ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド194: 【鈴鹿】金山へお散歩ランチ
No.0: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ
1. 涼しいマッタリランチ

-クリックすると元画像を表示-
2. いいよのブナ野

-クリックすると元画像を表示-
3. 地上文字は恋人の名

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/07/01 04:43
名前: 緑水 ID:1Mm.IE46

〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ


朝明10:00 →鳩峰 →11:40金山12:20 →中峠 →朝明13:40 →14:20せせらぎ温泉15:00

サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。

朝のお天気は涼しくて鈴鹿の山並はブルーの姿だ、、、、チョッと山に散歩しょうです。

イロイロ片付けもの済ませて、朝明に着いたのが10時だ。
10台ほどの車が有るよ、観光バス3台には子ども達が水着なのかバスタオルを巻いている。

スッパカブ君は砂防公園にとめる。
今日はできるだけ登山道を外して金山にランチプシューに行くことだ。


猫谷へ入ると大きな炭窯跡がある、そこから右手の尾根を登るのだ。
窯斜面から右手尾根に乗るとかすかだが踏み分けが有るよ。好い感じで登って行くと巾広い古道に出た。
好い感じだね炭窯跡も有るよ、チョイ登れば林道に出た。

見晴らし好い林道、向かい側の斜面崩落は稜線近くまで延びてる、岩壁がむき出してバットレス状これ以上の崩落は止まるかな。
林道の水溜りにはモリアオガエルの泡玉がぶら下がってる。
右手の脆岩も安定してるのか松ノ木はずいぶん大きく育ってる。この尾根もまた訪ねたいものだ。

縦走路への登りは道が付け替えられて歩きやすい、ここの花崗岩はナゼか平板の岩で敷石にピッタリだよ。
鳩峰湿原もササが枯れてなんかスッキリしてるよ。雑木の育ちは気になるけど。
ハト峰の白い山頂、山頂にあった結婚記念碑はモウ無いよ。ユースが流行ってたころの思い出がある。

ナスカの絵文字じゃないけど、ハゲ地に文字が書かれてるストーン列伝だ(^^)
遠足に来た子ども達の作品かな?文字が代わるのがオモシロいね。

ハト峠に湧く清水は夏場も枯れない不思議な感じがするんだ、後の山がコレだけの保水があるように見えないもん。
背後の山はササが枯れて歩けるよな、ここへ登ろうです。

アレ?入ってすぐにこの山肌は人の手が入ってるよが判る。
一巾程度の段々が作られてる??それが何段も緩やかな斜面に着けられてるんだ??畑か??

尾根上は涼しい風が吹き上がってくる、目の下は先ほどの鳩峰が白い三角垂で際立ってみえる。
尾根が収束すれば露岩のピークある。見晴らし好いところ遭難プレートが埋められてる岩だ。

帰って読む西尾本によるとこの山が鳩峰だとか、ハト峠が二つある言ってるが林道からのは昔はなかったよな。
猫谷越えて白滝谷への乗り越しは昔の面影はある、が!これはハト峠じゃないよな。

鳩峰の頭はササヤブ残骸で歩きにくい、鹿は跳ねて走るが足を突かないのかなあ要らぬ心配だね。
登山道を金山分ける鞍部に下りる、緩やかな谷間がヒロサワ枝谷が上がってきてる。
「ヒジムネ谷」って言うのかな?この谷も山稼衆の働き場だろう。歩きやすく成ってるかもね?

鞍部から金山への登り、道スグ右手に水流がある。伊勢側が崩れればこの流れは伊勢谷に落ちるだろう。
いま落ち着いてる伊勢側の崩落帯は大雨降れば、大規模な崩落が出るそんな地形だ。

谷に入り浅い湿気たケモノ道を上がる、いい感じの樹相になってきたよ。
尾根のふくらみに上がると涼しい風は肌に冷たいほどだ、ココは風が良く抜けるんだ。
ブナが目立つ、ソコソコ太いのがあるよ。いい感じじゃないですか。

背は高くは無いが二抱え程あるよ、それに好い間隔での生え方がいいよ。ナンテ名前にする緑ちゃん(^^)
いいよのブナノなんかどうかなあ(^^)
緩やかな谷はササが死んで広がりが明るいよな。向こう側の尾根はヒロサワ出会いに延びてる。

収束する山頂は釈迦ガ岳の見晴らしがバッチグ~だね、時間も好いココでお昼だね。
写真を撮ろうとすれば、なんと金山のプレートが着けられてるよ。縦走路から外れてるから足跡は薄いよ。

尻の落ち着く場所、今日のご馳走を山の神に上げるよ。即お下がりチョウダイだ。
ご馳走は絵のとうりダヨ~ォン、プシューは美味いし釈迦峰景色は一級品ウメ~って鳴くよ。


ラジオは昼のニュース。サムライサッカーの残念さを伝えてる。
いい試合だったのになあ無念だろうなあ、外した選手は俺のせい俺のせいでと泣きじゃくったんだろうなあ。
みんなの力だチョッと足らなかったんだと慰める仲間たち、仲間とはそお言うモンだろうなあ。

   一人はみんなの為に、みんなは一人の為に・・・・想いだす言葉だ。

近江側へ派生する尾根はオモシロそうだね、金山っう名前はナニか隠れてるよ。
ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。

降りながらも道は変わってる、水晶岳のアンテナが見えるよ。右手の高見も大樹が有るよ、ナンだろうなあ。
中峠からユルユルと降りた。

せせらぎ温泉に行こうです。

                     緑水

No.1: Re: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ
日時: 2010/07/01 06:25
名前: グー(伊勢山上住人) ID:xzaC/M3w
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

緑ちゃん、おっはよ~。

昨日は、梅雨の晴れ間、いいお散歩日和でしたね。 湿度も低かったし。

今日も、お日様 サン サン だね。 健康は、毎日の散歩から。 どこへお出かけかな?

