ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド450: 正調・ヤブ追い
No.0:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
1. 石灰ゴロの尾根

-クリックすると元画像を表示-
2. 鹿ツノとお供え

-クリックすると元画像を表示-
3. マユミちゃん迎える山頂だ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/02 05:31
名前: 緑水 ID:QXNuGA1I

いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
ヘンテコリン狂山に惑わされ無いように、足元を見に行こう。

  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ

スッパ歌舞でお出かけだよ。この子も好い子だよ明るい心動にヒンヤリ風切るはヤッパ好いなあ。
青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)

カモちゃんのワリバシ殿の後追いと思いながらも、チョト待てよ三光谷には時間が足らんぜ。
狂壇さんのレスで遅れたからなあ、縁起も悪そうで又にしょうとネコ帰りだニャン。

林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
カブを駐車場に止めてココから入る。

植林中の登り、ココの杉林も樹皮を食われて立ち枯れ寸前だ。鹿のヤロウめ何十年育てた杉材を一夜にして枯らしてしまう。
植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。

足元は階段状に石積みされてるし古い木段もある。この山は曰くが有るんだなあが分かる。
山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。

東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
伊勢の海はぼんやりの小春霞みにもやってるよ。鴨ちゃまの朝日のぼる景色見る気持ちよくわかりますた。
鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。

アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
周囲は残りモミジが美しいなあ、これに紛れ込もうだよ。
この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。

すぐの鞍部からゆるゆると登るの、好い尾根だよモミジが黄に成り赤になりよく来たねと迎えてくれる。
チョットきつくなる斜面も落ち葉が最後の色を残して、カサコソと足をくすぐるんだ。
樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。

切り開きで・700から緩やかに遠足尾根道にでた。葉を落とした雑木林の明るい日だまり、またみんなを案内しょう思う。
この当たりも古道探しで良く歩いたところだ、また新しい領域を歩けますた。鴨チャマのおかけだよね。

同じ道下りは見落としたのが目に入るよ、この憧憬は牛回しの道のようだね。
木庭の跡から・700東に向いてテープがついてる、篤志家が着けてるんだろうなあ。
落ち葉のいっぱい積もる斜面、落ち葉を跳ね上がら降りるんだワン。

大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。
足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。

ゆっくりとカブに戻る、なんとまあ絵地図である北道に降りたんだ。南ルートの予定だったのに(--)
南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。
道は無いよ?少し上がるもヤブの斜面だ??

こんなの気楽に入ったら危ないよなあ、思いながら帰りますた。

              緑水
No.1: Re:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
日時: 2010/12/02 06:26
名前: ふ~さん ID:FQXCgcAE

再度のおはようさんです。

> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
> ヘンテコリン狂山に惑わされ無いように、足元を見に行こう。

よくぞ言うてくれました。そうです。やぶこぎ会から足を洗い、今やまっとうな山登りに終始するふ~さん。今後とも、クリーンな山登りにこころがけて、ヘンテコリン狂団を変上デス。

> カモちゃんのワリバシ殿の後追いと思いながらも、チョト待てよ三光谷には時間が足らんぜ。
> 狂壇さんのレスで遅れたからなあ、縁起も悪そうで又にしょうとネコ帰りだニャン。

これはよもや、わたしではあるまいにゃ。ワシにあやかれば、三光(鉱)谷で大判小判ざっくざくや。

> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
> カブを駐車場に止めてココから入る。
>
> 植林中の登り、ココの杉林も樹皮を食われて立ち枯れ寸前だ。鹿のヤロウめ何十年育てた杉材を一夜にして枯らしてしまう。

鹿たないっすね。

> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
>
> 足元は階段状に石積みされてるし古い木段もある。この山は曰くが有るんだなあが分かる。
> 山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。

はじめて登った折には、思わぬ展望地に拍手したい気分でしたよ。ワシの聖地の一つに加えてもいいかなって。

> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
> 伊勢の海はぼんやりの小春霞みにもやってるよ。鴨ちゃまの朝日のぼる景色見る気持ちよくわかりますた。
> 鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。

ちなみに、ふ~チャまってシャイで繊細でヤブ山好きで、ヤブ男の反面教師だよなあ(あれ・・・自己矛盾してるかも)

> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
> 周囲は残りモミジが美しいなあ、これに紛れ込もうだよ。
> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。
>
> すぐの鞍部からゆるゆると登るの、好い尾根だよモミジが黄に成り赤になりよく来たねと迎えてくれる。
> チョットきつくなる斜面も落ち葉が最後の色を残して、カサコソと足をくすぐるんだ。
> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。

「なんとかトキシン」ってな有毒成分が含まれてるんでっしょ。鹿君だって、それくらい知ってるから食べることはないやね~

> 切り開きで・700から緩やかに遠足尾根道にでた。葉を落とした雑木林の明るい日だまり、またみんなを案内しょう思う。
> この当たりも古道探しで良く歩いたところだ、また新しい領域を歩けますた。鴨チャマのおかけだよね。

何事も先達さまのレポがあるからこそだね。ああ、ありがたや。ぱんぱんっ!(柏手)

> 大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。
> 足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
> この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。

ワシのようなか細い足じゃ下れませんやね。何と言っても、我が輩、正調登山道ウォーカーなり。

> ゆっくりとカブに戻る、なんとまあ絵地図である北道に降りたんだ。南ルートの予定だったのに(--)
> 南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。
> 道は無いよ?少し上がるもヤブの斜面だ??

