ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド17: 中将岩から南亦山、薗越周回
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/22 22:43
名前: Trail Walker ID:KBAoIwk2

 今日は何処に行こうか決めかねていた、鈴鹿の孫太尾根か、台高か、もしかして台高は霧氷かもなんて。
でもイザ行程を考えると臆病風ならぬ億劫風が吹くのだ、少し近場にしようなんて

 で、ようやく考え付いたのが中将岩、以前から地形図に名が入ってるので気になっていたのだ。それと薗越道も大内山側は歩いた事が無いのでぐるっと周回コースを考えた。

 【山域】大紀町大内山
 【日時】H22年3月22日(月)
 【コース】青山林道分岐P6:40-中将岩8:20-P771(大平谷の頭)9:15-南亦山10:30~45-千石越え11:30-101鉄塔12:27~13:00(昼飯)-門の倉13:33-薗越え14:50-青山林道分岐P15:45

 R42号を走り大内山に入る、頭の宮、大内山グリーンパークを通り千石越えの道に入る、青山林道が分岐している所に駐車、帰路である薗越えの下降点を確認して準備をしていると、森林組合の車が2台青山林道に入っていった、朝早くからやってくるのだな、早出なんだな。

 沢を渡って対岸の植林地に取り付く、ウラジロの茂る斜面を上がると作業道が有り尾根に向かって登っていくと、なんと立派な林道が横切っていた、そのままのぼり尾根に出た。
 最近間閥下ばかりのようで緑の葉を付けた杉が横たわる,尾根芯だけ僅かに赤松などが残されているが面白くないところだ。

 風が強く冷たいのが予想外、手も冷たくなったので軍手を重ねる、必要無いと思われた目だし帽もお出ましだ。
やがてチエーンソーの音が鳴り響く先ほどの人らが間閥でも始めたのであろう、青山林道終点に置いてある車も見える、この音はずーっと続いていた。

 中将岩の下端まで来ると植林地も脇に追いやられ自然林となった、崖を覗こうと左に寄る、岩場だが木が生えているのでそのまま登れそうなのでよじ登っていく、どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、岩場にはシャクナゲや、ヒカゲツツジが沢山開花時期にはさぞかし見事なのだろう。

 GPSをみてみると地図ソフトに中将岩が表示されていて撮影スポットのアイコンが付いているではないか、そんなメジャーな場所だったの?
 岩の上端に出たここがどうもアイコンの場所らしいがそれ程良い展望でもないのだ、上は穏やかな自然林だがテープが無いのが不思議だ、あまり人が来ないのだろうか。ここは展望を楽しむより花を楽しむ所の様な気がした。
 少し進むと大内山グリーンパークからの登路が上がっていたその先の岩場ピークが真弓の行者山で役の行者像が祭られていた。

 足元がサクサク言うので見ると霜柱が立っている寒いはずだわ、今日はもっと暖かくなるとおもったのだが
 
 大平谷の頭と大平谷高を過ぎ(こんな似た名前付けるなよ)大滝小滝からのコースが合流、森林公園の東屋に出ると夫婦連れが上がってきた、結局本日出合ったのはこの二人だけ。

 森林公園ではバイケイソウ新芽を伸ばし、シキミやアセビの花が咲いていた、夫婦連れの後を追い南亦山へ、軽くおにぎり1ヶ食べて千石越えに降りる。

 ここからの登り返しがしんどいのだ、鉄塔の続く尾根、鉄塔に出るたびに開ける展望、最上部が101番鉄塔だ、ここまで来ると、旧宮川村薗方面も見えるようになる、しゃりばてぎみで門の倉の展望岩までは持ちそうも無いのでここで昼飯、何時しか風も収まり陽だまりで暖かい、昨日の様な黄砂も無く展望を楽しみながらカップラーメンを食べた。

 門の倉は両側に岩グラが立ち鞍部が抜けているので門の様に見えるのだが、鞍部からは植林地を巻き上に出るのだが、かなり高さが有り疲れた体に応える。

 ここに登るルートは千石越え道の途中からケヤキ平らを経て登ってくるルートが有る、そのルートを分けると薗越へのルートは余り人が入らないようで賑やかだったテープマーキングもかなり少なくはなる、がここからが岩場が多く展望もいいので飽きないコースなのだが。
  
