一括表示

  伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL
伊吹山・雪少なし (画像サイズ: 1024×768 182kB)

昨年の雪辱を果たそうとスキーで伊吹に向かった(←分からない方はHPを参照してください)
しかし、やはりただでは迎えてもらえなかった。このリベンジはまたいつか必ず…

伊吹山(1377.3m)/1月13日(土)/曇り時々雪/単独

8:05 「伊吹山ゴンドラ乗り場」駐車場 →8:20 3合目 → 9:15 6合目避難小屋 → 10:15 8合目 → 10:50〜11:45 山頂 → 12:50 3合目 

前日に、そばつるから伊吹山に登ったが9合目で敗退したという報告を受けた。またしても師匠に内緒で師匠も行ったことのない冬の伊吹山に向かったのだ。師匠としてはこうしてはいられない。幸い彼は山頂を踏んでない。ではと伊吹山に向かった。

伊吹山は昨年、ショートスキーで臨んで拒まれた。その雪辱も果たさそう。山スキー板を担ぎ出し伊吹山ゴンドラ乗り場に向かった。

今年は雪が少ない。伊吹は尚更でスキー場はようやく最近オープンにこぎつけた。そういう状態だから客は少なく昨年は下の方の駐車場から歩いていったが今年はゴンドラ乗り場の目の前の駐車場に置くことができた。これはさい先良い。

が天候は悪そうだ。見ると上部はガスがかかっているか雪が降ってるかという感じ。ゴンドラに乗って3合目に着いてみるとやはりガスがかかっていた。十数メートル先が見えない。進む方向が分からない。どうしようか随分迷う。でも登山者もいるようだしトレースもあるだろう。取りあえず6合目にできたという新しい避難小屋までは行ってみようとシールを貼ったスキー板を履いて出発。

ゲレンデがどこにあるやら分からない状態だったが案内板の方向に進むと登山者のトレースがあった。それを辿っていく内にガスが若干晴れてきて視界が広がった。冬山訓練をしている団体を横目に見て5合目リフト終点に至る。誰も乗っている人はいず終点を知らせるアナウンスだけがむなしく繰り返されていた。

5合目避難小屋を過ぎると昨年は雪の広大な斜面になっていたが今年は雪は付いているが枯れ草が一面に頭を出している。この斜面を滑るのは難しそうだ。夏道もしっかりその形が分かる。

岩のある夏道を避け雪の付いた草むらを進む。途中からは夏道をトレースしていく。この方が進みやすい。

6合目避難小屋に着く頃には弱く雪が降り出した。真新しい避難小屋は中を見ても新築の匂いがしそうなくらいきれいだ。ただ、土足厳禁なので気軽にはあがれないのが残念だ。

さてここからどうするか。ここで休んで下山するか。思い切って登るか。降雪とガスが邪魔して視界がなくなるのが恐い。そうすると山頂についても滑って降りるのは難しくなる。今日は、休みだが午後からちょっと会社に顔を出さなければいけない用事があるので昼までには降りてきたいのだが徒歩での下山ではきつくなるかもしれない。

さんざん悩んでいると単独の登山者が登ってみえた。その人に迷ってるんですわ、と話すと「ぜひ行ってくださいよ」と背中を押された。それでは、と行けるところまで行ってみることにした。

相変わらず夏道をトレースしていく。登り始めには付けていたゴーグルは曇って役に立たずはずした。

登るに従って斜面は急になっていく。そうすると夏道をトレースしていても曲がり角での方向転換が徐々に難しくなっていき方向転換に時間が掛かる。所々岩も出ておりそれを避けて通るのもかなり苦労した。こんな所を滑り降りてこれるのかなあと不安になりながらも先に先に進んでいく。

8合目を過ぎると更に斜度が増し徐々に困難さも増す。それをなんとか乗り切ってやっと9合目の看板が上部にみえた。あそこに着けば後は緩やかな斜面を東に向かうだけだ。その前の急斜面をカニ歩きを交えながらクリヤーして後は夏の散策路の柵が頭を出しているのを辿って山頂の祠に着いた。

山頂付近は風が凄い。ともすると風に倒されそうだ。どうしようと思ったが他に風を避けられそうなところもないので24時間開けられている祠の中に入って休憩。

下山に不安を残しながら冬の伊吹山登頂に満足。ビールで乾杯していると6合目でお会いした登山者が到着。三角点を踏んできた、との事だった。その後も3〜4人の方がみえ中には春日井からこられた単独の女性の方もみえた。最初お互いに距離を置いた感じだったがその内いろいろ話しをして楽しい一時を過ごした。

