一括表示

【湖北】妙理山から大黒山へ (画像サイズ: 1000×803 257kB)

【日 時】2007年2月17日(土)
【山 域】湖北 妙理山(901.5m)、大黒山(891.5m)周辺
【天 候】晴れのち曇りのち雪のち雨
【メンバー】Y夫妻、ひいちゃん、山日和
【コース】椿坂集落8:15---10:45妙理山11:03---11:18稜線分岐
     ---12:50△781.3m---12:54昼食地14:05---14:44大黒山
     15:12---15:47椿坂峠---16:33椿坂集落



 本来はスノー衆パート2のはずだったが、いろいろな事情もあり結局4人に
なってしまった。
妙理山と大黒山という、湖北の2名山をつないで縦走しようという試みだが、
椿坂峠に1台配車して国道歩きを回避したいという目論見も崩れ、まあ1時間
ほど我慢すればいいだけだと予定のルートを実行することにした。

 椿坂のバイパスに入ると、集落脇の路肩のふくらみがうまい具合に空いて
おり、止めさせていただく。ここは神社記号のある、目指す尾根の末端部分
で、国道を渡ればもう取付きである。
 国道の側壁の横から尾根の腹の植林の中を適当に急登していく。
朝イチの登りとしては苦しい修行のような喘登は枝をまたぎ伐木を縫って続
くが、7〜80mほど登れば尾根に到達。尾根上には雪で判然としないが杣道ら
しい掘り込みがあった。
 しばらくは雑然とした感じの植林の尾根が続いた。雪はまだ申し訳程度に
積もっているだけである。

 Ca500mあたりで植林が切れて雑木林の尾根となった。
徐々に雪も増えてきてガボり始めたので、Ca650mでスノーシューを装着。
頭上には青空も広がりいい気分だ。
 快適な斜度の広い尾根に、スノーシューがこれまた快適に利いてくれる。
前2週はろくでもない雪質だったが、今日はスノーシューの効果が実感できる。
左手には大黒山へ続く尾根がブナ林に包まれていい感じである。
早くあそこを歩いてみたい。

 南西からの顕著な尾根を合わせると妙理山の山頂部が姿を現わした。
このあたりからいい雰囲気のブナ林が続いた。
 いくぶん痩せた尾根の右側にはかわいい雪庇が出ている。このあたりはヤ
ブが出てやや鬱陶しいので左斜面をトラバース。北側の斜面はクラストして
いる。
こういう斜面でもライトニングアッセントは確実にグリップしてくれるので
頼もしい。

 大黒山への稜線分岐を確認して山頂を目指す。
東西に長細い山頂台地は太い木はないもののブナに覆われている。
 台地の東端にある山頂(三角点)に着いた。「下谷」と書かれた小さな標識
がひとつあるのみの清々しい山頂だ。残念ながら展望は利かないが、木の間
越しに横山岳方面が望める。
ここから尾根続きの七七頭ヶ岳北に位置するCa760m峰が実に堂々としている。
今年は特別雪が少ないが、以前の記録を見ると360度のパノラマだというよう
なことが書いてあった。雪の多い時に来てみたいものだ。

 妙理山頂11時というのを目安にしていたので予定通りである。
引き返して大黒山への稜線へ向かった。
大黒山方面を見ると山頂ははるか彼方である。行けるのだろうか。
 当初はひとつ手前の尾根(妙理山の西の肩から西北西へ伸びる尾根)を使っ
て隣の尾根に乗るつもりだったが、肩から見た本来の縦走路の尾根が魅力的
だったので、結局ジャンクションまで戻った。
実際歩いてみるとさほどのことはなく、急激に鞍部へ落ち込んでいる。
滑り落ちそうなので一旦スノーシューを脱いだ。
 下りきったところは細い尾根で、尾根芯はツボ足では歩けたものではない
状態だが、一歩西側の斜面へ入るとカリカリにクラストしてまったく沈まな
いから不思議なものである。
カリカリで少し距離を稼いで再びスノーシューを装着した。

