一括表示

  伊勢参宮年越し詣り 投稿者:緑水
伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 1024×768 228kB)

2007年はひとつの始まりの年にしよう、その思いの印象付けにはそれなりの舞台が必要なのです。
伊勢神宮なんどか参詣はしているが、年越し詣りでの外宮、内宮、朝熊山を通してお参りしていない。
今年はお天気も言うことなし、初日の出も拝することができるだろう、出かけようです。

迎春の準備もそれなりにできて、コタツに入り煮豆、タツクリの味見しながら紅白を見るユックリの時間だ。
九時過ぎ、チョッと出かけてくるは、二日からはまた賑やかになるものなあ。

久しぶりの年末近鉄電車、初詣客はだれも居ない感じだ。こんなのだったかなあ、昔は立ち席がでるほどの人だったのになあ。
伊勢市駅を出るとかがり火が焚かれ程ほどの人出だ、でも少し寂しい感じがする。

伊勢なでしこ娘が案内チラシとお接待のことを教えてくれる。
先ずはお神酒を頂く、電車のなかでもチビリやってきたがお神酒は冷たくて美味しい。

かがり火の前には遷宮の御柱が飾られ、氏子の木やり音頭が舞う。
初めてだいいものだ、来てよかった。

お味噌汁のお接待がある、それも頂いてベンチに座る。
道路のセンタ-ラインには蝋燭で灯が灯されて、なんとなく好いムードだね。
世話人のカウントダウンが始まる、参.弐.壱.新年で〜す。なでしこさんの傍でおめでとうサン(^^)

外宮は人でも少ないし、皆でニギニギしく来るのがいいなあ思った。
境内に入るも人では少ない、ユックリと玉砂利の音を楽しみながら歩いてく。
正殿の前は人だかりなので外して何の宮さんかなあ、チョッと高い所にあるお宮さん。
人は居ない黒々とした神宮林なか、灯はホンノリ灯もるだけ。

返して正殿よこで焚くかがり火に当たりもちを焼く人たちを見る。
遠くからだけれど今年はよろしくの詣でをして返した。

バス乗り場、臨時が次々出るが空席が多い。緑チャン案内人に聞く「こっち行くと内宮さんですか」
「一時間ほど掛かりますよ」、中ザックにストック、登山靴のおっさんに丁寧に答えてくれた。若いの伊勢の人は親切だね。

夜風が酔い心地を気持ちよく撫でる、月明かりに負けない星はオリオンが天上に輝いてる。
この星にも願いを託そう、ひとつぐらい叶えてくれるだろう。
ぽつぽつと歩く人も居るのだ、ちょうど好い頃かげんの道のりだもんね、歩けばいいのだ。
その分また頂けるじゃないかとね(^^)

途中からおかげ横丁に入る、若者がいっぱい此処は竜宮城かな、急ぐでもなくみなさん幸せそうに泳いでる。
雑踏に身を任せ、流れるままに内宮宇治橋にでる。
いっぱいの人出だ、でも自然との流れなんですよね。
渡れば大かがり火が焚かれて、炎と火の粉が闇を焦がしてる。
白い月は切り絵の山稜を緩やかに照らしてる。

人に押されるでもなく正殿に近づくが其処はギッシリの人塊だ、出口からはパラパラの人だからこりゃ待ち時間はナンボ掛かるやら。
遠くから拝して、神宮林奥深くある宮に詣でした。

口には○○○、手には○○またぎっしりの人波に揺られて戻りました。おかげさま好い言葉ですね。
時間が余るね、とまれば寒さが染みてくる。さてどうするかなあ、そこは緑チャン長年の知恵が働くのです。
湯茶の接対処があるの、テントの中に半切りドラムに炭が焚かれお湯が沸く。
お母さんに御願いしてチョッとお手伝いさせてと頼むの。いいですよと伊勢のおなごは美人で優しい。

