一括表示

【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 360×480 36kB)

山日和さんの企画・「ノロ尾」状況速報〜

【山 域】若狭・野坂山地 ノロ尾から大御影山(950.1m)北東ピーク
【日 付】2007年 1月20日(土)
【コース】松屋−ノロ尾−大御影山・北東ピーク−白谷左岸尾根−白谷登山口−松屋
【メンバー】山日和、Y夫妻、とっちゃん、SHIGEKI、矢問

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/noroo.htm

昨年(2006年)6月に登った大御影山は尾根ルート上に素晴らしいブナ林がある。
山頂自体はそれほど面白い山頂ではないが、その北東のピークにはまだ見ぬブナ林があり
そう。そこで、無雪期にはヤブがうるさくて登るのに難儀する、松屋の集落から直登尾根
のノロ尾からそのピークを狙うという山日和さんらしい企画に、大御影山のピークを踏ん
だことのある6人がチャレンジ。天候と雪質に恵まれれば日帰り可能というルートだ。
口腔外科での抜歯治療後、1ケ月ほど山から遠ざかっていた僕には、今年の初登山となる。

大阪発組の山日和、Y夫妻、矢問は朝5時半に集合し、Y夫妻号で琵琶湖大橋の米プラザ
へ向かい、滋賀組のとっちゃんとSHIGEKIさんはそれぞれが米プラザへ向かい、Y夫妻
号とSHIGEKI号の2台に分乗。松屋を目指す。国道367号線、303号線にもこの時
期めずらしく積雪がない。「雪はあるのかな。スノーシューは荷物にならないかな・・・」
と不安げに周囲の景色を見ながら進む。27号線から県道213号に入ると「おおっ!!」
大御影山方面にはしっかりと積雪を感じる風景が広がったではないか(^^)v

8:50
松屋の集落。
林道分岐のふくらみに駐車し、出発。風もなく天候も良い。林道を100mほど南下し左の
ブルーシートで雪保護された神社の右手から尾根へ取り付く。最初からなかなかの急登だ。
みんなはダブルストックで登りにくそう。僕はまだ両手フリーにしているので楽ちん。
チラホラの積雪も20分ほど登るとしっかりと締まった雪になってきた。いいぞいいぞ。

締まっている雪だが、みんながくるぶし程度の沈みも僕は体重差で30センチほど沈む。
このツボ足の繰り返し登りがなかなか疲れる。この尾根の登りはまだまだ続くし、このま
までは先にバテる。「僕は沈むのでスノーシュー装着します」と装着した。
雪が締まっていて歩きやすくなった。これでラッセル積雪だったら進まない傾斜だ。
左手には赤坂山から三国山、右手には大日や雲谷山方面の雪の景色が見える。
まだみんなはそのまま進むが、やはりみんなも沈みだした。僕の浮き具合をみていた山日
和さんに「せっかく楽になる道具を持ってきてるのにボッカだけではもったいないですよ」
というと「そりゃそうだなぁ(^^;)」とみんなも装着体勢に入る。

10:10
スノーシューorワカンをそれぞれ装着。女性2人とSHIGEKIさんはワカンで再スタート。
Yご主人は女性用のタブスのスノーシューですぐ脱げて歩きにくそう。途中で山日和さん
とのスノーシューと交換。傾斜のある登りもMSRのスノーシューはしっかり登れる。
ワカンの女性2人は体重が軽いのか、雪も締まっていて、全く沈まない。

11:05
一旦下ったところにある源頭部の水たまりは氷っている。とっちゃんが乗るも氷は割れな
い。とっちゃんとSHIGEKIさんから「矢問さんも乗れば〜(^^)」割れたら大変。
そんな悪魔の誘いには乗るものか〜! ぐるっと巻いて通過した(^^;)

