一括表示

  【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 投稿者:矢問(やとう)
【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 (画像サイズ: 360×480 142kB)

【行き先】鳥取県・三徳山 投入堂と三角点
【日 付】2005年11月5日(土) 
【コース】(1)三徳山三佛寺本堂−観音堂−三佛寺奥の院・投入堂(470m)
     (2)成集落−Ca642−三徳山北尾根−三徳山・三角点(899.7m)
【メンバー】MICKEY、矢問

http://homepage1.nifty.com/komachans/yama4/mitokusan.htm

数年前から「行きたい」とあたためていた「三佛寺・投入堂」。山陰屈指の古刹だ。
蔵王権現を祀り奈良吉野山、兵庫三川山、そしてこの鳥取三徳山が日本三大権現という。
寺伝によれば、修験道の祖・役の行者(役小角)が3枚の蓮の花びらを散らし、仏縁の地を
もとめ、その1枚が三徳山に舞い落ちたため、この地に行場が開かれたという。
後の849年に慈覚大師円仁が、釈迦・阿弥陀・大日如来の三尊を安置し三徳山三佛寺と
称し、国宝・重文クラスの仏教建築が点在する山内は、全域が国の史跡・名勝に指定され
ている。世界遺産への実現運動も熱心にされている。そうなる前に行っておきたい。
天気予報も「晴天」なので朝3時過ぎに鳥取に向かって出発した。

(1)三徳山・三佛寺投入堂
6:30
駐車場には1台も車がない。「本当に有名なの?本当に人気があるの?」とMICKEY。
「帰る頃の時間にはびっくりすると思うよ」と僕。
投入堂までの登山は受付が朝8時からだし、すぐ先の道沿いの展望所まで車で行って設置
されている望遠鏡で投入堂をMICKEYに見せた。「すごいところに建ってる!!」
7:00
駐車場から寺門の階段に向かうと地元の人が「階段まで行かなくてもこの三徳山園路の坂
を行けばいいですよ」と教えてくださる。受付はやはり8時からとある。本堂まで400
円でその先の投入堂までの登山は200円とある。参道をお掃除している女性に聞くと、
「まだ早いので上の寺で聞いてみてください」とのこと。上でまとめて支払うことにして
本堂へと参道を進んだ。宿坊などがある。本堂では一部紅葉が始まっていた。人の気配が
全くなく静かだ。投入堂への受付も8時からとある。境内を散策しながら待つことにした。
本堂そばからはるか上に地蔵堂が見える。

8:10
8時をやや過ぎて、下から宝物殿など順次解錠して歩いてきた男性が上がってきたので受
付をしていただいた。本堂までの料金も合わせて支払う。
輪袈裟をもらって首にかける。下山時に返す。ここからは飲食禁止、喫煙禁止、修験の道。
さらに自然保護でストックも禁止でザックにしまう。峰入りへの道を解錠していただき、
いざ投入堂へ。
 朱塗りの橋の右手にはきれいな苔の多い沢が入っている。杉の大木の横を通り役行者の
横を右へ進み木の根をつかみながらの登りになる。かずら坂。また杉の巨木が数本。
「すごいね」滑りやすい堅い粘土質の道。木の根つかみ登りが続く。ルートは2つほどあ
るのでMICKEYは左へ僕は右へと好きなルートで登った。
くさり坂を僕は登りMICKEYは右の虎ロープルートで巻いた。文殊堂はまだ工事中で左
を通過する。このあたりから紅葉は素晴らしくなってくる。「綺麗だなぁ」「静かだなぁ」
地蔵堂からの対面の山の姿は素晴らしい。鐘撞堂の下をくぐり右から回ると馬の背、牛の
背といわれる岩の上を通る。MICKEYがどんどん先へと進み見えなくなった。
納経堂を過ぎると観音堂。その手前から尾根に取り付くと三角点へも行けるのでは、と思
っていたが、虎ロープを張って「立ち入り禁止」とあった。やはり無理か・・・。
観音堂は岩をくりぬいて建ててありその裏手の暗闇を通過する。素晴らしい。