でしょ。変だよね、あれ。ま、ワシは、自分がきちんと探していないからかなっ・・・って思ってましたが。

> こんなの気楽に入ったら危ないよなあ、思いながら帰りますた。
>
>               緑水

火遊びと同じや。くわばらくわばら。

 ふ~さん

No.6: Re^2:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ   [No.1への返信]
1. 保月の枯れた杉、どこにもだ

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/03 02:52
名前: 緑水 ID:DrJdRfwg

ふ~さん さんおはようございます、チャンとしたしとにはちゃんとご挨拶できますよ。

> よくぞ言うてくれました。そうです。やぶこぎ会から足を洗い、今やまっとうな山登りに終始するふ~さん。今後とも、クリーンな山登りにこころがけて、ヘンテコリン狂団を変上デス。

足洗うって??

> これはよもや、わたしではあるまいにゃ。ワシにあやかれば、三光(鉱)谷で大判小判ざっくざくや。

わたくちこの当たりも結構に歩いてるんですよ、血行に迷うお方の尻には怖いのばかり。6文銭で充分ですワン。

> 鹿たないっすね。

またこお言う言い方でショ、鹿が環境を大変化させてる知ってるくせに。
イルカ捕るよりシカ肉を獲れですがな。

> はじめて登った折には、思わぬ展望地に拍手したい気分でしたよ。ワシの聖地の一つに加えてもいいかなって。

ナニゴトモ初めての体験は好いですね、口や目が肥えてくると人間は切りなしに求める。でもドコかに寿命があるからね。

> ちなみに、ふ~チャまってシャイで繊細でヤブ山好きで、ヤブ男の反面教師だよなあ(あれ・・・自己矛盾してるかも)

その通りだと思います、底知れない不思議さを感じます。

> 「なんとかトキシン」ってな有毒成分が含まれてるんでっしょ。鹿君だって、それくらい知ってるから食べることはないやね~

だから食わすのですがな、雑害木がなくなり鹿が肥える肉は美味で、シカ肉って恋肉だもんね子どもも沢山生まれる、どうですか。
夕べのニュースでいうてますた、いま生産年齢の人たち○ックスレスなんだってね。世界最低だとか日本国は心配だなあ。

>> この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。
> ワシのようなか細い足じゃ下れませんやね。何と言っても、我が輩、正調登山道ウォーカーなり。

できた頃は九十九折れの展望道が判りますが、今は危ないと思うなあ。子どもと行っても幼稚園児ですよ。

> 火遊びと同じや。くわばらくわばら。

   のぞくなと 言われるほどに見たくなる 塀の節穴 行水の音

                      緑水
No.2: Re:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
日時: 2010/12/02 13:53
名前:  biwaco  ID:Abi/iX2I

正調ヤブ道を究められる緑酔サマ、こんちは~
ヤブ道の邪道、蛇道で穢しております。(怪我はしてないけど…)
カモさんのレポで大鉢山の名前を見て、どこかいな?と思ってたらまた出てきたわ!

> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
> ヘンテコリン狂山に惑わされ無いように、足元を見に行こう。

東は二人横綱? 西の横綱はやっぱり大番頭はんですかいな?
角界も信用回復に邁進中ですから、ヤブ界もヘン○分子には粛清来るかなあ?
くれぐれも足元襟元清潔に~!

> スッパ歌舞でお出かけだよ。この子も好い子だよ明るい心動にヒンヤリ風切るはヤッパ好いなあ。
> 青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)

勢い余ってハメはずすと歌舞界の海老ちゃんの二の舞ですから~(^^)

> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
> カブを駐車場に止めてココから入る。

青川峡沿いの道路から登山路入口あるんですですか。
知らないところはどこから入るのか、いつも不安なんです。
地図見ててもダメ、やっぱり現地で確かめんとね。

> 足元は階段状に石積みされてるし古い木段もある。この山は曰くが有るんだなあが分かる。
> 山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。

・522が大鉢山なんですね。確かに見晴らしよさそうだ!

> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
> 伊勢の海はぼんやりの小春霞みにもやってるよ。鴨ちゃまの朝日のぼる景色見る気持ちよくわかりますた。
> 鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。

小春日和に下界眺めてプシュー!は最高だな~。
biwa爺って、シャイで控え目で、山ガが苦手で、ヤブ男の万華鏡だなあ…なんて思いながらプシューしてませんでした?(ん? 忘れてた?……あ、そ…)

> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
> 周囲は残りモミジが美しいなあ、これに紛れ込もうだよ。
> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。

モミジ街道をミカンでも食べながら、うれしい遠足ですか~

> 切り開きで・700から緩やかに遠足尾根道にでた。葉を落とした雑木林の明るい日だまり、またみんなを案内しょう思う。
> この当たりも古道探しで良く歩いたところだ、また新しい領域を歩けますた。鴨チャマのおかけだよね。

緑さまプロデュース、宮指路さんガイドの「大人の遠足」企画してね~♪ 

> 大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。
> 足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
> この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。

いろんな道があるんでしょう? 子連れ禁止ですか…

> ゆっくりとカブに戻る、なんとまあ絵地図である北道に降りたんだ。南ルートの予定だったのに(--)
> 南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。
> 道は無いよ?少し上がるもヤブの斜面だ??

