一括表示

【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 1000×750 266kB)

 ずっと気になっていた石田川源流河内谷。
地形図を見ると大御影山と三重岳をつなぐ
稜線に囲まれたこの源流域は、下流にV字
渓谷を抱えることが信じられないほどゆっ
たりとした広がりを見せ、落差がほとんど
ないような穏やかな流れである。
この源流に果たしてまだ見ぬ桃源郷はあるか。



【日 時】2007年5月26日(土)
【山 域】湖西 三重嶽周辺
【天 候】晴れ
【メンバー】Yさん、矢問さん、とっちゃん、山日和
【コース】河内谷林道ゲート8:40---9:25本谷橋---11:10尾根取付き---
     11:30稜線ブナ林11:45---12:05三重嶽分岐---12:50 P887m
     13:45---14:25三重岳14:45---15:40ノトマタ谷出合15:50---
     16:05ゲート

 福井県美浜町へ抜ける林道にはガッチリとカギのかかったゲートが行く
手をふさいでいた。
釣り人のものか先客が1台。路肩のスペースに止めて歩き出す。
3日前の予報からは考えられないような青空が広がっている。これも日頃
の行いの賜物に違いない。
 
 よく整備された林道は早くも夏のような日差しでジリジリと焼かれ、
暑さに弱い矢問さんの口数が減ってきた。林道沿いの斜面にはサワグル
ミの大木が多く、カエデもいろんな種類の木がある。(らしい) 
眼下の河内谷は悠然と蛇行しながら流れている。

 下山予定のノトマタ谷左岸尾根の取付きを確認。植林の入り口にテー
プがあるが標識の類はない。
そろそろ林道歩きにも飽きてきた頃本谷コースの登山口に着いた。ここ
には今津山上会の立派な標識がある。本谷コースと言っても沢沿いのル
ートではなく尾根通しである。このすぐ近くにある本谷橋から取った名
前だろう。

 間もなく本谷橋。やっと着いた。粟柄峠へ伸びる林道を見送って橋の
右側の杣道に入る。両岸とも植林で、ぱっと見には食指の動きそうな第
一印象ではない。

 この谷は古くからの道があったということで、登山靴でも歩けるだろ
うと思っていた。念のために渓流シューズを持ってきた方が楽しいかも
と言ったら全員持ってきてくれた。
実際歩いてみると意外に歩きやすい河原は少なく、歩けたとしても数限
りない渡渉を余儀なくされるので、渓流シューズは必携と言えるだろう。

 しばらく進むと植林はなくなった。自然林の中、小さな落ち込みがア
クセントになる程度の穏やかな流れを進む。地形図から想像していたよ
りも谷は狭い印象だ。

 やがて右岸に草原の台地が現われた。元は民家か田畑でもあったよう
な平坦地である。上がってみると足首まで沈み込むような湿原だった。
小さな流れもある。紫色の小さな花が一面に咲いている。
花博士のYさんととっちゃんに聞くと、ムラサキサギゴケで田んぼの畦に
もある珍しくない花だとのこと。私にとっては珍しかろうがなかろうが、
きれいだと思えればそれで十分である。

 このあたりから河内谷源流の真骨頂が展開する。
大きく開けた谷はどこまで目で追っても同じ高さだと思えるぐらいの勾
配で続いている。1.5キロほどの間にわずか50mばかりしか高度を上げな
いのである。
 先ほどのと同じような湿原が右に、左に次々と現われた。
林相はさほどでもないが、それでもサワグルミやトチ、カエデの木が多
く、新緑が鮮やかである。日陰を吹く風はさわやかで暑さを感じさせない。

 右に大御影山へダイレクトに上がる支谷を分け、いくつかの小谷を見
送ると、谷の真ん中に広い疎林の台地が現われた。
ここはCa650mの二俣だ。この台地から続く尾根をそのまま登って行って
もよさそうだが今日は別のこだわりがある。

 本流は左俣のようだが右俣へ入ると急激に狭くなった谷は深いV字を刻
む。右からの支谷との間の尾根を見上げると稜線はすぐそこである。
この上が目的地に違いない。
 渓流シューズのままでズルズル滑る尾根を這い上がる。小さな尾根だが
お待ちかねの立派なブナが目立ち始めた。
谷を歩いている間はほとんどブナにお目にかかれなかったのである。
 右手斜面にも大きなブナが並んでいたので寄り道をして稜線に到達。
ここは大御影山から大日への近江坂の中でも上位にランクされるブナ並木
だ。ここへ上がって来たかったのだ。

