ヤブコギネット 山のフォーラム [ホームに戻る] [スレッド一覧] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [管理用] [過去ログ一覧] 過去ログ閲覧

◆ スレッド全体を投稿順に表示  逆順に表示
スレッド48: 治田鉱山見学会同行
No.0: 三鉱谷~孫太尾根の下りで一難去って又一難
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/11 22:50
名前: 宮指路 ID:TVV3OTwU

三鉱谷入り口付近で幸運にも治田鉱山見学会一行に同行することが出来ました。

4月10日晴れ

9:00ゲート前~三鉱谷~窯跡~ゼンデラ右岸尾根~孫太尾根~神武跡~尾根の下り

青川峡の林道は一昨年くらいからなのか入り口にゲートがしてある。
車はゲート前に駐車。すでにワゴン車が1台止まっていた。車を止めて出発順備をしているとガラガラという音がして上から落石があった。車に当たると嫌なので車を少し前に出しておいた。

林道を30分程歩いて広河原Pに着く頃、後ろから4WD車が3台追い抜いて行った。ゲートの鍵NOを知っているのだから工事関係者か林業関係者かなと思った。

広河原を過ぎて谷が蛇行する辺りになっても相変わらず広い河原の状態であった。数年前に来た時、この辺りの川は狭くなっていて何度も渡渉をした記憶がある。
素彫りのトンネル辺りに来ても川は相変わらず広くなったままで最初、素彫りトンネルの位置が分からなかった。
そのまま進んでいくと左側に回りこんだ辺りに素彫りトンネルを見つけた。どうも以前の登山道が豪雨の影響で変わってしまって分からなかったようだ。

そこを過ぎて日岡稲荷を探すが良く分からなかった。この辺りにあった筈の登山道がなくなってしまったのだろうか?
その辺りをウロウロしているとちょっと異様な集団が休憩していた。風体から登山者でもなく、林業関係者でもなさそうだった。
後ろをついて歩いて行くと洞穴の前で集まっていたので「地質調査関係の方ですか?」と聞いてみると「地元のメンバーで鉱山跡を見学している。」という返事だったので、これは面白いと思い後をついて行くことにした。

十数人のグループは三鉱谷を30分ほど遡行して、対岸に渡った。
一人の人が鉱石らしきものを採取していたので近づいて行くと「銅の吹き殻だよ。」と教えてくれた。
この辺りはマンサクの花が咲き乱れてきれいだった。

グループは三神谷と分岐する辺りで立ち止まった。「ここが鉱山の窯跡です。」と教えてくれた。よく見ると目の前に石を組んだ跡と崩れかけの窯跡があった。

彼らはここで休憩して戻るらしいのでその先に行ってみた。彼らが持っていた地図に寺跡というのがあったのでそこを目指してみた。確か寺跡というのは西尾本でも見た記憶がある。

谷の左岸の高台にちょっと広い場所があったのでその辺りを散策してみたが寺跡らしきものは見つからず代わりに大きな木を見つけた。木の名前は知らない。その後、一旦谷に下りてランチにした。
次の予定は決まっていなかったがこのまま戻るのも面白くないので孫太尾根に登るルートを捜した。地図で見るとゼンデラ右岸に緩やかな尾根があったのでそこを登ることにした。

ゼンデラを過ぎた辺りの小さな沢のような岩場を少し上がり右の斜面に取り付いた。
最初行けるかどうか自信はなかったがダメだったら戻るつもりで上に進むと自然林の気持ちの良い斜面が続いていた。

しかし、尾根の中程まで進むとその内に痩せ尾根になって来た。両側がスパッと切れ込んでいるので落ちたらタダでは済まないが掴まる木々がしっかりあるのでそれ程怖くはなかった。

痩せ尾根は上部に行くと少し広くなって来て、孫太尾根が近いことを思わせる。最後は急登で尾根の先に着くとやっと着いたかという爽快感に溢れる。ちょっと大袈裟だが御池のテーブルランドに着いた時の爽快感に近いものがある。
結局500m地点から約300m登ったことになる。着いた場所は草木834mの頭である。

