ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド295: 【迷岳】消されたルートを追え!
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/08/28 21:38
名前: Trail Walker ID:ND0xOSDU

 グ~さんがこの6月に唐谷左又から右岸尾根に上がり、迷岳東尾根、迷岳と周回した、一時軌跡ログが公表されたが、ある所から圧力がかかり(?)僅かの間に削除された、これはきっと何か有るに違いないと調査に出かける事にした。
 七つ釜高行きで痛めた足も先週の富士登山リハビリでほぼ元通りに快復、しかし元から有った筋肉の痛みはやはり残ったまま、これはもう)直らないのだろうと思う起爆剤で有る。火種を抱えたまま歩く事になるので過度の力をかけないように注意しなければならないようだ。

【日時】   平成22年8月28日(土)
【山域】   台高
【天候】   くもり
【コース】スメール、洞窟博物館手前駐車地7:00-唐谷歩き-唐谷林道8:30-林道終点9:05-P1105北コル 10:50-東尾根合流11:17-迷岳12:35~50-P930 13:45-稜線分岐14:55~15:00-駐車地15:45

 朝起きるといい天気、今日は暑そうと思いつつ家を出る、飯高に近付く程にガスがえらくなってくる、でもあのガスが晴れたら上は青空だろう予想。森の電光板は今日は20℃を表示している、大分涼しくなったのかな?。

 洞窟博物館手前駐車地に入る、名古屋ナンバーの軽が停まっているが登山だろうかすでに車は空だ、もう一台の車には人が乗っている、見ると男性が裸になっている、チラッと見るが女性は居ないようなのでいかがわしい事をしているのでは無い様だ、もしかして釣師なのかな?

 予定では唐谷林道を歩くつもりだったが、林道歩きも面白く無いので、唐谷を詰めてみることにした。橋から直ぐ上流に下りる、しかし伏流になってしまっている、少し歩くと水流は戻った、歩き易い平流だ、時折岩の間の砂地には足跡が残る、きっと魚屋さんのものだろう。岩の上を歩きながら谷を遡る、右岸に道が有る様なので上がってみると林道が有るではないか、それを追うがそう長くは続かず、再び谷に降りる、大きなプールが現れた奥には小さい滝が流れ込んでいる、泳げば気持ち良さそうなところだが右岸を巻く、滑滝を過ぎやがて両岸が立ってくると淵を持った滝が現れた、水に入らないと進めそうも無い、左岸の植林に上がってみるが滑り落ちそう、上流へのトラバースも抜けが入っていて私には無理だ。無理矢理植林を上がったとしても上に有る唐谷林道まで上がれるかどうかだ、ここは断念して戻る事に。

  谷沿いの林道を戻っているとクマ鈴の音が聞こえた,俺持ってたかなとザックを揺らすが音はしない、揺らしもしないのに又音が・・・横を見ると谷の中に魚屋さんが竿を持って歩いていく、さっき駐車場に居た男性だこちらには気付いていないようだ。し~らない、私歩いた後だからきっと釣れないよね

 林道を歩くとリフレッシュパークのリフトの駅に着いた、こんな所から入れたのだ。唐谷林道に上がろうか思ったが遠周りなので少し戻って尾根に上がった、尾根には簡易水道のパイプが上がって踏み後が有った、上には貯水槽が有りリフレッシュパーク上の林道に飛び出した、これで1時間半のロスタイムとなった。
 この水道の水源は唐谷林道沿いを上がり終点から先にも伸びていた、えらい上流から取水するんだね。林道脇の岸壁には今が盛りと岩タバコが咲いていた。