 三重岳への分岐にも真新しい道標ができていた。ここから三重岳へは全
員が初めての道のりである。
分岐に立つ曲がりくねったブナがこの山のトレードマークだ。豪雪のせい
なのか、はたまた風が原因なのか。それ以外の要因があるのか。この奇怪
とも言えるブナはこの山域でも三重岳周辺だけの専売特許である。

 天増川への破線路が地図に描かれている889mピークは知らない間に通過
していた。しばらくは面白くない杉林だったが、887mピークへの登りにか
かるあたりから雰囲気もよくなってきた。
 腹が減ってきた。時計をみればもう1時前である。腹も減るはずだ。
しかしいいランチ場所に出会うまでは我慢である。

 P887mの東側にいいブナ林があったのでここでランチとする。
日陰にいると暑くもなく寒くもない絶好のコンディション。ここまで我慢
した甲斐があったというものだ。

 三重岳への道は最後に予想外の展開を見せた。次の943mピークで待って
いたのは背の低い笹原だった。
谷を挟んで三重岳を望む手前のピーク付近では、まるで銚子からのイブネ
のような光景が広がった。ここにはトレードマークの曲がりブナはなく、
ササの海が広がるばかり。まったく知らなかった三重岳の一面を見た思い
だった。

 三重岳山頂には今津中の生徒が作ったというヤグラがある。ちょっとガ
タつき始めているので「矢問さんが登れたら大丈夫」と先に登ってもらっ
た。問題なしと見て、矢問さんと入れ替わりに残りの3人が続けて上がる。
3人乗っても大丈夫、である。
 せっかく登った展望台だが、肝心の景色は大量の黄砂のせいか霞んでよ
く見えない。
「この時間になると誰もいませんね」と言うと、矢問さんが「私が登った
ときも誰もいませんでしたよ」とおっしゃる。今はみんな下山し終わった
時間だが、矢問さんの場合は早すぎてまだ誰も登っていないのである。

 本谷橋の標識に従って東への尾根に入る。ここからが本日のハイライト
だった。潅木帯を抜けると目の覚めるようなブナ林が待っていた。
3mクラスの巨木が林立する癒しの森である。
「ええなあ」「いいねえ」みんな感嘆の声を上げる。ここでちょうど昼に
なったら文句なしのランチ場所である。

 規模は小さいながらブナ林は続く。そして最後はシャクナゲの群生する
杉林の中を急降下していく。この杉林は植林にしては不規則な並び方で、
間に広葉樹が点々と立っている。あまりお目にかかったことのないタイプ
の杉林だった。
 逆光に輝くノトマタ谷に立つ矢じりのような形の杉が美しいシルエット
を見せていた。

               山日和

2007/05/27(Sun) 22:32:12  [No.7522]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:矢問(やとう)
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 240×320 40kB)

山日和さん、おはようございます(^^)

> 渓谷を抱えることが信じられないほどゆっ
> たりとした広がりを見せ、落差がほとんど
> ないような穏やかな流れである。
まるで平地をずっと歩いているかのような沢沿い歩き
でしたね。傾斜を感じないままに稜線のそばまでいける。
稜線への登りもたった10分(^^) 
南の斜面からあの時間に汗をかかずに稜線に達せるとは!!

> これも日頃の行いの賜物に違いない。
2人の女性がかな(^^) 願教寺山は・・・・(^^;)
 
> 暑さに弱い矢問さんの口数が減ってきた。
地形図を何度見ても南から北・・・沢沿いは木が少ないだろうし・・
と恐怖におののいていました(^^;)

> 実際歩いてみると意外に歩きやすい河原は少なく、歩けたとしても数限
> りない渡渉を余儀なくされるので、渓流シューズは必携と言えるだろう。
ジャブジャブと気持ち良かったです(^^) 浅いし予想外に木の日陰だったし(^^)v

>  やがて右岸に草原の台地が現われた。元は民家か田畑でもあったよう
> な平坦地である。上がってみると足首まで沈み込むような湿原だった。
アサギマダラを3度も見ました。
時期が違えば湿原特有の花も見られるのかも知れませんね。

