ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド157: 【白山】平瀬口から快晴の白山へ
No.0: 体力は戻ったのだろうか...?
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3. この花は何?

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/09 22:42
名前: Kasaya ID:LhJb7jPE

【山域山名】白山
【日 時】 2010/6/6(日)
【天 候】 快晴
【メンバー】K氏、I氏、Aさん、kasaya
【コース】平瀬道登山口7:47---10:04大倉山---11:50室堂12:30---13:00御前峰---13:40室堂---15:00大倉山---16:27登山口
     
 急に白山へ行く話しが持ち上がった。4日に開いたばかりの林道を使って平瀬道から白山日帰りだという。前泊でなく
日帰り?でもこの時期の白山は登ったことが無い。何時出発になるやらと思いながらも即参加を表明する。聞けば4時30分
自宅出発で大丈夫のようだ。これならいいかもね。約束の待ち合わせ場所には予定どおり皆到着。このメンバーで行くのは
今年の2月以来だ。一台の車で一路、平瀬口へ。集合場所からは2時間。自宅からだと3時間弱か。意外と近いことに驚く。
高速道路の発達した今は遠い近いではなく要は行く気の問題だなあと改めて実感する。

白山は福井県側からしか登ったことが無くこちらは未知のルート。今日は何度も来ているというI氏にお任せだ。
着いた駐車場は殆ど車で埋まっている。何だこれは。こんなに車が駐車している状態は初めてだとI氏が言う。
皆林道の開通を待ちわびて来たのだろうか?

 時間的に遅いのだろうか、満車では有るが殆ど人がいない。もう出発した人が多いのかなどといいながら自分たちも
出発する。雲ひとつ無いこの天気。良い登山になるかなあ。道はよく整備されており、快調に進む。先週のオフ会では
かなりしんどかったので心配していたが今日は少しましなようだ。

 登るにつれて雪を斑に残した稜線が見えてくる。白い峰が青空に映えて美しい。やっぱり白山だなあ。大倉山を越える
あたりから本格的に雪道となって来たのでアイゼンを装着する。今年はもう使わないだろうと思っていたがまだまだ出番が
あるらしい。

 尾根通しのこの道は登り返しも無くすごく効率的に高みを目指していく。時折雪のなくなった夏道を行く場面もあるが
大まかには雪の上を行く。先頭を行くI氏はどんどん飛ばす。Aさんはそれにぴたっとついていく。最初は自分もついて
いたが、途中で疲れてだんだん離れていく。まだやっぱり本調子じゃないのかなあ。ただK氏がまだそのはるか後方を
マイペースで歩いてくるので気分的には楽。それでも室堂に着くまでの水平道で殆ど足が攣りかける。これじゃあ
ピークへは行けないかも。室堂で待っていようかな。そんな弱気の虫が出てくる。まあ昼飯を食べながら様子を見てみよう
との思いでやっとこさの室堂着。

 登山口の車の多さを勘案するとどうも室堂やその近辺の人が少ない。車は登山者のものではなかったのだろうか。
ちょとそんな気のする室堂だ。それはともかくとりあえずは飯。確か室堂前の広場は木製テーブルが並んでいたはずだが
皆無。冬の間は片付けられるのだろうか。雪の消えた平地でラーメンを作る。風も無く暖かだ。天気さえ良ければ
標高2300mのこの高地も快適だなあ。

 飯を終えたら多少元気が出てきた。先ほど飲んだ秘薬のせいか足の状態もよい。荷物を殆どおいて空身で頂上へ
向かう。標高は有るものの、この南斜面は雪が皆無だ。身体が楽なこともあってしゃべりながら歩いていると30分ほどで
あっけなく着いてしまった。初めて白山に登ったAさんは拍子抜けのようだ。

 しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
ないだろうか。天気さえ許せば夏の来る前のこの時期は静かで良いあと改めて思う。I氏が時々やってくるのもよく分かる。
あちこちの山を眺め記念写真を撮りしばし景色を堪能する。

 帰路は登り帰しが殆ど無いので気分も楽。室堂で荷物を整えいざ出発。でも降りるのが少し惜しいかな。白山の
勇士を振り返りつつ降りていく。途中すこし急な斜面でシリセードを試みる。結構滑るなあと思ったら勢いがつきすぎ
少しヒヤッとする。やっぱりこれは面白いけど場所を選ばねばです。

雪が消えてからも長い道がつづく。白水湖のコバルトブルーが美しいがなかなか近くにならない。途中に咲く桜やコブシ
(タムシバ?)を愛でて気分をごまかしつつ殆ど車のいなくなった駐車地に帰りついた。

それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。

Kasaya

No.1: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/10 00:53
名前: クロオ ID:F/xcSCNw
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/kuroo6

kasayaさん、こんばんは

セキオノコバ下山は、同行、ありがとうございました。

> 高速道路の発達した今は遠い近いではなく要は行く気の問題だなあと改めて実感する。

便利になったのですが、なぜ、東海北陸道、荘川から、高山側、飛騨清見に曲げたのでしょうか?まっすぐ、素直に、庄川沿いにすれば、もっと平瀬や白川郷へ早く行けたのに…。

> それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。

どうしたのでしょうか?仕事づかれでしょうか?

