一括表示

  【大峰南部】笠捨山・地蔵岳・香精山 投稿者:矢問(やとう)
【大峰南部】笠捨山・地蔵岳・香精山 (画像サイズ: 240×320 19kB)

【山 域】大峰南部・笠捨山(1352.3m)・地蔵岳・香精山
【日 付】2007年 1月27日(土)
【コース】上葛川・南奥駈道登山口−(郵便古道)−笠捨山(1352.3m)
     −地蔵岳(1250m)−香精山(1121.5m)−上葛川・南奥駈道登山口
【メンバー】矢問・ナイトン

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/kasasute.htm

「あと十津川近くの山2つで関西百名山が終わるなら、僕が運転していってやろう!」と
ナイトンが言うので「おおっ、それなら直ぐに出発しよう!」と21時半過ぎに出発。
ナイトンが小中学校時代に、家族で春と冬に毎年2回キャンプに通っていた川湯へ
の道をいまはナイトンが運転している。「この道、家族でよく通ったなぁ」と想い出話し。
足湯のある道の駅・十津川郷へ午前1時過ぎに到着し、車中泊。霧雨が降っている。
「明日は晴れるの?」「大丈夫、ええ天気になるさ。さあ特製ベッドで車中泊しよう」

6時半に起床し、168号線から425号線に入り、上葛川の集落へと向かう。
「白谷トンネル・4/10まで通行止め」の電光板。下北山村へは抜けられないが、その
ずっと手前の葛川トンネルを通れれば上葛川なので問題ない。

7:25
上葛川の集落の道の一番奥が笠捨山と地蔵岳の登山口。車は4台くらいは停められる。
ナイトンとは2004年4月に東床ノ尾山へ行っていらい約3年ぶりの登山だ。天気良し。
「南奥駈道登山口」とあり、その下に「地蔵岳・笠拾山に至る」と笠捨山の「捨てる」と
いう字が「拾う」という字の誤字の道標がある。綺麗な字なのにもったいない・・・。
石柱には正しい文字が彫られていて「笠捨山まで3時間、地蔵岳まで2時間」とある。
上葛川の集落への水を引くパイプが走っているしっかりした登山道だ。鉄メッシュの橋が
2つ、あとは丸太橋に何度かであう登山道。崩れている斜面もあるが通過には問題ない。
20分ほど歩くと、右の対岸に100mほどの落差の滝が吹きだしているのが見える。

岩壁ギリギリ部分の道は石組みで道を造ってある。先人のご苦労に感謝したい。

8:00
一条の細い滝が落ちている。水場にもいいところだ。このあたりからナイトンのペースが
あがった。MICKEYとの登山と同じ光景で、もうナイトンの姿は見えない。
右手には笠捨山などの山並みが見える。遠いなぁ。
「←地蔵岳参道」と立木に白いプレートが打ち付けてあるところでぐっと右に折れる。

8:40
石柱や道標のある分岐。左に登ると地蔵岳。まっすぐ行くと葛川辻を経て笠捨山。
葛川辻を経て笠捨山へのルートを採る。ここから登山道や斜面に雪が出だした。

9:25
葛川辻。もうここは尾根筋で、左へ行けば地蔵岳。右へ行けば笠捨山だ。いままでとは違
って、急に傾斜がきつくなる。久々の登山であるナイトンが「キツイ・・」と遅れだした。
先に登ってくるぶしほどの雪のルートに一歩一歩ステップを刻む。息が切れる。

9:50
笠捨山(1352.3m)山頂。関西百名山、99座目である。
三角点付近はしっかり雪景色。「雷礎」の祠があり、その意味などが書かれているが、難
しくてあまりよく分からない。雪が少なく日当たりの良い「雷礎」の祀ってある祠の横で
ラーメンを作って、おにぎりとで早い昼食にした。「温かい物がうまいなぁ」とナイトン。

10:30
食後に反射版のある東峰にも足を伸ばした。途中で行仙岳への分岐があり、そこからは笹
がしばらくうるさい。東峰は三角点のある西峰よりも雪面が広く、ナイトンがバタっとう
つぶせに寝ころんで雪の感触を味わっている。「気持ちエエ〜」
展望も素晴らしく、電波塔のある行仙岳がすぐ北に見え、ぐるっと素晴らしい景色だ。

「まだ時間が早すぎるけど・・・」と数名に無線コールしたが応答無し。静かなものだ。
無線機はオンしたままワッチしつつ、下山にかかった。ナイトンが「足が疲れてちょっと
痛い」と遅れ出す。

