ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ 全ての発言 (スレッドのツリー順に表示)  逆順に表示
スレッド461: 師走の前尾根
No.0: 兎夢さんの前尾根デビュー
1. (P6)ハーネスにザイルセットするお二人

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/09 22:10
名前: りゅう ID:1jkEDgW2

夏前に膝の調子を悪くし数ヶ月山から離れる日々を送ってました。ご無沙汰しておりやす。
ボチボチ復帰と膝のトレーニングを兼ねて10月から前尾根に4回ほど通っており
前回、前尾根をふらり独り旅した帰りに藤内小屋のテーブルでコンビニ弁当を勤しむMさんとお遭いした。
その時に「もう~今年の藤内は終わりですよ~!」と言いながらも、5回目の前尾根を楽しんでしまた。


【山 域】鈴鹿中部、御在所 藤内壁前尾根
【日 時】2010年12月5日(日)  とっちゃんさん、兎夢さん、りゅう 3名
【天 候】快晴(午後から風少々)
【コース】蒼滝橋袂P(8:40)→藤内沢分岐→テストストーン(取り付き)
P7(10:00)→P6→P5→(昼食)→P4→P3→ヤグラコル(14:40)→前壁→
      北谷(裏道)→藤内小屋→蒼滝橋袂P(16:45)


今回は兎夢さんの前尾根デビュー、青空広がる師走と思えない日差しの気持ち良き日、デビュー日和だ!
何時のも駐車レーンに集合、装備チェックを行い出発進行!!

豪雨から2年、日向小屋跡に造られた堰堤工事もほぼ完成し、谷筋も少しは落ち着きが出て来たように思える。
蒼滝橋からボチボチペースで1時間、朝日を背後に浴びながら裏道を歩み藤内沢テスト岩へ。

テスト岩で5~6名のパーティーがでアイゼンワーク中。このパーティー後だと遅くなるな・・・・と恐る恐る訪ねると
「前尾根は行きませんから・・」の答え。ラッキー~!P7に順番は無しで取り付ける。ラッキー~!
下部に移って登攀装備の装着。本日もWロープで二人を結び、ビレイする登攀方式でパーティーを編成する。
もう私が編成出来るパーティーは2名様が限界かなぁ~!

兎夢さんには見学して頂いて、とっちゃんさんビレイでノーマルクラック(Ⅳ)からスタート。
岩肌に触れると冷たい!前尾根も師走を感じさせられる季節になった。お日様は中道の尾根に遮られ朝日が数時間照らすのみ。
10時を過ぎる頃には、冷気がさ迷う日陰の世界だ。カムをセットする手も悴む。指に力が入らない・・乗り越しもA0で突破だぁ~!
P7を2ピッチで越える。兎夢さんの登りを拝見して上手い。心の中で少し安心感が湧いた。

P6では、チムニー(Ⅳ)を兎夢さんご紹介することにした。内面登攀は味わって頂く最適ルート!洗礼だ!洗礼だ!
ザックのリフトアップに手間取ったが、とっちゃんさんは難なく登ってくる。兎夢さんは・・・スムーズに登ってこられる。さすが!
ここで挟まったのは・・・・Tさん~早く復帰してこのチムニー突破しよう~ね!

P5ノーマル(Ⅲ)を登り、P4スベル台ルートのテラスへ移り昼食にする。岩登りの食事はひっそ。
団体さんや渋滞に填まると待ち時間で食事になる。だから、軽食でお願いします~と事前に連絡している。
とっちゃんさんのザックは違う。美味しいものが出てくるザックである。パン二個と缶コーヒーの私には、ありがたい!
暖かいコーヒーを振舞って昼食は終了。

午後の部は、P4下部レイバック(Ⅳ)から始める。前回、とっちゃんさんがNewゴアの雨具を着用して「岩に擦れる~!」とクレームがあったルートだ。
今回は擦れてもよい雨具らしい。安心して取り付ける。腕の使い方を軽く説明して、とっちゃんさん、兎夢さんの順で登ってもらう。
なんじゃ、かんじゃ、うめき声が聞こえていたがお二人とも上手い。

P4上部(Ⅴ)はパスして、トラバスからノーマル(Ⅲ)へ戻ってP4の頭へ上がる。P3途中にはアイゼンワークのパーティーが引っ掛かっているようだ。
P4ノーマルでの姿を拝見して時間が掛りそうなパーティーである。P3のAスラブ(Ⅲ)を越え、Bスラブ北谷面のルートでしばし時間を潰すしかない。

トップロープをセットして、まずは「スティックフィンガー(5.10a)」を攀じることに。
とっちゃんさんは、今日はダメ!と言いながらも安定したバランスでクリアしていく。
兎夢さんは、本格的スラブ面は初めて?足の置き方に違和感を感じさせながらもクリアしていく。
次に「シンクラック(Ⅴ)」、足のジャミング、手の置き方を説明して登って頂く。お二人とも難なくクリア。

アイゼンパーティーの姿もP3頭付近、Bスラブ、Cスラブと(Ⅲ)(Ⅳ)の混成ルートでクリアしていく。
今日は後続パーティーも無く静かな前尾根であった。もう季節は冬だろう。P3から望む3ルンゼには、薄くベヴェルグラした氷が見える。