11:40
分岐の大ブナ。立派だ。
「腹減ったなぁ。ランチ場所はまだかいな〜」とSHIGEKIさん。
枝がうるさい場所もあったが、予想よりは雪も締まっておりラッセル苦もなく、天候も良
くて幸運な条件で楽に進んでいるものの、この尾根は長い。「まだ1時間くらいはかかり
ますよ」と僕。「あちゃ〜。はよビール飲みたい〜」青空と日差しがきつくなってきた。
灌木帯をジグザクに進み、812m地点を過ぎると素晴らしい展望が広がった。
振り返ると遠くまで雪の頂きを持つ山なみがひろがる。「素晴らしい!」カメラタイム。
もう目の前に本日の目標点のブナ林が見えた。「あと少し〜」と山日和さんが先行する。
それに合わせたようにどんどんとさらに青空が広がる。「今日は最高に恵まれてる!」

13:05
大御影山北東ピークのブナ樹林帯到着。「お疲れ様」みんなで力強く握手する。
ノロ尾を登りきることが出来た。直ぐ右手には大御影山山頂と反射板が見える。
全員が大御影山ピーク経験者であり、今日の目標ピークはここ。「ブナ林レストラン」だ。
ここからは簡単で楽に数分で山頂に行けるが誰も行く気はない。
「さあ、食事だ!!」と山日和さんが雪スコでテーブルを作り、各自が食事開始。
ビールと菊水をしっかり飲んだSHIGEKIさんがとっちゃんとの漫才開始。笑い声が響く。

大御影山方面から来る男性2名の声と姿が遠目で見えた。
無線機を出してワッチするとエリア2(愛知・岐阜・静岡・三重)が入感する。
ここはエリア9の福井県。CQを出そうかと思ったが、空腹に負けて食事タイムに戻った。

14:35
「ブナに囲まれたレストラン」で記念撮影し、下山開始。Y夫人のリクエストに応えて雪
原に下ってから、白谷左岸尾根を下る。ここは去年6月にMICKEYと登ってきた尾根で、
多くの立派なブナを見ることが出来る尾根だ。完全に尾根に乗るまでの5〜600mまで
を慎重に読図して進む。Y夫人の読図力は貝月山でも感心したが素晴らしい。さすが山日
和さんのお弟子さんだ。東の対岸尾根も素晴らしい立派なブナが沢山見える。
「おおっ、あの尾根も良さそうだなぁ!!」とそれぞれから声が出る。

この尾根の下りは本当に立派なブナとの再会が出来て登りの疲れが吹っ飛んでしまう。
山日和さん、とっちゃんがガンガンと尻セードするのでそれにつられてみんなも子供に戻
って尻セード大会。傾斜も雪質も尻セードには最適。なかなかのスピードがでる。
飲み過ぎのSHIGEKIさんは赤い顔で酔っぱらい尻セードで「青空が綺麗だ〜」と空を見
上げては寝ころんでる。青空と葉を落とした立派なブナの姿が映える素晴らしい尾根だ。

15:55
「大御影山→」の小さな表示のある、沢への下り分岐点。去年の登りはここに出た。
今回はそのまま尾根を下りきることにした。

16:10
尾根の最終点は沢ヘの急斜面。慎重にジグザクで下る。
沢の徒渉したところには真新しい丸太橋が架けてあった。それを渡ったところの斜面を登
ると「白谷登山口」でここからは林道を駐車点までえっちらおっちら歩く。
林道の積雪は20センチほど。白谷橋から先は車のわだちが積雪についていて、その溝状
のわだち内をタンタンと歩いた。「ああ・・・、だんだんと雪から離れていく・・」

16:55
駐車地点到着。「やったね。ノロ尾」とお互いに固い握手。
まだ明るい。山日和さんにしては珍しく早い下山タイム。
着替えをしつつ、駐車点の向かいの家のおばあさんとお話し。やはり今年は雪が少ないよ
うだ。すると「カラス〜なぜなくの〜♪」と七つの子の曲が集落内に流れる。
「よい子の時間までに下山できましたね(^^)」「さあ帰りましょう」滋賀組と別れた。
大阪組は「みかた温泉きららの湯」で汗を流し、堅田で食事して帰路についた。

山日和さん、Yご主人、長い運転をありがとうございました。
「ブナと雪と青空」に期待以上に満腹になった、ノロ尾そして白谷左岸尾根でした。

2007/01/21(Sun) 14:41:59  [No.5948]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 1000×750 367kB)

