一括表示

  石徹白へ遊ぶ 投稿者: 緑水

土日は山行き予定が有ったのですが、誰かさんが背中を押すのによろめいて、予定をキャンセルして出かける事に成りました。

【日  】2005.4.16.〜17.
【行き先】石徹白
【お天気】快晴・暖かい

16日 毘沙門岳・大日岳
鈴鹿午前1時に出て檜峠で朝日を迎える、ボンヤリとした空模様だなあ。お天道様がぼやけてる。緑の頭もぼやけてる、これで好いのだな。
先ずは毘沙門様にお参りしようかな、なんかさあ長年の習慣って急には変えられないんだよね。
チョットそこまで何だけれど、ザックの中身はいつもと一緒の七つ道具が重たいの。

しっかりと整雪されたゲレンデを行く、大日から白山それにつながる真っ白な峯峯が大気の中に浮かんでる。
まだまだいっぱいの雪なんだなあ、薄汚れた雪庇道が山頂へと誘う。
眼の前の高みが山頂なんだ、して右手の雪ドームが魅力的だなあ。
振り向けば大日様が大きな大きな根張りで広がる、輪郭はぼやけてるんだ。
山頂は切り開かれ見晴らしは良いなあ、まだ7時半かあ雪ドームに行こう。
ブナが申し訳なさそうに立っている。
朝ご飯です、マミーに連絡しておこう。

下山は賑やかなペアリフトの出口、若者がボードでスイスイと楽しんでる。
好いなあ若いって、むせこいオッサントはとぼとぼと蕗のとう拾いながら降りました。

大日岳温泉駐車場、風呂に入るには早いしなあ、ユックリお昼食べてチョット大日様へご挨拶に行こうかな。
これまた滑走路の様な登山道をエッコラショと上がる、脇を高速のゴンドラが人を乗せずに上がってく。老人は無料で乗せてくれないかなあ思う。
ゴンドラ終点から好い雰囲気の雪尾根だ、ブナが立派だし山の作りも好い感じだ。

対岸は鷲ガ岳かあそこも一連で登ったなあ、思いながら水後山です。
ここまでと思いながらも先のピークはピラミダル、今夜は石徹白泊まりだからユックリで良いのだよって誰かがささやく。
痩せ尾根なんだけれど雪庇が巾を広げて、回廊と成り歩きやすいのだ。
未だ崩れ落ちると思わないけれど端っこには寄れないなあ。
13時40分鎌ガ峯だ、頂上はもう少し先にあるが此処のが見晴らしは雄大だ。
明日登る薙刀山へのルートを読む、どこでも上がれそうだけれど、行った都合かな。
完全装備のヒゲ面のオッサンが降りてきた。山頂の景色もここの景色も同じ眺め変わり映えしないねと話す。えらい目にあったとくたびれてる様子、帰りはゴンドラだとか。往復900円は高いか安いかですね。
余り天気が良いから景観に動きがない、ここに要る4名もそうですねと頷くだけだ。
ぶらぶらと降りよう、メールが来た。山さんからだ野伏ガ山頂とか、来てたんだ。泊まりなら久しぶりに一杯やろうかなと楽しみが出来た。

白山神社駐車場には大阪ナンバーの高級車がデェンっと座ってる。
脇にレッドペッカーが遠慮深くとまる、人も物も違いが大きすぎるなあ思う。
小さなテーブルの上にささやかな食い物は目刺しと泡です、いっぱい歩いたからメザシに泡が一番のご馳走なのです。ウメ〜っと山羊が啼く。
神社の森と清流の瀬音、日暮れの西日にボンヤリしてた。
左手から、ドウモって可愛らしい女の子、あれれ誰かなあ白山キツネが変身して来てくれたのかなって一瞬思う。
前もこんなこと有った様な無かった様な、会話を楽しんでると。
右手から顔の大きい毛深い、五月人形なら武者将騎風の男がユーッと出た。一瞬たじろぐ。
車の主だ、6時に出て17時着とかけっこう掛かるのだなあ、明日は5時に出なくてはと思う。一献を楽しみにしてたけれど、またの偶然をです。

【参考】6:00檜峠→7:30山頂8:30→9:40満天ノ湯11:00→13:40鎌ガ峯14:15→
15:40満天ノ湯16:00

17日 薙刀山・野伏ガ岳
5時に出るには3時半に起きなくてはね、なんと目覚めはお隣りさんの話し声でアジャ4時廻ってじゃん。
バタバタと片づけ出たのが5時半、行動食の忘れ物して引き返す。ボケけてるなあを確認する。
和田山の一本杉に7時到着、野伏のでかい面構えと薙刀山の奥ゆかしい眺めが好いなあです。
白山は真っ白けのお化粧で優美な衣装を広げて、下々の下僕を従えてる様に見えるのだ。
山スキーの客人と話す、野伏から願教寺、つなぎぶしから滑り降りるとか。
好いなあ今日の天気なら問題ないね、逞しい雰囲気がある野武士だ。

推高谷への回り込みに見当つけて真っ直ぐ歩行、脹らみから低地に降りると雪を割る蛇行の流れに遮られる。
これ渡るのかなあ、清流は深そうだ。足跡は流れに降りかけてるが対岸に足跡は無い。こちとら長靴だしチョイと降りてみるが深い、無理だな。
流れに沿い戻ると雪原沿いで問題なし、到達点目差して行くも推高谷沿いは足跡いっぱいの楽珍コースなんだ。
緩やかな登りは対岸にいつ渡るかだな、成るべく楽が宜しい。先人の足跡を伝えば好いのだからね。