火の番です、またしても ン酒がでる、程ほどに温かいぬる燗です。
交通整理のガードマン、お掃除オバサンが火に当たりに来る。
話しながら湯茶の接待を受ける、若い衆をみながら好い時間が過ぎていきました。
お母さんにありがとうございました、お礼を言って五十鈴川駅にむかうのです。

ヤブに棲む皆様、あけましておめでとうございます ほんねんもよろしくおねがいします。

朝熊詣での続きは乞うご期待の程をです。     緑水。

2007/01/02(Tue) 02:26:06  [No.5633]


  Re: 伊勢参宮年越し詣り 投稿者:Tsutomu  URL

緑水さん、あけましておめでとうございます。

いいですね。こういう伊勢詣。久々にお伊勢さんに行きたいと思えました。

古きよき時代の匂いが行間から薫ってくるよう。その匂いに惹かれる。でも、現代なんですよね。これは、緑水さんの匂いなんですね。

どこでもいつでも緑水さんが結んでいく人の縁。いいですね。そのうち日本全国、緑縁で満たされたりして(^^)

また、今年もよろしくお願いします。

              Tsutomu

2007/01/02(Tue) 13:12:42  [No.5639]


Re: 伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 1024×768 165kB)

Tsutomu さん レスありがとうサン

白い山を滑り降りる、カッコいいですね。
若い頃は赤倉でのスキー泊が恒例でした、コタツにギュウギュウ詰で座り寝るのは雑魚ね、おもしろかったなあ。
いまは日帰りが多いのでしょ、楽しみは半減ですよね。ふれあいも少ないです。

> こういう伊勢詣。久々にお伊勢さんに行きたいと思えました。

こんな具合の伊勢参りできるのも、おかげさんです。

> 古きよき時代の匂いが行間から薫ってくるよう。その匂いに惹かれる。でも、現代なんですよね。
> これは、緑水さんの匂いなんですね。

あつかましい只のジジイだ、ジジイの五段活用ですわ(^^)

此方こそ、肩張らずによろしくお願いします。

                    緑水

2007/01/02(Tue) 21:12:46  [No.5647]


  Re: 伊勢参宮年越し詣り 投稿者:mayoneko  URL
Re: 伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 640×480 62kB)

緑水さん、あけましておめでとうございます。

> 2007年はひとつの始まりの年にしよう、その思いの印象付けにはそれなりの舞台が必要なのです。

僕は一年に一度の親孝行。
父を連れて熱田神宮に初詣でした。
人ごみの中、2時間。
とっても暖かくていい元旦でした。

子供の頃、大きな木もあってとっても大きく感じた神宮の森。
それが今は可哀想なぐらい小さな森に思えてしまいました。
山を後ろに持っている神社が羨ましいだろうな〜なんて。

4日から仕事です。
今日も予報に反して名古屋からは北の方は高曇りで、真っ白な能郷白山がよく見えていました。

明日は出かけよう。

本年もよろしくおねがいします。

2007/01/02(Tue) 16:06:33  [No.5641]


Re: 伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 1024×768 477kB)

mayoneko さん おめでとうサン
山充分に楽しんでますね、雪が少ないから思い立ったらすぐ行かなくては溶けちゃうですね。

> 僕は一年に一度の親孝行。
> 父を連れて熱田神宮に初詣でした。

親父とはなんとなく気恥ずかしくて行けないけれど、いい孝行してますね。

> 人ごみの中、2時間。

だれも知らない人ばかり、でも話せば皆さん知り間ですよね。
緑は人ごみも好きだなあ。

> 子供の頃、大きな木もあってとっても大きく感じた神宮の森。
> それが今は可哀想なぐらい小さな森に思えてしまいました。

ホンとそう思う、子供のころに遊んだ鎮守の森、でかい銀杏の木が小さく見えるなぜなんだろうなこの感覚て。

> 明日は出かけよう。

今夜は家族が揃った、ジジババはそれが楽しみだ。せいぜい帰ってやってくださいよ。
緑もあすからお出かけです。

こちらこそよろしくおねがいします。

                     緑水。

2007/01/02(Tue) 21:14:51  [No.5648]


