一括表示

【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 600×800 148kB)

 霧氷で有名な三峰山から東へ、局ヶ岳へと続く長い稜線。
この山域を三峰山地という。この両著名ピークにはさまれ
た修験業山と栗ノ木岳は以前から気になっていた山だ。
「三重県の山」で紹介されている若宮八幡宮からの周回コ
ースが一般的らしいがちょいと物足りない。
リハビリの総仕上げとして、坂本谷から平倉峰へ上がり、
いくつものピークを越えて若宮峠から下山すれば充実した
山行になるに違いない。そのためには2台の車が必要である。








【日 時】2006年12月23日(土)
【山 域】三峰山地 修験業山周辺
【天 候】曇りのち晴れ
【メンバー】Y夫妻、とっちゃん、山日和
【コース】坂本谷林道ゲート8:14---9:03林道終点9:17---9:28尾根取付き---
     10:36主稜線---10:44平倉峰10:52---11:29涸谷山11:40---11:50
     黒岩山---12:56修験業山14:13---15:01栗ノ木岳15:08---15:24
     若宮峠15:31---16:31若宮八幡神社

 名張のコンビニでとっちゃんと待ち合わせて2台で登山口へ向かう。名張川
に沿って走る国道は久し振りだ。曽爾の山々はもう興味の対象外。三峰山も
人が多過ぎて登る気がしない。
 若宮八幡神社にとっちゃんの車を配して、坂本谷の林道を進む。橋を渡った
ところに立派な建物が2棟あり、手前にチェーンゲートがかかっていた。
東屋や水道、ベンチ、トイレもありちょっとしたキャンプ場の風情だがそうで
はないようだ。Y夫人持参の古いエアリアには、この坂本谷から三峰山へ登る
登山道が実線で描かれていたがその名残だろうか。

 やたら急な舗装林道をしばらく進むとダートに変わり、すぐにガケ崩れで
車両通行不能状態となった。どうやら現役の林道ではなさそうである。
だんだん林道の体を成さなくなりガレた急斜面に靴の幅ほどもない踏み跡が
続くトラバースを慎重にこなす。
眼下の坂本谷はいくつもの小滝をかけて美しく優しい流れを見せる。
 再び林道らしい道幅を回復して対岸に右俣出合を見送るとやがて林道終点
である。左岸に渡ると炭焼窯跡があった。このあたりまでくると植林はまっ
たく入っておらず、うれしい誤算である。
 右岸からの支流をふたつ見送ると中俣と左俣の出合であるが、この左俣は
河原を歩いていると知らない間に横切ってしまうような目立たない出合い方
をしている。右俣とほとんど同じ方向から流れてきて、いつの間にか中間尾
根に乗っているという具合である。
 この出合は広々とした気持ちのいい場所で、ここまでの流れは地蔵谷に通
じるものがあった。

 標識らしきものが見えた。登山道の名残かと思って近付くと、「さるなし」
という木の名前を書いた札だった。ここまでひとつもなかったのに唐突で笑
えてしまった。
 この中間尾根が旧登山道だと思い込んで上がっていった。テープの類はま
ったくないが、疎林の尾根で前進を阻むものもない。明瞭ではないが踏み跡
もあった。(実際の登山道は中俣をもう少し進んで次の二俣の中間尾根にある
らしい)
 しばしの急登が一段落すると、Ca980mあたりで尾根は広がりを見せ、大き
く開けたコバが現われた。真ん中には炭焼窯の残骸があり、まわりは細い木
ばかりだが美しい二次林が広がる。いいところだ。
 そこから再びの急斜面にかかるのだが、その取り付きはまるで御池テーブ
ルランドの側面のように苔むした岩がごろごろと転がっていた。
 
 立ち木のお世話にならないと体が持ち上がらない急登が続いた。あと少し。
ガスに覆われた三峰山頂方面には白いかたまりが見える。霧氷だ。
 稜線に飛び出した。風が強い。ここは平倉峰の西の肩、山頂は目と鼻の先
である。ささやかながら霧氷が付いていた。三峰のすぐ隣の山なのに、霧氷
の付き方にはかなり差があるようだ。三峰の方が風の通り道なのだろうか。
晴れの予報だったが青空はかけらも見えない。