ふ~ん、絵地図どうなってるの? 緑爺ちゃんプシューがまだ抜けてないんでは? 
もう一度踏査してきて下さい。

> こんなの気楽に入ったら危ないよなあ、思いながら帰りますた。

そうそう、石橋でも叩いて渡らな…
石榑トンネル抜けたら表鈴鹿が近くなる~♪

         ~biwa爺
No.7: Re^2:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ   [No.2への返信]
1. ・522高みの向こうは遠足尾根

-クリックすると元画像を表示-
2. 空には巻き髪のような雲

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/03 03:31
名前: 緑水 ID:DrJdRfwg

~biwa爺 さま おはようございます。さまになってる後ろツーショット好いですね(^^)

> ヤブ道の邪道、蛇道で穢しております。(怪我はしてないけど…)

好いんじゃないですかそれで、ムカシにね二人の無垢な男女にリンゴ食べさせたのは蛇くんですよね。
それで二人は恥ずかしさを覚えたんだよね。ジイちゃんなると恥ずかしさが消えていきますなあ。

> 東は二人横綱? 西の横綱はやっぱり大番頭はんですかいな?

ピンポーン、(^^)ガンコでイッテツですね。昔と変わらない思いますよ。
もう一人の張り出し横綱はだれ~だ

> 角界も信用回復に邁進中ですから、ヤブ界もヘン○分子には粛清来るかなあ?
> くれぐれも足元襟元清潔に~!

ちゃんと大衆は見ていますからね。

> 勢い余ってハメはずすと歌舞界の海老ちゃんの二の舞ですから~(^^)

エビちゃんか、超エリートだもんね。
真相が判れば謝るのはどっちゃになるかな?

> 青川峡沿いの道路から登山路入口あるんですですか。
> 知らないところはどこから入るのか、いつも不安なんです。
> 地図見ててもダメ、やっぱり現地で確かめんとね。

分けのワカラン絵地図が三か所有りますた。昔からこの道歩いてるけど気がつかなかったなあ。
緑ちゃんはね速に成果を求めませんよ、まずは偵察ですガナ。逃げ道確保してから攻めあげますよ。

> ・522が大鉢山なんですね。確かに見晴らしよさそうだ!

この下のふくらみですよ。入道岳には勝てませんけどね、サンショは小粒でも・・・って感じです。

> 小春日和に下界眺めてプシュー!は最高だな~。

最高ですか~、好いなあって感じですよ。

> biwa爺って、シャイで控え目で、山ガが苦手で、ヤブ男の万華鏡だなあ…なんて思いながらプシューしてませんでした?(ん? 忘れてた?……あ、そ…)

言われる通りだと思いますよ、みなさん自分のコトよく判ってますよね(^^)

> モミジ街道をミカンでも食べながら、うれしい遠足ですか~

心うきうきですね、4~5時間の散歩で早く帰りますよ。

> 緑さまプロデュース、宮指路さんガイドの「大人の遠足」企画してね~♪ 

これはマタ、やぶシモベヲご所望ですか。緑ちゃん定期的に案内公開してますよ。
そこへ来ますか、シマシマシッポ使わなくてもだいじょうびダ~ヨン。

> いろんな道があるんでしょう? 子連れ禁止ですか…

禁止なんて山には有りませんぞ、山あるところすべて道ですガナ。

> ふ~ん、絵地図どうなってるの? 緑爺ちゃんプシューがまだ抜けてないんでは? 
> もう一度踏査してきて下さい。

絵じゃない写真にルートが書かれてるの、こんどカノジョつれて行きますワンよ。
レポはしません。

> 石榑トンネル抜けたら表鈴鹿が近くなる~♪

ホンマ待ちどうしいね。裏鈴鹿が近くなりますよ。

               緑水

No.3: Re:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/02 20:38
名前: Trail Walker ID:yADaFZmk

緑水さんこんばんは、こちらはえらい雨です。

> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
私は横綱になりましたか、うそでもうれし~。でも横綱争いは無いよ両方東方だもんね。
に~し~りょくすいざ~ん~かな?
> ヘンテコリン狂山に惑わされ無いように、足元を見に行こう。
でも緑水山さんは理事長だよね。

>   ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
>
> スッパ歌舞でお出かけだよ。この子も好い子だよ明るい心動にヒンヤリ風切るはヤッパ好いなあ。
> 青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)
あっダメダメ !いい気になるとボコボコにされるよ!

> カモちゃんのワリバシ殿の後追いと思いながらも、チョト待てよ三光谷には時間が足らんぜ。
> 狂壇さんのレスで遅れたからなあ、縁起も悪そうで又にしょうとネコ帰りだニャン。
オシッコペッぺでお帰りですか?

> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
> カブを駐車場に止めてココから入る。
駐車場の上かな?案内図も有るのですね、やっぱりキャンプ者向けの整備なんだ。

> 植林中の登り、ココの杉林も樹皮を食われて立ち枯れ寸前だ。鹿のヤロウめ何十年育てた杉材を一夜にして枯らしてしまう。
 鹿が悪いのか、杉ばかり植えた人間が悪いのか、熊にはどんぐり投下してたけど鹿には鹿せんべいでもばらまきますか。

> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
それも杉ですか、あまり杉は深く根を張らないけど岩を良く抱きますね、抱きつくのが好きみたい

> 足元は階段状に石積みされてるし古い木段もある。この山は曰くが有るんだなあが分かる。
> 山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。
上に社でもあるのですか?
> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
お供えするところをみるとやはり御社ですか?