8:45
観音堂を右へと回り込むと、「すごい!投入堂に着いたよ」とMICKEYが歓声を上げてい
る。古くは蔵王堂とも呼ばれたこの建物は標高470mの断崖絶壁に懸崖作りで築かれ、
見る者の目を釘付けにするように鎮座する。開山の役行者が麓で組み上げ、法力で崖のく
ぼみに投げ入れた、という由来説話が素直に頷けるような不思議な情景だ。写真家の土門
拳が「我が国で最も美しい木造建造物」と絶賛したというのもまたまた頷ける。
「見られて良かったね。ホントに素晴らしいね。誰もいない静かな時間に見られて最高」
「本当にどんな方法で建築したのだろうか・・」写真を何十枚も撮って下山にかかった。

地蔵堂のあたりから下から登ってる人とすれ違い始めた。本堂に着くと多くの人。
宝物殿に入っていろいろな物を見た。修験道の修行の写真や、着物姿の女性男性の投入堂
前での古い時代の写真、雪の頃や新緑の頃の写真もあり感動した。9:10下山届け。
下の受付では靴のチェックで登山を断られている人も。駐車場は満杯になっていた。


(2)三徳山・山頂三角点
三徳山は、ブナや杉の巨木が林立し、桜やシャクナゲ、紅葉の名所としても知られている
が、三角点までのルートは整備されてないという。
囲炉裏のしぇるぱさんの今年6月の記録も参考にして、南から北西からなどいろいろなル
ートを地形図で昨夜も検討したが、地元の人に伺うのが一番。
 投入堂への納金200円を支払う受付のお兄さんに山頂へのルートを伺うと「カンノク
ラ(しぇるぱさんの目指した南からの神倉ルートかな?)の屏風岩のほうから山頂への話し
を聞いたことがあるが、フリークライミングのようなルートでそれなりの覚悟がいるらし
い。そこから山頂へは全く整備されていませんよ。覚悟が相当要りますよ」とのこと。
 三佛寺前のお店の年配の奥様2人に伺うと、「昔は山むこうの集落へ抜けた道があった
けど、いまはだれも通らないし、どこかは忘れたわ。三角点って何?」と。

西へ1.5Kmほど行った合谷の集落に南に延びる林道が300mほど地形図にあるので確
かめに行ったがわさび田とのことで先への進入には許可がいるとの看板があり、やめた。

10:45
矢:「投入堂までの途中からの尾根へのルートが立ち入り禁止になっていなかったらあの
  ルートが一番良かったのにね・・・少し東の成の集落からの尾根を登って北尾根に合
  流するルートをとってみようかと思う」
M:「地形図の等高線の詰まり方だと痩せ尾根続きで岩尾根もあるのでは?」
矢:「痩せ尾根は覚悟。行けるところまで行ってみよう。シャクナゲがじゃまするかも」
成の集落手前の尾根から行けるところまで、と目指してみた。山に入ると左手に墓場があ
るがそこへは入らずに尾根へとりついた。膝くらいの草の斜面。なんとか登れるが雑木が
うるさい。左が切れている痩せ尾根に大きなテレビのアンテナが無惨な姿で倒れている。
全く踏み跡もない藪の多い尾根だ。「ホントに進んでいけるかな・・」途中で右の植林帯
への踏み跡。尾根の右手を巻くのかなと進むと壁で行き止まり。左斜面を登りもとの尾根
を進むことにした。痩せ尾根ではシャクナゲに邪魔され、しゃがんだり巻いたりの繰り返
しが続く。痩せ尾根一杯の岩斜面では右を巻いたり左を巻いたりと滑落に気をつけて尾根
にまた乗りつつ通過。笹も背丈と同じくらいになりあきらめかけたら上を見上げると素晴
らしい紅葉だ。素晴らしい青空も隙間に見える。「下ばかり見てないで周囲も楽しもう」