ヤグラのコルへ辿り付いた時刻は14時を廻っている。今回もヤグラは登れないなぁ~!申し訳ない。
コルで装備を外しパッキングしていると、またも、とっちゃんさんから甘酒が振舞われて、ありがたい。
登攀が終った後の暖かい飲み物、これが一番!本当に美味しかったです。

コルから前壁へは、崩落の危険があるのでヘルメットを装着して降って頂く。途中に剥れた氷があり、藤内の氷のステージを感じさせられ、
一ヶ月も過ぎるとカリカリを楽しむのだろう。裏道に合流して、のんびりペースで降って頂き16時45に車へ戻ってこれた。今回は夕暮れ前に無事下山。

岩肌の冷たい前尾根。一日ご一緒頂きありがとうございます。ザイル祭りやいい加減な先導でご迷惑をお掛けしました。
来年の前尾根を楽しめるのは、アカヤシオの花咲く季節からです。

(ビレイで写真がありません~)

     りゅう
No.1: Re: 兎夢さんの前尾根デビュー
日時: 2010/12/09 23:40
名前: 山日和 ID:yrO5I0xA

りゅうさん、ご無沙汰!!

> 夏前に膝の調子を悪くし数ヶ月山から離れる日々を送ってました。ご無沙汰しておりやす。
> ボチボチ復帰と膝のトレーニングを兼ねて10月から前尾根に4回ほど通っており

だいぶ良くなったみたいやね~。山の方もぼつぼつですか?

> 今回は兎夢さんの前尾根デビュー、青空広がる師走と思えない日差しの気持ち良き日、デビュー日和だ!

兎夢さんもついに外岩デビューですか。前向きやねえ。

> 岩肌に触れると冷たい!前尾根も師走を感じさせられる季節になった。お日様は中道の尾根に遮られ朝日が数時間照らすのみ。
> 10時を過ぎる頃には、冷気がさ迷う日陰の世界だ。カムをセットする手も悴む。指に力が入らない・・乗り越しもA0で突破だぁ~!

冬の日陰の岩って、触るのもなんだかって感じですね。雪や氷が着いてしまえば割り切れるんだろうけど。

> ここで挟まったのは・・・・Tさん~早く復帰してこのチムニー突破しよう~ね!

そのTさんもしばらくのお休みで、前以上につっかえるのでは・・・・?

> とっちゃんさんのザックは違う。美味しいものが出てくるザックである。パン二個と缶コーヒーの私には、ありがたい!

いつも実感しております。 /~~~

> 今回は擦れてもよい雨具らしい。安心して取り付ける。腕の使い方を軽く説明して、とっちゃんさん、兎夢さんの順で登ってもらう。

ヤブこぎ用の雨具と兼用ってことですな。

> P4ノーマルでの姿を拝見して時間が掛りそうなパーティーである。P3のAスラブ(Ⅲ)を越え、Bスラブ北谷面のルートでしばし時間を潰すしかない。

こういう時にいろいろ選択肢が出てくるりゅうさんがいると頼もしいですね。

> 登攀が終った後の暖かい飲み物、これが一番!本当に美味しかったです。

登攀に限らず、冬はこれが一番ですね。

> 一ヶ月も過ぎるとカリカリを楽しむのだろう。裏道に合流して、のんびりペースで降って頂き16時45に車へ戻ってこれた。今回は夕暮れ前に無事下山。

今朝はまた冷え込みました。もう冬やね~。

> (ビレイで写真がありません~)

そりゃ残念!!

                         山日和
No.6: Re^2: 兎夢さんの前尾根デビュー   [No.1への返信]
1. P4北谷側(とっちゃんさん撮影)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/12 20:35
名前: りゅう ID:FP/Gy7JY

》山日和 さん
山さん、ご無沙汰しとぉります。
岩連れてって~♪のお声掛けを受けながら、お誘いも出来ず、すみません。

> だいぶ良くなったみたいやね~。山の方もぼつぼつですか?

ありがとうございます。
普段の痛みは少なくなりましたが、睡眠中の激痛に襲われてます~寝相の横捻りがだめです。

> 兎夢さんもついに外岩デビューですか。前向きやねえ。

春に宮指路でお遭いした時に、お誘いした事が実行できて良かったです。

> 冬の日陰の岩って、触るのもなんだかって感じですね。

まだ体が慣れてないっす~冷みたい・・・氷の世界になると素手でバイル握れるのに・・・

> そのTさんもしばらくのお休みで、前以上につっかえるのでは・・・・?

行ける一ヶ月前からダイエットしてもらわないと・・・・でないと、ビレイも大変そう!!

>> とっちゃんさんのザックは違う。美味しいものが出てくるザックである。
>いつも実感しております。

本当にありがたかったです。

>>Bスラブ北谷面のルートでしばし時間を潰すしかない。
> こういう時にいろいろ選択肢が出てくるりゅうさんがいると頼もしいですね。

前尾根は、いろいろなルートが選択できますよ~フリーグレードのルートもあります。P7だけでも一日遊べますよ。

> 登攀に限らず、冬はこれが一番ですね。

冬はこれですね!ありがたや~!!