> 伊勢の海はぼんやりの小春霞みにもやってるよ。鴨ちゃまの朝日のぼる景色見る気持ちよくわかりますた。
ここからだと初日の出は海から上がるのかな?きっと伊勢の山ガ邪魔になるかも、朝熊山から登るるかもね。

> 鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。
良いのか悪いのか

> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
道在るが這い入れば3時間山中彷徨いよろしいですやん。

> 周囲は残りモミジが美しいなあ、これに紛れ込もうだよ。
> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。
 方向間違わなかったですか。

> すぐの鞍部からゆるゆると登るの、好い尾根だよモミジが黄に成り赤になりよく来たねと迎えてくれる。
未だ紅葉残ってますか。
> チョットきつくなる斜面も落ち葉が最後の色を残して、カサコソと足をくすぐるんだ。
> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。
馬は酔っても鹿は酔わんかも?、緑ちゃんはどう?

> 切り開きで・700から緩やかに遠足尾根道にでた。葉を落とした雑木林の明るい日だまり、またみんなを案内しょう思う。
 なんか企画が有るのかな~。
> この当たりも古道探しで良く歩いたところだ、また新しい領域を歩けますた。鴨チャマのおかけだよね。
大鉢山からはは初めてだったですか?。

> 同じ道下りは見落としたのが目に入るよ、この憧憬は牛回しの道のようだね。
> 木庭の跡から・700東に向いてテープがついてる、篤志家が着けてるんだろうなあ。

そのうち宮指路さんが牛道調査に行くでしょう。

> 落ち葉のいっぱい積もる斜面、落ち葉を跳ね上がら降りるんだワン。

> 大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。
> 足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
> この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。
結構厳しい道なんですね。
> ゆっくりとカブに戻る、なんとまあ絵地図である北道に降りたんだ。南ルートの予定だったのに(--)
> 南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。
> 道は無いよ?少し上がるもヤブの斜面だ??
もう使う人いないので埋まっちゃいましたかね。おつかれさまでした。  TW
No.8: Re^2:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ   [No.3への返信]
1. 裏から上がるとコンナの

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/03 04:19
名前: 緑水 ID:DrJdRfwg

TW さん おはようございます。こちら雨盛りですわん。乾きがとれますワン(^^)

>> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
> 私は横綱になりましたか、うそでもうれし~。でも横綱争いは無いよ両方東方だもんね。

レ―ポート読んでてもすっごく楽しいもん、心から身体が喜んでるの伝わりますね。張りと正の争いかな。
山歩き遊びは三度楽しめる、このサイトは好いですよね。

>> 青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)
> あっダメダメ !いい気になるとボコボコにされるよ!

工事中だったから鉄門扉は開いてて、三角の注意バリ有るだけだモン行けますよ。
帰りに門が閉っててもカブちゃんなら脇が抜けられるのサ。

>> 狂壇さんのレスで遅れたからなあ、縁起も悪そうで又にしょうとネコ帰りだニャン。
> オシッコペッぺでお帰りですか?

体制立て直しでね、どうせヒマはいっぱいあるからね。少しづつが身に会ってきますたワン。

>> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
>> カブを駐車場に止めてココから入る。
> 駐車場の上かな?案内図も有るのですね、やっぱりキャンプ者向けの整備なんだ。

鴨レポでそう思ったけどチャウね、遊歩道の木段は腐り20年は過ぎてる感じですたね。
ゴメン?昔のキャンプ客様に作ったのかなあ??今の設備用じゃないと思う。

>  鹿が悪いのか、杉ばかり植えた人間が悪いのか、熊にはどんぐり投下してたけど鹿には鹿せんべいでもばらまきますか。

環境悪化はすべて人が悪いのさ、鹿が増えないようにするにはどうすればいいのかなあ?オオカミを復活させて放すの。
サル被害が増えたのは群れを分断したからだと、専門家は言うね。

>> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
> それも杉ですか、あまり杉は深く根を張らないけど岩を良く抱きますね、抱きつくのが好きみたい

杉じゃないですよ、絵でも判るようにいかにもシッカリした木だ。これも鹿こうはかじってるよ。

>> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。
> 上に社でもあるのですか?

上には空と展望がありますた、孫た尾根にはいろんなの有りますがココからの眺めは好いですね。

>> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
> お供えするところをみるとやはり御社ですか?

もっとええ加減に読んでよ、緑ちゃんは自然が神と思ってますから。恵みの食事に感謝ですよ。


>> 伊勢の海はぼんやりの小春霞みにもやってるよ。鴨ちゃまの朝日のぼる景色見る気持ちよくわかりますた。
> ここからだと初日の出は海から上がるのかな?きっと伊勢の山ガ邪魔になるかも、朝熊山から登るるかもね。

夏至と冬至では日の出の位置はどれぐらいずれるのかなあ?
鴨チャマの絵では東海村あたりから上がるね、夏場だと師崎あたりかなあ?教えがあると好いね(^^)

>> 鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。
> 良いのか悪いのか

とっても好いコトだと思うよ、マオちゃんとこれへも寄れるしネコちゃんとも傘ヤンともだれとでも合わせられるもん。

>> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
> 道在るが這い入れば3時間山中彷徨いよろしいですやん。

だから11時がお昼なんですよ、下山は15時でね、お家には17時ですよ夕食ですな。19時に寝るのサ。

>> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。
>  方向間違わなかったですか。

まちがう?なんで?間違いようのない一本道尾根ですガナ。

>> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。
> 馬は酔っても鹿は酔わんかも?、緑ちゃんはどう?