さて下山。シールを剥がして9合目まで向かったもののここからどうしよう。ええい、ままよ、と急斜面に飛び込む。そして下部の夏道に復帰。それからは斜滑降でスピードを殺しながら夏道沿いに進んでいく。キックターンも交えて降りていったが年をとって身体が固く股関節が痛む。8合目を過ぎた辺りからは石や岩の露出が激しくなりとても僕の手には負えずしばらく板を担いで降りていった。そして斜面が緩やかになったところで再び板を履いて思い切って枯れ草が頭を出す斜面に飛び込んでみた。雪質もよくなくあまりうまくターンできないがそれでもなんとか滑って行けた。その後は夏道と雪原を滑りわけながら降りていきコケまくったがそれでも無事ゲレンデに着くことができた。

天候の方だが下山して麓の「薬草の里」に着いた頃にはきれいに晴れ渡り美しい伊吹山の姿が見えた。登っている時はずっとガスがかかっていたのに…。山スキーの不完全燃焼と合わせて、またしても伊吹山にやられた…。いつか必ずリベンジを…。

2007/01/14(Sun) 22:01:40  [No.5872]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:緑水
Re: 伊吹山・雪少なし (画像サイズ: 1000×750 189kB)

Tsutomu さん おはようサン ごぶさたです

樹氷で飾られた小屋の画像いいですね。

> 5合目避難小屋を過ぎると昨年は雪の広大な斜面になっていたが今年は雪は付いているが枯れ草が一面に頭を出している。
> この斜面を滑るのは難しそうだ。夏道もしっかりその形が分かる。

伊吹の積雪は少ないですね、東海道列車から見る伊吹北尾根、あれでは満足な山スキーには不満が残るだろうな。

> 6合目避難小屋に着く頃には弱く雪が降り出した。真新しい避難小屋は中を見ても新築の匂いがしそうなくらいきれいだ。

これ好いですね、泊りも可能ですか

> 山頂付近は風が凄い。ともすると風に倒されそうだ。
> 下山に不安を残しながら冬の伊吹山登頂に満足。ビールで乾杯していると6合目でお会いした登山者が到着。
> 三角点を踏んできた、との事だった。その後も3〜4人の方がみえ中には春日井からこられた単独の女性の方もみえた。
> 最初お互いに距離を置いた感じだったがその内いろいろ話しをして楽しい一時を過ごした。

同人との会話は楽しいです、冬伊吹、条件次第で一級品ですね。

> キックターンも交えて降りていったが年をとって身体が固く股関節が痛む。

緑ちゃん痛むアンヨ引きずって訪ねますわ

                        緑酔。

2007/01/15(Mon) 08:55:00  [No.5874]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

緑水さん、こんばんは。

こちらこそご無沙汰です。

なかなかレスできないですみません。

> 樹氷で飾られた小屋の画像いいですね。

吹雪に凍り付いていました。中にはいるとまるで天国でした。

> 伊吹の積雪は少ないですね、東海道列車から見る伊吹北尾根、あれでは満足な山スキーには不満が残るだろうな。

昨年が多かっただけにそのギャップが大きいですね。広大な雪斜面にシュプールを描きたかったのに!

> これ好いですね、泊りも可能ですか

泊まりも可能ですよ。10人ぐらいは泊まれそうかな。

> 同人との会話は楽しいです、冬伊吹、条件次第で一級品ですね。

そうですね。でも人はいろいろですね。挨拶もせずにはいってきた若者もいたし、言葉を交わさず出ていった高齢の方もみえました。女性も最初は顔を向けようともしてなかったんですがこちらから声を掛けるとにこやかに話してくれました。

> 緑ちゃん痛むアンヨ引きずって訪ねますわ

えっ!足痛められたんですか?

