一括表示

【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 156kB)

【日 時】2007年1月8日(月)
【山 域】台高山脈北部 桧塚周辺
【天 候】曇り
【コース】万才橋8:40---9:45ワサビ谷二俣---11:40桧塚奥峰13:10---14:30万才橋





 2年半ぶりの木屋谷川入りである。伊勢さんの最新情報では千秋林道は奥まで入れるらしい。前日の寒波、降雪は近畿南部では大したこともなかったようで、心配した林道もうっすらと積もっている程度だった。万才橋たもとの定位置に車を置く。
 明神平への登山道は情報通り整備されているようで、真新しい木橋がいくつか掛かっていた。
何度遡行しただろう、眼下を流れる木屋谷川の本流は、木の葉隠れに流れを眺めることが多かったのだが、この季節はその美しい佇まいを遮るものはない。
左手は鬱蒼とした植林の中、刈り残された何本かのトチの巨木が目を慰めてくれる。

 ワサビ谷の渡渉点にも橋が掛けられていた。以前はもう少し上流まで右岸沿いに道があったと思ったのだが。
谷沿いに進もうとしたが、岩に積もった雪に阻まれて断念。橋を渡り少し上がったところからトラバースして行く。
二俣まで沢岸を行こうと思っていたが、結構な小滝が連続して登山靴では難しそうである。
口ワサビ谷を遡行したのはもう10年近くも前だろうか。ほとんど記憶に残っていなかった。まったく問題なく進めたのは渓流シューズを履いていたからだろう。

 大きな岩を巻いて行くと、目を見張るようなトチの巨木に出会った。反対側へ回ると残念ながら空洞化が進んでいたが。
 沢の右岸は壁が立っているので、左岸の伐採、植林斜面を進むが、雪で覆われた急傾斜の斜面はルートが判然としない。するとどこからか、キツネかテンのものだろうか小動物の足跡ず現われ斜面をうまくトラバースしている。それに誘われて行くとそこは杣道だったのか、比較的安定した歩きやすいトレースだった。
やはり動物も一番歩きやすい「道」を選んでいるのだろう。

 口ワサビ谷と奥ワサビ谷の出合に着いた。大きな岩がゴロゴロしている出合は、両方の谷に滝を掛けているものの、真ん中の台地が植林のため潤いに欠ける。
 中間尾根に取り付いた。植林の面白くない登りだ。正面に岩壁と言うほどでもないが大きな岩が尾根をふさいでいた。バンド状を左へ回り込んで腕力で体を引き上げる。右の方が楽だったかもしれない。

 今はもう使われていないだろう林道に出た。横切って直進するとさらに林道。これが伊勢さんの奥ワサビ谷のお気に入りの場所へ続く道か。

 その林道を過ぎると植林も終わり風景は一変した。細い木ばかりだが、ヒメシャラとブナが文字通り立ち並ぶ美しい林になった。
暗い空に白い雪と褐色の木肌が描くモノトーンの世界の中で、ヒメシャラの明るい茶色の艶やかな木肌はひと際輝きを放つ。ブナやミズナラの純林と比べて明るさがまったく違うのである。
 ここへ登るまで体調、モチベーションとも今ひとつで早くも温泉が恋しくなっていたのだが、俄然意気が上がってきた。

 高度計で1275m。まるで植林したような若い自然林が突然終わり、目の前には原生の森が広がった。木屋谷川や木原谷源流域に共通する、ブナとミズナラの大木が競い合う素晴らしい光景。この森はヒメシャラが彩りを添える。
そして木々はすでに今シーズン何回もお目にかかった霧氷の花盛りである。
この山域では霧氷率(そんな言葉があるのか)100%。いずれも青空がないのが残念ではあるが、何度見ても美しいものは美しいのだ。

 緩やかに続く森を抜けると口ワサビ谷源頭部をはさんで桧塚奥峰と対峙する笹原に出た。強風が吹き抜ける。ヤッケのフードを被るが頬が痛い。
 程なく明神岳からの稜線に合流する。マーキングは雪でまったく見えないが、奥峰方面にうっすらとトレースが残っていた。今日のものではないかもしれない。
積雪は30センチ程度か。ワカンを必要とする量でもない。
 このあたりはシロヤシオが多く、他の木とは違って低い位置で咲く霧氷の花は、遠目に見るのとは違ってダイナミックな印象を受ける。
魚の背びれのように伸びる氷のフレークは10センチ近くあるだろうか。