 こちらに入ってからどうも先行者の靴とストックの跡が有るようだ、跡を追いながら薗越えに到着、ここに来るのはこれで4度目だろうか彼方此方からのルートの交点になっている所だ。今回はここから大内山側に下りる、旧宮川村は殆んど消えてしまっているがこちら側はどうなのだろう、テープはしっかり付いているようだ。
 
 ほぼ谷に沿って降りていく、先行者もここを降りたようだ、会えるだろうかと考えつつ降りていく、荒れた道で滑り落ちるように降りる、途中枝谷に掛かる滝で休憩、水量は少ないが中々良い滝である。
 丸太橋の落ちている所も有り、おお巻きして降り付いた所は堰堤で土で埋まった上部を渡ると左岸に林道の終点が有った。本来の薗越え道は右岸に有るはずだがもういいやと林道を歩く、少し前まで伐採の音がしてたけどもう終えて帰ったみたいだ、帰るのも早いんだね 、結局先行者には会うことも無かったのでした。

 ルート調べをカシミールでやると縮小、拡大で見るので距離感が判りにくいのか、今回は思った以上のロングコースでした、最近膝が痛くて今日はサプリ増量したけど効く訳ないよね   
 
 
 






 
No.1: Re: 中将岩から南亦山、薗越周回
日時: 2010/03/22 23:54
名前: zipp ID:Xhi0zR0.

 こんばんは、T.Wさん。
中将岩に反応しました(^^;

>  R42号を走り大内山に入る、頭の宮、大内山グリーンパークを通り千石越えの道に入る、青山林道が分岐している所に駐車、
 ルートで「青山林道」が何処もことかと?に思ってたらここのことなんですね。

>  最近間閥下ばかりのようで緑の葉を付けた杉が横たわる
 間伐でっしゃろ?どこのfepを使っているのやら(^^;

>  中将岩の下端まで来ると植林地も脇に追いやられ自然林となった、崖を覗こうと左に寄る、岩場だが木が生えているのでそのまま登れそうなのでよじ登っていく、どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、岩場にはシャクナゲや、ヒカゲツツジが沢山開花時期にはさぞかし見事なのだろう。

 以前に「間弓の行者山」から中将岩を探ったことがあります。
たしか昔々ナントカ中将が岩屋に住んでいて、時代がすすんで子供たちが谷で遊んでいてコウベを拾ったものがその中将の頭蓋骨だったとかでそれを奉ったのが頭の宮神社だとか(エエ加減な記憶です)。
でっ、あの辺りの嵓を幾つか探ったんだけど、いまだにどれが中将嵓なのかわからんままなんです。標識とかあるのかなぁ?

>  大平谷の頭と大平谷高を過ぎ(こんな似た名前付けるなよ)大滝小滝からのコースが合流、森林公園の東屋に出ると夫婦連れが上がってきた、結局本日出合ったのはこの二人だけ。
 なんかねぇ・・・。
この辺りも某氏(宮川ルネッサンス協会だったかで、山案内しているシト)のルート整備が延びてきておりますね。
ルート整備はそれ程意見するつもりも無いけど、テキトーな山名を付けるのは止めてもらいたいものです。
もうちょっと、地元の人に確認して欲しいし、「高」と「頭」の名称にも気をつけて欲しいものだと思う。

>  ここに登るルートは千石越え道の途中からケヤキ平らを経て登ってくるルートが有る、そのルートを分けると薗越へのルートは余り人が入らないようで賑やかだったテープマーキングもかなり少なくはなる、がここからが岩場が多く展望もいいので飽きないコースなのだが。
 旧宮川村側の千石越えは残って無いけど、旧大内山村側の千石越えは残ってますよね 。そうか、ここは整備されて無いんだ

> 今回はここから大内山側に下りる、旧宮川村は殆んど消えてしまっているがこちら側はどうなのだろう、テープはしっかり付いているようだ。
 ん?テープもしっかり!ありましたか、がちょーん。

 この辺り、随分はいってないな。
昨日は、大杉谷だったけど、宮川ダム湖周辺のソメイヨシノは3分咲きで、ミツバツツジや日陰ツツジが随分咲いてました。この辺りは、T.Wさんが登られた山域より随分暖かいのだと実感しました(まぁダム湖の影響もあるだろうけど)。
No.2: Re^2: 中将岩から南亦山、薗越周回   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/23 19:47
名前: Trail Walker ID:SQ9CJekA

>  こんばんは、T.Wさん。
> 中将岩に反応しました(^^;

zippさんどうも~、お目にとまりましたか~?