 2ヶ月ほど前にこの稜線を歩いているY夫人によると、修験業山までは結構
アップダウンがあるらしい。闇下を避けるためには3時には若宮峠に到達した
い。逆算してランチ場所とタイムを決めなければならない。
もちろん風がないことが第一条件であるが。

 三峰〜修験業の稜線は非常によく踏まれた登山道である。気持ちのいいブ
ナ林のプロムナードであるが、特筆すべきは左手の平倉谷源頭斜面である。
平倉谷源流のこの一帯は三重大学の演習林となっており、素晴らしい樹林が
残されている。谷側斜面にはブナやミズナラの大木が林立しており、いきお
い斜面をトラバースするように歩くことになる。馬駈場の尾根を木原谷寄り
に歩くような感じである。
ただし尾根芯を境界として右側(旧飯高町側)は完全に植林となり、頭を左に
ばかり向けて歩くので首が痛くなる。
 残念ながらこの演習林は平日の昼間以外は立ち入り禁止。入林するために
は事前に許可が必要である。林内は歩道も整備されているようだが。

 尾根の左右で見事に色分けされた稜線を行くと涸谷山に着く。北東方向に
張り出した尾根にも道があり、涸谷歩道という標識もあった。三重大が立て
たものだろうが、立ち入り禁止とは書いていなかった。
 この尾根と進行方向の尾根の間の斜面に素晴らしいブナの巨木があった。
千手観音のように枝を張り出し深緑の苔をまとったさまはさながらこの森の
主の風格を漂わせていた。

 標識がなければ通り過ぎてしまいそうな黒岩山を過ぎると栗ノ木岳までの
間では最大のギャップにかかる。急な下りは尾根上に岩場でもあるのか、右
の谷からトラバース気味に鞍部へ下りつく。
一旦登り返して再びの下りでCa920mの最低鞍部に到着。ここから修験業山へ
170mの登りである。Y夫人の話では山頂手前に食適地のコバがあるらしいが
風はどうだろうか。

 やっと差し始めた陽光の下、明るい樹林の緩やかな登りは苦にならない。
もう1時を回ろうかという頃やっと修験業山に到着である。
北には曽爾の山々が霞んでいるが、木が葉を付けていればまったく展望ゼ
ロの山頂だろう。だかこの樹林の佇まいは実にいい。
 尾根上はやはり風があるが、少し南側斜面へ逃げると風の当たらない場
所があった。やや傾いてはいるが絶好のランチ場所である。
とっちゃんのザックから全員分のおでんが出てきて温めてくれたのであり
がたく頂く。いつの間にか頭の上には真っ青な空が広がっていた。

 若宮八幡神社の山宮である高宮を過ぎるとギャップの向こうにきれいな
三角錐の栗ノ木岳が見えてきた。そのはるか向こうにはこれまた三角錐の
局ヶ岳が遠い。山頂の反射板が白く光っていた。
 本日最後の登りをあえぎ登ると狭い栗ノ木岳山頂だ。
先客がふたり。今日初めて会う登山者である。
 もう3時。予定を少しオーバーしている。先を急ごう。若宮峠へは文字通
り転げ落ちるような下りである。この下りでも足は痛まなかった。
もう大丈夫か。

 峠からは左山のトラバース気味の下降で尾根に乗る。地図上ではこのまま
しばらく尾根を行くはずだったが、標識は左の大宮谷の方を指している。
登山道が付け替えられたのかもしれない。
 尾根上にも明瞭な道が続いていたが、標識に従って谷へ下る。尾根は植林
だったがこちらは若い自然林に覆われているので気分よく歩ける。
足元が怪しい部分もあるものの、迷うこともない。右の流れはナメが続き美
しい。登りの坂本谷に続いて下りでも美しい流れを愛でることができ満足で
ある。
 しかし谷の日暮れは早く、二つ目の二俣を過ぎたあたりで薄暗くなってきた。
目の悪い者にとっては辛い下りである。
 思ったより早く、1時間で若宮八幡神社に到着。充実の縦走周回登山が完結した。

                山日和

2006/12/25(Mon) 00:34:12  [No.5483]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 1000×750 115kB)

