一括表示

【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 960×720 275kB)

 前日積雪があり、今日はピーカンの青空だ。こんな日に山に登らない手は無い。
しかし、家を出るのが遅くなってしまった。気温はグングン上昇している。早く登らねば樹氷が消える。

【日時・天候】02/03 2007・晴天
【山域・山名】千秋林道から檜塚奥峰〜ウシロー周辺
【 コース 】
09:15 千秋林道マナコ谷登山口---10:45〜10:55 檜塚奥峰---11:50〜12:35 明神岳北1360m(昼食)---13:05 明神平---13:35ウシロー---14:00〜14:15 国見山東のダイラ(1290m)---14:40 水無山北東尾根(1280m)---15:15 奥山谷出合---16:00 駐車地


 千秋林道に入ると、轍から先行車は一台だけのようだ。こんないい日なのに木屋谷側から檜塚に登る人は少ないようだ。もったいない。
先行車の轍は、マナコ谷登山口を越えて林道の奥に向かっている。
ラッキー!ならば、マナコ谷から登ろう。

 マナコ谷で早々と昼食用の水を汲み、植林の中を登って行く。
つひでに、マナコ谷登山道を横切る仕事道を確認しながら行く。
数えると10箇所近くある。ほとんどの仕事道は、真っ直ぐ登る登山道に対して、ジグザグに登り横切っているのであろうが、ワサビ谷方面・イズミ谷方面へ向かうものもあるはずだ。
 薄暗い植林に射し込む陽射しの中、時折吹く風で枝に付いた積雪が舞い上がりキラキラ舞っている。

 小屋を過ぎ、ひと登りで植林を抜け出してヒメザサの原。ピーカンの青空に雪、今期やっと出遭えた風景だ。
笹原の尾根を登って行くと、思はぬところから足跡が尾根に合流した。あちゃぁっ!
尾根を横切って降りている跡もある…?
 稜線近くにはまだ樹氷が残っている間に何とか到着。先行者は、稜線でスノーシューに履き替えて檜塚に向かったままのようだ。
そのスノーシューの跡に足を乗せてみる。…あれ?沈まない。では左足も…、ズボッ!乗せたら膝まで埋まった(^^;
檜塚での今期最高積雪のようだ。

 トレースの無い奥峰へ、吹溜りを避けて稜線を登る。
奥峰の展望台からは、ここから久しぶりに見る、台高主稜線その上に大台ヶ原や大峰の稜線がのっかっている。明神岳方面は、時折ガスで煙っているようだ。
 ヌタハラ谷対岸・ヒキウスの樹氷も随分落ちている。樹氷が付いているようなら雪原で遊ぼうかと思っていたが、一服して明神岳方面へ足を伸ばそう。
 展望台から稜線へ引き返すと、どこかで見た人がメモをとってられる。伊勢山上人さんだ。足元はスノーシュー、あのトレースは山上人さんだった、なーんだ。
 山上人さんは、復路はまたワサビ谷を下りられるらしい。わたしは国見山を降りると云って別れた。

 明神岳方面からハイカーが来ないうちにと、縦走路をテキトーに歩いていく。
 静かだ。時にヤマガラやゴジュウカラの鳴き声だけ。シカの足跡も無い樹氷で彩られたブナの森を歩く。
 奥山谷源流部を回り込むようにして、明神岳北・1360m辺りにシートを広げる。
樹間から人で賑わう明神平が見え、時折声が風に乗り聞こえもするが静かな森だ。
ランチを摂っていると、樹氷がパラパラと舞い落ちるが、これもご愛嬌。青空にブナの樹氷の中、ゆっくりするのは格別だ。

 明神平にはすでに幾つものトレース。三々五々雪に樹氷を楽しんでられるようだ。素通りし、水無山に向かって急登を登っていく。
この稜線はさすがに積雪多く、膝まで雪が積もっている。が、すでに何人もの登山者が行き来しているのだろう、しっかり踏み固められている。
 ウシローから見ていると、大又川から湧き上ったガスが上空で西風にあおられ明神平周辺に流れていく様子がよくわかり興味深い。

 ウシローと国見山の間のコルから、国見山東(ウシロー北東尾根)のダイラを目指してトレースの無い斜面を降りていく、股下まで雪に嵌りながら、雪だらけになって。
途中、下部で二股にはなっているが胴回り6mはあろうかというミズナラ、イナバウアブナの大木など興味深い樹木があった。

 国見の東のダイラは、ブナの大木並ぶ気持ちのよいところ。ここからは雪の被った檜塚がきれいに見渡せた。もっとゆっくりしたいが、一服した後、テッポウ谷をトラバースして水無北東尾根に向かって行く。
ダイラもそうだが、この辺りは大木の倒木が多い。斜面が崩れて倒れているのもあるが、胴回り3m程がこの辺りのブナの寿命なんじゃないだろうか?それぐらいの大きさの枯れた倒木が多い。