 林道から谷に入る滝を見て進む二又を過ぎると登山道は右に尾根を上がっていく、私の記憶では谷を渡る所に小屋の残骸が有ったはずなのにここには無い(良く考えると右又の谷を渡る所に有ったのだ)、片付けるはずもないだろうが?しかしグ~さんのルートはここから入らなければならない、あまりいい感じの谷ではないのだ。よくみると左岸にミカエリソウに埋まった踏み後と林業者のピンクリボンが有るのでそれを追っていく、大きな滝も無く、歩き易い谷では有るが面白味も無い。やがて左岸は植林地が続く様になり、そま道が沿っている、行き詰まれば植林を巻けばいいのだ。
 右岸から枝谷が入ってくる、倒木の上を越え一旦植林地に上がって谷に復帰、前方に潰れた植林小屋が有った。中を覗くと昭和39年、40年と書いた管理のメモ(落書き)が書いてある。ここから両岸の尾根と谷との3方向にそま道が伸びる、林業用のテープだらけの所だ。
 ここからはぐ~さんは右岸尾根のP1105の北のコルに上がったと書いているのでそれを取る、確かに間伐材が放置されているが細かく切られているので歩きにくさは無い、初め緩い斜面で有ったが後半斜度を増してくる、上の開け具合を見ながら登りぴったりコルに出た。この尾根は一度上がった事の有る尾根だがもう記憶からは飛んでしまっているのが情けない。
 大きなブナの木を見ながら迷岳の東尾根に合流した、何かを探し求めて来たはずだったのだが結局コレ!といったものは見つけられなかった、きっと証拠隠滅をはかったのであろう。ま~いいか

 東尾根に上がる、何故かここには鹿ネット(?)が貼られている、植林でも無いのだが,大台側斜面は気持ちの良いコバ地が見下ろせるが降りていくのは疲れるので眺めるだけ、稜線には心地良い風が吹いている。
 P1194を過ぎるとヤチヤマ林道からの登山道が上がってくる、斜面はイワヒメワラビに覆われその香りがただよっている。口迷岳のピークを巻いていく、左前方に見えるのは古ヶ丸山~白倉山の稜線だが山頂部はガスに覆われている、時雨でもきそうな空模様なのだが迷岳にはガスは無い。

 ブナの森を楽しみながらゆっくり迷岳に到着。山ガールはおろか人っ子一人いない山頂これが私向きなのだ。
やがて迷岳にもガスが掛かってきた、終われるように後にする。下山は時間も有りそうなので飯盛山コースを取る、このコース一度下っているがP930の先で布引谷側に逃げているので悪場の通過は今回初めてだ。
 春にカメラを崖から落としたのはP930の先で有るが、見るたびによくぞ回収出来たものだと驚く、今回は標高差を調べてみるとやはり70mは落ちていたのだ。

 気になったこの先の悪場はそれ程怖さも無く通過、もう大丈夫と思ったが、登りではなんとも思わなかったP809からの下りが結構きつく、30分程は気が抜けなかった。下りは東面の崖が見えるのでビビリにはチト怖い、間違ってもこちらには転びたくない所で有る

 稜線分岐で一寸一息、真下にはリフレッシュパークの赤い屋根も見え、置いてある車も見えているここから一気に激下り、下り始めは岩場も有りロープが付けられている、春に登った時はバリルートで登ったのでここは通っていない、こんな所有ったかな?の薄れた記憶しかないのだ。

 風の無い植林地を黙々と下る、汗がたらたらと滴り落ちる、やはり低山は未だ未だ暑いのだ、きっとかなりのダイエットになっただろう もうこれ以上痩せたく無いと、鼻蛭を気にしながら谷で汗を流したのだった。

今回軌跡ログだけは得られたがアップすると私が抹殺される恐れが有るので掲載できません



No.1: Re: 【迷岳】消されたルートを追え!
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/08/28 23:59
名前: グー(伊勢山上住人) ID:Jd1h78EY
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

あ~ぁ、 レポを上げちゃったのね。 
ドンナ事態がTWさんの身に降りかかろうと、当局は一切関知しないからそのつもりで。

Trail Walker さん、こんばんは。

今日は仕事日でした。 
明日は水遊びのつもりでいたのに、美女から召集がかかりました。
女難のグーは、炎天下の行場巡りで、身が細ります。

>  グ~さんがこの6月に唐谷左又から右岸尾根に上がり、迷岳東尾根、迷岳と周回した、一時軌跡ログが公表されたが、ある所から圧力がかかり(?)僅かの間に削除された、これはきっと何か有るに違いないと調査に出かける事にした。