> 【コース】平瀬道登山口7:47---10:04大倉山---11:50室堂12:30---13:00御前峰---13:40室堂---15:00大倉山---16:27登山口

私は、白山ではありませんが、白山の北縦走路の、野谷荘司山と三方岩岳に、6月2日に行ってきました。
【コース】大窪6:50---6:52鶴平新道登山口---9:35赤頭山---10:25分岐---10:45野谷荘司山12:00---12:20分岐---馬狩荘司山---14:00三方岩岳---16:15料金所---16:40馬狩トヨタ白川郷自然学校---16:50大窪
http://gallery.nikon-image.com/173053798/albums/1982946/
タムシバ、ショウジョウバカマ、オオバキスミレ、カタクリ、ツバメオモト、イワウチワ、など、たくさん咲いていました。
花もきれいでしたが、途中、ブナ林の緑が、とてもきれいでした。

写真の花は、チゴユリではありませんか?鶴平新道にも、たくさん、咲いていました。

>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
> ないだろうか。天気さえ許せば夏の来る前のこの時期は静かで良いあと改めて思う。I氏が時々やってくるのもよく分かる。
> あちこちの山を眺め記念写真を撮りしばし景色を堪能する。

野谷荘司山からも、白山、見えましたが、これほどきれいでは、なかったです。白山に登りたくなりました。

                                            クロオ
No.2: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
日時: 2010/06/10 21:14
名前: 宮指路 ID:x5I5ELXc

Kasayaさんこんばんは

>  急に白山へ行く話しが持ち上がった。4日に開いたばかりの林道を使って平瀬道から白山日帰りだという。前泊でなく
> 日帰り?でもこの時期の白山は登ったことが無い。何時出発になるやらと思いながらも

このコース日帰りでっかぁ~、無茶しますな
誰やらは朝明で前泊でっせ

> 自宅出発で大丈夫のようだ。これならいいかもね。約束の待ち合わせ場所には予定どおり皆到着。このメンバーで行くのは
> 今年の2月以来だ。
御池岳で逢ったメンバーでしょうか?

>一台の車で一路、平瀬口へ。集合場所からは2時間。自宅からだと3時間弱か。意外と近いことに驚く。
場所は白水湖のところですね。無茶苦茶早いですねぇ~

>先週のオフ会では
> かなりしんどかったので心配していたが今日は少しましなようだ。
時差ボケでしたものね。仕方ありませんよ
>
>  登るにつれて雪を斑に残した稜線が見えてくる。白い峰が青空に映えて美しい。やっぱり白山だなあ。大倉山を越える
ここまで2時間ちょいですか~早い早い

> あたりから本格的に雪道となって来たのでアイゼンを装着する。今年はもう使わないだろうと思っていたがまだまだ出番が
> あるらしい。
さすがにスノーシューは出番がないようで

> いたが、途中で疲れてだんだん離れていく。まだやっぱり本調子じゃないのかなあ。ただK氏がまだそのはるか後方を

オフ会まで一ヶ月くらいブランクがありませんでしたか?

> 皆無。冬の間は片付けられるのだろうか。雪の消えた平地でラーメンを作る。風も無く暖かだ。
ラーメン、おいしそうやないですか

>  飯を終えたら多少元気が出てきた。先ほど飲んだ秘薬のせいか足の状態もよい。荷物を殆どおいて空身で頂上へ
> 向かう。標高は有るものの、この南斜面は雪が皆無だ。身体が楽なこともあってしゃべりながら歩いていると30分ほどで
空身だと登りが全然違うんですよね

>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
> ないだろうか。天気さえ許せば夏の来る前のこの時期は静かで良いあと改めて思う。I氏が時々やってくるのもよく分かる。
高い山はお天気次第で天国と地獄ですね

>  帰路は登り帰しが殆ど無いので気分も楽。室堂で荷物を整えいざ出発。でも降りるのが少し惜しいかな。白山の
> 勇士を振り返りつつ降りていく。途中すこし急な斜面でシリセードを試みる。結構滑るなあと思ったら勢いがつきすぎ
> 少しヒヤッとする。やっぱりこれは面白いけど場所を選ばねばです。
ピッケルがないとイザという時に怖いですね。
>
> 雪が消えてからも長い道がつづく。白水湖のコバルトブルーが美しいがなかなか近くにならない。途中に咲く桜やコブシ
白水湖の写真があったら載せて下さいな

> (タムシバ?)を愛でて気分をごまかしつつ殆ど車のいなくなった駐車地に帰りついた。
>
> それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。
しばらくは体慣らしで鈴鹿をウロウロされては如何でしょうか?
海外ツアーは一段落しましたか?