 桧塚奥峰。最近は人気の山だが、今日はひっそりと静まり返っている。
展望台へ回って昼飯場所を物色する。展望台直下の2畳ばかりの平地に降りると奇跡的にそこだけ風が弱い。ここにするか。
 予定では伊勢さん張りにヌタハラ谷へ下りて桧塚劇場へ回るつもりだったがそんな気も失せた。ツェルトを張るに適当な木がないので、頭から被って鍋タイムとする。
千里阪急で買った番屋という店の鍋焼きうどん。これが絶品だった。今まで食したアルミ鍋のうどんの中でも最高のひとつだろう。麺のコシ、だしの旨みとも申し分ない。具材もひと種類ずつ小さな袋に小分けされて扱いやすい。ここに自前の白菜や卵でも入れれば言うことなしだろう。
 何はなくとものビールはあんまり寒いので半分ほど残してしまった。しかし、目の前にはヌタハラ谷右源流に広がる一面の霧氷の森とたおやかな桧塚への稜線。この上なく贅沢なランチタイムと言えるだろう。

 これほど寒くとも、気が付けば1時間半も休んでいた。食後のコーヒーならぬ甘酒が暖めてくれたのか。
その甲斐あってか桧塚方面に青空が少し覗き始めた。展望台へ上がると着いた時には霞んでいた台高主脈の山々と、その向こうに白鬚岳が姿を現していた。
野江股、迷方面も見える。寒空の下、鍋をつついて粘ったご褒美だ。

 今日はこれで満足だ。最短コースで下りよう。ほんとに温泉が恋しくなってきた。
いろいろ考えてはいたのだが、一番安直なマナコ谷コースを選んだ。
 桧塚への吊尾根は一段と強風が吹き募っていた。頬が強張って口の動きが鈍いのがわかる。その分見事なエビノシッポがそこここに花開いている。青空の面積も徐々に増えてきた。

 大草原の広がるマナコ谷へ下り。風を遮る何ものもないここは、まともに冷たい強風が襲いかかる。しかし、背後から時折出る日差しが自分の影を作ってくれるのがうれしい。
水無山から馬駈場へと続く木屋谷川源流の山並みが美しい。

 これがなければこのコースもいいのにと思う植林帯の林道まで下りて道がわからなくなった。面倒くさいので万才橋一番近い尾根を下りることにする。
最初は傾斜も緩く、何度も林道を横切りながら楽に歩けたが、最後の最後は転げ落ちるような急斜面。(実際、一度転げ落ちた)
登山口近くの大トチで登山道と合流したが、このトレースを追う人がいたらご愁傷様と言うべきか。

 とても寒い日だったが、何時来ても裏切られることのない桧塚周辺の山。今日も霧氷の歓迎を受けて満足の一日だった。

               山日和

2007/01/09(Tue) 20:50:10  [No.5798]


  Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、こんばんは。

桧塚積雪30cmありましたか。
もう少しでスノーシューハイクが出来ますね。

> 沢の右岸は壁が立っているので、左岸の伐採、植林斜面を進む
> 中間尾根に取り付いた。植林の面白くない登りだ。
> ここへ登るまで体調、モチベーションとも今ひとつで早くも温泉が恋しくなっていた

体調悪いの?
それなのにモチベーション下げる植林歩きを何故するの?
少し外せば、自然林があるでしょうに。

> この山域では霧氷率(そんな言葉があるのか)100%。

なんで、山日和さんばかりに微笑むの?
ここの女神さんは面食い?

> ツェルトを頭から被って鍋タイムとする。

どうするの? 教えて。
燃やしそうで恐いのですが。

> 面倒くさいので万才橋一番近い尾根を下りることにする。

なんぼ植林帯でも、杣道外すと歩きにくくないですか?

> 最後の最後は転げ落ちるような急斜面。(実際、一度転げ落ちた)

最近、足腰弱くなったのと違いますか?

> このトレースを追う人がいたらご愁傷様と言うべきか。

私は決して追いません。

                 伊勢山上住人

2007/01/09(Tue) 22:05:57  [No.5799]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 149kB)

伊勢さん、どうもです。

> 桧塚積雪30cmありましたか。
> もう少しでスノーシューハイクが出来ますね。

去年のことを思うとねー。まだまだですわ。

> それなのにモチベーション下げる植林歩きを何故するの?
> 少し外せば、自然林があるでしょうに。

とりあえず尾根芯をたどりたかったんです。それに少しガマンすれば終わるのはわかってるしね。

> なんで、山日和さんばかりに微笑むの?
> ここの女神さんは面食い?