>>  R42号を走り大内山に入る、頭の宮、大内山グリーンパークを通り千石越えの道に入る、青山林道が分岐している所に駐車、
>  ルートで「青山林道」が何処もことかと?に思ってたらここのことなんですね。

 「林道青山線」だったかな、一応レポ書くのに見ておいただけ

>>  最近間閥下ばかりのようで緑の葉を付けた杉が横たわる
>  間伐でっしゃろ?どこのfepを使っているのやら(^^;
 なんですかfepってBingったけどわかんないや、やっぱググらないと駄目かな?

>>  中将岩の下端まで来ると植林地も脇に追いやられ自然林となった、崖を覗こうと左に寄る、岩場だが木が生えているのでそのまま登れそうなのでよじ登っていく、どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、岩場にはシャクナゲや、ヒカゲツツジが沢山開花時期にはさぞかし見事なのだろう。
>
>  以前に「間弓の行者山」から中将岩を探ったことがあります。
> たしか昔々ナントカ中将が岩屋に住んでいて、時代がすすんで子供たちが谷で遊んでいてコウベを拾ったものがその中将の頭蓋骨だったとかでそれを奉ったのが頭の宮神社だとか(エエ加減な記憶です)。
> でっ、あの辺りの嵓を幾つか探ったんだけど、いまだにどれが中将嵓なのかわからんままなんです。標識とかあるのかなぁ?
  
 写真の岩全体が中将岩(ちゅうじょうぐら)なのでしょう、下から見ても岩に木が生えているので岩壁にはみえにくいです。マダラに見えるのが木なんですね。
 行かれた事が有るのですね、上から来ると岩嵓の感じはあまりしないかもしれないです。垂直壁の中間に巾1m位の岩棚というのか、バンドが有って若干登り気味に横切っています、バンドに降りるのがちょっとしんどいかもしれませんが、崖側に木もあり通過できそうです、ここに立てばスリルと、凄い展望が得られそうですが止めました、zippさん是非味わってみてください

 鉄塔尾根から横から撮った写真シャッポ山みたい。


 標識やプレートはなかったですね、でも森林公園には道標に中将岩→と書いて有りましたけど 誘導するな思いました。

>>  大平谷の頭と大平谷高を過ぎ(こんな似た名前付けるなよ)大滝小滝からのコースが合流、森林公園の東屋に出ると夫婦連れが上がってきた、結局本日出合ったのはこの二人だけ。
>  なんかねぇ・・・。
> この辺りも某氏(宮川ルネッサンス協会だったかで、山案内しているシト)のルート整備が延びてきておりますね。
 そうね4月にもこの辺り2回ほど企画あがってましたね、「行ってみようかな」なんて見てましたが

> ルート整備はそれ程意見するつもりも無いけど、テキトーな山名を付けるのは止めてもらいたいものです。
> もうちょっと、地元の人に確認して欲しいし、「高」と「頭」の名称にも気をつけて欲しいものだと思う。

「頭」より「高」の方が高いのかな?反対の様に思うけど???


>  旧宮川村側の千石越えは残って無いけど、旧大内山村側の千石越えは残ってますよね 。そうか、ここは整備されて無いんだ
 千石越えは残ってるのですか。
薗越えは整備なしです、道が残っているのではなくテープルートが有るだけかも知れないです、はっきりした道型は少ないです。

>  この辺り、随分はいってないな。
一時は頻繁でしたがね、私はzippさんの影響をお~きく受けました

鉄塔尾根P827には真新しい巣箱が十数個程かかってました、調査なのかな?