 P795mの登りにかかるあたりから、登りに見たブナの縦走路が始まった。
背筋を伸ばしてすっくと立った若木が多いのだが、やはりブナはいい。
このブナ林はP795mを越えて尾根が再び北へ向きを変えるあたりまで延々と
続いた。
その間アップダウンもほとんどなく、まさにブナのプロムナードである。

 昨秋アプローチした谷の源頭部に出ると左手は植林に変わった。
鞍部のヤセ尾根には2本、見事なブナの古木が残されていた。これまでのブナ
林にこういう木が少しでもあればより素晴らしいものになったのだが。

 P781.3mの登りにかかる。ピーク手前の東へ張り出した尾根に、またまた素
敵なブナ林が登場した。
妙理山からここまで休憩なしで来たのでシャリバテ気味である。
ここでザックを降ろしたいところだが、ピークまで頑張ってランチにしよう
と歩を進める。

 781.3mピークは昨年歩いた巡視路の合流点である。
あまりいい場所がない上に風がある。
これならさっきのブナ林の方が風もなかったしよかったか。
 風下にツェルトを風除けに張ってやっと落ち着いた。
もう1時だが、ここまで来れば先は見えている。大黒山まで1時間圏内まで昼
飯は我慢しようと思っていたのだ。そして何より気楽なのは、山頂から峠ま
で30分で下山できることである。

 妙理山を出てからずっと曇っていた空はついに泣き出してしまった。
気温が低いので雪になったのが救いである。
いつも通り食後のコーヒー(しるこの人もいたが)まで賞味して出発。
 次のターゲットタイムは大黒山頂3時である。

 ここからしばらくは巡視路を辿る(もちろん雪の下)のだが、ブッシュが
顔を出して歩き辛いし面白くないところだ。
巡視路が鷲見側の谷へ下りるP753m。無雪期ならヤブがひどく尾根通しに行
けないところであるが、大黒山へダイレクトに上がれるのはこの時期に訪れ
た登山者の特権だ。
 緩やかに登って行くと、またもや現われる素晴らしいブナの森。
もうかなり満腹気味だが、まだ山頂直下のブナ林が控えている。
 ブナ林を抜けたヤセ尾根は潅木が埋まって、晴れていればさぞ見晴らしが
いいことだろう。残念ながら今日は雪の舞う天気。しかしこれもまた良し。

 東尾根合流点への最後の登り。いよいよクライマックスである。
この直下のブナ林は風格のある大木も多く、今日これまで見てきたブナ林と
は格が違う印象である。ずいぶん歩いてきたが、こういう登りは全然苦に
らないのだ。

 大黒山東尾根と合流した。広大な疎林の斜面にトレースを刻む。
どこを歩くも自由。山頂はもうそこだ。
 
 着いた。妙理山から大黒山の縦走が完成した。時刻は3時少し前。
これだけ予定通り進んだも締まった雪質のおかげだ。
 眺望も何もない、愛想のない山頂だが、みんなの顔は何事かを成し遂げた
満足感でいっぱいである。

 椿坂峠への下りで雪は雨に変わった。高揚した心の火照りを鎮めるように。

               山日和

2007/02/18(Sun) 21:56:25  [No.6374]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL

山日和さん、こんばんは。

>  本来はスノー衆パート2のはずだったが、いろいろな事情もあり結局4人に
> なってしまった。

折角お誘い頂いたのに、先約があり、申し訳ありませんでした。
画像を見る限り、来月でも雪がありそうですね。
来月、単独で歩きに行きます。

>  風下にツェルトを風除けに張ってやっと落ち着いた。

風下に張っても風除けになるのですね。知りませんでした。

> 山頂直下のブナ林は風格のある大木も多く、今日これまで見てきたブナ林と
> は格が違う印象である。

妙理山からの縦走よりも、大黒山から東の尾根の方が魅力的ですね。

>  椿坂峠への下りで雪は雨に変わった。高揚した心の火照りを鎮めるように。

嫌な雨も、山日和さんにかかると、文学ですね。

半明の東から「めん鳥谷」を囲む尾根をぐるっと回る事は不可能なのですか?