  朝熊山 初詣 投稿者:緑水
朝熊山 初詣 (画像サイズ: 1024×768 367kB)

誰も期待していないけれどね、お邪魔しますね。
チョイとブレイク。サンデーが居なくなってね、残り物は緑チャンが食べなくてはならないの一献やって、これも授かりもの回り合わせだよね。
じゃあチョボリンコと続きを残そうです。

       朝熊山初詣

五十鈴川駅には簡易食卓場が設けられていた、人寄るところにはどこでも食べ飲みもの屋さんはできるんだ。
私くし悲しいかな昔の山行が抜けないの、ザックの中にはコンロからナベ食材、傘とツェルトまで入ってる。

「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と言われる、今回はそれを果たそうです。
列車の最前列には登山者らしき人が居る、朝熊に登る人だろうそうだ、初日を見るを相応しい山だものね。

降りて行かれるんですかと問えば、今年は海からの初日見られそうと言う。
何年も来ているが未だ一度も見たことないとバア様は言う、ジイ様はむくちだ。

ついてきてと言われてつくが足が速いのだ、緑チャンようようについていく。
登山口には車が満タン、自転車もあるし灯をつけた人も上がってきた。人気スポットなんだ。

月は落ちて真っ暗け広い参道を行く、先行を行く熟夫婦はジサマがくたびれたのか早くも休憩だ。
電池が乏しい、消せば町の明かりが届くのか、星の光が照らすのかほのかに明るいのだ。
灯を消してほのかな白い道を行く、木々はシルエット樹間のあいだからは町の灯りが漏れ届くのだ。

ケーブル軌道の橋の上からは町の灯りが暗い海に夜光虫のように光る、夜もいい眺めだ。
薄明るくなる頃に朝熊峠につく、尾根上にへと道を拾う。
上からその道だと遠回りになりますよの声がした、ありがとうございます、後ろについて登ると程なく八大竜王社に着いた。
何人かの初日を待つ人が居る。チョッと見にくいところだ。

道なりに降りると林道、感の向くまま進めば玉砂利の敷かれた広場に出た。何人かの初日を待つ人たちだ。
東の海はほのかに紅を射している。日の出まであと数分だ、間にあったね(^^)
海の上に霞か雲か、ジーッと瞳を凝らせば、ネコの耳の様にプックっと赤いトンガリが出た。
日の出だ、出たよ、一斉に声が出る。

赤海坊主だ、少しずつ半切り坊主が上がる、赤い血のような色をしてる。
丸く浮かんでも陽光は射して来ない、上の霞か雲を抜けると一気に白さを増して光が走った。
日の出だ、天照の神は万物の母だ、緑に力を与えたまえと祈った。

拝観の人たちは要が済んだと帰る、残りは緑と後一人だけ。
玉砂利の上に朝餉だ、雑煮とお神酒を頂く。
行きに一緒だった年配の方が来た、ここは好いですね、展望所は人だかりで排ガス吸わされて逃げてきたという。
緑ちゃんストレートで来られたのは、ヤブ感のおかげなんだと閲にいるのでした。

径塚郡を見て金剛しょう寺に降りる、不思議なお寺だ。
大きな卒塔婆が林立してる、古いお墓が並ぶ、九鬼水軍の墓もある。そして奥の院に入る、其処からの眺めは抜群によろしい。

返って金剛しょう寺の本殿に参る、牛と虎の銅像が守る。こんなの初めてだ不思議な守り神なんだな〜あ、ナゼナゼしておこう。
おもしろい地蔵様もある、たっぷりと見て周り帰りは、表参詣道を内宮に帰ろうです。

バスが通ってたという宇治岳道です。
石仏が残る広い道を行く、朝熊峠から尾根通し、途中に紀州犬を飼う家には何頭もの犬が吠えつく、それを越えれば気持ちのいい道だ。
何のための石垣なのか、立派な石垣が続く史跡が其処此処に埋もれてるようだ。