Ca642の手前がすごい急斜面の上にシャクナゲ地獄。右へ右へと滑落に注意して回り込む。
「これ・・・帰りは通過できるかな(^^;)」「帰りもここが核心部になりそうね(^^;)」

11:50
Ca642はコブのようになっていて、ここを過ぎるとやや下りになり、広い草の無い鹿の足
跡だらけの所になる。「鹿の巣かもしれないね」
あと300mm南西に進めば北尾根に合流できる地点まで来られた! ふぅ〜。
斜面を登り出すと「ブーン」・・・「スズメバチだ! ゆっくり離れろ!」とMICKEYに
伝える。尾根に出た!地面に7センチ角くらいのコンクリート柱が1つ打ってある。
期待していた踏み跡は無かった・・・。身長同等の笹をかき分けていく。
ブナやすごい巨木が点在している。疲れたら上を見て紅葉で一息つき、南へ南へ。
「うわっ、赤テープがある。」初めてのテープ。やはり誰かが来たようだ。
しばらく行くとまた赤テープ。この2つ以外無かったが・・・。
しばらくは踏み跡らしきところがあったが古いものには違いない。

12:35
西へ行くとP824に続く東西尾根との分岐。ここの地面には先ほどよりやや大きな10セ
ンチ角くらいのコンクリート柱が1つ打ってある。「帰路はここを右へ行かないと。周囲
の木々を覚えておこう。」と、南東へと進路をとる。笹はどんどん濃くなる。
東へと尾根が変わり始める。「このあたりだけどなぁ・・・。この先は下りに入るし」
二人で手分けして笹をかき分けかき分け探す。

12:50
「三角点、見つけたよ〜!」とMICKEYの声が笹の中から聞こえた。
「良く見つけたなぁ!」「古い白紐が木にかかっていて下をかき分けたらあった(^^)v」
上を見ると上空から三角点を特定する朽ちた古い三角形の木もくくりつけてあった。
「やったなぁ!山頂に間違いない。展望は無いけど最高の気分!」と上を見上げて紅葉を
楽しみながら遅い昼食にした。

下山にかかった。「少しでも楽なように三佛寺への尾根に進もうよ」というMICKEYだが、
きっとあの立ち入り禁止の所に出るし、寺にも失礼だから来た尾根を下ることにした。
Ca642への鹿の巣の所へ下るのに少し行き過ぎて右へ右へトラバース気味に。「あった」
そこからCa642へのルート取りにやや手間取ったが何とか見つけた。
Ca642を慎重に左から回り込む。「崖だよ」とMICKEY「いやこれがあの難航した斜面。
しっかり木をつかんで滑落に注意して右へ右へ行くと尾根に乗れるはず」と進む。
それをやっと下り進むとまた崖。「こんな所、来たっけ?」とMICKEY。「ここはMICKEY
が先行して斜面をはい上がった岩場。右に逃げてバンドを進む」と先に僕が下る。
「ホントだ、この岩覚えてる。良く覚えてるね」「忘れたら帰られないし(^^;)」
「登りは登れても下りは苦労する尾根よね」「整備されていないから仕方ないよ」

シャクナゲや倒木の尾根をしゃがんだり越えたりしていて二人とも太ももの裏が悲鳴を上
げだした。「う〜ん・・攣りそう」と時々立ち止まる。腕も太ももも酷使の尾根ルート。

14:50
笹や藪に刺されてズボンにも穴がこれまた二人とも2カ所。頭には蜘蛛の巣(^^;)
アンテナの捨ててあった尾根に到着。右はるか下には道と車が見えだした。
あと少しなのにここからの尾根筋も木々がうるさい。よけたり越えたり・・・。

