一括表示

【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 1000×750 129kB)

【日 時】2006年12月30日(土)
【山 域】大峰山脈北部 山上ヶ岳周辺
【天 候】曇り
【コース】清浄大橋---洞辻茶屋---山上ヶ岳
     ---レンゲ辻---清浄大橋




 今年の登り納めは奥ノ平にしようと思っていた。しかし近畿北部の天気は
イマイチ。それではと晴れマークの並ぶ南部に目標変更、久し振りに山上ヶ
岳へ行こう。

 前日はすごい状態だったらしいが、ほとんど路面凍結もなく順調に清浄大
橋に到着。雪を被った車が一台、ポツンと止まっていた。
 山門をくぐり、大峰山寺への参道に入る。ここを通るのは何度目だろうか。
来る度にいつも引き締まった気持ちになるのは寒さのせいだけではないだろう。
杉林の中の単調な登り。他の山なら退屈で仕方のない風景だがここではそう感
じないのはこの山だけが持つ「空気」のせいに違いない。

 最初の茶屋である一ノ世茶屋がなかなか現われない。そうこうする内に一本
松茶屋に着いてしまった。一ノ世茶屋は取り壊されたようである。
一本松茶屋を過ぎると左のゲマタ谷側が開け、大天井岳方面がよく見えた。
山稜は一面の霧氷のようだ。このあたりまで来ると林相も変化を見せ始め、暗
い植林から目の前がパッと明るくなった感じである。
雪は登山道をうっすらと覆う程度。無雪期と変わらない。
 お助け水は凍ることもなくチョロチョロと流れていた。ここは最後の水場と
なっているが、実際は洞辻茶屋手前のゲマタ谷源頭が登山道のすぐ横に迫って
おり、そこでも水を補給することができる。
 洞辻茶屋直下のつづら折れの道に入ると霧氷の回廊が迎えてくれた。
幹という幹、枝という枝にびっしりと張り付いた氷の群れは、木々の元の色を
まったく想像させないような、白い木が初めからそこにあるような佇まいで次
々と目に飛び込んできた。

 大峰奥駈道の要所である洞辻茶屋に着いた。風が強い。うっすらとではある
が晴れ間が出てきて、稲村方面もなんとか視認できる。
大日の白い鋭鋒が印象的だ。やや積雪が増えた。とは言ってもくるぶしからふ
くらはぎ程度。歩行に支障の出る量ではない。
 
 ダラスケ茶屋を抜けて油こぼし経由で鐘掛岩へ向かう。霧氷はもはやモンス
ターのような状態。木に付いた水分が凍ったという生易しいものではなくなっ
てきた。発達したエビの尻尾が木を覆い尽くしているような状態である。
 油こぼしの鎖場を慎重に上がる。岩角が露出する程度の雪で凍結もしていな
いので何と言うこともない。鐘掛岩の岩頭へ行ってみる。最後の登りの一、二
歩がいやらしく、鎖がないと登り下りの辛いところだ。
岩頭は強い風が吹いていた。岩頭に立つ仏像も一面の霧氷で覆われ寒そうであ
る。

 洞辻茶屋から山上ヶ岳山頂に立つ大峰山寺まで間は、他の関西の山には見ら
れない不思議な空間である。
人の多い開山中にはあいさつに忙しくて感じる暇のない霊性が、誰もいない凍
りつくようなこの時期には強く感じられるからだろう。何度訪れてもこの感覚
はいつも新鮮だ。一度だけ開山中(5月から9月まで)に上多古川竹林院谷を遡行
してここに来たことがあるが、「ようお参り」の連発で気疲れしてしまった。
それ以外10数度の登山はすべて閉山期である。