             Tsutomu

2007/01/16(Tue) 20:20:30  [No.5888]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:緑水

Tsutomu さん おはようサン

>> 樹氷で飾られた小屋の画像いいですね。
> 吹雪に凍り付いていました。中にはいるとまるで天国でした。
> 泊まりも可能ですよ。10人ぐらいは泊まれそうかな。

六合目の新築小屋なんですよね、平日ならだれも居ないかなあ、居ないといいのだけれどね。

>>  同人との会話は楽しいです、冬伊吹、条件次第で一級品ですね。
> そうですね。でも人はいろいろですね。挨拶もせずにはいってきた若者もいたし、言葉を交わさず出ていった高齢の方もみえました。
> 女性も最初は顔を向けようともしてなかったんですがこちらから声を掛けるとにこやかに話してくれました。

そうだよ、自分から見た人は、人から見た自分と同じことだなんだ。
緑の若い頃は、女の子みたら先ず「どこから来たん」その一言が始まりだった。
ケモノは匂いで分かるけれど、人は話さなくては分からない。人の進化はアダムとイブ不幸の始まりでしたね。

>> 緑ちゃん痛むアンヨ引きずって訪ねますわ
> えっ!足痛められたんですか?

恥ずかしながら、頑張りすぎて、休肝日と休足日を作らなくてはいけませんね。
温泉が正月休みでアンヨのケアが足りませんでした、もうほぼいいです。

雪のあるうちに伊吹やるよ、お助け願えれば幸甚です(^^9

                      緑水。

2007/01/17(Wed) 02:13:17  [No.5894]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

緑水さん、こんばんは。

> 六合目の新築小屋なんですよね、平日ならだれも居ないかなあ、居ないといいのだけれどね。

平日は人は少なそうですね。そばつるは平日だったんですが人にあったという話はしてませんでした。

> そうだよ、自分から見た人は、人から見た自分と同じことだなんだ。
> 緑の若い頃は、女の子みたら先ず「どこから来たん」その一言が始まりだった。
> ケモノは匂いで分かるけれど、人は話さなくては分からない。人の進化はアダムとイブ不幸の始まりでしたね。

人のつながりはまず話しかけることですね。黙っていると近くにいても人は遠のいていってしまう。最近つくづく感じます。

> 恥ずかしながら、頑張りすぎて、休肝日と休足日を作らなくてはいけませんね。
> 温泉が正月休みでアンヨのケアが足りませんでした、もうほぼいいです。

ほどほどがいいということですかね。頑張りすぎても頑張り足らずでもいけませんね。僕も右足痛が続いているのでいたわりつつ登らなければ。それにしても8000日登山をされた方は凄いなあ…どうやってケアするのかなあ。

> 雪のあるうちに伊吹やるよ、お助け願えれば幸甚です(^^9

緑水さんを助けるなんて、できたらなんだか自慢できそう(^^)

                Tsutomu

2007/01/17(Wed) 21:35:54  [No.5917]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:pana  URL
Re: 伊吹山・雪少なし (画像サイズ: 1200×1600 482kB)

tsutomuさんこんばんわ。

> 下山に不安を残しながら冬の伊吹山登頂に満足。ビールで乾杯していると6合目でお会いした登山者が到着。三角点を踏んできた、との事だった。その後も3〜4人の方がみえ中には春日井からこられた単独の女性の方もみえた。最初お互いに距離を置いた感じだったがその内いろいろ話しをして楽しい一時を過ごした。

最近モテモテですね(^^)
羨ましい限りです。

> 年をとって身体が固く股関節が痛む。8合目を過ぎた辺りからは石や岩の露出が激しくなりとても僕の手には負えずしばらく板を担いで降りていった。、またしても伊吹山にやられた…。いつか必ずリベンジを…。

いえいえ、まだまだなかなかお若いです。
私はカンオケに片足突っ込んでいますが・・・

伊吹リベンジ楽しみに待っています。
昨日の写真貼り付けておきます。
いい雪でした。

2007/01/15(Mon) 20:36:34  [No.5881]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

panaさん.こんばんは。

> 最近モテモテですね(^^)
> 羨ましい限りです。

全然もてませんよ。同じ所にいながら言葉も交わさないのに絶えられなくてこちらから声を掛けただけですから。

> いえいえ、まだまだなかなかお若いです。
> 私はカンオケに片足突っ込んでいますが、Kちゃんがお嫁に行くまでは山はやめられません。

あの元気さでカンオケに足を突っ込んでるんでしたら世の中のほとんどの人は墓に身体半分入ってますね。

> 伊吹リベンジ楽しみに待っています。

何時になるかなあ。また来年か…。

> 昨日の写真貼り付けておきます。
> いい雪でした。

なかなかいい雪でした。これでもっと体力があればいうことなしなんですが…

それではまた、すてきな樹林の中で!