 ヒコバエ状に胴回り5m程になったカツラの樹の辺りから水無山北東尾根に乗る。
尾根を下るほどにヒメシャラが出てきた。ここは三重県の指定する「有用広葉樹母樹林」でもある。
 尾根の末端は植林が出てきて熊檻を見れば、木屋谷の奥山谷の出合は近い。
出合では、雪がこんもり積もった石をに注意深く足を置いて渡渉し、木屋谷右岸の登山道へ登った。
この日は、登山者が奥山谷から明神平に入ってると思っていたのだが、見込み違いだった。トレースの無いこの斜面の道も雪が積もればわかり難く、慎重に足を運ばないと歩けない。
 ワサビ谷を渡れば、整備された道。その上、山上人さんの往復のトレースも付いていた。
駐車地には山上人さんの車は無く、懐かしいオレンジのNAGARAGAWAステッカーを貼った関西ナンバーの車。この単独者はここに車を停めたにも関わらず、マナコ谷から登っているようだ。

 明日日曜日、千秋林道を登れば、道は凍っているだろうな。
ピーカンの青空と雪とブナに感謝のいい山日だったなぁ。

2007/02/23(Fri) 00:15:58  [No.6411]


Re: 【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 1024×768 342kB)

zipp さん おはようイワシ

奥大台で買ったイワシ干物は、ホンと美味しかったです。
旨味が濃縮してる、サンマ干物から転食ですわ。

>  前日積雪があり、今日はピーカンの青空だ。こんな日に山に登らない手は無い。
> しかし、家を出るのが遅くなってしまった。気温はグングン上昇している。早く登らねば樹氷が消える。

3日は竜の公開山行で騒いで痛んだ、好い天気でしたね。
でもこねレポは日向の雪だるまさんだ、花が妖精がランランだもんね。

先の日に宮の谷左岸尾根を霧降山へ行きました、帰りにサスケ谷からの索道を降りた。
奥ノ平谷からのルート偵察を鳥瞰してきましたです。

サスケ滝とその下の滝の間が渡渉点ですね、後は斜面登るだけだけれど、余りどうかなあの感じを受けた。

p1122辺りからワサビ谷上流部が、奥ノ平の名が付けられたんだ思いましたです。
花が咲く頃また訪ねようかな(^^)

                      緑水。

2007/02/23(Fri) 05:04:13  [No.6413]


Re: 【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 800×600 120kB)

 こんばんは、緑水さん。すでに今日もボヘに出発ですね。

> 奥大台で買ったイワシ干物は、ホンと美味しかったです。
> 旨味が濃縮してる、サンマ干物から転食ですわ。
 そりゃ、カタクチイワシが干物ではピカイチッ!でせう。
ただ、当り外れがあるんだよね、イワシは特に。アシが早いからなんだろうな。

> 先の日に宮の谷左岸尾根を霧降山へ行きました、帰りにサスケ谷からの索道を降りた。
> 奥ノ平谷からのルート偵察を鳥瞰してきましたです。
 画像はコブシ平(p981茂高)から撮ったんだね。奥ノ平谷の竜が踊っていますね。

> p1122辺りからワサビ谷上流部が、奥ノ平の名が付けられたんだ思いましたです。
 p1222(ニハンノ平)の間違いかな?
 ワサビ谷と黒滝谷(だったけ?)の間の台地が「奥ノ平」と呼ばれているみたい。
僅かですが原生林も残っちょります。

 明日は風が強そうだけど、喜を付けてね(^^)

2007/02/23(Fri) 22:58:32  [No.6423]


  Re: 【台高】雪のブナ林回遊 投稿者:伊勢山上住人  URL

zippさん、こんばんは。

>  前日積雪があり、今日はピーカンの青空だ。こんな日に山に登らない手は無い。

あれ? 最近、雪って降ったっけ??

> 【日時・天候】02/03 2007・晴天
> 【山域・山名】千秋林道から檜塚奥峰〜ウシロー周辺

えらく、ごゆっくりなレポのアップですなあ。 それに、
シトの道を歩かないzippさんが、レポを上げるルートとは思えないが?

> ラッキー!ならば、マナコ谷から登ろう。
> 笹原の尾根を登って行くと、思はぬところから足跡が尾根に合流した。あちゃぁっ!