女神さんはよう人を見てますわ。(^^ゞ

> どうするの? 教えて。
> 燃やしそうで恐いのですが。

私も怖かった。(^_-) 実際は頭のラインでポンチョみたいに被って、首の下を洗濯バサミ
で止めてました。これでも風が直接当たらないだけだいぶマシですよ。

> なんぼ植林帯でも、杣道外すと歩きにくくないですか?

上の方はなんてことなかったですね。

> 最近、足腰弱くなったのと違いますか?

そうかもね。でも一度ここを転げずに歩いてみたらどうです? 無事クリアしたらスメール
へご招待。(^^ゞ

             山日和

2007/01/09(Tue) 23:54:18  [No.5807]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 800×600 171kB)

 あらら!、山日和さん。
またまたニアミスでしたね。
>11:40桧塚奥峰13:10
> 展望台へ回って昼飯場所を物色する。展望台直下の2畳ばかりの平地に降りると奇跡的にそこだけ風が弱い。ここにするか。
 山日和さんが鍋してたところよりさらに下に、13時15分前に到着しました。
着いてすぐに奥峰を見上げたんですが人影は無かった。そうして下の展望岩から檜塚を撮った画像がこれです。
 あのドデカイ登山靴痕が山日和さんのだったのだねぇ。マナコ谷から上がってきてる踏痕もあったような。

>するとどこからか、キツネかテンのものだろうか小動物の足跡ず現われ斜面をうまくトラバースしている。それに誘われて行くとそこは杣道だったのか、比較的安定した歩きやすいトレースだった。
>やはり動物も一番歩きやすい「道」を選んでいるのだろう。
 動物のトレースを見て、よく似たことを考えながらヌタハラ側から登っていましたヨ。

2007/01/09(Tue) 22:17:04  [No.5800]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 261kB)

zippさん、どうもです。

> またまたニアミスでしたね。
> >11:40桧塚奥峰13:10
>  山日和さんが鍋してたところよりさらに下に、13時15分前に到着しました。

あと5分長居すれば会えてたのにねえ。縁があるのやら無いのやら・・・(^^ゞ

> 着いてすぐに奥峰を見上げたんですが人影は無かった。そうして下の展望岩から檜塚を撮った画像がこれです。

出発前に桧塚劇場の方向いてバチバチ写真撮ってたんですが、見えませんでした?

>  あのドデカイ登山靴痕が山日和さんのだったのだねぇ。マナコ谷から上がってきてる踏痕もあったような。

そんな○○の大足じゃないんですけど・・・

> >やはり動物も一番歩きやすい「道」を選んでいるのだろう。
>  動物のトレースを見て、よく似たことを考えながらヌタハラ側から登っていましたヨ。

動物は我々の先生ですね。「野生」のカンには勝てません。(^_^;)

             山日和

2007/01/09(Tue) 23:59:42  [No.5808]


山日和さん こんばんは

>  2年半ぶりの木屋谷川入りである。伊勢さんの最新情報では千秋林道は奥まで入れるらしい。前日の寒波、降雪は近畿南部では大したこともなかったようで、心配した林道もうっすらと積もっている程度だった。万才橋たもとの定位置に車を置く。

やっと木屋谷に楽に入れるようになりましたね。

>  明神平への登山道は情報通り整備されているようで、真新しい木橋がいくつか掛かっていた。

ほう、また登山者が増えるのでしょうね。

>  ワサビ谷の渡渉点にも橋が掛けられていた。以前はもう少し上流まで右岸沿いに道があったと思ったのだが。

ここも橋ができましたか。

> 口ワサビ谷を遡行したのはもう10年近くも前だろうか。ほとんど記憶に残っていなかった。まったく問題なく進めたのは渓流シューズを履いていたからだろう。

ワシも行ってみましたが、ワサビ谷が雑誌の記事に載ったんでしたかね、確か。

> そして木々はすでに今シーズン何回もお目にかかった霧氷の花盛りである。
> この山域では霧氷率(そんな言葉があるのか)100%。いずれも青空がないのが残念ではあるが、何度見ても美しいものは美しいのだ。

ムヒョーーー。(^^;

凍りつきそう?
大丈夫やった?

