ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド358: イメチェンレポだよ パートⅠ 赤木沢
No.0: ○○を追って 北アルプス赤木沢
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/13 00:29
名前: oku ID:rixrt5M2

日 程:9月18日
場 所:赤木沢
コース:折立07:20-薬師沢小屋10:35-大滝12:45-太郎兵衛平15:15-折立17:10

<前置き>
このレポはパスするつもりでしたが、合ノ峰のレポをアップした時、こっちもアップしなければという義務感に駆られました。変○諸氏の追っかけなんて頼まれてもご遠慮したいのですが。。。おんなじようなルートを取っていたり、ニアミスしたり。。。(-_-;

すでにレポたくさんありますのでいつも以上に軽い内容になりますがご勘弁くださいませ。

当初は予定が入っていたはずの3連休。すっぽり空いた感じだったので、どっかに登ろうという気分でもなかった。しかし、3連休初日ならあの!赤木沢でも静かに歩けるのでは?しかも初日は天気がよさそうなのだ。

朝、有峰林道をひた走る。しかしこの林道途中のブナを顧みる人がどれだけいるだろうか。けっこういい感じの森が続いているのである。とかいいつつ自分も似たようなもんだけど。
長い林道を走り、7時を過ぎてようやく折立登山口。

<賑わいの登山口から静かな沢へ>
思っていた通り人がいっぱい。なので始めは少しペースを上げて歩く。三角点から先はあの広々としたゆったり斜面。ペースも落ちる。当初計画では、下山の時には夕日でも眺めながらゆっくり歩こう、折立で一泊すればいいやと思っていた。

太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。

沢に下りたってから靴を履き替える。ゴム底の靴です。フェルトと違ってソールが曲がりやすいので歩きやすい。ですが、場所によってはとても滑ります。と言ってもスニーカーほどではありませんし、なにより側面に穴が空く心配がないのがとても嬉しいです。

歩き始めると、この沢の人気がすぐ理解できた。水もきれい。森もさわやか。

ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。

赤木沢の分岐を過ぎて少し進めばナメ滝。このあたりの茶色の岩の上では靴がよく滑る。
ナメ滝のあたりで少し早い昼ご飯。このあたりでゆっくりして、池塘の横でお昼寝していたら、太郎平からの夕日にバッチリだろう。しばらくここで一息。

この先は小さな滝がいくつか続く。振り返ればわずかに草紅葉も始まっている。もう秋。。。

しばらく歩くと大滝。結局薬師沢小屋からここまで誰にも会うことがなく、赤木沢独り占めの一日だった♪ 別に沢が終わった訳じゃありませんが。

ですが、大滝を越えた先のルートをどう取るか?はとても重要です。ここからはヤブが薄くて池塘が続きそうなルートを探します。

時間が経つうちにガスが増えてくる。快晴の元、一日中歩ければと思っていたのだけれどもちょっと贅沢。それでも日が射してくれれば池塘が点在する辺りの景色は一層映える。北ノ俣岳に付いたころには完全にガス。夕日は無理そうだったのでぼちぼち下山の途に。それでも太郎兵衛平までの広々まったり尾根は気持ちよい。太郎平小屋で翌日の天気予報を見せてもらうと曇り空。折立で一泊しようと思っていたけど、もういいや、となってしまった。

<一日のおしまい>
折立には17:10頃到着。たくさんの車は止まっているものの朝のような人もいなくなった折立。工事用の車両が帰路についている。自分もぼちぼち準備をして富山方面に向かう。

ベージュの30リットルのデイパックに白のヘルメットぶら下げていましたが、緑水さんに会ったのでしょうか?

oku
No.1: イメチェンレポだよ パートⅡ 別山谷
日時: 2010/10/13 00:31
名前: oku ID:rixrt5M2

日程と天気:いつかの秋空の下
コース:市ノ瀬05:10-井谷分岐06:45-稜線12:40-別山12:50/13:15-市ノ瀬15:50

なんかヤブやぶイメージばっかりなんでもう一つレポを(^^;

朝4時頃に目を覚ますものの眠くて起きられない。。。日帰り計画だったので早く出発する予定でした。

林道を歩いているとだんだん沢から離れて行ったので、仕方なく沢に降りて進んで行くと、地形図にあった堤防。左手を登って行くと、林道が。。。あぁ。。

道なり進んで再び沢へ。始めから大岩が続く。淵も深く水もきれい。しばらく進むと井谷への分岐。別山谷であればなにかあってもチブリ尾根に直登すれば登山道がある、と言う意味でけっこう気楽なのです。なんていう発想がアレだよね、なんて思います(^^;