アナタも暇ネェ。

>  これはもう直らないのだろうと思う起爆剤で有る。火種を抱えたまま歩く事になるので過度の力をかけないように注意しなければならないようだ。

やっと、グーの言い続けてきたことに気付いたようですね。
いつまでも若くはないんだから、温泉玉子さんの向こうを張るような歩きはそろそろ卒業しましょうよ。

> 【コース】スメール、洞窟博物館手前駐車地7:00-唐谷歩き-唐谷林道8:30

???? 「唐谷歩き」 ????
TWさんも、この暑さで、谷中ジャブジャブに宗旨替えをしたのだろうか?

>  唐谷を詰めてみることにした。歩き易い平流だ、大きなプールが現れた奥には小さい滝が流れ込んでいる、泳げば気持ち良さそうなところだ

へぇ~? 良さそうなところですね。 でも、りんご畑さんの報告では、激ヒルの谷ですが。

> グ~さんのルートはここから入らなければならない、あまりいい感じの谷ではないのだ。歩き易い谷では有るが面白味も無い。

やけにけなしてくれますね。

>  ここからはぐ~さんは右岸尾根のP1105の北のコルに上がったと書いているのでそれを取る、ぴったりコルに出た。

なんと、張り合いのない、あっさりと「ぴったりコル」ですね。
少しは、地図読み、コンパス合わせをしてくださいよ。
登山道を外してのルートファインディングなのですから。

>  大きなブナの木を見ながら迷岳の東尾根に合流した、何かを探し求めて来たはずだったのだが結局コレ!といったものは見つけられなかった、きっと証拠隠滅をはかったのであろう。ま~いいか

ここは、正規のzippルートで熊檻でスタンプを押してもらわなくては、オリエンテーリング失格です。

>  東尾根に上がる、何故かここには鹿ネット(?)が貼られている、植林でも無いのだが,大台側斜面は気持ちの良いコバ地が見下ろせるが降りていくのは疲れるので眺めるだけ、

あ~ぁ、最高の見所を外しましたね~。 もったいない。 そこにはこの世のものと思えない・・・・・ ウフフ。

>  ブナの森を楽しみながらゆっくり迷岳に到着。山ガールはおろか人っ子一人いない山頂これが私向きなのだ。

そう、TWさんは女難とは縁のない世界で楽しんでいてください。

> 春にカメラを崖から落としたのはP930の先で有るが、見るたびによくぞ回収出来たものだと驚く、今回は標高差を調べてみるとやはり70mは落ちていたのだ。

カメラの回収のために、身を落とさないでね。

>  風の無い植林地を黙々と下る、汗がたらたらと滴り落ちる、やはり低山は未だ未だ暑いのだ、

TWさんは、このスタイルを貫き通してくださいな。きっと、秋の叙勲を受けることでしょう。

> 今回軌跡ログだけは得られたがアップすると私が抹殺される恐れが有るので掲載できません

もう、このレポをアップしただけで、処刑ものです。

                          グー(伊勢山上住人)
No.2: Re^2: 【迷岳】消されたルートを追え!   [No.1への返信]
1. 満開!イワタバコ、良い色やな

-クリックすると元画像を表示-
2. 滑たらあかん滝

-クリックすると元画像を表示-
3. グ~さんも廃墟マニア

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/08/29 09:28
名前: Trail Walker ID:YjhJ3YC6

> あ~ぁ、 レポを上げちゃったのね。 
> ドンナ事態がTWさんの身に降りかかろうと、当局は一切関知しないからそのつもりで。
ギクッ!

