一括表示

  残雪と強風の遠足尾根 投稿者:たろー  URL
残雪と強風の遠足尾根 (画像サイズ: 800×600 472kB)

ヤブコギの皆様、お久しぶりです。
昨日は寒の戻りの雪を当て込んで竜ヶ岳に行ってきましたが、
思ったより雪は少なく、いささか拍子抜けでした。
変な気候のせいで、山行計画を立てようにも迷ってしまいますね。

<メンバー> 山仲間

<山域> 鈴鹿

<コース> 宇賀渓−(遠足尾根)−竜ヶ岳−(表道)−宇賀渓


藤原岳では福寿草がピークを終えようかという時期になって寒波がやってきた。東京では初雪を記録したらしい。鈴鹿山麓に住むD君から最後の雪を楽しみたいとのお誘いがあったので何処に行こうかと考えた。藤原、御池は既に行ったし、伊吹、霊仙は吹雪かれるときついし・・で、竜ヶ岳に行き先を決めた。

コースはちょっとバリエーションを交えて遠足尾根を登ることに。上部の笹原が雪に埋まっていれば快適なスノーハイクが楽しめるだろうし、帰りはホタガ谷の源頭から一気にシリセードでも良いだろう。そんな目論見で出発。

宇賀渓はひっそりと静まりかえっている。売店街を抜けて落合橋を渡った地点から尾根末端部の斜面に取り付く。急傾斜の植林の斜面を息を切らして登る。Ca520mのピークに出た後はなだらかな尾根道をのんびり歩くことになる。この辺りは古い植林帯なのか結構大きな杉の木が並ぶ。

大日向(P696.5)を過ぎる頃には景色にも段々飽きてきた。せっかく尾根を歩いているのだから展望がきかないかなー、なんて思っていたらようやく2次林帯に入る。左手には金山尾根の向こうに竜ヶ岳の山頂部が顔をだしている。(山頂部には緑の笹が・・)

傾斜が緩やかになってくると県境稜線はもう間近だ。雪は思ったより少なく、笹が頭を出していた。新雪なので、当然ズボズボ膝までもぐってしまう。ワカンをつけようかと迷うが面倒なのでそのまま進む。御池岳は再び雪化粧している。

天気がいいのは良いのだが、いかんせん風が強い。強風が木々をざわめかせる音が終始耳につく。吹き溜まりのところでは雪が美しい曲線を描いている。
完全に稜線に出てしまってはのんびり食事も取れないだろうということで、近くのアセビの木の陰で大休止。

食事の後、新雪と笹薮のコンビネーションに少し苦労しながらホタガ谷から上がってくる登山道に合流。登山道には踏み跡があり、何人かが上がってきているようだ。
シリセード大滑降をもくろんだホタガ谷源頭部には雪はほとんどなく、ザックにくくりつけたヒップソリは全くの用無しになってしまった。

やっとの思いで竜ヶ岳山頂部へ取り付く。もう一分張り。しかし、ここまで何とか歩いてきたがどうも体の調子がおかしい。全身倦怠感に覆われ、すぐに息が上がる。ひょっとしたら風邪を引いているかもしれない。帰りのルートを色々考えたが、一番足元が安定していそうな表道で帰ることにする。

石グレ峠までの急降下は雪解けぬかるみ道で神経を使ったが、小峠から宇賀川沿いの道は快適な登山道でスピードを稼げた。長尾滝や宇賀川の流れを見ていると夏の沢登りに想いが飛んでしまう。

宇賀渓へ戻る頃には全身くたくた・・。これは本格的な風邪かもしれない、ということで早々に解散。
体調不良もあり、なんだか消化不良の山行だった。やっぱりこの時期の竜ヶ岳は少し季節外れだったような気がする。
来週は雪の無いところでのんびり陽だまりハイクといきたいものだ。

2007/03/18(Sun) 10:05:45  [No.6616]


タローさん こんばんは

>思ったより雪は少なく、いささか拍子抜けでした。

元々少ないと思ってた さらに少なかった と言うことでしたか?

>変な気候のせいで、山行計画を立てようにも迷ってしまいますね。

ほんま そうですね 忘れた頃に雪降ったりして しかし、ベース(となる雪)がないから 締まった雪で快適歩行はよほど多雪のところじゃないと無理でしょうね

>藤原岳では福寿草がピークを終えようかという時期になって寒波がやってきた。
>東京では初雪を記録したらしい。

この寒波で鈴鹿はどの程度の積雪があったんでしょうね

>全身倦怠感に覆われすぐに息が上がる。ひょっとしたら風邪を引いているかもしれない。

大丈夫でしたか ??