                                                     宮指路
No.3: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/10 21:42
名前: たんぽぽ ID:6Sl72cdA

Kasayaさん、こんばんは。

オフ会のときは遅れて行ったこともあって、全然お話ができず残念でした。
     
>  急に白山へ行く話しが持ち上がった。4日に開いたばかりの林道を使って平瀬道から白山日帰りだという。前泊でなく
> 日帰り?でもこの時期の白山は登ったことが無い。何時出発になるやらと思いながらも即参加を表明する。聞けば4時30分
この時期の白山はいいですよ、7月に入るともう人で溢れてきます。
たんぽぽにとって白山といえば6月の山なんです。

> 白山は福井県側からしか登ったことが無くこちらは未知のルート。今日は何度も来ているというI氏にお任せだ。
> 着いた駐車場は殆ど車で埋まっている。何だこれは。こんなに車が駐車している状態は初めてだとI氏が言う。
> 皆林道の開通を待ちわびて来たのだろうか?
市ノ瀬が通行止めのままなので大白川が表登山口になってしまったんですね。
たんぽぽもクルマの多さに驚きました。

>  時間的に遅いのだろうか、満車では有るが殆ど人がいない。もう出発した人が多いのかなどといいながら自分たちも
> 出発する。雲ひとつ無いこの天気。良い登山になるかなあ。道はよく整備されており、快調に進む。先週のオフ会では
> かなりしんどかったので心配していたが今日は少しましなようだ。
竜ヶ岳もしんどい、白山もしんどい、ぽぽんたはいつもしんどいですよ。

> マイペースで歩いてくるので気分的には楽。それでも室堂に着くまでの水平道で殆ど足が攣りかける。これじゃあ
> ピークへは行けないかも。室堂で待っていようかな。そんな弱気の虫が出てくる。まあ昼飯を食べながら様子を見てみよう
> との思いでやっとこさの室堂着。
室堂への水平道は意外に疲れますね。
ぽぽんた組は室堂パスしましたが・・・

>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。
メチャクチャ視界がよかったですね。
こんな頃、たんぽぽ組は翠ヶ池で宴会はじめかけてました。

> 雪が消えてからも長い道がつづく。白水湖のコバルトブルーが美しいがなかなか近くにならない。途中に咲く桜やコブシ
> (タムシバ?)を愛でて気分をごまかしつつ殆ど車のいなくなった駐車地に帰りついた。
たんぽぽカーは残ってたでしょ。
駐車場ついたのは19時半ぐらいでしたから・・・

> それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。
お疲れさまでした。
で、次はどちらのお国へ?

No.4: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
日時: 2010/06/10 21:58
名前: skywalk ID:en1Ewc.E

kasayaさん、こんばんは。
> 【日 時】 2010/6/6(日)
この日は白山でヤブコギ分散会だったのでしょうか。たんぽぽ軍団やら、スカイウォーカー偵察隊やら歩き回っていたようで。

> 【コース】平瀬道登山口7:47---10:04大倉山---11:50室堂12:30---13:00御前峰---13:40室堂---15:00大倉山---16:27登山口
みなさん、室堂に着いた時は、まだ南竜ヶ馬場から展望尾根を歩いてました。
>      
>  急に白山へ行く話しが持ち上がった。4日に開いたばかりの林道を使って平瀬道から白山日帰りだという。前泊でなく集合場所からは2時間。自宅からだと3時間弱か。意外と近いことに驚く。
平瀬道はインターから割合近いので日帰りには、便利だと思います。前日泊が苦手な私にもピッタリです。


> 着いた駐車場は殆ど車で埋まっている。何だこれは。こんなに車が駐車している状態は初めてだとI氏が言う。
> 皆林道の開通を待ちわびて来たのだろうか?
たんぽぽさんも書いているように石川県側の道路が使えないので多かったようです。
>

> 出発する。雲ひとつ無いこの天気。良い登山になるかなあ。道はよく整備されており、快調に進む。
>  登るにつれて雪を斑に残した稜線が見えてくる。白い峰が青空に映えて美しい。やっぱり白山だなあ。大倉山を越える
> あたりから本格的に雪道となって来たのでアイゼンを装着する。
この日は本当にいい天気でしたね。前日、白山に登って南竜ヶ馬場に泊まっていて日曜日は曇りかなと思っていたら土曜日よりもいい天気になりました。