1つ目の大きな滝は左手から高巻き。明瞭な踏み跡もあります。人気の沢らしい。この先は岩でできた滝や淵やらが続きます。

次の大きな滝は、2段末広がりの滝。1段目を登れば、2段目の左手から木を伝ってとも思ったけど結局まとめて高巻き。どこで降りようか降りようかと思っていたら対岸に細く高い滝が落ちているのが見える。1570mあたりの沢合流点。どこまで進んだ???

いっそこのまま斜面を登り続けて行けばチブリ尾根に着いて本日の沢終了になるだろう。などど思いながら下りつつ、ビミョーに巻き続けていく。結局、次の滝の手前まで来てしまった。。。目の前には真っ直ぐ落ちる滝。ここを降りてもまた再び高巻き。なのでそのまま進む。

3つの滝を越してしまえば、小さな滝がいくつか出てくるもののまったり沢の開始。沢もなんとなく広々している。こんなのが最初から続いてくれれば嬉しいのですが。。。

流れの中を進んで行き水量も減って来たころ、後ろを振り返ればチブリ尾根避難小屋が緑の森の中で赤色を放っている。別山北尾根の稜線も前方に見える。後はあそこまで突き上げるだけ(下山もありますが)である。

詰めのV字谷はしっかりしたホールドも多数ありスムーズに通過。最後は涸れたガレをつめて膝下までのハイマツ帯、ここらで少し一息。

最後の〆は別山でまったり休憩。濡れた道具も乾かそう。最後は紅葉には少し早いチブリ尾根をひたすら下る。ブナが出てくるまで少しアルバイト気分になりつつややペースを上げてブナの森まで降りていく。辺りを覆ってきたガスで、ブナの森は幻想的な雰囲気をかもし出している。

少しくたびれつつも市ノ瀬へ無事到着。

oku
No.2: Re: ○○を追って 北アルプス赤木沢
日時: 2010/10/13 21:47
名前: 山日和 ID:gXIfzBaM

okuちゃん、こんばんは。インターネット環境がないとは辛いね~。

> コース:折立07:20-薬師沢小屋10:35-大滝12:45-太郎兵衛平15:15-折立17:10

げげっ。okuちゃんにかかれば赤木沢も日帰りの沢か!! しかも特別早立ちしたわけでもないのに闇下でもない。
まさにバケモノやねえ。(^^ゞ

> すでにレポたくさんありますのでいつも以上に軽い内容になりますがご勘弁くださいませ。

このコースタイムだけでもええぐらいです。

> 太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。

これが予定通りの時間ねえ。北鎌日帰りもできるんでは?

> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。

これでも「ぼちぼち」「まったり」?

> しばらく歩くと大滝。結局薬師沢小屋からここまで誰にも会うことがなく、赤木沢独り占めの一日だった♪ 別に沢が終わった訳じゃありませんが。

初日は薬師沢までというのが定番やからね。誰に会わずとも不思議はないかも。

> ですが、大滝を越えた先のルートをどう取るか?はとても重要です。ここからはヤブが薄くて池塘が続きそうなルートを探します。

このあたりは私の去年のルートと似てるのかな?

> 折立には17:10頃到着。たくさんの車は止まっているものの朝のような人もいなくなった折立。工事用の車両が帰路についている。自分もぼちぼち準備をして富山方面に向かう。

お疲れさまでしたと言いたいところだけど、okuちゃんには「お疲れ」という言葉は似合いませんね。(^^ゞ

                              山日和
No.3: Re^2: ○○を追って 北アルプス赤木沢   [No.2への返信]
1. 青い空・清い流れ・・・

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/14 06:03
名前: ふ~さん ID:J3Ek5a/I

Okuちゃん、山さん、おはようございます。それにしても、『〇〇を追って』というタイトルが気になる。

> okuちゃん、こんばんは。インターネット環境がないとは辛いね~。

山さん、きっとネットカフェ発ですな、今回は。

>> コース:折立07:20-薬師沢小屋10:35-大滝12:45-太郎兵衛平15:15-折立17:10
>
> げげっ。okuちゃんにかかれば赤木沢も日帰りの沢か!! しかも特別早立ちしたわけでもないのに闇下でもない。
> まさにバケモノやねえ。(^^ゞ

バケモノというか、お化けというか・・・一度、ステロイド検査が必要かと思います。

>> すでにレポたくさんありますのでいつも以上に軽い内容になりますがご勘弁くださいませ。
>
> このコースタイムだけでもええぐらいです。
>
>> 太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。
>
> これが予定通りの時間ねえ。北鎌日帰りもできるんでは?

