一括表示

今年は豊作らしいでえ〜
ほうか だから久しぶりに出逢えたんだなあ(^^)
チョット優しくされるとその気になるだから 単純なんだよなあ

10月3日(月) 晴れ
おんべ流域   西岨尾根  6時半〜13時半

サテと今日の散策は何処するかなあです
不動尊尾根の下部は止山だろうで おっかない看板はチョットビビルもんね
てな事で 西岨尾根からお不動尊明王にお参りしようかなです
石谷林道から分かれ コイシ谷に入り堰堤前にカブをとめる
薄暗い湿気った所だ
コイシ谷は小さな流だが 明るい岩床の作りはさすが石水渓の誉れ谷だ 
谷中を行っても 面白いのみられそうだな思う

左岸尾根は直ぐそこに控えてる
鹿道だろう伝いながらキョロクンすれど 期待できそうも無いのが直ぐ判る
まあ好いか この尾根は初めてだし見晴らしも良さそうだから
一つ目の尾根合流後にはテープがある トントンと有る
西岨は三角点が有るから その道の人達は訊ねてるはずが察せられていたのだ

程良い歩きよい尾根なんだよね 
二つ目の尾根合流は・344 尾根からか 又は矢原林道からなのかテープが増える
滝谷の流れ音が聞こえる 山深い雰囲気は高さに関係ないんだよ
灌木ブッシュを抜ければ 西岨の標識がぶら下がる山頂です
でも変わった名前だ 岨なんて何かしらおっかないイメージがするなあ
山頂から北へ降りると 好い感じ緩やかな雑木の広がりとなる 
鹿道かソマ道か コイシ谷源頭を巻き上げて不動尾根につながるのが判るのだ

尾根なりに行けば 風化の花崗岩に青松の岩尾根が始まる
こおいう風景がこの当たりの特徴だ 鈴風がよく似合う所だ
展望は開けて松の木に助けられ ザレた岩山を這い登る
お不動尾根 幾つ目のピークに成るのかなあに合流
前も何度か通ってるが 不動尊の岩峰への最後は2m程の台座岩を登るのに難儀した
あの時足場とした杉の木は健在だろうか ダメなら引き返ししなくては成らないんだもんね
思いながらピークを幾つかこなしていく

両岸は切れて深い谷上の痩尾根だ 仙南西尾根の岩峰が荒々しい眺め 
タカノスの岩峰が近づく あそこ未だ行ってなかったなあ
このピークの上が不動尊かなあも まだまだ先にピラミダルな山塊が現れる
あんなに遠かったかなあ 簡単に行けた様な気がしてたが 完全に記憶が飛んでいるんだ
オイオイ急激な下りだ 踏み跡など全然無いジャン 立木にぶら下がりながら下る 古いテープはいつのものなのか
サア最後の登り台座岩が気になる 越えられなければ戻らなくては成らない 南無阿弥陀仏
アダー2m程の高さ 花崗岩台座は四方が完全に切れて回り込めないの
頼りにしてた杉の木は倒れて役立たない 台座岩に寄っかかって倒れてくれたら良い足場に成ったのに 
引き返しかよう これもまたヤバイんだよなあ
西側の岩棚を伝う 絶壁だが北側にはクラックに生えた細杉と そのしたの棚に生えた腕ほどの杉に降りれば 台座岩を巻ける感じだ
遣るしかないな ロープを持たなかったのが反省だよ 南無阿弥陀仏言い聞かせながら渉るのでした
  
大日 不動 地蔵 石仏さま無事に来ることできましたです
もう古く成った前掛け 賽銭もだいぶ貯まってる 新しいのに替えたってほしいなあです
稟をだしてまんまんちゃん チーンです
日溜まり ゆっくりのランチプシューを三体仏さんと楽しみました
お風呂に間に合う様に降りよう 不動明王に挨拶して帰ります
また来るよ
おんべ流域 好い所だまた訊ねようです

