一括表示

【日 時】2005年9月17日(土)
【山 域】湖西 三重岳(さんじょうだけ)周辺
【天 候】晴れ
【コース】石田川ダム先駐車地7:20---7:35間谷(あいだに)出合---11:00三重岳12:10---13:45武奈ヶ岳14:15---
     15:10ワサ谷林道---15:20駐車地

 石田川ダム沿いの林道はワサ谷を過ぎたところで落石防止ネットいっぱいに孕んだ落石が、道幅
の半分くらいまで押し出されて車幅ギリギリしかない。無理してこすったら悲惨なので手前の広い
カーブに駐車。ここから間谷出合までは20分足らずだった。

 橋の右に小道があり、それを辿って入渓する。
スケールは小さいが、2〜3mの滝が連続して飽きさせない。
右岸に岩塔の上から伸びる3本のトチの木があり目を楽しませてくれる。
 この谷は滝の大きさのわりに不似合いなくらい立派な釜を持っている。突破不能の2m滝を右から
巻いたところで左岸から支谷が出合い小休止。
狭い谷間から見上げる空は抜けるように青く、やっぱり沢はこれでないとなーと思う。
 両岸迫ったゴルジュもまったくの平流で簡単に通過、左岸から再び大きい支流が入るとまたも大
きな釜を持つ3m滝が現われた。水流の右にフレーク状に突き出したいいホールドが連続しており、
これを利用して落口に立つとその上にも同じような滝が連続していた。ここは両岸ともツルツルで、
左から突破を試みるも最初の一手が難しく断念。先程のフレークを伝って慎重にクライムダウン。
改めて左の草付から巻き上がった。
2段目の高さまでくるとさらにもう1段の滝がこれまた不釣合いな大きな釜に水流を落としていた。
 次に出てきたのはミニ七ツ釜とでも言うべき連瀑帯。可愛らしい滝と釜が連続してちょっとした
景観を形作っている。
続いて間谷最大の8m美瀑。これは手が出ず右岸のしっかりした踏み跡を伝う。
 その後も出てくる滝は片っ端から直登。ガイドにある南東尾根への支谷を見送ってあくまで本流
を詰める。
 源頭部に入りさすがに水流も乏しくなってきたが、まだまだ雫を落とす滝が続いた。
最後の5m滝は右からど真ん中へ上がるが、落口から突き出した2本の木の枝に阻まれて、落口正面で
木の枝またぎ、くぐりとアクロバチックな動きでクリアした。
 谷は深く刻まれた岩溝状となるが、傾斜も大したことはなく掘り込まれた登山道のような感じで
ある。危惧されたヤブっぽさもなく、最後は左の尾根へ逃げて潅木のブッシュをかわしながら進む
と道に出た。南東尾根の登山道である。これを左すればすぐに三重岳山頂。
 頂上には木のヤグラが立ち、その上に登れば周囲の山々を望むことができた。
 人擦れのしない静かな山頂と言いたいところだが、谷の中から時折「ドーン」という大きな音が
響いていた。最初は雷かと思ったが空は晴れている。よくよく考えてみれば自衛隊饗庭野演習場の
砲弾の音だった。三池岳の八風射撃場の銃音もなかなかだが、ここの砲音も趣がある。
 濡れた靴を脱いでビールを飲みながら寛いでいると南東尾根から4人パーティーが上がってきた。

 当初は南東尾根を下るつもりだったが時間が余りすぎる。予定変更して武奈ヶ岳まで縦走してみ
よう。「武奈ヶ岳5.1K」の立派な標識があった。
5月にこの道を歩いたとっちゃんにメールで下山路を確認する。ちょうど駐車地のあたりに下りられ
そうである。
この一帯は地元の今津山上会により最近登山道が整備されたそうだ。

 広い尾根に付けられたよく踏まれた登山道を少し進むと近江坂への分岐がある。ここにも立派な
標識。この道も魅力的だ。大御影、三重、大日をうまく組み合わせたルートを考えれば面白そうである。
 大木はないがブナを主体とした森が続く。豪雪のせいか激しく捻じ曲げられた木が多く、この地
の冬の厳しさに思いを馳せた。

 突然右側に池が現われて驚く。予想していなかった稜線上の池の出現に意表を突かれた思いだ。
水も澄んでさながら山上のオアシスといった雰囲気だ。
標識には山上ヶ池とあったがこれは今津山上会が付けたネーミングだろう。

 途中で大きく展望が開けた場所があり、武奈ヶ岳までの尾根筋を確認する。この尾根はCa650mま
で一旦高度を落とす。この最低鞍部のあたりは気持ちのいいコバになっており、左側の緩やかな谷
の源頭は湿地となっている。雨の後には大きな池が出現しそうである。
 ここから812mピークへの登りがこの稜線いちばんの見どころであろう。緩やかな道が美しいブナ
の森の中に続く。
かつては激しいヤブに覆われていたこの登山道を整備した今津山上会には頭の下がる思いである。