山日和 さん おはようサンです

充実山行で完全復帰ですね(^^)辛抱だったでしょうなあ。
なにせ山へ行けなくなったら、この世の終わりみたいな方ですから、このレポを読め俺は男だ侍だを感じさせてくれますです。

この山域は登ってると思うが、記憶は若宮八幡神社と奥にある、賽の河原だったかの記憶が蘇るだけ。
雲出川の最初の一滴が生まれる、敬虔な神社なんですよね。

> Y夫人持参の古いエアリアには、この坂本谷から三峰山へ登る、登山道が実線で描かれていたがその名残だろうか。

緑の持つエリアマップにも破線ながらいくつもコースが読めますね。
読み進むうちに、青少年キャンプ村に泊った覚えが蘇りますわ。

> 2ヶ月ほど前にこの稜線を歩いているY夫人によると、修験業山までは結構アップダウンがあるらしい。
> 闇下を避けるためには3時には若宮峠に到達したい。逆算してランチ場所とタイムを決めなければならない。

カチャカチャと運行時間が決まります、各駅停車もスピードアップしなくてわ、気分いいですね。

> 平倉谷源流のこの一帯は三重大学の演習林となっており、素晴らしい樹林が残されている。
> 谷側斜面にはブナやミズナラの大木が林立しており、いきおい斜面をトラバースするように歩くことになる。

ほいっ! 見にいかな成らない地点だ、久しぶりに山日和レポに心が動きます。

> きれいな三角錐の栗ノ木岳が見えてきた。そのはるか向こうにはこれまた三角錐の局ヶ岳が遠い。山頂の反射板が白く光っていた。

この二峰は目立ちますね、烏山からは局ケ峰、栗ノ木岳が重なって、きてください寄りなされって言ってました。
このレポで行きますわ(^^)二番煎じは甘くて美味しいですもん。

> この下りでも足は痛まなかった。もう大丈夫か。
> 充実の縦走周回登山が完結した。

よかったよかった、余暇饅頭ですね。

                         緑水

2006/12/25(Mon) 09:45:23  [No.5486]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 600×800 148kB)

緑水さん、どうもです。

> 充実山行で完全復帰ですね(^^)辛抱だったでしょうなあ。

あんまり辛抱できなかったからちょっと長引いたのかも・・・(^^ゞ

> なにせ山へ行けなくなったら、この世の終わりみたいな方ですから、

うひゃー、えらい評価ですね。もっともヤブコギはそんな人ばっかりのような・・・

> この山域は登ってると思うが、記憶は若宮八幡神社と奥にある、賽の河原だったかの記憶が蘇るだけ。
> 雲出川の最初の一滴が生まれる、敬虔な神社なんですよね。

神社にしてはモダンなホームページもありびっくりしました。

> カチャカチャと運行時間が決まります、各駅停車もスピードアップしなくてわ、気分いいですね。

登山道とはいえ初見の山域で闇下は避けたいですからね。

> > 谷側斜面にはブナやミズナラの大木が林立しており、いきおい斜面をトラバースするように歩くことになる。
>
> ほいっ! 見にいかな成らない地点だ、久しぶりに山日和レポに心が動きます。

木原谷源頭みたいにゆるゆると歩きにくいですが、いい森です。

> よかったよかった、余暇饅頭ですね。

ありがとうございます。皮が薄くてあんこたっぷりでした。(^^)

               山日和

2006/12/25(Mon) 19:18:04  [No.5491]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 1000×666 231kB)

> 三峰山も人が多過ぎて登る気がしない。
多すぎる人間の1人で、すみません。
三峰山−平倉峰−涸谷山はほとんど人に会いません。

> 橋を渡ったところに立派な建物が2棟あり、手前にチェーンゲートがかかっていた。
> 東屋や水道、ベンチ、トイレもありちょっとしたキャンプ場の風情だがそうで
> はないようだ。
ここは生活共同体であるY会の所有で、「立派な建物」はその研修・宿泊施設です。
ゲートに「山林保護の為立ち入らないで下さい」と小さな看板があったと思いますが、
植林・伐採等の「森林活動」をされているようです。
この界隈、私の秘密の花園です。
ここの方も山の花をたいへん大事にされています。