                 伊勢山上住人

2007/02/18(Sun) 22:50:22  [No.6375]


Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ (画像サイズ: 1024×822 521kB)

伊勢さん、どうもです。
伊勢さんが来てくれたら国道歩かずにすんだのに〜(^^ゞ

> 画像を見る限り、来月でも雪がありそうですね。

時期によると思いますが、縦走路はヤブが出そうな気もしますね。

> 風下に張っても風除けになるのですね。知りませんでした。

尾根の風下側という意味です。(^_^;)ツェルトはもちろん風上に張ってますよ。

> 妙理山からの縦走よりも、大黒山から東の尾根の方が魅力的ですね。

それはそれとして、妙理山からつないでみたかったのです。

> 半明の東から「めん鳥谷」を囲む尾根をぐるっと回る事は不可能なのですか?

魅力的なラインですね。ただ、積雪期は車で入れない。無雪期はかなりのヤブが
予想されるのでどうでしょうか。東尾根は巡視路が下まで続いていると思いますが。
ここはなんらかの形でやろうと思っています。

添付の軌跡は青が昨秋、赤が今回です。

              山日和

2007/02/18(Sun) 23:21:31  [No.6379]


山日和さん こんにちは

>  本来はスノー衆パート2のはずだったが、いろいろな事情もあり結局4人に
> なってしまった。

ワシも事情だらけで参加できず、残念です。
稜線は雪がちゃんとあったようで、よかったですね。
全然雪が降ってないようだし、気温は高いしで、藪が出ているのじゃないかと、気にしておりました。

>  南西からの顕著な尾根を合わせると妙理山の山頂部が姿を現わした。
> このあたりからいい雰囲気のブナ林が続いた。

この尾根合流からがいいとこなのですね。
今年は雪が少ないので、ちょっと藪っぽい印象ですが、
雪の多い年は、もっと雰囲気がいいのです。

>  台地の東端にある山頂(三角点)に着いた。「下谷」と書かれた小さな標識
> がひとつあるのみの清々しい山頂だ。残念ながら展望は利かないが、木の間
> 越しに横山岳方面が望める。

そんな標識がありましたか。
気がつかなかったけど。

>  P795mの登りにかかるあたりから、登りに見たブナの縦走路が始まった。
> 背筋を伸ばしてすっくと立った若木が多いのだが、やはりブナはいい。
> このブナ林はP795mを越えて尾根が再び北へ向きを変えるあたりまで延々と
> 続いた。
> その間アップダウンもほとんどなく、まさにブナのプロムナードである。
>  P781.3mの登りにかかる。ピーク手前の東へ張り出した尾根に、またまた素
> 敵なブナ林が登場した。

いい感じですね。
来年はうまくコースを組み立てて、この尾根を歩いてみよう。

>  東尾根合流点への最後の登り。いよいよクライマックスである。
> この直下のブナ林は風格のある大木も多く、今日これまで見てきたブナ林と
> は格が違う印象である。ずいぶん歩いてきたが、こういう登りは全然苦に
> らないのだ。
>  大黒山東尾根と合流した。広大な疎林の斜面にトレースを刻む。
> どこを歩くも自由。山頂はもうそこだ。

このあたり、縦走の終点にふさわしく、すごくいい感じですね。

>  椿坂峠への下りで雪は雨に変わった。高揚した心の火照りを鎮めるように。

ふうむ、最近、美文調に凝ってますねえ。
しかし、まあ今回も最後は雨の中の国道歩きですか。
いつも、ただでは帰れないのですね。
火照りが鎮まりすぎて、カゼひきませんでしたか?
お疲れさまでした。