草木ピークをトラバースして帰途に向かう。途中、多志田谷方面から赤い服を来た登山者が上がって来た。ひょっとしてヤブメンかなと思ったが知らない人だった。

丸山山頂で休憩していると先程の登山者に追い抜かれた。
丸山からの下りは急な下りでおまけにカレンフェルトのような岩が飛び出ていて歩きにくい。
そこを過ぎると潅木の中のなだらかな登山道になる。
その後、神武跡まで来て、右方向に尾根が延びていたのでちょっと考えた。登山道は左方向である。

真っ直ぐに下りて川を渡れば駐車地の近くに出るはずであるが下の様子が分からない。まだ14:30なのでダメなら戻るつもりで行ってみることにした。最初は岩交じりの下り易い尾根だったがその内、所どころ藪が酷くなり往生する。特にトゲのある潅木は手に負えない。

尾根の中腹あたりから急に斜度がきつくなり藪も酷くなって来たのでもう戻ろうと思い上に向かったが一旦上に上がってみると又新たなルートが目に入ってきた。よく見るとそちらのルートは藪もなく斜度も緩やかであった。順調に下りて行くと川の流れる音が聞こえてきたので下降点はもう近いと思われた。しかし川の流れが見える地点まで来ると下の方はお椀を逆にしたようになっておりとても下りられない。

万事窮すかと思いこの地点で仕方なく戻ることを決意した。
戻れば遅くなるが安全は確保できる。山でのリスク管理は常に必要だ。僅か一時間足らずの時間短縮の為にあえて危険を冒す訳にはいかない。

植林地に向かって斜め方向にトラバースしながら登って行き下を見てみると、何とまたまたラッキーにも下りられそうな雰囲気になってきた。
ダメ元で下りていって見るととうとう川の縁まで来ることが出来た。

そして目の前に岩があり、そこまで行ってみるとピンポイントで下降点を見つけ無事に川に降り立つことが出来た。川を渡りもう一度、山の斜面を眺めてみると上から来て下りられそうな場所はまさにそのピンポイントしかなかった。

川まで下りられたのは良いが今度は川から道路に上がるのにコンクリートの壁が立ち塞がった。一難去って又一難である。仕方がないので川縁を歩いて下って行くとラッキーにも5分ほどで上に行ける斜面が現れた。道路の上に上がるとそこは丁度ゲートのある地点だった。



                                                       宮指路
No.1: Re: 三鉱谷~孫太尾根の下りで一難去って又一難
1. 『やはず尾の隧道』下流側(隧道は今や銚子谷隧道になっている)

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/11 21:14
名前: エム ID:fy4uL08o

宮指路さん、今晩は。
先週に引き続き、またもニアミスだったようです。
私らは、銚子谷に入っていました。

> 4月10日晴れ
>
> 9:00ゲート前~三鉱谷~窯跡~ゼンデラ右岸尾根~孫太尾根~神武跡~尾根の下り
>
> 青川峡の林道は一昨年くらいからなのか入り口にゲートがしてある。
> 車はゲート前に駐車。すでにワゴン車が1台止まっていた。車を止めて出発順備をしているとガラガラという音がして上から落石があった。車に当たると嫌なので車を少し前に出しておいた。