いいですなあ。
ワシ、今シーズンはまだお目にかかっとらんですよ。
年末の鈴鹿は雪のハリボテみたいだったし。
確かに台高のこのあたり、霧氷率がいいようですね。
キャリーオーバーを狙うか。
4億円。

>  桧塚奥峰。最近は人気の山だが、今日はひっそりと静まり返っている。

これでワイワイ人だかりがしていたら、半泣きで「ほな、サイナラ」と転進することでしょう。

>  ツェルトを張るに適当な木がないので、頭から被って鍋タイムとする。

ツェルト、頭から被ってたら、うどん鍋どうやって作って、どうやって食べるん?
伊勢さんでなくても、不思議に思う。
おせーて。

> 千里阪急で買った番屋という店の鍋焼きうどん。これが絶品だった。今まで食したアルミ鍋のうどんの中でも最高のひとつだろう。麺のコシ、だしの旨みとも申し分ない。具材もひと種類ずつ小さな袋に小分けされて扱いやすい。ここに自前の白菜や卵でも入れれば言うことなしだろう。

なになに、そんなに美味しいの。
いいこと聞いたよ、ありがとさん。
こんど、これ買ってみよ。
しかし、千里阪急は3千円以上買い物しないと、駐車料金がタダにならないのが困った。

>  桧塚への吊尾根は一段と強風が吹き募っていた。頬が強張って口の動きが鈍いのがわかる。その分見事なエビノシッポがそこここに花開いている。青空の面積も徐々に増えてきた。

山のえびふりゃあも、まんだ見とれせんでかんわ。

>  とても寒い日だったが、何時来ても裏切られることのない桧塚周辺の山。今日も霧氷の歓迎を受けて満足の一日だった。

ワシも霧氷の歓迎を受けてみたいものだが、迎えにきてくれるのは、いつも「睡魔」だけじゃ。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2007/01/09(Tue) 23:35:10  [No.5805]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 124kB)

洞吹さん、どうもです。

> やっと木屋谷に楽に入れるようになりましたね。

誰かさんみたいに登ったり下りたりして入る気力がないもんでうれしいですね。

> ここも橋ができましたか。

道そのものも固められている感じがしました。荒れていた奥山谷の道もきれいになったのかな?

> ワシも行ってみましたが、ワサビ谷が雑誌の記事に載ったんでしたかね、確か。

そうそう、「山と警告」に載ってすぐでした。先代のランカスター号のデビュー戦でした。

> ムヒョーーー。(^^;
>
> 凍りつきそう?
> 大丈夫やった?

3年前の岩本谷でのスタック騒ぎの時に素手で作業してから指先がちょっとおかしいんですよ。
それまではしもやけすらなったことなかったのに、あの後指先の感覚がなくなって。
今も少し冷えると指先がしびれてしまいます。そういう時は指をくわえて舌で温めてやると
感覚が戻ってきます。どこかおかしいんやろか?

> 確かに台高のこのあたり、霧氷率がいいようですね。

鈴鹿よりスカがないようですね。

> ツェルト、頭から被ってたら、うどん鍋どうやって作って、どうやって食べるん?
> 伊勢さんでなくても、不思議に思う。
> おせーて。

伊勢さんへのレス参照してくだされ。

> なになに、そんなに美味しいの。
> いいこと聞いたよ、ありがとさん。
> こんど、これ買ってみよ。
> しかし、千里阪急は3千円以上買い物しないと、駐車料金がタダにならないのが困った。

大丸ピーコックにもよさそうなのがありましたよ。デパ地下はいいもんありますね。

> 山のえびふりゃあも、まんだ見とれせんでかんわ。

どえりゃーうめーでいかんわ。

> ワシも霧氷の歓迎を受けてみたいものだが、迎えにきてくれるのは、いつも「睡魔」だけじゃ。

寝てるうちに融けちゃいますよ。(^_-)
画像は特大えびふりゃあ。

               山日和

2007/01/10(Wed) 00:12:39  [No.5809]


山日和さん こんばんは

8日は私もその付近でした、谷でアイゼンワークしていて、途中から尾根に上がって千秋峰の近くまで、登って下山しました。

7日はヤマメさん等と大普賢へ行きましたが、前夜に降った雪のようで和佐又迄の林道は20Cm位の積雪で、朝から誰も上がっていなく山に登ったのは他2パーティでしたが、途中から先頭で歩けて、楽しめましたが、雪が少ないですね、頂上付近で40から50位です、気温も高く朝8時は小屋で−9度帰り15時で−3度でしたが、風が強く寒く感じて冬らしく楽しめました。

2007/01/10(Wed) 00:30:36  [No.5811]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 269kB)