> 朝明10:00 →せせらぎ温泉15:00

緑ちゃんは、 コウと決めたら、近鉄電車時刻表だモンね。

緑ちゃん山行迷岳、山頂で「予定時間より遅いんだよな」の不吉なつぶやき。

そして「16時下山」の予定に、ぴったり合わせる山下り。 まいった まいった。

> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。

大会前の評価と、惜しくも敗退後の評価と、
「日本人の思考は、退化しているのではないだろうか?」が、グーの評価です。

> 右手の脆岩も安定してるのか松ノ木はずいぶん大きく育ってる。この尾根もまた訪ねたいものだ。
> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。
> 右手の高見も大樹が有るよ、ナンだろうなあ。

緑ちゃん、モウ小学生になったのかな? 好奇心いっぱいの年頃だね。

今日の絵日記も、楽しみに待ってるよ~。

                                 グー(伊勢山上住人)
No.2: Re^2: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ   [No.1への返信]
1. ヤブ死んで歩き良くなる

-クリックすると元画像を表示-
2. 好い世のブナ野

-クリックすると元画像を表示-
3. ジサマ顔ブナの

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/07/01 08:25
名前: 緑水 ID:1Mm.IE46

グー(伊勢山上住人) さん おはよう ♪ ハピーラッキーツユマだね。
最近かカラスが良く鳴くんだよ。ナンか不吉な声だ、カラスの勝手か(--)

> 昨日は、梅雨の晴れ間、いいお散歩日和でしたね。 湿度も低かったし。

今朝も涼しいよ、夜明けとともに河原へ笹竹取ですよ苗のとりて補助にです。
畑の世話は6時まで、19時から暗くなるまで、毎日収穫があるからうれしいね(^^)


> 今日も、お日様 サン サン だね。 健康は、毎日の散歩から。 どこへお出かけかな?

今日は白子で1・6のつく朝市が立ちます、安いもの買いにお出かけしますよ。
ついでに釣りをしようかな、キスを釣らねば縄文人に戻って食物の確保をです。

>> 朝明10:00 →せせらぎ温泉15:00

> 緑ちゃんは、 コウと決めたら、近鉄電車時刻表だモンね。

決めてるわけでは無いの、自然とそうなっちゃうのよ。
9時過ぎに出ると道はすいてるの、毎日散歩は4~5時間が宜しい。週に3回が身体にムリがないですよ。
温泉してね、帰ってプシューしてヒルネが日課でしょな。毎日香はお盆まで暑いときはムリはあきまへん。

>> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。
>
> 大会前の評価と、惜しくも敗退後の評価と、
> 「日本人の思考は、退化しているのではないだろうか?」が、グーの評価です。

衆聴率が命のマスコミが悪いよな、政治もまた同じだ損得だけで見てるもん。
800兆円の借金ダレが作ったの、欲しがる民が作ったってか。
逝く所までイかな、気がつかない五右衛門ナベのウデ蛙だよね。


>> 右手の脆岩も安定してるのか松ノ木はずいぶん大きく育ってる。この尾根もまた訪ねたいものだ。
>> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。
>> 右手の高見も大樹が有るよ、ナンだろうなあ。
>
> 緑ちゃん、モウ小学生になったのかな? 好奇心いっぱいの年頃だね。

ムカシ青年の頃に、決めた水系を徹底的に歩いたよ。
ムカシ戻ってるのかな、またお気に入りのオカアたまたちと歩こうの下準備でもあります。
体力なしとアルチューハイマー合併症に嫌がられるかも、でも昔のナデシコは優しいよ。


> 今日の絵日記も、楽しみに待ってるよ~。

ネ~、今日から七月だね、15日も学校へ行けば夏休み、それまでにお出かけしなくてワン、ネ。
体力増進には規則正しい生活と、ナンでも食べてよく寝て、ドコへでもお出かけするが好いですね。

準備はオサオサ怠らないようにね
夏対策しましょうです。

                       緑水

No.3: Re: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ
日時: 2010/07/01 13:26
名前: 宮指路 ID:yoBOJ6Is

緑水さん、こんにちは

> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。
実に惜しかったですねぇ~
0-0に押えたから流れでは日本行けそうだったけど・・・好事魔多し
>
> 朝のお天気は涼しくて鈴鹿の山並はブルーの姿だ、、、、チョッと山に散歩しょうです。
寝不足で黄色くなかったですか?
>
> スッパカブ君は砂防公園にとめる。
> 今日はできるだけ登山道を外して金山にランチプシューに行くことだ。
低山詣が続きますね。ひょっとして金鉱でも狙っている?
>
> 猫谷へ入ると大きな炭窯跡がある、そこから右手の尾根を登るのだ。
私と同じことやっている。もっと手前から林道を少し登ってからでも行けますよ