> 昨日は、大杉谷だったけど、宮川ダム湖周辺のソメイヨシノは3分咲きで、ミツバツツジや日陰ツツジが随分咲いてました。この辺りは、T.Wさんが登られた山域より随分暖かいのだと実感しました(まぁダム湖の影響もあるだろうけど)。

オーもう咲いてますか、カタクリは見かけましたが未だ葉っぱ一枚です、蕾も確認できず、コブシが白く覗いてましたがまだ花見山行には早かったです。
 それはそうと大杉谷ってもう入れるようになったですか、復旧工事ってやってるのでしょうか?
                                                            TW
No.5: Re^3: 中将岩から南亦山、薗越周回   [No.2への返信]
日時: 2010/03/25 00:01
名前: zipp ID:U0lmn6hk

 どもです。T.Wさん。

>  なんですかfepってBingったけどわかんないや、やっぱググらないと駄目かな?
 すんまへん。fepって、日本語変換ソフトのことです。
たろーなんてのが初期でしたっけ。atokとかimeのことです。

>  写真の岩全体が中将岩(ちゅうじょうぐら)なのでしょう、下から見ても岩に木が生えているので岩壁にはみえにくいです。マダラに見えるのが木なんですね。
 げっ!T.Wさんの画像で見ると大きな嵓ですね!
林道からこんな大きな嵓は見えてないと思ってました(^^;。小さな嵓(といっても結構な嵓なんですが)を探索しておりました。
これは確認しに行かないと・・・

>> もうちょっと、地元の人に確認して欲しいし、「高」と「頭」の名称にも気をつけて欲しいものだと思う。
> 「頭」より「高」の方が高いのかな?反対の様に思うけど???
 なんで「犬戻り高」が郡界尾根にあるのだ!?とかって云う話です。
頭と高は、高いとか云うんじゃなくって区別して欲しいもんです。
頭は、基本的に谷の源頭を指すものだと思います。

>>  旧宮川村側の千石越えは残って無いけど、旧大内山村側の千石越えは残ってますよね 。そうか、ここは整備されて無いんだ
>  千石越えは残ってるのですか。
> 薗越えは整備なしです、道が残っているのではなくテープルートが有るだけかも知れないです、はっきりした道型は少ないです。
 T.Wさん、わたしの間違いを知ってて書いたでしょう?(^^;
千石越じゃなくって、薗越の間違いでした。

> 鉄塔尾根P827には真新しい巣箱が十数個程かかってました、調査なのかな?
 調査で巣箱は付けないと思いますよ。ヘンな愛好団体でもいるのかな?

> オーもう咲いてますか、カタクリは見かけましたが未だ葉っぱ一枚です、蕾も確認できず、コブシが白く覗いてましたがまだ花見山行には早かったです。
>  それはそうと大杉谷ってもう入れるようになったですか、復旧工事ってやってるのでしょうか?
 稜線のカタクリは、4月20日は過ぎないと咲かないでしょう。
わたし的には「大杉谷」とは、宮川ダム上流域を指してて、大和谷も父ヶ谷も指すんです(^^;。
大台ケ原への登山ルートとしての大杉谷ですが、工事の実際の手は着けられて無いでしょうが、昔の右岸ルートはまだ端々に残っていると思いますよ。いわゆる遷宮伐採道・千古の道と云うやつ。
No.3: Re: 中将岩から南亦山、薗越周回
日時: 2010/03/23 20:14
名前: pana ID:1eTcc9Wc
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/mikiandsyo

Trail Walkerさんこんばんわ。
南亦山に反応して出てきました~♪
ここはずっと登ってみたくて・・・登れてないのです。
ふもとの牛乳のお風呂には入ったのですが・・・


>  ルート調べをカシミールでやると縮小、拡大で見るので距離感が判りにくいのか、今回は思った以上のロングコースでした、最近膝が痛くて今日はサプリ増量したけど効く訳ないよね   

若いのに、膝を痛めてるのですか~
お大事にしてくださいね。
私はこの年まで、膝は一度も痛くなったことがないです。
Trail Walkerさんのように長時間歩いてないのだと思います。

それにしても三重県って、いい山が多いですね。
私は3連休は入笠山へ行ってきました。
No.4: Re^2: 中将岩から南亦山、薗越周回   [No.3への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/23 22:28
名前: Trail Walker ID:SQ9CJekA

panaさんこんばんわ。
> 南亦山に反応して出てきました~♪
> ここはずっと登ってみたくて・・・登れてないのです。

panaさん所からなら台高より遠いですからね。
森林公園の駐車地からなら1時間位で登れるそうです、私は何回か行ってますが公園ルートは登った事が有りません
 雰囲気は良いですよ、ブナも有るし、台高の山も眺められます(写真の奥の稜線が古ヶ丸山~白倉~大熊谷頭です)
 
> ふもとの牛乳のお風呂には入ったのですが・・・
 入った事無いです、お肌ツルツルですか ?