             Tsutomu

2007/01/16(Tue) 20:26:29  [No.5889]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:柳川洞吹

Tsutomuさん こんにちは

画像は、ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家みたいですね。

> 6合目避難小屋に着く頃には弱く雪が降り出した。真新しい避難小屋は中を見ても新築の匂いがしそうなくらいきれいだ。ただ、土足厳禁なので気軽にはあがれないのが残念だ。

新しい避難小屋があるのですか。

> さてここからどうするか。ここで休んで下山するか。思い切って登るか。降雪とガスが邪魔して視界がなくなるのが恐い。そうすると山頂についても滑って降りるのは難しくなる。
> さんざん悩んでいると単独の登山者が登ってみえた。その人に迷ってるんですわ、と話すと「ぜひ行ってくださいよ」と背中を押された。それでは、と行けるところまで行ってみることにした。

心はほぼ決まっていたけれど、
最後にちょっとポンと肩を押してもらいたかったんでしょ。

> 8合目を過ぎると更に斜度が増し徐々に困難さも増す。それをなんとか乗り切ってやっと9合目の看板が上部にみえた。あそこに着けば後は緩やかな斜面を東に向かうだけだ。その前の急斜面をカニ歩きを交えながらクリヤーして後は夏の散策路の柵が頭を出しているのを辿って山頂の祠に着いた。

スキー背負って足で登ったほうが楽なんじゃないのですか。
シールつけて登ったことないので、よくわかりませんが。

> さて下山。シールを剥がして9合目まで向かったもののここからどうしよう。ええい、ままよ、と急斜面に飛び込む。

以前、上から登山道を見下ろしたことありますが、ここ、けっこう急ですよね。
ここを滑り降り始めるのは、思い切りが要りそう。

> 天候の方だが下山して麓の「薬草の里」に着いた頃にはきれいに晴れ渡り美しい伊吹山の姿が見えた。登っている時はずっとガスがかかっていたのに…。山スキーの不完全燃焼と合わせて、またしても伊吹山にやられた…。いつか必ずリベンジを…。

私見で恐縮ですが、
「リベンジ」というと、なんか「復讐=仕返し=仇討ち」というような語感を感じてしまって、
ワシ的には、どうも恐ろしくていけません。
ここらは、「再チャレンジ」とか「リトライ」あたりで、穏やかに……(^^;
こんなこと言って、えらいすいませんが、ちょいと気になりましたので。
現代若者会話では、普通に「再挑戦」の感覚なのでしょうね。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2007/01/17(Wed) 13:43:10  [No.5900]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

洞吹さん、こんばんは。

> 画像は、ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家みたいですね。

強風と寒ささえなければメルヘンチックでした。

> 新しい避難小屋があるのですか。

そばつるによると昨年から建てていてそれが完成したようです。

> 心はほぼ決まっていたけれど、
> 最後にちょっとポンと肩を押してもらいたかったんでしょ。

帰る方に決まってました。それが後ろから人が登ってくると悔しくなっちゃうんですね。登っていっちゃいました。トップでした。

> スキー背負って足で登ったほうが楽なんじゃないのですか。
> シールつけて登ったことないので、よくわかりませんが。

途中でお会いしたご夫婦に同じようなこといわれました。ほぼ登山道を歩いてるのだから多分背負った方が楽だし速い気がします。でもまあ練習だと思って履いたまま登り切りました。

> 以前、上から登山道を見下ろしたことありますが、ここ、けっこう急ですよね。
> ここを滑り降り始めるのは、思い切りが要りそう。

まあ2ターンしてすぐ登山道に復帰しましたけど、どうしようかなあとは思いました。きれいに滑ろうと思わなければなんとかなるもんだなと思いました。

> 私見で恐縮ですが、
> 「リベンジ」というと、なんか「復讐=仕返し=仇討ち」というような語感を感じてしまって、
> ワシ的には、どうも恐ろしくていけません。
> ここらは、「再チャレンジ」とか「リトライ」あたりで、穏やかに……(^^;
> こんなこと言って、えらいすいませんが、ちょいと気になりましたので。
> 現代若者会話では、普通に「再挑戦」の感覚なのでしょうね。