グ~ さんおはよう燦々

> 今日は仕事日でした。
 ぐ~さん所も完全週休二日ではないのですね。
 
> 明日は水遊びのつもりでいたのに、美女から召集がかかりました。
> 女難のグーは、炎天下の行場巡りで、身が細ります。
 
 お~今日も旅行社の観光案内の仕事ですか、もうかりまんな 。グ~干しにならないように気をつけてね

>>  グ~さんがこの6月に唐谷左又から右岸尾根に上がり、迷岳東尾根、迷岳と周回した、一時軌跡ログが公表されたが、ある所から圧力がかかり(?)僅かの間に削除された、これはきっと何か有るに違いないと調査に出かける事にした。
>
> アナタも暇ネェ。
暇じゃネェよ、やっとこの課題をこなす時間ができたのよ。

>>  これはもう直らないのだろうと思う起爆剤で有る。火種を抱えたまま歩く事になるので過度の力をかけないように注意しなければならないようだ。
>
> やっと、グーの言い続けてきたことに気付いたようですね。
> いつまでも若くはないんだから、温泉玉子さんの向こうを張るような歩きはそろそろ卒業しましょうよ。
そうですね、最後にあがいときますか
>> 【コース】スメール、洞窟博物館手前駐車地7:00-唐谷歩き-唐谷林道8:30
>
> ???? 「唐谷歩き」 ????
> TWさんも、この暑さで、谷中ジャブジャブに宗旨替えをしたのだろうか?
>
>>  唐谷を詰めてみることにした。歩き易い平流だ、大きなプールが現れた奥には小さい滝が流れ込んでいる、泳げば気持ち良さそうなところだ
>
> へぇ~? 良さそうなところですね。 でも、りんご畑さんの報告では、激ヒルの谷ですが。

 考えが甘かったですね、後で調べたらとても私の上がれるような谷ではないや、地形図も範囲から外れて判らなかったし,高い滝が幾つか有るようですね。
 「激ヒル」だったですか、唐谷林道に上がってふと手をみたら軍手の上に丸々と太った大きな蛭が、助かったと思ったら軍手の上からしっかり吸われてました、それから帰るまで血は流れ続けてました。

>> グ~さんのルートはここから入らなければならない、あまりいい感じの谷ではないのだ。歩き易い谷では有るが面白味も無い。
>
> やけにけなしてくれますね。
人が追って入ると駄目でしょう。私は滝は登れないし、水にも入らないから綺麗な林や、見て楽しむ滝、淵、が無いと駄目なのが判りました。

>>  ここからはぐ~さんは右岸尾根のP1105の北のコルに上がったと書いているのでそれを取る、ぴったりコルに出た。
>
> なんと、張り合いのない、あっさりと「ぴったりコル」ですね。
> 少しは、地図読み、コンパス合わせをしてくださいよ。
> 登山道を外してのルートファインディングなのですから。
 すみません文明の利器 使ってしまいました

>>  大きなブナの木を見ながら迷岳の東尾根に合流した、何かを探し求めて来たはずだったのだが結局コレ!といったものは見つけられなかった、きっと証拠隠滅をはかったのであろう。ま~いいか
>
> ここは、正規のzippルートで熊檻でスタンプを押してもらわなくては、オリエンテーリング失格です。

 そんなポイントレポに無かったじゃん、印 知己!

>>  東尾根に上がる、何故かここには鹿ネット(?)が貼られている、植林でも無いのだが,大台側斜面は気持ちの良いコバ地が見下ろせるが降りていくのは疲れるので眺めるだけ、
>
> あ~ぁ、最高の見所を外しましたね~。 もったいない。 そこにはこの世のものと思えない・・・・・ ウフフ。
 ・・・・林道が有ったのでしょう?