> 平倉谷
一帯はむかし藤堂藩の杣林であったのを三重大が引き継いだものです。
メジャー派を喜ばせる巨木も多く、シャクナゲのトンネルもすばらしいです。
「入山許可」を得られてまたお出かけください。
             もぐらッチ

2006/12/25(Mon) 13:55:51  [No.5487]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 800×600 191kB)

もぐらもちさん、どうもです。

> > 三峰山も人が多過ぎて登る気がしない。
> 多すぎる人間の1人で、すみません。

いえいえ、別に登る人を非難してるわけではないので・・・
人に会うのがイヤなへそまがりの戯れ言です。(^_^;)

> 三峰山−平倉峰−涸谷山はほとんど人に会いません。

その通り、ひとりも会いませんでした。

> ここは生活共同体であるY会の所有で、「立派な建物」はその研修・宿泊施設です。
> ゲートに「山林保護の為立ち入らないで下さい」と小さな看板があったと思いますが、

そうだったんですか。看板には気が付きませんでした。
一応駐車の許可を得ようと建物へ行ったのですが、誰もおられないようでした。

> この界隈、私の秘密の花園です。

勝手にお邪魔してすみません・・・m(__)m

> > 平倉谷
> 一帯はむかし藤堂藩の杣林であったのを三重大が引き継いだものです。
> メジャー派を喜ばせる巨木も多く、シャクナゲのトンネルもすばらしいです。
> 「入山許可」を得られてまたお出かけください。

「平日限定」っていうのがねえ・・・(^^ゞ

              山日和

2006/12/25(Mon) 19:27:37  [No.5492]


  Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ 投稿者:とっちゃん(こと)

山さん、こんばんは〜。

地図を見ればなかなか歩きこたえのあるコース、まさかこれがリハビリコース?確か先週の三国では、びわ池からの下山で膝の痛みが出ていたようなので心配やなぁと思っていたら、急な下りも痛みも出なくてほっとしたよ。

リハビリの山歩き卒業証書授与って感じやったね。

リハビリの山、山さんの完全復帰までちゃんと見届けたいと皆勤をめざしていたけど、そのうちの二回はおつきあいできなかってちょっぴり残念やったなぁ。

完全復帰ほんと、おめでとう〜。(*^_^*)年末に一人で、この一ヶ月余りの思いを解き放して山を堪能してきてね。

坂本谷は、私もお気に入りの谷になりました。いくつか分かれている谷を時には沢靴はいて、時には登山靴はいてのんびり楽しみたいなぁ〜って思いました。

演習林の観察会などに妹一家が何回か行っていて、興味がありながらこの辺り私は初めてでした。今回行く機会をいただいて嬉しかったです。

演習林も、いつか休暇がとれたら歩けるといいなぁ。

リーダーの山さんは、時間配分や、仲間のことを気づかいながら歩いているのに、ええかげんな性格で一人ついふらふら〜と獣道に誘いこまれて歩いちゃってごめんね〜。

ほんまに、ブナやミズナラの大木の豊かな山でした。

Yさんとは、ほんとうに久しぶりに一緒に歩けて嬉かったです。しんどさを感じさせずにピタッっと山さんについて歩いてはって、あらためてその健脚ぶりに感心しました。すごいなぁ。

平倉峰から修験業山の間、ほんとに心うたう斜面でした。

快晴のはずが、お日様が隠れていて寒いランチかと心配でしたが、日だまりでのんびりとお昼を過ごせて、よかったね〜。

何回か通いたくなり山域でした。

昔の道が、地図に生きていていて、今はとぎれとぎれでも再びその道を拾って歩けたら。また一つそんな楽しみをもらったような気がします。。

2006/12/25(Mon) 22:26:00  [No.5496]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 900×675 170kB)

とっちゃん、どうもです。お疲れでした。って、全然疲れてないわな。
次の日も青田へ行くくらいやから。(^^ゞ
今回は少々長いコースだったので、闇下の心配も含めて若干不安があったけど、痛みも
ほとんど出なくて万々歳でした。
行く前は多少痛みが残ってたんやけど、翌日からはきれいになくなりました。
やっぱりリハビリは使い倒さんとあかんねー。(^_-)
それにしても雪降らんなあ。