 P812の先で左に道が分岐した。ワサ谷の登山道である。例によって明快な標識完備である。
下山路を確認してひと安心。武奈ヶ岳まであと1Kの表示に背中を押されて山頂へ向う。

 背の低い杉木立やカヤ場を過ぎると大展望地が待っていた。目の前が武奈ヶ岳山頂のようなので
とりあえず頂上を拝むとする。ここは展望もなく樹林もないまったく平凡な山頂だ。やはり積雪期
の山か。証拠写真だけ撮影してすぐに先ほどの展望地に戻った。
 ここは西に小浜方面の日本海と手前に尾を引く三十三間山の稜線。北には三重岳から大日、雲
谷山あたり。そして東には琵琶湖が光っている。
ここまで来たことによって今日の山行が一層充実したものになった。

 下りのワサ谷道はP812の南から南東へ伸びる尾根上に付けられた道だがほとんどが植林の中のつ
まらない道だ。だが道の付け方だけは効率重視の仕事道ではなく昔の峠越えの旧道のような雰囲気
があった。
 石田川ダムにはトイレや東屋があり、積雪期にはいい拠点になりそうである。

                               山日和

2005/09/19(Mon) 21:36:23  [No.599]


  Re: 【湖 西】間谷から三重岳、武奈ヶ岳 投稿者:とっちゃん(こと)

山日和さん、こんばんわ〜。

三重岳(さんじょうだけ)に沢で登るのもいいですね〜。一度沢からも登ってみたいです。

あのあたりのブナは、幾本にも株で立っていたり、まがっていたり。雪深いところは、他にもあるのになぜなのかなぁ?。

>  当初は南東尾根を下るつもりだったが時間が余りすぎる。予定変更して武奈ヶ岳まで縦走してみ
> よう。「武奈ヶ岳5.1K」の立派な標識があった。

私が行った頃には、この標識は、取り付ける準備か、地面に置かれていましたよ。
これを見て、あの時私達も武奈ヶ獄まで縦走することにしました。
そそられちゃいますよね。

>  広い尾根に付けられたよく踏まれた登山道を少し進むと近江坂への分岐がある。ここにも立派な
> 標識。この道も魅力的だ。大御影、三重、大日をうまく組み合わせたルートを考えれば面白そうである。

そうだね〜。今度は、そちらに行きたいなぁ〜。秋は綺麗だろうって思っていました。

2005/09/20(Tue) 21:03:21  [No.602]


とっちゃん、こんばんは。あまり期待はしてなかったけど意外にすっきりした沢でした。

> あのあたりのブナは、幾本にも株で立っていたり、まがっていたり。雪深いところは、他にもあるのになぜなのかなぁ?。

そうやね。あれほどねじまがったブナはあまり見たことがないですね。どういう加減なのかあのへん
にはかたまってありますね。

> これを見て、あの時私達も武奈ヶ獄まで縦走することにしました。
> そそられちゃいますよね。

とっちゃんの情報で行く気になりました。その節はお世話になりました。m(__)m

> そうだね〜。今度は、そちらに行きたいなぁ〜。秋は綺麗だろうって思っていました。

大日はいいブナ林があるそうで、ぜひ行ってみたいですね。

                        山日和

2005/09/21(Wed) 21:57:54  [No.614]


山日和さん こんばんは
いやぁ〜ほんま そそられますわ〜
ええ渓からええ稜線で大展望ですか
取りあえずは、地図上遡行歩行して
体力維持、いやまだまだ増強にセイをだしときます
また よろしくです。
  SHIGEKI

2005/09/20(Tue) 23:40:35  [No.608]


SHIGEKIさん、どうもです。
湖西山域、ええとこですよ。シガケニアンなら行かねば(^_^)
野坂から百里までの江若国境エリアは魅力的です。

> 取りあえずは、地図上遡行歩行して
> 体力維持、いやまだまだ増強にセイをだしときます

せっせと目玉の運動してください。たまには足もね(^_-)

                    山日和

2005/09/21(Wed) 22:02:35  [No.615]


山日和さん こんばんは

せっかくお誘いいただきましたが、どうも最近情緒不安定気味で、ご迷惑をおかけするといかんので。

> 【コース】石田川ダム先駐車地7:20---7:35間谷(あいだに)出合

「間谷」は「あいだに」でしたか。今までずっと「まだに」だと思ってました。
粟生間谷の影響でしょうね。(←ローカルネタ)