>>  ブナの森を楽しみながらゆっくり迷岳に到着。山ガールはおろか人っ子一人いない山頂これが私向きなのだ。
>
> そう、TWさんは女難とは縁のない世界で楽しんでいてください。
グ~さんそのうちえらい目にあわ泣ければいいのですが・・・グ妻さんに言っとこう
>> 春にカメラを崖から落としたのはP930の先で有るが、見るたびによくぞ回収出来たものだと驚く、今回は標高差を調べてみるとやはり70mは落ちていたのだ。
>
> カメラの回収のために、身を落とさないでね。
私の石で叩き切れるロープでは降りるの無理です、届かないし。誰かメディア回収して(としつこく言う )

>>  風の無い植林地を黙々と下る、汗がたらたらと滴り落ちる、やはり低山は未だ未だ暑いのだ、
>
> TWさんは、このスタイルを貫き通してくださいな。きっと、秋の叙勲を受けることでしょう。
除訓 じゃないでしょうね?、ヤブコギ除名?
>> 今回軌跡ログだけは得られたがアップすると私が抹殺される恐れが有るので掲載できません
>
> もう、このレポをアップしただけで、処刑ものです。
ヤブコギ除命、SP を付けるか、雲隠れしますか~
                          TW(伊勢住人)

 
No.3: Re^3: 【迷岳】消されたルートを追え!   [No.2への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/08/29 21:42
名前: グー(伊勢山上住人) ID:vxsRaZ4s
参照: http://www.ztv.ne.jp/okada1/c8.html

Trail Walker さん、こんばんは。 今週はグーレポなしです。

> そうですね、最後にあがいときますか

ドツボに嵌るまであがく性分のようですね。
「後悔先に立たず」にならないように。

> 私は、綺麗な林や、見て楽しむ滝、淵、が無いと駄目なのが判りました。

これはドーかんですね。
長靴に水をガボガボ入れながら、宮の谷渓谷を風折滝往復がいいですね。

>> 少しは、地図読み、コンパス合わせをしてくださいよ。
>  すみません文明の利器 使ってしまいました

反則!! オリエンテーリング失格!!

>> ここは、正規のzippルートで熊檻でスタンプを押してもらわなくては。
>  そんなポイントレポに無かったじゃん、印 知己!

zippさんがレスくれてたじゃないの。

>>>  大台側斜面は気持ちの良いコバ地が見下ろせるが降りていくのは疲れるので眺めるだけ、
>> あ~ぁ、最高の見所を外しましたね~。 もったいない。 そこにはこの世のものと思えない・・・・・ ウフフ。
>  ・・・・林道が有ったのでしょう?

ブブブブブ~~~!!
2006年11月4日、zippガイド緑ちゃん山行の写真を貼っときます。(画像1)

> グ~さんそのうちえらい目にあわ泣ければいいのですが・・・グ妻さんに言っとこう

我が家は全てオープン。 グーの大声でナイショ話が出来るわけないでしょ。
なんてったって、グーラジオ局・広報車です。

山の神は、「ふ~ん」って、こちらを向かず、テレビから目を離しません。

> 私の石で叩き切れるロープでは降りるの無理です、届かないし。誰かメディア回収して(としつこく言う )

まだそのロープを大事に持って歩いているのですか?
まあ、TWさんのサイフの中は想像できますが、命を落とさないように。

> 除訓 じゃないでしょうね?、ヤブコギ除名?

ここは「除名」は内装ですよ。 

> SP を付けるか、雲隠れしますか~

国民の税金でSPですか? 自前じゃ付けられないでしょ?

TWさんも、出たがりだから、雲隠れも無理でしょ? しゃべりたくてウズウズ。

                        グー(伊勢山上住人)
No.4: Re: 消えたTWプレートに落書き
1. 在りし日の小屋

-クリックすると元画像を表示-
2. 熊檻チェックポイント

-クリックすると元画像を表示-
3. 落書プレート(回収)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/08/29 22:43
名前: zipp ID:ZvUn2t22

 T.Wさん、暑いでんなぁ。

> ある所から圧力がかかり(?)僅かの間に削除された、これはきっと何か有るに違いないと調査に出かける事にした。
 ご苦労なこってす。

> 予定では唐谷林道を歩くつもりだったが、林道歩きも面白く無いので、唐谷を詰めてみることにした。
 谷中ならいいけど、多分そうじゃないだろうから、ヒルまみれ覚悟ですか。