               山日和

2006/12/25(Mon) 23:28:16  [No.5498]


山日和さん こんばんは

>  もう3時。予定を少しオーバーしている。先を急ごう。若宮峠へは文字通
> り転げ落ちるような下りである。この下りでも足は痛まなかった。
> もう大丈夫か。

完全復帰 おめでとうございます。

なが〜い 療養(頭に無がつく?)期間 ジクジたる思いでしたでしょう

しかし、ほとんどブランク 感じさせませんでしたが・・・

> 眼下の坂本谷はいくつもの小滝をかけて美しく優しい流れを見せる。
>  再び林道らしい道幅を回復して対岸に右俣出合を見送るとやがて林道終点
> である。左岸に渡ると炭焼窯跡があった。このあたりまでくると植林はまっ
> たく入っておらず、うれしい誤算である。
>  この出合は広々とした気持ちのいい場所で、ここまでの流れは地蔵谷に通
> じるものがあった。

ええとこのようですなぁ


> く開けたコバが現われた。真ん中には炭焼窯の残骸があり、まわりは細い木
> ばかりだが美しい二次林が広がる。いいところだ。
>  そこから再びの急斜面にかかるのだが、その取り付きはまるで御池テーブ
> ルランドの側面のように苔むした岩がごろごろと転がっていた。

ますます でんなぁ

> 平倉谷源流のこの一帯は三重大学の演習林となっており、素晴らしい樹林が
> 残されている。谷側斜面にはブナやミズナラの大木が林立しており、いきお
> い斜面をトラバースするように歩くことになる。馬駈場の尾根を木原谷寄り

ウ〜ん 二番煎じ 決定ですわ  

しかし いつになる事やら・・

>  残念ながらこの演習林は平日の昼間以外は立ち入り禁止。入林するために
> は事前に許可が必要である。林内は歩道も整備されているようだが。

演習林 て どんなんなんでしょう??

> 充実の縦走周回登山が完結した。

復帰第一弾から さすがのカウンターパンチでした。

それにしても、今年は雪ありまへんなぁ・・

では また どこか パウダーの吹きだまりで・・

    SHIGEKI

2006/12/25(Mon) 23:03:42  [No.5497]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 900×675 172kB)

SHIGEKIさん、どうもです。

> 完全復帰 おめでとうございます。

ありがとうございます。m(__)m

> なが〜い 療養(頭に無がつく?)期間 ジクジたる思いでしたでしょう
> しかし、ほとんどブランク 感じさせませんでしたが・・・

ほとんどブランクなかったような気も・・・

> ええとこのようですなぁ

ええとこでしたわ。

> ますます でんなぁ

ますますですわ。

> ウ〜ん 二番煎じ 決定ですわ  

行きなはれ、行きなはれ。

> しかし いつになる事やら・・

思い立ったが吉日。

> 演習林 て どんなんなんでしょう??

要するに芦生のミニ版ですな。

> それにしても、今年は雪ありまへんなぁ・・

年内はまあええとして。年明けたらどっと降ってもらわんと困りますねー。

              山日和

2006/12/26(Tue) 00:24:22  [No.5500]


山日和さん こんにちは

>  霧氷で有名な三峰山から東へ、局ヶ岳へと続く長い稜線。
> この山域を三峰山地という。この両著名ピークにはさまれ
> た修験業山と栗ノ木岳は以前から気になっていた山だ。

せっかく誘っていただきましたが、ちょっと疲れすぎだったので、失礼しました。
修験業山と栗ノ木岳は、昔、若宮神社から周回したことありますが、
妙に地盤の軟らかいフワフワした山だと思ったことと、
両方の山頂とも山名プレートが10個以上鈴なりになっていて、
まるで正月の神社に奉納された絵馬を見ているようだったのを覚えています。

>  しばしの急登が一段落すると、Ca980mあたりで尾根は広がりを見せ、大き
> く開けたコバが現われた。真ん中には炭焼窯の残骸があり、まわりは細い木
> ばかりだが美しい二次林が広がる。いいところだ。

