ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 選択された記事を表示   前の記事
スレッド424: 沢へ再び:奥美濃 日野川笹ヶ峰のあたり
No.2: Re: 沢へ再び:奥美濃 日野川笹ヶ峰のあたり
日時: 2010/11/18 20:55
名前: 山日和 ID:4TpfupG6

okuちゃん、こんばんは。

> 場 所:日野川の支流 沢の名前は知らない
> コース:駐車場所07:40-林道終点08:20-680m地点09:10-源平谷山尾根11:05-750m地点12:35-源平谷山尾根Ca1080m 13:55-林道 15:15-駐車場所15:50

登りは長トコからシンノ谷、下りは途中まで源平谷やね。

> 広野ダムを過ぎて、鈴谷川と日野川出合いにある建物あたりに駐車。落葉が始まっている林道を自転車で移動。

二ツ屋発電施設ですね。ここからはゲートで進めないか。前は林道終点まで車で行けたんだけどね。

> 680m地点が本日一番の場所だった。東を見れば、本流の3段20mぐらいの滝、南側のガレマークからは細糸の滝ともいえそうなのが3条、独立して流れ落ちてきている。
> しかも、ランチ用の大岩テーブルまで準備されているのである。時計を見ると9時10分、かなり早いけれどもここでゆっくりランチタイムにしよう。辺りは完全の秋の支度を終えて、冬支度を着々と進めている。

本流と焼小屋谷の出合あたりかな。
かなり早いって、林道から50分しか歩いてないやん。(^_^;)

> あとは右俣を意識しながら、尾根まで真っ直ぐ登る。1150m付近で尾根に乗ってびっくり。道があった。源平谷山山頂では、この先道はないなと思ったのだが。これは、Ca1290mまで?と思い少し登るが面倒になりすぐに止めて、西側の沢に向かう。

「源平谷山頂では」っていうのは別の時のこと?昔は道がありました。
Ca1290mは通称ロボットピーク。気象観測施設がありましたからね。

> 落ち葉で埋め尽くされた沢の源頭。ブナが林立しておりヤブも薄い。適当に下って行けば2段の滝。右岸から巻いて降りる。上段の滝は紅葉の間を駆け抜けるている。

そのまま尾根「道?」を下らなかったん屋根。

> いったん傾斜が緩くなってしまえばさっきまで眺めていたような藪の薄いブナの森が続いている。源平谷山から続く主尾根に乗ってしまえば途中に確認した道に合流。

やっぱり道型は残ってるのか。

> 下りに源平谷山を経由する必要性はない。1050mから北西尾根に進んだ方が楽である。ということで、どこで右手に抜けようかと思って進むが、なにかおかしい。道が左方向に曲がらない。しかも、道がやや右に寄ってきた??
> ようやく理解した。この道は源平谷山ではなく北西尾根に続いているのだ。

そうですね。昔のガイドにもそう書いてました。観測施設への道ならば林道終点から最短距離のこの尾根が妥当でしょう。

> そのまま尾根を道を伝って下る。落葉のブナの森が続いていた。仮に道がなくても、藪も薄く気持ちよく歩ける森が広がっていた。最後は杉を避けるつもりで左手に進んだが、真っ直ぐ北西に進めば最後まで自然林の中を歩くことができてみたいである。

十分歩けるんやねえ。okuちゃん辞書解析の必要あり?

> 下り750mあたりの記載で、なに?と思った方がいると思います。ロープやらは持っていましたし、支点になる木もありましたが、使わずに済ませたいのです。えっ、懸垂フェチ(^^; もいれば、ロープ好きじゃない人もいるのです。

私もできれば使わずに済ます方ですので気持ちはわかります。

最後にどうでもいい補足を・・・・(私にとってはこだわりですが)
福井県側から登って国境稜線にも到達しなければ、「奥美濃」というのはイカンです。
okuちゃん福井県人なのに。(出身は知らんけど)
嶺北の山と言うべきですね。
広野ダムから夜叉ヶ池行って、奥美濃へ行ってきましたなんておかしいじゃん。(^^ゞ

                          山日和

  前の記事   スレッド一覧   新規スレッド作成