 西の覗も強風に晒されていた。向かいの鷹ノ巣岩がぼんやりしているほど視
界は悪くなってきた。ここからは大峰大橋脇の駐車場の車がよく見えるのだが、
時折雲が飛ばされて駐車場らしき白い平面がちらちらするのみである。これは
目が悪くなったせいも大きいが。
 とても長くはおれず、山頂へ向かう。雪はまったくのパウダーで、足を踏み
込めば雪の下の石に届いてしまうため、ほんとの起伏がわからず却って歩きに
くい。
 ブナとオオイタヤメイゲツ主体の霧氷の森を行く。

 等覚門を過ぎ、左に膨大な宿坊群を見送ると大きな浄心門をくぐって山上の
大伽藍、大峰山寺の本堂である。
先着していた3人パーティーが出発するとそこは誰ひとりいない静寂の世界。
静けさが支配するひと気のない境内を不気味と感じるか、荘厳と受け取るかは
見る者の感性次第であろう。
 本堂の横は風も当たらず食事には最適である。ここで昼飯を食すのは何度目
だろう。

 お花畑へ出ると、今まで以上に素晴らしい霧氷群が待っていてくれた。
風の強いここは霧氷の発達具合も抜群で、稲村ヶ岳と頂稜部を雲の中に隠した
弥山を背景に純白の花が満開である。
 レンゲ峠への道はずいぶん整備されていた。前回来た時にはなかった階段が
あちこちに設置されており、危険箇所はまったくない。
一番の難所だった小稲村手前の斜面も緩やかな階段で難なく通過することがで
きた。
 レンゲ辻から見下ろす左側の急峻な谷は、神童子谷へと続く蓮華坂谷である。
神童子谷を遡行した時に2度下りに使った谷だ。

 女人結界門の立つレンゲ辻から右の川瀬谷を下る。登路とは対照的に大きく
開けた雑木の谷である。谷筋には目を引くような滝があるわけでもない平凡な
谷だが、落ち着いた雰囲気はお気に入りのルートのひとつだ。
東面から落ちる支谷は小さいながらも氷瀑が掛かり、青白い氷が鈍い光を放っ
ていた。
 何度も通っていながら意識の隅になかった、4m以上はあろうトチがしっかり
目に入ったのも最近の巨木ブームのおかげだろうか。
 大峰山脈の霊地、山上ヶ岳は2006年の最後にふさわしい静寂の山だった。

                山日和

2006/12/31(Sun) 15:25:17  [No.5585]


山日和さん こんにちは

きのうは山上ヶ岳でしたか。

>  洞辻茶屋直下のつづら折れの道に入ると霧氷の回廊が迎えてくれた。
> 幹という幹、枝という枝にびっしりと張り付いた氷の群れは、木々の元の色を
> まったく想像させないような、白い木が初めからそこにあるような佇まいで次
> 々と目に飛び込んできた。
>  ダラスケ茶屋を抜けて油こぼし経由で鐘掛岩へ向かう。霧氷はもはやモンス
> ターのような状態。木に付いた水分が凍ったという生易しいものではなくなっ
> てきた。発達したエビの尻尾が木を覆い尽くしているような状態である。

さすが1700mの山ですね。
写真も、鈴鹿とは白さが違います。
霧氷、いいですね。
今シーズンはまだ見ていません。
最近は、超低山うどん鍋飲食専門お気楽軟弱ハイキングばっかりなものですから。

> 人の多い開山中にはあいさつに忙しくて感じる暇のない霊性が、誰もいない凍
> りつくようなこの時期には強く感じられるからだろう。何度訪れてもこの感覚
> はいつも新鮮だ。一度だけ開山中(5月から9月まで)に上多古川竹林院谷を遡行
> してここに来たことがあるが、「ようお参り」の連発で気疲れしてしまった。
> それ以外10数度の登山はすべて閉山期である。

ワシは霊感ニブイから、冬でも夜でも霊性は感じませんが、ここの厳冬期の佇まいはいいですね。
ただし、怪談はキライです。
遡行後、あの夏の喧騒のとき、最初は何を言っているのかわからなかったけど、
「ようお参り」とわかったら、
こっちも「ようお参り」、「ようお参り」と、その気になって返してましたね。