来シーズン、お時間が都合がよろしければよろしくです・・・・

           りゅう
No.2: Re: 兎夢さんの前尾根デビュー
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/09 23:44
名前: 兎夢 ID:qTEjeTlg
参照: http://blogs.yahoo.co.jp/two2106_hira

りゅうさん、こんばんは。
先日はお世話になりました。
おかげさまで楽しい一日を過ごさせていただきました。

> 【コース】蒼滝橋袂P(8:40)→藤内沢分岐→テストストーン(取り付き)
> P7(10:00)→P6→P5→(昼食)→P4→P3→ヤグラコル(14:40)→前壁→
>       北谷(裏道)→藤内小屋→蒼滝橋袂P(16:45)

前尾根?P7?なんていう状態でのぞんだ今回。勉強しておくべきだったと反省中です(でも次回も同じ状態かもしれない…)

> 今回は兎夢さんの前尾根デビュー、青空広がる師走と思えない日差しの気持ち良き日、デビュー日和だ!

なにせ晴れ男ですから…申し訳ないけどこんな華々しい時には必ず晴れるんです!

> 豪雨から2年、日向小屋跡に造られた堰堤工事もほぼ完成し、谷筋も少しは落ち着きが出て来たように思える。

そうか、落ち着いてきているんですね。豪雨直後はどんなだったことか

> テスト岩で5~6名のパーティーがでアイゼンワーク中。このパーティー後だと遅くなるな・・・・と恐る恐る訪ねると
> 「前尾根は行きませんから・・」の答え。ラッキー~!P7に順番は無しで取り付ける。ラッキー~!

岩のアイゼンワークっつうのがあるんですね。実は初めて知りました…

> 下部に移って登攀装備の装着。本日もWロープで二人を結び、ビレイする登攀方式でパーティーを編成する。

おとなしくビレイされてたでしょ。

> 岩肌に触れると冷たい!前尾根も師走を感じさせられる季節になった。お日様は中道の尾根に遮られ朝日が数時間照らすのみ。

ほんと岩が冷たかった!冷たさで岩に置いた手に力が入らなくて一瞬取り付きで敗退かと思っちゃいました。

> P7を2ピッチで越える。兎夢さんの登りを拝見して上手い。心の中で少し安心感が湧いた。

僕は最初だけの男やからね、あまり安心感湧かせん方がいいですよ。

> P6では、チムニー(Ⅳ)を兎夢さんご紹介することにした。内面登攀は味わって頂く最適ルート!洗礼だ!洗礼だ!
> ザックのリフトアップに手間取ったが、とっちゃんさんは難なく登ってくる。兎夢さんは・・・スムーズに登ってこられる。さすが!

ここはとっちゃんのアドバイスがよかったです。自分が単独でこういう場面に出くわした時どうするかなと思ってました。両手足を突っ張って登る、今回とは逆向きになって登る、どうなのかな。

> P5ノーマル(Ⅲ)を登り、P4スベル台ルートのテラスへ移り昼食にする。岩登りの食事はひっそ。
> 団体さんや渋滞に填まると待ち時間で食事になる。だから、軽食でお願いします~と事前に連絡している。
> とっちゃんさんのザックは違う。美味しいものが出てくるザックである。パン二個と缶コーヒーの私には、ありがたい!
> 暖かいコーヒーを振舞って昼食は終了。

軽食という事でパンしか持っていかなかったですがとっちゃんはいつもながら流石ですわ。途中、ザックが重いって言ってたけどそりゃ重いわ(←何時もの事だと思うけどね)

> 午後の部は、P4下部レイバック(Ⅳ)から始める。前回、とっちゃんさんがNewゴアの雨具を着用して「岩に擦れる~!」とクレームがあったルートだ。

僕もまだ新しいゴアの雨具をザックにいれてましたが使う事がなくて良かった…

> 今回は擦れてもよい雨具らしい。安心して取り付ける。腕の使い方を軽く説明して、とっちゃんさん、兎夢さんの順で登ってもらう。
> なんじゃ、かんじゃ、うめき声が聞こえていたがお二人とも上手い。

ああいう登り方があるんやなあといい勉強になりました。

> トップロープをセットして、まずは「スティックフィンガー(5.10a)」を攀じることに。
> とっちゃんさんは、今日はダメ!と言いながらも安定したバランスでクリアしていく。
> 兎夢さんは、本格的スラブ面は初めて?足の置き方に違和感を感じさせながらもクリアしていく。

ああいうところはどうも焦ってしまいますね。まだ慣れてないからかな。とっちゃんはなんだかんだと登っちゃって流石やなあ。

> 次に「シンクラック(Ⅴ)」、足のジャミング、手の置き方を説明して登って頂く。お二人とも難なくクリア。

ここも足の使い方のいい勉強になりました。

> 今日は後続パーティーも無く静かな前尾根であった。もう季節は冬だろう。P3から望む3ルンゼには、薄くベヴェルグラした氷が見える。

温かい今年といえども場所によっては氷が張ってるんだなあとびっくりしました。

> ヤグラのコルへ辿り付いた時刻は14時を廻っている。今回もヤグラは登れないなぁ~!申し訳ない。

また次に行ける理由ができたという事で…

> 岩肌の冷たい前尾根。一日ご一緒頂きありがとうございます。ザイル祭りやいい加減な先導でご迷惑をお掛けしました。

すごく楽しかったです。またよろしくお願いします。

> 来年の前尾根を楽しめるのは、アカヤシオの花咲く季節からです。

待ち遠しいですね。

                   兔夢
No.7: Re^2: 兎夢さんの前尾根デビュー   [No.2への返信]
1. 裏道からのP4

-クリックすると元画像を表示-
2. 裏道からのP3

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/12 20:44
名前: りゅう ID:FP/Gy7JY

>》兔夢 さん
兔夢さん、お疲れ~です。翌日に筋肉痛は無かったです?