この木は使い道有るのかいなあ、ドンドンはびこってるね。
御所平もジャングルになるよ。金山尾根も背が高くなってます。

>  なんか企画が有るのかな~。

集いのオカアチャマ達アン内での優しそうで感激できそうなところ、みなさんトシ食ってるからそれに見合う山です。

>> この当たりも古道探しで良く歩いたところだ、また新しい領域を歩けますた。鴨チャマのおかけだよね。
> 大鉢山からはは初めてだったですか?。

牛マワシは遠足尾根、大日向から宇賀渓起点だからこちらの崖印には降りてないの。初めてでした。

> そのうち宮指路さんが牛道調査に行くでしょう。

意欲的だからね、美漠いとわないもん。

>> この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。
> 結構厳しい道なんですね。

そうじゃないの!楽チンですよ。子ずれのやわい親子にはチョイきついかなあの程度ですガナ~

タウンちゃまにはズートズート歩いてね、静が岳孫た回りをお奨めですね。

                    緑水
No.4: Re:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
1.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/02 23:08
名前: 宮指路 ID:Z28qBlQ.

緑水さん、おはようございます。
今日のお目覚めはいかがでしょうか?外は雨がシトシト艶っぽいですネ。

> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
ズッコケ太郎・次郎をこんなに持ち上げてしまって、どうするねん
ワタスは幕下がエエですわ

> スッパ歌舞でお出かけだよ。この子も好い子だよ明るい心動にヒンヤリ風切るはヤッパ好いなあ。
> 青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)
歌舞の特権だね。海老増みたいに調子に乗って、℃疲れんように
>
> カモちゃんのワリバシ殿の後追いと思いながらも、チョト待てよ三光谷には時間が足らんぜ。
先っぽだけでも良かったんじゃない

> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
> カブを駐車場に止めてココから入る。
ゲート奥からですね。ワタスと同じですわ
>
> 植林中の登り、ココの杉林も樹皮を食われて立ち枯れ寸前だ。鹿のヤロウめ何十年育てた杉材を一夜にして枯らしてしまう。
> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
暗くて良く見えなかったですが写真のようでしたか?
>
> 足元は階段状に石積みされてるし古い木段もある。この山は曰くが有るんだなあが分かる。
> 山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
石積みのある場所ですね

> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。
>
> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
黄色いガスボンベはなかったでしょうか?

> 伊勢の海はぼんやりの小春霞みにもやってるよ。鴨ちゃまの朝日のぼる景色見る気持ちよくわかりますた。
でしょ

> 鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。
なんじゃいソレ。ワタスは端くれ者ですがな
ヤブの鏡なんて勿体無いですわ。シャイなのは分かるけど、どこが厚かましいんやろ
>
> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
> 周囲は残りモミジが美しいなあ、これに紛れ込もうだよ。
> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。
>
> すぐの鞍部からゆるゆると登るの、好い尾根だよモミジが黄に成り赤になりよく来たねと迎えてくれる。
イイ時期に来ましたね

> チョットきつくなる斜面も落ち葉が最後の色を残して、カサコソと足をくすぐるんだ。
> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。
ここはアセビが多いですが、鹿も食わんでしょう
>
> 切り開きで・700から緩やかに遠足尾根道にでた。葉を落とした雑木林の明るい日だまり、またみんなを案内しょう思う。
この辺り、大勢で来てもまったりランチできますね

> この当たりも古道探しで良く歩いたところだ、また新しい領域を歩けますた。鴨チャマのおかけだよね。
何をおっしゃいますやら
>
> 同じ道下りは見落としたのが目に入るよ、この憧憬は牛回しの道のようだね。
気がつきましたか 
ワタスもそう思いマスタ

> 木庭の跡から・700東に向いてテープがついてる、篤志家が着けてるんだろうなあ。
> 落ち葉のいっぱい積もる斜面、落ち葉を跳ね上がら降りるんだワン。
気持良さそうですね
>
> 大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。
> 足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
北東から降りるともっとナダラカな下山道がありますが、平べったい岩が多い道になります。

                             宮指路
No.9: Re^2:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ   [No.4への返信]
1. 四角い穴はお正月の火鉢かな

-クリックすると元画像を表示-
2. 古道は右に下りて林道までわずかだな

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/03 04:54
名前: 緑水 ID:DrJdRfwg

宮指路 さん、おはようございます。朝には雨やむだろうよ。

> 今日のお目覚めはいかがでしょうか?外は雨がシトシト艶っぽいですネ。

いつも道理ですガナ、2時に目覚めですよ。

>> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
> ズッコケ太郎・次郎をこんなに持ち上げてしまって、どうするねん

持ち上げも落としもしませんよ、自分の意志足で歩いてるもん。興味シンシンで動きも早いもん。
しとの尻馬も乗れば人も乗せるもんね。

>> スッパ歌舞でお出かけだよ。この子も好い子だよ明るい心動にヒンヤリ風切るはヤッパ好いなあ。
>> 青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)
> 歌舞の特権だね。海老増みたいに調子に乗って、℃疲れんように

スピードはカブまでが好いね、風を匂いを感じられるもんね。
日本一周を人力車で回り、嫁さんの確保の人憧れるなあおもうよ。

>> カモちゃんのワリバシ殿の後追いと思いながらも、チョト待てよ三光谷には時間が足らんぜ。
> 先っぽだけでも良かったんじゃない

また残しておくよ、昔に歩いた道だからね。急ぐことないさ、あそこには山ガはおらんの判るしね。

>> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
>> カブを駐車場に止めてココから入る。
> ゲート奥からですね。ワタスと同じですわ

急ぐに昇るはこれが好いね、ほりゃ急げば汗かくわな。

>> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
> 暗くて良く見えなかったですが写真のようでしたか?