11:00
葛川辻。来た道を下山するか、尾根沿いを行くかの選択。「同じルートを下るのは面白く
ないから尾根ルートを行きたいんだろ」と図星をつかれる。「足、痛くないか。行けるか」
との問いかけに「行けると思うし、行こう」とナイトン。
では、ここから尾根沿いに「大峰南部では最も峻険」といわれる「地蔵岳」へと向かう。
10分ほどで送電線鉄塔のところだが、雪がしっかり積もっている。ここから三角にそび
える地蔵岳がくっきり見える。まるで稲村ケ岳の横の大日山のような感じがする山だ。
「えっ、あれを登るの?違うよね。メチャ急な角度やん・・・」とナイトン。
それほど積雪はないと見えるが、ルートが氷っていると難儀するような山と見えた。

地蔵岳に取り付く。木の根を持ち、鎖場を慎重に登る。左右分岐で「巻き道危険」の看板。
「どっちが巻き道なのかこれじゃ全く分からんなぁ」右の直登に見えるルートを採った。
「集中しないと危ないなぁ。」いままでワッチしていた無線機をザックにしまう。

鎖場の連続で岩面のついた雪が氷っており足場が滑る。左へトラバースする岩場の足場が
狭いうえに氷ってここも滑りやすい。ここを通過して下らないと鞍部に降りられない。
「気をつけて。しっかり手を探して。三点確保を守って」とナイトンに声をかけて進む。
これでもか、これでもか、と鎖があり直登。雪が氷っていない時期なら怖くも無いが、足
場がなかなか定まらない。「これをまた下ると思うといややなぁ」とナイトン。同じ事を
考えている。

11:40
地蔵岳(1250m)山頂。狭い山頂。「お地蔵様」があるのかと思っていたが何もない。
さて下りに入るが、雪が氷っていて次の鎖までの5mの坂が氷の滑り台でつかむところも
ない。ルートを戻るのも危険だしこの5mが何とかなれば・・・・。
「アイゼンを付けてもロープがないと無理だな・・・」とボソッと言うと「10mロープ
を持ってるよ。お母さんが持って行きなさい、とザックに入れたから」「おおっ!それなら下れる!」
6爪アイゼンを付けてロープをセットし、先に下り鎖場までの確保をとった。
「アイゼンをしっかり効かせてゆっくり降りろよ」たった5mの氷の斜面。しかしここが
下れなかったら立ち往生だった。続く鎖場や丸太橋を慎重に通過し、もう一度ロープを使
い、やっと鞍部まで下れた。「核心部は終わった。よくやったな」「ホンマに登りも下り
も怖かった。池ケ谷の沢登り以来のスリルやった。アイゼンやロープを車に置いてこなく
てホントに良かった〜」とナイトン。

しばらくはアイゼンを付けたまま雪の尾根道を進む。
登りにさしかかると「流石にアイゼンをつけていると楽や〜」とナイトン。
「四阿之宿(あずまのしゅく)」、「菊ケ池」、「拝み返し」をすぎると樹林帯の綺麗な下り
道になり、「檜之宿跡」をすぎて送電線鉄塔のところでは展望が一気に広がる。

12:55
香精山(1121.5m)
ここからどう進むか・・。背丈ほどの笹がこの先は密生している。エアリアで波線の貝吹
金剛から塔ノ谷沿いの道を南下すると駐車地点の車まで戻るのがまた登りになる。P1023m手
前のピークの南東尾根を下ろうと思うが、笹が密集していたら全く無理・・・。
左に下るルートを考えながら10分ほど尾根を南下していると、自然林と笹の密生点と植
林帯の境界に人が1人進める位に笹をカットしたような所があった。「きっと東の支尾根
沿いに朝通った道まで下れる」と進む。「行けるぞ!」とナイトンを呼ぶ。どんどん下っ
ていくと途中で左右にも同じように笹をカットした通路のようなところがあった。右に進
もうかと悩んだが、標高点からどこへ行くのか予測できず、そのまままっすぐ下ることに
した。あと100m程というところで「崖」で踏み跡が消えた。ナイトンを待たせて前と
右を偵察に。全く進行は無理。激ヤブ。左の斜面を下るとまた踏み跡が出た。「行けるぞ!」

13:40
朝通った道に出た。「あ〜、足にもう力が入らない」と、ナイトンの顔にも安堵の表情。
「お父さん、登るの遅いのに、下るのはやいなぁ。僕は何度も尻餅ついたわ〜」とナイトン。

見なれた道を戻る。しばらく歩くとあの水場に良さそうな一条の滝。「ええっ、まだこん
な所か。先は長いなぁ・・・」とナイトン。ここからは黙々とペースアップして歩く。

14:10
駐車地点に到着。ナイトンと固い握手。
「やったな。良く歩いた」「あ〜疲れた。帰りはずっとお父さんが運転してな。ふぅ」と。
「アイタタタ!」ドアで指を挟んでしまった。「うう・・・」応急処置で止血した。
さて、関西百名山の最終である「玉置山」へはお手軽登山と行こう。尾根沿いの道を玉置
神社の駐車場まで車で行く。凍結時は通行が危険な道らしいがなんとか行けそうだ。