> 水に入らないと進めそうも無い、左岸の植林に上がってみるが滑り落ちそう、上流へのトラバースも抜けが入っていて私には無理だ。
> 無理矢理植林を上がったとしても上に有る唐谷林道まで上がれるかどうかだ、ここは断念して戻る事に。
 お早いお帰りですた。

>   谷沿いの林道を戻っているとクマ鈴の音が聞こえた,俺持ってたかなとザックを揺らすが音はしない、揺らしもしないのに又音が・・・横を見ると谷の中に魚屋さんが竿を持って歩いていく、さっき駐車場に居た男性だこちらには気付いていないようだ。し~らない、私歩いた後だからきっと釣れないよね
 『ホーッ!』って呼びかけなかったんですかい?

> よくみると左岸にミカエリソウに埋まった踏み後と林業者のピンクリボンが有るのでそれを追っていく、
 もうミカエリソウで埋まってしまいましたか。間伐作業直後は、迷岳の登山道よりこちらの道がきれいだったのに。

>  右岸から枝谷が入ってくる、倒木の上を越え一旦植林地に上がって谷に復帰、前方に潰れた植林小屋が有った。
 えらいトコロから小屋に近づくんですね。
枝谷が入る前に右岸に渡渉すれば道があるんですよ。そしてチェックポイントの湧水があり小屋です。

>  ここからはぐ~さんは右岸尾根のP1105の北のコルに上がったと書いているのでそれを取る、
 小屋からコルの間には、熊檻のチェックポイントがあるのです。
チェックポイント二つ葉寿司!失格!! おめでとうございます(^^)。

>  大きなブナの木を見ながら迷岳の東尾根に合流した、何かを探し求めて来たはずだったのだが結局コレ!といったものは見つけられなかった、きっと証拠隠滅をはかったのであろう。ま~いいか
 季節も外してますし・・・。

>  ブナの森を楽しみながらゆっくり迷岳に到着。山ガールはおろか人っ子一人いない山頂これが私向きなのだ。
 人でごったえす富士山なんて!

> やがて迷岳にもガスが掛かってきた、終われるように後にする。下山は時間も有りそうなので飯盛山コースを取る、このコース一度下っているがP930の先で布引谷側に逃げているので悪場の通過は今回初めてだ。
 飯盛ルートは下りに使ったことないけど、まぁこの先も使わないでしょう(^^;。

>  風の無い植林地を黙々と下る、汗がたらたらと滴り落ちる、やはり低山は未だ未だ暑いのだ、きっとかなりのダイエットになっただろう もうこれ以上痩せたく無いと、鼻蛭を気にしながら谷で汗を流したのだった。
 きょう、ヌタウを降りてましたが、風もなくダラダラべちゃべちゃと汗。暑過ぎます。
涼しくなれとまでは言わんけど、雨が数日降ってほしい!

 あぁ、そうそう!タイトルの話。
 このプレートの台座はT.Wさんのかな?
なんなんでしょうね?この落書き。
昨年の「立入禁止」プレートといい、ここヤブコギをROMっているわたしのファン?マニアがいるのかしらん。ヒマなおシト(^^;
No.5: やめてちょ~!   [No.4への返信]
1. 落葉

-クリックすると元画像を表示-
2. 根っこ

-クリックすると元画像を表示-
3. 在りし日のプレート

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/08/30 21:38
名前: Trail Walker ID:Lw21BaDE

>  T.Wさん、暑いでんなぁ。

もう山でも、 仕事でもバテバテです。昨日は海で潜ってアカニシ採りしてました、温泉のように暖かくなる海ですがそれでも2時間も浸かってると寒いです。

>> ある所から圧力がかかり(?)僅かの間に削除された、これはきっと何か有るに違いないと調査に出かける事にした。
>  ご苦労なこってす。
なんかこじつけやんとねぇ。
>> 予定では唐谷林道を歩くつもりだったが、林道歩きも面白く無いので、唐谷を詰めてみることにした。
>  谷中ならいいけど、多分そうじゃないだろうから、ヒルまみれ覚悟ですか。
結構谷中歩きましたよ、長靴には蛭付いて無かったので油断しました、かゆいかゆい。左手は蛭、右手はアブ、痒い痒い、両手に はれ。