石がたがたなれど階段状に作っれてる判るね。古いキャンプ場からも近いから子どもたち登る多かっただろうなあ。

>> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
> 黄色いガスボンベはなかったでしょうか?

ボンベ忘れてきたの?四角の穴は有りますたか、この時の人が拾っていったのかな。
GPSでなくて良かったね。三ベン回ってワンっていうの習慣にしたいですね。今そうしてます念

>> 鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。
> なんじゃいソレ。ワタスは端くれ者ですがな
> ヤブの鏡なんて勿体無いですわ。シャイなのは分かるけど、どこが厚かましいんやろ

人秋刀魚のレス似も書きますたが、厚かましいとはジュウ従厚だと言うコトですガナ。文字間に書いてあるでしょ。

>> すぐの鞍部からゆるゆると登るの、好い尾根だよモミジが黄に成り赤になりよく来たねと迎えてくれる。
> イイ時期に来ましたね

この雨と風で終わりですね(^^)

>> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。
> ここはアセビが多いですが、鹿も食わんでしょう

入道岳のアセビは天然記念物なんだけど、大きくなり過ぎかな?

> この辺り、大勢で来てもまったりランチできますね

好い所はどこにでも、秘密のアッコちゃんが好いですよ。お気に入りの子と行きたいところは幾つあるのかな。

>> 同じ道下りは見落としたのが目に入るよ、この憧憬は牛回しの道のようだね。
> 気がつきましたか 
> ワタスもそう思いマスタ

あの窪地は荷寄せのの所判りますよ。人の手も入ってるね。
>> 足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
> 北東から降りるともっとナダラカな下山道がありますが、平べったい岩が多い道になります。

この道降りたですナ、シッカリ追えるのは慣れた目でないと無理だと思うな。
カンタンなところで間違えるんだよね、迷い遭難あるのはそれですガナ。

                   緑水
No.5: Re:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
日時: 2010/12/02 23:29
名前: kasaya ID:ffE6T7dk

緑水さん こんばんは

> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
二人ともレポのアップとレスがすごいですねえ。

>   ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
この山エアリアマップにも書いてないんですよね。私も頂上について道標を見るまで知りませんでした。

> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
> カブを駐車場に止めてココから入る。
案内図は立派ですね。ホント案内図だけ!

> 植林中の登り、ココの杉林も樹皮を食われて立ち枯れ寸前だ。鹿のヤロウめ何十年育てた杉材を一夜にして枯らしてしまう。
> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
これは北川の登山口から上がったのでしょうか?それとも道は無視?

> 山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。
見晴らしのいいところですね。青川キャンプ場からフラフラ上がってこれそうな山なんだけど

> 東の展望にお供えしょう、してプシューはオイチイなあ(^^)
こんな低い山でプシューではアルコールが抜けませんよ!
> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
と思ったらちゃんと酔い覚ましの計画が入っていました。

> 周囲は残りモミジが美しいなあ、これに紛れ込もうだよ。
> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。
飲んだ後でよくまあ登る気になりますねえ

> すぐの鞍部からゆるゆると登るの、好い尾根だよモミジが黄に成り赤になりよく来たねと迎えてくれる。
> チョットきつくなる斜面も落ち葉が最後の色を残して、カサコソと足をくすぐるんだ。
> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。
もう紅葉は麓だけかと思いましたがまだ少し残ってますか

> 同じ道下りは見落としたのが目に入るよ、この憧憬は牛回しの道のようだね。
気づきませんでした。牛道と牛回しって同じ事?

> 大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。
> 足跡を探せば古い登山道、忠実に道跡を追う。展望も好いけど一気登りなんだ。
> この道はキャンパーが子連れで登れる道じゃないな。
北川からの道を降りてるのかな。ガレていたりして良くないですね。昔整備して
そのままホッタラカシという感じがします。

> ゆっくりとカブに戻る、なんとまあ絵地図である北道に降りたんだ。南ルートの予定だったのに(--)
> 南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。
> 道は無いよ?少し上がるもヤブの斜面だ??
> こんなの気楽に入ったら危ないよなあ、思いながら帰りますた。
ここ全然道がないでしょう。セキオノコバでオフ会があった時ここから入ったのですが
道が失せていてさっぱり分かりませんでした。なまじ立派な道標があるだけに、キャンプ場の人が迂闊に
入ったら遭難モノだなと思いながら登ってました。管理はどうなってるのかなあと思います。

いづれにしても平日登山はゆったりとしていていいですねえ。
お疲れさまです

kasaya






No.10: Re^2:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ   [No.5への返信]
1. 黄色の楓

-クリックすると元画像を表示-
2. 赤色の楓

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/03 05:28
名前: 緑水 ID:DrJdRfwg

kasaya さん おはようございます、雨やむね週末は上天気かな(^^)

>> いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
> 二人ともレポのアップとレスがすごいですねえ。

そうでしょう、出し惜しみないレポに歩きにはヤブの誉れ正道を歩いてますよね。

>> 林道沿いに大鉢山への案内図が目についてた、ココからの登りなんだ。
>> カブを駐車場に止めてココから入る。
> 案内図は立派ですね。ホント案内図だけ!