最初は自分もついて
> いたが、途中で疲れてだんだん離れていく。まだやっぱり本調子じゃないのかなあ。ただK氏がまだそのはるか後方を
> マイペースで歩いてくるので気分的には楽。それでも室堂に着くまでの水平道で殆ど足が攣りかける。これじゃあ
> ピークへは行けないかも。室堂で待っていようかな。そんな弱気の虫が出てくる。まあ昼飯を食べながら様子を見てみよう
> との思いでやっとこさの室堂着。
室堂に着いてしまえば後は遊歩道みたいな階段を登るだけですから、もうピークに着いたようなもんだ。
>
>
>  飯を終えたら多少元気が出てきた。先ほど飲んだ秘薬のせいか足の状態もよい。荷物を殆どおいて空身で頂上へ
> 向かう。標高は有るものの、この南斜面は雪が皆無だ。身体が楽なこともあってしゃべりながら歩いていると30分ほどで
> あっけなく着いてしまった。初めて白山に登ったAさんは拍子抜けのようだ。
そうでしょう。
>
>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
> ないだろうか。天気さえ許せば夏の来る前のこの時期は静かで良いあと改めて思う。I氏が時々やってくるのもよく分かる。
> あちこちの山を眺め記念写真を撮りしばし景色を堪能する。
別山からの帰りの稜線はアルプスの山を眺めながら歩いてくるので最高でした。
>
>  帰路は登り帰しが殆ど無いので気分も楽。室堂で荷物を整えいざ出発。でも降りるのが少し惜しいかな。白山の
> 勇士を振り返りつつ降りていく。途中すこし急な斜面でシリセードを試みる。結構滑るなあと思ったら勢いがつきすぎ
> 少しヒヤッとする。やっぱりこれは面白いけど場所を選ばねばです。
止まらない時のことを考えてから滑らないとまずいかも。
>
> 雪が消えてからも長い道がつづく。白水湖のコバルトブルーが美しいがなかなか近くにならない。途中に咲く桜やコブシ
> (タムシバ?)を愛でて気分をごまかしつつ殆ど車のいなくなった駐車地に帰りついた。
>
> それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。
下山した時にストレッチをしておけば疲れも早く取れると思いますが、何もしないんですか。わずか3分位で翌日の疲れはかなり違ってきますよ。


No.5: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/10 22:50
名前: Kasaya ID:x7a4MyU2

クロオさん こんばんは

> セキオノコバ下山は、同行、ありがとうございました。
ちーたろーさんとの山行に割って入って済みませんでした。でも早いですね。もう随分前のことのように
思えます。

> 便利になったのですが、なぜ、東海北陸道、荘川から、高山側、飛騨清見に曲げたのでしょうか?まっすぐ、素直に、庄川沿いにすれば、もっと平瀬や白川郷へ早く行けたのに…。
それほど行かない地域なので気になりませんでしたが、改めて地図を眺めると荘川から大きく曲がってますね。
何故だろう

> どうしたのでしょうか?仕事づかれでしょうか?
まあもともと攣りやすい体質ですから

> 私は、白山ではありませんが、白山の北縦走路の、野谷荘司山と三方岩岳に、6月2日に行ってきました。
> 【コース】大窪6:50---6:52鶴平新道登山口---9:35赤頭山---10:25分岐---10:45野谷荘司山12:00---12:20分岐---馬狩荘司山---14:00三方岩岳---16:15料金所---16:40馬狩トヨタ白川郷自然学校---16:50大窪
平日ですね。そういえば休みが少し不規則になったのですね。うまく使えば良い山歩きができますね。
レポはアップしないの?

> http://gallery.nikon-image.com/173053798/albums/1982946/
> タムシバ、ショウジョウバカマ、オオバキスミレ、カタクリ、ツバメオモト、イワウチワ、など、たくさん咲
カタクリがまだ見られるんだ。季節を凝縮したような花のきれいな山ですね

> 写真の花は、チゴユリではありませんか?鶴平新道にも、たくさん、咲いていました。
ありがとうございます。すぐに答えが出てありがたいです。さすがヤブコギ

> 野谷荘司山からも、白山、見えましたが、これほどきれいでは、なかったです。白山に登りたくなりました。
ごめんなさい。写真の山は別山です。白山の良い写真が撮れてなかったのですがとりあえず貼り付けます
Kasaya
No.6: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.2への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/10 23:07
名前: Kasaya ID:x7a4MyU2

宮指路さんこんばんは

> このコース日帰りでっかぁ~、無茶しますな
> 誰やらは朝明で前泊でっせ
最初は大変かと思いましたが、それほど無茶でもなさそうです。
それよりも朝明で前泊はすごい。まあ山で寝るのはいいもんです。

> 御池岳で逢ったメンバーでしょうか?
そこにもう一人追加です。

>>一台の車で一路、平瀬口へ。集合場所からは2時間。自宅からだと3時間弱か。意外と近いことに驚く。
> 場所は白水湖のところですね。無茶苦茶早いですねぇ~
別に飛ばしていないですよ。四日市からはそのぐらいで行けることが分かりました。

> ここまで2時間ちょいですか~早い早い
先頭は結構速かったですね。こちらは大変でした。

> さすがにスノーシューは出番がないようで
さすがにね...

> オフ会まで一ヶ月くらいブランクがありませんでしたか?
そのぐらいあったでしょうか。でも寝られなかったのが堪えました。
明け方まで寝付けませんでした。

> 空身だと登りが全然違うんですよね
それほど思いザックではないですが、それでも違いを感じます。元気なときなら
気にならないはずなんだけど

> 高い山はお天気次第で天国と地獄ですね
地獄になる前に引き返します。

>> 少しヒヤッとする。やっぱりこれは面白いけど場所を選ばねばです。
> ピッケルがないとイザという時に怖いですね。
スピードが出すぎてると思ってピッケルで雪面を押さえたら簡単に停まりました。
ストックではこうは行かないかな

> 白水湖の写真があったら載せて下さいな
うまく写っていませんがとりあえず貼り付けます。

> しばらくは体慣らしで鈴鹿をウロウロされては如何でしょうか?
> 海外ツアーは一段落しましたか?