> 前尾根?P7?なんていう状態でのぞんだ今回。勉強しておくべきだったと反省中です(でも次回も同じ状態かもしれない…)

案内役がサボってました~回数を重ねてご理解を~!

> なにせ晴れ男ですから…申し訳ないけどこんな華々しい時には必ず晴れるんです!

独り山旅は、晴れ間を朝確認してから行くのであてにならないし・・・私は雨男かも??

> そうか、落ち着いてきているんですね。豪雨直後はどんなだったことか

見慣れてきたせいかも・・・・直後は悲惨過ぎて昔の面影と照らし合わすばかりでした。

> 岩のアイゼンワークっつうのがあるんですね。実は初めて知りました…

冬期のミックスクライミング練習ですよ。でも前尾根や一壁は、ステップが刻まれノーマルルートは年々酷くなってやす・・

> おとなしくビレイされてたでしょ。

ザイルテンションなかったですね。最初はビレイ環使ってましたが、後半は簡易ビレイで楽くしちゃった。

> ほんと岩が冷たかった!冷たさで岩に置いた手に力が入らなくて一瞬取り付きで敗退かと思っちゃいました。

それは、ないない、張り付いたら、降ろさないですよ~!

> 僕は最初だけの男やからね、あまり安心感湧かせん方がいいですよ。

私も初期起動型ですので、後半は惰性型です。

>> P6では、チムニー(Ⅳ)を兎夢さんご紹介することにした。
> 両手足を突っ張って登る、今回とは逆向きになって登る、どうなのかな。

逆向きで登ったことがないな??背中側の岩面は滑らかで、足面は探せばステップあるし3/4にバンドがあるから楽だと思います。
オバレ岩のチムニーはどちらからでもいけますよ・・・

> 軽食という事でパンしか持っていかなかったですがとっちゃんはいつもながら流石ですわ。
> 途中、ザックが重いって言ってたけどそりゃ重いわ(←何時もの事だと思うけどね)

すみません~岩は基本的に軽い食事なりやす~!慣れると色々工夫できますよ。
とっちゃんのザック重かった?P7取り付きで確認した時はそれほど・・と思ったのですが、

> 僕もまだ新しいゴアの雨具をザックにいれてましたが使う事がなくて良かった…

花崗岩の岩は擦れまっせ~!ゴアテックスが、アミテックスに変わります。

> ああいう登り方があるんやなあといい勉強になりました。

沢場でも使えますので覚えておいてくださいね。

>ああいうところはどうも焦ってしまいますね。まだ慣れてないからかな。

スラブルートは、まだまだ他にもありますよ~お楽しみあれ~

>> P3から望む3ルンゼには、薄くベヴェルグラした氷が見える。
> 温かい今年といえども場所によっては氷が張ってるんだなあとびっくりしました。

冬の3ルンゼも楽しいですよ!カリカリ!!

>> 今回もヤグラは登れないなぁ~!申し訳ない。
> また次に行ける理由ができたという事で…

毎回言ってやす。最近登ったのは独り旅の時かな、もう少しペース上げないと・・・

> すごく楽しかったです。またよろしくお願いします。
> 待ち遠しいですね。

岩を楽しんで頂けてよかったです。しばらくはお預けの季節になりますが
また、よろしくお願いします~!

                 りゅう
No.3: Re: 兎夢さんの前尾根デビュー
日時: 2010/12/10 22:12
名前: たんぽぽ ID:zPxubwWI

りゅうさん、お久しぶり~。

> 夏前に膝の調子を悪くし数ヶ月山から離れる日々を送ってました。ご無沙汰しておりやす。
> ボチボチ復帰と膝のトレーニングを兼ねて10月から前尾根に4回ほど通っており
4回も行ってればもう大丈夫、あとは騙し騙しでしょうか?

> 団体さんや渋滞に填まると待ち時間で食事になる。だから、軽食でお願いします~と事前に連絡している。
> とっちゃんさんのザックは違う。美味しいものが出てくるザックである。パン二個と缶コーヒーの私には、ありがたい!
> 暖かいコーヒーを振舞って昼食は終了。
とっちゃんザックにはみなさんいつも助けられるね。

> アイゼンパーティーの姿もP3頭付近、Bスラブ、Cスラブと(Ⅲ)(Ⅳ)の混成ルートでクリアしていく。
> 今日は後続パーティーも無く静かな前尾根であった。もう季節は冬だろう。P3から望む3ルンゼには、薄くベヴェルグラした氷が見える。
たんぽぽアイゼンを最近やわこいのにしたんで、岩場でアイゼンって聞いただけで神経質になっちゃいます。

> ヤグラのコルへ辿り付いた時刻は14時を廻っている。今回もヤグラは登れないなぁ~!申し訳ない。
> コルで装備を外しパッキングしていると、またも、とっちゃんさんから甘酒が振舞われて、ありがたい。
> 登攀が終った後の暖かい飲み物、これが一番!本当に美味しかったです。
とっちゃんザックには足を向けれんね。

> 岩肌の冷たい前尾根。一日ご一緒頂きありがとうございます。ザイル祭りやいい加減な先導でご迷惑をお掛けしました。
りゅうさんの素手に素足の画像を見ただけで寒気がしてきます、ブルルッ。

> 来年の前尾根を楽しめるのは、アカヤシオの花咲く季節からです。
もう今から春が待ち遠しいぽぽんたです。


No.8: Re^2: 兎夢さんの前尾根デビュー   [No.3への返信]
1. P4ノーマルルート(とっちゃんさん撮影)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/12 20:49
名前: りゅう ID:FP/Gy7JY

》たんぽぽ さん
たんぽぽさん、ご無沙汰しておりやす。

>4回も行ってればもう大丈夫、あとは騙し騙しでしょうか?