スカイラインの上を跨ぐ橋を渡ると雰囲気が変わる、伸びやかな明るい道だ、落ち葉がいっぱい積もる道です。
石仏が並ぶ、緩やかな下り道だ。
松ノ木街道と呼べるような陽だまりの道、眺める島路川流域は神宮林なのか、穏やかな眺めと春の陽気が眠気を誘う。

チョイと一休みだ、プシューと泡が美味い、いつも間にか眠ったようだ。
人の笑い声で目が覚める、気持ちよさそうですねの挨拶がきた。
正面の山並みは鼓ケ岳だ、あそこからこちらを見るのもいいだろうなあ思う。

手入れされた道なりに降りて行けば神宮司庁前に出た、木戸がある立ち入り禁止の表示は無い。
入ってそれなりに行けば衛視があるが、まあいいだろう出れば神馬の休憩所だ。
白馬がポコポコ散歩していた、お役目ご苦労さんです、姿眺めてるだけでいい気分になるのです。

おかげ横丁に入り雑踏に身を任せて、五十鈴川駅に戻りました。
好いお天気に恵まれて、もう来ることは無いだろう、良い日に訪ねました。
揺ったりの車内でウツランボです。

                             緑酔
     

2007/01/02(Tue) 20:30:38  [No.5645]


  Re: 朝熊山 初詣 投稿者:伊勢山上住人  URL

緑ちゃん、あけましておめでとう。

> 誰も期待していないけれどね、お邪魔しますね。

期待して、完結編が出るまで待ってたよ。

> 日の出まであと数分だ、間にあったね(^^)

近鉄特急は、特に意識しなくても、定刻に停車するんだね。

> 上の霞か雲を抜けると一気に白さを増して光が走った。
> 日の出だ、天照の神は万物の母だ、緑に力を与えたまえと祈った。

またまた、素敵なフレーズに感嘆符!
緑ちゃん、もう充分な力が与えられているよ。

> ヤブ感のおかげなんだと閲にいるのでした。

私にそんな「ヤブ感」が備わるには、何年かかるのかなあ。

> チョイと一休みだ、プシューと泡が美味い、いつも間にか眠ったようだ。
> 人の笑い声で目が覚める、気持ちよさそうですねの挨拶がきた。

うたた寝しても、風邪をひかないのは加藤文太郎の血筋でも引いているのですか?

> 揺ったりの車内でウツランボです。

のどかな正月を、堪能しました。

今年も緑水文学、よろしくです。          伊勢山上住人

2007/01/02(Tue) 20:55:25  [No.5646]


  Re: 朝熊山 初詣 投稿者:緑水
Re: 朝熊山 初詣 (画像サイズ: 1024×768 147kB)

伊勢山上住人さん おめでとうサンです
いいお正月を迎えられたことでしょう、今年もよろしく御願いします。

> 期待して、完結編が出るまで待ってたよ。

待っててくれる奇特な方もおられるんだ、書くに励みがでますね。

>> 日の出だ、天照の神は万物の母だ、緑に力を与えたまえと祈った。
> またまた、素敵なフレーズに感嘆符!

気弱になること有るでしょ、そんな時暗示をかける、力を与えたまえってね(^^)
まあごまかしみたいなものだけれど、効くときもあるみたい。

> うたた寝しても、風邪をひかないのは加藤文太郎の血筋でも引いているのですか?

温かい日和だったもの、風も無くておかげで日焼けしちゃったです。
30時間眠らなかったから、自然とグ〜30分でしたわ。

今年はボヘ訓練から実施へと飛躍します。
還暦からアット亥馬の3年が過ぎた、この調子で行けばアット亥馬のクマゴロウになっちゃう。
同士よ頑張ろうね。

                   緑水。

2007/01/02(Tue) 21:42:43  [No.5650]


  Re: 朝熊山 初詣 投稿者:山日和

緑水さん、あけましておめでとうさんです。
良い年越しでしたね。うらやましいなあ。
大晦日はさすがに出にくいですね。
あと10年したら出られるようになるかな?
今年もよろしくです。m(__)m

       山日和

2007/01/02(Tue) 21:41:01  [No.5649]


  Re: 朝熊山 初詣 投稿者:緑水
Re: 朝熊山 初詣 (画像サイズ: 1024×768 371kB)

山日和 さん おめでとうサンです 本年もよろしく御願いします

> 良い年越しでしたね。うらやましいなあ。

こんな年越しをしようと思うこと、今になったからできることなんでしょうね
時と場所と出会い、どこで聞いたのかなあチョボッと分かる歳になったのかな思う。

> 大晦日はさすがに出にくいですね。
> あと10年したら出られるようになるかな?