>  このあたりから河内谷源流の真骨頂が展開する。
> 大きく開けた谷はどこまで目で追っても同じ高さだと思えるぐらいの勾
> 配で続いている。1.5キロほどの間にわずか50mばかりしか高度を上げな
> いのである。
ホントホント「山に来ている気がしない。登っている気がしない」でしたよ(^^)

> 新緑が鮮やかである。日陰を吹く風はさわやかで暑さを感じさせない。
これのおかげで僕がとけずに済んだ(^^)v

> もよさそうだが今日は別のこだわりがある。
そうですよね。ここも4人の意見が一致しましたね。
普通なら山日和さんも僕も大日分岐へ直登ルートをとるでしょうが、
「お宝地帯」はやや東手にあるのを全員が知っていたし(^^)

> 分岐に立つ曲がりくねったブナがこの山のトレードマークだ。豪雪のせい
> なのか、はたまた風が原因なのか。それ以外の要因があるのか。この奇怪
> とも言えるブナはこの山域でも三重岳周辺だけの専売特許である。
ホントですよね。他で見たことがない。
「必死で生きてるんや」というブナの声が聞こえますよね。
他の木も地を這うように必死で生きているって感じ。
足を取られて吹っ飛んでこけましたが(^^;)

>  P887mの東側にいいブナ林があったのでここでランチとする。
> 日陰にいると暑くもなく寒くもない絶好のコンディション。
これまた暑がりには最高のレストランでした\(^o^)/

>  三重岳への道は最後に予想外の展開を見せた。次の943mピークで待って
> いたのは背の低い笹原だった。
全然違う表情の斜面が展開しましたね。

>  本谷橋の標識に従って東への尾根に入る。ここからが本日のハイライト
> だった。潅木帯を抜けると目の覚めるようなブナ林が待っていた。
> 3mクラスの巨木が林立する癒しの森である。
下山時に楽しみまで付いているコースになりましたね。こりゃ最高でした!

> そして最後はシャクナゲの群生する杉林の中を急降下していく。
唯一、ココだけでしたよ。1日のうちで体がほてったのは(^^)。

>  逆光に輝くノトマタ谷に立つ矢じりのような形の杉が美しいシルエット
> を見せていた。
紅葉の頃や雪の頃もあの杉は周囲の景色にはえて綺麗でしょうね。
楽ちん+涼しい+ブナの3拍子企画に感謝、感謝!!

僕もページ化して昨日のお昼にアップしました(^^)。
http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/sanjohdake.htm

2007/05/28(Mon) 05:29:38  [No.7527]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 800×600 183kB)

矢問さん、どうもです。

> まるで平地をずっと歩いているかのような沢沿い歩き
> でしたね。傾斜を感じないままに稜線のそばまでいける。
> 稜線への登りもたった10分(^^) 
> 南の斜面からあの時間に汗をかかずに稜線に達せるとは!!

あんなに楽チンな沢詰めはなかなかないですね。

> > これも日頃の行いの賜物に違いない。
> 2人の女性がかな(^^) 願教寺山は・・・・(^^;)

ううっ(^_^.)

> ジャブジャブと気持ち良かったです(^^) 浅いし予想外に木の日陰だったし(^^)v

水に浸からないのに涼しい沢歩きでしたね。

> アカギマダラを3度も見ました。

アサギマダラですよ〜(^^ゞ

> そうですよね。ここも4人の意見が一致しましたね。
> 普通なら山日和さんも僕も大日分岐へ直登ルートをとるでしょうが、
> 「お宝地帯」はやや東手にあるのを全員が知っていたし(^^)

ブナ林の真ん中に飛び出したいという思いでしたね。

> >  三重岳への道は最後に予想外の展開を見せた。次の943mピークで待って
> > いたのは背の低い笹原だった。
> 全然違う表情の斜面が展開しましたね。

あれは意外でした。三重岳と言えば曲がりくねったブナ。その印象が強かったもので
こんなところもあるのかとびっくりしました。

> > 3mクラスの巨木が林立する癒しの森である。
> 下山時に楽しみまで付いているコースになりましたね。こりゃ最高でした!