また来週からいかなくては。今度は少し短いので気が楽です。
kasaya
No.7: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.3への返信]
日時: 2010/06/10 23:22
名前: Kasaya ID:x7a4MyU2

たんぽぽさん こんばんは

> オフ会のときは遅れて行ったこともあって、全然お話ができず残念でした。
ちーたろーさんと一緒に登場でしたね。早く行かないとなかなか皆さんとお話し
する時間が有りません。今度は又どこかでじっくりと話しましょう

> この時期の白山はいいですよ、7月に入るともう人で溢れてきます。
> たんぽぽにとって白山といえば6月の山なんです。
今回登ってよく分かりました。6月は花も出始め良さそうです。

> 市ノ瀬が通行止めのままなので大白川が表登山口になってしまったんですね。
> たんぽぽもクルマの多さに驚きました。
でもその割りに室堂辺りは人が少ないと思いませんでしたか。
みなどこへ登るのでしょう

> 竜ヶ岳もしんどい、白山もしんどい、ぽぽんたはいつもしんどいですよ。
しんどいといいつつ登る。でも辛くはないでしょう

> 室堂への水平道は意外に疲れますね。
> ぽぽんた組は室堂パスしましたが・・・
直登してるトレースがあるのを下から見てました。そのトレースのひとつはたんぽぽ旅行社だったんですね。

> メチャクチャ視界がよかったですね。
あれだけ見えるとうれしいです。

> こんな頃、たんぽぽ組は翠ヶ池で宴会はじめかけてました。
翠ヶ池は御前峰からは死角ですよね。見えたら良かったのに

> たんぽぽカーは残ってたでしょ。
> 駐車場ついたのは19時半ぐらいでしたから・・・
登山口に一番近い駐車場に1台車が残ってましたがあれがそうだったのかなあ。

> で、次はどちらのお国へ?
来週からポーランド、ハンガリーへ ....折角時差ぼけも直ったのに

kasaya
No.8: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.4への返信]
日時: 2010/06/10 23:31
名前: Kasaya ID:x7a4MyU2

skywalkさん こんばんは

> この日は白山でヤブコギ分散会だったのでしょうか。たんぽぽ軍団やら、スカイウォーカー偵察隊やら歩き回っていたようで。
重なるときは重なるもので。でもニアミスで誰も出合ってないですね

> みなさん、室堂に着いた時は、まだ南竜ヶ馬場から展望尾根を歩いてました。
テント泊でしたか。ルートはどんなでしたか。

> 平瀬道はインターから割合近いので日帰りには、便利だと思います。前日泊が苦手な私にもピッタリです。
前泊苦手ですか?私はこのぐらいだったら前泊でもいいかなあと思ってます。

> たんぽぽさんも書いているように石川県側の道路が使えないので多かったようです。
白山界隈の情報に疎いので何ともいえませんが、そういうことなのでしょう

> この日は本当にいい天気でしたね。前日、白山に登って南竜ヶ馬場に泊まっていて日曜日は曇りかなと思っていたら土曜日よりもいい天気になりました。
こんな日に山で朝を迎えられたら幸せでしょう。寒くは無かったですか?

>> あっけなく着いてしまった。初めて白山に登ったAさんは拍子抜けのようだ。
> そうでしょう。
負荷を減らすというのはやはり効果的のようです。当たり前ですが忘れていたような

> 別山からの帰りの稜線はアルプスの山を眺めながら歩いてくるので最高でした。
よかったでしょう。別山方面ならさらに人が少ないのでは?

> 下山した時にストレッチをしておけば疲れも早く取れると思いますが、何もしないんですか。わずか3分位で翌日の疲れはかなり違ってきますよ。
そうです。最近は少しストレッチをするのにこの日はばたばたしてて何もせずにいました。温泉にも
入ったのにだめですねえ。

またレポをアップお願いします。

kasaya
No.9: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
日時: 2010/06/11 00:10
名前: たそがれ ID:eOLDwMvU
参照: http://tasogare-taka.cocolog-nifty.com/blog/

こんにちは Kさん
少しは体力が回復されたようですね、えっまだですか。

 急に白山へ行く話しが持ち上がった。4日に開いたばかりの林道を使って平瀬道から白山日帰りだという。前泊でなく
> 日帰り?でもこの時期の白山は登ったことが無い。
> 今年の2月以来だ。一台の車で一路、平瀬口へ。集合場所からは2時間。自宅からだと3時間弱か。意外と近いことに驚く。
> 高速道路の発達した今は遠い近いではなく要は行く気の問題だなあと改めて実感する。

Kさんのこの反応にびっくり。
白山は好きな山域ですが、いつも岐阜県側ばかりです。
だって、高速を使わないとどうしてもそうなってしまいます。
当然、日帰りしか考えたことはありません。

> 白山は福井県側からしか登ったことが無くこちらは未知のルート。
> 皆林道の開通を待ちわびて来たのだろうか?
>  時間的に遅いのだろうか、満車では有るが殆ど人がいない。道はよく整備されており、快調に進む。