2007/01/28(Sun) 13:48:45  [No.6030]


矢問さん、こんばんは。
笠捨山は大昔から「行こうかな、でもまた今度」ってな感じで行けてない山です。
昔はあのあたりまで運転するのも平気だったけど、最近はハンドル回すのがめんどくさくて。
HP拝見しましたが、ルートは面白そうですね。
でもやっぱり遠いな〜(^^ゞ

             山日和

2007/01/28(Sun) 23:13:23  [No.6047]


山日和さん、こんばんは(^^)。

> 笠捨山は大昔から「行こうかな、でもまた今度」ってな感じで行けてない山です。
僕もず−−−−−−−っと放置してました。北から登る報告が多いけど、どうも
おもしろみに欠けてるような感じだし、行くまでが遠い!!

> HP拝見しましたが、ルートは面白そうですね。
目的の笠捨山より地蔵岳が行きたかったんです(^^)
山日和さんはこんな時に言ったらダメですよ。「ものたりん」と言われるに決まってる。
是非豪雪の時に行ってください(^_-) 山日和さんの知識と経験が光ると思います!

> でもやっぱり遠いな〜(^^ゞ
ホント。昔、川湯へ年に2回も毎年毎年よく通ってたものだと思います。
やっぱり若かったんですね、僕も(^^;)

2007/01/29(Mon) 19:05:25  [No.6057]


矢問さんおはようございます。
いいですね、山好きなナイトン君がいて。
我が家は二人とも離れていて・・・一緒に登ってくれません。
時々HPを見ていて、親の無事を確認しているようです。

そやけど、遠いですね、十津川。
以前沢登りをしている頃、このあたりまで行ったけど・・・遠かったです。

2007/01/29(Mon) 07:00:39  [No.6054]


panaちゃん、こんばんは(^^)

> いいですね、山好きなナイトン君がいて。
いえいえ、オリンピックほどではないですが、近頃は2年に1回くらいですね。

> 我が家は二人とも離れていて・・・一緒に登ってくれません。
panaちゃんはい−っぱいお友達がいるから幸せですやん(^_-)

> 時々HPを見ていて、親の無事を確認しているようです。
僕も、即アップは親への安心材料です(^^)

> そやけど、遠いですね、十津川。
遠いよね〜。ウチもこの時間があれば中央アルプスの駒ケ岳に行けます(^^)
今回は「遠い」からこそナイトンが行ってくれました。運転したくてもいつも
僕が山に使っているでしょ。だから長距離運転したくて申し出てくれたのです。
なのに・・・帰りはヘロヘロで「もう運転はええから寝たい」と(ーー;)
勝手な運転手でした〜。

2007/01/29(Mon) 19:10:20  [No.6058]


  Re: 【大峰南部】笠捨山・地蔵岳・香精山 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、こんばんは〜。(*^_^*)


> ナイトンが小中学校時代に、家族で春と冬に毎年2回キャンプに通っていた川湯へ
> の道をいまはナイトンが運転している。「この道、家族でよく通ったなぁ」と想い出話し。

家族の思いでが、あふれる道、息子さんと思い出語りの二人旅でいいですね〜。

> 地蔵岳(1250m)山頂。狭い山頂。「お地蔵様」があるのかと思っていたが何もない。
> さて下りに入るが、雪が氷っていて次の鎖までの5mの坂が氷の滑り台でつかむところも
> ない。ルートを戻るのも危険だしこの5mが何とかなれば・・・・。
> 「アイゼンを付けてもロープがないと無理だな・・・」とボソッと言うと「10mロープ
> を持ってるよ。お母さんが持って行きなさい、とザックに入れたから」「おおっ!それなら下れる!」

みっきーさん、さすがですね〜。ここにいなくても、そんな思いやりが身にしみる。いいお母さん、いい奥様ですね。なんだか感動しちゃいました。

> 駐車地点に到着。ナイトンと固い握手。

ほんまに、嬉しい握手ですね〜。読んでいる者の心も温まります〜。ありがとう。

2007/01/30(Tue) 20:39:22  [No.6081]


とっちゃん、こんばんは(^^)。

> 家族の思いでが、あふれる道、息子さんと思い出語りの二人旅でいいですね〜。
運転に緊張してしゃべれませんでした。
僕は助手席でモビール無線機で奈良の局長さん達のおしゃべりをワッチしてました。
池田の局の無線まで入ってきたので驚きました。

> みっきーさん、さすがですね〜。
いやホンマ(^^;)。ロープがなかったら大変でした〜。
たった5mほどで飛び降りてやろうか・・・と思いつつも足場はちっちゃいし氷っているから滑ったら左の斜面へ滑落間違いなしでしたから(^^;)
降りることに集中して、岩陰のお地蔵様を見落としたのが残念無念(;_;)

> ほんまに、嬉しい握手ですね〜。
足を痛がっていたのに、よく歩き続けてくれました(^^)
こんな機会くらいですものね、握手するなんて(^^)

2007/01/31(Wed) 20:11:35  [No.6114]


矢問さん こんばんは

 >笠捨山(1352.3m)・地蔵岳・香精山

さっぱりわかりまへん。

画像を見て、「なんでこないなとこに、オレが写ってるんやろ」
と思いましたが、ご子息でしたか!?