りんご畑さん、どうもです。

> 8日は私もその付近でした、谷でアイゼンワークしていて、途中から尾根に上がって千秋峰の近くまで、登って下山しました。

ひょっとしてスメールで横に止まってたシルバーの森林人号はりんご畑さん?
私はゴールドの外後号でした。
もしそうなら超ニアミス。初顔合わせが裸の付き合いでしたね。(^^ゞ

> 7日はヤマメさん等と大普賢へ行きましたが、前夜に降った雪のようで和佐又迄の林道は20Cm位の積雪で、朝から誰も上がっていなく山に登ったのは他2パーティでしたが、途中から先頭で歩けて、楽しめましたが、雪が少ないですね、頂上付近で40から50位です、気温も高く朝8時は小屋で−9度帰り15時で−3度でしたが、風が強く寒く感じて冬らしく楽しめました。

あんな日に大普賢行ったんですか?(@_@;)

              山日和

2007/01/10(Wed) 19:01:22  [No.5817]


山日和さん こんにちは

スメールにはよって無いのですが、お会いしたかったですね。

車は木屋谷橋の広場に置いていました。

今年は暖かくて山へ行くモチもなかなか出ないです。

最近は体力維持の登山と何時使うか分からないアイゼントレしてますが、一向に向上しません。・・・この日は同行者の半分以下の荷物でも付いて歩くのが精一杯でした・・・・歳の精にしたくないですが・・・。

鈴鹿・奥美濃知らないので、よろしく。

2007/01/11(Thu) 14:10:07  [No.5837]


割り込んで、ごめんね。

> 最近は体力維持の登山と何時使うか分からないアイゼントレしてますが、一向に向上しません。・・・この日は同行者の半分以下の荷物でも付いて歩くのが精一杯でした・・・・歳の精にしたくないですが・・・。

りんごさん。同行者って、
大普賢で、私の前をラッセルしているにも関わらず、一瞬にして姿が見えなくなった、あの元気なお兄さんでしょう。
彼と同じ調子で歩くなんてすごいよ〜。
あんな元気な人、久し振りに見ましたもの。
ヤマメ

2007/01/11(Thu) 16:25:50  [No.5838]


そうでしたか。橋の袂にあった車とスメールで横に止まっていた車が
同じように思えたもので・・・
いずれにせよ残念でした。
zippさんとも時間差攻撃でしたし、そのうちバッタリ会いそうですね。(^^)

             山日和

2007/01/11(Thu) 20:26:54  [No.5839]


山日和さん 夜中です。

> 3年前の岩本谷でのスタック騒ぎの時に素手で作業してから指先がちょっとおかしいんですよ。
> それまではしもやけすらなったことなかったのに、あの後指先の感覚がなくなって。
> 今も少し冷えると指先がしびれてしまいます。そういう時は指をくわえて舌で温めてやると
> 感覚が戻ってきます。どこかおかしいんやろか?

確かに、どこかおかしいみたいですね。
ところで、岩本谷のスタック騒ぎって何ですか?

> 鈴鹿よりスカがないようですね。

鈴鹿より都会が遠くて、標高も高いですからね。

> > ツェルト、頭から被ってたら、うどん鍋どうやって作って、どうやって食べるん?
> > 伊勢さんでなくても、不思議に思う。
> > おせーて。
> 伊勢さんへのレス参照してくだされ。

あのレス読んでも、その情景が頭に浮かばないのですよ。

頭からツェルト被ってたの。
つまり、頭まで完全にツェルトの中にいた?
そしたら、首のところを洗濯ばさみでとめてたら、うどん食べられへんやん。
それに、ツェルトの内側でコンロは使われへんし。
ツェルトの外でコンロに鍋かけてても、見えへんし。

頭だけツェルトから出して、首のとこでとめてたん?
ほんなら、防風効果面ではジャケット着てるのとおんなじやんか。
ツェルト被るメリットないがな。
どないなってまんねん???

> 大丸ピーコックにもよさそうなのがありましたよ。デパ地下はいいもんありますね。

ピーコツクにもいいのがありましたか。
こんど見てみようっと。
去年は南千里のオアシスのきつねうどんが美味しくて気に入ってたんだけど、
今年はきつねうどんが廃番になってしまったのか、
もう、てんぷらうどんしか売ってないので、がっかりです。

> 画像は特大えびふりゃあ。

うーむ。
こうなると、ヒラメのエンガワやなあ。

                                洞吹(どうすい)

2007/01/10(Wed) 00:37:42  [No.5812]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 271kB)

洞吹さん、どうもです。

> ところで、岩本谷のスタック騒ぎって何ですか?