> 若いのに、膝を痛めてるのですか~
> お大事にしてくださいね。
> 私はこの年まで、膝は一度も痛くなったことがないです。

 panaさんとは同年代じゃないかと勝手な推測をしてますが羨ましい事ですね。
私は腰も弱いし、鍛えようとしても鍛えられないのは体に素質が無いかららしいです、それをわきまえて行動しないといけないのですが、「そんな殺生な」ですよね、悪化するまで止まりそうに有りません。


> Trail Walkerさんのように長時間歩いてないのだと思います。
 体に素質が有るのでしょうきっと。

> 私は3連休は入笠山へ行ってきました。
 スノーシューハイキングでしょうか?、天気良かったら最高でしょうね、行ってみたいなぁ    TW

No.6: Re: 中将岩から南亦山、薗越周回
日時: 2010/03/25 22:40
名前: グー(伊勢山上住人) ID:rZOlEXAw
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

おまたせ~~、Trail Walker さん。 ヤット亀。

> でもイザ行程を考えると臆病風ならぬ億劫風が吹くのだ、

「行程」って、ハンドルを握っての行程しかオツム働かないの?
ドエリャー長い「行程」を歩いてまンがな。

>  頭の宮、大内山グリーンパークを通り千石越えの道に入る、青山林道が分岐している所に駐車、

さてと、カシミールを立ち上げようか。
添付してもらっている地図は細かすぎて、私の目には優しくない。

> 尾根芯だけ僅かに赤松などが残されているが面白くないところだ。

行くのヤメ。

> 必要無いと思われた目だし帽もお出ましだ。

変温動物。 まだソンナン持って歩いているの?

> どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、

ちょっと興味が湧いてきたカナ。

しかし、「岩」って書いて「クラ」って読まなくても「嵓」って書けばいいのに。

>  岩の上端に出たここがどうもアイコンの場所らしいがそれ程良い展望でもないのだ

やっぱり、行くのはヨソウ。

> 岩場ピークが真弓の行者山で役の行者像が祭られていた。

やっぱり、行ってみようかな?

(ナンカ私、優柔不断の時間つぶしをやってるみたい。無駄な人生を送っています)

>  森林公園ではバイケイソウ新芽を伸ばし、シキミやアセビの花が咲いていた、夫婦連れの後を追い南亦山へ、軽くおにぎり1ヶ食べて千石越えに降りる。

あっさり表記ですなぁ。
山の神の「ズボンも靴も汚れない山」とのご所望にこたえて登ったトコなのに。
別にレスすることも無いけれど。

> カップラーメンを食べた。

ちゃんとほぐれてから食べた? 硬いまま食べちゃ、消化に悪いよ。

> かなり高さが有り疲れた体に応える。

このコース、アップダウンが10回以上あるけど、Trail Walker さんに任せるわ。
私、赤ゾレ山に登った後で、・1316馬駈け場への登りが息タエダエ。

> 今回は思った以上のロングコースでした、最近膝が痛くて

私の目に合う地図を印刷するなら4枚になっちゃうよ。
コンだけ足を酷使しないと満足できない体って、キノドクに思ふ。

ヒザ、お大事に。

                    グー(伊勢山上住人)
No.8: Re^2: 中将岩から南亦山、薗越周回   [No.6への返信]
1. 一升飲んだど!

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3. 真弓行者山からの展望

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/26 21:31
名前: Trail Walker ID:R6KAa.Sc

 
(ひとりごと)同じ日にレポあげてもグ~さんのは500hitをはるかにこえてるのに私のは200チョツトこの差は山域の差か顔の差か?まぁカウント競争じゃないからな




> おまたせ~~、Trail Walker さん。 ヤット亀。
 
グ~さんどうも~ 「亦ね!」とだじゃれて終わりかとおもってました うれしいな。


> 「行程」って、ハンドルを握っての行程しかオツム働かないの?
 「高低」じゃないよ、やっぱり足伸ばすとどうしても長い行程を考えてしまう貧乏性、帰りの渋滞もいやなんです。
> ドエリャー長い「行程」を歩いてまンがな。
 どうも地形図縮小しすぎたようで、A4に収まったのでいいかなと  

>>  頭の宮、大内山グリーンパークを通り千石越えの道に入る、青山林道が分岐している所に駐車、
>
> さてと、カシミールを立ち上げようか。
> 添付してもらっている地図は細かすぎて、私の目には優しくない。

  私も 見えない老眼です
>> 尾根芯だけ僅かに赤松などが残されているが面白くないところだ。
>
> 行くのヤメ。
 ここだけで決めないで!

