ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド364: 【奥美濃】西前の谷からミノマタ
No.0: 短いけど小気味よい沢歩き
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/17 18:44
名前: 兎夢 ID:oTr.wO8E
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

2010年10月16日(土) 晴れ 西前の谷~ミノマタ 奥美濃 沢歩き
OSKのみなさん そばつる 兎夢

7:15 西前の谷林道駐車地 → 7:40 直登沢出合 → 8:44 二俣 → 10:05 東側鞍部 → 10:10~11:00 ミノマタ三角点ー12:15 西前の谷本流 → 12:45 駐車地

 9月にmasa(http://blogs.yahoo.co.jp/yuihime2004)さん達が行っているルートでミノマタに行きませんかとGTさんからお誘いを受けた。興味のあるルートだったので当日が待ち遠しかった。
 残念ながらGTさんは不参加となった。よろしくお願いしますと電話越しにお願いされ改めてルートを確認しメンバー用に地形図を用意した。
 藤橋城から入る西前の谷の林道は予想に反してきれいな道だった。最近手入れされたのか脇の草も刈られている。高度感のあるところを抜けていって舗装が切れると広場が現れる。そこに車を停め出発。更に続く林道は先で崩れておりそこを越えて登って行くと堰堤の脇に出る。そこから対岸に見える沢を登る予定だが林道からの下降点を探すのに少し手間取った。やがて上流の小沢から本流に下りた。
 堰堤まで戻って目的の沢に入る。すぐに小滝が連続し楽しませてくれる。両岸の樹林はまだ緑が濃く朝陽を浴びて清々しい感じだ。
 10mほどの2段になった滝はフルシャワー覚悟なら越えられそうだが人数も考えて左岸から巻いた。この巻きが少しヒヤヒヤもので他のメンバーが登ってこられるかと思ったが全くの杞憂だった。その後に現れた3〜6m程の滝はいずれも直登。ちょっと高さのある滝では安全を考えてロープを出したが全員その必要も無いかのような登りっぷりだった。
 事前の情報から今日は楽々と登れるつもりでいたのだが意外と直登しなければならない滝が多い。シャワークライムしなければならないような滝もいくつかありいつの間にかみんな全身水浸しだ。また岩が剥がれて危うくという場面もありヒヤヒヤさせられた。
 上部で谷が狭くなり水流が途切れると両岸に笹が目立つ様になる。沢にも若干草薮が被ってくる。それらを分けながら進んでいくとやがて沢筋は消え急斜面の薮漕ぎが始まった。振り返れば花房山と小津権現山をつなぐ釣り尾根が緩やかな弧を描いていた。
 笹を漕ぎ分けてピーク東側の鞍部に出ると北側に鏡山が見えた。まだまだ緑が濃く紅葉は先のようだ。
 稜線にはわずかながら踏み跡が見受けられる。それを追いながら薮をこぐ事わずかでミノマタ三角点に到着。
 三角点周辺は以前そばつると登頂した時よりも広くなっており見晴らしもよくなっていた。まだそれほど古くないノコの跡もあったからどこかの団体が登ったのかもしれない。
 女性二人は初登頂という事で二人に音頭をとってもらって万歳三唱。秋の深まりを感じさせる風が木の葉を揺らす中で奥美濃らしい山頂を心行くまで楽しんだ。
 下山はピークから激薮をこぎ一旦西側鞍部に出てそこから沢筋を下りていった。上部は笹薮の急斜面で手こずったがこれといった難しいところも無くいくつか現れた滝も難なく巻け西前の谷本流に下りた。本流にも幾つか滝があったがいずれも簡単に越す事ができ最後は林道に上がって駐車地に向かった。距離的には短かいが直登可能な滝が多く十分楽しむ事ができた小気味のいい沢歩きだった。 
No.1: Re: 短いけど小気味よい沢歩き
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/19 23:27
名前: SHIGEKI ID:ScCbHvpY
参照: http://www.eonet.ne.jp/~ryu-unshigeki/index.htm

兎夢さん ご無沙汰です。

精力的に歩いてますねェ。


> 2010年10月16日(土) 晴れ 西前の谷~ミノマタ 奥美濃 沢歩き
> OSKのみなさん そばつる 兎夢
>
> 7:15 西前の谷林道駐車地 → 7:40 直登沢出合 → 8:44 二俣 → 10:05 東側鞍部 → 10:10~11:00 ミノマタ三角点ー12:15 西前の谷本流 → 12:45 駐車地

