ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 選択された記事を表示   前の記事  次の記事
スレッド156: 厳しさと優しさの伊勢山上へ
No.4: Re: ようこそ伊勢山上へ   [No.1への返信]
1. 小尻返しをフリーで下りるグ~氏

-クリックすると元画像を表示-
2. 蟻の戸渡りから崖っぷちをのぞきに

-クリックすると元画像を表示-
3. 行者岩

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/09 19:41
名前: FRESH_BREEZE ID:r1u/vVJs

グ~さん、こんにちは~

> 遠路はるばる、伊勢山上へ ヨーコソ。

直線距離だと30分だねきっと。

> 5日はちーたろーさんとのデート山行。
> この日は、早朝より、山の神より指示された家事を済ませてからの、伊勢山上ガイドです。

午後からでよかった~です。ちーたろーさんとの余韻を引きずってましたね~。

> はい。若いカップルでお越しいただくようです。しかし、・・・・・
> ワンピースにサンダル履きでお越しいただく所ではありません。 それなのに・・・・

パワースポットって紹介してるから、また一段と人気スポットになるんじゃないの?
蟻の戸渡りにもいましたね。若いカップル。

>> 「鐘掛」を登る。いつはがれてもおかしくないような感じだ。見た感じがポロッ、ゴソッといくような感じなのである。
>
> まさにその通りです。一箇所にすがるのは大変危険です。
> 三点確保で、一箇所の岩が崩れても転落しないように支点を分散してください。
> ここでの事故は伊勢山上の存亡にかかわります。

入山禁止にはできないだろうし、ぐ~さんの整備が大変になっちゃうよね。

>> そこから「御笠岩」の鎖場、腕の力で行こうと思えば行けそうな距離ではあったが、試しにアブミにフィフィを装着して二本使用して上がりきった。
>
> 何かあれこれ最新装備の試用をされているもんだから、時間ばっかりかかる。

ほんとお付き合いいただきましてどうもすいませんでした。
あれやこれやと歳をとる分、テクニックと道具を駆使しないとダメなんです。

>>  ぐ~さん「あら?四つんばいにならんの・・・?もうちょっと怖がってくれないとつまらんじゃん。」
>
> あーも スタスタ歩かれると、張り合いがないなぁ~。

高度感はあるけど、きわどいスタンスは鐘掛ぐらいだったんだもん。
あの砂岩の塊はどれくらいの強度があるんでしょ?
あとさぁ、蟻の戸渡りで懸垂下降で崖っぷちまで遊んでたときのことなんだけど、
2本のボルトの距離が近すぎると思った。

>>  通常1時間半の表行場を3時間かけて、鎖にフィフィを掛けてみたり、ロワーダウンしてみたり、アブミをかけてみたりで一つ一つの岩を堪能できた。
>>  グーさんはかなりあきれていたように見える。
>
> はい。大変あきれ返りました。 こんなに時間のかかったツアーは初めてです。
> まあ、安全確保の基本はおさえて貰えたようでヨロシかろうです。

すいませんでした。次回はちゃっちゃと歩くつもりです。
安全確保はばっちりだったでしょ。

>>  午後6時近くまでじゅうぶんすぎるほど楽しめました。グ~さんありがとう。お疲れ様でした。
>
> わざわざ遠くから来ていただいて、伊勢山上だけでは物足りないだろう。
> 堀坂山か白米城でも案内しようかと算段していたのに、秋なら日没時間まで遊んでもらいました。

もう伊勢山上のホールドスタンスはある程度頭に入りましたよ。
じゅうぶん堪能したし、伊勢山上は僕の引き出しの中に入れることができたような気がします。

>>  ご住職や奥さんや湖湖さんも優しくて良いかたでした。
>
> 笑顔の優しいお寺でしょ。 多くの人が集まってきます。
> お夕飯をご馳走になってから、帰宅しました。

優しい方たちに囲まれてますね~~。僕らもそんなご縁に触れられて至福の時間をすごさせていただきました。
みんなの笑顔が輝いていたでしょ。
ぐ~さんのおかげです。

>>  帰りの車の中で「また是非来たい!」ってみなさんニッコニコで言ってましたよ。
>>  また行きたいなぁ。
>
> またぜひお越しください。 次回はまったくのフリーでサッサと回りましょうね。

おぉ~~~、もう来るなぁって言われるかと思ったけどよかったぁ。
またぜひいきたいと思いますのでよろしくお願いします。
今度はさっさと歩きますよ。

FB

  前の記事  次の記事   スレッド一覧   新規スレッド作成