気持ち分かります。この言葉が世に広まりはじめた頃、確かあれは60億男の松坂あたりが頻繁に使っていて広まりはじめたと思うのですが、すごく違和感を感じたのを覚えてます。しかし、いつの間にか僕も普通にこの言葉を使うようになってしまいました。ちょっと反省かな(^^;

               Tsutomu

2007/01/17(Wed) 21:49:32  [No.5919]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:SHIGEKI
Re: 伊吹山・雪少なし (画像サイズ: 640×480 310kB)

Tsutomu さん こんばんは

>昨年の雪辱を果たそうとスキーで伊吹に向かった
>(←分からない方はHPを参照してください)

このところ、しっかりチェックさして貰ってマッセ〜

>今年は雪が少ない。伊吹は尚更でスキー場はようやく最近オープンにこぎつけた。
>そういう状態だから客は少なく昨年は下の方の駐車場から歩いていったが今年は
>ゴンドラ乗り場の目の前の駐車場に置くことができた。これはさい先良い。

土曜日にこれでは スキー場もあがったりですなぁ
人が少ないのはええ事ですが・・・

>冬山訓練をしている団体を横目に見て5合目リフト終点に至る。
>誰も乗っている人はいず終点を知らせるアナウンスだけがむなしく繰り返されていた。

リフトが動いていると言うことは、一応滑れるのに人は乗っていない 土曜日に・・
むなしい風景ですね

>5合目避難小屋を過ぎると昨年は雪の広大な斜面になっていたが今年は雪は付いて
>いるが枯れ草が一面に頭を出している。
>この斜面を滑るのは難しそうだ。夏道もしっかりその形が分かる。

山スキーの練習にはチト雪が少なすぎるようですね

>6合目避難小屋に着く頃には弱く雪が降り出した。
>真新しい避難小屋は中を見ても新築の匂いがしそうなくらいきれいだ。

これはいいですね  雪山合宿所があるということですなぁ

>シールを剥がして9合目まで向かったもののここからどうしよう。
>ええい、ままよ、と急斜面に飛び込む。

この乗り 気合い一発 でええんですかいなぁ?
雪山でしかもスキーは勝手に滑りますからね・・

>思い切って枯れ草が頭を出す斜面に飛び込んでみた。
>雪質もよくなくあまりうまくターンできないがそれでもなんとか滑って行けた。
>その後は夏道と雪原を滑りわけながら降りていきコケまくったがそれでも無事
>ゲレンデに着くことができた。

やっぱ、コケますか? 
夏道が見えるような雪の少なさでは、コケたら痛そうですなぁ
そのまま滑落せんだけマシですかいなぁ

>山スキーの不完全燃焼と合わせて、またしても伊吹山にやられた…。
>いつか必ずリベンジを…。

こちらは、まだまだ雪の積もり具合と天候見ながらゲレンデ訓練中

では また どこか 静寂のパウダーバーンで

    SHIGEKI

2007/01/17(Wed) 19:00:20  [No.5902]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

SHIGEKIさん、こんばんは。

> このところ、しっかりチェックさして貰ってマッセ〜

毎度ありがとうございます。

> 土曜日にこれでは スキー場もあがったりですなぁ
> 人が少ないのはええ事ですが・・・

まあ、スキー場としてはダメですね。もともと採算が合わなくてつぶれそうになったところだから…

> リフトが動いていると言うことは、一応滑れるのに人は乗っていない 土曜日に・・
> むなしい風景ですね

スタッフのお姉さんがやることもなくてせっせと降り口に雪をひいてましたがその姿がなんだか哀しかった。

> 山スキーの練習にはチト雪が少なすぎるようですね

取立山とどっこいどっこいでしたね。行く前のイメージでは広い雪原を大滑降だったんですが…。

> これはいいですね  雪山合宿所があるということですなぁ

みなさん小屋に興味がおありのようで。いい小屋でしたよ。

> この乗り 気合い一発 でええんですかいなぁ?
> 雪山でしかもスキーは勝手に滑りますからね・・

滑り始めは思いっきりですよ。アイスバーンではようやりませんが…。

> やっぱ、コケますか? 
> 夏道が見えるような雪の少なさでは、コケたら痛そうですなぁ
> そのまま滑落せんだけマシですかいなぁ

あまりうまくないんでちょっと雪質が悪かったり地形が複雑だったりするとコケまくります。こんなもんです。滑落するような所では無理しません…ていうか近づきません。

> こちらは、まだまだ雪の積もり具合と天候見ながらゲレンデ訓練中
>
> では また どこか 静寂のパウダーバーンで

行きたいですねぇ、奥美濃の大日岳なんかどうですか?静寂ではないかもしれないですけど。
               SHIGEKI

2007/01/17(Wed) 22:02:55  [No.5920]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:とっちゃん(こと)