> 窯斜面から右手尾根に乗るとかすかだが踏み分けが有るよ。好い感じで登って行くと巾広い古道に出た。
私も見つけました。

> 見晴らし好い林道、向かい側の斜面崩落は稜線近くまで延びてる、岩壁がむき出してバットレス状これ以上の崩落は止まるかな。
> 林道の水溜りにはモリアオガエルの泡玉がぶら下がってる。
いいもの見つけましたね

> 鳩峰湿原もササが枯れてなんかスッキリしてるよ。雑木の育ちは気になるけど。
ここに来ると屋久島の花之江河を思い出します。この湿原も本来の姿ではないのでしょう  

> ナスカの絵文字じゃないけど、ハゲ地に文字が書かれてるストーン列伝だ(^^)
> 遠足に来た子ども達の作品かな?文字が代わるのがオモシロいね。
もっと嗜好を凝らしたら面白そうですね
>
> ハト峠に湧く清水は夏場も枯れない不思議な感じがするんだ、後の山がコレだけの保水があるように見えないもん。
夜叉が池の水も不思議ですね。

> 尾根上は涼しい風が吹き上がってくる、目の下は先ほどの鳩峰が白い三角垂で際立ってみえる。
> 尾根が収束すれば露岩のピークある。見晴らし好いところ遭難プレートが埋められてる岩だ。
ここは知りませんでした。
> 帰って読む西尾本によるとこの山が鳩峰だとか、ハト峠が二つある言ってるが林道からのは昔はなかったよな。
そう書いてありましたね

> 谷に入り浅い湿気たケモノ道を上がる、いい感じの樹相になってきたよ。
> 尾根のふくらみに上がると涼しい風は肌に冷たいほどだ、ココは風が良く抜けるんだ。
> ブナが目立つ、ソコソコ太いのがあるよ。いい感じじゃないですか。
又、秘密の場所が出来ましたね
>
> 背は高くは無いが二抱え程あるよ、それに好い間隔での生え方がいいよ。ナンテ名前にする緑ちゃん(^^)
> いいよのブナノなんかどうかなあ(^^)
緑ちゃんブナってなのはどう?
>
> ラジオは昼のニュース。サムライサッカーの残念さを伝えてる。
> いい試合だったのになあ無念だろうなあ、外した選手は俺のせい俺のせいでと泣きじゃくったんだろうなあ。
PKは難しいだろうね。どうしても「外したらアカン」という邪念が入る。
無心でやればいいんだろうが人間そんな単純じゃない
ゴルフに通ずるだろう
外した駒野に駆け寄ったパラグアイの選手がいたらしい。勇敢にも日本人の輪の中に入ってきた。何か通ずるものがあったんだろうか?

> 近江側へ派生する尾根はオモシロそうだね、金山っう名前はナニか隠れてるよ。
> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。
竜ヶ岳の金山尾根や蛇谷も怪しいね

946
No.4: Re: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ
1. ハト峰(2週前)

-クリックすると元画像を表示-
2. ハト峰峠の文字位置(2週前)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/07/01 16:50
名前: エム ID:5WjtPJ72

緑水さん、こんにちは。

> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。
大袈裟な言い方かも知れませんが、歴史に残りそうな試合(内容~結果)でした。
>
> 朝のお天気は涼しくて鈴鹿の山並はブルーの姿だ、、、、チョッと山に散歩しょうです。
イイナ~、イイナ~。

> スッパカブ君は砂防公園にとめる。
> 今日はできるだけ登山道を外して金山にランチプシューに行くことだ。
序々に北上ですね、次は釈迦だったりして。
>
> 猫谷へ入ると大きな炭窯跡がある、そこから右手の尾根を登るのだ。
> 窯斜面から右手尾根に乗るとかすかだが踏み分けが有るよ。好い感じで登って行くと巾広い古道に出た。
> 好い感じだね炭窯跡も有るよ、チョイ登れば林道に出た。
例のショートカットコースですね。串カツのような岩の所に出ますね。
>
> 見晴らし好い林道、向かい側の斜面崩落は稜線近くまで延びてる、岩壁がむき出してバットレス状これ以上の崩落は止まるかな。
谷道から見上げると、恐ろしいような光景です。
思わず水晶落ちてないか?なんてキョロつきました(ペグマタイトはあったので運が良ければ水晶も・・・・・)。

> 林道の水溜りにはモリアオガエルの泡玉がぶら下がってる。
> 右手の脆岩も安定してるのか松ノ木はずいぶん大きく育ってる。この尾根もまた訪ねたいものだ。
初めておやじに連れてきてもらった頃、ボンネットダンプ?が入っていたように記憶しています。序々に自然に帰りつつありますが、年数の割りに林道がしかっり残っているのが、却って不思議な感じです。
>
> 縦走路への登りは道が付け替えられて歩きやすい、ここの花崗岩はナゼか平板の岩で敷石にピッタリだよ。
テッペイ石みたいな感じですよね。時々、板石に乗った途端、滑落しそうになりました。