これは儲けものでしたね。期待してなかっただけに喜びもひとしお。(^^)

> 僕もページ化して昨日のお昼にアップしました(^^)。

いつもながらの素早いアップ。恐れ入ります。m(__)m

             山日和

2007/05/28(Mon) 22:12:56  [No.7536]


山日和さん  こんばんは

> ずっと気になっていた石田川源流河内谷。
>地形図を見ると大御影山と三重岳をつなぐ
>稜線に囲まれたこの源流域は、下流にV字
>渓谷を抱えることが信じられないほどゆっ
>たりとした広がりを見せ、落差がほとんど
>ないような穏やかな流れである。

私もこの谷は、林道から見て行ってみたいなぁ と思ってました。

去年の夏頃ですか、この谷のこと言っておられましたね

すぐに忘れてしまう私との大きな差ですなぁ

地形図を眺めて、未だ見ぬ現地をじっくりと思い浮かべる というところまでの

思い入れがさすがですね

> よく整備された林道は早くも夏のような日差しでジリジリと焼かれ、
>暑さに弱い矢問さんの口数が減ってきた。林道沿いの斜面にはサワグル
>ミの大木が多く、カエデもいろんな種類の木がある。(らしい) 
>眼下の河内谷は悠然と蛇行しながら流れている。

この林道、暑い陽射しの中、車止めから結構歩きガイあったんでしょうね

> このあたりから河内谷源流の真骨頂が展開する。
>大きく開けた谷はどこまで目で追っても同じ高さだと思えるぐらいの勾
>配で続いている。1.5キロほどの間にわずか50mばかりしか高度を上げな
>いのである。
> 先ほどのと同じような湿原が右に、左に次々と現われた。

今更ながらに 地形図見ますと、なだらかですね

前日に結構な雨が降ってましたが、水量はどうでしたか?

> 右手斜面にも大きなブナが並んでいたので寄り道をして稜線に到達。
>ここは大御影山から大日への近江坂の中でも上位にランクされるブナ並木
>だ。ここへ上がって来たかったのだ。

やはり、山毛欅に辿り着くんですね

なだらかな谷から山毛欅の稜線へ 

新緑の癒しの周遊ですね

また よろしく

SHIGEKI

2007/05/28(Mon) 21:24:28  [No.7531]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:矢問(やとう)
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 360×480 107kB)

SHIGEKIさん、こんばんは(^^)
横レス、ごめんなさいm(..)m(^^)

> 私もこの谷は、林道から見て行ってみたいなぁ と思ってました。
その手前で竿を出している釣り人が居ましたよ。

> この林道、暑い陽射しの中、車止めから結構歩きガイあったんでしょうね
風が吹いていて、暑がり矢問も溶けませんでしたよ(^^)
沢筋も涼しく、稜線へ登るのもたった10分です。
山に登った気がしなくて山に登れるルートです(^^)v

> 今更ながらに 地形図見ますと、なだらかですね
傾斜を感じません。そうそう、写真のようなお迎え者もいましたよ。
SHIGEKIさんに会いたそうでした〜(^_-)

> 前日に結構な雨が降ってましたが、水量はどうでしたか?
膝より浅いです。ジャブジャブ〜。(^^)

> やはり、山毛欅に辿り着くんですね
山日和さんこだわりの右旋回でした(^^)

2007/05/28(Mon) 22:06:16  [No.7534]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 1000×750 266kB)

SHIGEKIさん、どうもです。

> 去年の夏頃ですか、この谷のこと言っておられましたね
>
> すぐに忘れてしまう私との大きな差ですなぁ

言ってましたか。それは忘れてましたねえ。(^^ゞ

> 地形図を眺めて、未だ見ぬ現地をじっくりと思い浮かべる というところまでの
>
> 思い入れがさすがですね

これは得意技。地図を眺めながらイメージを高めていくのも楽しみのひとつですね。

> この林道、暑い陽射しの中、車止めから結構歩きガイあったんでしょうね

景色も変化があって退屈しませんでしたよ。

> 前日に結構な雨が降ってましたが、水量はどうでしたか?