矢問さん、こんばんは。どうもお疲れさまでした。

>松屋の集落から直登尾根のノロ尾からそのピークを狙うという山日和さんらしい企画に、>大御影山のピークを踏んだことのある6人がチャレンジ。

洞吹さんとひいちゃんは急用で残念でした。


>国道367号線、303号線にもこの時期めずらしく積雪がない。「雪はあるのかな。ス
>ノーシューは荷物にならないかな・・・」と不安げに周囲の景色を見ながら進む。

内心ひやひやしてました。ヤブコギバリハイやったらどうしようと・・・

> 大御影山方面にはしっかりと積雪を感じる風景が広がったではないか(^^)v

どうや、見たかーっていう感じでした。(^^ゞ

> 締まっている雪だが、みんながくるぶし程度の沈みも僕は体重差で30センチほど沈む。
> このツボ足の繰り返し登りがなかなか疲れる。

まるで春山のような締まった雪でしたね。これがラッセルなら到達できなかったでしょう。

> まだみんなはそのまま進むが、やはりみんなも沈みだした。僕の浮き具合をみていた山
> 日和さんに「せっかく楽になる道具を持ってきてるのにボッカだけではもったいないで
> すよ」というと「そりゃそうだなぁ(^^;)」とみんなも装着体勢に入る。

そうなんですよね。わかっちゃいるんだけど、これぐらいの雪で着けたら沽券にかかわるとかいう訳のわからんプライドでついついガマンしてしまうんですよ。(^^ゞ

> 分岐の大ブナ。立派だ。
> 「腹減ったなぁ。ランチ場所はまだかいな〜」とSHIGEKIさん。

このブナは見事でした。予想より時間食ってたのでちょっとあせりもありました。
腹も減ってきたしね。

> 灌木帯をジグザクに進み、812m地点を過ぎると素晴らしい展望が広がった。
> 振り返ると遠くまで雪の頂きを持つ山なみがひろがる。「素晴らしい!」カメラタイム。

ここからの展望は素晴らしかったですね。庄部谷、芦谷から三国、赤坂、大谷と雲谷から
大日の稜線にぐるっと囲まれて。遠くアルプスも見えているようでした。

> 大御影山北東ピークのブナ樹林帯到着。「お疲れ様」みんなで力強く握手する。
> ノロ尾を登りきることが出来た。直ぐ右手には大御影山山頂と反射板が見える。
> 全員が大御影山ピーク経験者であり、今日の目標ピークはここ。「ブナ林レストラン」だ。
> ここからは簡単で楽に数分で山頂に行けるが誰も行く気はない。

ここが山日和式「大御影山頂」です。本家よりはるかにいいので、最初から山頂へ行くつ
もりありませんでした。(^_-)

> この尾根の下りは本当に立派なブナとの再会が出来て登りの疲れが吹っ飛んでしまう。

2回目に来た時は「こんなもんだったかな」と、最初の感動が薄れていたのですが、今回は
新たな魅力を発見しました。

> 山日和さん、とっちゃんがガンガンと尻セードするのでそれにつられてみんなも子供に
> 戻って尻セード大会。傾斜も雪質も尻セードには最適。なかなかのスピードがでる。

最初のきっかけはコケて滑り出したんですが、快適なのでそのまま滑って行きました。(^^ゞ

> 飲み過ぎのSHIGEKIさんは赤い顔で酔っぱらい尻セードで「青空が綺麗だ〜」と空を
> 見上げては寝ころんでる。

完全に飲酒運転モードでしたね。(^_^;)

> ると「白谷登山口」でここからは林道を駐車点までえっちらおっちら歩く。

この林道歩きは結構長かった。車1台回しとけばよかったですね。

> 駐車地点到着。「やったね。ノロ尾」とお互いに固い握手。
> まだ明るい。山日和さんにしては珍しく早い下山タイム。

そりゃ誤解ですって。2時や3時ならわかりますが・・・

1週間前の天気予報では想像もできなかったような青空とブナ林。ツェルトを被って寒々し
くランチにするのを覚悟してたのに、太陽を浴びてスノーテーブルセットでのんびり食べ
られるとは思いませんでした。時間を忘れちゃいましたね。気が付けば2時半でした。
ほんとにいい山でした。スノー衆2007パート1、大成功でした。(^_^)

               山日和

2007/01/21(Sun) 19:05:36  [No.5949]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 480×360 45kB)

山日和隊長、こんばんは(^^)。 最高でしたね!!