> 鳩峰湿原もササが枯れてなんかスッキリしてるよ。雑木の育ちは気になるけど。
> ハト峰の白い山頂、山頂にあった結婚記念碑はモウ無いよ。ユースが流行ってたころの思い出がある。
結構立派な案内板が立ってたこともありますね。そういえば、ハト峰北側の樹林中(縦走路沿い)の平坦地でテン泊してる人を見掛けたことがありますが、今ではとてもテン泊するような雰囲気じゃなくなってしまいました。
>
> ナスカの絵文字じゃないけど、ハゲ地に文字が書かれてるストーン列伝だ(^^)
> 遠足に来た子ども達の作品かな?文字が代わるのがオモシロいね。
写真みて、いきなり秋狸さんの息子さんかと思いました(ローが無かったのね)。
>
> ハト峠に湧く清水は夏場も枯れない不思議な感じがするんだ、後の山がコレだけの保水があるように見えないもん。
たしかに、不思議です。一度も水が涸れたところを見たことありません。

> 背後の山はササが枯れて歩けるよな、ここへ登ろうです。
> アレ?入ってすぐにこの山肌は人の手が入ってるよが判る。
> 一巾程度の段々が作られてる??それが何段も緩やかな斜面に着けられてるんだ??畑か??
ヘッ?峠西側の尾根ですか?鹿のたむろするハゲ地は気になっていましたが、そんな畑みたいな所あるんですか。
>
> 帰って読む西尾本によるとこの山が鳩峰だとか、ハト峠が二つある言ってるが林道からのは昔はなかったよな。
> 猫谷越えて白滝谷への乗り越しは昔の面影はある、が!これはハト峠じゃないよな。
語源はハトムネとか書かれてますね。私は、この記述を見たとき、現ハト峰が本来のネコ岩じゃないかと思いました(下がネコ谷だし・・・・・)。

この記述を見る以前は、現ネコ岩について、頂部の岩がネコだと言っている人がいましたが、この場をお借りして私の説を・・・・・。

① 釈迦ヶ岳から南下するとネコ岳への急登があり、登り詰めると休息によい岩がある。実はこれはネコの左耳だったりする。
② 左耳岩から頂部の平坦地を南に少し歩くと、下り始める前にやや小さい岩がある。これが何とネコの右耳なのだ。
③ とすると、ネコ岳とはお釈迦さまの頭の背後でハコ座りしているネコの形をした山と言うことになる・・・・・ような気がする。

以前、この説を山中の通りすがりの方に披露してみたら、思いっきり笑い飛ばされてしまいした・・・・・が。
>
> 鳩峰の頭はササヤブ残骸で歩きにくい、鹿は跳ねて走るが足を突かないのかなあ要らぬ心配だね。
> 登山道を金山分ける鞍部に下りる、緩やかな谷間がヒロサワ枝谷が上がってきてる。
> 「ヒジムネ谷」って言うのかな?この谷も山稼衆の働き場だろう。歩きやすく成ってるかもね?
勾配も緩いし、案外道型が残っているかも。
>
> 谷に入り浅い湿気たケモノ道を上がる、いい感じの樹相になってきたよ。
> 尾根のふくらみに上がると涼しい風は肌に冷たいほどだ、ココは風が良く抜けるんだ。
> ブナが目立つ、ソコソコ太いのがあるよ。いい感じじゃないですか。
やや鹿臭い所が難点ですが、雰囲気は良いですね。
クマザサの勢いが良い頃はこんな所があるなんて夢にも思いませんでした。
>
> 背は高くは無いが二抱え程あるよ、それに好い間隔での生え方がいいよ。ナンテ名前にする緑ちゃん(^^)
> いいよのブナノなんかどうかなあ(^^)
オオー、二抱えと言うと3m位でしょうか?立派な巨木ですね~。縦走路がら西へ入った方でしょうか?

> 緩やかな谷はササが死んで広がりが明るいよな。向こう側の尾根はヒロサワ出会いに延びてる。
> 収束する山頂は釈迦ガ岳の見晴らしがバッチグ~だね、時間も好いココでお昼だね。
> 写真を撮ろうとすれば、なんと金山のプレートが着けられてるよ。縦走路から外れてるから足跡は薄いよ。
ここも、久しぶりだとビックリですね。金山なんて単なる通過点だったのに・・・・・。
>
> ラジオは昼のニュース。サムライサッカーの残念さを伝えてる。
> いい試合だったのになあ無念だろうなあ、外した選手は俺のせい俺のせいでと泣きじゃくったんだろうなあ。
> みんなの力だチョッと足らなかったんだと慰める仲間たち、仲間とはそお言うモンだろうなあ。
駒野選手でしたっけ?猛烈な接戦だっただけにショックが大きいでしょうね。更なる精進に励みガンバッて貰いたいものです。
>
> 近江側へ派生する尾根はオモシロそうだね、金山っう名前はナニか隠れてるよ。
> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。
ウォッ。緑水さんも目を付けられましたか。結構な痩せ尾根が続きそうですね。
>
> 降りながらも道は変わってる、水晶岳のアンテナが見えるよ。右手の高見も大樹が有るよ、ナンだろうなあ。
> 中峠からユルユルと降りた。
数日まえの、取っ替えし地点に繋がりましたね。
>
> せせらぎ温泉に行こうです。

快適な、お散歩だったようですね。

     エム
No.5: Re^2: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ   [No.3への返信]
1. ポッコリ古道に飛び出ます

-クリックすると元画像を表示-
2. 猫谷左岸は脆岩の崩れ場だ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/07/01 21:33
名前: 緑水 ID:1Mm.IE46

宮指路 さん、こんばんわ、カミナリなっても雨降らず(--)水やりでしたワン

> 実に惜しかったですねぇ~
> 0-0に押えたから流れでは日本行けそうだったけど・・・好事魔多し

テレビはしんどいのでラジオです、いつの間にか寝てしまい中休みで0-0でしたね。
勝てるかなの気持ちがモウ負けてるのかなあ。柔らの歌詞に似ます。

> 寝不足で黄色くなかったですか?