少し心配してましたが、まったく平水でした。

> やはり、山毛欅に辿り着くんですね

これがないとね。

> なだらかな谷から山毛欅の稜線へ 
>
> 新緑の癒しの周遊ですね

そろそろ沢モードに入ってきました。またよろしくです。

             山日和

2007/05/28(Mon) 22:17:36  [No.7537]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:伊勢山上住人  URL
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 1024×680 259kB)

山日和さん、矢問さん、こんばんは。

> 田んぼの畦にもある珍しくない花だとのこと。私にとっては珍しかろうがなかろうが、
> きれいだと思えればそれで十分である。

まったくもって、同感です。
「きれいな花だなぁ」「小鳥のいい鳴き声だなぁ」
そこから先には、ちっとも進みません。

> ここは大御影山から大日への近江坂の中でも上位にランクされるブナ並木
> だ。ここへ上がって来たかったのだ。

伸びやかなブナの林。思い出します。

また追っかけがしたくなります。

                     伊勢山上住人

2007/05/28(Mon) 22:46:36  [No.7538]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 800×600 180kB)

伊勢さん、どうもです。

> まったくもって、同感です。
> 「きれいな花だなぁ」「小鳥のいい鳴き声だなぁ」
> そこから先には、ちっとも進みません。

それでいいんだと思います。珍しいか珍しくないかは花に何の責任もありません。
美しいと思う心だけで十分ですよね。

> 伸びやかなブナの林。思い出します。

何度来てもいいですね。またどうぞ。

              山日和

2007/05/28(Mon) 23:55:28  [No.7544]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:矢問(やとう)
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 480×360 94kB)

伊勢さん、おはようございます(^^)。

> 「きれいな花だなぁ」「小鳥のいい鳴き声だなぁ」
> そこから先には、ちっとも進みません。
僕も(^^;) 一応は本やビデオで見て確認するんだけど、直ぐ忘れる(^^;)
きれいだなぁ、良い声だなぁとなりますね(^^)

> 伸びやかなブナの林。思い出します。
大日の分岐から南へ続くブナは、伸びやかとは別世界。
そりゃグニャグニャ曲がって必死で生きてるって感じですよ(^^) 

2007/05/29(Tue) 05:03:19  [No.7552]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:とっちゃん(こと)
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 600×450 320kB)

山さん、矢問さん、Yさん、こんばんは〜。

地図で温めたまだ見ぬ地への思いあれこれ、そんな時間とその足で歩く時間、どっちもいいね〜。初めての場所は、林道あるきも風景を楽しんであるけるね。

今年はじめてのアサギマダラの姿をみられて嬉しかったなぁ〜。アサギマダラにはロマン感じちゃうし、あの飛び方は優雅でいいなぁ。

あんなにも傾斜を感じない沢あるきって初めてだよ。ほんと不思議な感じ〜。森がもう少し深ければ、落ち着いた感じがもっとするんだろね〜。

三重岳の不思議な木々。カエデもブナもリョウブもみんなグニャグニャとしてる。

風のせいでも雪のせいだけでもないなら、なんで?地質かな?雪の降り方なのかな?どんな不思議が隠れてるんだろう。

下山の尾根のブナは、心がす〜っと落ち着くようだったなぁ。ブナそのものが持ってる力だけじゃなく、いつも感じるのは、ブナの木が抱えている空間。その枝ぶりの持つ空間の豊かさ。木肌の魅力。

ブナはなんで、あんなにも豊かな心にさせてくれるんだろう。あんな風な人間っているのかな?。もし、そんな人がいたら、出会ってみたいなぁ。

アサギマダラの姿に何度も出会えたこと、木々の不思議に出あえたこと、今年初めての沢あるきができたこと、ブナの木の癒しに包まれたこと、久しぶりの仲間と同じ時間を過ごせたこと、いっぱい感謝に日でした。

山さん、計画ありがとう。みなさん、ご一緒ありがとう。(*^_^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

矢問さん、ホームページ見せてもらいました。とっても楽しかった雰囲気がでてて、ニコニコしながら読ませてもらいました。アップ早かったんやね〜。4時には起きて書いてたんじゃないの?