>> 必要無いと思われた目だし帽もお出ましだ。
>
> 変温動物。 まだソンナン持って歩いているの?
 備えあれば ・・・ですよ、厄にたちました?

>> どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、
>
> ちょっと興味が湧いてきたカナ。

 でしょ!ルート貼っときますよ、日蔭 の時に行ってね。もう直ぐ人気コースになるかも

> しかし、「岩」って書いて「クラ」って読まなくても「嵓」って書けばいいのに。

 きっと変換ででないのでしょ!私のもでないもんね。

>>  岩の上端に出たここがどうもアイコンの場所らしいがそれ程良い展望でもないのだ
>
> やっぱり、行くのはヨソウ。
だめ!
>> 岩場ピークが真弓の行者山で役の行者像が祭られていた。
>
> やっぱり、行ってみようかな?
 お仲間が呼んでましたよ、あれはグ ~さん像?

> (ナンカ私、優柔不断の時間つぶしをやってるみたい。無駄な人生を送っています)
 今こそ決断の時です!

>>  森林公園ではバイケイソウ新芽を伸ばし、シキミやアセビの花が咲いていた、夫婦連れの後を追い南亦山へ、軽くおにぎり1ヶ食べて千石越えに降りる。
>
> あっさり表記ですなぁ。
だって公園だもの。

> 山の神の「ズボンも靴も汚れない山」とのご所望にこたえて登ったトコなのに。
> 別にレスすることも無いけれど。
でしょ、私も山の神引っ張ろうかな

>> カップラーメンを食べた。
>
> ちゃんとほぐれてから食べた? 硬いまま食べちゃ、消化に悪いよ。

30分も休憩しましたし、即沸騰が売りのジェットボイルだから、でもグ~さんツアーでは性能発揮できなかったナァ~。
>> かなり高さが有り疲れた体に応える。
>
> このコース、アップダウンが10回以上あるけど、Trail Walker さんに任せるわ。
> 私、赤ゾレ山に登った後で、・1316馬駈け場への登りが息タエダエ。

 もうそんな手には乗りません、化けの皮ははがれてますからね~、本当は伊勢山上に住む天狗 、いぶた上人でしょ!
 山伏の格好をしたぐ~さんの姿が見たい、写真無い?

> コンだけ足を酷使しないと満足できない体って、キノドクに思ふ。
>
> ヒザ、お大事に。

明日があるーさ、明日がある、カウンターアップ行きますか?
                                           亦々行き先に悩むTW
No.7: Re: 中将岩から南亦山、薗越周回
日時: 2010/03/26 19:32
名前: 宮指路 ID:tLP8pO8k

TWさんこんばんは


>  R42号を走り大内山に入る、頭の宮、大内山グリーンパークを通り千石越えの道に入る、青山林道が分岐している所に駐車、帰路である薗越えの下降点を確認して準備をしていると、

これまた渋いコースですね。

>  沢を渡って対岸の植林地に取り付く、ウラジロの茂る斜面を上がると作業道が有り尾根に向かって登っていくと、なんと立派な林道が横切っていた、そのままのぼり尾根に出た。
もっと補助金の使い方を考えてほしい

> やがてチエーンソーの音が鳴り響く先ほどの人らが間閥でも始めたのであろう、青山林道終点に置いてある車も見える、この音はずーっと続いていた。

なにも休日にやらなくてもいいのに。鉄砲よりはいいか
>
>  中将岩の下端まで来ると植林地も脇に追いやられ自然林となった、崖を覗こうと左に寄る、岩場だが木が生えているのでそのまま登れそうなのでよじ登っていく、どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、

見所の一つですね

>  GPSをみてみると地図ソフトに中将岩が表示されていて撮影スポットのアイコンが付いているではないか、そんなメジャーな場所だったの?