> 洞吹さんとひいちゃんは急用で残念でした。
ホントですね(;_;) なかなかああいう天気と雪質との巡り合わせは無いですし・・。

> 内心ひやひやしてました。ヤブコギバリハイやったらどうしようと・・・
これまたホント。やっぱりヤブコギになるのでは・・・。
MICKEYが「スノーシューよりナタがいるのと違うの?」と言った言葉が頭を
よぎりましたよ(^^;)

> > 大御影山方面にはしっかりと積雪を感じる風景が広がったではないか(^^)v
> どうや、見たかーっていう感じでした。(^^ゞ
ホントホント(^^) 嬉しかった〜(^^)v

> まるで春山のような締まった雪でしたね。これがラッセルなら到達できなかったでしょう。
これまたホント。あの斜度でラッセル続きなんて何時間も耐えられない(^^;)
あの固さ、太陽が出てきたときに「緩むなよ〜。頼むよ」と何度心で祈ったことか(^^)

> そうなんですよね。わかっちゃいるんだけど、これぐらいの雪で着けたら沽券にかかわるとかいう訳のわからんプライドでついついガマンしてしまうんですよ。(^^ゞ
僕もよくやりますf^_^;ポリポリ なんかそれがかっこよい感じがして(^^)
でも、道具も使ってやらないとね(^_-) 
そのために道具も生まれたんだし、そのために持ってきたんだし。

> このブナは見事でした。予想より時間食ってたのでちょっとあせりもありました。
> 腹も減ってきたしね。
同じく。SHIGEKIさんが「もうこの辺でランチにしてまたこの尾根をもどってもエエがな。
最高の天気やし、ここらでランチにしても気持ちエエで〜」とアルコールが恋しそう
で(^^;)
GPS見るとまだまだ距離はあるし、ちょっと時間も気になり出しましたが、山日和
さんのことだから、最終を林道歩きにしてるのも「闇下」にも大丈夫にしているの
だろうと心の中で思ってました(^^)。
こんな天気と雪質に恵まれて敗退なんてあり得ないチャンスだし!

> 大日の稜線にぐるっと囲まれて。遠くアルプスも見えているようでした。
クッキリ真っ白の山塊が遠くに見えてましたよね。遠望もきいた良い日でした!

> ここが山日和式「大御影山頂」です。本家よりはるかにいいので、最初から山頂へ行くつ
> もりありませんでした。(^_-)
おっと、この大事な言葉を漏らしてた。
早速ホームページに追記しておこっとφ(。。;)メモメモ

> 2回目に来た時は「こんなもんだったかな」と、最初の感動が薄れていたのですが、今回は
> 新たな魅力を発見しました。
下りの角度で見る。下がすべて雪。上は葉がなくて青空に映える。
木肌の北面は氷っていて氷がついて濡れている。全く見たことがない別の尾根を下っている感じでしたね。

> 最初のきっかけはコケて滑り出したんですが、快適なのでそのまま滑って行きました。(^^ゞ
たいてい、体重差で僕は沈みますが、昨日の雪は沈まず滑ることが出来ました(^^)
SHIGEKIさんはシートを取り出しソリ滑り。とっちゃんも銀シートでマッハ滑り(^^)
滑り足らずに今日はスキーに遠征している姫もいるとか(^^)

> 完全に飲酒運転モードでしたね。(^_^;)
下るにつれて顔が赤くなってましたね(^^) 日焼けとは違います〜。

> この林道歩きは結構長かった。車1台回しとけばよかったですね。
長かったですね。中途半端に雪が残ってると歩きにくいところも。
わだちももう少し太いと歩きよいのに。

> 1週間前の天気予報では想像もできなかったような青空とブナ林。
ホントホント。週間天気予報がどんどん好転して良かった!!!!