            

2007/05/28(Mon) 22:48:38  [No.7539]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 600×800 165kB)

とっちゃん、お疲れさま。(疲れてないって?(^^ゞ)

> 地図で温めたまだ見ぬ地への思いあれこれ、そんな時間とその足で歩く時間、どっちもいいね〜。初めての場所は、林道あるきも風景を楽しんであるけるね。

通い慣れた場所もいいけど、初めてのところは新鮮でときめきがあるね。

> あんなにも傾斜を感じない沢あるきって初めてだよ。ほんと不思議な感じ〜。森がもう少し深ければ、落ち着いた感じがもっとするんだろね〜。

桃源郷はあるか・・・の結論を書かなかったけど、桃源郷は簡単にはお目にかかれない
ね。だからこそ探す意欲も湧くんだけどね。
これからもガンバって探しますよ。(^^)

> 風のせいでも雪のせいだけでもないなら、なんで?地質かな?雪の降り方なのかな?どんな不思議が隠れてるんだろう。

雪ならもっと積もるところはいくらでもあるし、風もあそこだけが特別強いわけでも
ないと思うけどね。(厳冬期に行ったことないからわからないけど)

> 下山の尾根のブナは、心がす〜っと落ち着くようだったなぁ。ブナそのものが持ってる力だけじゃなく、いつも感じるのは、ブナの木が抱えている空間。その枝ぶりの持つ空間の豊かさ。木肌の魅力。

その通りやね。だから疎林でないといけない。ブナの密林て聞いたことないけど(^^ゞ

> ブナはなんで、あんなにも豊かな心にさせてくれるんだろう。あんな風な人間っているのかな?。もし、そんな人がいたら、出会ってみたいなぁ。

わたし、わ・た・し・・・(^_^.)

                山日和

2007/05/29(Tue) 00:11:40  [No.7547]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:とっちゃん(こと)

山さん、こんばんは〜。

> とっちゃん、お疲れさま。(疲れてないって?(^^ゞ)

のようです〜。

> 桃源郷はあるか・・・の結論を書かなかったけど、桃源郷は簡単にはお目にかかれない
> ね。だからこそ探す意欲も湧くんだけどね。
> これからもガンバって探しますよ。(^^)

あたるもはっけ、あたらぬもはっけって関係ないか〜。
期待してますよ〜。


> > ブナはなんで、あんなにも豊かな心にさせてくれるんだろう。あんな風な人間っているのかな?。もし、そんな人がいたら、出会ってみたいなぁ。
>
> わたし、わ・た・し・・・(^_^.)

えっつ〜、そうきましたか〜。ヤマメさんみたいなセリフじゃん。顔マークが、山さんのようなヤマメさんのような・・・。前世では兄弟かも〜。

2007/05/29(Tue) 21:02:22  [No.7562]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 800×600 156kB)

とっちゃん、こんばんは。

> あたるもはっけ、あたらぬもはっけって関係ないか〜。

経験と実績とヤマ勘に裏打ちされた感性で鋭く桃源郷を嗅ぎ分けるのです。(^^)

> えっつ〜、そうきましたか〜。ヤマメさんみたいなセリフじゃん。顔マークが、山さんのようなヤマメさんのような・・・。前世では兄弟かも〜。

ヤマメ山ですわ〜

               山日和

2007/05/29(Tue) 22:09:34  [No.7571]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:矢問(やとう)
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 360×480 85kB)

とっちゃん、おはようございます(^^)

> 今年はじめてのアサギマダラの姿をみられて嬉しかったなぁ〜。
立山で見て以来かな。ひ〜らひ〜ら♪

> あんなにも傾斜を感じない沢あるきって初めてだよ。
最初は楽ちんやん、と思っていたけどだんだん、稜線に詰めるのが異常に
しんどいのとちがうやろか・・・と(^^;) 地形図見てもそんなことないし・・
ホントに山に登ってるんやろか・・・と言う感じでしたね(^^)

> 三重岳の不思議な木々。カエデもブナもリョウブもみんなグニャグニャとしてる。
グッドタイミングで芦生の研究者からメールが来たので、「なんであ〜なるの?」と
質問しました。また答えが分かったらお知らせします(^_-) 
ホントに風雪だけなのかなぁ??? 
風雪の強い山域はまだまだあるだろうに・・・。あんなブナの姿は見たこと無いよね。

> 下山の尾根のブナは、心がす〜っと落ち着くようだったなぁ。ブナそのものが持ってる力だけじゃなく、いつも感じるのは、ブナの木が抱えている空間。その枝ぶりの持つ空間の豊かさ。木肌の魅力。
木にしては60〜80年と寿命が実に短いよね。それもあるのかなぁ。
いまは実が落ちて芽が出ても鹿が食べてしまうのでうまく木の更新がすすまないかも・・。
この山のブナ林もいずれは無くなる運命かもね(;_;)