ワゴン車は私のです。同色なので何故か親しみを覚えてしまいました。

>
> 林道を30分程歩いて広河原Pに着く頃、後ろから4WD車が3台追い抜いて行った。ゲートの鍵NOを知っているのだから工事関係者か林業関係者かなと思った。
>
> 広河原を過ぎて谷が蛇行する辺りになっても相変わらず広い河原の状態であった。数年前に来た時、この辺りの川は狭くなっていて何度も渡渉をした記憶がある。
> 素彫りのトンネル辺りに来ても川は相変わらず広くなったままで最初、素彫りトンネルの位置が分からなかった。
> そのまま進んでいくと左側に回りこんだ辺りに素彫りトンネルを見つけた。どうも以前の登山道が豪雨の影響で変わってしまって分からなかったようだ。
右岸側の旧登山道に入ることができれば、目前に確認することができます。河原からだと5mくらいの空中に存在することになります。
>
> そこを過ぎて日岡稲荷を探すが良く分からなかった。この辺りにあった筈の登山道がなくなってしまったのだろうか?
> その辺りをウロウロしているとちょっと異様な集団が休憩していた。風体から登山者でもなく、林業関係者でもなさそうだった。
> 後ろをついて歩いて行くと洞穴の前で集まっていたので「地質調査関係の方ですか?」と聞いてみると「地元のメンバーで鉱山跡を見学している。」という返事だったので、これは面白いと思い後をついて行くことにした。
>
ヘー、そんなに大勢入山してたんだ。気のせいか帰りの踏み跡がしっかりしていたので不思議に思っていたところです。
> 十数人のグループは三鉱谷を30分ほど遡行して、対岸に渡った。
> 一人の人が鉱石らしきものを採取していたので近づいて行くと「銅の吹き殻だよ。」と教えてくれた。
> この辺りはマンサクの花が咲き乱れてきれいだった。
>
面白そうなコースを周回されたようですね。私の方は単に谷の様子を見てきただけですが、今回は手抜きをせず、後ほど投稿させていただきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
       エム
No.2: 宮指路さんへ。
日時: 2010/04/11 22:40
名前: mayoneko ID:sSHA7cfM
参照: http://www.h4.dion.ne.jp/~mayoneko/

申し訳ありませんが、できれば花の場所が特定できるレポはやめてほしいのですが・・・。
大勢の人が入ると花が消えていきます。
ここの2月、3月の花はこの10年脚光を浴びたおかげで多くの人が入り、全体の8割ぐらいが姿を消してしまったのです。


No.3: Re: 宮指路さんへ。   [No.2への返信]
日時: 2010/04/11 22:49
名前: 宮指路 ID:TVV3OTwU

> 申し訳ありませんが、できれば花の場所が特定できるレポはやめてほしいのですが・・・。
> 大勢の人が入ると花が消えていきます。
> ここの2月、3月の花はこの10年脚光を浴びたおかげで多くの人が入り、全体の8割ぐらいが姿を消してしまったのです。


mayonekoさん、了解しました。ちょっとぼかして書いたつもりですが、ダメですね。
修正します。
実はこの日も怪しい3人組みを見かけました。
以前も孫太尾根で盗掘現場を見たことがあります。
去年はここで節分草を見かけましたが今年はありませんでした。
「盗掘禁止」等の看板をかけることはできないのでしょうか?

                                           946
No.4: Re^2: 三鉱谷~孫太尾根の下りで一難去って又一難   [No.1への返信]
日時: 2010/04/12 00:20
名前: 宮指路 ID:JoTZWojk

Mさん、こんばんは

> 先週に引き続き、またもニアミスだったようです。
> 私らは、銚子谷に入っていました。

一日違いでしたね。
>
>> 4月10日晴れ
>>
>> 9:00ゲート前~三鉱谷~窯跡~ゼンデラ右岸尾根~孫太尾根~神武跡~尾根の下り
>>
>> 青川峡の林道は一昨年くらいからなのか入り口にゲートがしてある。
>> 車はゲート前に駐車。すでにワゴン車が1台止まっていた。車を止めて出発順備をしているとガラガラという音がして上から落石があった。車に当たると嫌なので車を少し前に出しておいた。
>
> ワゴン車は私のです。同色なので何故か親しみを覚えてしまいました。

> さて、駐車地に到着すると愛車の隣に手入れの行き届いた同色車が止まっている。背後の丸太に腰掛け、おにぎりを食べながら。「この車種でこの色はお手入れが大変だろうな・・・・・」まさか宮指路さんの車だったとは、アレ名古屋ナンバーなの?
>
いえ、三重ナンバーでシルバーのRVRなので車の手入れは楽です。正月以来車は洗っていません。
>
> 面白そうなコースを周回されたようですね。私の方は単に谷の様子を見てきただけですが、今回は手抜きをせず、後ほど投稿させていただきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