よい山旅を!
                                  洞吹(どうすい)

2007/02/20(Tue) 15:08:00  [No.6389]


Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ (画像サイズ: 1000×750 237kB)

洞吹さん、どうもです。

> ワシも事情だらけで参加できず、残念です。

前回に続いてホント残念でした。

> 稜線は雪がちゃんとあったようで、よかったですね。
> 全然雪が降ってないようだし、気温は高いしで、藪が出ているのじゃないかと、気にしておりました。

椿坂の集落の様子からするとちょっと心配でしたが、なんとかつながってました。

> 雪の多い年は、もっと雰囲気がいいのです。

そうでしょうねえ。

> そんな標識がありましたか。
> 気がつかなかったけど。

南への尾根の脇にひっそりとかかってました。

> このあたり、縦走の終点にふさわしく、すごくいい感じですね。

そうなんです。標高差を考えれば逆の方が楽なんですが、ここをフィナーレにしたかった
んですよ。(下山の仕事が早いのも大きな要因ですが)

> しかし、まあ今回も最後は雨の中の国道歩きですか。
> いつも、ただでは帰れないのですね。

好きでやってるわけじゃないですよ。
まあ、最後の余興みたいなもんです。(^^ゞ

              山日和

2007/02/20(Tue) 22:16:05  [No.6392]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)

> 【メンバー】Y夫妻、ひいちゃん、山日和
おおっ、今回はちゃんとひいちゃんは師匠について行ったのですね(^^)
Y夫妻もお元気そうで(^^) ご主人は今回は厚着しすぎず、快適でしたか〜。

> 【コース】椿坂集落8:15
当日何度椿坂に向かおうかと・・・4時過ぎにもガレージをうろうろ(^^;)
でも母からの電話も心配で、ぐっと我慢しましたm(..)m
ケーブルが冬期休止中の静かな妙見山へ「願いの一打」を打ちに一人寂しく
行ってきました。今日は転院の準備開始の相談にまた病院へ行ってきました。

> 妙理山と大黒山という、湖北の2名山をつないで縦走しようという試み
地形図見ていてどこ歩くのかな〜と(^^) しかし良く歩きましたね〜。

> 朝イチの登りとしては苦しい修行のような喘登は枝をまたぎ伐木を縫って続
> くが、7〜80mほど登れば尾根に到達。
汗が出て暑そう〜(^^;)

> 頭上には青空も広がりいい気分だ。
へ〜、良い天気だったんですね。

> その間アップダウンもほとんどなく、まさにブナのプロムナードである。
またか〜・・・・φ(。。;)メモメモ

> 妙理山からここまで休憩なしで来たのでシャリバテ気味である。
山日和さんの辞書には「バテる」がないので、メンバーの誰かでしょうね(^_-)

>  妙理山を出てからずっと曇っていた空はついに泣き出してしまった。
泣くな〜!!! とひいちゃんが叫んだのでは?

> 気温が低いので雪になったのが救いである。
低山の妙見山でも麓まではボタン雪でした。上空は冷たい寒気だったのでしょうね。

>  着いた。妙理山から大黒山の縦走が完成した。時刻は3時少し前。
> これだけ予定通り進んだも締まった雪質のおかげだ。
またまた雪質に恵まれましたか(^^) いいなぁ。
やっぱり雪とブナと仲間ですね(^^)v

2007/02/20(Tue) 21:12:29  [No.6391]


Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ (画像サイズ: 1000×750 236kB)

矢問さん、どうもです。今回は残念でした。

> 当日何度椿坂に向かおうかと・・・4時過ぎにもガレージをうろうろ(^^;)
> でも母からの電話も心配で、ぐっと我慢しましたm(..)m

そうでしたか・・・気持ちお察しします。

> 地形図見ていてどこ歩くのかな〜と(^^) しかし良く歩きましたね〜。

充実のコースでした。(^_^)

