ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド170: 奥美濃30座A級29座目
No.0: 【奥美濃】コカシ洞〜ソボ洞…のんびり気軽に
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/13 22:27
名前: 兎夢 ID:3Pj0E0QQ
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

2010年6月12日(土)晴れ コカシ洞~ソボ洞 奥美濃 山歩き 単独

7:45 金原谷林道駐車地 → 8:30 稜線鞍部 → 8:45~55 コカシ洞鉄塔 →9:30~11:30 ソボ洞山頂 → 12:15 駐車地

 梅雨入り間近だが土曜日は晴れるとの予報。しかも気温も高くなるという。そうなれば沢に行こうという事になるのだが体調が今ひとつ。ここはちょっと身体を休めて軽めのメニューにしよう。
 OSKには奥美濃30座というものが設定されている。設定された山はA級、B級というランク分けがされておりそれぞれに30座ある。A級、B級の基準ははっきりと聞いた事がないが比較的短時間に容易に登れるものがA級、時間がかかり山登り経験を積んだものが登るものがB級といったところか。
 5月にOSKの山行で烏帽子山に行った。その時のメンバーに烏帽子山を登ればあと一座で奥美濃30座B級を完登するという方が見えた。その方に刺激されて自分はどうなのかなと家に帰って調べてみた。するとA級であと2座、B級であと3座だということがわかりビックリ。知らないうちにこんなに登っていたのだ。
 既存の目標に向かって頑張るというタイプではない。100名山とかなんとか興味を持つ方ではない。しかし記録がここまで来ているなら達成しておくのもいいかなという気になる。
 未踏のA級の2座の内ひとつは鷲ケ岳。でもうひとつがソボ洞。軽めのメニューは折角だからソボ洞に行く事にした。
 ソボ洞には幾つかのルートがあるようだが気になるのは素振谷からと金原谷からのもの。どちらも林道が通っており奥まで車で入れるようだ。
 素振谷の林道は一度入った事があり雰囲気がわかる。一方金原谷林道の方は入り口さえわからない。だから素振谷から行こうと思っていたが現地に着くと金原谷林道への入り口が簡単にわかった。でそのまま金原谷へと入っていった。
 舗装された林道は思っていたより走りやすい。しかし奥に入ると舗装はなくなる。それでも比較的いい道でどんどん奥に入っていく。
 左手に登っていく林道を分けたところから先はちょっと車の底を打ちそう。オフロード仕様なら平気だろうが我が愛車では無理。で脇の広場に車を停め歩き出した。
 林道は地形図上の点線がZ字に折れ曲がるところまで続いていた。その先にも続いていたが違う方向に向かっていた。稜線鞍部に向かうには林道を離れて沢沿いの道跡を辿る。
 道跡は始めは明確でわかりやすかったが進むに従ってどこへやら消えてしまう。その代わりに植林を間伐した倒木が沢を埋めるようになり歩きにくくなる。その状態はこれがA級なの?と思わせるくらい。
 沢には途中3m程の滝があった。沢靴なら容易に登れそうな滝だったが登山靴では流石に滑る。直登を諦めて右手から巻いていった。
 沢を詰めていくとかなりの急斜面となり右手の山腹にのる。これとてかなりの斜度で登るのがきつい。本当にA級なの?
 やっとの事で鞍部に近づく。しかし上部に行くに従って斜面がガレている。なんでだと思っていると鞍部には林道が通っていた。
 恐らく日当の方から入ってきている林道だろう。かなりいい林道だから現役で使われていると思われる。
 鞍部からはプラスティックの階段が埋められている鉄塔巡視路を登っていく。これが思ったより急登でかなり汗ばむ。
 左手の二次林が感じがいいなあと思っていると鉄塔広場に出る。見晴らしのいい広場だ。北には舟伏山がぼんやりと見える。その先はもやって見えない。きっと視界のいいときなら奥美濃の山々、特に根尾の山々の絶好の展望台だろう。
 実は途中で地形図を落とした。歩く分にはGPSがあるので問題ないが細かいところが僕のGPSではわからない。でこの時もこの鉄塔広場が最高ピークでコカシ洞だと思っていた。しかし帰ってから調べたらコカシ洞はもう一つ東にあるピークだった。残念。いつぞやリベンジしなければ。
 少し休憩してすぐにソボ洞に向かう。コカシ洞の鉄塔広場からみるソボ洞には同じく鉄塔が建っており切り開かれているようだ。
 鞍部から林道をしばらく辿る。ソボ洞への取り付き尾根のところでガサゴソ音がしたので何だ?と思っているといきなり目の前に動くものが。「わ!」と驚いたがよくみるとそれはお兄さんの乗ったマウンテンバイクだった。あちらもびっくりしたと思うがまさかこんなところで人に会うとは。
 取り付きの尾根に入って植林帯をしばらく進んでいくと鉄塔の建つ広場に出る。ここがソボ洞だ。三角点は広場の南東角にあった。やった!これでA級29座目。残すは鷲ケ岳のみとなった。
 時間が早いので久し振りにゆっくりと休憩した。以前は単独でこういう山歩きをよくしていたのを思い出す。林道があってもひっそりしていて山頂でも誰にも会わずのんびり時を過ごす。称賛するような自然がなくても十分楽しめた。こういう山歩きもいいものだ。
 下山は三角点ピークから南のピークに出てそこから東に下りる尾根を辿っていった。ほぼ植林帯の急斜面で払われた枝がちょっとうるさかった。
No.1: Re: 【奥美濃】コカシ洞〜ソボ洞…のんびり気軽に
日時: 2010/06/14 13:50
名前: 柳川洞吹 ID:WSRaiTNs