予定のコースではありませんでしたが、初めてのヤブコギコースはスリル満点でした。
銚子谷も興味がありますので投稿を心待ちにしております。

                                                        宮指路

No.5: Re: 三鉱谷~孫太尾根の下りで一難去って又一難
1. 古道の雰囲気を残す木

-クリックすると元画像を表示-
2. 三神谷口の焼釜群

-クリックすると元画像を表示-
3. 新町神社にある砕鉱した石臼

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/12 19:00
名前: わりばし ID:neH6iCgw

おはようございます、宮指路さん。

> 4月10日晴れ
>
> 9:00ゲート前~三鉱谷~窯跡~ゼンデラ右岸尾根~孫太尾根~神武跡~尾根の下り

偶然ですが、前日に私もほぼ同じルートを歩きました。

> そこを過ぎて日岡稲荷を探すが良く分からなかった。この辺りにあった筈の登山道がなくなってしまったのだろうか?

丘の上です。入り口に白いテープがいくつかかかっています。

> グループは三神谷と分岐する辺りで立ち止まった。「ここが鉱山の窯跡です。」と教えてくれた。よく見ると目の前に石を組んだ跡と崩れかけの窯跡があった。

あれだけの窯跡は、鈴鹿ではさすがにここだけでしょうね。

規模といい大きさと言い別格です。

> 彼らはここで休憩して戻るらしいのでその先に行ってみた。彼らが持っていた地図に寺跡というのがあったのでそこを目指してみた。確か寺跡というのは西尾本でも見た記憶がある。
>
> 谷の左岸の高台にちょっと広い場所があったのでその辺りを散策してみたが寺跡らしきものは見つからず代わりに大きな木を見つけた。木の名前は知らない。その後、一旦谷に下りてランチにした。

高台の広い場所が寺跡です。

何も残っていませんが。

ここには以前、禅宗の甘露寺があり、甘露寺が新町に移った後三光寺が建立された場所です。

今は、両寺とも新町にあります。

> 次の予定は決まっていなかったがこのまま戻るのも面白くないので孫太尾根に登るルートを捜した。地図で見るとゼンデラ右岸に緩やかな尾根があったのでそこを登ることにした。

私は、寺跡の尾根をそのまま登りました。
途中までは、三鉱谷に沿うように古道らしく目印の大木も残してあり、いい感じだったのですが・・それ以降はただの岩尾根になってしまいました。
結局草木とP965の鞍部に出ました。

> 草木ピークをトラバースして帰途に向かう。途中、多志田谷方面から赤い服を来た登山者が上がって来た。ひょっとしてヤブメンかなと思ったが知らない人だった。

前日には怪しい三人組は多志田方面から上がってきたと言っていました。
その内の二人はピッケル持っていませんでしたか。

                                                    わりばし
No.6: Re: 三鉱谷~孫太尾根の下りで一難去って又一難
日時: 2010/04/12 19:58
名前: ハリマオ ID:JoTZWojk

宮指路さん、こんばんは

土曜日に歩人倶楽部K氏が帰りに寄ってくれまして
三人組の盗掘者に会った由。
ピッケルで掘っていたとのこと。困ったもんです。

                 ハリマオ

No.7: Re^2: 三鉱谷~孫太尾根の下りで一難去って又一難   [No.5への返信]
1.

-クリックすると元画像を表示-
2.

-クリックすると元画像を表示-
3.