> またか〜・・・・φ(。。;)メモメモ

いつでも言うてるような気が・・・(^^ゞ

> 山日和さんの辞書には「バテる」がないので、メンバーの誰かでしょうね(^_-)

わかりましたか。(^_-)

> またまた雪質に恵まれましたか(^^) いいなぁ。
> やっぱり雪とブナと仲間ですね(^^)v

2週続けて良くなかったのでラッキーでした。
雪の状態次第で天国と地獄ですもんね。
ラッセルしてたら妙理山で終わってました。(^^ゞ
またよろしく〜。

           山日和

2007/02/20(Tue) 22:52:17  [No.6393]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^) ホントに今回は残念でした〜(;_;)。

> > またか〜・・・・φ(。。;)メモメモ
> いつでも言うてるような気が・・・(^^ゞ
山日和さんが行ったところは大抵いいところが多いのでメモしとかないと(^_-)

> またよろしく〜。
こちらこそ、よろしく〜。

この「ヤブコギネット」のサーバーは早朝は外部攻撃防止でオフなのかな。
朝5時過ぎから5時半頃にかけてはいつも繋がりません(^^;)

2007/02/23(Fri) 18:19:59  [No.6417]


矢問さん、こんばんは。

> 山日和さんが行ったところは大抵いいところが多いのでメモしとかないと(^_-)

大抵じゃないですよ。必ずです。(^^ゞ

> この「ヤブコギネット」のサーバーは早朝は外部攻撃防止でオフなのかな。
> 朝5時過ぎから5時半頃にかけてはいつも繋がりません(^^;)

「これは毎朝4時ジャストからシステムのバージョンアップやバックアップなど自動でさせています。
毎朝ごちゃごちゃ勝手にハードディスクが動いているので、やってるなと思ってふとんの中から聞いています。
ですから、早朝4〜5時はCPUやMEMORYがフル稼働していますのでつながりにくいかもしれません。」
だそうです。(^_^)

             山日和

2007/02/25(Sun) 00:36:27  [No.6426]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:矢問(やとう)

山日和矢問さん、こんにちは(^^)。
今日は11時から今まで、多田神社から満願寺へ静かな里山を抜けて、最明寺滝へ
行き、山本駅前の溶岩窯パン工房でとてもおいしいパンを買い、雲雀丘花屋敷を
経由してぐるっと歩いてきました(^^) 
パンを買いに5時間も歩いた変な夫婦です(^^;) 

> > 山日和さんが行ったところは大抵いいところが多いのでメモしとかないと(^_-)
> 大抵じゃないですよ。必ずです。(^^ゞ
ダハッ(^^) そうですね(^^)

> ですから、早朝4〜5時はCPUやMEMORYがフル稼働していますのでつながりにくいかもしれません。」
> だそうです。(^_^)
了解しました(^^) いつも出勤前の5時から5時半頃にメールなどのチェツクしつつ見ると
いつも繋がらないんで不思議だったんです。解明ありがとうございますm(..)m(^^)

2007/02/25(Sun) 16:08:20  [No.6428]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:伊勢山上住人  URL

矢問さん、おはようございます。

> 朝5時過ぎから5時半頃にかけてはいつも繋がりません(^^;)

今朝は、サーバ 仕事サボっているようで、繋がりました。
矢問さんも、朝が早いのですね。
そんなに、早くから起きて、何してますの?
ひょっとして、糠床の手入れ、朝風呂?

