。
> 鈴鹿にはあまり無いな〜、こんなきれいな緑の苔の谷は。

苔の緑の谷は、なんだか気持ちが休まるね〜。この秋に行った乗鞍の里、五色ケ原にも、そんな谷がありましたよ。

> 窓の向こう側は、懸垂していたらかえってやばそうな滝が樹間から覗けた。
> 尾根の末端は越波谷本流との二俣だった。
> 右俣に入りさっきの滝の直下に行ってみる。
> 下15m、上は20mぐらいあるかもしれない2段の滝だった。

急に谷の様子が変わる。ドッキとするけど、また、トキメキでもあるような。

> 新しい靴は合格。

よかったですね〜。私の靴は合格するかな?

2006/12/12(Tue) 20:08:31  [No.5245]


Re: 奥美濃・大白木山 越波谷右俣下降。 (画像サイズ: 640×480 84kB)

とっちゃん、こんばんは〜。

> > 新しい靴は合格。
>
> よかったですね〜。私の靴は合格するかな?

僕の靴は。

http://hike.blog83.fc2.com/blog-entry-129.html

なかなか面白いブログ「登山靴ネット- 登山靴なら何でもこい!」
の↑上のURLの靴だよ。

グローネル・ステルビオトップ

お店の人の話では、クラシックな皮の靴はもうあんまり売れないそうです。
足に馴染むまで時間がかかるし、手入れも大変、重くてワンタッチアイゼンは着かないし。
最初に説明しているのに「痛くてかなわん」と文句を言ってくるお客が多いそうです。
今は軽量なウレタンミッドソール靴が主流で、売れないので、まったく縫い出しソール靴を置いていない店もあります。
ウレタンの突然破損は無いものの、今は縫い出しソールもビブラムは圧着糊でくっついているので5年ぐらいで剥がれるそうです。
で、売れない在庫の靴なので30%〜40%OFFがざらです。
問題はサイズが残っているかどうかですが・・・。

僕の持っているアイゼンは一本締めだし、僕の行く山域はワカンが多いのでクラシックな皮の靴がいいのです。
アイゼンもワカンもビシッと締まるしね。
ソールもクラシックな平らな硬いビブラムのキックステップがやっぱりいい。
鈴鹿では藤内沢のような氷と岩のミックス以外はアイゼンは着けないです。
伊吹山でもよっぽどの堅雪じゃなければ山頂までキックステップで登っています。
12本の前爪を刺さなきゃ登れないような怖いところはよう行きません。
低山の雪山がやっぱり好きです。
無雪期ではとても上がれない斜面もピッケルとキックステップでどんどん登っていける。
苦手なのがみんなが歩いて踏み固められた登山道。
ようこけるわ(笑)

画像は大白木山で見た大きな木だよ。
何の木かな?

2006/12/13(Wed) 22:17:53  [No.5271]


掲示板に戻る