あの駐車場は広いから大丈夫ですね。いつも満車状態ですが。
道の整備ですが、昨年整備されている人に会いましたが、元ヤンキーという感じでよかったです。

>  登るにつれて雪を斑に残した稜線が見えてくる。白い峰が青空に映えて美しい。やっぱり白山だなあ。

これって、この大倉尾根からのが美しいと言うことではないのですか。
福井県側からのアプローチでもこんな美しさを感じますか。

> 大まかには雪の上を行く。先頭を行くI氏はどんどん飛ばす。Aさんはそれにぴたっとついていく。最初は自分もついて
> いたが、途中で疲れてだんだん離れていく。まだやっぱり本調子じゃないのかなあ。ただK氏がまだそのはるか後方を
> マイペースで歩いてくるので気分的には楽。それでも室堂に着くまでの水平道で殆ど足が攣りかける。これじゃあ
> ピークへは行けないかも。室堂で待っていようかな。そんな弱気の虫が出てくる。まあ昼飯を食べながら様子を見てみよう
> との思いでやっとこさの室堂着。

Kさんの悶々が伝わってきます。まだまだ本調子にはほど遠いような。

>  登山口の車の多さを勘案するとどうも室堂やその近辺の人が少ない。車は登山者のものではなかったのだろうか。

本当に不思議ですね。白山そのものが広いとはいっても。
みなさん、温泉ではあるまいし。そんな朝からやっていないし。イベントかな。

>
>  飯を終えたら多少元気が出てきた。先ほど飲んだ秘薬のせいか足の状態もよい。

これはびっくり、Kさんもヤク漬けですか。

>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
> あちこちの山を眺め記念写真を撮りしばし景色を堪能する。

そうなんですか、これはこれは。

>
> それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。
>

筋肉ですか、意外とまだ若い所為だからかもしれませんね。

堅気のレポ 楽しみにしています。
                   たそがれ高洋

No.10: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.9への返信]
日時: 2010/06/11 22:43
名前: Kasaya ID:NTMv3u7o

たそがれさん こんばんは

> 少しは体力が回復されたようですね、えっまだですか。
先日健康診断があり、体重も腹回りも増加してます。時差ぼけだけが原因ではないようです。

> Kさんのこの反応にびっくり。
> 白山は好きな山域ですが、いつも岐阜県側ばかりです。
> だって、高速を使わないとどうしてもそうなってしまいます。
> 当然、日帰りしか考えたことはありません。
私は前泊か山中での泊まりばかりで日帰り初めてでした。
折角遠いところまで行くならゆっくりしたいような気もします

> あの駐車場は広いから大丈夫ですね。いつも満車状態ですが。
広いですね。夏場はいつも満車ですか

> これって、この大倉尾根からのが美しいと言うことではないのですか。
> 福井県側からのアプローチでもこんな美しさを感じますか。
福井県側から登ったのは真夏か秋で残雪の景色は今回初めてです。
福井県側からだとどんなかなあ

> Kさんの悶々が伝わってきます。まだまだ本調子にはほど遠いような。
もともとこんなもんなのではないかと思います。

> これはびっくり、Kさんもヤク漬けですか。
芍薬甘草湯です。でも少し効きが悪いかな

> 筋肉ですか、意外とまだ若い所為だからかもしれませんね。
まだ若いですから

> 堅気のレポ 楽しみにしています。
堅気?私は○ーさんではありませよ。

kasaya
No.11: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
日時: 2010/06/17 05:59
名前: わりばし ID:3sBbbR6g

おはようございます、kasayaさん。

> 【コース】平瀬道登山口7:47---10:04大倉山---11:50室堂12:30---13:00御前峰---13:40室堂---15:00大倉山---16:27登山口

昔、子どもたちを連れて夏に一泊で行きました。

三男は保育園だったなあ。

>  時間的に遅いのだろうか、満車では有るが殆ど人がいない。もう出発した人が多いのかなどといいながら自分たちも
> 出発する。雲ひとつ無いこの天気。良い登山になるかなあ。道はよく整備されており、快調に進む。

高速道路千円効果もあり、平瀬口は入りやすいのでしょうね。

>  登るにつれて雪を斑に残した稜線が見えてくる。白い峰が青空に映えて美しい。やっぱり白山だなあ。大倉山を越える
> あたりから本格的に雪道となって来たのでアイゼンを装着する。今年はもう使わないだろうと思っていたがまだまだ出番が
> あるらしい。

天気もいいし言うことなしですね。

> 皆無。冬の間は片付けられるのだろうか。雪の消えた平地でラーメンを作る。風も無く暖かだ。天気さえ良ければ
> 標高2300mのこの高地も快適だなあ。
>
>  飯を終えたら多少元気が出てきた。先ほど飲んだ秘薬のせいか足の状態もよい。荷物を殆どおいて空身で頂上へ
> 向かう。標高は有るものの、この南斜面は雪が皆無だ。身体が楽なこともあってしゃべりながら歩いていると30分ほどで
> あっけなく着いてしまった。初めて白山に登ったAさんは拍子抜けのようだ。

このあたりからたんぽぽさんご一行は下って行ったんですね。

>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
> ないだろうか。天気さえ許せば夏の来る前のこの時期は静かで良いあと改めて思う。I氏が時々やってくるのもよく分かる。
> あちこちの山を眺め記念写真を撮りしばし景色を堪能する。

昨年の夏以来行っていないので、行きたくなりました。

時間があるかなあ・・・

> 雪が消えてからも長い道がつづく。白水湖のコバルトブルーが美しいがなかなか近くにならない。途中に咲く桜やコブシ
> (タムシバ?)を愛でて気分をごまかしつつ殆ど車のいなくなった駐車地に帰りついた。

登山口に無人の温泉ありましたよね。

やってましたか?