              伊勢山上住人

2007/02/25(Sun) 04:58:58  [No.6427]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:矢問(やとう)

伊勢さん、こんにちは(^^) 
雪が少なくてニューカーの実力出せないですね(^^)。

> 今朝は、サーバ 仕事サボっているようで、繋がりました。
今朝は昨夜からその時間すぎまで、LOSTのシーズン2の4,5.6
そしてワールドトレーディングセンター、そして出口のない海、
合計5本のDVD観てました(^^;)

> 矢問さんも、朝が早いのですね。
> そんなに、早くから起きて、何してますの?
出勤前のメールチェック等々。6時には家を出ますので。
7時半から仕事してみんなが出勤するまでが静かではかどりますしね(^^)。
やっと近頃うっすら明るくなってきました。先月までは★が出てましたよ。

2007/02/25(Sun) 16:13:34  [No.6429]


矢問さん、こんばんは。
近くでも山に行かれたようでしたので少しほっと致しました。

> おおっ、今回はちゃんとひいちゃんは師匠について行ったのですね(^^)

はい、単独ではありません(きっぱり)
初心に戻ることに致し今回も沢山御指導いただきました。
でも、たまぁ〜には単独もしたいな(願望)

> 泣くな〜!!! とひいちゃんが叫んだのでは?

そんなぁ〜 はずないですよ!
そんなことしたら駄目でしょうって叱りはしますが。
でもね、その前におりこうさんでしたよ。
ちゃんと雪に変わってくれましたから(笑)

2007/02/21(Wed) 23:47:10  [No.6400]


  Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ 投稿者:矢問(やとう)

ひいちゃん、こんばんは(^^)

> 近くでも山に行かれたようでしたので少しほっと致しました。
コノ体、休ませたら動けなくなるのでf^_^;ポリポリ

> はい、単独ではありません(きっぱり)
> 初心に戻ることに致し今回も沢山御指導いただきました。
Y夫人も心配されてましたよ(^_-)

> でも、たまぁ〜には単独もしたいな(願望)
危険なところはもっと後でもいいのでは(^^)
それと、GPSは万能では無いですよ。天気が悪くて一番ほしいときに電波も
受信できず使えないことも。厚い雪雲も大敵です。
地形図とコンパスを絶対に見放さないでね〜。

またご一緒できる時を楽しみにしていますm(..)m(^^)

2007/02/23(Fri) 18:24:02  [No.6418]


皆さん、こんばんは。

とても良い縦走でしたね。
車道歩きは雨に降られたものの、見たっかった尾根もしっかり見えましたし十分のお天気でしたよ。
初めから雨って言うのは苦手ですが、山に入ってしまえば雨も苦にならないものです。
昼食タイムさえ耐えてくれればね。ポツリと来ましたが直ぐに雪に変わってくれた〜
やはり行いが良いからなんでしょう♪
雨の車道歩きも成し遂げた縦走の余韻で楽しくルンルンで歩くことが出来ました。

>こういう斜面でもライトニングアッセントは確実にグリップしてくれるので
>頼もしい。

本当にライトニングアッセントは素晴らしいですね、ワカンからなかなか気持ちが切り替わらなかったのですが、今年は湖北武奈から自信がつきました、お蔭さま〜

>残念ながら展望は利かないが、木の間越しに横山岳方面が望める。

あの尾根を確認できて満足でした。
今回の山行で二つ登りたい尾根を見つけましたがはてさて登れる尾根でしょうか?
ひとつは何時かしようと思ってると仰っていましたから楽しみにしていますね♪