> ほんとにいい山でした。スノー衆2007パート1、大成功でした。(^_^)
第2弾、第3弾も成功を祈りましょう!!

2007/01/21(Sun) 20:02:41  [No.5950]


矢問さん、山日和さん、こんばんは。

> スノー衆2007パート1、大成功でした。(^_^)

画像を見ると、ふかふかのパウダースノーじゃないですね。
奥の平よりも沈みが少なそうに見えます。
もう、春の雪質ですか?
今年はどうなっているのでしょう。

今春に大黒山をスノーシューハイクするつもりですが
雪はあるのでしょうか?

> 「矢問さんも乗れば〜(^^)」
> そんな悪魔の誘いには乗るものか〜! ぐるっと巻いて通過した(^^;)

一度試してみればいいのに。

> 「腹減ったなぁ。ランチ場所はまだかいな〜」とSHIGEKIさん。

この方は、山に登る目的が普通の人とチョット違う気がするのですが・・・。

> 振り返ると遠くまで雪の頂きを持つ山なみがひろがる。「素晴らしい!」カメラタイム。

最近、こんな天気に見放されています。裏山しい。

> 東の対岸尾根も素晴らしい立派なブナが沢山見える。
> 「おおっ、あの尾根も良さそうだなぁ!!」とそれぞれから声が出る。

また私も行きたくなりました。

                    伊勢山上住人

2007/01/21(Sun) 22:15:26  [No.5951]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 480×360 66kB)

伊勢さん、こんばんは(^^)。

> 画像を見ると、ふかふかのパウダースノーじゃないですね。
違いますよ〜(^^) 斜度のある斜面のパウダーだったら上には行き着いてなかったでしょうね(^^)
しっかりグリップが効く固さだったからこそ登れました。
パウダーはゆる〜い斜面か平坦地に限ります。下りでも良いけど。

> 奥の平よりも沈みが少なそうに見えます。
> もう、春の雪質ですか?
前日2日間の天候と夜間の冷えで、そんな感じの雪質でしたね。

> > そんな悪魔の誘いには乗るものか〜! ぐるっと巻いて通過した(^^;)
> 一度試してみればいいのに。
じぇったいいやです〜。足元が濡れたらもう歩けません(^^;)
みんなのシャッターチャンスの餌食です。

> この方は、山に登る目的が普通の人とチョット違う気がするのですが・・・。
ホントはね、僕が口腔外科の医師からまだ鼻をかめない状態を言い渡されていて
激しい息づかいが出来ないのでラッラル要員として来ていただいた来賓の方です(^^)
でも全く僕の前を歩いてくださらず奥ゆかしい来賓でした(^^)

> 最近、こんな天気に見放されています。裏山しい。
でしょ〜。天女がほほえみました(^^)

> > 「おおっ、あの尾根も良さそうだなぁ!!」とそれぞれから声が出る。
> また私も行きたくなりました。
今年の伊勢さんは車も足元も雪仕様ばっちりですものね(^^)

2007/01/21(Sun) 22:26:06  [No.5952]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 800×600 370kB)


> > この方は、山に登る目的が普通の人とチョット違う気がするのですが・・・。
> ホントはね、僕が口腔外科の医師からまだ鼻をかめない状態を言い渡されていて
> 激しい息づかいが出来ないのでラッラル要員として来ていただいた来賓の方です(^^)

何せ 一番の若手ですんで 

> でも全く僕の前を歩いてくださらず奥ゆかしい来賓でした(^^)

敬老の気持ちが溢れてますんで

大きなザックの矢問さん 次回は来賓として酒の担ぎ上げ要員に
ご招待しましょう

  では ラッセル必至の尾根上のコバで

   SHIGEKI

2007/01/21(Sun) 23:36:27  [No.5960]


伊勢山上住人さん こんばんは

> 今春に大黒山をスノーシューハイクするつもりですが
> 雪はあるのでしょうか?