                                                    わりばし

No.12: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.11への返信]
日時: 2010/06/17 08:30
名前: Kasaya ID:eJZRUTJs

わりばしさん こんばんは(当方は今夜中です)

> 昔、子どもたちを連れて夏に一泊で行きました。
やっぱり白山は泊まりでいきたいところです。

> 高速道路千円効果もあり、平瀬口は入りやすいのでしょうね。
ずいぶんと近いのでびっくりしました。今回は4人なのでかなり割安です。
ありがたいことです。

> このあたりからたんぽぽさんご一行は下って行ったんですね。
知らぬことではありましたが残念でした。においをつけていってくれたら
分かったかも(笑)

> 昨年の夏以来行っていないので、行きたくなりました。
白山はいい所ですね。まだまだそのちょっとしか知らないですが

> 時間があるかなあ・・・
日帰りなら鈴鹿へ行くのと同じでは?

> 登山口に無人の温泉ありましたよね。
> やってましたか?
今回はお任せだったので知りませんでした。
私たちは国道に出てすぐのところにある温泉でした。
600円也。空いていてよかったです。

kasaya
No.13: Re: 体力は戻ったのだろうか...?
日時: 2010/06/17 23:54
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:kPDZ2ZZw

kasayaさん、こんばんは~。

> 【山域山名】白山
> 【日 時】 2010/6/6(日)
> 【天 候】 快晴
> 【メンバー】K氏、I氏、Aさん、kasaya
> 【コース】平瀬道登山口7:47---10:04大倉山---11:50室堂12:30---13:00御前峰---13:40室堂---15:00大倉山---16:27登山口


伊吹登山口でお出会いした、メンバーと同じかな?

同じ日に白山に登っていたのに、今回は、ニアミスで残念でした。御池の時みたいに、遭遇できれば嬉しかったのにね。

     
>  急に白山へ行く話しが持ち上がった。4日に開いたばかりの林道を使って平瀬道から白山日帰りだという。前泊でなく
> 日帰り?でもこの時期の白山は登ったことが無い。何時出発になるやらと思いながらも即参加を表明する。聞けば4時30分
> 自宅出発で大丈夫のようだ。これならいいかもね。


私達は、4時起床で平瀬の道の駅を出発した頃だね。


> 今年の2月以来だ。一台の車で一路、平瀬口へ。集合場所からは2時間。自宅からだと3時間弱か。意外と近いことに驚く。
> 高速道路の発達した今は遠い近いではなく要は行く気の問題だなあと改めて実感する。

でも、やっぱり遠いよ~。私のとこからは、余裕見て4~5時間見てます。3時間なら近いかな。


> 出発する。雲ひとつ無いこの天気。良い登山になるかなあ。道はよく整備されており、快調に進む。先週のオフ会では
> かなりしんどかったので心配していたが今日は少しましなようだ。


もうすっかり、体がなじみましたか?


>  登るにつれて雪を斑に残した稜線が見えてくる。白い峰が青空に映えて美しい。やっぱり白山だなあ。大倉山を越える


白い峰が見えると、気分上々ですね。


> あたりから本格的に雪道となって来たのでアイゼンを装着する。今年はもう使わないだろうと思っていたがまだまだ出番が
> あるらしい。
>
>  尾根通しのこの道は登り返しも無くすごく効率的に高みを目指していく。時折雪のなくなった夏道を行く場面もあるが
> 大まかには雪の上を行く。先頭を行くI氏はどんどん飛ばす。Aさんはそれにぴたっとついていく。最初は自分もついて
> いたが、途中で疲れてだんだん離れていく。まだやっぱり本調子じゃないのかなあ。ただK氏がまだそのはるか後方を
> マイペースで歩いてくるので気分的には楽。


それぞれのペースですね~。無理をすると、後で疲れがどっときてしまう。


> それでも室堂に着くまでの水平道で殆ど足が攣りかける。これじゃあ
> ピークへは行けないかも。室堂で待っていようかな。そんな弱気の虫が出てくる。まあ昼飯を食べながら様子を見てみよう
> との思いでやっとこさの室堂着。

室堂にまわったんですね。



> 皆無。冬の間は片付けられるのだろうか。雪の消えた平地でラーメンを作る。風も無く暖かだ。天気さえ良ければ
> 標高2300mのこの高地も快適だなあ。
>
>  飯を終えたら多少元気が出てきた。


ご飯の威力はすばらしい。ほんとに、力が出てきちゃう~。

>先ほど飲んだ秘薬のせいか足の状態もよい。荷物を殆どおいて空身で頂上へ
> 向かう。標高は有るものの、この南斜面は雪が皆無だ。身体が楽なこともあってしゃべりながら歩いていると30分ほどで
> あっけなく着いてしまった。初めて白山に登ったAさんは拍子抜けのようだ。

快調快調でよかったやん!