雪山へでしょ、神社仏閣へは30年ほど先ではありませんか。
挑戦レポ楽しみにしてます。
ヤブが元気になれば、愛読者はそのおこぼれで元気になりますよね。

思い出深き山行をです。

                   緑水

2007/01/02(Tue) 22:02:05  [No.5651]


緑水さん おめでとうございます。

田舎から帰って現実に思いはせると、同時に

ヤブ覗くと今年も盛況 何よりですなぁ

皆さんの元気少しは貰って ボチボチ 出かけよう

まずは 楽しく計画しようで 今日もインドアでした。しかし

> 2007年はひとつの始まりの年にしよう、

ワタシも新たなチャレンジ考えます。

今年も宜しく願います。

では また どこか 2007新雪の稜線で

    SHIGEKI

2007/01/03(Wed) 16:13:54  [No.5653]


Re: 伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 1024×768 377kB)

SHIGEKIさん おめでとうサン

> ヤブ覗くと今年も盛況 何よりですなぁ

賑やかになってきましたですね(^^)いろんなジャンルの方たち視野が広くなります。

>> 2007年はひとつの始まりの年にしよう、
> ワタシも新たなチャレンジ考えます。

年の初めの試とも、三日坊主の試とて、お終わり無き世のはかなさも、でんな。

> 今年も宜しく願います。

こちらこそよろしくお助けをです。

                緑酔。

2007/01/06(Sat) 09:06:18  [No.5735]


  Re: 伊勢参宮年越し詣り 投稿者:とっちゃん(こと)

緑水さん、あけましておめでとうございます。

お伊勢さんは、人出が多くて車が混むから、なかなか元旦には近づけないなぁって印象ありえすが、電車で行ってきたんでですね〜。

> 道路のセンタ-ラインには蝋燭で灯が灯されて、なんとなく好いムードだね。
> 世話人のカウントダウンが始まる、参.弐.壱.新年で〜す。なでしこさんの傍でおめでとうサン(^^)

なかなか、ええ雰囲気の中で年越し、今年もいい年になりますように。

> 途中からおかげ横丁に入る、若者がいっぱい此処は竜宮城かな、急ぐでもなくみなさん幸せそうに泳いでる。

年末に近い27日に家族で行ってきましたよ〜。ほんまに、若者多いですね。

> 渡れば大かがり火が焚かれて、炎と火の粉が闇を焦がしてる。
> 白い月は切り絵の山稜を緩やかに照らしてる。


闇夜のかがり火も、ええ感じで、年の初めばかりは、思いがこもりますね〜。

自由気ままなに年の始めの出発。緑水さんの、今年の山旅どんな旅になりますことやら楽しみですね〜。

2007/01/04(Thu) 22:03:02  [No.5679]


Re: 伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 1024×768 101kB)

とっちゃん(こと)さん おめでとうサン。
いいお正月を迎えたコトでしょうね。

> お伊勢さんは、人出が多くて車が混むから、なかなか元旦には近づけないなぁって印象ありえすが、電車で行ってきたんでですね〜。

電車ですよ、四座席で伸び伸び、グビチョコやりながらの揺ったり詣ででした。

>>  道路のセンタ-ラインには蝋燭で灯が灯されて、なんとなく好いムードだね。
>> 世話人のカウントダウンが始まる、参.弐.壱.新年で〜す。なでしこさんの傍でおめでとうサン(^^)
> なかなか、ええ雰囲気の中で年越し、今年もいい年になりますように。