たんぽぽさん、膝の具合はどうですか?
騙し騙し・・・・・医者から逃げての山遊び これで持病(爆弾)が一つ増えました。

> とっちゃんザックにはみなさんいつも助けられるね。

ありがたや~!ありがたや~!菩薩様!!

> たんぽぽアイゼンを最近やわこいのにしたんで、岩場でアイゼンって聞いただけで神経質になっちゃいます。

今流行の軽量アイゼンですか?アルミは神経質になりますね。そう言えば、ステン軽量アイゼンはどうなんだろう??
私は両足1000g越えのカジタ君を今も使ってます~!サレワの3mm(30年もの)も現役で~す。

> とっちゃんザックには足を向けれんね。

ありがたや~!ありがたや~!
寝る前に、近江の国に向かって拝んでおりやす。

> りゅうさんの素手に素足の画像を見ただけで寒気がしてきます、ブルルッ。

やせ我慢の素手ですよ~靴下が買えないから裸足です。でも、師走の風は貧乏人に辛いです。

> もう今から春が待ち遠しいぽぽんたです。

おぉ~と、たんぽぽさんも登場・・? 忙しくなりそう~! よろしくです。

     りゅう
No.4: Re: 兎夢さんの前尾根デビュー
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/10 22:16
名前: とっちゃん(都津茶女) ID:6o2w7hoQ

りゅうさん、turomuちゃん、こんばんは~。

ご一緒ありがとうございました。

しかし~、この日は、体が重いこと~。(ちょい不調でした。)


> 夏前に膝の調子を悪くし数ヶ月山から離れる日々を送ってました。ご無沙汰しておりやす。
> ボチボチ復帰と膝のトレーニングを兼ねて10月から前尾根に4回ほど通っており
> 前回、前尾根をふらり独り旅した帰りに藤内小屋のテーブルでコンビニ弁当を勤しむMさんとお遭いした。
> その時に「もう~今年の藤内は終わりですよ~!」と言いながらも、5回目の前尾根を楽しんでしまた。

おまけの前尾根やったのね~。

> 【山 域】鈴鹿中部、御在所 藤内壁前尾根
> 【日 時】2010年12月5日(日)  とっちゃんさん、兎夢さん、りゅう 3名
> 【天 候】快晴(午後から風少々)


快晴でなければ、さむくて取り付くのもためらわれる季節になっちゃったね。

> 【コース】蒼滝橋袂P(8:40)→藤内沢分岐→テストストーン(取り付き)
> P7(10:00)→P6→P5→(昼食)→P4→P3→ヤグラコル(14:40)→前壁→
>       北谷(裏道)→藤内小屋→蒼滝橋袂P(16:45)


着地も闇下にならず、バッチぐ~でした。


> 今回は兎夢さんの前尾根デビュー、青空広がる師走と思えない日差しの気持ち良き日、デビュー日和だ!
> 何時のも駐車レーンに集合、装備チェックを行い出発進行!!


今年から外岩デビューしたtutomuちゃんは、岩は4回目?。しかし、前尾根は始めて。


> テスト岩で5~6名のパーティーがでアイゼンワーク中。このパーティー後だと遅くなるな・・・・と恐る恐る訪ねると
> 「前尾根は行きませんから・・」の答え。ラッキー~!P7に順番は無しで取り付ける。ラッキー~!


ここで、お試しとレクチャーして彼らは、一壁でしたね。


> 下部に移って登攀装備の装着。本日もWロープで二人を結び、ビレイする登攀方式でパーティーを編成する。
> もう私が編成出来るパーティーは2名様が限界かなぁ~!


トップを行く人が一人だと、これ以上の人数は、つらいね~。(いつまでも、自立できていない、つうさんと私。で、仲間を増やせないのよね~。)

この日も、トップを行ける、クワ兄さんもkyuちゃんも都合悪かったし。


> 兎夢さんには見学して頂いて、とっちゃんさんビレイでノーマルクラック(Ⅳ)からスタート。
> 岩肌に触れると冷たい!前尾根も師走を感じさせられる季節になった。お日様は中道の尾根に遮られ朝日が数時間照らすのみ。


めちゃ冷たかったね~。寒いのが原因か体調がもう一つなのか知らないけど、体が重くて動かない~。
不調や~。で、なんとか乗り越えて、よいとこどっこいしょ状態でした。

> 10時を過ぎる頃には、冷気がさ迷う日陰の世界だ。カムをセットする手も悴む。指に力が入らない・・乗り越しもA0で突破だぁ~!
> P7を2ピッチで越える。兎夢さんの登りを拝見して上手い。心の中で少し安心感が湧いた。


鈴ケ沢でも、仲間にうまい!っとほめてもらってはったなぁ~。


> P6では、チムニー(Ⅳ)を兎夢さんご紹介することにした。内面登攀は味わって頂く最適ルート!洗礼だ!洗礼だ!
> ザックのリフトアップに手間取ったが、とっちゃんさんは難なく登ってくる。兎夢さんは・・・スムーズに登ってこられる。さすが!
> ここで挟まったのは・・・・Tさん~早く復帰してこのチムニー突破しよう~ね!