正確に言うと、白倉谷の林道で先行車のスタックを見物していたら自分もはまってしまい、
あわててお手伝いに駆けつけた(自分も助けてもらうために^^;)というあの事件ですがな。

> 頭だけツェルトから出して、首のとこでとめてたん?
> ほんなら、防風効果面ではジャケット着てるのとおんなじやんか。
> ツェルト被るメリットないがな。
> どないなってまんねん???

その通り。これでもないよりは効果あるんですよ。ヤッケを2枚着てるようなもんやから。
煮てる時は両手で端を持って前に庇みたいに突き出してました。(^^ゞ

> 去年は南千里のオアシスのきつねうどんが美味しくて気に入ってたんだけど、

スーパーで売ってるやつとは比べ物にならんと思います。
清修庵のうどんすきもおいしかったですが。(これは以前山田のコーヨーや北千里のサテ
ィにありました。)

> うーむ。
> こうなると、ヒラメのエンガワやなあ。

カレイの塩釜焼きのヒレのようでもあります。(^^)

              山日和

2007/01/10(Wed) 19:15:39  [No.5818]


山日和 さん おはようサンです

> 【コース】万才橋8:40---9:45ワサビ谷二俣---11:40桧塚奥峰13:10---14:30万才橋
> 今日はこれで満足だ。最短コースで下りよう。ほんとに温泉が恋しくなってきた。

タイム的に早いご帰還でしたね、行間にはチョッと寂しさが隠れてるのかな。

> 伊勢さんの最新情報では千秋林道は奥まで入れるらしい。
> 明神平への登山道は情報通り整備されているようで、真新しい木橋がいくつか掛かっていた。

この情報はご馳走様です、伊勢さん今が旬ウンガわんソロですもんね。そのうちに師匠を越えるカモよ。

> キツネかテンのものだろうか小動物の足跡ず現われ斜面をうまくトラバースしている。
> それに誘われて行くとそこは杣道だったのか、比較的安定した歩きやすいトレースだった。
> やはり動物も一番歩きやすい「道」を選んでいるのだろう。

これはマタギの世界ですよ、住ケモノさんは賢い雪時には足跡よく伝ったものです。
無駄ないコースを取っていますよね。

> ここへ登るまで体調、モチベーションとも今ひとつで早くも温泉が恋しくなっていたのだが、俄然意気が上がってきた。
> 予定では伊勢さん張りにヌタハラ谷へ下りて桧塚劇場へ回るつもりだったがそんな気も失せた。
> いろいろ考えてはいたのだが、一番安直なマナコ谷コースを選んだ。

アララ、意気が上がったり沈んだり、いつもの山さんじゃないですな。

> 3年前の岩本谷でのスタック騒ぎの時に素手で作業してから指先がちょっとおかしいんですよ。
> それまではしもやけすらなったことなかったのに、あの後指先の感覚がなくなって。
> 今も少し冷えると指先がしびれてしまいます。そういう時は指をくわえて舌で温めてやると
> 感覚が戻ってきます。どこかおかしいんやろか?

こんな感覚の人と歩いたことありますよ。
末梢血流が悪くなってる、悪くすると指先が白蝋化してました、余計なお世話ですが食い物を見尚したらどうかな。

> このトレースを追う人がいたらご愁傷様と言うべきか。

ケへへ(^^)けし掛けてるのかな、気が充実してきたら試してみますね。
元気だしてくださいよ、番頭さん。

                      丁稚 緑酔より。

2007/01/10(Wed) 08:14:46  [No.5814]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 750×1000 277kB)

緑水さん、どうもです。

> タイム的に早いご帰還でしたね、行間にはチョッと寂しさが隠れてるのかな。

寒いのと指のしびれがイヤな感じだったので珍しく早めに下りました。

> この情報はご馳走様です、伊勢さん今が旬ウンガわんソロですもんね。そのうちに師匠を越えるカモよ。

ウンがわんソロ?・・・ブンガワンソロ・・・??? 緑水語は難しい・・・

> これはマタギの世界ですよ、住ケモノさんは賢い雪時には足跡よく伝ったものです。
> 無駄ないコースを取っていますよね。

山では動物が一番の師匠ですね。

> こんな感覚の人と歩いたことありますよ。
> 末梢血流が悪くなってる、悪くすると指先が白蝋化してました、余計なお世話ですが食い物を見尚したらどうかな。

どこかが悪いことは確かです。ちょっと診てもらおうかな。

> ケへへ(^^)けし掛けてるのかな、気が充実してきたら試してみますね。

いえいえそういうわけではありません。マナコ谷道を下りてきた常識ある人がトレースに
釣り込まれたらあまりに気の毒かなと・・・(^^ゞ

               山日和

2007/01/10(Wed) 19:22:46  [No.5819]