PKとやらも聞いてなかったです、三時のニュースで知りました。

>> 今日はできるだけ登山道を外して金山にランチプシューに行くことだ。
> 低山詣が続きますね。ひょっとして金鉱でも狙っている?

ナニおまたおっしゃるの、鈴鹿山散歩ランチはいつものコト、レポが多くなってるのは皆さんの不精分をカバーしてるのよ。
山登りにグレードあるわけないのに、こんなの書くのショボイかなあ思う気持ちがあるのかなあ。
山林に自由ありですよ(^^)

>>
>> 猫谷へ入ると大きな炭窯跡がある、そこから右手の尾根を登るのだ。
> 私と同じことやっている。もっと手前から林道を少し登ってからでも行けますよ

水平道に上がる前に使いたくなりますよね。


>> 窯斜面から右手尾根に乗るとかすかだが踏み分けが有るよ。好い感じで登って行くと巾広い古道に出た。
> 私も見つけました。

幅広の好い道だ、林道もコレ使ってるかもよ。

>> 鳩峰湿原もササが枯れてなんかスッキリしてるよ。雑木の育ちは気になるけど。
> ここに来ると屋久島の花之江河を思い出します。この湿原も本来の姿ではないのでしょう  


屋久島の花之江河ってこんな感じなんだ、ナンか得したみたいだね。

>> 遠足に来た子ども達の作品かな?文字が代わるのがオモシロいね。
> もっと嗜好を凝らしたら面白そうですね

ホントだ、ふくらみ谷間を巧く利用してね、絵を描ける好いのにね(^^)

> 夜叉が池の水も不思議ですね。

夜叉妹池も金山の尾根下にあるよ、グロテグス不思議だね

>> 尾根が収束すれば露岩のピークある。見晴らし好いところ遭難プレートが埋められてる岩だ。
> ここは知りませんでした。

登山道沿いだから判ると思うけど、この位置にプレートとは??この岩に土足で乗るよね。

>> 帰って読む西尾本によるとこの山が鳩峰だとか、ハト峠が二つある言ってるが林道からのは昔はなかったよな。
> そう書いてありましたね

西尾さんの本にも推測がイッパイあるからオモシロいですね。
林道が崩れ防止工事の為のもの、緑ちゃん十代の頃には???覚えないよなあ。
あの谷の岩場が岩登りのゲレンデだったモン、切りそろえた流木を取りに行かされたモンです


>> ブナが目立つ、ソコソコ太いのがあるよ。いい感じじゃないですか。
> 又、秘密の場所が出来ましたね

モウ秘密じゃないね、見に行かれるだろうな。そして4mブナ発見も時間の問題かな(^-^)

>> いいよのブナノなんかどうかなあ(^^)
> 緑ちゃんブナってなのはどう?

ダメだ、情景の名前が好い思うよ。こ樹に付けるのは好きな人への贈り物だね。

> PKは難しいだろうね。どうしても「外したらアカン」という邪念が入る。
> 無心でやればいいんだろうが人間そんな単純じゃない

ホントですね、スキージャンプを想いだすよね、団体戦トータルだから。
カサヤカサヤ、飛んだ・・・・日本優勝想いだしますよ。戦は勝たなアカン

> 外した駒野に駆け寄ったパラグアイの選手がいたらしい。勇敢にも日本人の輪の中に入ってきた。何か通ずるものがあったんだろうか?

そうなんですか個人的に知ってるのかしらね。
第一線の試合でも。今回は相手チーム応援しますなんて言ってた。キャンプ受け入れた人たち言ってましたね。
本質がわかってないね。

>> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。
> 竜ヶ岳の金山尾根や蛇谷も怪しいね

小さな名盤に、金の山に登る会なんてのがあるんですよ、大阪でしたサスガだね。

ワンコイン散歩、温泉つきです。

                     緑水
No.6: Re^2: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ   [No.4への返信]
1. 崩落は山頂まで達してる

-クリックすると元画像を表示-
2. ハト峰おっぱい山

-クリックすると元画像を表示-
3. 風が語る金山展望十傑かな

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/07/02 07:37
名前: 緑水 ID:vifnsQrI

エム さん、月が昇ってごじゃります。節のオボロは風情がありますな~あ

>> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。
> 大袈裟な言い方かも知れませんが、歴史に残りそうな試合(内容~結果)でした。