このあたり、なかなかよさそうですね。
 
>  立ち木のお世話にならないと体が持ち上がらない急登が続いた。あと少し。
> ガスに覆われた三峰山頂方面には白いかたまりが見える。霧氷だ。
> 晴れの予報だったが青空はかけらも見えない。

この日の天気予報には、みんな騙されてますね。
でも、霧氷が見られましたか。
ワシは、今年はまだ見てないです。

>  2ヶ月ほど前にこの稜線を歩いているY夫人によると、修験業山までは結構
> アップダウンがあるらしい。闇下を避けるためには3時には若宮峠に到達した
> い。逆算してランチ場所とタイムを決めなければならない。

闇下の心配があったのですか。
さすが、山日和式リハビリ山行ですね。

>  やっと差し始めた陽光の下、明るい樹林の緩やかな登りは苦にならない。
> もう1時を回ろうかという頃やっと修験業山に到着である。
> 北には曽爾の山々が霞んでいるが、木が葉を付けていればまったく展望ゼ
> ロの山頂だろう。だかこの樹林の佇まいは実にいい。

ワシの行ったときは、展望なし。
高宮からの展望がよかったけど、下から望遠鏡で見られてるような気分でした。

>  もう3時。予定を少しオーバーしている。先を急ごう。若宮峠へは文字通
> り転げ落ちるような下りである。この下りでも足は痛まなかった。
> もう大丈夫か。

毎週これだけ山日和式リハビリを実行すれば、もう充分大丈夫でしょう。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2006/12/26(Tue) 09:40:11  [No.5505]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 675×900 215kB)

洞吹さん、どうもです。

> せっかく誘っていただきましたが、ちょっと疲れすぎだったので、失礼しました。

最近どうもお疲れのようですなあ。

> 両方の山頂とも山名プレートが10個以上鈴なりになっていて、
> まるで正月の神社に奉納された絵馬を見ているようだったのを覚えています。

それほどではなかったですね。篤志家が掃除してくれてるんでしょう。

> この日の天気予報には、みんな騙されてますね。
> でも、霧氷が見られましたか。
> ワシは、今年はまだ見てないです。

毎週だまされてるみたいです。
霧氷は今年3回目でした。

> 闇下の心配があったのですか。
> さすが、山日和式リハビリ山行ですね。

佐久間式ドロップスですわ。(^_-?)

> ワシの行ったときは、展望なし。

この稜線は展望を期待するなら冬ですね。

> 毎週これだけ山日和式リハビリを実行すれば、もう充分大丈夫でしょう。

もう大丈夫なようです。リハビリも疲れますねー。

               山日和

2006/12/26(Tue) 21:20:19  [No.5509]


  Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL

洞吹さん、こんばんは。

> せっかく誘っていただきましたが、ちょっと疲れすぎだったので、失礼しました。

ノロウィルスに犯されて、すでに1ヵ月以上経つというのに、まだ体調が悪いのですか?
よほど手抜きの出来ないお仕事をされているのですね。

川のほとりか、谷のほとりか、泉のほとりか、(すっかりアルツです)
今年も、出かけられるのですか? 他人事ながら心配します。

今年は、雪もないことですし、中止ですか?

> ワシは、今年はまだ見てないです。

ってことは、少しは山に入っては、いるんですね。

そろそろ私も、雪の上を歩きたいです。
奥ノ平をスノーシューでのんびり散歩したい。
今冬はちょっぴり異常気象です。

              伊勢山上住人

2006/12/27(Wed) 22:35:41  [No.5521]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 1280×960 294kB)

伊勢山上住人さん こんばんは

> ノロウィルスに犯されて、すでに1ヵ月以上経つというのに、まだ体調が悪いのですか?
> よほど手抜きの出来ないお仕事をされているのですね。

ご心配いただき、恐縮です。
ノロウィルスはもう大丈夫です。
五十肩も完治宣言します。
単なる仕事疲れです。
代わりがいない仕事なので。
今夜は、久し振りの開放感。
久し振りに気持ちゆったり、ホッとしてます。
焼酎のお湯割りがうまいです。

> 川のほとりか、谷のほとりか、泉のほとりか、(すっかりアルツです)
> 今年も、出かけられるのですか? 他人事ながら心配します。
> 今年は、雪もないことですし、中止ですか?

