ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 選択された記事を表示   前の記事  次の記事
スレッド4: 【鈴鹿】 宮指路~入道 縦走のあとに・・・・
No.2: Re^2: 【鈴鹿】 宮指路~入道 縦走のあとに・・・・   [No.1への返信]
1. 三体仏岩

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/03/16 17:58
名前: FRESH_BREEZE ID:PeNkIajo

緑水さん、こんにちは。

> FBさん こんばんわ、酔い気持ちでレスするから失礼あるカモ知れないゴメンね。

ヤブの面々のこの時間の投稿はヨッパが多いことぐらい、わかってますがな。
特に・・・・・・・(止)

> 仕事と道楽のネット管理者で好きな山行きママならずと思ってました。
> ナンのことないわ、雪が降ったといえば山に行き雪と戯れ。
> お天気よいからと山に行く、ナカナカの自由人やおまへんやないですか。
> 好いことですよね~。

ここのところサーバー機のトラブル続きでしたからねぇ。たまにはレポもせんとね。

>>  「雪がないと全然雰囲気が違いますね。」ほんの3日前に同じ道を通っているはずの道を記憶を確かめながら歩いていく。シリセードで下った小社峠直下は結構石がごろごろしていてびっくりする。
>
> 山は三回季節変えてのぼらなワカラン言うモンね。雪、新緑、そして秋でしょうな。
> 縦走も好いけど、ひとつずつの山をコースを変えて、上り下りするのが正道だとよですね。

それも分かるけど、縦走もなかなかできないんで、今回は縦走でしつこくいってみようかと。

>>  先日アウトレット長島のモンベルで買った、ジェットボイル用のガスボンベを初めて使ってみる。小さいながら中のガスはイソブタンとプロパンで厳冬期でも強力な火力が得られるそうだ。
>
> コレ使ってるの見たことあるよ、ジェット噴射の様でフインつきで無駄なく熱を伝えるんですよね。
> ポットとナベ容器があるんですよね。
> デモ、カップメン用のお湯沸かすだけでしたか?

そうですわ。確かにお湯沸かすだけではもったいないなぁ。おいしそうなメニュー考えよっかな。
お手軽で煮込めるもの。味噌煮込みぐらいしか思い浮かばないなぁ。
おお、そうだ名古屋コーチンでもいれたろ。

> ホンと作ったような姿してる、供物を備える台座とか重岩など小広い尾根には社でも有ったな?祭司がおこなわれただろう空想するとオモシロいです。

オバハンはイワクラの隣の尾根のでっぱりから拝んでました。拝殿はあそこでしょうね。

>>  「この尾根行きます!」
>>
>>  このメンバーとの山行きで、今までおとなしくしていたが、ついにやっちまった。
>
> 仕切りやさんが居たのですか、あまりのスタンダードでヤブ虫が動いたのですね。

仕切り屋さんがいたわけではないのですが、今まできちんと縦走してきたので寄り道した入道ヶ岳あたりではいいかなと。

>>  奥の院から南に大石橋へと連なる尾根がある。前夜から行こうかどうしようかと密かに狙っていた尾根だ。
>
> この尾根緑ちゃんのレポ記憶にありますか??

これが気になってヤブコギ猿人早々に復活しました。
みさせていただきましたよ。さすが緑水さん!

>>  一応の同意を取り付けてここからトップで行く。「池ヶ谷→」のプレートの横をすり抜けてアセビの待つヤブに突撃!最初のうちは後続を気にしていたが、「尾根はどこだ~~!」と気持ちの高ぶりと、枯れ枝のポキポキに阻まれ、自分自身が必死になってきた。
>
> アセビが異常に大きく育ってる、枝張りが隙間を狭めて抜けるに難儀ですよね。下の植林帯から斜めに上がるわポリシーが許さないんだな(^^)

だって下に植林帯があるなんて知らなかったンダモン。
たしかにアセビは尋常な高さではないですね。普通低く育って行くもんじゃないですか?

>>  それでもなんとか尾根芯にたどり着いたようで、「尾根芯はここです!」と宣言する。僕はなんとか安堵感が沸いてきたが、他の3人は目が点になっていた。
>
> 池ノ谷側は二重稜のような所も有り日当たり良くて好いところでしょ。下へ行くほどにゴロゴロ岩で気が抜けません。

最後は下の道路に落石させそうで気が気じゃありませんでした。

> 鳥居山頂からの南尾根も好いよ、最後は池ノ谷左岸出口に下ります。
> またお試しの程をです。

いい尾根ですね。どっちにしようか迷いましたが、駐車地に近い尾根を選びました。
次回は南尾根を歩いてみたいです。

  FB

  前の記事  次の記事   スレッド一覧   新規スレッド作成