Tさ~ん。聞こえてる?膝治ったら、春にはバッチリクリア~だわね!

> P5ノーマル(Ⅲ)を登り、P4スベル台ルートのテラスへ移り昼食にする。岩登りの食事はひっそ。
> 団体さんや渋滞に填まると待ち時間で食事になる。だから、軽食でお願いします~と事前に連絡している。
> とっちゃんさんのザックは違う。美味しいものが出てくるザックである。パン二個と缶コーヒーの私には、ありがたい!
> 暖かいコーヒーを振舞って昼食は終了。

コーヒーごちそうさまでした。
岩では、やっぱり荷を軽くしたい~ので、持ってくるのは、ほどほどです。


> 午後の部は、P4下部レイバック(Ⅳ)から始める。前回、とっちゃんさんがNewゴアの雨具を着用して「岩に擦れる~!」とクレームがあったルートだ。
> 今回は擦れてもよい雨具らしい。安心して取り付ける。腕の使い方を軽く説明して、とっちゃんさん、兎夢さんの順で登ってもらう。
> なんじゃ、かんじゃ、うめき声が聞こえていたがお二人とも上手い。

なんだか、もう一つ、しっくりしないのよね。体の使い方、どっか間違ってそう。
前、ど~だっけ?状態で、体力消耗~。前回も、この上部の方が、やりやすかったような~。でも、この日は、体が思うようにならへん~。


> P4上部(Ⅴ)はパスして、トラバスからノーマル(Ⅲ)へ戻ってP4の頭へ上がる。P3途中にはアイゼンワークのパーティーが引っ掛かっているようだ。
> P4ノーマルでの姿を拝見して時間が掛りそうなパーティーである。P3のAスラブ(Ⅲ)を越え、Bスラブ北谷面のルートでしばし時間を潰すしかない。

なんだかちっとも先に進んでないと思ったら、向こうさんは休憩やったのかな?


> トップロープをセットして、まずは「スティックフィンガー(5.10a)」を攀じることに。
> とっちゃんさんは、今日はダメ!と言いながらも安定したバランスでクリアしていく。

ほんまに、今日はダメ!状態の体調。靴も大きい方やし~。

きっと滑る~っと思ってたけどなんとかクリア。


> 兎夢さんは、本格的スラブ面は初めて?足の置き方に違和感を感じさせながらもクリアしていく。


始めてで慣れてないからね~。慣れたらスイスイだろね~。

> 次に「シンクラック(Ⅴ)」、足のジャミング、手の置き方を説明して登って頂く。お二人とも難なくクリア。

楽しく登れるね。


> アイゼンパーティーの姿もP3頭付近、Bスラブ、Cスラブと(Ⅲ)(Ⅳ)の混成ルートでクリアしていく。
> 今日は後続パーティーも無く静かな前尾根であった。もう季節は冬だろう。P3から望む3ルンゼには、薄くベヴェルグラした氷が見える。

ほんと。お日様があたる尾根ならもう少しできそうやけど、見事に、皆さん来られてなかったね~。


> ヤグラのコルへ辿り付いた時刻は14時を廻っている。今回もヤグラは登れないなぁ~!申し訳ない。

まぁ、無理はしないが鉄則やね~。


> コルで装備を外しパッキングしていると、またも、とっちゃんさんから甘酒が振舞われて、ありがたい。
> 登攀が終った後の暖かい飲み物、これが一番!本当に美味しかったです。


冬の定番です。


> コルから前壁へは、崩落の危険があるのでヘルメットを装着して降って頂く。途中に剥れた氷があり、藤内の氷のステージを感じさせられ、
> 一ヶ月も過ぎるとカリカリを楽しむのだろう。裏道に合流して、のんびりペースで降って頂き16時45に車へ戻ってこれた。今回は夕暮れ前に無事下山。

また、カリカリの季節も楽しい藤内が待ってるね~。


> 岩肌の冷たい前尾根。一日ご一緒頂きありがとうございます。ザイル祭りやいい加減な先導でご迷惑をお掛けしました。
> 来年の前尾根を楽しめるのは、アカヤシオの花咲く季節からです。


つうさんの復帰を待ってます~。

岩遊びの楽しい一日、ありがとうございました。

☆。。。とっちゃん。。。☆
No.9: Re^2: 兎夢さんの前尾根デビュー   [No.4への返信]
1. P4変形ルート(兎夢さん撮影)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/12 20:57
名前: りゅう ID:FP/Gy7JY

》とっちゃん さん
とっちゃんさん、お疲れさんです。

> しかし~、この日は、体が重いこと~。(ちょい不調でした。)

私は普段から体が重いよ~メタボ!体調は戻ったかな・・・?