チョイ昔には考えられない、余裕の雰囲気いい年に、再生の歳にと祈りましたですよ。

>> 途中からおかげ横丁に入る、若者がいっぱい此処は竜宮城かな、急ぐでもなくみなさん幸せそうに泳いでる。

ホンと、ザック背負った緑チャンには浦島緑之助でありました。

> 自由気ままなに年の始めの出発。緑水さんの、今年の山旅どんな旅になりますことやら楽しみですね〜。

自分でも分からない、これから行くであろう山里の旅に心ワクワクです。

コトにもいい年になりますように、ついでに祈ってあげますね。

                       緑酔。

2007/01/06(Sat) 09:07:59  [No.5736]


 こんばんは、緑水さん。本年もよろしく!です。

> 伊勢神宮なんどか参詣はしているが、年越し詣りでの外宮、内宮、朝熊山を通してお参りしていない。
> 今年はお天気も言うことなし、初日の出も拝することができるだろう、出かけようです。
 伊勢神宮は内宮・外宮ともに好きな場所です、コウベを垂れたりはしませんが(^^;、よく行きます。
朝熊岳も少しつつ登ってます。この山も登れば登るほど芋づる式に何か出てくる山です。

> 伊勢市駅を出るとかがり火が焚かれ程ほどの人出だ、でも少し寂しい感じがする。
> 伊勢なでしこ娘が案内チラシとお接待のことを教えてくれる。
> 先ずはお神酒を頂く、電車のなかでもチビリやってきたがお神酒は冷たくて美味しい。
> お味噌汁のお接待がある、それも頂いてベンチに座る。
> 道路のセンタ-ラインには蝋燭で灯が灯されて、なんとなく好いムードだね。
> 世話人のカウントダウンが始まる、参.弐.壱.新年で〜す。なでしこさんの傍でおめでとうサン(^^)
 かがり火、神酒などの接待いいですよね。
やっぱ、緑水さんは女性のヨコにちゃっかりいるのですね(^^)。

> 正殿の前は人だかりなので外して何の宮さんかなあ、チョッと高い所にあるお宮さん。
> 人は居ない黒々とした神宮林なか、灯はホンノリ灯もるだけ。
 土宮、風宮、高宮あたりかな。正殿へ行かずもっぱらわたしもこちらに行きます。
内宮だと五十鈴川渡って風日祈宮が感じいいです。

> 途中からおかげ横丁に入る、若者がいっぱい此処は竜宮城かな、急ぐでもなくみなさん幸せそうに泳いでる。
 おはらい町、なかでもおかげ横丁は、若者が年がら年中参拝とは関係無しに訪れてるようです。ここに来たならば豚捨のコロッケは外せません(^^;

> 時間が余るね、とまれば寒さが染みてくる。さてどうするかなあ、そこは緑チャン長年の知恵が働くのです。
> 湯茶の接対処があるの、テントの中に半切りドラムに炭が焚かれお湯が沸く。
> お母さんに御願いしてチョッとお手伝いさせてと頼むの。いいですよと伊勢のおなごは美人で優しい。
>
> 火の番です、またしても ン酒がでる、程ほどに温かいぬる燗です。
> 交通整理のガードマン、お掃除オバサンが火に当たりに来る。
> 話しながら湯茶の接待を受ける、若い衆をみながら好い時間が過ぎていきました。
> お母さんにありがとうございました、お礼を言って五十鈴川駅にむかうのです。
 楽しくうまいことやってますね〜緑水さん。
 宇治岳道からじゃなく、朝熊岳道から朝熊岳ですね。

> 道なりに降りると林道、感の向くまま進めば玉砂利の敷かれた広場に出た。何人かの初日を待つ人たちだ。
> 東の海はほのかに紅を射している。日の出まであと数分だ、間にあったね(^^)
> 海の上に霞か雲か、ジーッと瞳を凝らせば、ネコの耳の様にプックっと赤いトンガリが出た。
> 日の出だ、出たよ、一斉に声が出る。
>
> 赤海坊主だ、少しずつ半切り坊主が上がる、赤い血のような色をしてる。
> 丸く浮かんでも陽光は射して来ない、上の霞か雲を抜けると一気に白さを増して光が走った。
> 日の出だ、天照の神は万物の母だ、緑に力を与えたまえと祈った。
 いいですよね、初日の出。
 今年は、初日の出を見に行こうかな?とも思ったけど自宅からでした。8時頃山から登るお陽さんでした(^^;