Dr.Hですか。

>> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。
>
> これでも「ぼちぼち」「まったり」?

しかも、昼寝もしているんでしょ?

>> 折立には17:10頃到着。たくさんの車は止まっているものの朝のような人もいなくなった折立。工事用の車両が帰路についている。自分もぼちぼち準備をして富山方面に向かう。
>
> お疲れさまでしたと言いたいところだけど、okuちゃんには「お疲れ」という言葉は似合いませんね。(^^ゞ
>
>                               山日和

次回は一体どんな「お化けストーリー」が生まれるのでしょうか。

 ふ~さん

No.9: Re^3: ○○を追って 北アルプス赤木沢   [No.3への返信]
日時: 2010/10/31 20:18
名前: oku ID:Pn59B9EI

ふ~さん こんばんは


> Okuちゃん、山さん、おはようございます。それにしても、『〇〇を追って』というタイトルが気になる。
変○ の追っかけに (TT)

>> okuちゃん、こんばんは。インターネット環境がないとは辛いね~。
> 山さん、きっとネットカフェ発ですな、今回は。
しばらくはずっとそうなりそうです。

> バケモノというか、お化けというか・・・一度、ステロイド検査が必要かと思います。
赤木沢って、薬師沢小屋までさっさと歩けば日帰りも無理なくいけちゃうんです。

>>> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。
>> これでも「ぼちぼち」「まったり」?
> しかも、昼寝もしているんでしょ?
夕日をあきらめた時点で、昼寝は中止しました。

> 次回は一体どんな「お化けストーリー」が生まれるのでしょうか。
そんな。。。。。

oku
 
No.6: Re^2: ○○を追って 北アルプス赤木沢   [No.2への返信]
日時: 2010/10/31 20:03
名前: oku ID:Pn59B9EI

山日和さん こんばんは

>> 太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。
> これが予定通りの時間ねえ。北鎌日帰りもできるんでは?
太郎小屋までは整備されていますので歩きやすいですしね。


>> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。
> これでも「ぼちぼち」「まったり」?
沢に入ってからはぼちぼちだと思います。

> 初日は薬師沢までというのが定番やからね。誰に会わずとも不思議はないかも。
それを狙ってました。

> お疲れさまでしたと言いたいところだけど、okuちゃんには「お疲れ」という言葉は似合いませんね。(^^ゞ
ありがとうございます。
ちょっと疲れた?のと天気が。。で、翌日の計画が変更になりました(^^;


oku
No.4: Re: ○○を追って 北アルプス赤木沢
日時: 2010/10/14 22:56
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:l8L0.Qm.

おくちゃん、こんばんは~。


> 日 程:9月18日
> 場 所:赤木沢
> コース:折立07:20-薬師沢小屋10:35-大滝12:45-太郎兵衛平15:15-折立17:10


やっと、イメチェンレポ出したのね~。いつになつかしらん?っと思ってたけど。

いつのまに、okuちゃんも沢屋さんに?

しかし、なんやの~!このコースタイム。優しげなokuちゃんが、バケモノ?たる所以?

とすれば、前世は何だったのかな?


> 当初は予定が入っていたはずの3連休。すっぽり空いた感じだったので、どっかに登ろうという気分でもなかった。しかし、3連休初日ならあの!赤木沢でも静かに歩けるのでは?しかも初日は天気がよさそうなのだ。

あの三連休はどんなお天気だっけ~。と思い出そうとすると・・・、そうだっけ、私はお仕事だったのよ~。で、お天気はよかったのね。


> 朝、有峰林道をひた走る。しかしこの林道途中のブナを顧みる人がどれだけいるだろうか。けっこういい感じの森が続いているのである。とかいいつつ自分も似たようなもんだけど。