> おまけの前尾根やったのね~。

「おまけ」と言うより、これで本当のラスト。

> 快晴でなければ、さむくて取り付くのもためらわれる季節になっちゃったね。

裏道は師走?と思わせる陽気だったのに、前尾根は寒かったですね。

> 着地も闇下にならず、バッチぐ~でした。

毎回、時間が掛るな??ペースアップを考えないと・・・
1ピッチ距離を延ばすか~コールが聞こえなくなるな~無線機がいるよな・・

>> テスト岩で5~6名のパーティーがでアイゼンワーク中。
> ここで、お試しとレクチャーして彼らは、一壁でしたね。

あの岩で体を慣らして~トライ。昔はそうだったけど、今は順番取りが優先です。

> トップを行く人が一人だと、これ以上の人数は、つらいね~。(いつまでも、自立できていない、つうさんと私。で、仲間を増やせないのよね~。)

ザイル間をアセンダーで登る方法もあるけど、私は使わないな・・・登攀者の自由度(ザイルが負担になって)が悪くなるし、
アセンダー状態によって流れたり、流れなかったりと、初心者には難しいと思っておりやす。
今の人数が限界かな。年々握力が落ちてるし・・・サイル2本を捌くと最後は指が攣っちゃうよ。

> めちゃ冷たかったね~。寒いのが原因か体調がもう一つなのか知らないけど、体が重くて動かない~。
> 不調や~。で、なんとか乗り越えて、よいとこどっこいしょ状態でした。

山に登る前や岩前で準備運動しないね。少し、時間を作ってやった方が良いよ。

> コーヒーごちそうさまでした。
> 岩では、やっぱり荷を軽くしたい~ので、持ってくるのは、ほどほどです。

ホットコーヒーも定番ですよ~インスタントですが・・・
P7の取り付きで荷物の重さを確認したけど、○かな~思ってまいたが入ってますね。
ありがたや~!ありがたや~!後光が射しておりやした。

> なんだか、もう一つ、しっくりしないのよね。体の使い方、どっか間違ってそう。
> 前、ど~だっけ?状態で、体力消耗~。前回も、この上部の方が、やりやすかったような~。

レイバックは、腕の伸ばしと足のつっぱりでバランスをとるから回数で覚えないと!
上のレイバックは右岩だからやり易いかな~下部は左岩だから左腕に負荷が掛るから苦手かも~
Ⅴ級のレイバックもあるよ!これも左岩だ・・・

> なんだかちっとも先に進んでないと思ったら、向こうさんは休憩やったのかな?

どうかな?セカンドさんが初心者だったから息切れかもな?

>> とっちゃんさんは、今日はダメ!と言いながらも安定したバランスでクリアしていく。
> ほんまに、今日はダメ!状態の体調。靴も大きい方やし~。
> きっと滑る~っと思ってたけどなんとかクリア。

靴は大きめでもスメアリングはバランスだから、下から見ていると左右に重心移行はバッチリでしたよ。
兎夢さんにお尻を見ながら、重心移行の説明させてもらったよ~良きサンプル

> 始めてで慣れてないからね~。慣れたらスイスイだろね~。

足裏の乗せ方が判ればスイ~スイ~。

>> 次に「シンクラック(Ⅴ)」、足のジャミング、手の置き方を説明して登って頂く。お二人とも難なくクリア。
> 楽しく登れるね。

いろいろなサイズ(幅)のクラックを攀じると良いです。手と足が痛いから、私はクラックは好きになれないけど・・

>> 今日は後続パーティーも無く静かな前尾根であった。もう季節は冬だろう。
> ほんと。お日様があたる尾根ならもう少しできそうやけど、見事に、皆さん来られてなかったね~。

11月の時も少なかったです。岩は11月でENDかな。

> また、カリカリの季節も楽しい藤内が待ってるね~。

カリカリ、これまた楽しい!

> 岩遊びの楽しい一日、ありがとうございました。

こちらこそ、ビレイありがとうございました。

          りゅう
No.5: Re: 兎夢さんの前尾根デビュー
日時: 2010/12/11 17:08
名前: 通風山 ID:YwF/kXnI

りゅうさん、こんにちは。

> 夏前に膝の調子を悪くし数ヶ月山から離れる日々を送ってました。ご無沙汰しておりやす。
> ボチボチ復帰と膝のトレーニングを兼ねて10月から前尾根に4回ほど通っており
> 前回、前尾根をふらり独り旅した帰りに藤内小屋のテーブルでコンビニ弁当を勤しむMさんとお遭いした。
> その時に「もう~今年の藤内は終わりですよ~!」と言いながらも、5回目の前尾根を楽しんでしまた。

お~前尾根へは月2回のペースですか。うらやましいなぁ~
今回は兎夢さんが加わって前尾根の弟子がまた増えましたな。
彼も沢をやっているのでコツさえ覚えればひょひょいのひょいでしょ。

> ザックのリフトアップに手間取ったが、とっちゃんさんは難なく登ってくる。兎夢さんは・・・スムーズに登ってこられる。さすが!
> ここで挟まったのは・・・・Tさん~早く復帰してこのチムニー突破しよう~ね!

Tさんってだ~れ?
片足で重心乗っけて屈伸できないのでまだあかんです。
ひたすら謹慎中です。風邪引いてるしまあいいかっ。
1ヶ月ほど山へは行ってないので、登山が夢に出てきます。
また遊んでやってください。
はやくあたたくならないかなぁ。よくなったらチムニー突破だぁ。ってむりかぁ・・・。

   つう
No.10: Re^2: 兎夢さんの前尾根デビュー   [No.5への返信]
1. P6チムニー(とっちゃんさん撮影)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/12 21:03
名前: りゅう ID:FP/Gy7JY

》つう さん
つうさん、今晩は・・・のお久しぶりです。
動きが規制されているから、甘いもの、お菓子は厳禁ですよ!