きのうは用事で一日を棒に振ったので、このままでは気持ちがおさまらない洞吹ちゃん。
実は、今日、その大黒山と周辺の尾根に、スノーシューハイキングに行ってきたのでござるよ。
こちらも、ブナ林レストランでうどん鍋を食ってきたからね。
これで満足、満足。
お先に失礼……でした。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2007/01/21(Sun) 23:15:11  [No.5955]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 1000×750 157kB)

伊勢さん、こんばんは。

> もう、春の雪質ですか?
> 今年はどうなっているのでしょう。

この時期、条件が揃えば突発的に春の雪状態になるのはよくあることなんです。

> 今春に大黒山をスノーシューハイクするつもりですが
> 雪はあるのでしょうか?

現在の状態は洞吹さんが答えてくれましたね。
スノー衆では妙理山から大黒山への縦走を考えています。
伊勢さんもいかがですか?

> 最近、こんな天気に見放されています。裏山しい。

しばらく見放されてましたが、じっと我慢していたら天は味方してくれました。

> > 東の対岸尾根も素晴らしい立派なブナが沢山見える。
> > 「おおっ、あの尾根も良さそうだなぁ!!」とそれぞれから声が出る。

実はこの尾根、登ってきた尾根なんですよ。(^^ゞ

> また私も行きたくなりました。

何度行ってもいいものはいいですねー。

               山日和

2007/01/22(Mon) 23:57:50  [No.5980]


矢問さん みなさん こんばんは

ノロ尾、よかったようですね。
行けなくて残念やったなあ。

> ワカンの女性2人は体重が軽いのか、雪も締まっていて、全く沈まない。

お二人はスノーシューやなかったんですか。

> 大御影山北東ピークのブナ樹林帯到着。「お疲れ様」みんなで力強く握手する。
> ノロ尾を登りきることが出来た。直ぐ右手には大御影山山頂と反射板が見える。
> 全員が大御影山ピーク経験者であり、今日の目標ピークはここ。「ブナ林レストラン」だ。

ブナ林レストランか。
いいなあ。

> 「ブナと雪と青空」に期待以上に満腹になった、ノロ尾そして白谷左岸尾根でした。

天気も上々のようだし、言うことありませんね。
次回はよろしくお願いします。

                               洞吹(どうすい)

2007/01/21(Sun) 23:05:16  [No.5953]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 1000×750 117kB)

洞吹さん、こんばんは。

> ノロ尾、よかったようですね。
> 行けなくて残念やったなあ。

ほんま、残念でした。いかにも洞吹さん好みの山やったのに。

> お二人はスノーシューやなかったんですか。

持って来てましたがワカンで行けるという判断でした。(下で雪がなかったので)

> ブナ林レストランか。
> いいなあ。

ここはほんまによろしいで〜。

> 次回はよろしくお願いします。

ぜひぜひです。(^_^)

               山日和

2007/01/21(Sun) 23:31:55  [No.5959]


洞吹さん、こんばんは(^^)

> ノロ尾、よかったようですね。
> 行けなくて残念やったなあ。
寂しかったですよ(;_;) 最高に恵まれた条件の日でした\(^o^)/

> お二人はスノーシューやなかったんですか。
そうなんです。持ってきてはいたらしいですが(^^;)
だから「スノー衆は行く」とタイトルに付けられなかったんです(^^)

> ブナ林レストランか。
> いいなあ。
いいですよ〜。洞吹さんがいなかったので「ブナ、ブナ、コブナ〜♪」が
歌えなかった(^^;)

> 次回はよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いしますm(..)m(^^)

2007/01/22(Mon) 21:08:32  [No.5963]


矢問さん こんばんは ご同行 rep 有り難うございます。

山日和さん お誘いどうもでした。前夜は、ドタキャン必至

でしたが、行ってほんとうによかったですねぇ

> 口腔外科での抜歯治療後、1ケ月ほど山から遠ざかっていた僕には、今年の初登山となる。

そうでしたか こちらも板に乗って下ってるばかりで久しぶりの 歩きでした。

> スノーシューorワカンをそれぞれ装着。女性2人とSHIGEKIさんはワカンで再スタート。

雪が締まってて、木製カンジキでも十分でした。

> 傾斜のある登りもMSRのスノーシューはしっかり登れる。

欲しくなりましたね〜
しかし、家に雪の上歩く道具 どんだけ あんねん・・・!?