兎夢さん こんばんは

>  OSKには奥美濃30座というものが設定されている。設定された山はA級、B級というランク分けがされておりそれぞれに30座ある。A級、B級の基準ははっきりと聞いた事がないが比較的短時間に容易に登れるものがA級、時間がかかり山登り経験を積んだものが登るものがB級といったところか。

奥美濃30座ですか。
どんな山が名を連ねてるんでしょうね。
百名山や二百名山の類のコレクションはワシの趣味ではないですが、
奥美濃30座がどこか、ちょいと興味が湧きます。

>  未踏のA級の2座の内ひとつは鷲ケ岳。でもうひとつがソボ洞。軽めのメニューは折角だからソボ洞に行く事にした。
>  ソボ洞には幾つかのルートがあるようだが気になるのは素振谷からと金原谷からのもの。どちらも林道が通っており奥まで車で入れるようだ。

数年前に、洞吹の「洞」シリーズで素振谷から入ってソボ洞とコカシ洞へ登りましたが、
ひと気のない静かな山でした。

>  素振谷の林道は一度入った事があり雰囲気がわかる。一方金原谷林道の方は入り口さえわからない。だから素振谷から行こうと思っていたが現地に着くと金原谷林道への入り口が簡単にわかった。でそのまま金原谷へと入っていった。

ワシのときは、たまたま素振谷の林道が工事中で通行止めだったので、林道入口から全部歩いて行きました。

>  道跡は始めは明確でわかりやすかったが進むに従ってどこへやら消えてしまう。その代わりに植林を間伐した倒木が沢を埋めるようになり歩きにくくなる。その状態はこれがA級なの?と思わせるくらい。

ブログの写真を拝見しましたが、あれじゃ歩けないですね。

>  やっとの事で鞍部に近づく。しかし上部に行くに従って斜面がガレている。なんでだと思っていると鞍部には林道が通っていた。
>  鞍部からはプラスティックの階段が埋められている鉄塔巡視路を登っていく。これが思ったより急登でかなり汗ばむ。

ここが、ガマンのしどころです。

>  左手の二次林が感じがいいなあと思っていると鉄塔広場に出る。見晴らしのいい広場だ。北には舟伏山がぼんやりと見える。その先はもやって見えない。きっと視界のいいときなら奥美濃の山々、特に根尾の山々の絶好の展望台だろう。

残念でしたね。
ワシのときも山側はガスでした。
濃尾平野のほうは晴れていたので、そちらばかり眺めてました。

>  実は途中で地形図を落とした。歩く分にはGPSがあるので問題ないが細かいところが僕のGPSではわからない。でこの時もこの鉄塔広場が最高ピークでコカシ洞だと思っていた。しかし帰ってから調べたらコカシ洞はもう一つ東にあるピークだった。残念。いつぞやリベンジしなければ。