15:00
下山完了。道路に出た。二人で満足の握手。
コンパスと地形図、GPS(木に囲まれ測地不可点が多い)はフル稼働だった。

さて、すぐそば帰路途中の三朝温泉で汗を流すことにした。
三佛寺前には観光バスが4台も停まっており、路上も自家用車駐車で一杯だった。
「ホントにすごい人気のお寺と信じるわ。朝一番で誰もいない静かな素晴らしい投入堂を
見られて良かったわ〜(^^)」とMICKEY。三角点にも行き着けたし大満足。
 三朝温泉は20年以上ぶり。日帰り入浴一人500円でゆっくりつかり帰路についた。
温泉も道路も混んでいない時間帯で、天気も晴天、紅葉一杯で良い一日だった。

2005/11/06(Sun) 15:23:38  [No.826]


  Re: 【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 投稿者:矢問(やとう)

> 【行き先】鳥取県・三徳山 投入堂と三角点
「近畿、東海、北陸を中心に」なのに山域は山陰です(^^;)
三角点までのルートが「やぶこぎネット」にピッタリかも、ってことでアップ〜。m(..)m

2005/11/06(Sun) 16:25:50  [No.828]


矢問さん、こんばんは。
投入堂の写真はよく見ますがすごいところに建ててありますねー。
確か去年でしたか、ここの登山道で死亡事故も起きてましたね。
三角点アタックはえらいヤブこぎだったようでご同慶の至りです。(^^ゞ
これなら無雪期の奥美濃も大丈夫・・・\(^o^)/

              山日和

2005/11/07(Mon) 19:37:53  [No.859]


  Re: 【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 投稿者:矢問(やとう)

山日和さん、こんばんは(^^)。

> 投入堂の写真はよく見ますがすごいところに建ててありますねー。
写真でもすごいなーって思っていましたが、本物を見ると、不思議でなりません(^^;)
母方の祖父が生きているウチにいろいろ聞いておけば良かった〜。
(日本全国の社寺の修理建築に生涯をかけた宮大工でした)

> 確か去年でしたか、ここの登山道で死亡事故も起きてましたね。
注意書きがありました。「左へ行くな。右を行け。滑落地点」の感じでした。

> 三角点アタックはえらいヤブこぎだったようでご同慶の至りです。(^^ゞ
正直、2度3度と途中であきらめかけました(^^;) ←ホントです。つらかった〜。
でも「あとちょっとだけ・・あとちょっとだけ・・」と言い聞かせて、な〜んて
ウソで、MICKEYにガンガン責め立てられてf^_^;ポリポリ
鳥取には山日和さんや洞吹さんのような県外からのピークハンターはこないのかな??
と叫んでたの、聞こえましたか(^^)

> これなら無雪期の奥美濃も大丈夫・・・\(^o^)/
やっぱり・・・そんなにスゴイのですか・・・。残雪期をm(..)m(^^)

2005/11/08(Tue) 19:13:21  [No.874]


矢問さん こんばんは

昔、子供が小さかったころ家族旅行で山陰へ行って、
この投入堂に上がりました。
ここはほんとに、すごいところに建てられていますね。

私がまだ山歩きを始める前のことで、
入場者が事務所に集められて、
お坊さんから注意事項をこんこんと説明され、
大丈夫かな、行けるかな、と
ドキドキしながら聞いていたことを思い出しました。

この三角点探訪レポートも、強烈なバリハイですね。
お疲れ様でした。

> 「近畿、東海、北陸を中心に」なのに山域は山陰です(^^;)

実は、「近畿、東海、北陸」が中心になっておるだけで、
中心から遠い端っこのほうは、北海道から南西諸島まで、
いやさ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、南極、北極、月に地底、
どこでもOK!……なのだと解釈しております。

よい山旅を!
                               洞吹(どうすい)

2005/11/06(Sun) 20:16:36  [No.836]