> 14:35
> 「ブナに囲まれたレストラン」で記念撮影し、下山開始。

名残惜しかったですねぇ

> 飲み過ぎのSHIGEKIさんは赤い顔で酔っぱらい尻セードで「青空が綺麗だ〜」と空を見
> 上げては寝ころんでる。

適度なほろ酔いでした。きょうはもっと飲み過ぎてしまいました。

今週末は悪天予報で休養予定のところ、フル回転で山の楽しみを堪能した土日でした。

では また どこかの雪テーブルのコバで

    SHIGEKI

2007/01/21(Sun) 23:27:23  [No.5957]


SHIGEKIさん、こんばんは(^^)。

> そうでしたか こちらも板に乗って下ってるばかりで久しぶりの 歩きでした。
やっぱり尻セードでは滑り足らなかったのですね(^^)
翌日スキーに行くなんて、流石に滋賀県の漫才コンビのお二人はタフですね〜!!。

> 雪が締まってて、木製カンジキでも十分でした。
湿った北山の雪質の時に木製カンジキの威力を知りました。日本の雪は日本の道具。
http://homepage3.nifty.com/komachans2/yama/mikuni.htm

> 欲しくなりましたね〜
山スキーのアプローチにも最適ですよ。立山での山スキーやボーダーの人は
ほとんどが登攀力の強いMSRでしたよ(^_-)。
オススメ!!

> 名残惜しかったですねぇ
テント泊したい気分でした。天気さえ連日良ければ。

> 適度なほろ酔いでした。きょうはもっと飲み過ぎてしまいました。
スキーでも酔っぱらい運転(@_@); 山スキーでは危険ですよ〜。

> では また どこかの雪テーブルのコバで
こんどはスキーかついでおこしやす〜(^^)

2007/01/22(Mon) 21:15:57  [No.5965]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 1000×750 321kB)

SHIGEKIさん、こんばんは。

> 山日和さん お誘いどうもでした。前夜は、ドタキャン必至
> でしたが、行ってほんとうによかったですねぇ

相当盛り上がってたようですねー(^^ゞ

> 欲しくなりましたね〜
> しかし、家に雪の上歩く道具 どんだけ あんねん・・・!?

なんぼあってもええもんです。並べてニタニタするのも一興でっせ。

> 名残惜しかったですねぇ

時を忘れましたね。

> 適度なほろ酔いでした。きょうはもっと飲み過ぎてしまいました。

それにしては倒れこんでましたが・・・(^_^;) 大日岳ではなんぼ飲んだんですか?

> 今週末は悪天予報で休養予定のところ、フル回転で山の楽しみを堪能した土日でした。

びっくりしました。人のこと言えませんな〜(^^ゞ

              山日和

2007/01/22(Mon) 21:21:51  [No.5967]


  Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さ、山さん、参加のみなさん、こんばんは〜。

スノーシューハイク、ご一緒ありがとうございました。

スノーシューハイクと言いながら、今回は女性陣二人は、雪の状態からワカンを選択しましたが。

ノロ尾は、藪をあっちこっちと分け入りながらの尾根でしたが、ピーク近くになると、大展望が広がり、今までの気分を、解き放してくれる展望やったね〜。

雪は、樹林の雰囲気をすっかり変えてくれて、二度目に歩いた時は、感動が少なかった白谷左岸尾根も、とても魅力的に思いました。

雪の魔法ってあるのかしら〜?