Yahoo地図にも載っていますね

>  少し進むと大内山グリーンパークからの登路が上がっていたその先の岩場ピークが真弓の行者山で役の行者像が祭られていた。

割と登山者が入っているんですね
> >  
>  森林公園ではバイケイソウ新芽を伸ばし、シキミやアセビの花が咲いていた、夫婦連れの後を追い南亦山へ、軽くおにぎり1ヶ食べて千石越えに降りる。
この辺りは登山道があるんですか?

>  ここに登るルートは千石越え道の途中からケヤキ平らを経て登ってくるルートが有る、そのルートを分けると薗越へのルートは余り人が入らないようで賑やかだったテープマーキングもかなり少なくはなる、がここからが岩場が多く展望もいいので飽きないコースなのだが。

やっぱり静かなコースがいいですね。TWさんお気に入りのコースですか?
>   
>  ほぼ谷に沿って降りていく、先行者もここを降りたようだ、会えるだろうかと考えつつ降りていく、荒れた道で滑り落ちるように降りる、途中枝谷に掛かる滝で休憩、水量は少ないが中々良い滝である。
古い登山道で最近あまり使われていないのでしょうか

>  丸太橋の落ちている所も有り、おお巻きして降り付いた所は堰堤で土で埋まった上部を渡ると左岸に林道の終点が有った。本来の薗越え道は右岸に有るはずだがもういいやと林道を歩く、

人間どうしても楽な方を選んでしまいますよね。

                               宮指路
No.9: Re^2: 中将岩から南亦山、薗越周回   [No.7への返信]
1. 門の倉

-クリックすると元画像を表示-
2. 門の倉から南亦山を望む

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/26 22:02
名前: Trail Walker ID:R6KAa.Sc

宮指路さんこんばんは

> これまた渋いコースですね。
 
 閲覧数の上がらないコースを選んでみました
>>  沢を渡って対岸の植林地に取り付く、ウラジロの茂る斜面を上がると作業道が有り尾根に向かって登っていくと、なんと立派な林道が横切っていた、そのままのぼり尾根に出た。
> もっと補助金の使い方を考えてほしい

結構植林の手入れをしているみたいですよ、有効活用で登山に使いますか?

>> やがてチエーンソーの音が鳴り響く先ほどの人らが間閥でも始めたのであろう、青山林道終点に置いてある車も見える、この音はずーっと続いていた。
>
> なにも休日にやらなくてもいいのに。鉄砲よりはいいか
  
 日和見で作業なのかな?、 この日は振休だから休みじゃないのでしょう。

>>  中将岩の下端まで来ると植林地も脇に追いやられ自然林となった、崖を覗こうと左に寄る、岩場だが木が生えているのでそのまま登れそうなのでよじ登っていく、どうやら崖の淵を登っていく様で、時折左に寄ると垂直の崖がのぞけるのだ、
>
> 見所の一つですね
   花の時期が良いと思いますよ、岩場の景観そのものは?

>>  GPSをみてみると地図ソフトに中将岩が表示されていて撮影スポットのアイコンが付いているではないか、そんなメジャーな場所だったの?
>
> Yahoo地図にも載っていますね
載ってますね、検索すると 地図ばかりひっかかります。
>>  少し進むと大内山グリーンパークからの登路が上がっていたその先の岩場ピークが真弓の行者山で役の行者像が祭られていた。
>
> 割と登山者が入っているんですね

真弓の行者山 方向へはしっかりテープ、道標有りで、整備されてます。
 
>>  森林公園ではバイケイソウ新芽を伸ばし、シキミやアセビの花が咲いていた、夫婦連れの後を追い南亦山へ、軽くおにぎり1ヶ食べて千石越えに降りる。
> この辺りは登山道があるんですか?

  瀬戸越え道(舗装 ) から森林公園の周回遊歩道が有ります、丸太の階段道が続きますけど。

>>  ここに登るルートは千石越え道の途中からケヤキ平らを経て登ってくるルートが有る、そのルートを分けると薗越へのルートは余り人が入らないようで賑やかだったテープマーキングもかなり少なくはなる、がここからが岩場が多く展望もいいので飽きないコースなのだが。
>
> やっぱり静かなコースがいいですね。TWさんお気に入りのコースですか?
 お気に入りって事は無いですけど 、宮ルネがこの辺りのツアー企画を行ってます。     TW  

http://miyarune.cool.ne.jp/new/new.html
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成