山日和 さん おはようサンです

朝明空が焼けてきました、お出かけ前のチョイパソです。

画像の木橋はほんま嬉しいなあ、奥の谷への道も補修されたのかな。
いい逃げ道だ、ブナの芽吹きにさま酔いしよ〜っと(^^)

> ウンがわんソロ?・・・ブンガワンソロ・・・??? 緑水語は難しい・・・

こんな名曲が分からないの、歌いましょうかんw。

♪ ウンがソロソロ湧いてきた 弟子もできた 二番弟子の申し込みで これは大変だ〜
  吹雪もなんのその まずいウドンも食っちゃうよ 先ずは師匠が訓練せな〜

> どこかが悪いことは確かです。ちょっと診てもらおうかな。

なんか人みたいなコト言ってるね 変なの

>> ケへへ(^^)けし掛けてるのかな、気が充実してきたら試してみますね。
> いえいえそういうわけではありません。マナコ谷道を下りてきた常識ある人がトレースに
> 釣り込まれたらあまりに気の毒かなと・・・(^^ゞ

アバウトえい頃加減でやりますよ、緑ちゃん足が痛いの。頑張りは身に毒ですね。
さあ熊野暖から抜け出して、カンの寒さを楽しみに行こうです。

                     緑酔。

2007/01/11(Thu) 07:32:21  [No.5833]


  Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 投稿者:とっちゃん(こと)

山さん、こんばんは〜。


またまた、霧氷に歓迎されましたね〜。(*^_^*)

見たくても出会えないのに、そのつもりでなくても歓迎される、いいじゃありませんか。うらまやし〜。やっぱ、霧氷があると、心うきうきやね。

> その甲斐あってか桧塚方面に青空が少し覗き始めた。展望台へ上がると着いた時には霞んでいた台高主脈の山々と、その向こうに白鬚岳が姿を現していた。
> 野江股、迷方面も見える。寒空の下、鍋をつついて粘ったご褒美だ。


おまけに、青空まで(*^_^*)だしちゃって。写真が映えるね。急にバチバチ写したくなったうよね〜。


>  高度計で1275m。まるで植林したような若い自然林が突然終わり、目の前には原生の森が広がった。木屋谷川や木原谷源流域に共通する、ブナとミズナラの大木が競い合う素晴らしい光景。この森はヒメシャラが彩りを添える。

このあたりは、よさげじゃないですか〜。


> いろいろ考えてはいたのだが、一番安直なマナコ谷コースを選んだ。
>  桧塚への吊尾根は一段と強風が吹き募っていた。頬が強張って口の動きが鈍いのがわかる。その分見事なエビノシッポがそこここに花開いている。青空の面積も徐々に増えてきた。
>
>  大草原の広がるマナコ谷へ下り。風を遮る何ものもないここは、まともに冷たい強風が襲いかかる。しかし、背後から時折出る日差しが自分の影を作ってくれるのがうれしい。

ここは、ほんまに暴風状態のとこやね〜。三?四?年前にテント担いで登った日のことを思い出すよ〜。一歩ごとに踏ん張ってないと飛ばされそうやった。(@_@)

>  これがなければこのコースもいいのにと思う植林帯の林道まで下りて道がわからなくなった。面倒くさいので万才橋一番近い尾根を下りることにする。

この植林を通らなくても下れればええんやけど。そんなコースどりってできるんやろか?っと思うね〜。

2007/01/10(Wed) 21:05:11  [No.5825]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1000×750 294kB)

とっちゃん、どうもです。

> またまた、霧氷に歓迎されましたね〜。(*^_^*)
> 見たくても出会えないのに、そのつもりでなくても歓迎される、いいじゃありませんか。うらまやし〜。やっぱ、霧氷があると、心うきうきやね。

えっへん、日頃の行いの賜物かな。(^_-)

> おまけに、青空まで(*^_^*)だしちゃって。写真が映えるね。急にバチバチ写したくなったうよね〜。

山頂からはずっとカメラ持って歩いてました。

> このあたりは、よさげじゃないですか〜。

もう見慣れた景色なんだけどね。

> ここは、ほんまに暴風状態のとこやね〜。三?四?年前にテント担いで登った日のことを思い出すよ〜。一歩ごとに踏ん張ってないと飛ばされそうやった。(@_@)