>  大峰山脈の霊地、山上ヶ岳は2006年の最後にふさわしい静寂の山だった。

以前は毎年行っていた山上ヶ岳も、最近はご無沙汰です。
今シーズンは、また行ってみたくなりましたね。

それではよい新年を!
                                洞吹(どうすい)

2006/12/31(Sun) 18:31:48  [No.5595]


Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 900×675 97kB)

洞吹さん、どうもです。

> さすが1700mの山ですね。
> 写真も、鈴鹿とは白さが違います。
> 霧氷、いいですね。

今まで見た中でも最高クラスの霧氷でした。積雪そのものはほとんどないと言って
いいくらいなんですが。画像ではそう見えないでしょ。

> ワシは霊感ニブイから、冬でも夜でも霊性は感じませんが、ここの厳冬期の佇まいはいいですね。

そんな大層な霊感ではなくて、厳か雰囲気とでも読み替えてもらえれば・・・(^^ゞ

> 遡行後、あの夏の喧騒のとき、最初は何を言っているのかわからなかったけど、
> 「ようお参り」とわかったら、
> こっちも「ようお参り」、「ようお参り」と、その気になって返してましたね。

会う人会う人みんな「ようお参り」と声かけるのでこちらが「参り」ましたね。(^_-)

> 以前は毎年行っていた山上ヶ岳も、最近はご無沙汰です。
> 今シーズンは、また行ってみたくなりましたね。

たまに行くと新鮮でいいですよ。但し人のいない時に・・・
それではよいお年を&来年もよろしく。

               山日和

2006/12/31(Sun) 19:14:13  [No.5597]


  Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)

> 晴れマークの並ぶ南部に目標変更、久し振りに山上ヶ
> 岳へ行こう。
登り納めの山、いいですね。今は静かでしょうね。
僕の登り納めは昨日のアンテナ設置「物干し台」でした(^^;)

> 来る度にいつも引き締まった気持ちになるのは寒さのせいだけではないだろう。
いままで何人の修験者が、僧侶が通ったのでしょうね。僕もピリッとしました。

> 一ノ世茶屋は取り壊されたようである。
僕も秋に行ったときにエアリアにあるので「ありゃ〜」と思いました(^^)
祠が残っているだけでしたね。
http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/sanjoh.htm

> 大日の白い鋭鋒が印象的だ。やや積雪が増えた。とは言ってもくるぶしからふ
> くらはぎ程度。歩行に支障の出る量ではない。
洞吹さんの以前のコメントのように積雪期にも行ってみたいなぁ、と思いました。
 
> 一度だけ開山中(5月から9月まで)に上多古川竹林院谷を遡行
> してここに来たことがある
その沢はどうでしたか? 良い感じでしたか?

> 先着していた3人パーティーが出発するとそこは誰ひとりいない静寂の世界。
本堂前でテント張るのは御法度でしょうね(^^;)

>  大峰山脈の霊地、山上ヶ岳は2006年の最後にふさわしい静寂の山だった。
う〜ん、また行ってみよう、と思いました(^^)

良き新年をお迎え下さいm(..)m(^^)

2006/12/31(Sun) 18:38:25  [No.5596]


Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 900×675 104kB)

矢問さん、どうもです。今年もあと5時間足らずですね。

> 僕の登り納めは昨日のアンテナ設置「物干し台」でした(^^;)

見晴らしのよさそうな山ですね。下山も早い。(^^ゞ

> 洞吹さんの以前のコメントのように積雪期にも行ってみたいなぁ、と思いました。

いい山ですよ。ホントは洞辻茶屋から先ピッケルとアイゼンを使わないといけないくらい
の時の方が面白いですけど。今回はレンゲ辻への下りでピッケルに替えましたが、最後
まで使わずじまいでした。
 
> > 一度だけ開山中(5月から9月まで)に上多古川竹林院谷を遡行
> > してここに来たことがある
> その沢はどうでしたか? 良い感じでしたか?