コカシ洞、惜しかったですね。
あと2分ほど先に進んだところなんですけどね。
ただ、展望のない林の中の、ピークとは言い難いなだらかな通過点みたいなところでしたよ。

>  取り付きの尾根に入って植林帯をしばらく進んでいくと鉄塔の建つ広場に出る。ここがソボ洞だ。三角点は広場の南東角にあった。やった!これでA級29座目。残すは鷲ケ岳のみとなった。

趣味ではないと言っても、数が埋まっていくのは、それはそれで楽しいものがありますね。

>  時間が早いので久し振りにゆっくりと休憩した。以前は単独でこういう山歩きをよくしていたのを思い出す。林道があってもひっそりしていて山頂でも誰にも会わずのんびり時を過ごす。称賛するような自然がなくても十分楽しめた。こういう山歩きもいいものだ。

いいですね。
林道があっても、なんにもなくても、それなりに充分楽しめる静かな山歩きは、
ワシにも合っているようです。

よい山旅を!
                                 洞吹(どうすい)
No.2: 奥美濃30山…いくつ登れたかな?   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/06/16 20:54
名前: 兎夢 ID:6WTWW0Tg
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

洞吹さん、こんばんは。
ご無沙汰してます。

> 奥美濃30座ですか。
> どんな山が名を連ねてるんでしょうね。
> 百名山や二百名山の類のコレクションはワシの趣味ではないですが、
> 奥美濃30座がどこか、ちょいと興味が湧きます。

正確には「奥美濃30山」でした。
内訳は以下の通りです。

奥美濃30山 

A級:
大日岳、鷲ケ岳、母袋烏帽子、蕪山、高賀山、瓢ヶ岳、今渕ケ岳、天王山、
権現山、大白木山、魚金山、岩岳、舟伏山、釜ケ谷山、妙法岳、ソボ洞、池田山、
小島山、冠山、ミノマタ、金糞岳、貝月山、鍋倉山、伊吹山、国見山、笙ケ岳、
養老山、霊仙山、烏帽子岳、三国岳

B級:
毘沙門岳、滝波山、刈安山、能郷白山、屏風山、平家岳、美濃平家、高屋山、日永岳、
クラソ明神、ドウの天井、雷倉、花房山、タンポ、金草岳、若丸山、三周ケ岳、
高丸、美濃俣丸、笹ケ峰、釈迦嶺、烏帽子山、不動山、湧谷山、蕎麦粒山、
天狗山、小津権現、虎子山、鎗ケ岳、烏帽子岳、
(山名はOSK資料の表記のまま)

とこれだけ書いて気付いた!
天王山にまだ登ってない!
ということでA級はまだ2座残っていました。

> 数年前に、洞吹の「洞」シリーズで素振谷から入ってソボ洞とコカシ洞へ登りましたが、
> ひと気のない静かな山でした。

確か洞吹さんのレポがあった気がするなあと思ったらやっぱり。
内容忘れちゃいましたけどね。

> ワシのときは、たまたま素振谷の林道が工事中で通行止めだったので、林道入口から全部歩いて行きました。

素振谷も今は車で奥まで入れます。どっちにしようか迷いました。
山協の方からは日当から林道を通っていくといいと教わりました。

> ブログの写真を拝見しましたが、あれじゃ歩けないですね。

ブログの写真はいっそうひどく写ってますが歩けない事はなかったです。

> 残念でしたね。
> ワシのときも山側はガスでした。
> 濃尾平野のほうは晴れていたので、そちらばかり眺めてました。

晴れていれば白山とかも見えるんでしょうね。
視界は悪かったけどそれでも十分満足でした。

> コカシ洞、惜しかったですね。
> あと2分ほど先に進んだところなんですけどね。
> ただ、展望のない林の中の、ピークとは言い難いなだらかな通過点みたいなところでしたよ。