>大黒山方面を見ると山頂ははるか彼方である。行けるのだろうか。

程よい雪の状態に助けられて完遂出来ました、リーダーの判断、時刻予想も的確で良かったですm(__)m

>P795mの登りにかかるあたりから、登りに見たブナの縦走路が始まった。
>背筋を伸ばしてすっくと立った若木が多いのだが、やはりブナはいい。

はい、私もすくっと伸ばさねば(^^ゞ

>このブナ林はP795mを越えて尾根が再び北へ向きを変えるあたりまで延々と
>続いた。
>その間アップダウンもほとんどなく、まさにブナのプロムナードである。

素敵なブナ林でした。

>昨秋アプローチした谷の源頭部に出ると左手は植林に変わった。

こっちは見ないようには笑ってしまいました。


>鞍部のヤセ尾根には2本、見事なブナの古木が残されていた。これまでのブナ
>林にこういう木が少しでもあればより素晴らしいものになったのだが。

いえいえ贅沢は言えません、いい尾根じゃなかったですか。

>大黒山まで1時間圏内まで昼飯は我慢しようと思っていたのだ。
>そして何より気楽なのは、山頂から峠まで30分で下山できることである。

正解、正解。ここまでくればゆっくりお昼が出来ました。
気持ちがとても楽でしたね。
どんなにゆっくりしてもあと30分〜〜〜
雨の車道歩きを除いたら(^^ゞ

>妙理山を出てからずっと曇っていた空はついに泣き出してしまった。
>気温が低いので雪になったのが救いである。

良かったですね。平素の行いが良いからちょこっと降った雨も直ぐに雪コンコンとなりました\(^o^)/

>無雪期ならヤブがひどく尾根通しに行けないところであるが、大黒山へダイレクトに上>がれるのはこの時期に訪れた登山者の特権だ。

良いルート取りありがとうございます。
私だったら歩けない所にも赤線引いていたでしょう。
 
>大黒山東尾根と合流した。広大な疎林の斜面にトレースを刻む。
>どこを歩くも自由。山頂はもうそこだ。

そう、苦にならない歩きでした。
ペースは合わせて自由にトレースしてました♪

>着いた。妙理山から大黒山の縦走が完成した。時刻は3時少し前。
>これだけ予定通り進んだも締まった雪質のおかげだ。
>眺望も何もない、愛想のない山頂だが、みんなの顔は何事かを成し遂げた
>満足感でいっぱいである。

ニコニコニタニタ、満足感!楽しかったですね。

下りのあの大木印象的でした。
折角の大木は雪の重さに耐えられなかったのか、大きな枝がもぎ取られて痛々しかった。

素晴らしいルートありがとうございました。
またのロングルートを楽しみにしていますね。

色々御指導もありがとうございました。

2007/02/21(Wed) 23:28:33  [No.6399]


Re: 【湖北】妙理山から大黒山へ (画像サイズ: 1000×750 239kB)

ひいちゃん、どうもです。お疲れさんでした。

> 初めから雨って言うのは苦手ですが、山に入ってしまえば雨も苦にならないものです。

わたしゃ、山へ入ってしまっても雨は苦になりますが・・・(^^ゞ

> 本当にライトニングアッセントは素晴らしいですね、ワカンからなかなか気持ちが切り替わらなかったのですが、今年は湖北武奈から自信がつきました、お蔭さま〜

ヤブが出ていないのと、激登りがないという条件付きですけどね。

> 程よい雪の状態に助けられて完遂出来ました、リーダーの判断、時刻予想も的確で良かったですm(__)m

まあね。(^^ゞ 長いことやってますから・・・

> はい、私もすくっと伸ばさねば(^^ゞ

背中が丸まってましたね〜(^_^;)

> いえいえ贅沢は言えません、いい尾根じゃなかったですか。

人間、いいものに慣れてしまうと贅沢になるんですよ。

> 正解、正解。ここまでくればゆっくりお昼が出来ました。
> 気持ちがとても楽でしたね。

もう少しいいシチュエーションでランチしたかったんだけどね〜
少しだけ残念!

> 良かったですね。平素の行いが良いからちょこっと降った雨も直ぐに雪コンコンとなりました\(^o^)/

誰の? (^_-)

> 良いルート取りありがとうございます。
> 私だったら歩けない所にも赤線引いていたでしょう。

どこでもお構いなしに線引きそうやね。

> 折角の大木は雪の重さに耐えられなかったのか、大きな枝がもぎ取られて痛々しかった。

あの枝は残念ですね。ついていれば一層風格があったやろうにね。

> 素晴らしいルートありがとうございました。
> またのロングルートを楽しみにしていますね。

またよろしくです。

             山日和

2007/02/21(Wed) 23:58:44  [No.6401]


掲示板に戻る