そうなんだ、どんな森が続いていたか記憶にないなぁ~。


> <賑わいの登山口から静かな沢へ>
> 思っていた通り人がいっぱい。なので始めは少しペースを上げて歩く。

すんごいスピードやったのね~。

>三角点から先はあの広々としたゆったり斜面。ペースも落ちる。当初計画では、下山の時には夕日でも眺めながらゆっくり歩こう、折立で一泊すればいいやと思っていた。

どちらにしても日帰りなのね~。


> 太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。
> 沢に下りたってから靴を履き替える。ゴム底の靴です。フェルトと違ってソールが曲がりやすいので歩きやすい。ですが、場所によってはとても滑ります。と言ってもスニーカーほどではありませんし、なにより側面に穴が空く心配がないのがとても嬉しいです。


これって、沢靴じゃないの?
今まで、ズックで沢歩いていたからね~。okuちゃん。


> 歩き始めると、この沢の人気がすぐ理解できた。水もきれい。森もさわやか。
> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。


okuちゃんのまったり=私には、一生懸命かも~。


> 赤木沢の分岐を過ぎて少し進めばナメ滝。このあたりの茶色の岩の上では靴がよく滑る。
> ナメ滝のあたりで少し早い昼ご飯。このあたりでゆっくりして、池塘の横でお昼寝していたら、太郎平からの夕日にバッチリだろう。しばらくここで一息。

思いどうりになるといいね。



> この先は小さな滝がいくつか続く。振り返ればわずかに草紅葉も始まっている。もう秋。。。


ちっちゃい秋ちっちゃい秋ちっちゃい秋見つけた~♪


> しばらく歩くと大滝。結局薬師沢小屋からここまで誰にも会うことがなく、赤木沢独り占めの一日だった♪ 別に沢が終わった訳じゃありませんが。

独り占めもちょっとは淋しい?


> ですが、大滝を越えた先のルートをどう取るか?はとても重要です。ここからはヤブが薄くて池塘が続きそうなルートを探します。


おおっ、素敵な計画ね~。


> 時間が経つうちにガスが増えてくる。快晴の元、一日中歩ければと思っていたのだけれどもちょっと贅沢。それでも日が射してくれれば池塘が点在する辺りの景色は一層映える。北ノ俣岳に付いたころには完全にガス。夕日は無理そうだったのでぼちぼち下山の途に。それでも太郎兵衛平までの広々まったり尾根は気持ちよい。太郎平小屋で翌日の天気予報を見せてもらうと曇り空。折立で一泊しようと思っていたけど、もういいや、となってしまった。


夕日はおあずけだったのね~。

また、次のお山で夕日見物をね!。

☆。。。とっちゃん(都津茶女)。。☆


No.7: Re^2: ○○を追って 北アルプス赤木沢   [No.4への返信]
日時: 2010/10/31 20:09
名前: oku ID:Pn59B9EI

とっちゃんさん こんばんは

> いつのまに、okuちゃんも沢屋さんに?
ちょっと違います。
再開?終了? よくわかりません(^^;


> あの三連休はどんなお天気だっけ~。と思い出そうとすると・・・、そうだっけ、私はお仕事だったのよ~。で、お天気はよかったのね。
ばっちりの天気でした。

> すんごいスピードやったのね~。
三角点の手前あたりからはだいぶ普通のペースになっていましたよ。

>>三角点から先はあの広々としたゆったり斜面。ペースも落ちる。当初計画では、下山の時には夕日でも眺めながらゆっくり歩こう、折立で一泊すればいいやと思っていた。
> どちらにしても日帰りなのね~。
林道の時間を考えなくてよければ気持ちはらくですね。

> これって、沢靴じゃないの?
> 今まで、ズックで沢歩いていたからね~。okuちゃん。
フェルトは曲がらないので好きになれないのです。

>> この先は小さな滝がいくつか続く。振り返ればわずかに草紅葉も始まっている。もう秋。。。
> ちっちゃい秋ちっちゃい秋ちっちゃい秋見つけた~♪
レス遅れた今では、もうちっちゃい冬。。。

> 夕日はおあずけだったのね~。
> また、次のお山で夕日見物をね!。
ですね♪

oku
No.5: Re: ○○を追って 北アルプス赤木沢
日時: 2010/10/15 17:51
名前: biwaco ID:UdFnTbZo

okuちゃん、こんにちは。
わざわざネットカフェまで出かけてのレポアップ、その生真面目さに脱帽、敬礼~です!