看板はクタビレテないね、ちゃんとしてるから道ある遊歩道思いますよね。

>> 植林斜面を上がれば石灰岩の尾根、痩せてるのに樹はシッカリと台地をとらえて崩れを防いでるよ。
> これは北川の登山口から上がったのでしょうか?それとも道は無視?

まずは基本に忠実がモットーの緑ちゃん。パスしなくて忠実に道径を追いました。看板横に道ありです。
黄色の紐が付けられてこれは安全な道だね。

>> 山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
>> この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。
> 見晴らしのいいところですね。青川キャンプ場からフラフラ上がってこれそうな山なんだけど

真ん中、オートキャンプ場からの道も好いけど崩れがね、でも遠足尾根に取り付きには好い道ですよ。

>> アルが入れば3時間は山チューさ酔いが宜しいですね。
> と思ったらちゃんと酔い覚ましの計画が入っていました。

三時間でOKですよ、チェツカ―でチェック済みですよ(^^)人生終わりたくないからね。

>> この尾根を詰めれば遠足尾根だ、行ってみよう。
> 飲んだ後でよくまあ登る気になりますねえ

気ね、元気なりますワン ピンが外れるんだろうな。頭もさえますがな(^^)

>> 樹はアセビになる成長が早いアセビの森に成るんだろうなあ。鹿こうこの木を食えよ。
> もう紅葉は麓だけかと思いましたがまだ少し残ってますか

樹にも個性があるんですよね、同じ樹だろうにこんなに色が違うのはナゼなのかなあ。

>> 同じ道下りは見落としたのが目に入るよ、この憧憬は牛回しの道のようだね。
> 気づきませんでした。牛道と牛回しって同じ事?

牛が歩くのが牛道で、牛を思うままに連れ歩く親方が牛回し????ワカラン

> 北川からの道を降りてるのかな。ガレていたりして良くないですね。昔整備して
> そのままホッタラカシという感じがします。

上から下りてきて、ココかなあの展望所。のぞいたけど危なしうだね。道なりにおりますたよ。

>> 道は無いよ?少し上がるもヤブの斜面だ??
> > こんなの気楽に入ったら危ないよなあ、思いながら帰りますた。
> ここ全然道がないでしょう。セキオノコバでオフ会があった時ここから入ったのですが

証人が、ヤッパkasayaさんは折り紙つきヤブメンですな。
チョット探索しますたが、崖の縁に沿って有ったのかな?削り取られてしまったような感じですね。
上には残径があるカモ、でもこれはやめる取っ払いが正解だな。

> 道が失せていてさっぱり分かりませんでした。なまじ立派な道標があるだけに、キャンプ場の人が迂闊に
> 入ったら遭難モノだなと思いながら登ってました。管理はどうなってるのかなあと思います。

看板には明確に書かれてるから、その気になりますわなあ。

> いづれにしても平日登山はゆったりとしていていいですねえ。

お天気見ながらのお出かけですからね、ネットで明日行くぞ~を山仲間構築と思っていますよ。
ヒマ人はいっぱいいるもんね。

またよろしく

                緑水
No.11: Re:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ
日時: 2010/12/03 22:56
名前: ハリマオ ID:p/txrUio

緑水さん、ちょびっとお久しぶりです。

そういやちーと前、ふ~さんとこに緑水さんが書いたレスに横レス入れといたんですが、読んでくれはりますたか?

すずめ めじろ ロシヤ 野蛮国 クロバトキン きん○ま マグローフ・・・・ちゅうやつ
「坂の上の雲」にロシアの司令官の名前が出てきます。

>いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。

ほんにねえ、お目が高い。レポの量もさることながら、お二人とも虚飾のない非常に素直なレポでまぶしいです。

>青川キャンプ場から林道に乗り入れる、後谷にバリケードは有るが歌舞は好いのそのまま行っちゃえだ(^^)

あらま歌舞音曲は身軽でいいですね。でも長距離はしんどい。車に株を積んでいくのがよろしですね。

>狂壇さんのレスで遅れたからなあ、縁起も悪そうで又にしょうとネコ帰りだニャン。

レス書いていて山へ遅刻とは何事ぞ。本末転倒やおま変化。
いくら近いといっても出発は余裕を持ってお早めに(^◇^)
で、ネコ帰りって何ですか? キャット空中三回転ですか? 犬帰しなら御池にあるけど。

>植林中の登り、ココの杉林も樹皮を食われて立ち枯れ寸前だ。鹿のヤロウめ何十年育てた杉材を一夜にして枯らしてしまう。

鹿って杉まで食べるんですか。今度会ったらシカっておきます。
しかし杉なんぞうまくもなさそうだし、栄養もなさそうだし、最後の手段なんでしょうね。
それも増えすぎが原因。ヤマイヌを移殖するのがよろしかろうて。

>山頂へは西側高みからボワンと開けた山頂にでた。
>この演出は好いね、暖かい日差しに涼しい微風が心地いい好いなあ。

この山は去年初めて登ったのですが、というか遠足尾根から下りたのですが、下界が好展望ですね。
元旦未明に登って初日の出を拝むには手軽でいいかも。前夜から泊まってもいいし。

>鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。

あのお方はときに意表をついた行動にでるのがよろしおますね。得難い人物です。

>切り開きで・700から緩やかに遠足尾根道にでた。葉を落とした雑木林の明るい日だまり、またみんなを案内しょう思う。

・700はかなり広いコバになっていますね。何を運んだか知りませんが良い集積所になったことでしょう。
でも大鉢山から下りるのが急斜面で大変ですね。

>大鉢山からダイレクト斜面に降りて行く、低い山だからと侮れない下りだよ。

よう知りませんが何本も道があるとか。

>南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。

ほう、ルート看板あったっけ。今度見てみよう。

               ハリマオ


No.12: Re^2:  ○ 2010.12.01(水) 大鉢山 晴れ   [No.11への返信]
1. みんなで行こう、ご馳走持っていこう

-クリックすると元画像を表示-
2. 降りては登り、登っては降りる~♪

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/05 02:18
名前: 緑水 ID:FpNGV06g

ハリマオ さん おはようございますワン、寒くなる予報が寒くなりませんね。
西部戦線は寒い風が吹いてますが、わが国はノー天気で日が過ぎていきます。

> ちょびっとお久しぶりです。

マオちゃんとお話が出来てホンマに嬉しいですワン。
昨日はね楽しいお遊びですた、鈴鹿峠南部は変わっていますたよ。


> そういやちーと前、ふ~さんとこに緑水さんが書いたレスに横レス入れといたんですが、読んでくれはりますたか?
> すずめ めじろ ロシヤ 野蛮国 クロバトキン きん○ま マグローフ・・・・ちゅうやつ
> 「坂の上の雲」にロシアの司令官の名前が出てきます。

ごめんなシャイ、読みましたです。こんな尻取りで教えてもらえませんでした。
今度のNHKドラマはこれナンですかね。


>>いま旬のヤブ男と言えば、東の横綱トレルちゃまに東の横綱は宮指路さんだろう。
> ほんにねえ、お目が高い。レポの量もさることながら、お二人とも虚飾のない非常に素直なレポでまぶしいです。

同意見で和菓子を得たりですな、楽しんでるもんね。緑ちゃんもホン昔は困難でしたのよ(^^)
いままたムカシ仲間と縁りを戻してますの、楽しいが身体を活性化させてますよ。

> あらま歌舞音曲は身軽でいいですね。でも長距離はしんどい。車に株を積んでいくのがよろしですね。

50km往復で100kmまでですなあ(^^)次の課題になるコトでしょうな。

> レス書いていて山へ遅刻とは何事ぞ。本末転倒やおま変化。
> いくら近いといっても出発は余裕を持ってお早めに(^◇^)

そうですね、だからねサンチョスタイルで前日夕食もってお出かけスタイルに進化しますたの。
ナン立ってね萌ちゃんは走る二畳半ですっもんね、帰りもゆっくり温泉ネンネですよ。
あとはパソをどうするかですの。

> で、ネコ帰りって何ですか? キャット空中三回転ですか? 犬帰しなら御池にあるけど。

ネコ帰りって言葉あるんですよね、パソ神社に聞いても要領が判らないのさ。
緑ちゃんの推測では、ネコは同じ道を行き来しますね。わたチンとこの猫の額みたいな庭を3匹の猫が通りますよ。
行ったり来たり、それでかなあ~って。意味になっとらんね

> 鹿って杉まで食べるんですか。今度会ったらシカっておきます。

昨日やったかな緑ちゃんの思考と同じこというてますた。アメリカの大きな公園に鹿が増えすぎて17000頭と、で政府はカナダからオオカミを放したです。7000頭まで減ったんだって。
みんな食ったわけじゃなしに、オオカミのストレスで妊娠率あグーッと下がったそうですよ。

大学の先生が被害の大きい所にオオカミを放せと活動してますね。
人も襲われるとかで問題だと。猟師をふやさなとのことですよね。どこかでは行政が駆除してるね。
聞違いに鉄砲はあかんけどね。

> しかし杉なんぞうまくもなさそうだし、栄養もなさそうだし、最後の手段なんでしょうね。
> それも増えすぎが原因。ヤマイヌを移殖するのがよろしかろうて。

ラップランド人はトナカイを主食にしてるね、日本も真似たら好いにね。
シカ肉はモミジ鍋ですよね、食べて元気になつて頑張ってね子孫繁栄をですな。

> この山は去年初めて登ったのですが、というか遠足尾根から下りたのですが、下界が好展望ですね。
> 元旦未明に登って初日の出を拝むには手軽でいいかも。前夜から泊まってもいいし。

いやまだお元気で好いオマ、初日見るは犬吠埼で見たのが好い想い出ですよ。
地球は丸いを実感するしね、お出かけをですね(^^)太平洋は伊勢湾より広いですよ。タビカの竜馬に成られよ。


>>鴨チャまってシャイで厚かましくて山ガール好きで、ヤブ男の鏡だなあ思いながら乾杯だよ。
> あのお方はときに意表をついた行動にでるのがよろしおますね。得難い人物です。

意外性のある方が日本国を救うヤブ救世主だと思います。チョット変化をですな。

> ・700はかなり広いコバになっていますね。何を運んだか知りませんが良い集積所になったことでしょう。
> でも大鉢山から下りるのが急斜面で大変ですね。

古道は大鉢山ではナシに・700から東の枝尾根だろう、布テープが着いてたですね。その先は緩やかですぐに林道が来てますな。

> よう知りませんが何本も道があるとか。
>>南ルートの登り口を探しに行けば、ココかいなの処に絵地図看板が有る。
> ほう、ルート看板あったっけ。今度見てみよう。

まあまあ・・まあですね、青川にのお駄賃にドウゾです。

           緑水
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成