> 山さん、計画ありがとう。みなさん、ご一緒ありがとう。(*^_^*)
ホント、僕もありがとう、です。(^^)

> 矢問さん、ホームページ見せてもらいました。
どうもどうも(^^)

> アップ早かったんやね〜。4時には起きて書いてたんじゃないの?
なんで分かるの??? 4時に起きたけど、作成は昼前から(^^)             

2007/05/29(Tue) 05:12:45  [No.7553]


山日和さん こんばんは

>  ずっと気になっていた石田川源流河内谷。
> この源流に果たしてまだ見ぬ桃源郷はあるか。

ゆったり気分の谷歩きですね。
こいつはワシ向きのようだ。
谷を詰めずに、途中のブナ林へ上がるというのもいいですね。

>  本谷橋の標識に従って東への尾根に入る。ここからが本日のハイライト
> だった。潅木帯を抜けると目の覚めるようなブナ林が待っていた。
> 3mクラスの巨木が林立する癒しの森である。

ふうーん、これは……行かねばならんようやなあ。
また行き先が増えてしまった。
お迎えが来るまでに全部行けるやろか。

よい山旅を!
                                洞吹(どうすい)

2007/05/29(Tue) 00:30:53  [No.7550]


  Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 投稿者:矢問(やとう)
Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 360×480 90kB)

洞吹さん、おはようございます(^^)

> ゆったり気分の谷歩きですね。
> こいつはワシ向きのようだ。
お散歩状態の沢ですよ(^^) 楽ちん楽ちん。

> 谷を詰めずに、途中のブナ林へ上がるというのもいいですね。
4人ともあのブナ林を知ってましたし、新緑のブナを逃す手はない(^_-)

> ふうーん、これは……行かねばならんようやなあ。
> また行き先が増えてしまった。
> お迎えが来るまでに全部行けるやろか。
ブナだけではなく。イワカガミや石楠花の群生たるやスゴイ尾根です。
裏年だったのか、今年は花がほとんど無い・・・。来年はエエンと違うかなぁ。
ブナの寿命は80年。あの森のブナは何歳だろう・・・・。
鹿害で芽が出ても更新は難しい今、ブナの再生も難しいでしょうね。
我々が生きている「今が旬」ってことですね(^_-) 73〜

2007/05/29(Tue) 05:18:32  [No.7554]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 800×600 173kB)

洞吹さん、どうもです。

> ゆったり気分の谷歩きですね。
> こいつはワシ向きのようだ。
> 谷を詰めずに、途中のブナ林へ上がるというのもいいですね。

こんな楽な谷も珍しい。登りらしい登りは10分ほど。それなのに下りはずいぶん下りたような。(^^ゞ

> ふうーん、これは……行かねばならんようやなあ。

そうでしょう。それが狙いですわ。

> また行き先が増えてしまった。
> お迎えが来るまでに全部行けるやろか。

まあ、せいぜい長生きして下さい。

よい余生を!

           山日和

2007/05/29(Tue) 21:59:47  [No.7569]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 480×360 30kB)

こんばんは。
いいですね、三重岳。
2年前の7月、ノトマタ谷を詰めて東の尾根で下りてきた日。
自分のホームページを見て、また行きたくなってしまいました。

本谷の方は時間的に無理かなと思いちょっとかわいいノトマタ谷の方にしたのでした。
でも三角点の近くにポンと出たのが、やっぱり嬉しかったです。

当分はどんどんフリーで登れる無名のかわいい谷で遊んでいますね。

↑URLは、その時のフラッシュです。

2007/05/29(Tue) 20:40:04  [No.7560]


Re: 【湖西】石田川源流から三重岳 (画像サイズ: 800×600 152kB)

mayonekoさん、どうもです。

> 本谷の方は時間的に無理かなと思いちょっとかわいいノトマタ谷の方にしたのでした。

超のんびりで歩いても楽勝でした。

> でも三角点の近くにポンと出たのが、やっぱり嬉しかったです。

これはどこの山でもいいもんですね。

> ↑URLは、その時のフラッシュです。

南面の間谷(合田谷)と似ていますね。滝の大きさと不釣合いな釜が多かったですか?

             山日和

2007/05/29(Tue) 22:04:03  [No.7570]


掲示板に戻る