木々の枝ぶり、木の立ち姿が、際立って見えてステキでした。やっぱり、ブナの姿はいいなぁ〜。

青空と、たなびく雲、むら雲、空の変化もおもしろかったね。

雪と青空と仲間に恵まれた、いい一日でした。

参加の皆さん、ありがとうございました。

次回は、全員そろって楽しく歩けるといいね〜。

2007/01/22(Mon) 20:59:06  [No.5962]


とっちゃん、こんばんは(^^)。

> ノロ尾は、藪をあっちこっちと分け入りながらの尾根でしたが、ピーク近くになると、大展望が広がり、今までの気分を、解き放してくれる展望やったね〜。
ホントホント。太陽が出てきて僕の苦手な暑さが・・・そして雪が緩むのでは・・と
ひやひや(^^;) あの展望で「来て良かった〜」でしたね。

> 雪の魔法ってあるのかしら〜?
ほんと、全く違う見知らぬ尾根を下っている感じでした。

しかし、翌日もスキーに遠征とは、僕とはかけ離れたパワーを持ってますね(@_@);
また次回もよろしくm(..)m(^^)

2007/01/22(Mon) 21:20:08  [No.5966]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 1000×750 271kB)

とっちゃん、こんばんは。

> ノロ尾は、藪をあっちこっちと分け入りながらの尾根でしたが、ピーク近くになると、大展望が広がり、今までの気分を、解き放してくれる展望やったね〜。

途中まではヤブっぽくてややイライラしましたが、ヤブを抜けるとパラダイスでしたね。

> 雪は、樹林の雰囲気をすっかり変えてくれて、二度目に歩いた時は、感動が少なかった白谷左岸尾根も、とても魅力的に思いました。
> 雪の魔法ってあるのかしら〜?

ほんまやねー。新鮮な驚きでした。

> 青空と、たなびく雲、むら雲、空の変化もおもしろかったね。

いろんな雲が見れたね。見慣れない形の雲もあって面白かった。

> 雪と青空と仲間に恵まれた、いい一日でした。

条件が揃えば言うことなしやね。メンバーが揃えばもっと良し。(^_^)

             山日和

2007/01/22(Mon) 21:26:54  [No.5970]


矢問さん、山日和さん、参加の皆様こんばんは。

随分お天気にやきもきしましたのに当日は素晴らしいお天気に恵まれて何よりでしたね。

木曜日お昼、主人からのメールで伯母の葬儀に帰省要請。
天気が良くなる方向なのにがっかりでしたよ。

土曜日の帰省途中の米子道からの大山の素晴らしい姿に皆さんの笑顔が目に浮かぶようでした。

ここの所どうも周波数が合わなくて御一緒できないようです。
次回は何とか共鳴出来たら良いのですがね〜

2007/01/22(Mon) 23:05:17  [No.5979]


Re: 【若狭】ノロ尾から大御影山北東ピーク (画像サイズ: 1000×750 296kB)

ひいちゃん、こんばんは。今回は誠に残念でした。

> 随分お天気にやきもきしましたのに当日は素晴らしいお天気に恵まれて何よりでしたね。

予想以上の好天と締まった雪、最高の贈り物でした。(^_^)
>
> 木曜日お昼、主人からのメールで伯母の葬儀に帰省要請。
> 天気が良くなる方向なのにがっかりでしたよ。

あれはガッカリでしたね。でも仕方ないね。

> ここの所どうも周波数が合わなくて御一緒できないようです。
> 次回は何とか共鳴出来たら良いのですがね〜

ちょっとしたズレですよ。ズレてる内にちゃんと合ってくるもんですよ。(^^ゞ
次回はぜひとも。

             山日和

2007/01/23(Tue) 00:02:20  [No.5982]


ひいちゃん、おはようございます(^^)

> 随分お天気にやきもきしましたのに当日は素晴らしいお天気に恵まれて何よりでしたね。
週のはじめの天気予報ではあまり良さそうでなく、前日の予報で好転したものの
ここまで良くなるとは予想しませんでした(^^)

> 土曜日の帰省途中の米子道からの大山の素晴らしい姿
雪の大山も綺麗ですものね。
ひいちゃんも一人でいく雪山の時はメジャーで天気の良いときにをモットーに
師匠を心配させてはダメですよ。
やはり雪のある時は無いときとは全く違う危険が伴い、さらに天候が大きく影響します。
山だけでなく、山に行くまでのアプローチでの車の事故も多いしね。気をつけてね(^_-)

2007/01/24(Wed) 05:38:17  [No.5994]


掲示板に戻る