あの枝尾根かな思った通りに渡り、チョイキツの斜面を上がれば薙刀平の微風に吹かれた。気持ち好い柔らかい風に雪原の山毛欅が良く来たねと列んで挨拶してくれる、好きなように歩けばいいさって言ってるよ。
本邦への大斜面を一条の足跡が降りてきている、これ使うも歩幅大きくて辛抱のしどころだ。雪ドームの上が切れると白山が間近に近づいていた。
ここは野伏よか好い眺めだなあ、先ずはプシューです。一人での乾杯は盛り上がらない。
メザシを焼こう、未だ8時半だもの時間はいっぱい有るし全然寒く無いんだもの。銚子廻りで充分周遊できるよね。次回はそうしょうかな。

昨日は黄砂が舞ってたのか雪が黄色い、青色が山稜を浮かび上がらすが、雲も湧かず変化の無い眺めで画面がフリーズしてる。
野伏への吊尾根は歩きよい、酔い頃加減に丁度好い頃合いだ、和田山で分かれた客人に出逢う。スキーは柔雪に威力を発揮するだろう、頑張って下されと見送る。
再び雪ドーム斜面を登れば山頂だった。朝出発の時の顔ぶれがいる、真っ黒けの顔をしてる、あんな顔には成りたくないです。
下山する人達が去ると静かな山頂となる、雪のベンチでうどん鍋を作るが食べたくない、サンちゃんの土産に成っちゃったです。

小白山へは足跡が有るなあ、野伏平も広大だそこへ降りようかな思っただけ。
団体さんが上がってきた、空身のスキーヤがボードを担いで来る。春スキーのメッカなんだ。
陽光がキツイくて顔の天ぷらが出来そうだ、もう堪能しちゃった降りようです。
メールが入ってくる、途中から一本杉に向かって滑るが止まらないよ、危ないです。
振り向けば野伏の横面はアバタを増やしてる、また来る日までサヨナラだ。

                 緑水。

【参考】5:30白山神社5:45→7:00和田山7:10→薙刀平→8:40薙刀山頂9:30→
10:20野伏ガ岳11:00→12:00和田山12:10→13:30白山神社16:30

2005/04/18(Mon) 16:55:23  [No.89]


  Re: 石徹白へ遊ぶ 投稿者:柳川洞吹

緑水さん こんばんは

みなさん続々と石徹白入りですね。
一日目は寝てないんですか。
二日目も早起きだし、
洞吹にはマネの(できないとは言わないが)しにくいことです。
私も、GWにはまた奥美濃ボヘミアンに出掛けるつもりです。

                   洞吹(どうすい)

2005/04/18(Mon) 23:51:50  [No.96]


  Re^2: 石徹白へ遊ぶ 投稿者: 緑水

洞吹さん こんばんは

> みなさん続々と石徹白入りですね。

好いフィルドですね、
御池ティ−ブルランドの上に雪山が連なる感じ、
どこでも歩けるし、その趣向の有る者には玉らん。

> 一日目は寝てないんですか。

前日に準備して8時に寝て眼が覚めたらコソッと家を出る。
現地で一時間ほど寝ますよ。

> 二日目も早起きだし、

この日は本番ですから気合いが入る、
お仕事は午前中の涼しい時にこなし、早帰りで泡プシューで余韻を楽しむね。
そしてお昼寝して夕方散策し深夜便で帰りと、こんなパターンが好きなの。
だからサンデーが好い友だったんだけれど、もう歩けなく成ってる。

> 洞吹にはマネの(できないとは言わないが)しにくいことです。

洞吹さんは緑の師匠でっせ、一週間、二週間とボヘボヘノウハウを身につけなくてはと思ってます。

新潟あたりの山と里湯をさま酔いたいなあ〜思てます。
また宜しくです。

             緑水。

2005/04/20(Wed) 05:53:01  [No.111]


  Re: 石徹白へ遊ぶ 投稿者:山日和

緑水さん、おばんです。
びっくりしましたね。
それにしてもずいぶん早いコースタイムですね。
ちょっとついて行けそうもありません。私とひと回りも違うのにね(^_^;)
またどこかでゆっくりやりましょう。

                   山日和

2005/04/19(Tue) 23:23:42  [No.106]


  Re^2: 石徹白へ遊ぶ 投稿者: 緑水

山日和さん こんばんは。

石徹白さすがに豪雪地帯、タップリの残雪は好い感触でした。
余りにも良い天気で、顔が真っ黒けに成ってしまったです。
若い頃にね、酷い雪焼けで原爆病の様に爛れたことが有ります。
今回も心配したのですが、早帰りのケアで良かったみたいです(^^)

> それにしてもずいぶん早いコースタイムですね。

一人だと好きなように歩けるし、天気が良くて冬山三ッ道具も要らない、快適な雪原でお気軽山行でした。
忘れ物が多くなり注意が散漫に成ってきましたです、単独行は成るべく避けなくては思いますわ。

薙刀平テント泊の4名は、5時出発でよも太郎往復して来たとの帰りに合いました。
年輩の方達で几帳面なリーダー采配をみていた、1名は願教寺まで行かせたとか。
大型のテントをよう持ち上げたなと思います。楽しいより苦しいだろうですが、もっと大きな目標が有るのでしょうね。

> またどこかでゆっくやりましょう。

良いですね、だいたいこの辺にいると判れば、緩やかな拘束で出逢えるのが好いですね、ユックリやりたいものです。
今週末も良い天気になりそう、サテどこ行こうかなです。
また宜しくです。
         
               緑水。

2005/04/20(Wed) 22:55:20  [No.114]


掲示板に戻る