-クリックすると元画像を表示-
日時: 2010/04/12 20:47
名前: 宮指路 ID:JoTZWojk

わりばしさん、こんばんは
>
>> 4月10日晴れ
>>
>> 9:00ゲート前~三鉱谷~窯跡~ゼンデラ右岸尾根~孫太尾根~神武跡~尾根の下り
>
> 偶然ですが、前日に私もほぼ同じルートを歩きました。

昨年のわりばしさんのレポを読んで治田鉱山跡も興味があったので、偶然出くわしたグループが地元の鉱山跡見学会だと聞いて、喜んでついて行きました。
>
>> そこを過ぎて日岡稲荷を探すが良く分からなかった。この辺りにあった筈の登山道がなくなってしまったのだろうか?
>
> 丘の上です。入り口に白いテープがいくつかかかっています。

気がつきませんでした。
>
>> グループは三神谷と分岐する辺りで立ち止まった。「ここが鉱山の窯跡です。」と教えてくれた。よく見ると目の前に石を組んだ跡と崩れかけの窯跡があった。
>
> あれだけの窯跡は、鈴鹿ではさすがにここだけでしょうね。
> 規模といい大きさと言い別格です。

そうなんですね。やはり、ついて行って正解でした。
>
>> 彼らはここで休憩して戻るらしいのでその先に行ってみた。彼らが持っていた地図に寺跡というのがあったのでそこを目指してみた。確か寺跡というのは西尾本でも見た記憶がある。
>>
>> 谷の左岸の高台にちょっと広い場所があったのでその辺りを散策してみたが寺跡らしきものは見つからず代わりに大きな木を見つけた。木の名前は知らない。その後、一旦谷に下りてランチにした。
>
> 高台の広い場所が寺跡です。
> 何も残っていませんが。

この辺りだと目星を付けて探しましたが何もありませんでした。何かあると嬉しいですが代わりに大木を見つけました。
>
> ここには以前、禅宗の甘露寺があり、甘露寺が新町に移った後三光寺が建立された場所です。
>
> 今は、両寺とも新町にあります。
>
>> 次の予定は決まっていなかったがこのまま戻るのも面白くないので孫太尾根に登るルートを捜した。地図で見るとゼンデラ右岸に緩やかな尾根があったのでそこを登ることにした。
>
> 私は、寺跡の尾根をそのまま登りました。
> 途中までは、三鉱谷に沿うように古道らしく目印の大木も残してあり、いい感じだったのですが・・それ以降はただの岩尾根になってしまいました。
> 結局草木とP965の鞍部に出ました。

多分同じ尾根ではないでしょうか? 最初はいい感じの尾根で中程から痩せ尾根になりました。
>
>> 草木ピークをトラバースして帰途に向かう。途中、多志田谷方面から赤い服を来た登山者が上がって来た。ひょっとしてヤブメンかなと思ったが知らない人だった。
>
> 前日には怪しい三人組は多志田方面から上がってきたと言っていました。
> その内の二人はピッケル持っていませんでしたか。

赤い服を着た登山者は単独でした。
その前にピッケルを持った怪しい3人組みに遇いました。
ひょっとしたらヤブコギを見ているかもしれませんね。
>
>                                                     

                                                       宮指路
No.8: Re 盗掘対策   [No.6への返信]
日時: 2010/04/12 21:00
名前: 宮指路 ID:JoTZWojk

ハリマオさんこんばんは

> 土曜日に歩人倶楽部K氏が帰りに寄ってくれまして

ひょっとして孫太尾根であった赤い服の登山者はこの方だったでしょうか?

> 三人組の盗掘者に会った由。
> ピッケルで掘っていたとのこと。困ったもんです。
>

以前、山渓で三ツ峠山のアツモリソウ盗掘について書かれた記事がありましたが、盗掘者は採取したアツモリソウを堂々と売っていたそうです。
そしてその当時はそれを取り締まる法律も整備されていないようです。

昨年行った礼文島でも礼文アツモリソウの盗掘事件があったそうです。もちろん礼文アツモリソウは絶滅危惧種ですから見つかったら罰せられます。

高山植物は希少ですから、県条例等で規制できないものかと思います。
盗掘禁止の看板等を立てるのも多少効果があるかもしれませんね

                                                 宮指路



 逆順に表示   スレッド一覧   新規スレッド作成