> お~前尾根へは月2回のペースですか。うらやましいなぁ~

ちょろちょろと蠢いただけです~。。

> 今回は兎夢さんが加わって前尾根の弟子がまた増えましたな。
> 彼も沢をやっているのでコツさえ覚えればひょひょいのひょいでしょ。

沢での感覚があるから、基礎をやり直せば早いっすよ。

> Tさんってだ~れ?

た行のた、ち、つ・・・

> 片足で重心乗っけて屈伸できないのでまだあかんです。

美人介護師がそばだと、元気よく屈伸したりして・・・根気欲治してくださいね。

> ひたすら謹慎中です。風邪引いてるしまあいいかっ。

謹慎で気が緩んでますね~と言う私も、岩帰りから風邪気味でおます。

> 1ヶ月ほど山へは行ってないので、登山が夢に出てきます。

今夜あたり夢に登場しようかな・・・チムニーの上からビシバシ鞭入れ~ザイル垂らして!

> また遊んでやってください。

楽しみにしておりやす~還暦のお祝い・・・ちゃう、ちゃう!完治のお祝いに!

      りゅう
No.11: Re: 兎夢さんの前尾根デビュー
日時: 2010/12/14 06:32
名前: ふ~さん ID:J3Ek5a/I

りゅうさん、おはようさんです。

そろそろ膝の様子もぼちぼちですね。

> 豪雨から2年、日向小屋跡に造られた堰堤工事もほぼ完成し、谷筋も少しは落ち着きが出て来たように思える。
> 蒼滝橋からボチボチペースで1時間、朝日を背後に浴びながら裏道を歩み藤内沢テスト岩へ。

堰堤は、あとは透過用のパイプを組み込んでいく工程ですね。

> ザックのリフトアップに手間取ったが、とっちゃんさんは難なく登ってくる。兎夢さんは・・・スムーズに登ってこられる。さすが!
> ここで挟まったのは・・・・Tさん~早く復帰してこのチムニー突破しよう~ね!

Tさんも往生・・・じゃなくって養生の日々でしょう。りゅうさんのように焦らず、治すことに専念するのが正解ですね。

> なんじゃ、かんじゃ、うめき声が聞こえていたがお二人とも上手い。

りゅうさん、また鬼コーチぶりを発揮したんですか。

> ヤグラのコルへ辿り付いた時刻は14時を廻っている。今回もヤグラは登れないなぁ~!申し訳ない。
> コルで装備を外しパッキングしていると、またも、とっちゃんさんから甘酒が振舞われて、ありがたい。
> 登攀が終った後の暖かい飲み物、これが一番!本当に美味しかったです。

はぁ、ヤグラは私も未登のあこがれのピークです。いつか登れる日が来るんだろうか・・・

> 岩肌の冷たい前尾根。一日ご一緒頂きありがとうございます。ザイル祭りやいい加減な先導でご迷惑をお掛けしました。
> 来年の前尾根を楽しめるのは、アカヤシオの花咲く季節からです。
>
> (ビレイで写真がありません~)
>
>      りゅう

ザイル祭りなんて、わたしゃ、しょっちゅうでしたよ。流れが悪いなって、後ろを見ると後続につないだ二本がいやらしく絡んでるっていう図は茶飯事でしたからね。遠い昔のことだけど。

はやく膝を完治させてね!首を長くして待ってます。

 ふ~さん

No.12: Re^2: 兎夢さんの前尾根デビュー   [No.11への返信]
1. P3チムニー(とっちゃんさん撮影)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/12/14 21:36
名前: りゅう ID:f4RJD.Ts

》ふ~さん
ふ~さん、こんばんわです。

> そろそろ膝の様子もぼちぼちですね。
> Tさんも往生・・・じゃなくって養生の日々でしょう。りゅうさんのように焦らず、治すことに専念するのが正解ですね。

ご心配、ありがとうございます。
今は膝周りの筋肉を衰えさせない。少し鍛えるなければダメだな・・・と思ってます。
山もリハビリと思って、ボチボチ登ってます。

>> なんじゃ、かんじゃ、うめき声が聞こえていたがお二人とも上手い。
> りゅうさん、また鬼コーチぶりを発揮したんですか。

イジメてませんよ~優しい先頭・案内ですから、コツが判れば上手いお二人でした。

> はぁ、ヤグラは私も未登のあこがれのピークです。いつか登れる日が来るんだろうか・・・

チャンスを逃すとなかなか登れないですね。チャンスの前に行く気持ちかも・・・・・

> ザイル祭りなんて、わたしゃ、しょっちゅうでしたよ。流れが悪いなって、
> 後ろを見ると後続につないだ二本がいやらしく絡んでるっていう図は茶飯事でしたからね。遠い昔のことだけど。

ザイル捌きが雑すぎますね。反省!!ペアーのWザイルなら良いのだけど、二人セカンドのWロープは
どちらが先発するかで、祭り~だ♪祭り~だ♪と、サブちゃんが登場します。細身のザイルがほしい~い~よ~!

     りゅう
 逆順に表示  スレッド一覧  新規スレッド作成