コレは残るでしょう、大会前の前評判はケチョンクチョンでしたものねえ。
岡田大将の必殺の技なんでしょうか、成果上げればお前は偉い。←褒美をとらそうう

敵を欺く為には先ず味方から ←相手を油断さす為のオセリー
敵さん気がついたときはすでに遅し←大急ぎで敵さん分析だ、ヤッパ実力有るもには勝てないよ。

>> 朝のお天気は涼しくて鈴鹿の山並はブルーの姿だ、、、、チョッと山に散歩しょうです。
> イイナ~、イイナ~。

ネ~ェ、好いでしょ(^^)チョッと気持ちはブルーでも山に入ればグリーンピンクになるよ。←こんな色ってアルンカナ。


>> 今日はできるだけ登山道を外して金山にランチプシューに行くことだ。
> 序々に北上ですね、次は釈迦だったりして。

読まれてる、なんで判るの?????
朝明の入口からエッコラセノセで p908への尾根かな?帰りは時間見合いで温泉だよ(^^)

>> 好い感じだね炭窯跡も有るよ、チョイ登れば林道に出た。
> 例のショートカットコースですね。串カツのような岩の所に出ますね。

皆さんのぼられてるんだね、串カツのような岩」?わかんない。チョッと上のところにはヤマボウシが咲くよ。
伊勢谷分岐のチョイ下のところに、駐車スペースがありました、(今は石置き名物でできない)そこから斜面をガリガリーって登ると林道をショウとできますね。946さんのコースだカモ

> 谷道から見上げると、恐ろしいような光景です。
> 思わず水晶落ちてないか?なんてキョロつきました(ペグマタイトはあったので運が良ければ水晶も・・・・・)。

その道の方は崩落跡を探しますね、ネットで判るようなの。
宮妻渓の水晶岳からの崩落は宝石を拾えるデスネ。山口の方が拾ったの見せて貰いましたが四角い透明な石、水晶じゃないよアメジスト??なんか値打ちものだ。


> 初めておやじに連れてきてもらった頃、ボンネットダンプ?が入っていたように記憶しています。序々に自然に帰りつつありますが、年数の割りに林道がしかっり残っているのが、却って不思議な感じです。

アレレです?初めておやじに連れてきてもらった頃」・・・エムさんって子どもさんの年令からして、緑ちゃんの子どもぐらいの年恰好なのかなあ。ネットの怖さはここに有るんだなあ。お若くて馬力があるんだ判ります。

>> 縦走路への登りは道が付け替えられて歩きやすい、ここの花崗岩はナゼか平板の岩で敷石にピッタリだよ。
> テッペイ石みたいな感じですよね。時々、板石に乗った途端、滑落しそうになりました。

帰りにイッコ記念石にとネ。


> 結構立派な案内板が立ってたこともありますね。そういえば、ハト峰北側の樹林中(縦走路沿い)の平坦地でテン泊してる人を見掛けたことがありますが、今ではとてもテン泊するような雰囲気じゃなくなってしまいました。

ハト峰の裸地に山小屋が建てられたときあります、某大學の小屋でガラス窓のある掘っ立て小屋でした。
コノ地は緑ちゃんたちのマッター狩りのところで、行きかう女学生を山釣りのポイントでした。
腰に飯ごう手にはヤブレ番傘でね、腹が減ってガイドしては楽しかったですね。
その頃はね、涸沢貴族なんて有りましたが、ボクちゃんたちは朝明コジキなんて気取ってました。

>> 遠足に来た子ども達の作品かな?文字が代わるのがオモシロいね。
> 写真みて、いきなり秋狸さんの息子さんかと思いました(ローが無かったのね)。

コウタ君 スキーって読めるね(^^)

> たしかに、不思議です。一度も水が涸れたところを見たことありません。

水の出どこは試掘コウだったりして、穴が深いから水が切れない??
この水をダンダン畑にひいて作物を作ってた??湿地帯もそんな感じで縄文人の暮らし跡かも??

>> 一巾程度の段々が作られてる??それが何段も緩やかな斜面に着けられてるんだ??畑か??
> ヘッ?峠西側の尾根ですか?鹿のたむろするハゲ地は気になっていましたが、そんな畑みたいな所あるんですか。

またのついでにお寄りくださいな。マホロバに遊ぶは好いですね。

>> 猫谷越えて白滝谷への乗り越しは昔の面影はある、が!これはハト峠じゃないよな。
> 語源はハトムネとか書かれてますね。私は、この記述を見たとき、現ハト峰が本来のネコ岩じゃないかと思いました(下がネコ谷だし・・・・・)。

そうだそうだ、現ハト峰ははと胸の上のおっぱいの膨らみだ、岩は乳首でそこで何か神事をおこなったんだ。
釈迦の峰は釈迦寝に見えるもん

> この記述を見る以前は、現ネコ岩について、頂部の岩がネコだと言っている人がいましたが、この場をお借りして私の説を・・・・・。

カチカチ←拍子木の音、紙芝居がはじまるよ、そこのコお菓子買ったかなただ見はダメだよ。
オオゴンバットは ・・・チャウね

> ① 釈迦ヶ岳から南下するとネコ岳への急登があり、登り詰めると休息によい岩がある。実はこれはネコの左耳だったりする。
> ② 左耳岩から頂部の平坦地を南に少し歩くと、下り始める前にやや小さい岩がある。これが何とネコの右耳なのだ。
> ③ とすると、ネコ岳とはお釈迦さまの頭の背後でハコ座りしているネコの形をした山と言うことになる・・・・・ような気がする。