軽量級の人にはつらいよね。私も人間が軽いので飛ばされそうでした。(^^ゞ

> この植林を通らなくても下れればええんやけど。そんなコースどりってできるんやろか?っと思うね〜。

マナコ谷道を下りる限りではどうしようもないね。途中から口ワサビ谷右岸尾根へ逃げる
手もあったんだけど、書いた通り気力不足で・・・
またシロヤシオの時期に行きたくなりました。(^_^)

               山日和

2007/01/10(Wed) 21:49:06  [No.5829]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1024×768 165kB)

こんにちわサン
陽の光が強く感じますね、緑水後追いしてきました。

> 登山口近くの大トチで登山道と合流したが、このトレースを追う人がいたらご愁傷様と言うべきか。

新雪と樹氷の好い日ランチを楽しみましたです。
下山トレースはできませんでしたわ(^^)

先ずは報告です。      緑水。

2007/01/25(Thu) 12:13:05  [No.6005]


緑水さん、こんばんは。
雪降ったんですね。あるHPの先週の三峰の画像ではまったく雪無し、霧氷無しだった
ので、この方面もも無雪期状態だと思ってました。
きれいですね〜(^_^)

> 下山トレースはできませんでしたわ(^^)

トレースしない方がいいと思いますよ。(^^ゞ

              山日和

2007/01/25(Thu) 20:43:23  [No.6007]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1024×768 168kB)

山日和 さんおはようサンです
今日も好い天気ですね、布団干し片付け休息に良い日和です。と言いながらもイロイロせなならぬ浮世だ。

> 雪降ったんですね。あるHPの先週の三峰の画像ではまったく雪無し、霧氷無しだった

弱っても寒の最中だ、北風吹けば其れなりの近畿東海地方、樹氷が飾りますね。

19日だったです、後追いで栗ノ木から修験山を周遊歩きました。
この日も寒い日でね、霧氷が淡く飾りましたです、花の山なんだ次回は花時期に三峰から周遊します。

>> 下山トレースはできませんでしたわ(^^)
> トレースしない方がいいと思いますよ。(^^ゞ

面白くなさそうでした、その向こうの尾根には鹿さんが飛んでオイデお出でしてました。ワサビ右岸に下りるこれ良さそうでしたよ。

また後追い二番煎じしたく成るようなレポ、宜しく御願い申し上げます。

拝、ポンポン           緑酔

2007/01/26(Fri) 08:14:09  [No.6012]


 横から失礼です。

> 19日だったです、後追いで栗ノ木から修験山を周遊歩きました。
> この日も寒い日でね、霧氷が淡く飾りましたです、花の山なんだ次回は花時期に三峰から周遊します。
 画像は、栗ノ木・局とトンガリ山二つ。
修験業から北に派生する護摩山の尾根に入って撮られたものですね。
わたしも逆回りで周回したことがあります。演習林周回を考えているんですが、いまだに植林山に踏み込むのに躊躇したまま、計画倒れです(^^;
シャクナゲとカタクリがよく知られている山域ですが他にもいろいろあるところですね(^^)。

2007/01/26(Fri) 23:33:14  [No.6017]


Re: 【台高】ワサビ谷から桧塚奥峰 (画像サイズ: 1024×768 402kB)

zipp さん 尾は養蚕←一括変換だとこうでる

> 画像は、栗ノ木・局とトンガリ山二つ。
> 修験業から北に派生する護摩山の尾根に入って撮られたものですね。

何でも知ってるオッちゃんやなあ(@ @)ええ尾根やシャクナゲのトンネルや、花芽も沢山ついてる。
不動の滝に下りて、降り口のガケッチョにビビりました。

> 演習林周回を考えているんですが、いまだに植林山に踏み込むのに躊躇したまま、計画倒れです(^^;
> シャクナゲとカタクリがよく知られている山域ですが他にもいろいろあるところですね(^^)。

次のために大学の施設に行き、先生と話しましたです。
毎日ここが勤務地とか、なにの研究かな勉強かなあ、学生はいないよね。

平日は入れるが、責任があるとか言ってた。
上からさ迷えばよかろうですよ。

集ひの会では教授に案内してもらい歩いてますよ、コネはあるみたい。
ベスト時期に行くつもりだ、車が二台いるね

                    緑推

2007/01/27(Sat) 02:46:12  [No.6019]


掲示板に戻る