抜群にいい沢ですね。直登できる滝は少なく巻きが多いですが、見どころはたくさんあります。
ちょっと渋いところもありますね。懸垂中に洞吹さんに上から石落とされてヘルメット
直撃したのはここです。

> 本堂前でテント張るのは御法度でしょうね(^^;)

ナイショですが、私は2回張りました。(^_^;)

> う〜ん、また行ってみよう、と思いました(^^)

ぜひ積雪期にどうぞ。

> 良き新年をお迎え下さいm(..)m(^^)

こちらこそ。来年もよろしくです。

            山日和

2006/12/31(Sun) 19:21:38  [No.5598]


Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 640×480 59kB)

こんばんは、山日和さん。

霧氷はいいですね。
さすがに鈴鹿と違いますね。
鈴鹿は湿ったドカ雪。
気温が上がれば木々の雪は落ちてしまって山が白くない。

やっぱり空気が凍る感じがいいですね。

来年もよろしくお願いします。

2006/12/31(Sun) 20:37:01  [No.5599]


Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 900×675 118kB)

mayonekoさん、どうもです。
雪はたいして積もってないのにこの霧氷の群れ。
一年のいい締めくくりができました。

> やっぱり空気が凍る感じがいいですね。

そうですね。ピーンと張り詰めた緊張感がたまりませんね。
日溜りも好きですけど・・・(^^ゞ

> 来年もよろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

           山日和

2006/12/31(Sun) 22:34:02  [No.5609]


  Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 投稿者:とっちゃん(こと)

山さん、こんばんは〜。

積雪量は少なくても、標高の高さのせい?それとも風の強さゆえ?素晴らしい霧氷やね〜。(*^_^*)

今年は、霧氷に恵まれた山さんやったけど、今年一年のしめくくりの山で、最高の霧氷に恵まれて感動もひとしおやね。

好きな谷をくだり満足の一日、膝も回復、終わりよければすべて良しの一年やったね。

2006/12/31(Sun) 21:29:16  [No.5603]


Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 900×675 135kB)

とっちゃん、どうもです。

> 積雪量は少なくても、標高の高さのせい?それとも風の強さゆえ?素晴らしい霧氷やね〜。(*^_^*)

そうやね。やっぱり標高が関係するのかな? 今までで最高の霧氷でした。

> 今年は、霧氷に恵まれた山さんやったけど、今年一年のしめくくりの山で、最高の霧氷に恵まれて感動もひとしおやね。

今シーズン早や4回目の霧氷でした。ついてるね。(^_-)

> 好きな谷をくだり満足の一日、膝も回復、終わりよければすべて良しの一年やったね。

なんとか年内に治りました。いろいろありがとさん。m(__)m
来年もよろしく。

               山日和

2006/12/31(Sun) 22:38:01  [No.5610]


  Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、こんばんは。

リハビリの「リ」もないレポ。さすが鉄人です。

今年1年、55年の人生の中で、最も充実した1年でした。
これも、山日和さんに声をかけて頂いたおかげです。

来年は、もっとカッコよく登場したいですが、
ヤッパ お騒がせ専門でいきますわ。

来年もよろしくお願いします。

              伊勢山上住人

2006/12/31(Sun) 21:46:54  [No.5607]


Re: 【大峰】登り納めの山上ヶ岳 (画像サイズ: 900×675 77kB)

伊勢さん、どうもです。
リハビリは完了したようです。お騒がせしました。

> 今年1年、55年の人生の中で、最も充実した1年でした。
> これも、山日和さんに声をかけて頂いたおかげです。

今年は活躍されましたね。これもひとえに伊勢さんの人徳の賜物だと思います。
来年は一緒に登りましょう。

> 来年は、もっとカッコよく登場したいですが、
> ヤッパ お騒がせ専門でいきますわ。

いやいや、あっと驚かせてくださいね。(^^ゞ

> 来年もよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

          山日和

2006/12/31(Sun) 22:41:47  [No.5611]


掲示板に戻る