ホンマやそのとうりですよ、緑ちゃんよくわかりますよ。

① 釈迦ヶ岳から南下 ←これはハト峰から北上で左耳ですよね。
② 左耳岩から頂部の平坦地を南に・・・ネコの右耳 ←これ緑ちゃんのお昼場十傑場だね。
③ ネコ岳とはお釈迦さまの頭の背後でハコ座りしているネコの形をした山と言うことになる・

ご開帳される涅槃図には猫がスマっこで泣いてるよ、ネズミにだまされて遅れを捕った。恨みは子々孫々までつながってるね。

> 以前、この説を山中の通りすがりの方に披露してみたら、思いっきり笑い飛ばされてしまいした・・・・・が。

よくぞ披露して下しました、ヤブ野誉れ勲章を大旦さんから贈られるかも。細菌に侵されて遊び心が狭くなってるニャンコ

>> 「ヒジムネ谷」って言うのかな?この谷も山稼衆の働き場だろう。歩きやすく成ってるかもね?
> 勾配も緩いし、案外道型が残っているかも。

見に行こう、ブナと金塊がゴロゴロ夢の谷かもよ

> やや鹿臭い所が難点ですが、雰囲気は良いですね。
> クマザサの勢いが良い頃はこんな所があるなんて夢にも思いませんでした。

ホンマにさ、元気いいときは目じゃないよね。一万尺は雪の山だもんね。弱って気がつくカアチャンの優しさかな。

>> いいよのブナノなんかどうかなあ(^^)
> オオー、二抱えと言うと3m位でしょうか?立派な巨木ですね~。縦走路がら西へ入った方でしょうか?

見て探してお楽しみを、ウシウシウシ ウシシシ~~

>> 写真を撮ろうとすれば、なんと金山のプレートが着けられてるよ。縦走路から外れてるから足跡は薄いよ。
> ここも、久しぶりだとビックリですね。金山なんて単なる通過点だったのに・・・・・。

緑ちゃん恥ずかしながら、ココ初めてなんですよ。こんどあの娘を連れてきてあげようだ(^^)

>> みんなの力だチョッと足らなかったんだと慰める仲間たち、仲間とはそお言うモンだろうなあ。
> 駒野選手でしたっけ?猛烈な接戦だっただけにショックが大きいでしょうね。更なる精進に励みガンバッて貰いたいものです。

4年先は長いよなあ、緑ちゃんの姪っ子のコはグランパスで頑張ってるよ、ユースで世界に羽ばたいてほしいのだ。


>> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。
> ウォッ。緑水さんも目を付けられましたか。結構な痩せ尾根が続きそうですね。

帰ってウォチズでコピーしたら手頃な好い大根だよねえ

>> 中峠からユルユルと降りた。
> 数日まえの、取っ替えし地点に繋がりましたね。

そうですね、書いてる間に元気を貰いました。
舞鶴から小樽へのフェリー記念運賃が割安だよ、行っちゃえの気分になってきましたワン

> 快適な、お散歩だったようですね。

畑に行く時間が遅れたモ~ウ、忙しい日になりそうだワン
アリガトサン、でした

                     緑水
No.7: Re: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ
日時: 2010/07/03 22:51
名前: 兎夢 ID:cuvudkDU
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

緑さん、こんばんは。

> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。
>
> 朝のお天気は涼しくて鈴鹿の山並はブルーの姿だ、、、、チョッと山に散歩しょうです。

決勝トーナメントは酒を飲んでテレビを見てたらやってたので結局最後までそのまま見てました。
ワールドラップ、ワールドラップと騒ぐ世間の中、ちょっと斜目に見てたんですけどね。
今回は日本人好きなドラマがあって(マスコミもそういう盛り上げ方だったけど)猫も杓子もワールドカップでしたね。

> イロイロ片付けもの済ませて、朝明に着いたのが10時だ。
> 10台ほどの車が有るよ、観光バス3台には子ども達が水着なのかバスタオルを巻いている。

相変わらず賑やかなのですね。子ども達の賑やかな声は子どもの頃の夏休みを思い出させてくれます。

> 猫谷へ入ると大きな炭窯跡がある、そこから右手の尾根を登るのだ。
> 窯斜面から右手尾根に乗るとかすかだが踏み分けが有るよ。好い感じで登って行くと巾広い古道に出た。
> 好い感じだね炭窯跡も有るよ、チョイ登れば林道に出た。

相変わらず自由に鈴鹿を歩くんですね。どうも鈴鹿に行くと踏み跡しか歩けない自分が悲しい。

> ハト峰の白い山頂、山頂にあった結婚記念碑はモウ無いよ。ユースが流行ってたころの思い出がある。

ここにスズメバチの巣があった時もあったような…

> 谷に入り浅い湿気たケモノ道を上がる、いい感じの樹相になってきたよ。
> 尾根のふくらみに上がると涼しい風は肌に冷たいほどだ、ココは風が良く抜けるんだ。
> ブナが目立つ、ソコソコ太いのがあるよ。いい感じじゃないですか。
>
> 背は高くは無いが二抱え程あるよ、それに好い間隔での生え方がいいよ。ナンテ名前にする緑ちゃん(^^)
> いいよのブナノなんかどうかなあ(^^)
> 緩やかな谷はササが死んで広がりが明るいよな。向こう側の尾根はヒロサワ出会いに延びてる。