> 径塚郡を見て金剛しょう寺に降りる、不思議なお寺だ。
> 大きな卒塔婆が林立してる、古いお墓が並ぶ、九鬼水軍の墓もある。
 ここには「戦死やあわれ」竹内浩三の墓もあります。
おもしろい地蔵様ってのは、子授かりの地蔵ですね(^^)

> 石仏が並ぶ、緩やかな下り道だ。
> 松ノ木街道と呼べるような陽だまりの道、眺める島路川流域は神宮林なのか、穏やかな眺めと春の陽気が眠気を誘う。
>
> チョイと一休みだ、プシューと泡が美味い、いつも間にか眠ったようだ。
> 人の笑い声で目が覚める、気持ちよさそうですねの挨拶がきた。
 ふふふっ、いい年越しの日でしたね〜、緑水さん。

 読んでいるこちらもいい年が送れそうなレポ、ありがとさんです。

2007/01/05(Fri) 22:37:48  [No.5715]


Re: 伊勢参宮年越し詣り (画像サイズ: 1024×768 200kB)

zipp さん おめでとうサン

> こんばんは、緑水さん。本年もよろしく!です。

こちらこそ御願いよろしくです。

> 伊勢神宮は内宮・外宮ともに好きな場所です、コウベを垂れたりはしませんが(^^;、よく行きます。
> 朝熊岳も少しつつ登ってます。この山も登れば登るほど芋づる式に何か出てくる山です。

五十鈴川を遡る、そんなことしたことありますよ、なんで行ったのかなあ、人擦れしない里を訪れた思いが蘇ります。

> かがり火、神酒などの接待いいですよね。
> やっぱ、緑水さんは女性のヨコにちゃっかりいるのですね(^^)。

やっぱりじゃないよ、意識的にやってる。ハッピをきたタイやヒラメの竜宮官女ですよ。

>> 人は居ない黒々とした神宮林なか、灯はホンノリ灯もるだけ。
> 土宮、風宮、高宮あたりかな。正殿へ行かずもっぱらわたしもこちらに行きます。
> 内宮だと五十鈴川渡って風日祈宮が感じいいです。

そうですそうです、宮ですね。

> おはらい町、なかでもおかげ横丁は、若者が年がら年中参拝とは関係無しに訪れてるようです。ここに来たならば豚捨のコロッケは外せません(^^;

また教えて貰いましたですね、赤福たべるのみでしたが、コロッケが良いですか。覚えておこう。

>> お母さんにありがとうございました、お礼を言って五十鈴川駅にむかうのです。
> 楽しくうまいことやってますね〜緑水さん。

案内や水汲み忙しそうなお母さん、手伝うことありますね。
実際は火の番とチューでしたが、おるだけで仕事してるのだよ(^^)

> 宇治岳道からじゃなく、朝熊岳道から朝熊岳ですね。

ホンとは満月の光を浴びながら、宇治岳道を上がるつもりだったの。でも入り口が分からないので朝熊から上がりました。

>> 日の出だ、天照の神は万物の母だ、緑に力を与えたまえと祈った。
> いいですよね、初日の出。
 
月光、星光、陽光は、知性、勇気、力を放ちますよね。遷宮の様に心新たにです。

> おもしろい地蔵様ってのは、子授かりの地蔵ですね(^^)

アララ!何でも知ってるんですね、もういまさら間に合わないけれど、信者はいるカモね。
 
> 読んでいるこちらもいい年が送れそうなレポ、ありがとさんです。

ふふふっ、いい亥年になります酔うに。          緑酔

2007/01/06(Sat) 11:44:34  [No.5746]


掲示板に戻る