大きな足跡でヨタヨタと汚してしまい、スミマセンでした。

>  国見の東のダイラは、ブナの大木並ぶ気持ちのよいところ。テッポウ谷をトラバースして水無北東尾根に向かって行く。

やっぱり、zipp流山歩きをしてたんですね。
行きたい行きたいと言いながら、まだ行けていないです。
zippさんのレポを読んだら、ますます行きたくなりました。

>  ワサビ谷を渡れば、整備された道。その上、山上人さんの往復のトレースも付いていた。

杉の枝に乗って、スッテンコロリン跡も見られちゃいましたね。

またヨロシクです。         伊勢山上住人

2007/02/23(Fri) 20:33:12  [No.6419]


Re: 【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 800×600 110kB)

 伊勢山上人さん、こんばんはです。

> えらく、ごゆっくりなレポのアップですなあ。 それに、
> シトの道を歩かないzippさんが、レポを上げるルートとは思えないが?
 はい、ゆくりゆくりです。
伊勢山上人さんに見つかっているので、レポをあげないとマズイかなぁ…、と(^^;


> 大きな足跡でヨタヨタと汚してしまい、スミマセンでした。
 いえいえ。
小さかったですよ、尾根を登る足跡は。女性かとも思ったほど。
ワサビ谷から付いてた跡は、大きかった! なんでだろ?

> 行きたい行きたいと言いながら、まだ行けていないです。
> zippさんのレポを読んだら、ますます行きたくなりました。
 はい、メジャーもって鍋もって行ってきてください。

> 杉の枝に乗って、スッテンコロリン跡も見られちゃいましたね。
 へぇ、見落とした(^^: ただヘンなところから登ろうとして諦めたような跡がありました(^^;

 もうこの辺りの雪は、あの日で終わりましたね。
こちらこそ、ヨロシク。

2007/02/23(Fri) 23:09:09  [No.6424]


Re: 【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 640×480 218kB)

zippさん こんばんは

2月と言うのに雪が無くなってきましたね。
zippさんの写真に刺激されて湯谷へ行きましたが、前夜遅くなって寝たのが朝の5時で10時から谷に入り滝を過ぎた辺りで焚き火してから下山しました。

滝の上の河原の石には温泉で良く観る湯の花のような感じが石に付いていましたので上部で鉱泉が出てるのかも知れませんね。

2007/02/25(Sun) 00:07:29  [No.6425]


Re: 【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 480×640 120kB)

 こんばんは、ズックさん。
雪無いですね。これから降ってもすぐ溶けるばかり…。

> zippさんの写真に刺激されて湯谷へ行きましたが、前夜遅くなって寝たのが朝の5時で10時から谷に入り滝を過ぎた辺りで焚き火してから下山しました。
 往古川・湯谷は、林道から見るとこんな所に滝があるんか!?みたいなところでしたでしょ。
植林に3面張り水路、…その水路に水も無い(^^;
 画像は最初の滝ですね。

> 滝の上の河原の石には温泉で良く観る湯の花のような感じが石に付いていましたので上部で鉱泉が出てるのかも知れませんね。
 ホンマに湯ノ花?わたしはこの谷、支流支流でニオイを嗅ぎ、水を口に含み、上まで谷を上がった(奥の方の二股を本谷ではなく、左股をとった)けど、鉱泉らしきものは見つからなかったヨ。
 ちなみにp639.4の三角点には「小松原ノ頭」とか「湯谷山」のプレートがぶら下っとりました。そこから南に465pへ行って、モノレールのある、林道の森林組合の方向への尾根を降りたのでした。

2007/02/25(Sun) 22:07:23  [No.6432]


こんいちは〜、zippさん!
お久し振りの御挨拶のような♪

あの、岩が白くなったのは、何故なのでしょうね?
水に含まれた成分のせいじゃないの?
ヤマメには何がなんだか、わかんないけど〜。

ズックさ〜ん、お世話になりました〜。
芋は無かったけど、焚火は楽しかったねえ。

zippさん、一度焼芋食べに焚火のところに来てね〜!!
 ヤマメ

2007/02/26(Mon) 12:21:18  [No.6437]


Re: 【台高】雪のブナ林回遊 (画像サイズ: 640×517 163kB)

 こんあんは〜、ヤマメさん!
賑やかな滝登りだったのですね。

> あの、岩が白くなったのは、何故なのでしょうね?
> 水に含まれた成分のせいじゃないの?
 そうでしょうね。水量が随分少ないみたいに見えます(滝つぼから判断すると)。
水量が減って、石の周りが乾いて白くなったの云ってられるのかな?とおもうんですが。
 ヤマメさん、喰べようと鼻に近づけたりしなかったの?

> zippさん、一度焼芋食べに焚火のところに来てね〜!!
 大文字程度の焚き火してくれたら、焚き火しているのわかって行けるんだけど…(^^;

 画像は三之公・湯谷の湧き出しているところ。

2007/02/26(Mon) 22:07:34  [No.6446]


掲示板に戻る