>「あと十津川近くの山2つで関西百名山が終わるなら、僕が運転していってやろう!」
>「この道、家族でよく通ったなぁ」と想い出話し。

おお 麗しい。  小さい頃からの家族山行での躾がよかったのか、本人の資質か
すばらしい父子ですなぁ

>「大丈夫、ええ天気になるさ。さあ特製ベッドで車中泊しよう」

ん?! 大の大人二人、車は、ひょっとしてテ○○スでですか?
どないなベットですかぁ

>MICKEYとの登山と同じ光景で、もうナイトンの姿は見えない。

やはり、できのええのは、母親譲りでしたか

>笠捨山(1352.3m)山頂。関西百名山、99座目である。

百山目は横断幕に、花火ですかぁ
ん 別REPで百達成とか おめでとうございます。
安全で楽しい山が何より、百重ねられたのは、神の恵みか人徳か・・

近畿百山とはまた別ですか

  SHIGEKI

2007/01/31(Wed) 19:17:48  [No.6111]


SHIGEKIさん、こんばんは(^^)

>  >笠捨山(1352.3m)・地蔵岳・香精山
> さっぱりわかりまへん。
僕も数年前までまったくわかりまへんでした(^^;)

> 画像を見て、「なんでこないなとこに、オレが写ってるんやろ」
> と思いましたが、ご子息でしたか!?
SHIGEKIさんよりもっともっと太ってます(^^;)

> おお 麗しい。  小さい頃からの家族山行での躾がよかったのか、本人の資質か
山へのハイキングかキャンプ、または山ネットのサポーターと小中学校時代は
ほとんど共に行動してましたから。なによりもこのナイトンが幼稚園前に喘息気味に
なり手を引いて山歩きを始めたので、全く僕と山歴は同じなんですよ(^^)

> ん?! 大の大人二人、車は、ひょっとしてテ○○スでですか?
> どないなベットですかぁ
シートのデコボコ部に銀マットの巻きずし風のを数本作りセット。
その上にオートキャンプで使っていたマットを置くと、いいベッドとなり
大人も寝られますよ(^^) あの日は霧雨の夜で、2つのザックに苦慮。
1つは枕元、1つは2人の足元の間に置くと、問題なしでした。

真冬のために、角窓のガラスの大きさに合わせた銀マットも作ってあります。
コポッとはまって車内保温もばっちりですよ(^^) あの日は寒くなかったので
はめませんでしたが。
何度か試作して家のガレージで一人車中泊で寝ては調整しました(^^;)

> >MICKEYとの登山と同じ光景で、もうナイトンの姿は見えない。
> やはり、できのええのは、母親譲りでしたか
ホンマに登りは早い(ーー;) でも下山はMICKEYと同じく遅い(^^) 似とる!

> ん 別REPで百達成とか おめでとうございます。
いつの間にか達成していただけです(^^;)

> 近畿百山とはまた別ですか
別物です。山と渓谷社の図書です。いまも本屋に並んでますよ。

2007/01/31(Wed) 20:22:37  [No.6115]


矢問さん、こんばんは

いいですね。息子さんとの山行、うらやましい限りです。
親子で共同作業してるみたいで、実にホンワカしますねぇ。

> 駐車地点に到着。ナイトンと固い握手。

「お父さん、やったね」って感じですね。(^^)

2007/01/31(Wed) 19:26:50  [No.6113]


通風山さん、こんばんは(^^)

> いいですね。息子さんとの山行、うらやましい限りです。
2年に1度くらいになっちゃいましたけどね(^^;)
昔は毎週一緒に歩いてのですがね〜。

> 親子で共同作業してるみたいで、実にホンワカしますねぇ。
でもね、MICKEYとおなじく、ササーッと登って行くので半分くらいは
一人歩きのようなものですよ(^^)

> > 駐車地点に到着。ナイトンと固い握手。
> 「お父さん、やったね」って感じですね。(^^)
いや〜、ホントに久々の山歩きなのによく歩き通してくれました(^^)

通風山さんへもコールしたのですが、繋がりませんでしたね。
山頂到着が早すぎて、誰にも繋がりませんでした(^^;)

2007/01/31(Wed) 20:25:56  [No.6116]


掲示板に戻る