  Re: 【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 投稿者:矢問(やとう)

洞吹さん こんばんは(^^)

> 昔、子供が小さかったころ家族旅行で山陰へ行って、
> この投入堂に上がりました。
えっ、そんな昔からあったのですか?ってもっともっと昔からでした(^^;)

> ここはほんとに、すごいところに建てられていますね。
ヘリも重機も無い時代・・・。MICKEYは「あのがけの上から綱で人がおろされて
木材がおろされて・・・」と勝手な想像。ホントにすごい事だと思います。

> お坊さんから注意事項をこんこんと説明され、
> 大丈夫かな、行けるかな、と
> ドキドキしながら聞いていたことを思い出しました。
下山時に登ってきた女性達数名はガイド役を雇っていました。

> この三角点探訪レポートも、強烈なバリハイですね。
強烈でした(^^;) 
ホントは鳥取にも洞吹さんやら山日和さんのような尾根をさまよう山屋さんがきっと
いるだろうに、それならこの尾根は案外登っているのでは・・・と目星を付けたのです
が北尾根に合流するまで踏み跡も鹿くらいですごいヤブとシャクナゲ地獄でした(^^;)

温泉では打ちすぎたムコウズネと枝でつつかれた擦り傷だらけの腕や手がシミル、シミル(;_;) 夫婦共々、下山時に太ももの裏側が攣りかけましたわ〜(^^;)
何時間も変形スクワットのようにしゃがんだり立ち上がったり、はたまたぶら下がったり、木とダンスしたり・・・ヤブと久々に戯れました。

ここまでヤブと戯れると、なんか、奥美濃のヤブ山も行けそうな変な自信がf^_^;ポリポリ

> 実は、「近畿、東海、北陸」が中心になっておるだけで、
> 中心から遠い端っこのほうは、北海道から南西諸島まで、
> いやさ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、南極、北極、月に地底、
> どこでもOK!……なのだと解釈しております。
ハハハ(^^) さっすが〜。最高のフォローに感謝ですm(..)m(^^)

2005/11/06(Sun) 20:39:36  [No.837]


  Re: 【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 投稿者:とっちゃん(こと)

矢問さん、新生画像付フォーラムに、ばっちりタイミングが合いましたね〜。

鳥取まで、古刹詣でにいったんだね。

私も、20代には石仏や十一面観音、お寺や日本庭庭等が好きで、よく一人で色んな県を歩きました。

古刹と山とを二度美味しい状態で楽しめてよかったですね。

ヤブコギも相当だったようで、歯ごたえじゃない手ごたえのある山歩きになったようで、心身ともに充実?。

みっきーさんも、奮闘だったんですね。ランニングハイじゃないけど、ヤブコギハイになって、やみつきになりそう?(@^^)/~~~

2005/11/06(Sun) 21:16:37  [No.840]


  Re: 【鳥取】三徳山 投入堂と三角点 投稿者:矢問(やとう)

とっちゃん、こんにちは(^^)

> 鳥取まで、古刹詣でにいったんだね。

はい、行ってきました(^^)。今日はその役小角にちなんで大普賢岳へ行ってきて
17時に帰宅しました。晴天に紅葉が素晴らしかったです(^^)

> 古刹と山とを二度美味しい状態で楽しめてよかったですね。

山頂にも行ってみたくてね(^^)

> ヤブコギも相当だったようで、歯ごたえじゃない手ごたえのある山歩きになったようで、心身ともに充実?。

心身共にヘロヘロ(^^;)

> みっきーさんも、奮闘だったんですね。ランニングハイじゃないけど、ヤブコギハイになって、やみつきになりそう?(@^^)/~~~

今日の大普賢岳−国見岳−七曜岳の周遊ルートは高速道路でおもしろくないって言ってました(^^;) ヤブもひどすぎるのはつらいけどね。

2005/11/07(Mon) 17:26:39  [No.857]


掲示板に戻る