リベンジするかどうかは微妙ですね。

> 趣味ではないと言っても、数が埋まっていくのは、それはそれで楽しいものがありますね。

ゴールが近いと何となくやってみようかなっていう気になります。

> いいですね。
> 林道があっても、なんにもなくても、それなりに充分楽しめる静かな山歩きは、
> ワシにも合っているようです。

肩の力を抜いて歩けるのがいいですね。

              兎夢
No.3: Re: 【奥美濃】コカシ洞〜ソボ洞…のんびり気軽に
日時: 2010/06/18 00:07
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:jSX/XWsk

tutomuちゃん、こんばんは~。


> 2010年6月12日(土)晴れ コカシ洞~ソボ洞 奥美濃 山歩き 単独
>
> 7:45 金原谷林道駐車地 → 8:30 稜線鞍部 → 8:45~55 コカシ洞鉄塔 →9:30~11:30 ソボ洞山頂 → 12:15 駐車地

洞洞ってつくから、洞吹さんの目を惹きそう~。

どこらへんかな?


>  梅雨入り間近だが土曜日は晴れるとの予報。しかも気温も高くなるという。そうなれば沢に行こうという事になるのだが体調が今ひとつ。ここはちょっと身体を休めて軽めのメニューにしよう。

蛇谷では、大分良調子が戻ったように思ったのに、また、体調よくないの?


>  OSKには奥美濃30座というものが設定されている。設定された山はA級、B級というランク分けがされておりそれぞれに30座ある。A級、B級の基準ははっきりと聞いた事がないが比較的短時間に容易に登れるものがA級、時間がかかり山登り経験を積んだものが登るものがB級といったところか。


そんな選定がされてるんだね。


>  5月にOSKの山行で烏帽子山に行った。その時のメンバーに烏帽子山を登ればあと一座で奥美濃30座B級を完登するという方が見えた。その方に刺激されて自分はどうなのかなと家に帰って調べてみた。するとA級であと2座、B級であと3座だということがわかりビックリ。知らないうちにこんなに登っていたのだ。


知らないうちに登っていたのに気が着いた、な~んていうのいいね!


>  既存の目標に向かって頑張るというタイプではない。100名山とかなんとか興味を持つ方ではない。しかし記録がここまで来ているなら達成しておくのもいいかなという気になる。
>  未踏のA級の2座の内ひとつは鷲ケ岳。でもうひとつがソボ洞。軽めのメニューは折角だからソボ洞に行く事にした。


始めて聞いたな~。


>  ソボ洞には幾つかのルートがあるようだが気になるのは素振谷からと金原谷からのもの。どちらも林道が通っており奥まで車で入れるようだ。
>  素振谷の林道は一度入った事があり雰囲気がわかる。一方金原谷林道の方は入り口さえわからない。だから素振谷から行こうと思っていたが現地に着くと金原谷林道への入り口が簡単にわかった。でそのまま金原谷へと入っていった。


その時の具合ってやつね~。

>  林道は地形図上の点線がZ字に折れ曲がるところまで続いていた。その先にも続いていたが違う方向に向かっていた。稜線鞍部に向かうには林道を離れて沢沿いの道跡を辿る。
>  道跡は始めは明確でわかりやすかったが進むに従ってどこへやら消えてしまう。その代わりに植林を間伐した倒木が沢を埋めるようになり歩きにくくなる。その状態はこれがA級なの?と思わせるくらい。


選定の、その頃は、歩きやすかった?


>  沢には途中3m程の滝があった。沢靴なら容易に登れそうな滝だったが登山靴では流石に滑る。直登を諦めて右手から巻いていった。
>  沢を詰めていくとかなりの急斜面となり右手の山腹にのる。これとてかなりの斜度で登るのがきつい。本当にA級なの?


A級の基準があやふやに?