東前の谷の時に、地形図見て 「おっ 西前もあるがな  どんなんやろ」て興味深く

地図眺めてたんですわ。

>  9月にmasa(http://blogs.yahoo.co.jp/yuihime2004)さん達が行っているルートでミノマタに行きませんかとGTさんからお誘いを受けた。興味のあるルートだったので当日が待ち遠しかった。

兎夢さんのも両方のブログ見ましたで~

地形図見る限り、結構な流程と思ってましたが。

かなり。林道も上の方まで延びてるように見えますが、自然に戻ってますか?。

>  堰堤まで戻って目的の沢に入る。すぐに小滝が連続し楽しませてくれる。両岸の樹林はまだ緑が濃く朝陽を浴びて清々しい感じだ。
>  10mほどの2段になった滝はフルシャワー覚悟なら越えられそうだが人数も考えて左岸から巻いた。この巻きが少しヒヤヒヤもので他のメンバーが登ってこられるかと思ったが全くの杞憂だった。その後に現れた3〜6m程の滝はいずれも直登。ちょっと高さのある滝では安全を考えてロープを出したが全員その必要も無いかのような登りっぷりだった。

なかなか、楽しそうだし、手頃ですかね。

>  笹を漕ぎ分けてピーク東側の鞍部に出ると北側に鏡山が見えた。まだまだ緑が濃く紅葉は先のようだ。
>  稜線にはわずかながら踏み跡が見受けられる。それを追いながら薮をこぐ事わずかでミノマタ三角点に到着。
>  三角点周辺は以前そばつると登頂した時よりも広くなっており見晴らしもよくなっていた。

広くて見晴らしOKですか!!。

紅葉の頃、行ってみたいですね!。

>  下山はピークから激薮をこぎ一旦西側鞍部に出てそこから沢筋を下りていった。上部は笹薮の急斜面で手こずったがこれといった難しいところも無くいくつか現れた滝も難なく巻け西前の谷本流に下りた。本流にも幾つか滝があったがいずれも簡単に越す事ができ最後は林道に上がって駐車地に向かった。距離的には短かいが直登可能な滝が多く十分楽しむ事ができた小気味のいい沢歩きだった。

距離短いって、そこそこあるように見えますが・・・、

前夜泊で、星見てこの沢で紅葉狩りがよさそうですなぁ。

では また 秋色のナメ床で

      SHIGEKI



 

No.2: Re^2: 短いけど小気味よい沢歩き   [No.1への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/10/20 22:14
名前: 兎夢 ID:fhSCfhPM
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

SHIGEKIさん、こんばんは。

> 精力的に歩いてますねェ。

近場のちょろちょろの沢ばかりですけどね。

> 東前の谷の時に、地形図見て 「おっ 西前もあるがな  どんなんやろ」て興味深く
>
> 地図眺めてたんですわ。

この谷には東があってその対で西がありますね。興味がわきますよね。

> 兎夢さんのも両方のブログ見ましたで~
>
> 地形図見る限り、結構な流程と思ってましたが。
>
> かなり。林道も上の方まで延びてるように見えますが、自然に戻ってますか?。

林道のあたりはよくないですね。堰堤も新しいですし。その上は自然に返りつつあります。

> なかなか、楽しそうだし、手頃ですかね。

手頃ですよ。楽しいし。

> 広くて見晴らしOKですか!!。

6人は余裕で休憩できました。見晴らしはそばつると行った3年前に比べて良くなってましたが北側は樹林に遮られてますよ。樹林越しに県境の山並みが見えます。

> 紅葉の頃、行ってみたいですね!。

いいと思います。二次林の森が広がってます。

> 距離短いって、そこそこあるように見えますが・・・、

距離はやはり短いですよ。頑張って歩けば山頂まで2時間そこそこでしょう。

> 前夜泊で、星見てこの沢で紅葉狩りがよさそうですなぁ。

ゆったりできますね。

> では また 秋色のナメ床で

秋色のナメにいきたいですねえ。

                 兎夢

 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成