そうやってまたここを訪ねようとする人が増えるんでしょうね。

> 尻の落ち着く場所、今日のご馳走を山の神に上げるよ。即お下がりチョウダイだ。
> ご馳走は絵のとうりダヨ~ォン、プシューは美味いし釈迦峰景色は一級品ウメ~って鳴くよ。

見晴らしのよいところでのプシューは最高ですね。最近ないなあ。

> ラジオは昼のニュース。サムライサッカーの残念さを伝えてる。
> いい試合だったのになあ無念だろうなあ、外した選手は俺のせい俺のせいでと泣きじゃくったんだろうなあ。
> みんなの力だチョッと足らなかったんだと慰める仲間たち、仲間とはそお言うモンだろうなあ。

日本人好きする感じですね。このあたりにマスコミも乗っかってくるんだろうなあ。僕も乗せられます。そして軽く涙を浮かべたりします。

> 近江側へ派生する尾根はオモシロそうだね、金山っう名前はナニか隠れてるよ。
> ヒロサワ出合いやお金の谷は近い、また探ってみよう。

金ってことで金草とか金糞とか鉱山関係の山には金がつきもののようですね。金山にも鉱山関係の何かがあったのか、それともお宝関係か。

                   兎夢
No.8: Re^2: 〇 2010.06.30.(水)金山 晴れ   [No.7への返信]
1. ブナの木陰でドンジャラホイ

-クリックすると元画像を表示-
2. 水晶北峰ナニがあるの

-クリックすると元画像を表示-
3. 汗ながしてサッパーりだ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/07/04 05:18
名前: 緑水 ID:1EZDvyJ2

兎夢さん、おはようサンです。ツユ日和が続きますねコレもヨシですな。
今日はもう4日ダモンネ、夏山開きがはじまってる。梅雨明けを待ちわびましたね。


>> サムライは無念の敗退、悔しかっただろうなあ。
> 決勝トーナメントは酒を飲んでテレビを見てたらやってたので結局最後までそのまま見てました。

サッカー、野球、テレビ観戦はナゼか見る気がしません。大相撲は見ててもいいけどね。

> ワールドラップ、ワールドラップと騒ぐ世間の中、ちょっと斜目に見てたんですけどね。
> 今回は日本人好きなドラマがあって(マスコミもそういう盛り上げ方だったけど)猫も杓子もワールドカップでしたね。

オリンピックにしてもワールド〇〇競技会でも、選手の情熱や戦う姿見るは好きですけど、マスコミの報道の騒がしさは嫌いだね。ナンでも金になればがナンでもOKだよな。ついでに食いモンの過剰さがね。

> 相変わらず賑やかなのですね。子ども達の賑やかな声は子どもの頃の夏休みを思い出させてくれます。

教育方針が変わったのかな?野外活動の取り入れや童謡唱歌の取り入れなどね。教科書も増えてるみたいだ。
いいことだ、お父さんお母さんより休みが多いなんてね。外で子どもの声しない。

> 相変わらず自由に鈴鹿を歩くんですね。どうも鈴鹿に行くと踏み跡しか歩けない自分が悲しい。

ナニオおっしゃいますやら、サワヤブもろともせずに楽しまれてますやんか。
興味がなければ行く気持ちも、声かける気持ちもわいて気ませんよね。

緑ちゃん鈴鹿は慣れ親しんだ所でも、チョイ外せば未知なる世界でチュー。
見えないものに遊べば楽しみはある、いまそお言う時期なんでしょうな。

>> ブナが目立つ、ソコソコ太いのがあるよ。いい感じじゃないですか。
>> 背は高くは無いが二抱え程あるよ、それに好い間隔での生え方がいいよ。

> そうやってまたここを訪ねようとする人が増えるんでしょうね。

ナニか目新しいのは、行こうとする気持ちを探してる人には好い情報だろうな。
レポはそれでまた活気もでますね。
銚子谷、谷尻谷、白山、穴毛・・・・イロイロ賑やかだ。コレで好いんだろうな。バカボンのパパは言うよ(^^)


> 見晴らしのよいところでのプシューは最高ですね。最近ないなあ。

はシートしいてみんなと、ワイワイプシューが良かったけどね、それもいまは面独裁。一人ラジオ相手が良いのかな。

>> みんなの力だチョッと足らなかったんだと慰める仲間たち、仲間とはそお言うモンだろうなあ。
>
> 日本人好きする感じですね。このあたりにマスコミも乗っかってくるんだろうなあ。僕も乗せられます。そして軽く涙を浮かべたりします。

ヤッパな蹴るねえ←ケルはボールをゴールへだ。 泣けますねホント、身内だと身が裂けるほど痛むだろうな。


>> 近江側へ派生する尾根はオモシロそうだね、金山っう名前はナニか隠れてるよ。

> 金ってことで金草とか金糞とか鉱山関係の山には金がつきもののようですね。金山にも鉱山関係の何かがあったのか、それともお宝関係か。

金でしょうな、山師が入らない所は無いだろうにね。すごい知識集団だったんだろうなあ。
鉱山跡なんか訪ねると、よおまあこんな所見つけたもんだと思うし、えらい仕事できるもんだとね。

好い遊びをです

                     緑水

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成