もう日付が変わったので、今日から雪模様ですね。
気持ちは「川のほとりへ」と飛んでいるのですが、用意ができない。
テント担いで、ゆっくりと山に浸りたかったのですが、
普段はとにかく時間がなくて、疲れてすぐマブタが閉じてしまい、何にも用意できなかった。

なにがなんでも行ったるで……の気持ちが、どこかへ行ってしまったみたい。
テキトーな山歩きしかできなくなってきた。
この年末は、せめて、どこか日帰りで新雪を踏んでくるつもりです。

> > ワシは、今年はまだ見てないです。
> ってことは、少しは山に入っては、いるんですね。

11月から12月前半までは、一週間おきになりましたが、それ以後は毎週行ってますよ。
ただ、レポート書いてる時間がないので、すみません。
書きかけでほったらかしのもあるし。

> そろそろ私も、雪の上を歩きたいです。

明日からは、どうやら雪の上を歩けそうですね。
雪、どんどん降れ。

※画像は、ワシの大好きな「鈴鹿某所のヌタ場のある樹林」

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2006/12/29(Fri) 00:47:25  [No.5533]


山日和さん、おはようございます(^^)

>  霧氷で有名な三峰山から東へ、局ヶ岳へと続く長い稜線。
僕も両山へ行ったときに「この稜線をつないで歩いてみたいなぁ」と
思っていました。林道もどんどん延びていましたが・・・(;_;)

> リハビリの総仕上げとして、
絶対リハビリとちがうわ〜(^^)

> 【日 時】2006年12月23日(土)
日本橋へ行って無線の大きなアンテナ2本買ったり、MICKEYの発腰痛の
モビライゼーションをしてやっていたときに、ええ山行されてたんだなぁ(^^)
いまも昨日立てたアンテナで中国?の無線が入ってるけど中国語はチンプンカンプン(^^;)
「シェーシェー、ツァイチェン!」ではあきませんなぁ(^^;)

> 【メンバー】Y夫妻、とっちゃん、山日和
Y夫人もとっちゃんも元気そうで何より(^^) 

> だんだん林道の体を成さなくなりガレた急斜面に靴の幅ほどもない踏み跡が
> 続くトラバースを慎重にこなす。
やっぱり、リハビリコースじゃないんや(^^)

>  2ヶ月ほど前にこの稜線を歩いているY夫人によると、修験業山までは結構
> アップダウンがあるらしい。
やっぱり、リハビリコースじゃないんや(^^)

>  もう3時。予定を少しオーバーしている。先を急ごう。若宮峠へは文字通
> り転げ落ちるような下りである。
やっぱり、リハビリコースじゃないんや(^^)

> もう大丈夫か。
よっしゃ! スノーシュー隊長、復帰!!

>  思ったより早く、1時間で若宮八幡神社に到着。充実の縦走周回登山が完結した。
僕もいつか、天気の良い日に行ってみようと思います。

来年もよろしく〜、スノーシュー隊・隊長!

2006/12/31(Sun) 07:15:40  [No.5578]


Re: 【三峰山地】平倉峰から修験業山へ (画像サイズ: 900×700 236kB)

矢問さん、どうもです

> 日本橋へ行って無線の大きなアンテナ2本買ったり、MICKEYの発腰痛の
> モビライゼーションをしてやっていたときに、ええ山行されてたんだなぁ(^^)

MICKEYさんだいじょうぶですか? お誘いしようかなとも思ったんですが、まだ介護で
無理かなと・・・

> やっぱり、リハビリコースじゃないんや(^^)

全快確認リハビリコースでした。(^_-)

> 僕もいつか、天気の良い日に行ってみようと思います。

いいルートですよ。ぜひどうぞ。ただ車2台要りますが。(歩くと2時間はかかるでしょう)

> 来年もよろしく〜、スノーシュー隊・隊長!

こちらこそよろしくです。副隊長様。(^^ゞ

p.s.キヤノンのパワーショットG7買いました。1000万画素!!(そんなに要らんけど^^;)

               山日和

2006/12/31(Sun) 10:20:42  [No.5581]


掲示板に戻る