>> 水に入らないと進めそうも無い、左岸の植林に上がってみるが滑り落ちそう、上流へのトラバースも抜けが入っていて私には無理だ。
>> 無理矢理植林を上がったとしても上に有る唐谷林道まで上がれるかどうかだ、ここは断念して戻る事に。
>  お早いお帰りですた。
 早く戻って良かったです、ここだけで終わる所でした。けっこう平流の入り口、見かけによらずきびしいです。

>>   谷沿いの林道を戻っているとクマ鈴の音が聞こえた,俺持ってたかなとザックを揺らすが音はしない、揺らしもしないのに又音が・・・横を見ると谷の中に魚屋さんが竿を持って歩いていく、さっき駐車場に居た男性だこちらには気付いていないようだ。し~らない、私歩いた後だからきっと釣れないよね
>  『ホーッ!』って呼びかけなかったんですかい?

 まずいでしょ?釣れなかったら 私のせいにされますがな!でも渓流魚ってそんなにシビアなの?


>>  右岸から枝谷が入ってくる、倒木の上を越え一旦植林地に上がって谷に復帰、前方に潰れた植林小屋が有った。
>  えらいトコロから小屋に近づくんですね。
> 枝谷が入る前に右岸に渡渉すれば道があるんですよ。そしてチェックポイントの湧水があり小屋です。

 気が付かなかったです、なんや岩の張り出した所を通りました、谷に降りようかとも思ったのですが倒木が塞いでました。チェックポイントってそんな資料持ってませんが・・・消されたかな?

>>  ここからはぐ~さんは右岸尾根のP1105の北のコルに上がったと書いているのでそれを取る、
>  小屋からコルの間には、熊檻のチェックポイントがあるのです。
> チェックポイント二つ葉寿司!失格!! おめでとうございます(^^)。
 あの~ヘルメットは見つけましたが駄目でしょうか?

>>  大きなブナの木を見ながら迷岳の東尾根に合流した、何かを探し求めて来たはずだったのだが結局コレ!といったものは見つけられなかった、きっと証拠隠滅をはかったのであろう。ま~いいか
>  季節も外してますし・・・。
 ソウか、その季節になれば現れる何かがあるんだな、しめしめ


>>  ブナの森を楽しみながらゆっくり迷岳に到着。山ガールはおろか人っ子一人いない山頂これが私向きなのだ。
>  人でごったえす富士山なんて!
>
>> やがて迷岳にもガスが掛かってきた、終われるように後にする。下山は時間も有りそうなので飯盛山コースを取る、このコース一度下っているがP930の先で布引谷側に逃げているので悪場の通過は今回初めてだ。
>  飯盛ルートは下りに使ったことないけど、まぁこの先も使わないでしょう(^^;。
>
>  きょう、ヌタウを降りてましたが、風もなくダラダラべちゃべちゃと汗。暑過ぎます。
 そりゃ~ソウでしょう、季節外してますもん
> 涼しくなれとまでは言わんけど、雨が数日降ってほしい!

 そうそう落葉樹が早々に、黄葉していました、落葉もいっぱい積もって秋のよう、猛暑と少雨の影響でしょうか本番の紅葉までに無くならないといいのですが心配です。
 
>  あぁ、そうそう!タイトルの話。
>  このプレートの台座はT.Wさんのかな?
 ちゃ~いますっ 、そんなに長いの作ってないし、プラ段は耐侯性ないんであっしのはほぼ土に返ったと思います、陰では残ってますけど

> なんなんでしょうね?この落書き。
> 昨年の「立入禁止」プレートといい、ここヤブコギをROMっているわたしのファン?マニアがいるのかしらん。ヒマなおシト(^^;

 くっくっくっくっ! 、そんなん付いてましたか、意外にROMじゃ~泣く、RAM面かもよ~ 、っーても、わ、わたしじゃないっスよ             TW

     

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成