>  石田川ダム沿いの林道はワサ谷を過ぎたところで落石防止ネットいっぱいに孕んだ落石が、道幅
> の半分くらいまで押し出されて車幅ギリギリしかない。

通ったあとで、さらに押し出されてきたら、閉じ込められるの?
淡海湖のほうへ抜けられるのか。

>  この谷は滝の大きさのわりに不似合いなくらい立派な釜を持っている。

実は、昔々、この谷に行ったのですが、入渓点のあまりの藪っぽさに負けて、
今古川へ転進したことがあったのです。

>  人擦れのしない静かな山頂と言いたいところだが、谷の中から時折「ドーン」という大きな音が
> 響いていた。最初は雷かと思ったが空は晴れている。よくよく考えてみれば自衛隊饗庭野演習場の
> 砲弾の音だった。三池岳の八風射撃場の銃音もなかなかだが、ここの砲音も趣がある。

これ、自衛隊の砲撃訓練だったんですか。
横山岳でもずっと聞こえていて、雷にしては変だし、ジェット機が音速を破る衝撃音でもないし、
なんだろうと思ってました。

> この道も魅力的だ。大御影、三重、大日をうまく組み合わせたルートを考えれば面白そうである。

このあたりも面白そうですね。
昔に比べると、簡単に歩けるようになってしまいましたが。

>  石田川ダムにはトイレや東屋があり、積雪期にはいい拠点になりそうである。

冬のこのあたりも、なかなか面白そうですね。

よい山旅を!
                       洞吹(どうすい)

2005/09/21(Wed) 00:00:17  [No.610]


洞吹さん、どうもです。

> せっかくお誘いいただきましたが、どうも最近情緒不安定気味で、ご迷惑をおかけするといかんので。

> 粟生間谷の影響でしょうね。(←ローカルネタ)

大阪も北摂の住人しかわからんネタですなー(^_^;)


> 通ったあとで、さらに押し出されてきたら、閉じ込められるの?
> 淡海湖のほうへ抜けられるのか。

箱館山の方へは抜けられるようです。

> 実は、昔々、この谷に行ったのですが、入渓点のあまりの藪っぽさに負けて、
> 今古川へ転進したことがあったのです。

ほおー、それは初耳でした。沢を始めた頃の話ですね。

> これ、自衛隊の砲撃訓練だったんですか。
> 横山岳でもずっと聞こえていて、雷にしては変だし、ジェット機が音速を破る衝撃音でもないし、
> なんだろうと思ってました。

横山岳まで聞こえてましたか。音が頭上からではなかったので最初は何かと思いましたよ。


> このあたりも面白そうですね。
> 昔に比べると、簡単に歩けるようになってしまいましたが。

いいことなのか、悪いことなのか。昔の本を見ると四方八方どこを探しても道はないというように書かれてますね。

> 冬のこのあたりも、なかなか面白そうですね。

積雪期は遮るもののない展望が楽しめるのでしょうね。

                      山日和

2005/09/21(Wed) 22:10:37  [No.616]


YABLOGに画像アップしてます。

         山日和

2005/09/21(Wed) 01:15:48  [No.612]


こんばんは いつまでも暑くて沢に遊びたく成りますね

北海どーでは初冠雪 冬の頼りが届きました・・・ね(@@)
鈴鹿では ヒル様もソロソロ眠りの季節ですか・・・な(^^)
3,000m行かな 行かな思う間に日が過ぎていきます・・・わ(−−)

> 当初は南東尾根を下るつもりだったが時間が余りすぎる。予定変更して武奈ヶ岳まで縦走してみよう。「武奈ヶ岳5.1K」の立派な標識があった。
> この一帯は地元の今津山上会により最近登山道が整備されたそうだ。

夏の続き、行きやすく成りました 有り難いことです 

> P812の先で左に道が分岐した。ワサ谷の登山道である。例によって明快な標識完備である。

これを下山路にして 角川の寺裏から登ってみようの気分です

> 石田川ダムにはトイレや東屋があり、積雪期にはいい拠点になりそうである。

泊まり場 電波は通じましたでしょうか
楽しい山行をです
                緑水。
       

2005/09/22(Thu) 21:21:13  [No.617]


緑水さん、どうもです。

> こんばんは いつまでも暑くて沢に遊びたく成りますね

昨日はもうそろそろいいだろうと尾根歩きに切り替えましたが、あまりの暑さにアゴが出ました(@_@;)

> これを下山路にして 角川の寺裏から登ってみようの気分です

車道歩きが長そうですね。武奈ヶ岳周辺は植林主体で積雪期の方がよさそうですね。
湖西、若狭の山々、まだまだ課題が増えそうです。

                       山日和

2005/09/24(Sat) 11:10:33  [No.618]


掲示板に戻る