Tsutomu さん、こんばんは〜。(*^_^*)

> 前日に、そばつるから伊吹山に登ったが9合目で敗退したという報告を受けた。またしても師匠に内緒で師匠も行ったことのない冬の伊吹山に向かったのだ。師匠としてはこうしてはいられない。幸い彼は山頂を踏んでない。ではと伊吹山に向かった。

そばつるさんは、山スキーやらないんですか?

伊吹は南面やし解けやすいし〜、今年は雪は少ないしで、商売あがったりやね。よう、山スキーで行きましたね。

私も、今年こそ、ゲレンデちゃんから、練習しますよ〜。この年と骨折した関節が再び折れるの怖いよ〜。じゃ、止めればいいんやけど、がんばろ〜っと。

山スキーゲレンデ、次なる山は、どこかな?

2007/01/17(Wed) 21:15:31  [No.5914]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

とっちゃん(こと)さん、こんばんは。

> そばつるさんは、山スキーやらないんですか?

かれは、ゲレンデでもボーゲンしかできないのでやりません。

> 伊吹は南面やし解けやすいし〜、今年は雪は少ないしで、商売あがったりやね。よう、山スキーで行きましたね。

行く前のイメージはもう少し雪があったんですけどいざ現地で見ると少なかったですね。練習のつもりでスキーを履いて登ってみました。

> 私も、今年こそ、ゲレンデちゃんから、練習しますよ〜。この年と骨折した関節が再び折れるの怖いよ〜。じゃ、止めればいいんやけど、がんばろ〜っと。

無理をしないように心掛ければ大丈夫!僕も今年は右膝が心配だったんだけど以外と滑りには影響がないです。

> 山スキーゲレンデ、次なる山は、どこかな?

奥美濃、大日岳に行きたいですね。気軽に。雪あるかなあ。

              Tsutomu

2007/01/17(Wed) 22:09:14  [No.5921]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:とっちゃん(こと)

Tsutomuさん、こんばんは〜。

> かれは、ゲレンデでもボーゲンしかできないのでやりません。

ぐさ〜っと胸に突き刺さる〜。

これって私とよく似たラベル〜。

> 無理をしないように心掛ければ大丈夫!

うん、普通に歩いてても、こけて骨折する時はする。

ホップステップジャンプで、思い切って、チャレンジするね〜。自分の新たな世界を求めて〜。ってかっこいいこと言えるように、地道に練習しなきゃ。

> 奥美濃、大日岳に行きたいですね。気軽に。雪あるかなあ。

ええっと、奥美濃でも、あんまりないのかな?大日か〜、わたしゃ、ゲレンデからのスタートやなぁ〜。

2007/01/17(Wed) 22:58:15  [No.5925]


  Re: 伊吹山・雪少なし 投稿者:Tsutomu  URL

とっちゃん(こと)さん、こんばんは。

> ぐさ〜っと胸に突き刺さる〜。
>
> これって私とよく似たラベル〜。

彼は、スキーで山に行こうという意志は全くないのでレベル的には天と地の差があると思います。

> うん、普通に歩いてても、こけて骨折する時はする。

要は自分のレベルを見極めて無理をしないことですね。万が一の時でも対処できる範囲で…。まあ、これはどんな山歩きにも共通することですけどね。

> ホップステップジャンプで、思い切って、チャレンジするね〜。自分の新たな世界を求めて〜。ってかっこいいこと言えるように、地道に練習しなきゃ。

そうですね、練習ですね、スキーは。うまくなくてもいいけどどこでも滑れることが大切ですね。

> ええっと、奥美濃でも、あんまりないのかな?大日か〜、わたしゃ、ゲレンデからのスタートやなぁ〜。

少ないですね、今年は。21日に大日岳にいってみようかと思ってます。

               Tsutomu

2007/01/19(Fri) 22:58:05  [No.5934]


掲示板に戻る