>  やっとの事で鞍部に近づく。しかし上部に行くに従って斜面がガレている。なんでだと思っていると鞍部には林道が通っていた。
>  恐らく日当の方から入ってきている林道だろう。かなりいい林道だから現役で使われていると思われる。
>  鞍部からはプラスティックの階段が埋められている鉄塔巡視路を登っていく。これが思ったより急登でかなり汗ばむ。


階段は、しんどいよ~。


>  左手の二次林が感じがいいなあと思っていると鉄塔広場に出る。見晴らしのいい広場だ。北には舟伏山がぼんやりと見える。その先はもやって見えない。きっと視界のいいときなら奥美濃の山々、特に根尾の山々の絶好の展望台だろう。

奥美濃の展望台ていうのはいいね~。


>  実は途中で地形図を落とした。歩く分にはGPSがあるので問題ないが細かいところが僕のGPSではわからない。でこの時もこの鉄塔広場が最高ピークでコカシ洞だと思っていた。しかし帰ってから調べたらコカシ洞はもう一つ東にあるピークだった。残念。いつぞやリベンジしなければ。


あらら~。

>  少し休憩してすぐにソボ洞に向かう。コカシ洞の鉄塔広場からみるソボ洞には同じく鉄塔が建っており切り開かれているようだ。
>  鞍部から林道をしばらく辿る。ソボ洞への取り付き尾根のところでガサゴソ音がしたので何だ?と思っているといきなり目の前に動くものが。「わ!」と驚いたがよくみるとそれはお兄さんの乗ったマウンテンバイクだった。あちらもびっくりしたと思うがまさかこんなところで人に会うとは。

熊ちゃんかと~。

お互いに、目をまmっまるに?ところで、お兄さんはどこに行かはったの?


>  取り付きの尾根に入って植林帯をしばらく進んでいくと鉄塔の建つ広場に出る。ここがソボ洞だ。三角点は広場の南東角にあった。やった!これでA級29座目。残すは鷲ケ岳のみとなった。


達成の日は、いつかな?

>  時間が早いので久し振りにゆっくりと休憩した。以前は単独でこういう山歩きをよくしていたのを思い出す。林道があってもひっそりしていて山頂でも誰にも会わずのんびり時を過ごす。称賛するような自然がなくても十分楽しめた。こういう山歩きもいいものだ。


地味で、静かな山旅も良し~。自分に帰れる時をすごせたようで、よかったね。

体調が、もどるといいね!

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。☆

No.4: Re^2: 【奥美濃】コカシ洞〜ソボ洞…のんびり気軽に   [No.3への返信]
日時: 2010/06/20 18:38
名前: 兎夢 ID:i1XLWEdQ
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

とっちゃん、またまたこんばんは。

> 洞洞ってつくから、洞吹さんの目を惹きそう~。

洞吹さんはすでに洞シリーズでこの辺りは登ってるみたいですよ。

> どこらへんかな?

樽見の随分手前辺りです。

> 蛇谷では、大分良調子が戻ったように思ったのに、また、体調よくないの?

蛇谷のときも調子がよかったわけじゃないですよ。

> そんな選定がされてるんだね。

あんまり興味がなかったんですが自分が達成間近だと思うと俄然それに向けて進もうと思っちゃいますね。ゲンキンなものです。

> 始めて聞いたな~。

マニアックな山ですからね。

> その時の具合ってやつね~。

そういう事ですね。

> 選定の、その頃は、歩きやすかった?

たぶん歩きやすかったんだと思います。古い道跡もその頃は残っていたんじゃないかな。

> A級の基準があやふやに?

というか選定が古いからだと思います。でもルートによってはより簡単に登れるんですけどね。

> 奥美濃の展望台ていうのはいいね~。

晴れていればいい眺めになりそうでした。

> あらら~。

よくある話です。前にも同じような事やった事があります。

> 熊ちゃんかと~。

身構えちゃいました(^^;

> お互いに、目をまmっまるに?ところで、お兄さんはどこに行かはったの?

日当から続く林道を下っていったんじゃないですかね。

>>  取り付きの尾根に入って植林帯をしばらく進んでいくと鉄塔の建つ広場に出る。ここがソボ洞だ。三角点は広場の南東角にあった。やった!これでA級29座目。残すは鷲ケ岳のみとなった。
>
>
> 達成の日は、いつかな?

実はこれウソがありまして、もう一座天王山という山に登ってませんでした。それも本日(6/20)登ってきたので正真正銘あと鷲ケ岳のみとなりました。

> 地味で、静かな山旅も良し~。自分に帰れる時をすごせたようで、よかったね。

こういう山歩きが好きだなあ。
                  兎夢

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成