> 日 程:9月18日
> 場 所:赤木沢
> コース:折立07:20-薬師沢小屋10:35-大滝12:45-太郎兵衛平15:15-折立17:10

はて、この連休は…・? そうかそうか、zippおいちゃんのヤミ鍋パーティーだったんや!
連休初日に赤木沢まで入る? しかもしかも、その日のうちに折り立った?
なんだこのタイムテーブルは!どっか間違ってへん?

> 思っていた通り人がいっぱい。なので始めは少しペースを上げて歩く。三角点から先はあの広々としたゆったり斜面。ペースも落ちる。当初計画では、下山の時には夕日でも眺めながらゆっくり歩こう、折立で一泊すればいいやと思っていた。

折立7時過ぎなら駐車場は満杯?登山者もうじゃうじゃでしょうけど、ゴボウ抜きで独走かな?

> 太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。

予定通りって…、爺の半分や…(><)

> 沢に下りたってから靴を履き替える。ゴム底の靴です。フェルトと違ってソールが曲がりやすいので歩きやすい。ですが、場所によってはとても滑ります。と言ってもスニーカーほどではありませんし、なにより側面に穴が空く心配がないのがとても嬉しいです。

そんなあ…、フェルト靴とちゃうの?

> 歩き始めると、この沢の人気がすぐ理解できた。水もきれい。森もさわやか。

だよね~♪ 山ガもかわいい…ことなかった?

> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。

えー?okuちゃん、宗旨替えですか? それとも「まったり感」の翻訳間違い?

> しばらく歩くと大滝。結局薬師沢小屋からここまで誰にも会うことがなく、赤木沢独り占めの一日だった♪ 別に沢が終わった訳じゃありませんが。

そりゃ、お休み初日に赤木沢まで入る人は少ないでしょうよ。

> 時間が経つうちにガスが増えてくる。快晴の元、一日中歩ければと思っていたのだけれどもちょっと贅沢。それでも日が射してくれれば池塘が点在する辺りの景色は一層映える。北ノ俣岳に付いたころには完全にガス。夕日は無理そうだったのでぼちぼち下山の途に。それでも太郎兵衛平までの広々まったり尾根は気持ちよい。太郎平小屋で翌日の天気予報を見せてもらうと曇り空。折立で一泊しようと思っていたけど、もういいや、となってしまった。

残念~、ここでも夕日は見られなかったか…。
いつか夕日を見に行きましょうね~♪

で、緑水さん、okuちゃん見つけたの?

            ~biwaco
No.8: Re^2: ○○を追って 北アルプス赤木沢   [No.5への返信]
日時: 2010/10/31 20:13
名前: oku ID:Pn59B9EI

biwacoさん こんばんは

> わざわざネットカフェまで出かけてのレポアップ、その生真面目さに脱帽、敬礼~です!
自宅でネットつなげませんので、いろいろまとめてっていうのがありますし。

> 折立7時過ぎなら駐車場は満杯?登山者もうじゃうじゃでしょうけど、ゴボウ抜きで独走かな?
けっこう混雑していました。なので最初だけはけっこうペースも速く。。

>> 太郎小屋から薬師沢小屋まではさっきまでに比べるとちょっとアルバイト気分。途中ナナカマドの実が真っ赤に染まっていた。だいたい予定通りの時間に薬師沢小屋。
> 予定通りって…、爺の半分や…(><)
道が整備されていますし(^^;

> そんなあ…、フェルト靴とちゃうの?
ぜんぜん違いますよ。でもたまに冗談みたいに滑ります。

>> ところどころ膝までつかりながらぼちぼち歩く。えんえんぼちぼち歩いていたと思います。このまったり感がとても魅力的な場所なのです。
> えー?okuちゃん、宗旨替えですか? それとも「まったり感」の翻訳間違い?
えっと~。。。。前からまったり感が好きだったはずなんですが。。。

>> しばらく歩くと大滝。結局薬師沢小屋からここまで誰にも会うことがなく、赤木沢独り占めの一日だった♪ 別に沢が終わった訳じゃありませんが。
> そりゃ、お休み初日に赤木沢まで入る人は少ないでしょうよ。
計画通り!

> 残念~、ここでも夕日は見られなかったか…。
> いつか夕日を見に行きましょうね~♪
はい♪

oku
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成