                 緑水 


 

2005/10/04(Tue) 18:58:39  [No.670]


  Re: 【鈴鹿】西岨〜不動明王 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

> 今年は豊作らしいでえ〜

そうですか。
画像、ありがとうございました。
できれば、実物をお送りいただけると、よりいっそう理解が深まったであろうと思います。

> てな事で 西岨尾根からお不動尊明王にお参りしようかなです

地形図を出してきましたで。
この尾根はまだですね。
面白そうや。

> 山頂から北へ降りると 好い感じ緩やかな雑木の広がりとなる 
> 鹿道かソマ道か コイシ谷源頭を巻き上げて不動尾根につながるのが判るのだ

いい感じ、想像します。

> 尾根なりに行けば 風化の花崗岩に青松の岩尾根が始まる
> こおいう風景がこの当たりの特徴だ 鈴風がよく似合う所だ
> 展望は開けて松の木に助けられ ザレた岩山を這い登る
> 両岸は切れて深い谷上の痩尾根だ 仙南西尾根の岩峰が荒々しい眺め 

またしても、想像いたします。

> タカノスの岩峰が近づく あそこ未だ行ってなかったなあ

こいつも名前だけは知っているが……。

> オイオイ急激な下りだ 踏み跡など全然無いジャン 立木にぶら下がりながら下る 古いテープはいつのものなのか
> 引き返しかよう これもまたヤバイんだよなあ
> 遣るしかないな ロープを持たなかったのが反省だよ 南無阿弥陀仏言い聞かせながら渉るのでした

おやおや、ちょっと恐ろしげですね。
鈴鹿のあちこちで、ちょこちょこ、こんな場所に出合いますが、
風化した花崗岩のボロッといくやつは、いただけませんね。
  
> 大日 不動 地蔵 石仏さま無事に来ることできましたです
> 日溜まり ゆっくりのランチプシューを三体仏さんと楽しみました

いやいや、ハラハラしました。
無事にのりきれて、よかったよかった。

このあたり、第二名神の工事はうるさくないのですかね。

よい山旅を、ご安全に!
                       洞吹(どうすい)

2005/10/04(Tue) 23:57:41  [No.677]


洞吹さん お早うさんです

> > 今年は豊作らしいでえ〜
> できれば、実物をお送りいただけると、よりいっそう理解が深まったであろうと思います。

食べる観る感じる 同人趣向が似て話が咲いたら 楽しみも倍加するんだろうね
いま山の幸は恵み熟れ時 ナイショの話はあのねのねですね
一日二日居間に転がし香りを楽しむ フライパンに油少々 軽く焼いて醤油でシャッキ えかったです(^^)わ

> 地形図を出してきましたで。
> この尾根はまだですね。
> 面白そうや

そうでも無いですよ つまらん所カモね
トントンノックして訊ねれば よりいっそう理解が深まるであろうと思います

> > タカノスの岩峰が近づく あそこ未だ行ってなかったなあ
> こいつも名前だけは知っているが……。

・786やなあ チョット見てきますサッちゃんいるかなあ

> 風化した花崗岩のボロッといくやつは、いただけませんね。
> > 大日 不動 地蔵 石仏さま無事に来ることできましたです
> > 日溜まり ゆっくりのランチプシューを三体仏さんと楽しみました

三仏体の台座岩は一個作りの花崗岩でね しっかりしたもので仏ランチに好い所ですよ
まえに鬼に蹴飛ばされたから 慎重になりますわ

> このあたり、第二名神の工事はうるさくないのですかね。

工事の騒音はまったく聞こえ無い 空間も山中も一直線に帯が伸びていく
来る度に姿が整っていくので 自然に調和してるそんな感じ受ける
それより滝谷源流部あたりからの チェンソーの音が気になりました

気持ち動けばお参り下され ご安全に!

                       緑水

2005/10/06(Thu) 04:35:27  [No.679]


掲示板に戻る