>  しかしいい天気だ。雲が殆ど無くアルプスの山々がよく見える。6月に登った山としては自分としては最高峰では
> ないだろうか。天気さえ許せば夏の来る前のこの時期は静かで良いあと改めて思う。I氏が時々やってくるのもよく分かる。
> あちこちの山を眺め記念写真を撮りしばし景色を堪能する。


I氏は、この時期の白山がお気に入りなんですね~。たんぽぽさんみたい。

お誘いには乗ってみるものですね!


>  帰路は登り帰しが殆ど無いので気分も楽。室堂で荷物を整えいざ出発。でも降りるのが少し惜しいかな。白山の
> 勇士を振り返りつつ降りていく。途中すこし急な斜面でシリセードを試みる。結構滑るなあと思ったら勢いがつきすぎ
> 少しヒヤッとする。やっぱりこれは面白いけど場所を選ばねばです。


山日和流にシリセードでしたか?

滑っても止まる場所が安心だわ~。


> 雪が消えてからも長い道がつづく。白水湖のコバルトブルーが美しいがなかなか近くにならない。途中に咲く桜やコブシ
> (タムシバ?)を愛でて気分をごまかしつつ殆ど車のいなくなった駐車地に帰りついた。

この時間でもほとんどの方が下山済みやったんやね~。あと何台ほど?


> それにしても下山後相当経ってからまた足が攣ってしまった。まだまだ体力が回復していないのだろうか。

ゆっくり回復ですね~。
水分しっかり取りましたか?

気の合う仲間登山、楽しめてよかったね!

また、どこかで偶然お出会いするかもね。

海外出張に、またお出かけですか?体大事にしてくださいね。

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。☆



No.14: Re^2: 体力は戻ったのだろうか...?   [No.13への返信]
日時: 2010/06/18 07:14
名前: Kasaya ID:iYBSiqy2

とっちゃん こんばんは

> 伊吹登山口でお出会いした、メンバーと同じかな?
そうです。このメンバーの組み合わせは2回目。ということは2回ともとっちゃんとすれ違って
いることになります。偶然かなあ

> 同じ日に白山に登っていたのに、今回は、ニアミスで残念でした。御池の時みたいに、遭遇できれば嬉しかったのにね。
そしたら偶然が重なりすぎてちょっと怖い。会えたらうれしかったと思うけど

> 私達は、4時起床で平瀬の道の駅を出発した頃だね。
そこでヤマメさんと前泊でしたか。登山口では何も無くて不便ですよね。

> でも、やっぱり遠いよ~。私のとこからは、余裕見て4~5時間見てます。3時間なら近いかな。
3時間といえば、宇都宮から尾瀬ぐらいの感じです。考えてみればよく日帰りで行ってました。
やっぱり行く気の問題です。

> もうすっかり、体がなじみましたか?
なじむはずでしたが、今度はポーランドにいます。この時間で夜の12時過ぎ。また時差ぼけで
苦しんでます

> 白い峰が見えると、気分上々ですね。
そうです。鈴鹿ではありえない景色です。

> それぞれのペースですね~。無理をすると、後で疲れがどっときてしまう。
K氏はほんとにマイペース。最初は遅いなあと思って心配してましたが
いつもひょこひょこと登ってきます。これが疲れないのでしょう。

> 室堂にまわったんですね。
この時点では登頂できるか半信半疑でした。

> ご飯の威力はすばらしい。ほんとに、力が出てきちゃう~。
腹が減っては何とやら。何は無くとも食べるということは大事です。

> 快調快調でよかったやん!
K氏は相変わらずマイペース。まあ空身だとずいぶん違います

> I氏は、この時期の白山がお気に入りなんですね~。たんぽぽさんみたい。
タンポポさんのようなルート取りはしません。まっとうな登山者です(笑)でも雪のある高所には
よく登っているようです。来春はまた雪の高所へ一緒に行きたいなあと思ってます。

> 山日和流にシリセードでしたか?
> 滑っても止まる場所が安心だわ~。
場所はしっかり確認必要ですね。それとしっかりしたビニール袋も持たなくては

> この時間でもほとんどの方が下山済みやったんやね~。あと何台ほど?
登山口に一番近い駐車場には1台残ってました。ひょっとしてそれでしたか

> 気の合う仲間登山、楽しめてよかったね!
昔からの仲間なので気が楽です。

> また、どこかで偶然お出会いするかもね。
なんかまたありそうですね。

> 海外出張に、またお出かけですか?体大事にしてくださいね。
ありがとうございます。今度はポーランドからハンガリーで11日間と比較的短い。
時差ぼけの直る暇がありません。

kasaya

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成