>長尾滝や宇賀川の流れを見ていると夏の沢登りに想いが飛んでしまう。

いかにも気が早いですなぁ
こちらは雪を求めて北上しようです。 

>来週は雪の無いところでのんびり陽だまりハイクといきたいものだ。

春 ですもんね  一番ゆったりしますねぇ
しかし ランチビールの飲み過ぎ注意です。

では また どこか スプリングエフェラメル??の陽だまりコバで

SHIGEKI

2007/03/19(Mon) 21:52:07  [No.6622]


SHIGEKIさん こんばんは。

このところ、山スキーに励んでおられるようですね。
まだ、雪を求めて北上とは・・。

私の中では、完全に冬は終わりました。
しばらくぽかぽかの陽だまり山行のあとは、
早く、水に入りたいです。

気が早いでしょうが今から楽しみです。

ただ、少し体を絞らないといけませんが。

それでは、また。

たろー

2007/03/23(Fri) 00:32:33  [No.6658]


たろーさんこんにちわ。
@会社お昼休みです。

>> やっとの思いで竜ヶ岳山頂部へ取り付く。もう一分張り。しかし、ここまで何とか歩いてきたがどうも体の調子がおかしい。全身倦怠感に覆われ、すぐに息が上がる。ひょっとしたら風邪を引いているかもしれない。帰りのルートを色々考えたが、一番足元が

たろーさんも風邪をひくことがあるの〜?
私も39度の熱で寝込んでました。
久々に○人の優しさに感謝(^^)おかげですっかり良くなりました。
明日は福井の山へと行く予定でしたが、山日和さんの山行記を見てあきらめました。
自分の庭のスノーハイクを楽しんできます。

2007/03/20(Tue) 12:34:42  [No.6623]


panaさん ご無沙汰です。

お孫さんに会いに行ったり、相変わらず忙しそうですね。
今年は気候が変なので花を追いかけるのも苦労しています。

旅人さんも花粉症で大変だとは思いますが、また、山で会えることを
楽しみにしています。

それでは、また。

たろー

2007/03/23(Fri) 00:35:40  [No.6660]


  Re: 残雪と強風の遠足尾根 投稿者:ハリマオ  URL

春すぎて 冬戻りける 白妙の 半端な雪に 登る山なし

2007/03/20(Tue) 19:24:58  [No.6624]


> 春すぎて 冬戻りける 白妙の 半端な雪に 登る山なし

ハリマオさん、家にこもって歌ばかりひねっていると、
ひねくれてしまいますよ。

この週末は御池にでも出かけていると思っていました。

山行記楽しみにしていますので、せっせとお出かけください。

それでは、また。

たろー

2007/03/23(Fri) 00:37:26  [No.6661]


  Re: 残雪と強風の遠足尾根 投稿者:ハリマオ  URL

> ハリマオさん、家にこもって歌ばかりひねっていると、
> ひねくれてしまいますよ。

段ボール箱の中にひきこもって歌を書いてます。これがホントの 「筆記ー」です・・・

って、そんな訳ないやろ、たろーちゃん。誰しも山ばかり行っている訳にはいかない時期があるんです。

3月は0回に終わりそうですが、4月は何とか行けそうです。

しかし、単独で誰もいないような山へ登っていることも、社会的見地ではひきこもりの一種ではないかと思われ。

この掲示板の住人もある意味ヒッキーかもしれません。家にいないヒッキー・・・ 珍種です。

2007/03/24(Sat) 19:28:04  [No.6670]


ハリマオさん 返事が遅くなりました。

先週、今週と2週続けて山に行けませんでした。

休息日と言ってしまえば聞こえがいいのですが、
ヒマをもてあまし、ボーッとしてしまいます。

仕事オンリーの企業戦士が退職後にやることが
なくて困る・・
というのもなんだか笑えません。

来週はいい天気でいておくれ。

2007/04/01(Sun) 21:18:29  [No.6746]


  Re: 残雪と強風の遠足尾根 投稿者:伊勢山上住人  URL

たろーさん、こんばんは。

仁王様みたいな身体をしていても風邪をひくのですか?
せっせと、皆を引き連れて登っているのにおかしいですね?
山行きの合間に、よからぬ事をしているのじゃないですか?

> コースはちょっとバリエーションを交えて遠足尾根を登ることに。

私も雪がたっぷりの頃に登りたいコースです。

> シリセード大滑降をもくろんだホタガ谷源頭部には雪はほとんどなく、ザックにくくりつけたヒップソリは全くの用無しになってしまった。

ガックリ! 今期の雪山は終了しましたね。

> 長尾滝や宇賀川の流れを見ていると夏の沢登りに想いが飛んでしまう。

ちょ ちょ ちょっと、気が早過ぎませんか?

再会を楽しみにしています。        伊勢山上住人

2007/03/23(Fri) 22:02:46  [No.6663]


伊勢さん、こんばんは

天気が目まぐるしく変わる春ですね。

風邪もようやく癒えたのですが、天気とやんごとなき
事情で2週続けて山にいけず・・

ストレスと余分なお肉が溜まります。

来週はいい天気かな

再開を楽しみにしています。

たろー

2007/04/01(Sun) 21:20:40  [No.6747]


掲示板に戻る